[注目銘柄]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/15)【狙い場・買い場】SHINPOは業績良く押し目買い、PERは10倍割れ
記事一覧 (10/15)【狙い場・買い場】東洋エンジニアリングは外資系証券が目標株価を750円へ引き上げ
記事一覧 (10/10)【狙い場・買い場】オオバは今期4割増益、建設コンサルタントで好事業環境
記事一覧 (10/09)【狙い場・買い場】Paltacは連続最高益、年44円配当の魅力
記事一覧 (10/07)【狙い場・買い場】京写は1ヶ月強の調整で出直り態勢整う、先ずは500円台へ、中間決算で増額と増配が有力で上値有望
記事一覧 (10/04)【狙い場・買い場】MUTOHホールディングスは3Dプリンターで成長期待、業績上ブレの公算
記事一覧 (10/03)【狙い場・買い場】ゲンキーは福井地盤で圧倒的強さ、業績好調、株価は上場来高値
記事一覧 (09/30)【狙い場・買い場】有沢製作所は今期の営業利益6割増益でPER8倍台
記事一覧 (09/25)【狙い場・買い場】ゼットはPER5倍台のスポーツ関連、アジア大会の好成績も材料
記事一覧 (09/24)【狙い場・買い場】ナックはダスキン代理店の最大手で今期2ケタの増収増益
記事一覧 (09/19)【狙い場・買い場】桑山は年初来高値に接近、利回り2.8%、PER8倍、業績良好
記事一覧 (09/17)【狙い場・買い場】ソーバルは業績好調に注目、第2四半期決算の発表が接近
記事一覧 (09/11)【狙い場・買い場】エフティコミュニケーションズは米アップル関連で最高益更新と業績好調
記事一覧 (09/10)【狙い場・買い場】アルコニックスはミニゴールデンクロスで買い転換、PER6倍台
記事一覧 (09/09)【狙い場・買い場】インテージHDはPER10倍、利回り2%、一橋大学と連携し新指数開発
記事一覧 (09/07)【狙い場・買い場】コンテックは環境関連で最高益更新、PER6倍台
記事一覧 (09/04)【狙い場・買い場】ヴィンクスは親会社富士ソフト株価強く人気波及も、最高益で業績好調
記事一覧 (09/02)【狙い場・買い場】第一工業製薬 好材料・好業績の低位銘柄として見直される可能性あり
記事一覧 (08/30)【狙い場・買い場】伊勢化学工業の5日ぶり小幅調整安は好狙い場、リチウムイオン電池関連
記事一覧 (08/27)【狙い場・買い場】古河機械金属の7ヶ月ぶり高値更新につくところ、リニア工事で実力発揮へ
2014年10月15日

【狙い場・買い場】SHINPOは業績良く押し目買い、PERは10倍割れ

狙い場・買い場 SHINPO<5903>(JQS)は、今期増収増益見込みで割安感があるほか、配当利回り妙味も増すことから注目したい。

 同社は、無煙ロースターの製造、販売及びその附帯工事を行っているが、焼肉ロースター国内シェアNo.1で国内16,000店・海外700店の実績を持つ。同社は、「繁盛店まるごとサポート」と銘打って顧客の役にたてるシンポ社員を育成し、そして世界シェアNo.1を確固たるものとするための物販強化に取り組んでいる。新製品・新システムの開発を実施、また、経費の削減を図り、利益の出せる企業体質の構築を図っている。また、フードクロス・マネジメント株式会社が運営するレストラン事業においても、新メニューの開発、接客・サービスの更なる向上を目指している。

 今2015年6月期第2四半期売上高19億6500万円(前年同期比6.0%増)、営業利益2億3500万円(同0.2%減)、経常利益2億3500万円(同2.1%減)、純利益1億円(同4.0%増)を見込んでいる。

 通期売上高40億8200万円(前期比4.3%増)、営業利益5億円(同8.9%増)、経常利益5億0200万円(同8.8%増)、純利益2億3200万円(同2.2%増)と増収増益を確保する見通し。年間配当は期末一括12円を予定している。

 株価は、2月7日に年初来高値393円をつけた後、360円を軸にモミ合いを続けているが、煮詰まり感が出始めている。主要マ−ケットである焼肉業界において、米国産牛肉の輸入条件緩和期待を背景とした出店加速がフォローの風となっている。今期予想PER9倍台、PBR0.83倍と割安感があるほか、配当利回り3.2%と利回り妙味も増し、見直し余地が広がる。週足では26週移動平均線、月足では9カ月移動平均線がサポートしており、上放れする可能性があり押し目買い妙味が膨らもう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:22 | 注目銘柄

【狙い場・買い場】東洋エンジニアリングは外資系証券が目標株価を750円へ引き上げ

狙い場・買い場 総合エンジニアリング事業の東洋エンジニアリング<6330>(東1)は、有力外資系証券が、投資判断を「イコールウエート」(中立)から「オーバーウエート」(強気)に格上げ、目標株価を520円から750円に引き上げており、450円を軸としたモミ合い上放れ期待から、注目したい。

 同社は、エネルギー、石油精製、石油化学・肥料、石油・ガス開発、社会インフラ、環境、医薬・ファインケミカル、短期商業化、保全業務革新、海外進出支援、技術解析を行っている。足元の業績は、今2015年3月期第1四半期売上高556億4200万円(前年同期比1.5%減)、営業損益2億3300万円の黒字(同11億2600万円の赤字)、経常損益22億4200万円の黒字(同2億3400万円の赤字)、最終損益16億6100万円の黒字(同8億7400万円の赤字)と黒字転換着地。

 通期売上高2900億円(前期比26.0%増)、営業利益70億円(同15倍)、経常利益100億円(同2.0倍)、純利益60億円(同6.2倍)と大幅増収増益を見込む。年間配当は8円(同5円増)を予定している。ウクライナ情勢をめぐる欧米諸国によるロシア制裁の動きや、米国の金融緩和縮小が与える新興国経済への影響が懸念されるものの、同社を取り巻く事業環境は、新興国におけるエネルギー、素材需要の拡大や、北米地域におけるシェールガス等の開発を背景に、概ね良好となっている。

 株価は、昨年5月高値538円と買われた後、450円を軸にモミ合いを続けているが、週足でもゴールデンクロスを示現。月足では24カ月移動平均線がサポートラインとして意識されており、煮詰まり感が出始めている。バークレイズ証券では、イラク事業における地政学的リスクの低下のほか、マレーシアでの大型エチレン・プラント建設受注に伴う今期受注高予想の上方修正などを背景に、来16年3月期営業利益は従来予想の62億円から100億円に増額している。期待先行ながら上放れする可能性があり買い妙味が膨らもう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:15 | 注目銘柄
2014年10月10日

【狙い場・買い場】オオバは今期4割増益、建設コンサルタントで好事業環境

狙い場・買い場 調査測量、区画整理、GISなど情報技術が主軸の建設コンサルタント、オオバ<9765>(東2)は、4割増益見通しで割安感があるほか、配当利回り妙味から注目したい。

 同社は、国内で確固たる技術的基盤を有する「まちづくり業務」において、調査設計業務に加え業務代行者としての参画を企図し、「まちづくり業務」の収益性向上を図るとともに、再生可能エネルギー事業や農業分野への業域拡大により、「まちづくり業務」の更なる高付加価値化に注力している。今2015年5月期第2四半期売上高43億4300万円(前年同期比11.9%増)、営業損益3億4000万円の赤字(同4億6100万円の赤字)、経常損益3億2500万円の赤字(同4億3800万円の赤字)、最終損益3億2500万円の赤字(同4億2700万円の赤字)と赤字縮小を見込んでいる。

 通期売上高146億円(前期比3.5%増)、営業利益8億円(同37.2%増)、経常利益8億4000万円(同37.6%増)、純利益7億2000万円(同40.4%増)を見込んでいる。年間配当は期末一括10円(同3円増)を予定している。震災復興業務や国土強靭化関連業務などの公共事業が増勢、アベノミクス効果等による民間の経済活動の活発化で、新中期経営(本年1月10日発表)の最終年度となる16年5月期売上高147億円、営業利益7億円、経常利益7億円、純利益6億円目標を1年前倒しで達成できる見通し。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:28 | 注目銘柄
2014年10月09日

【狙い場・買い場】Paltacは連続最高益、年44円配当の魅力

狙い場・買い場 化粧品・日用品・一般用医薬品卸業界の最大手、Paltac<8283>(東1)は、連続最高益更新見通しで割安感があるほか、配当利回り妙味から注目したい。

 同社は、化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業、物流受託事業を行っている。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高2002億5500万円(前年同期比1.9%減)、営業利益18億5500万円(同17.1%減)、経常利益32億7100万円(同11.2%減)、純利益17億8400万円(同21.8%減)に着地。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動から減収減益。

 通期売上高8400億円(前期比1.0%増)、営業利益104億円(同1.8%増)、経常利益160億円(同1.4%増)、純利益100億円(同8.9%増)と小幅ながら連続最高益更新を見込んでいる。年間配当は44円(同1円増)を予定している。卸売事業で主要取引先でのインストシェアの拡大を図るとともに、物流受託事業で既存受託先との取組みを強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:53 | 注目銘柄
2014年10月07日

【狙い場・買い場】京写は1ヶ月強の調整で出直り態勢整う、先ずは500円台へ、中間決算で増額と増配が有力で上値有望

狙い場・買い場 好業績・増配含みの京写<6837>(JQ・売買単位100株)は、9月1日の高値465円からの調整はほぼ最終局面とみられ狙い場を迎えているといえる。

 世界トップの生産量を誇る片面配線プリント板は、家電、自動車、事務機、映像、アミューズメント、産業機器など幅広い用途から需用好調。2015年3月期は営業利益12.7%増益、1株利益45.3円の見通し。

 とくに、第1四半期の営業利益進捗率が28.1%と目安となる25%を上回っている。このため、第2四半期決算発表時点(昨年は10月28日に発表)に通期業績の上方修正が予想される。

 さらに、配当性向20%を目標に掲げていることから今期配当を年8〜9円(前期年5円)とすることも第2四半期に表明するものとみられる。

 仮に、年8円配当とすれば足元の株価410円台は利回り約2%、PER約9倍と割安である。

 9月1日の高値から1ヶ月強の調整で25日線との乖離率も縮小し出直りの見込めるところにきている。

 第2四半期決算発表での増額と増配の内容によっては一気に700円程度が見込めるとみられるが、足元の好業績だけでも500円台は期待できる内容である。(甘栗)

>>京写のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:27 | 注目銘柄
2014年10月04日

【狙い場・買い場】MUTOHホールディングスは3Dプリンターで成長期待、業績上ブレの公算

狙い場・買い場 MUTOHホールディングス<7999>(東1)は、10月3日(金)6円安(−1.10%)の537円と反落している。9月30日付でいちよし経済研究所が投資判断を新規に「A」、フェアバリュー880円としたことを好感し、1日に年初来高値579円と急伸。上げ一服となっているが、5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けミニゴールデンクロスを示現。主力の大判インクジェットプリンターの販売拡大が見込まれるほか、新規分野の3Dプリンターの中期的な寄与が期待できるもようで、押し目に注目したい。

 同社は、情報画像関連機器や情報サービス(CAD/CAM)の開発・製造・販売、その他事業を展開している。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高60億1900万円(前年同期比10.2%増)、営業利益6億2100万円(同2.1倍)、経常利益5億6700万円(同3.1%増)、純利益21億1600万円(同6.3倍)に着地。主力製品である大判インクジェットプリンタでは、4機種の新製品を投入したことが大きく業績に貢献。注目を集める3Dプリンタでは、自社ブランドのパーソナル3Dプリンタ「Value3D MagiX」シリーズの第2弾として、好評を得た「MF−1000」の高剛性技術に改良を加え造形エリアを「300mm」とパーソナル3Dプリンタでの最大値を実現させた「MF−2000」を5月から発売を開始している。

 会社側は今2015年3月期売上高250億円(前期比8.2%増)、営業利益10億円(同38.7%減)、経常利益10億円(同50.5%減)、純利益25億円(同3.9%増)を見込んでいる。年間配当は期末一括5円を予定している。将来を見据えた積極的な開発費用の計上などにより、営業・経常利益の段階で大幅減益を見込むが、厚生年金基金の代行部分返上に伴う特別利益の計上で純利益は小幅ながら増益を確保する見通し。

 株価は、月足では500円を軸としたモミ合いが煮詰まりつつある。先の第1四半期業績は営業利益が中間期計画を1億2100万円上ブレ着地。いちよし経済研究所では通期営業利益は会社計画に倍する20億円を観測しており、通期業績予想の上方修正が十分期待される。今期予想PER11倍台と割安感があり、レンジ上限の1月9日の年初来高値590円抜けとなれば、07年10月高値758円奪回も視野に入ることから、押し目買い妙味が膨らもう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:40 | 注目銘柄
2014年10月03日

【狙い場・買い場】ゲンキーは福井地盤で圧倒的強さ、業績好調、株価は上場来高値

狙い場・買い場 福井地盤のドラッグストアのゲンキー<2772>(東1)は、連続最高純利益更新で割安感があり、デイフェンシブ性の高い銘柄として注目したい。

 同社は、薬品・化粧品・食品・日用雑貨等の小売を行うメガドラッグストア、ドラッグストアのチェーンストア経営を行っている。チラシによる日替り販売や低価格のプライベートブランド商品の拡充により、客数の増加を図り顧客の囲い込みを継続。そして徹底したローコストオペレーションによるボトムプライスの更なる切り下げやエブリデイロープライスの訴求等によって、お買い求めやすい価格を追求している。

 今2015年6月期新規出店は、30店舗の出店を計画し、更なるドミナントエリアの深耕を図っている。直近の売上高は、7月が前年同月比15.4%増。8月が同11.2%増。9月が同11.5%増と前年同月比2ケタ増が続き好調。天候不順もあり、デオドラント系のエチケット商品やドリンク剤、ペットボトル飲料類、アイスが低調だが、カネボウの白斑問題から1年が経過したカウンセリング化粧品や、オーラルケア、介護用品、デング熱報道により殺虫剤エアゾールや虫よけ剤などが好調。食品においては、PBの第3のビール「麦のひかり」やスペイン直輸入低価格ワインを中心にリカー類が売上を伸ばし、天候や気温に左右されにくいパン・菓子などが堅調に推移している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 注目銘柄
2014年09月30日

【狙い場・買い場】有沢製作所は今期の営業利益6割増益でPER8倍台

狙い場・買い場 有沢製作所<5208>(東1)は、エレクトロニクス関連材料、オプトエレクトロニクス関連材料、電気絶縁材料、産業用構造材料などの製造・販売を行っている。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高85億2100万円(前年同期比11.3%増)、営業利益4億3100万円(同61.9%増)、経常利益5億0200万円(同29.2%減)、純利益21億0200万円(同3.6)に着地。

 同社連結子会社と持分法適用会社が、多機能携帯端末を主用途とした電子材料の需要と産業用構造材料の需要が堅調に推移したほか、収益向上対策の推進が寄与。株式売却に伴う特別利益の計上が純利益を押し上げた。

 通期業績予想は売上高335億円(前期比10.8%増)、営業利益16億円(同62.3%増)、経常利益21億5000万円(同21.2%減)、純利益34億円(同17.2%減)を見込んでいる。年間配当は4円配当を予定している。

 電子材料分野の需要が堅調に推移しているため売上高は増加、営業利益、経常利益は当初計画を上回る見通し。年間配当予想は未定(前期実績は期末一括25円)としている。

 株価は、7月7日に年初来の高値809円と買われた後、750円を軸としてモミ合っているが、煮詰まり感が出ている。同社は、ハードコートフィルムや飛散防止フィルム、インデックスマッチングフィルム(IMフィルム)などを手がけており、スマートフォン(スマホ)関連株として見直される可能性がある。今期予想PER8倍台、PBR0.67倍と割安感があり、高値奪回から一段高へ向かうか注目したい。(信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:30 | 注目銘柄
2014年09月25日

【狙い場・買い場】ゼットはPER5倍台のスポーツ関連、アジア大会の好成績も材料

狙い場・買い場 ゼット<8135>(東2)は、オリンピック関連というテーマに乗る業績好調の割安銘柄として物色の矛先が向かうと期待されることから注目したい。

 同社はスポーツ用品の製造、加工、販売および輸出入を行っている。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高99億0300万円(前年同期比2.5%減)、営業利益9600万円(同3.2倍)、経常利益1億0800万円(同3.3倍)、純利益1億円(同4.2倍)に着地。サッカーワールドカップブラジル大会効果により、サッカー用品が好調に推移し、「コンバース」ブランドのバスケットボールウェアも好調に推移。「外商・スクール」及び「アスレ」マーケット、「ライフスタイル」マーケット、「ボディケア」マーケットへの販売が低調に推移したため、全体の売上は若干減少したものの、グループのスリム化と中核事業への集中、自社品とカテゴリー別に独自の価値を創造、低コスト経営(コスト競争力)の追求、経営基盤(人材・IT・物流)の強化を基本方針とし、業績向上に努めたことが奏功し、大幅増益となった。

 通期業績予想は売上高386億円(前期比同1.8%減)、営業利益1億4000万円(同46.4%増)、経常利益1億9000万円(同33.4%増)、純利益4億8000万円(同69.4%増)を見込んでいる。年間配当は期末一括2円配当継続を予定している。同社は、量から質へ、売上指向から利益指向への転換を図り、採算を重視し経営資源の効率化とコスト削減に努め、安定して利益を計上できる経営を目指している。

 株価は、1月21日高値138円から4月11日の年初来安値102円まで調整、5月13日安値103円と売り直された後、8月19日に年初来高値146円と上昇。その後、高値モミ合いとなっているが、週足では13週移動平均線がサポートしている。2020年オリンピック・パラリンピック東京開催という明るい話題があり、消費増税の影響を受けにくく、スポーツ用品の消費は今後上向くと期待される。今期予想PER5倍台、PBR0.36倍と割安感があり、上放れする可能性はある。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 注目銘柄
2014年09月24日

【狙い場・買い場】ナックはダスキン代理店の最大手で今期2ケタの増収増益

狙い場・買い場 ダスキン代理店最大手のナック<9788>(東1)は、連続最高益更新見通しで割安感があるほか、配利回り妙味もソコソコある。リバウンド幅を拡げる可能性があることから注目したい。

 同社は、デリバリービジネスとして、クリクラ(宅配水)、ダスキン(レンタル商品)、with(環境衛生)、EARNEST(定期清掃)、JIMOS(化粧品・健康食品)。住宅ビジネスとして、レオハウス(注文住宅)、J−wood(注文住宅)、建築コンサルティング(工務店支援)、ビジネスプロダクト(太陽光・建築資材)を手がけている。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高191億4900万円(前年同期比25.8%増)、営業損益6億7600万円の赤字(同3億7100万円の赤字)、経常損益6億9300万円の赤字(同3億5200万円の赤字)、最終損益5億5500万円の赤字(同5億4100万円の赤字)に着地。昨年7月に連結会社化した株式会社JIMOSの影響で、販管費は全体的に増加したほか、広告宣伝費も増加した。既存事業では、クリクラ・レオハウスを中心に人件費が増加したため赤字幅は膨らんだ。

 通期業績予想は売上高1010億円(前期比同10.2%増)、営業利益51億5000万円(同10.2%増)、経常利益52億5000万円(同10.4%増)、純利益28億5000万円(同2.0%増)と売上高・営業利益・経常利益・純利益ともに、連続最高益の更新を見込んでいる。全セグメントで前年を上回るほか、株式会社JIMOSと株式会社ジェイウッドの連結子会社化が通期で寄与する見通し。年間配当40円(第2四半期末20円 期末20円)と4円増配を予定している。

 株価は、1月21日の年初来高値1862円から8月29日に年初来安値1181円まで37%の調整を挟んで上昇している。昨年7月にJIMOSを連結子会社化。今期は広告費を投入し、顧客獲得に注力しているが、2月にマキアレイベルブランドリニューアル。化粧品・健康食品の通販事業のほか、卸販売、通販支援事業等で収益チャネルを多様化することへの期待感が高まる。連続最高益更新見通しで今期予想PER8倍台と割安感があり、配当利回り3.1%と利回り妙味もソコソコあり、見直し余地は広がる。上値抵抗線である26週移動平均線を突破出来るか注目したい。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 注目銘柄
2014年09月19日

【狙い場・買い場】桑山は年初来高値に接近、利回り2.8%、PER8倍、業績良好

狙い場・買い場 総合ジュエリーメーカーの桑山<7889>(JQS)は、7月24日につけた年初来の高値638円に肉薄している。業績好調見通しで割安感があり、モミ合い上放れが期待されることから注目したい。

 同社は、総合ジュエリーメーカーとして、オリジナルジュエリーをはじめとした各種製品の企画・デザインから生産、販売、サービス、さらにOEM/ODMまで手がけている。足元の業績は、今15年3月期第1四半期売上高74億1900万円(前年同期比10.7%減)、営業利益3億0700万円(同0.4%増)、経常利益3億1200万円(同2.0%減)、純利益2億3100万円(同0.7%増)と着地。消費税引き上げなどにより前年同期に比べ売上が減少したものの、開発力や調達力を生かした付加価値の高い新製品や、新規販路向けの製品の販売比率が増えたため、純利益では前年同期並みの実績を確保。

 通期業績予想は売上高378億円(前期比同5.5%増)、営業利益15億2000万円(同4.0%増)、経常利益13億5000万円(同4.2%増)、純利益8億2500万円(同3.1%増)を見込んでいる。年間配当18円(第2四半期末9円 期末9円)を予定している。同社は、国内外の製造拠点の連携による製造・開発の最適化とIT技術の積極利用により、製造技術の改善とより付加価値の高い製品の開発を目指している。これにより国内では引き続きシェア拡大。海外では、中国市場への深耕を中心に一層の売上拡大を狙い、中国での営業拠点を増強し、現地ニーズを捉えた営業活動を行っている。

 株価は、620円を軸に40円幅のモミ合いとなっている。円安進行は株高をもたらし宝飾品の消費を促すほか、外国人観光客の増加で高級パールの販売増も期待される。今期予想PER8倍台、PBR0.45倍と割安感があり、配当利回り2.8%と利回り妙味もソコソコある。週足では13週移動平均線、月足でも9カ月移動平均線がサポートしており、モミ合いを上放れし、昨年5月高値696円奪回を視野に入れよう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 注目銘柄
2014年09月17日

【狙い場・買い場】ソーバルは業績好調に注目、第2四半期決算の発表が接近

狙い場・買い場 組み込みソフトの開発、技術者派遣が主力のソーバル<2186>(JQS)は、業績好調で割安感があり、9月30日に予定される今2月期第2四半期決算の発表に対する期待が高まることから注目したい。

 同社は、エンジニアリング事業(ソフトウエア・ハードウエアの設計開発、第三者検証、マニュアル制作)、その他事業(RFID製品・RFIDシステムの開発、販売)を運営している。足元の業績は、今15年2月期第1四半期売上高17億7400万円(前年同期比11.3%増)、営業利益2億0100万円(同27.6%増)、経常利益2億0200万円(同28.0%増)、純利益1億1800万円(同29.3%増)と2ケタ増収増益着地。エンジニアリング事業、その他事業ともに順調に推移。

 通期業績予想は売上高67億円(前期比同1.1%増)、営業利益5億4000万円(同4.2%増)、経常利益5億4700万円(同5.9%増)、純利益3億2000万円(同5.9%増)を見込んでいる。年間配当は配当性向を30%から35%に引き上げ26円(同5円増)、株主優待も食品等ギフトからQUOカードへの変更を株主重予定し、株主への利益還元の姿勢を高めている。案件は引き続き増加傾向で、技術力アップとローテーションによる稼動最適化の推進を図っている。子会社2社との連携強化、積極的なパートナー開拓に取り組むなどしている。

 株価は、7月29日につけた年初来の高値928円から9月8日安値857円まで調整を挟んで上昇。決算期越えに伴う処分売りも一巡、26週移動平均線がしっかりサポートする形で、高値奪回を視野に入れている。エンジニアリング事業に充実化として医療分野、自動車分野、航空・宇宙分野と多様化を図ることへの期待感がある。今期予想PER12倍台と割安感があるほか、配当利回り2.8%と利回り妙味もソコソコある。目先上げ一服場面も想定されるが、月足でも9カ月移動平均線がサポートしており、押し目買い優位の展開が続くと予想される。9月30日に予定される今2月期第2四半期の発表で好業績が確認されれば、昨年7月につけた上場来の高値1015円奪回を目指そう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:34 | 注目銘柄
2014年09月11日

【狙い場・買い場】エフティコミュニケーションズは米アップル関連で最高益更新と業績好調

狙い場・買い場 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS)は、米アップルが新型スマートフォンと腕時計型端末を発表。同社がドコモショップを運営しており関連銘柄として見直されている。5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けミニゴールデンクロスを示現。連続最高益更新見通しで割安感があり注目したい。

 同社は、法人事業(情報通信機器、OA機器及びLED照明の販売、回線サービスの取次、FC加盟店開発・運営)、コンシューマ事業を運営している。足元の業績は、2014年3月期第1四半期売上高82億3300万円(前年同期比27.8%減)、営業利益9億2800万円(同58.8%増)、経常利益9億8400万円(同61.4%増)、純利益5億9800万円(同41.0増)に着地。前第2四半期からハイブリッド・サービス株式会社及びその連結子会社4社が連結対象から外れたことが響き売上は減少したが、ビジネスホン・OA機器の販売は堅調に推移。法人顧客の情報管理等のセキュリティ強化ニーズに対応するSOHO向けスモールサーバー・UTMのセキュリティ商材を拡販。環境関連商材におきましては、LED照明販売に加えて、自然冷媒ガスのエアコン等空調機器への入替サービスを開始。自社販売案件のLED照明等の設置工事・保守のみならず、産業用太陽光発電設備の施工案件の受注強化に注力。ドコモショップにおいて、新料金プランの開始に伴い、引き続き需要の高いスマートフォン等の拡販、販売数は堅調に推移したことなどが寄与した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:37 | 注目銘柄
2014年09月10日

【狙い場・買い場】アルコニックスはミニゴールデンクロスで買い転換、PER6倍台

狙い場・買い場 非鉄原料の専門商社、アルコニックス<3036>(東1)は、5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けミニゴールデンクロスを示現。自動車関連、スマートフォン関連の割安株として見直し余地があり、出遅れ感のある商社株として注目したい。

 足元の業績は、2014年3月期第1四半期売上高484億0400万円(前年同期比7.7%増)、営業利益9億6100万円(同16.9%減)、経常利益17億1300万円(同58.1%増)、純利益13億0500万円(同5.3%減)に着地。売上面においては、自動車、半導体向け伸銅品、化学品用途の金属珪素、タングステン・モリブデン等のレアメタル、半導体製造装置向け精密研削加工部品等が増加。レアアースは主要取引先の在庫調整が一巡した軽希土類の取扱いが増加。住宅建設資材、自動車関連部品の設計、製造を手掛けるケィ・マック株式会社を持分法適用関連会社化に伴う負ののれん発生益を含む持分法による投資利益を営業外収益に計上し、経常利益は大幅に増加。純利益は国内連結子会社2社の株式取得等に伴う負ののれん発生益がなくなり前年同期に比べ減益となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:22 | 注目銘柄
2014年09月09日

【狙い場・買い場】インテージHDはPER10倍、利回り2%、一橋大学と連携し新指数開発

狙い場・買い場 パネル調査で国内トップのインテージホールディングス<4326>(東1)は、インド関連の側面があるほか、バリュエーション的に割安感がある。

 足元の業績は、今14年3月期第1四半期売上高91億7800万円(前年同期比5.2%増)、営業利益2億7100万円(同17.1%増)、経常利益2億4600万円(同23.3%増)、純利益14億9900万円(同3300万円)に着地。

 市場調査・コンサルティング事業は、株式会社インテージにおいてSCI(全国個人消費者パネル調査)、i−SSP(インテージシングルソースパネル)、SRI(全国小売店パネル調査)といった主要パネルや、株式会社医療情報総合研究所の処方情報分析サービスの売上が前期を上回った。システムソリューション事業は、前期に引き続き、株式会社インテージおよび株式会社インテージテクノスフィアにおける受注状況が好調に推移。医薬品開発支援事業は、株式会社アスクレップにおいて顧客ニーズに対応したEDC(電子的臨床検査情報収集)システムの受注が好調に推移したものの、臨床開発事業及びこれに付随する事業を譲渡したことにより、減収減益。全体では純利益は大幅増益となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:23 | 注目銘柄
2014年09月07日

【狙い場・買い場】コンテックは環境関連で最高益更新、PER6倍台

狙い場・買い場 産業用パソコン大手のコンテック<6639>(東2)は、9月5日(金)は、9月4日に「 びわ湖環境ビジネスメッセ 2014 」(10月22日(水)−24日(金) 滋賀県立 長浜ドームで開催) に太陽光発電データ計測/表示システム「SolarViewシリーズ」の各製品を出展すると発表。見直される可能性がある。最高益更新が見込まれるほか、割安感があり注目したい。

 同社は、電子機器事業(産業用コンピュータ、計測制御、ネットワーク、ソリューション)、EMS事業を展開している。足元の業績は、今14年3月期第1四半期売上高49億9000万円(前年同期比16.3%増)、営業損益2600万円の赤字(同1億8300万円の赤字)、経常損益1800万円の赤字(同1億6600万円の赤字)、最終損益2億6200万円の黒字(同1億8100万円の赤字)と黒字転換着地。電子事業は企業における設備投資が増加傾向となっていることを背景に、産業用コンピュータ製品や計測制御製品の販売が堅調に推移。販管費の増加で僅かながらの改善にとどまった。EMS事業はダイフク向けの物流システム用制御機器の販売が昨年と比べて増加したほか、工場の生産体制を見直し、生産性を向上させたことにより利益率が大きく改善した。

 通期業績予想は売上高230億円(前期比4.8%増)、営業利益10億円(同85.8%増)、経常利益10億円(同80.2%増)、純利益9億円(同23.7%増)と最高益更新を見込んでいる。年間配当は30円を予定している。海外景気の下振れ懸念があるものの、輸出の持ち直し、企業の設備投資の増加を背景に、再生可能エネルギー、医療・介護、デジタルサイネージなどの成長分野及びアジア地域などの成長市場への取組みを強化するとともに、高収益体質の実現と継続的な成長を目指すことへの期待感がある。

 株価は、6月11日につけた年初来の高値2020円から6月27日安値1712円、7月18日安値1661円、8月13日安値1516円と売り込まれ三段下げを終了。1600円割れで下値を固め、26週移動平均線がサポートした感がある。ドイツ、フランス、イタリアを拠点とする販売パートナー3社と共に産業用コンピュータ・計測制御製品の拡販を推し進めており海外展開も期待される。今期予想PER6倍台、PBR0.79倍と割安感があり、上値抵抗線の13週移動平均線を突破出来るか注目されよう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:23 | 注目銘柄
2014年09月04日

【狙い場・買い場】ヴィンクスは親会社富士ソフト株価強く人気波及も、最高益で業績好調

狙い場・買い場 ヴィンクス<3784>(JQS)は、同社の親会社の富士ソフトが高値圏で頑強。同社の業績も連続最高益更新で割安感があり関連銘柄として見直し余地があり注目したい。

 同社は、パッケージプロダクト、ソリューションサービス(システムコンサルティング・設計・開発・運用・付帯サービス)、ITサポートサービス、クロスボーダーITソリューションサービス、流通・小売業に関するコンサルティング業務を手がけている。足元の業績は、今14年3月期第1四半期売上高68億4900万円(前年同期比0.5%増)、営業利益2億2400万円(同56.1%増)、経常利益2億3400万円(同87.6%増)、純利益1億4500万円(同87.3%増)と大幅増益着地。大手総合小売グループへの更なる深耕が寄与。経営統合による業務部門の稼働率が向上したほか、スタッフ部門の効率化など事業全体のコスト削減が図られたことが奏功した。

 今15年3月期業績予想は売上高288億円(前期比5.6%増)、営業利益16億8000万円(同10.0%増)、経常利益16億5000万円(同9.3%増)、純利益9億8000万円(同18.9%増)と連続最高益更新を見込んでいる。年間配当は20円を予定している。同社は、「アジアにおける流通ITのリーディングカンパニーを目指す。」を経営ビジョンとして、経営統合により強化された競争力のもと、4つの基本戦略を主軸に、更なる事業成長と安定的な収益の両立を図り、17年3月期売上高317億円、経常利益19億3000万円、経常利益11億6000万円目標の中期経営計画を掲げている。

 株価は、1月21日につけた年初来の高値1570円から5月23日に年初来の安値786円まで調整を挟んで6月9日高値974円と上昇。その後、モミ合っていたが、850円割れで下値を固め出直る動きとなっている。メーカー主導のPOS業界にあって、60,000台突破の導入実績を誇るPOSアプリケーションソフトウェア(POSシステム)「ANY−CUBE」が、ドラッグストア業界では国内1位のシェア率。スーパーマーケット・アパレル・飲食業界でも現在急伸中で、今後の成長が見込まれている。今期予想PER7倍台と割安感があり、配当利回り2.2%と利回り妙味もソコソコある。レンジ上限の974円抜けから上昇基調を強めるか注目されよう。(N)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:42 | 注目銘柄
2014年09月02日

【狙い場・買い場】第一工業製薬 好材料・好業績の低位銘柄として見直される可能性あり

狙い場・買い場 界面活性剤のパイオニア、第一工業製薬<4461>(東1)は、9月1日(月)25円高(+5.91%)の448円と3営業日続伸ぶりに反発している。5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けミニゴールデンクロスを示現しており、好材料・好業績の低位銘柄として見直される可能性があり注目したい。

 同社は、「界面活性剤事業」をはじめ、「アメニティ材料事業」、「ウレタン材料事業」、「機能材料事業」、「電子デバイス材料事業」を展開している。足元の業績は、今3月期第1四半期売上高136億2000万円(前年同期比4.8%増)、営業利益6億1900万円(同2.3倍)、経常利益5億6000万円(同2.2倍)、純利益3億6200万円(同2.8倍)と大幅増益着地。界面活性剤が大幅に伸びたほか、海外でセルロース系高分子が食品向けに堅調。ショ糖脂肪酸エステルが香粧品用途が順調に推移し、食品用途の好調。また、機能材料で臭素系の難燃剤は建築材料用途が堅調に推移。臭素系の難燃剤がデジタル家電用途の需要回復により大幅に伸長したことも寄与した。

 通期業績予想は売上高585億円(前期比7.1%増)、営業利益29億円(同17.0%増)、経常利益27億円(同13.7%増)、純利益15億円(同12.2%増)と2ケタ増益を見込んでいる。年間配当は期末一括7円を予定している。同社は、コア製品事業の拡販に注力するともに、将来の成長分野である「環境」、「エネルギー」、「電子材料」、「生活資材」などの分野を中心に新規市場の開拓や新素材の開発に取り組んでいるほか、原材料の安定的な確保や適正な採算確保、新コスト削減計画による総経費の削減活動などに取り組んでおり、中長期的な成長も期待される。

 株価は、「イオン液体リチウム二次電池」を人口衛星に搭載し、世界で初めて地球周回軌道での実験を行うことを手がかりに、7月8日に年初来の高値519円と買われた後、8月8日安値397円まで短期調整を8月15日高値454円と上昇。その後、モミ合いとなっている。経済産業省は次世代の高機能材料と期待される木質組織由来の繊維状物質「セルロースナノファイバー(CNF)」の加工性を高める新技術の実証実験に乗り出すもようで、同社が維幅が数ナノメートルのセルロースシングルナノファイバーを利用した増粘剤「レオクリスタ」を開発・販売をしていることを見直されており、13週移動平均線がサポートしている。今期予想PER13倍台と割安高はなく、低位材料株として上放れするか注目したい。(N)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | 注目銘柄
2014年08月30日

【狙い場・買い場】伊勢化学工業の5日ぶり小幅調整安は好狙い場、リチウムイオン電池関連

狙い場・買い場 伊勢化学工業<4107>(東2)は、4日続伸のあと29日は5日ぶりに反落している。しかし、下げ幅はわずか5円と底堅く週明けに期待できる動きだ。

 米系調査会社のフロスト&サリバンは、2020年のリチウムイオン電池の部材市場が13年の20倍の76億ドル(約7900億円)に膨らむと観測しており、リチウムイオン電池などの原材料を手がける同社が注目される。

 同社の主な事業は、ヨウ素、金属化合物、天然ガス。そのほか、リサイクルも積極的に取り組んでいる。足元の業績は、今12月期第2四半期売上高83億4400万円(前年同期比8.7%増)、営業利益17億1900万円(同2.1%増)、経常利益17億2700万円(同1.4%増)、純利益10億2400万円(同1.2%減)に着地。主力のヨウ素製品の販売が増加したほか、米国子会社において第1四半期に実施した設備修繕が完了し、生産活動に寄与した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:35 | 注目銘柄
2014年08月27日

【狙い場・買い場】古河機械金属の7ヶ月ぶり高値更新につくところ、リニア工事で実力発揮へ

狙い場・買い場 古河機械金属<5715>(東1)は、234円と年初来高値を更新している。これまでの高値は1月20日の226円。

 東海旅客鉄道がリニア中央新幹線建設工事の実施計画を26日午後にも太田国土交通省大臣に申請する方針を固めたと伝わっており、同社が国内で圧倒的なシェアを誇るトンネルドリルジャンボやトンネルワークステーションなどトンネル工事用機械を手がけていることが見直されている。5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けミニゴールデンクロスを示現しており注目したい。

 同社は、産業機械事業、開発事業(ロックドリル)事業、ユニック事業、金属事業、電子材料事業、化成品事業、不動産事業などを行っている。足元の業績は、今3月期第1四半期売上高387億9300万円(前年同期比7.2%増)、営業利益13億2400万円(同41.0%増)、経常利益12億4300万円(同27.8%増)、純利益10億1900万円(同53.2%増)に着地。産業機械部門で、震災被災地における高台移転工事をはじめ、橋梁、一般産業機械で売上が伸長。開発機械部門では、国内外で堅調に推移。ユニック部門で、ユニッククレーンやユニックキャリアの売上が伸びている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:36 | 注目銘柄