[注目銘柄]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/15)【注目銘柄】アライドアーキテクツは16年12月期大幅増収で黒字化、17年12月期も大幅増収増益予想
記事一覧 (02/14)【注目銘柄】相模ゴム工業は昨年来高値を更新して15年10月高値に接近
記事一覧 (02/14)【注目銘柄】鈴木は増額修正を材料視して急伸、802円高値を目指す展開に期待
記事一覧 (02/13)【注目銘柄】テクノスマートは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を増額修正
記事一覧 (02/13)【注目銘柄】地盤ネットホールディングスは17年3月期第3四半期累計大幅増益、通期予想は増額が濃厚
記事一覧 (02/10)【注目銘柄】UTグループは07年の上場来高値試す、17年3月期通期連結業績予想を増額修正
記事一覧 (02/10)【注目銘柄】大伸化学は97年来の高値水準、17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期再増額の可能性
記事一覧 (02/10)【注目銘柄】TOWAは02年以来の高値水準、17年3月期通期予想を増額修正
記事一覧 (02/09)【注目銘柄】ルックは16年12月期連結業績予想を大幅増額修正
記事一覧 (02/09)【注目銘柄】原田工業は17年3月期通期利益予想を増額修正
記事一覧 (02/08)【注目銘柄】パーカーコーポレーションは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期予想を増額修正
記事一覧 (02/08)【注目銘柄】ジオスターは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期2回目の増額修正、期末配当も発表
記事一覧 (02/08)【注目銘柄】宮地エンジニアリンググループは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益・配当予想を大幅増額修正
記事一覧 (02/07)【注目銘柄】日本ピラー工業は17年3月期通期業績予想と配当予想を増額修正、06年高値試す
記事一覧 (02/06)【注目銘柄】レックは17年3月期通期利益と配当予想を増額、株式分割も発表して06年高値試す
記事一覧 (02/06)【注目銘柄】こころネットは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を超過達成
記事一覧 (02/06)【注目銘柄】東洋製罐グループホールディングスは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を増額修正
記事一覧 (02/03)【注目銘柄】昭和電線ホールディングスは17年3月期第3四半期累計黒字化で通期増額修正、収益大幅改善
記事一覧 (02/03)【注目銘柄】品川リフラクトリーズは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期増額修正
記事一覧 (02/03)【注目銘柄】荒川化学工業は17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期増額修正
2017年02月15日

【注目銘柄】アライドアーキテクツは16年12月期大幅増収で黒字化、17年12月期も大幅増収増益予想

 アライドアーキテクツ<6081>(東マ)に注目したい。国内SNSマーケティング事業、越境プロモーション事業、SNS広告クリエイティブ制作事業を展開している。2月14日発表した16年12月期連結業績は大幅増収で黒字化した。そして17年12月期も大幅増収増益予想である。株価は急伸して昨年来高値更新の展開だ。収益拡大を評価して14年1月の上場来高値を目指す展開が期待される。

 16年12月期の連結業績は、売上高が15年12月比2.3倍の60億04百万円で、営業利益が3億04百万円(15年12月期は3億45百万円の赤字)、経常利益が2億83百万円(同3億65百万円の赤字)、純利益が2億45百万円(同4億18百万円の赤字)で、各利益とも黒字化した。

 国内はクロスセル拡大で同44%増収、海外もSNS広告市場拡大で同5.0倍増収となり、増収効果、利益率の高い自社サービスの伸長、さらに生産性向上、広告宣伝費や人件費の削減なども寄与して黒字化した。

 17年12月期連結業績予想は、売上高が16年12月期比33.5%増の80億16百万円、営業利益が同98.3%増の6億03百万円、経常利益が同2.0倍の5億78百万円、純利益が同63.4%増の4億01百万円としている。各事業とも伸長し、自社サービス拡販による利益率改善も見込んでいる。

 株価は2000円近辺で調整が一巡して急伸し、一気に昨年来高値更新の展開となった。2月7日には4375円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線が上向きに転じた。さらに26週移動平均線を上抜くゴールデンクロスが接近している。収益拡大を評価して14年1月の上場来高値6600円を目指す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:14 | 注目銘柄
2017年02月14日

【注目銘柄】相模ゴム工業は昨年来高値を更新して15年10月高値に接近

■17年3月期第3四半期累計が大幅増収増益で通期予想を増額修正

 相模ゴム工業<5194>(東2)に注目したい。コンドームの大手で、食品包装用フィルムも展開している。2月13日発表した17年3月期第3四半期累計連結業績が大幅増収増益となり、通期連結業績予想を増額修正した。株価は昨年来高値を更新して15年10月高値に接近している。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比19.4%増の43億82百万円、営業利益が同2.4倍の13億04百万円、経常利益が同2.2倍の10億25百万円、そして純利益が同2.4倍の6億99百万円だった。

 ヘルスケア事業は大幅増収増益だった。ポリウレタン製コンドームのセールス・ミックスが上昇し、中国・アジア向け輸出も伸長した。プラスチック製品は原油価格下落に伴う製品価格改定で減収だが、大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を2億円増額して16年3月期比19.6%増の58億円、営業利益を3億円増額して同2.6倍の16億円、経常利益を3億円増額して同2.4倍の13億円、純利益を2億円増額して同2.7倍の8億50百万円とした。なお第3四半期累計の営業外費用に為替差損3億14百万円を計上したが、今後の為替相場によって差損益の金額は変動する。

 株価は昨年来高値更新の展開で2月13日には1169円まで上伸した。そして15年10月高値1275円に接近している。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:46 | 注目銘柄

【注目銘柄】鈴木は増額修正を材料視して急伸、802円高値を目指す展開に期待

■17年6月期第2四半期累計が計画超で通期予想を増額修正

 自動車電装品・電子部品のコネクタを主力としている鈴木<6785>(東1)は14日、65円高(11.09%高)の586円まで上げて急伸している。東証1部値上がり率は第8位となっている。2月13日発表した17年6月期第2四半期累計の連結業績が計画超となり、通期連結業績予想を増額修正したことを材料視している。

 株価は安値圏500円近辺でモミ合う展開だったが、本日(14日)は65円高(11.09%高)の586円まで上げて急伸している。増額修正を好感して2015年6月30日につけた802円高値を目指す展開が期待される。

 17年6月期第2四半期累計(7〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比4.2%減の114億56百万円、営業利益が同2.4%増の8億32百万円、経常利益が同7.3%減の6億32百万円、純利益が同48.4%増の2億94百万円だった。

 全体としては減収だが、計画に対して売上高は1億28百万円、営業利益は4億08百万円、経常利益は2億05百万円、純利益は1億33百万円上振れ、営業減益予想から一転して営業増益での着地となった。自動車電装向け部品が堅調に推移し、民生向けコネクタ用部品もスマホ向けが想定を上回った。

 通期連結業績予想は、売上高を3億13百万円増額して16年6月期比1.2%増の233億75百万円、営業利益を3億83百万円増額して同11.3%減の12億74百万円、経常利益を3億17百万円増額して同5.0%減の12億円、純利益を2億14百万円増額して同3.5倍の5億77百万円とした。

 期初計画に対して営業減益幅が縮小する見込みとなった。修正後の通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高49.0%、営業利益65.3%、経常利益52.7%、純利益51.0%である。利益予想は再増額余地がありそうだ。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | 注目銘柄
2017年02月13日

【注目銘柄】テクノスマートは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を増額修正

 テクノスマート<6246>(東2)に注目したい。コーター・塗工装置・乾燥機などを展開している。2月10日発表した17年3月期第3四半期累計の非連結業績が大幅増益となり、通期利益予想を増額修正した。株価は07年以来の高値水準で堅調に推移している。増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の非連結業績は、売上高が前年同期比14.6%増の69億95百万円、営業利益が6億25百万円(前年同期は7百万円の赤字)、経常利益が同28倍の6億55百万円、純利益が同87倍の4億34百万円だった。

 エネルギー関連機器や化工機器が好調に推移した。増収効果で大幅増益だった。受注高は同2.2倍の132億36百万円だった。海外向け光学フイルム関連塗工装置、および車載用リチウムイオン二次電池用などのエネルギー関連機器の大型受注が増加した。

 通期の非連結業績予想は、売上高を5億円減額して前期比%増の105億円、営業利益を2億円増額して同倍の8億円、経常利益を2億円増額して同倍の8億20百万円、純利益を1億30百万円増額して同倍の5億30百万円とした。納期変更の影響で売上高を減額したが、利益を増額修正した。増収効果に加えて、原価低減効果も寄与する。受注環境が好転して来期(18年3月期)も好業績が期待される。

 株価は1月30日に875円まで上伸した。07年以来の高値水準だ。その後も高値圏の800円近辺で堅調に推移している。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。自律調整が一巡し、増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:02 | 注目銘柄

【注目銘柄】地盤ネットホールディングスは17年3月期第3四半期累計大幅増益、通期予想は増額が濃厚

 地盤ネットホールディングス<6072>(東マ)に注目したい。地盤解析・地質調査サービスを展開している。2月10日発表した17年3月期第3四半期累計連結業績が大幅増益となり、通期利益予想を超過達成した。通期予想は増額が濃厚だろう。株価は好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。上げ足を速める可能性もありそうだ。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比15.0%増の20億67百万円、営業利益が同2.5倍の2億29百万円、経常利益が同2.4倍の2億29百万円、純利益が同2.4倍の1億67百万円だった。

 地盤解析サービスが同4.7%増収、地盤調査サービスが同10.4%増収、その他サービス(部分転圧工事、地盤調査機販売、FC事業など)が同47.1%増収と、いずれも好調に推移し、増収効果や業務効率向上効果などで大幅増益だった。

 通期連結業績予想は据え置いて、売上高が前期比10.3%増の26億31百万円、営業利益が同3.9%増の2億21百万円、経常利益が同3.6%増の2億23百万円、純利益が同1.7%増の1億34百万円としている。ただし通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が78.6%、営業利益が103.6%、経常利益が102.7%、純利益が124.6%で、利益は超過達成している。引き続きサービス利用件数増加が予想されるとしており、通期予想は増額が濃厚だろう。

 株価は徐々に水準を切り上げている。週足チャートで見ると上向きに転じた13週移動平均線と26週移動平均線がサポートラインの形となった。好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。上げ足を速める可能性もありそうだ。(MM)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | 注目銘柄
2017年02月10日

【注目銘柄】UTグループは07年の上場来高値試す、17年3月期通期連結業績予想を増額修正

 UTグループ<2146>(JQ)に注目したい。製造業派遣・請負の大手である。2月9日発表した17年3月期第3四半期累計連結業績が大幅増収増益で、通期連結業績予想を増額修正した。株価は07年10月の上場来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比28.6%増の415億28百万円で、営業利益が同45.7%増の24億97百万円、経常利益が同43.9%増の24億54百万円、純利益が同42.7%増の15億61百万円だった。需要が高水準で製造派遣事業、エンジニア派遣事業とも大幅増収増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を71億60百万円増額して前期比24.9%増の550億円、営業利益を5億70百万円増額して同25.9%増の31億円、経常利益を5億70百万円増額して同23.9%増の30億円、純利益を2億80百万円増額して同26.9%増の19億円とした。需要が高水準であり、大型案件が前倒しでスタートしたことや、利益率の高い設計・開発分野の技術者派遣が増加していることも寄与する。

 株価は2月9日に1142円まで上伸し、07年10月の上場来高値1210円に接近してきた。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの上昇トレンドである。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:28 | 注目銘柄

【注目銘柄】大伸化学は97年来の高値水準、17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期再増額の可能性

 大伸化学<4629>(JQ)に注目したい。シンナー専業大手である。2月9日発表した17年3月期第3四半期累計業績は大幅増益だった。通期予想を据え置いたが再増額の可能性が高いだろう。株価は大幅上伸して97年以来の高値水準だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の非連結業績は、売上高が前年同期比8.1%減の181億円だが、営業利益が同27.9%増の16億73百万円、経常利益が同28.4%増の16億81百万円、純利益が同29.6%増の11億27百万円と大幅増益だった。ナフサ市況下落に伴って販売価格が下落したため減収だったが、販売数量の増加や原材料価格の下落で大幅増益だった。

 通期の非連結業績予想は据え置き、売上高が前期比8.4%減の235億66百万円、営業利益が同4.4%増の17億14百万円、経常利益が同4.4%増の17億11百万円、純利益が同3.5%増の11億48百万円としている。通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が76.8%、営業利益が97.6%、経常利益が98.2%、純利益が98.2%と高水準である。通期予想は再増額の可能性が高いだろう。

 株価は2月9日に1750円まで上伸した。97年以来の高値水準だ。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:23 | 注目銘柄

【注目銘柄】TOWAは02年以来の高値水準、17年3月期通期予想を増額修正

 TOWA<6315>(東1)に注目したい。半導体モールディング装置最大手である。2月9日発表した17年3月期第3四半期累計連結業績が大幅増収増益となり、通期予想を大幅増額修正した。株価は昨年来高値を更新して02年以来の高値水準である。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比34.7%増の215億41百万円、営業利益が同2.9倍の32億69百万円、経常利益が同2.9倍の35億63百万円、純利益が同2.7倍の29億37百万円だった。半導体市場の活況を背景に、モールディング装置・シンギュレーション装置の需要が大幅伸長した。

 通期連結業績予想は、売上高を35億円増額して前期比21.2%増の270億円、営業利益を14億円増額して同79.1%増の35億円、経常利益を16億円増額して同76.8%増の37億円、純利益を16億円増額して同91.7%増の35億円とした。中国向けトランスファ装置の売上が想定以上に伸長している。修正後の通期予想に対する第3四半期累計の進捗率が高水準であり、再増額の可能性もありそうだ。

 株価は昨年来高値更新の展開となって1月27日の1808円まで上伸した。その後は利益確定売りで上げ一服の形だが、02年以来の高値水準である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | 注目銘柄
2017年02月09日

【注目銘柄】ルックは16年12月期連結業績予想を大幅増額修正

 婦人アパレル中堅のルック<8029>(東1)は2月8日、16年12月期連結業績予想の大幅増額修正を発表した。株価は昨年来高値圏でモミ合う形だったが、増額修正を好感して上放れの展開となっている。中段保ち合いから上放れの形となって上げ足を速める可能性もありそうだ。

 16年12月連結業績予想は売上高を6億円増額して15年12月期比7.4%減の426億円、営業利益を4億増額して同55.0%増の8億円、経常利益を4億50百万円増額して同43.9%増の9億50百万円、純利益を50百万円増額して同43.3%減の2億50百万円とした。

 韓国子会社の販売が好調に推移して売上高が計画を上回り、経費削減や退職給付費用の減少も寄与して営業利益、経常利益が想定を大幅に上回ったようだ。純利益は減益幅が縮小する。

 株価は急伸した16年11月の昨年来高値190円後に上げ一服となり、170円〜180円近辺でモミ合う形だったが9日は187円まで上げて、日柄調整一巡感を強めている。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。増額修正を好感して上放れの展開が期待される。中段保ち合いから上放れの形となって上げ足を速める可能性もありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:08 | 注目銘柄

【注目銘柄】原田工業は17年3月期通期利益予想を増額修正

 原田工業<6904>(JQ)に注目したい。自動車用アンテナの国内最大手である。2月8日、17年3月通期利益予想の増額修正を発表した。株価は安値圏モミ合いから上放れて、一気に97年以来の高値水準まで上伸している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期通期の連結業績予想について、売上高は据え置いて前期比7.4%減の400億円だが、営業利益を9億増額して同2.1倍の23億円、経常利益を7億円増額して同4.7倍の18億円、純利益を2億円増額して10億円(前期は94百万円の赤字)とした。

 コスト構造改革計画において、購入部材のコストダウン、工場における生産性の向上、物流費や品質コストの削減、一般経費の削減に取り組んだ結果、売上原価率および販管費比率の改善が計画を上回った。

 なお営業外費用では為替差損の発生額が想定を上回り、特別損失には第2四半期累計で米国の販売子会社における販売代理人契約解除に伴う契約解約金を計上している。またヨコオに対して提起していた特許権侵害訴訟の和解(1月17日公表)による影響については、現在精査中としている。

 株価は安値圏200円台でのモミ合いから上放れ、一気に2月6日の775円まで上伸した。97年以来の高値水準だ。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:54 | 注目銘柄
2017年02月08日

【注目銘柄】パーカーコーポレーションは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期予想を増額修正

 パーカーコーポレーション<9845>(東2)に注目したい。工業用洗剤の大手である。2月7日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増益となり、通期予想を増額修正した。株価は昨年来高値更新の展開となって15年4月高値に接近してきた。好業績や割安感を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比0.6%増の341億55百万円だが、営業利益が同41.4%増の29億38百万円、経常利益が同38.8%増の29億73百万円、純利益が同38.5%増の20億22百万円の大幅増益だった。

 機械部門では自動車内装製造設備や塗装設備、化成品部門では特に中国の自動車業界向け、化学品部門では一般工業用ケミカルおよび特殊ケミカル、産業用素材部門では家電用防音材や自動車用防音材が好調に推移し、原材料コスト下落も寄与した。

 通期の連結業績予想について、売上高は5億円増額して16年3月期比2.1%増の465億円、営業利益は8億50百万円増額して同31.5%増の37億円、経常利益を8億50百万円増額して同33.4%増の37億50百万円、純利益を3億円増額して同20.8%増の23億円とした。

 売上面では自動車業界向けおよび家電業界向けが国内外で好調に推している。さらに利益面では、グループ全体で推進している高付加価値製品の販売強化、原材料コストや生産効率見直しなど原価低減への取り組み強化による採算性改善も寄与する。

 株価は昨年来高値を更新して上げ足を速めている。2月8日は580円まで上伸し、15年4月高値615円に接近してきた。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。指標面の割安感も強く、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:51 | 注目銘柄

【注目銘柄】ジオスターは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期2回目の増額修正、期末配当も発表

 ジオスター<5282>(東2)に注目したい。建設用コンクリート製品の大手である。2月7日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増益で、通期予想を増額修正した。未定としていた期末配当予想も発表して前期比大幅増配だ。株価は好業績を評価して16年9月の昨年来高値を試す展開が期待される。これを突破すれば上げ足を速めて96年の上場来高値を目指す可能性があるだろう。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比37.6%増の217億53百万円、営業利益が同10.8倍の21億38百万円、経常利益が同10.6倍の21億17百万円、純利益が同22.9倍の14億49百万円だった。大型道路プロジェクトが本格化してセグメント製品の販売が好調に推移した。工場安定生産継続や原価低減施策も寄与して大幅増収増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を13億円増額して前期比17.7%増の314億円、営業利益を7億10百万円増額して同2.4倍の27億10百万円、経常利益を7億10百万円増額して同2.4倍の27億10百万円、純利益を5億60百万円増額して同54.6%増の18億60百万円とした。9月8日に続いて2回目の増額修正である。セグメント製品、防潮堤製品、その他土木製品の生産が順調に推移し、工場操業度上昇や原価低減への取り組みも寄与する。

 なお未定としていた期末配当は12円50銭とした。年間ベースは17円50銭(第2四半期末5円、期末12円50銭)で、前期比7円50銭増配となる。

 株価は戻り高値圏900円近辺でモミ合う形だが調整一巡感を強めている。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。好業績を評価して16年9月の昨年来高値1010円を試す展開が期待される。これを突破すれば1000円近辺のフシを抜ける形となり、上げ足を速めて96年の上場来高値1700円を目指す可能性があるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:59 | 注目銘柄

【注目銘柄】宮地エンジニアリンググループは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益・配当予想を大幅増額修正

 宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)に注目したい。橋梁・鉄骨の大手である。2月7日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増益となり、通期利益予想と配当予想を大幅増額修正した。株価は中段保ち合いから上放れ、さらに動意づいて上げ足を速める可能性もありそうだ。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比13.3%減の259億44百万円、営業利益が同2.3倍の18億15百万円、経常利益が同2.2倍の18億92百万円、純利益が同31.9%減の14億46百万円だった。

 一部工事の期ズレで減収となり、純利益は前期計上の負ののれん発生益が一巡して減益だったが、営業利益と経常利益は採算性の高い工事の進捗、工事全般の採算改善、業務全般のコスト削減で大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を20億円減額して前期比9.8%減の360億円、営業利益を7億円増額して同56.2%増の17億円、経常利益を7億円増額して同48.5%増の17億円、純利益を7億円増額して同40.6%減の14億円とした。

 一部工事の進捗遅れで売上高を減額したが、各工事の採算改善やコスト削減の効果で各利益は期初計画を大幅に上回る見込みだ。営業利益と経常利益は減益予想から増益予想に転じ、純利益は減益幅が縮小する。なお第3四半期累計の各利益は修正後の通期利益予想を超過達成している。通期利益予想は再増額余地がありそうだ。また配当予想は期末2円増額し、前期と同額の年間4円(期末一括)とした。

 株価は190円〜200円近辺でモミ合う展開だが、2月8日は231円まで上伸して上放れの動きを強めている。週足チャートで見るとサポートラインの13週移動平均線が接近して中段保ち合いから上放れる動きだ。さらに動意づいて上げ足を速める可能性もありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:37 | 注目銘柄
2017年02月07日

【注目銘柄】日本ピラー工業は17年3月期通期業績予想と配当予想を増額修正、06年高値試す

 日本ピラー工業<6490>(東1)に注目したい。メカニカルシールの大手で、フッ素樹脂応用製品の半導体・液晶製造装置向けピラフロンも展開している。2月3日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増収増益となり、通期業績予想と配当予想を増額修正した。株価は07年来の高値水準で、6日の急騰に続いて7日も1625円まで上げた。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比16.3%増の192億68百万円で、営業利益が同48.4%増の35億82百万円、経常利益が同48.5%増の37億06百万円、純利益が同37.9%増の23億61百万円だった。

 産業機器関連は20.2%増収、電子機器関連事業は28.3%増収と好調だった。産業機器分野向けシール製品は精密機械装置向けが順調だった。また半導体・液晶製造装置向けピラフロンが半導体製造装置業界の活況を背景に大幅伸長した。建築業界向け免振関連製品も堅調だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を10億円増額して前期比13.2%増の260億円、営業利益を7億円増額して同38.3%増の48億円、経常利益を8億50百万円増額して同40.2%増の49億円、純利益を5億円増額して同25.1%増の30億円とした。増額修正は16年11月に続いて2回目である。

 配当予想は期末6円増額して年間34円(第2四半期末14円、期末20円=普通配当16円+特別配当4円)とした。前期との比較でも6円増配となる。

 株価は2月7日に1625円まで上伸した。07年来の高値水準である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:02 | 注目銘柄
2017年02月06日

【注目銘柄】レックは17年3月期通期利益と配当予想を増額、株式分割も発表して06年高値試す

 レック<7874>(東1)は6日、700円高(18.84%高)の4415円とストップしている。掃除、バス・トイレ、台所用品などを製造販売している。2月3日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増益となり、通期利益予想と配当予想を増額修正した。また株式分割も発表した。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比9.3%増の280億02百万円、営業利益が同3.2倍の31億91百万円、経常利益が同2.9倍の30億18百万円、純利益が同4.2倍の20億92百万円だった。

 差別化された製品の開発などでベビー・キッズ用品10.4%増収、キッチン用品9.8%増収、清掃用品9.3%増収、サニタリー用品6.7%増収など、売上面は総じて好調に推移した。利益面では生産性向上なども寄与して大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を据え置いて前期比10.3%増の374億円、営業利益を10億円増額して同3.9倍の32億円、経常利益を10億円増額して同4.4倍の30億円、純利益を6億円増額して同3.3倍の20億円とした。利益の増額修正は16年8月、16年11月に続く3回目である。

 配当予想は期末6円増額して年間46円(第2四半期末20円、期末26円)とした。前期との比較でも6円増配となる。

 株式分割については、17年3月31日を基準日(効力発生日17年4月1日)として1株を2株に分割する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:04 | 注目銘柄

【注目銘柄】こころネットは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を超過達成

 こころネット<6060>(JQ)に注目したい。福島県地盤に葬祭、婚礼、石材卸売・小売などを展開している。2月3日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は大幅増益となり、通期利益予想を超過達成した。季節変動要因などを考慮して通期予想を据え置いたが、増額余地がありそうだ。株価は16年10月の昨年来高値から一旦反落したが、戻りを試す展開となっている。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.5%増の89億68百万円、営業利益が同2.2倍の8億74百万円、経常利益が同91.3%増の9億93百万円、純利益が同80.3%増の7億36百万円だった。

 葬祭事業が9.0%増収、婚礼事業が4.6%増収、生花事業が9.5%増収と好調に推移した。石材卸売事業および石材小売事業は墓石需要の低迷が継続して減収だったが、円高による仕入価格低下で営業損益が改善した。

 通期の連結業績予想(10月28日に利益を増額修正)は据え置いて、売上高が前期比1.1%増の112億80百万円、営業利益が同63.1%増の6億88百万円、経常利益が同40.8%増の8億33百万円、そして純利益が同62.9%増の5億77百万円としている。

 第3四半期累計の利益は通期予想を超過達成しているが、季節変動要因や為替変動要因を考慮して通期予想を据え置いた。ただし増額余地がありそうだ。

 株価は急伸した16年10月の昨年来高値1220円から利益確定売りで一旦反落したが、1000円近辺で調整が一巡して切り返しの動きを強めている。2月3日には1115円まで上伸した。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。好業績を評価して戻りを試す展開となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:58 | 注目銘柄

【注目銘柄】東洋製罐グループホールディングスは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期利益予想を増額修正

 東洋製罐グループホールディングス<5901>(東1)に注目したい。缶詰からペットボトルまで包装容器で圧倒的なシェアを誇る。2月3日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績が大幅増益となり、通期利益予想を増額修正した。株価はボックス展開の形だが、増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.4%減の5886億14百万円だが、営業利益が同24.8%増の338億07百万円、経常利益が同40.3%増の360億16百万円、そして純利益が同2.6倍の252億31百万円だった。

 国内の包装容器関連機械設備や飲料容器がやや低調に推移し、円高による海外子会社の換算も影響して減収だったが、グループ全体のコスト削減効果や、原油価格下落に伴う原材料・エネルギー価格低下が寄与して大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高を据え置いて前期比2.7%減の7800億円、営業利益を30億円増額して同9.7%増の355億円、経常利益を65億円増額して同36.9%増の365億円、純利益を55億円増額して同2.4倍の245億円とした。

 経常利益と純利益については海外子会社への外貨建貸付金などの外貨建債権債務にかかる為替差益計上も寄与する。なお営業利益と経常利益の増額修正は16年10月に続いて2回目である。

 株価はやや戻りが鈍く、大勢として1800円〜2200円近辺でのボックス展開の形だが、週足チャートで見ると26週移動平均線が上向きに転じて基調転換の動きを強めている。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 注目銘柄
2017年02月03日

【注目銘柄】昭和電線ホールディングスは17年3月期第3四半期累計黒字化で通期増額修正、収益大幅改善

 昭和電線ホールディングス<5805>(東1)に注目したい。2月2日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は黒字化した。そして通期予想を増額修正した。収益が大幅改善する。株価は16年12月の昨年来高値から一旦反落したが、増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比13.1%減の1110億28百万円だったが、営業利益が21億49百万円(前年同期は1億36百万円の赤字)、経常利益が10億20百万円(同15億09百万円の赤字)、純利益が7億69百万円(同20億01百万円の赤字)で黒字化した。

 電線全体の需要は建設・電販中心に低調だったが、自動車向けが堅調に推移し、固定費削減効果などで黒字化した。

 通期の連結業績予想は2月2日に増額修正した。売上高は30億円増額して前期比9.9%減の1530億円、営業利益は8億円増額して同3.5倍の33億円、経常利益は5億円増額して同15億円(前期は14億61百万円の赤字)、純利益は2億円増額して8億円(同91億51百万円の赤字)とした。中期経営計画で掲げている諸施策を推進して収益が大幅改善する。

 株価は16年12月の昨年来高値96円から一旦反落したが、85円近辺で調整が一巡して切り返しの動きを強めている。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。増額修正を好感して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:57 | 注目銘柄

【注目銘柄】品川リフラクトリーズは17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期増額修正

 鉄鋼業向け耐火物大手の品川リフラクトリーズ<5351>(東1)に注目したい。2月2日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は大幅増益だった。そして通期予想を増額修正した。さらに再増額余地がありそうだ。株価は昨年来高値を更新して15年4月高値に接近してきた。上値を試す展開が期待される。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比4.3%増の769億56百万円となり、営業利益が同27.4%増の46億83百万円、経常利益が同27.4%増の46億94百万円、そして純利益が同17.6%増の26億01百万円だった。

 耐火物および関連製品は売上高が為替影響による円換算の減少で横ばいにとどまったが、セラミックファイバの増収、コストダウンの進展、輸入原材料の価格下落で大幅増益だった。エンジニアリングは大型建設工事が寄与して大幅増収増益だった。

 通期の連結業績予想は2月2日に増額修正した。売上高は5億円増額して前期比3.7%増の1015億円、営業利益は6億円増額して同15.6%増の58億円、経常利益は5億円増額して同17.1%増の58億円、そして純利益は据え置いて同14.4%増の32億円とした。修正後の通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高75.8%、営業利益80.7%、経常利益80.9%、純利益81.3%と高水準である。通期予想に再増額余地がありそうだ。

 株価は昨年来高値更新の展開だ。2月2日には297円まで上伸して15年4月高値333円に接近してきた。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:54 | 注目銘柄

【注目銘柄】荒川化学工業は17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期増額修正

 製紙用薬品や印刷インキ用樹脂の大手である荒川化学工業<4968>(東1)に注目したい。2月2日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は大幅増益だった。そして通期利益予想を増額修正した。さらに再増額余地がありそうだ。株価は上場来高値更新の展開だ。

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.6%減の576億04百万円だが、営業利益が同51.4%増の40億47百万円、経常利益が同41.8%増の41億43百万円、そして純利益が同49.5%増の28億03百万円だった。

 円高も影響して全体として減収だったが、原材料価格下落やコストダウンによる採算性改善、経費削減効果などで、製紙用薬品事業、コーティング事業、粘接着事業、機能性材料事業とも増益だった。

 通期予想は2月2日に利益を増額修正した。売上高は据え置いて前期比4.6%減の755億円、営業利益は6億50百万円増額して同30.5%増の47億50百万円、経常利益は6億円増額して同24.6%増の48億円、純利益は6億円増額して同34.1%増の31億円とした。修正後の通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が76.3%、営業利益が85.2%、経常利益が86.3%、純利益が90.4%と高水準である。通期予想に再増額余地がありそうだ。

 株価は上場来高値更新の展開となり、1月5日の1993円まで上伸した。その後も高値圏で堅調に推移している。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 注目銘柄