[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/21)【話題株】あらたは東証1部上場記念配増配で配当利回り買いが高まり急続伸
記事一覧 (03/21)平賀は連日の昨年来高値更!訴訟提起で強弱感対立も高配当利回り買いが増勢
記事一覧 (03/21)三共生興は単独純利益上方修正で低位値ごろ割安株買いが増勢で4連騰
記事一覧 (03/21)システムインテグレータはS高気配で高値更新、3回目の業績上方修正に3回目の増配
記事一覧 (03/21)KYBは外資系証券の積極評価を好感し高値更新
記事一覧 (03/21)クレスコは期末再増配を追撃材料に割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (03/21)日産自動車はメキシコ地震を気にするが朝安のあと底堅い
記事一覧 (03/21)宇部興産は急続落、一転して業績下方修正、連続増益率を縮める
記事一覧 (03/21)オリックスは「うめきた」など不動産事業に期待あり持ち直す
記事一覧 (03/21)日本金属工業は急続伸!経営統合比率換算の理論株価にサヤ寄せ
記事一覧 (03/21)日用品の総合卸商社・あらたが記念配当を好感し出直り急
記事一覧 (03/21)櫻島埠頭が2期ぶりの復配を好感し値上がり率トップ
記事一覧 (03/21)ソフトバンクは「iPad」新機種300万台を好感し反発
記事一覧 (03/21)東芝は3月期末の増配と新「iPad(アイパッド)」を好感し高い
記事一覧 (03/20)【話題株】オリックスはスカイツリーの「すみだ水族館」を機に新事業の期待
記事一覧 (03/20)パレモが今2月期の純利益予想を赤字に見直す
記事一覧 (03/20)【注目のリリース】宇部興産は業績予想を減額するが増収・増益を保つ
記事一覧 (03/20)【話題株】日本社宅サービスは株式分割で業績下方修正を押し返し高値更新
記事一覧 (03/20)【上方修正株】ケルは業績再上方修正に期末配当の再増配が上乗せし高値肉薄
記事一覧 (03/20)【上方修正株】うかいは業績上方修正で黒字転換幅を拡大し急反発
2012年03月21日

【話題株】あらたは東証1部上場記念配増配で配当利回り買いが高まり急続伸

話題株 あらた<2733>(東1)は、10円高の266円まで上げて急続伸し、3月13日につけた昨年来高値275円に肉薄している。同社株は、3月19日に東証第2部から東証第1部に指定替えされたが、その初売買日19日大引け後に指定替えの記念配当1円、年間配当8円(前期実績7円)への増配を発表、配当利回り株買いが増勢となっている。

 株価は、3月12日に指定替えが承認され、指定替えに際して新株式発行などの希薄化材料を伴わなかったことから、TOPIX(東証株価指数)への算入、TOPIX連動型のファンドの買い増しなどの需給好転思惑を高めて、2部上場来高値275円まで40円高して高値もみ合いを続けた。

 今3月期業績そのものは、昨年11月に第2四半期業績を上方修正し、今年2月には3月通期業績の上方修正・下方修正が交錯する業績修正を行ったが、通期純利益は、上方修正され15億8600万円(前期比56%増)と増益転換幅を拡大する。

 PERは12倍台、PBRは0.4倍と割安で、配当利回りも記念増配で3.0%と高まるだけに上値評価を強めよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:44 | 株式投資ニュース

平賀は連日の昨年来高値更!訴訟提起で強弱感対立も高配当利回り買いが増勢

 平賀<7863>(JQS)は21日、8円高の535円まで上げて3営業日続伸し、連日の昨年来高値更新となっている。祝日前の19日大引け後にまたも訴訟の提起を発表、業績懸念を強めたが、同社の今3月期期末配当30円の配当権利を取る買い物が増勢となっており、今年3月に一部訴訟で勝訴したことを見直し業績上ぶれ思惑もフォローしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:03 | 株式投資ニュース

三共生興は単独純利益上方修正で低位値ごろ割安株買いが増勢で4連騰

 三共生興<8018>(東1)は21日、7円高の313円まで上げて4営業日続伸している。祝日前の19日大引け後に発表した昨年11月に続く3月期単独純利益の上方修正が、低位値ごろ妙味があるとして割安株買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:02 | 株式投資ニュース

システムインテグレータはS高気配で高値更新、3回目の業績上方修正に3回目の増配

 システムインテグレータ<3826>(東マ)は21日、寄り付きから買い気配値を切り上げ1万5000円高の10万5000円買い気配とストップ高の急反発となり、今年3月15日につけた昨年来高値9万4500円を一気に更新している。祝日前の19日大引け後に昨年9月、今年1月に続いて2012年2月期業績の3回目の上方修正、4期ぶり過去最高更新と、期末配当の3回目の増配、復配幅の拡大を発表、割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:01 | 株式投資ニュース

KYBは外資系証券の積極評価を好感し高値更新

 油圧機器の大手KYB(カヤバ工業)<7242>(東1)は21日、高値更新となり、10時33分に523円(21円高)をつけたあとも520円(18円高)前後で堅調推移。クレディ・スイス証券が19日付で注目を開始し、投資判断を新規に「アウトパフォーム」とし、目標株価を680円に設定と伝えられたことが好感されている。建機向けなどの好調を評価した模様だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

クレスコは期末再増配を追撃材料に割安株買いが再燃し急反発

 クレスコ<4674>(東1)は21日、22円高の660円まで上げて変わらずを挟み3営業日ぶりに急反発している。祝日前の19日大引け後に昨年9月に続いて今3月期期末配当の再増配を発表、今年2月実施の自己株式消却に続く追撃材料視され割安株買いが再燃している。

 今期配当は、昨年9月に今期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正とともに、期初予想の8円から10円に増配されたが、今回さらに12円にアップさせ、年間22円(前期実績16円)と連続増配幅を拡大する。

 純利益の40%相当額を継続的に実現する配当政策に従って再増配するもので、今期通期純利益は、期初予想通りに6億円(前期比2%減)と予想している。

 株価は、上方修正した2Q累計業績とともに発表した自己株式取得をテコに窓を開けて660円高値まで200円高し、600円台を固めて今年2月開示の自己株式消却を手掛かりに再騰した。年間配当利回りは3.3%、PERは11倍台、PBRは1倍割れと割安であり、昨年3月につけた昨年来高値747円を目指そう。

>>クレスコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

日産自動車はメキシコ地震を気にするが朝安のあと底堅い

 日産自動車<7201>(東1)は21日、反落となり、朝方861円(30円安)まで下げたあと870円(21円安)前後で推移。メキシコで日本時間21日の午前3時過ぎ、マグニチュード7.4の地震があったと伝えられ、現地拠点を心配する雰囲気になった。ただ、本日は、自動車株が全般軟調。なかでも、日産自動車株は、飛び休前の19日に戻り高値に進み898円まで上げたこともあり、利食い売りに押された面もあるようだ。また、本日は、ブルームバーグ通信が、日産は東京とムンバイで21日に記者会見を開き、「ダットサン」ブランドについての計画を発表すると、電子メールでの招待状で明らかにした、と伝えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

宇部興産は急続落、一転して業績下方修正、連続増益率を縮める

 宇部興産<4208>(東1)は21日、8円安の235円まで下げて急続落している。祝日前の19日大引け後に昨年11月に上方修正していた今3月期業績の一転した下方修正を発表、連続増益率を縮小することがサプライズとなり利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

オリックスは「うめきた」など不動産事業に期待あり持ち直す

 オリックス<8591>(東1)は21日、朝方の8020円(290円安)を下値に持ち直す動きとなり、10時にかけては8200円(110円安)。続落ながら、下値買いの強さを見せている。グループのオリックス不動産がJR大阪駅北口一帯の「うめきた」再開発エリアで積極的な展開を行なっていることに期待がある。また、同不動産は19日、「東京スカイツリータウン」(5月22日開業)にオープンする都市型水族館「すみだ水族館」の概要を発表。期待感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース

日本金属工業は急続伸!経営統合比率換算の理論株価にサヤ寄せ

 日本金属工業<5479>(東1)は21日、4円高の80円まで上げて2日間の変わらずを含めて5営業日続伸している。祝日前の19日大引け後に日新製鋼<5407>(東1)との経営統合の基本契約締結を発表、統合比率換算の理論株価からなお上値が計算できると思惑が働き買い増勢となっている。両社の経営統合は、昨年11月15日に検討開始に合意して協議を重ねてきたが、共同株式移転方式により持株会社「日新製鋼ホールディングス」を今年10月1日に設立し統合することに合意した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

日用品の総合卸商社・あらたが記念配当を好感し出直り急

 日用品の総合卸商社・あらた<2733>(東1)は21日、出直りを強める始まりとなり、261円(5円高)で寄ったあと266円(10円高)。飛び休前の19日、東証1部上場の記念配当を行なうと発表したことが好感されている。19日、東証2部から1部に上場。今3月期末の配当は、記念配当1円を加え、従来予想の7円から8円の見込みとした。前年同期は7円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース

櫻島埠頭が2期ぶりの復配を好感し値上がり率トップ

 櫻島埠頭<9353>(大2)は21日、高値更新の始まりとなり、107円(9円高)で寄ったあと112円(14円高)。飛び休前の19日に、これまで未定としていた今3月期末の配当を2円にすると発表したことが好感され、値上がり率は一時14%を超え、9時30分にかけても7%台で大証2部のトップとなっている。2010年3月期の3円以来2期ぶりの復配になる。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは「iPad」新機種300万台を好感し反発

 ソフトバンク<9984>(東1)は21日、反発の始まりとなり、2425円(6円高)で寄ったあと2432円(13円高)。米アップルが19日、「iPad(アイパッド)」新機種の販売台数が16日の販売から4日間で300万台を超えたと発表したと伝えられたことが好感されている。初代iPadは100万台到達に28日かかったため、大幅に上回るペースと伝えられた。株価は、新機種の発売に期待されながらも、15日の2466円を直近の高値として小幅続落となっていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 株式投資ニュース

東芝は3月期末の増配と新「iPad(アイパッド)」を好感し高い

 東芝<6502>(東1)は21日、堅調な始まりとなり、382円(4円高)で寄ったあとも380円台でしっかり。飛び休前の19日に、未定としていた今3月期末の配当を前年同期比1円増の4円にすると発表したことが好感されているほか、米アップル社の新「iPad(アイパッド)」に同社のメモリーが使用され、販売台数が16日の販売開始から4日間で300万台を超えたと伝えられたことも材料視されている。19日に383円まで上げて戻り高値に進んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2012年03月20日

【話題株】オリックスはスカイツリーの「すみだ水族館」を機に新事業の期待

■逆日歩妙味で900円台への期待も

話題株 オリックス<8591>(東1)グループのオリックス不動産は19日、「東京スカイツリータウン」(5月22日開業)に同日オープンする都市型水族館「すみだ水族館」の概要を発表した。見学するだけにとどまらず、展示はもちろん、イベントや体験プログラムなどを提供し、施設全体を「いのち」を育む「大きなゆりかご」として、都市にいながら、「いきもののいのち」とそれを育む「水」を体感する施設を目指すとした。関連報道では、会社側は、年間の来場者数を200万人とみているという。新事業分野への契機との期待もある。

 19日から専用のホームページ「すみだ水族館」を開設。5階と6階を結ぶ約50mのスロープを下りていくと、「東京大水槽」があらわれ、小笠原諸島で生まれたウミガメを水族館のゆりかごで育み、小笠原の海に返す計画をしています、といった紹介がなされている。

 株価は昨年11月の5970円から出直る相場になり、右肩上がりを続けながら、3月15日に8540円まで上昇し、戻り高値をつけた。19日の終値は8310円(100円安)。信用売り残に逆日歩が発生している上、3月期末を控えて売り建て玉を買い戻す動きの最終局面に入る可能性があり、値頃からは900円の大台回復を見込む投資家があるようだ。

【話題株】オリックスはスカイツリーの「すみだ水族館」を機に新事業の期待

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 株式投資ニュース

パレモが今2月期の純利益予想を赤字に見直す

■在庫処分など要因

 レディス洋品のパレモ<2778>(JQS)は20日の正午、今2月期の業績予想を見直し、売上高をこれまでの283億円から279.8億円(前期は約299億円)に、営業利益は9.6億円から6.3億円(同12億円)に、純利益は収支トントンの見込みから1.9億円の赤字に各々引き下げた。天候不順などにより、既存店の売上高が下半期の前提条件である前年同期の96.5%に対し、実績が同95.2%と下回った。また、利益面でも、売上高の減少と在庫処分による売価修正の増加が要因になった。ただ、今回の業績予想の修正に伴う配当予想の変更はないとした。

 株価は昨年12月初の280円前後から上げ相場になり、2月初に409円まで上昇。その後は320円前後まで調整を入れて350円前後で推移。19日の終値は351円(2円高)だった。この減額修正により、調整に入ってからの安値321円(3月1日、6日)を保つかどうかがポイントになりそう。割り込めば一段安の300円前後まで下値を探る可能性が出てくるものの、値を保てば、下値の固さが見直されてパナソニック<6752>(東1)のような出尽くし高相場に発展する可能性もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】宇部興産は業績予想を減額するが増収・増益を保つ

■PERいぜん割安でセメント事業を持つ点に期待感

 宇部興産<4208>(東1)は19日の大引け後、連結業績予想の修正を発表し、今3月期の売上高は6620億円から6360億円(前期は約6161億円)に引き下げ、営業利益は500億円から450億円(同444億円)に、純利益は240億円から210億円(同173億円)に減額した。電子情報材料分野を中心として予想以上に需要の停滞が続いていることや、化成品・樹脂セグメントでも、昨秋以降、ナイロン原料の市況が低迷している影響を受けた。ただ、配当予想は1 株当たり5円で変更なしとした。

 株価は昨年11月の197円からジリ高基調を続け、昨日・3月19日に戻り高値の246円まで進んだ。終値は243円(1円安)。この減額修正後も前期比では増収・増益。予想1株利益は23.9円から20.9円に引き下げたものの、終値でのPERは11.6倍になり、日経225種銘柄の平均PER23.1倍(19日現在)との比較では割安水準にある。セメント事業をもつため、復興関連の需要は下支えになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

【話題株】日本社宅サービスは株式分割で業績下方修正を押し返し高値更新

話題株 日本社宅サービス<8945>(東マ)は19日、94円高の739円まで上げて急続伸して昨年2月につけた昨年来高値715円を更新、高値近辺で堅調に推移し高人気が続いた。

 前週末16日大引け後に株式分割を発表、歓迎して分割権利取りの買い物が増勢となっており、今年1月に開示した今6月期業績の下方修正も織り込み済みとして下げ過ぎ訂正期待も高めている。

 株式分割は、投資家層の拡大と株式の流動性向上を目的にしており、昨年10月に続くもので、今年4月30日を基準日に1株を2株に分割する。

 株価は、昨年11月に実施した自己株式取得・立会外買付取引(買付価格570円)を手掛かりに588円高値まで上ぶれたが、第2四半期(2Q)累計業績の上方修正・6月通期業績の下方修正と増減額修正が交錯する業績修正で556円と売られ、2Q累計業績発表とともに悪材料織り込み済みとして100円幅の底上げをした。業績自体は、通期純利益が2億1400万円(前期比24%減)と続落するが、PERは7倍台、PBRは1倍ソコソコ、配当利回りは3.6%と割り負けており、権利取り妙味を示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

【上方修正株】ケルは業績再上方修正に期末配当の再増配が上乗せし高値肉薄

上方修正銘柄 ケル<6919>(JQS)は19日、57円高の372円まで上げて急続伸し、昨年2月につけた昨年来高値388円に肉薄した。前週末16日大引け後に昨年10月に続いて今3月期業績の再上方修正と期末配当の再増配を発表、割安株買いが増勢となった。

 3月期業績は、昨年10月の上方修正値より売り上げを3億5000万円、経常利益を1億7000万円、純利益を9000万円それぞれ引き上げ、純利益は、5億4000万円(前期比26%増)と続伸し、2007年3月期の過去最高(5億4600万円)に肉薄する。注力市場の車載機器市場、主力市場の遊技機器市場向けの受注が好調に推移し、この増収効果で利益も上ぶれた。

 期末配当は、昨年10月に期初予想の4円を7円に引き上げたが、さらに12円にアップ、年間15円(前期実績10円)に連続増配する。

 株価は、昨年10月の業績増額・増配で200円台に定着し、今年2月開示の第3四半期の好決算で300円台まで水準訂正した。PER10倍台、PBR0.6倍、配当利回り4.0%の割安修正で昨年来高値抜けから一段高に進もう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

【上方修正株】うかいは業績上方修正で黒字転換幅を拡大し急反発

上方修正銘柄 うかい<7621>(JQS)は19日、51円高の1551円まで上げて3日間の変わらずを挟み4営業日ぶりに急反発した。前週末16日大引け後に今3月期業績の上方修正を発表、純利益の黒字転換幅を拡大することを評価し内需株買いが再燃した。

 3月期業績は、期初予想より売り上げを11億200万円、経常利益を1億6000万円、純利益を1億7100万円それぞれ引き上げ、純利益は、3億800万円(前期は6億8900万円の赤字)と水面上に急浮上する。

 東日本大震災による消費マインドの低下や、節電実施による店舗営業時間の短縮、さらに放射能汚染問題や食中毒事件などの影響を慎重に見守っていたが、影響は軽微で5月以降は、各店舗のイベント、フェアが盛況で想定以上の集客となって売り上げが上ぶれ、利益も原価上昇の抑制や販売促進費や経費削減を進めたことが要因となって上方修正につながり、純利益は、前期計上の特別損失一巡や繰延税金資産計上などで黒字転換した。

>>うかいのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:38 | 株式投資ニュース