2006年06月28日

スタグフレーション検証

ヒット株式 教室主宰 1/fゆらぎ

 物価の上昇と景気後退が同時に発生することをスタグフレーションと言いますが、現在の調整の原因は、まさにインフレでも景気が後退するスタグフレーションを警戒しているからに他なりません。
 楽観派は、スタグフレーションは過去2回しか例がなく、2回とも産油国側の原因による石油危機が原因で、需要サイドが主たる原因である今回に当てはまらないと主張します。
 過去を検証すると、最初の石油危機は1973年に起きました。イスラエルと米国がエジプトやサウジアラビアなどを加えたアラブ諸国と戦争となり、産油国が親イスラエル国に対して石油輸出を禁止する強行策に出て原油価格が1年間で5倍に上昇しました。
 第2次石油危機は1979年にイランのパーレビ王政がイスラム革命で失脚し、ホメイニ師によるイスラム革命政権が成立したことが発端でした。その後、444日間に及ぶ米大使館人質事件を挟んで、80年にイラン・イラク戦争が勃発、両国の石油輸出が止まり、原油が約2倍に上昇する事態になりました。その後、世界的な大不況に陥ることになりました。
 過去2回の石油危機は供給側の事情によるもので現在の需要側の事情による石油価格上昇と確かに異なります。しかし、期間を長く見ると事情が似てきます。2001年の9・11テロの反撃として米国がアフガニスタン侵攻を実行しましたが、その際に大量の電子兵器を使用し、ハイテク需要をひっ迫させました。更に、2003年に「対テロ戦争」がイラク侵攻に拡大したことはご存知の通りです。
 この2つの「対テロ戦争」が過去2回と異なり、原油の供給不安よりも需要を刺激し、石油危機を招いたと見ることも出来ます。結果的に過去2回と同様になると予測することも可能でしょう。
 日本株の現状は、過去2回のスタグフレーションによる大不況が繰り返されるか、あるいは、その手前でソフト・ランディングするかを見極める期間と見て、レンジ相場としての対応を続けるべきではないでしょうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 00:00 | コラム
2006年06月27日

■個人株主の役割拡大

 株主が総会に出席して議決権行使が行えるよう開催日の分散、インターネット活用など総会運営へ改善努力が続けられてきた。しかし、今3月期決算会社の総会開催日の77%が今週に集中する。証券代行会社が競って開催した米企業の株主総会見学ツアーに参加した企業の担当者は、GE・GMなどのスケールや多様なイベントにカルチャーショックを受けたが、あれからもう四半世紀。昨今、我が国総会にも変化がみられ、個性的総会開催企業が話題となる。株主優遇の採用会社の増加を含め、機関投資家と対極に位置する、顧客の中核・安定株主として、個人株主への企業の期待が大きい証拠だ。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:54 | コラム
2006年06月26日

■単元未満株

 会社が決めている最低投資単位に満たない単元未満株主、いわゆる端株は、大量に存在する。これまで、そうした単位未満株の株主権利は一律だったのだが、新会社法では定款で制限出来るようになった。当然、何らかの制限を加えようとする定款変更は増加の方向にある。単位未満株は市場で売買が難しく、単位にしたいと思ってもしにくい。そこで、自社株を時価で譲渡できるようにして、単元株主にしようとの動きも増えている。端株は過去の無償増資等で生じたものが多い。その救済も必要なことは論をまたないことだ。

 >>>関連記事 プロでも間違う売買単位
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:17 | コラム
2006年06月23日

■ナチュラルチーズ増産

 雪印乳業(2262)森永乳業(2264)が来年3月をめどにナチュラルチーズ工場を増設する。既に明治乳業も新工場建設を表明、乳業大手3社がそろってナチュラルチーズ増産に乗り出す。牛乳の消費量は減少傾向にあり、生産は過剰気味。余った牛乳はバターや脱脂粉乳の生産に当てられていたが、バターの消費量も伸び悩んでいる。日本ナチュラルチーズ消費量は増えてきているとはいえ、まだ欧州の約1割。輸入製品の販売も好調で、今後、市場拡大が見込まれている。またナチュラルチーズは価格が高く、収益を押し上げる効果も期待されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | コラム
2006年06月22日

■改正道路交通法

 6月からの改正道路交通法で駐車違反が「即アウト」方式になり悲喜こもごもの状況が見られ。悲の方は運送業者や道路際の食堂、駐車場の少ない商店街などだ。一方、喜の方は渋滞の解消、交通事故の減少などで法改正の目的にかなう重要なことだ。株式市場においても駐車場関連銘柄が注目されているが人気は継続しそうだ。現在駐車場の需要は1500万台に対し500万台分の供給しかないといわれる。まず駐車場開発関連では日本駐車場開発、パーク24などがあるが、今後注目されるのは駐車場関連システムを扱うアマノ日本信号だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | コラム
2006年06月21日

■乱れた身なり

 サッカーのワールドカップで日本がサポーターとして応援で沸き立っている。こんな時、水差すようだがちょっと言いにくいことを書く。世界から選ばれた選手がテレビに映し出されているが、日本選手の髪の色も形も格好が良いとは思えない。他国の選手はスポーツマンらしく髪も短くさっぱりとして清潔だ。日本のプロ野球選手もサッカーと同じ感じがする。若者の身なりはだらしがない。破れたジーンズ、へそ出しルックはファッションとはいえない。スポーツ選手は子供の憧れの的だ。服装の乱れは心の乱れにつながる。最近の若者の犯罪の多さにもつながっている気がする。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:00 | コラム
2006年06月20日

■期待感のバブル現象

 サッカーW杯ドイツ大会のジャパン戦の試合をTV観戦した。日頃は野球ほど関心がなく熱も入らないのだが大変興奮した。悔しささえ覚えた。そして、勝利の声が聞かれなかったことで、やたら敗北感に襲われた。なぜだ。春先のワールド・ベースボール・クラシックで劇的優勝の感動を味わったからなのか。考えてみると、マスコミの「勝って欲しい」というファンの気持ちを代弁する余り、実力が整ったかの報道に振り回され、「期待」がバブル現象となっていたらしい。歴史と伝統を考えれば容易に判断できるはずだが、すべてが同じ方向に押され始めると抗する気持ちも吹っ飛んでしまう。桑原、桑原。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:49 | コラム
2006年06月19日

■GF2

 明治製菓は、7月から体内に摂取しても血糖値が上がらない砂糖由来の甘味料「GF2」を発売する。GF2は特定保健用食品の成分でもあるフラクトオリゴ糖の一成分を分離・精製、結晶化したもの。「1ーケストース」「結晶オリゴ糖」とも呼ばれ、ヒトの腸では吸収されないため、糖尿病患者を対象に行った試験では血糖値の制御に影響が出なかったという。明菓では効率的に結晶化する製法を実用化、商用生産に乗り出す。まず通信販売や病院関係の販路を通じ糖尿病患者向けへ販売、更に甘味原料としても販売し、将来的には欧米市場にも輸出を計画している。(メタボリック関連)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:27 | コラム
2006年06月16日

■公の意味を

 福井日銀総裁の村上ファンドへの拠出が明るみに出た。拠出は民間人間であった時のこと、そこに違法性があるわけでもないし、ちょっと気の毒に思わないでもない。ただ、総裁就任となれば、自ら律することが望ましい。それでなくても、村上ファンドー総会屋という噂はずい分以前からのこと。投資目的である上場株を買っていたのとは、異次元のこと。脇の甘さを指摘されても仕方があるまい。気になるのは、海外でも報道されていること。脇の甘さが日本人の特性と見られるなら恐ろしいことだ。上に立つなら公の意味を知ることだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | コラム
2006年06月15日

■軽自動車

 5月の新車販売台数(軽自動車除く)は、25万6870台で前年同月比7.8%減となり11ヶ月連続で前年同月割れとなった。ところが軽自動車の5月販売は0.7%増で5ヶ月連続で前年同月比増加となった。販売台数は14万7425台となり、新車販売台数全体に占める比率も5割を超えた。軽が快走する理由は色々ある。第一は、ガソリンの高騰による燃費の安さがある。第二の理由は、維持費の安さだ。自動車税は小型乗用車の4分の1以下。重量税も3分の1以下になる。スズキ、ダイハツの株価はまだ上昇途上にありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:10 | コラム
2006年06月14日

■誇りを忘れた村上氏

 証券不祥事が続いている。ライブドアの堀江社長、村上ファンドの村上代表がインサイダー取引容疑で続いて逮捕された。二人とも若手の企業家としてマスコミにも常に出続け、時代の寵児となった。村上氏は元通産官僚、国の行政を担う気概を持つべきだ。7年前に官僚を辞任し日本資産主義を変えるという理由でファンドを組み4000億円も集め、ニッポン・送、阪神電・など上場企業の株を買占め、物言う株主として勇名を馳せた。日本企業は株主を軽視していたことは事実。株主だけで経営は出来ない。株主に顔を向けさせたことは功績だが、本質は金儲けだ。法律に詳しい村上氏が、法の網をくぐり罪を犯すということでは身も蓋もない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | コラム
2006年06月13日

■誤算では済まされない

 官製談合なる不公正入札・強度不足の耐震偽装、相次ぐ会計不祥事、年金不正免除、有名画家の盗作、はたまたインサイダー取引と社会を揺さぶる事件が続く。しかも、日替わり定食のごとく様々な分野で。これでは何でもありの世の中に見える。事件と呼ばれるだけに、表面化するまでは誰も気づかないが、こうも続くといささかあきれてしまう。「先進国はすべて荒廃している」「繁栄の代償に失ったものは、あまりにも大きかった。『国家の品格』が格段に失墜した」(藤原雅彦氏著=国家の品格)は傾聴に値する。当事者は誤算かも知れないが、それでは済まされない問題だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:46 | コラム

金相場は終わったか?】

 今日、商品相場は金利、株価に並び、金融市場で重要な役割を果たすようになっている。以前からあった先物に加え、最近は上場投信(ETF)を使うことで、各種商品に投資しやすくなったのであるが、そうなると、債券や株式の動きとの相関性の低い商品は、主要な分散投資対象となる。そしてもちろん、その価格がここ数年大きく上昇してきたことも、注目を集めた要因である。さてその商品の中で特に重要なものの一つである金(きん)であるが、先物市場の直近限月ベースでは先月半ばに1オンス当たり720ドル近辺にまで上昇した後、急速に低下。先週金曜日には608ドルにまで落ち込んだ。これまでの上げが急だっただけに、ミニバブルが発生していたのが破綻したのだという声も多く聞こえる。たしかにチャートを見てみると、金のスポット価格は4年以上に亘って上昇してきたのであるが、今年に入ってその勢いが急速に上がっている。その分がバブルであり、元のレンジにまで戻ると考えるのならば、560ドルぐらいにまで下げることを覚悟しなければならないだろう。ただその後も下落し続けるかどうかはまだわからない。上記のように、商品の投資資産としての重要性は上がってきている。また宝飾用需要も、中国、インドからのものが急速に拡大しており、当面とどまるところを知らない。長期的な上昇基調が変わったと見る向きは少ない。では最近の下げをどう見るか。一時的な行き過ぎの調整であることはたしかであるが、同時に、外為市場におけるドル高が影響している。金はドルに代替する資産としての性格が強いことから、ドル高になると、逆に売られるのである。たしかに、金価格が反落し始めた5月半ばは、ドルの反発した時期でもあった。しかし、ドルの反発こそ一時的なものであると考えられる。ならば金も再び上がり出すだろう。アナリスト達の高値目標は800ドルから3000ドルまで広く分かれているが、少なくとも現在の水準よりはずっと上ということは変わっていない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 00:00 | コラム
2006年06月12日

■CVJ

 前輪駆動(FF)車に不可欠な部品が等速ジョイント(CVJ)。これがないとハンドルを大きく切ったときに振動を起こすなどの不具合が発生する。英GKN、NTN、米デルファイがCVJのトップスリー。ところが米ビックスリーの販売不振の影響を受け、デルファイの業績が悪化、再建のため米国内にある21工場を閉鎖売却方針だ。CVJは自動車FF化により、この20年間で高成長を遂げた自動車部品の1つ。デルファイでは中国を新たな拠点として再起をかけるが、NTNがビックスリーの需要を取り込み北米でどこまでシェアを伸ばせるかにも注目だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | コラム

リバウンド相場に変調

グローバルアイ

丸三証券投資情報部 テクニカルアナリスト 中村明彦

 国内株式市場では、日経平均が4月に高値をつけて調整局面入り。その後、やや遅れて世界の主要株価指数の多くも52週高値をつけて調整局面に入った。その後、5月24日辺りでいったん底をつけて、日本、海外ともにリバウンド相場に移行したものの、早くもその動きに変調が起き始めている。
 そのきっかけは、6月5日にバーナンキFRB議長がインフレを抑制する姿勢を示したため利上げ継続観測が台頭したことが挙げられる。それを受けて、5日の米国市場では主要3指数が大きく下落し、翌6日には日本を含めアジア株が売られ、続いて欧州株が売られた。その一連の動きで、日本ではTOPIXが年高値後の安値を更新。アジアでは台湾、欧州ではドイツやフランスの主要株価指数が同様に安値を更新。そして世界をひと回りした6日の米国市場では、バイスFRB理事やセントルイス連銀のプール総裁などからもインフレ警戒発言が相次いで続落となり、NYダウも直近安値を割り込む動きとなった。まだ、ナスダック指数やS&P500は、直近安値を更新していない(現地6/6現在)ものの、両指数が今後その安値を更新するようであれば、再度、世界同時株安の動きとなる公算が更に大きくなるだろう。
 そうした意味で、短期的には日本市場も含め、世界の株式市場は、リバウンド相場終了から同時株安の展開となるのかどうか、短期相場のターニング・ポイントにあると言える。再度リバウンド相場に入った場合、日経平均は、一目均衡表の抵抗帯下限の16476円(6/6現在)を試しに行く可能性が考えられる。ただ、中期的にみた場合、日本を含めて世界の多くの株式は、少なくとも05年4月辺りの底からの上昇に対する調整に入った可能性があり、早い段階で年初来高値を更新する可能性は低いだろう。
 一方下値では、日経平均の場合15000円前後の水準が重要な下値支持レベルとみられ、その水準をブレイクした場合、昨年4月からの上昇の半値押しの14167円処を試しに行く可能性が考えられる。同様にNYダウでは前回記載した10557〜10661ドル処が下値メドとみている。(6/7)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | コラム
2006年06月08日

■食の安全

 食品に残留する農薬などでわれわれは知らず知らずのうちに健康を蝕まれている。農薬だけでなく有害な食品添加物、資料添加物、動物用医薬品などの残留成分が一定以上含まれる食品が多数流通しているのが現状だ。そこでこれらの残留成分についてヒトの健康に影響を及ぼさないレベルの残留基準を設定し、レベルを超える食品の流通を原則禁止する制度が5月29日から施行された。食品衛生法を改定したもので、ポジティブリスト精度と呼ばれる。まさに「食の安全」が強化される。遅きに失した感はあるが、大事な法律に違いない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:37 | コラム
2006年06月07日

■烏の害は人の影響

 朝、出社して背広を脱いだら右肩に白いペンキ風のものがついていた。通勤時汚れるわけがない。よく見ると道路を汚している烏の糞だ。駅周辺は終夜営業の食堂が軒を連ねている。店の生ごみの出し方は非常識だ。袋に入っているが網をかけていない。烏はくちばしで穴を開け食べ散らかしている。多い時は電線に止まり舞い降りるのは恐ろしい。ごみの出し方で烏の数も違う。道路を掃除していた不動産屋の社長さんが深夜営業の店員は若く常識がないと嘆いていた。ごみの収集を早くするとか、きちんと網をかければ烏の数は減る。危険も加える烏対策は人間の常識が基本。儲けるだけに専念すべきではない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | コラム
2006年06月06日

■苦言は尤もな話

 古くから洋の東西問わず錬金術に挑んだ者は数知れない。六本木錬金術師の1人と呼ばれる村上世彰氏率いる「村上ファンド」の謎が暴かれる。もの言う株主として投資先企業への利益還元を迫り、増配・自社株買いなどを実現、運用を委託する機関投資家が多く運用資産は急増していた。同ファンドの情報に注目し、便乗投資する投資家は自己責任といえても、こうした要因で株価変動に晒される経営者は迷惑千万この上ない話だ。ファンド立ち上げに出資、あるいは運用委託した企業への商工会議所会頭の厳しい苦言は、「企業経営の基本としての見識」、宜なるかな。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:24 | コラム
2006年06月05日

■駐車違反

1日から、民間駐車監視委員による違法駐車の取り締まりが始まった。端末トラブルが相次いだスタートだが、先進国である米・韓等のような暴力行為もないスタート。まずは無難といってよい。配達業者や商店など、これで経費増となるなど頭を抱えることになり、気の毒にも思うが、無法時代を象徴するかのごとき野放図な駐車違反が少なくとも減ると思うと、今までなぜ放置した(関係者はしていないというだろうが)と、喜ばしい思いを抱く向きは多いはずだ。ところで、これで潤うところも出てくる。駐車場経営企業である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 00:00 | コラム
2006年06月02日

■追撃

 携帯音楽プレーヤーではハードディスク(HD)から半導体が主流となりつつある。半導体は高集積化により大容量化が進み、携帯プレーヤーでは半導体でもギガサイズが当たり前となった。HDは衝撃性に課題があり、半導体に比べれば重さも気になる。軽さ、耐衝撃性、省電力を追及すれば半導体となり、ソニーでは近くHDレスの携帯型パソコンを投入する。東芝はフラッシュメモリーの大増産に乗り出す。高速性に優れる同社のNAND型は用途が拡大するにつれ、優位性を高め、フラッシュ市場でも着実にシェアを上昇、首位サムスンとの差をつ縮めつつある。(
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 00:00 | コラム