[今日の銘柄News]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/22)21日(木)のNYダウ反発、115ドル高、昨年夏安値接近で買い先行、日経平均上ザヤは135ポイントに大幅縮小
記事一覧 (04/24)23日(木)のNYダウ20ドル高、日経平均上ザヤ2128ポイント
記事一覧 (08/18)ユーグレナは6日以来の25日線突破、夏相場締めくくりの上伸も
記事一覧 (08/08)パナソニックとソニーが明暗、JPX日経400に採用されることはグローバル銘柄の裏づけ
記事一覧 (08/06)日産も下げるが底堅い、大手では今期の増益率が光る、地合い好転すれば先頭切って反発
記事一覧 (08/06)重松製作所101円高、年初来高値から大きく下値放置で「お迎え相場」の展開
記事一覧 (08/06)好人気のCYBERDYNEは5日ぶり反落、25日線には余裕十分で基調は依然、強い
記事一覧 (08/06)第1四半期好調のトヨタは後場63円安、通期純益の減益が上値押える、年初来高値挑戦は遠のく
記事一覧 (08/06)リミックスポイント42円高、1月の高値380円に接近、新事業への期待
記事一覧 (08/05)建設技術研究所は7営業日ぶり反発、1株利益100円時代の期待を織込む展開
記事一覧 (08/04)バイオ燃料のユーグレナ続伸、1500円回復目前、同社株には8月は動きやすい相場
記事一覧 (06/09)【株式市場】円が朝方に比べて強含み日経平均は重いが増額発表株や材料株が活況
記事一覧 (06/06)エムアップが連日ストップ高など「LINE」関連株が強い
記事一覧 (06/06)大塚商会は株式分割など材料に連日高値
記事一覧 (06/06)日本海洋掘削は建造中のリグ稼働内定など好感し戻り高値
記事一覧 (06/06)ミサワホームは家庭向けの電力販売に参入と伝えられ堅調続伸
記事一覧 (06/06)ソフトバンクは人工知能ロボや日経平均の続伸を好感して戻り高値
記事一覧 (06/05)西武ホールディングスは当初の想定価格に達したためか続落基調
記事一覧 (06/05)ミクシィはCS証券の目標株価に違和感あるが好感し反発
記事一覧 (06/05)ビックカメラは格安スマホの手続き大幅短縮を好感し続伸
2016年01月22日

21日(木)のNYダウ反発、115ドル高、昨年夏安値接近で買い先行、日経平均上ザヤは135ポイントに大幅縮小

チャート171月21日(木)のNYダウは前日の250ドル安に対しほぼ半値戻しに当る115ドル高の1万58882ドルだった。原油相場の小反発、欧州の景気対策、そして前日(20日)終値が昨年8月安値(1万5666ドル)に残り100ドルと接近したことで売方の買い戻しと買方の小口押し目買いが入ったといえる展開。

ドルは117円後半、原油は29ドル後半。

一方、21日の日経平均は大きく下げたことでNN倍率は1.008倍、日経平均の上ザヤは135ポイントまで急低下した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:09 | 今日の銘柄News
2015年04月24日

23日(木)のNYダウ20ドル高、日経平均上ザヤ2128ポイント

チャート4 4月23日(木)のNYダウは20ドル高の1万8058ドルと前日の89ドル高に続いて2日連続高となった。

 為替は119円台、原油は57ドル後半。

 NN倍率は1.117倍、日経平均の上ザヤは2128ポイントに拡大した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:32 | 今日の銘柄News
2014年08月18日

ユーグレナは6日以来の25日線突破、夏相場締めくくりの上伸も

 ユーグレナ<2931>(東マ・売買単位100株)が、22円高の1377円と去る、8月6日の25日線を抜いた。

 これまで、売り方の攻勢はあったものの1310円どころを切らなかったことで、逆に、売り方の買い戻しが先行しているようだ。

 「6月の高値1750円は通過点である。バイオ燃料関連として有望である」(アナリスト水田雅展氏)との見方が伝わり、一時、53円高の1408円と14日の1416円に続いて1400円台に乗せた。

 ただ、「終値」ベースでは1400円台は8月4日以降、達成できていない。今後、終値で1400円台に乗せてくれば相場付は強調展開となってくるだろう。

 9月の内閣改造まで、トヨタ自動車など主力銘柄が動き難いことから8月中の夏相場で花火のようにマーケットに華を咲かせそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:41 | 今日の銘柄News
2014年08月08日

パナソニックとソニーが明暗、JPX日経400に採用されることはグローバル銘柄の裏づけ

 14時10分時点では、パナソニック<6752>が10円安、ソニー<6758>が40円安と明暗が分かれている。

 7日発表の指数JPX日経400に新しく採用となったパナソニックと、逆に除外されたソニーである。

 ソニーは、今3月期も最終損益で赤字見通しと業績の冴えないことが影響した。業績が冴えないため株価も不振でマーケットでの人気が薄くなるから指数基準の1つである時価総額基準に影響してくる。

 とはいっても、ソニーは、まだマーケットでの根強い人気を持つだけに早く業績を回復して、グローバル指数であるJPX日経400への復帰が期待される。JPX日経400に採用されることは世界のソニーを裏付けることにもなるからだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:28 | 今日の銘柄News
2014年08月06日

日産も下げるが底堅い、大手では今期の増益率が光る、地合い好転すれば先頭切って反発

 4ケタ割った日産自動車<7201>(東1・売買単位100株)は、前場において18円安の976円まで下げたが後場は985円と小戻している。

 去る、7月29日に4ケタに乗せ1047円まで買われ、足元では4ケタを割る調整となっている。

 7月28日に発表した第1四半期(4〜6月)が、前年同期比10.4%増収、営業利益13.4%と2ケタの伸びだったことを好感して4ケタに乗せた。

 通期予想を据え置いたことで、買方は上値を買い上がり難かったといえる。
それでも、通期では前期比2.9%増収、営業利益7.4%増益とトヨタを上回る伸びで、予想1株利益96.6円でPERは10倍強の水準で割安。

 全般相場の地合いが好転すれば自動車株の中で先頭を切って出直るものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:35 | 今日の銘柄News

重松製作所101円高、年初来高値から大きく下値放置で「お迎え相場」の展開

 高値お迎えで重松製作所<7980>(JQ・売買単位1000株)は、101高の840円と急伸している。2月20日につけた高値982円から大きく下値に置かれていたため、「お迎えの動き」という。

 今3月期は営業利益2億7000万円(前期1億8300万円)、来期3億円見通し(四季報)と利益向上が見込まれている。

 ただ、1株利益は今期16.7円(前期11.2円)、来期19.5円(四季報)でPERは割高感が強い。年初来高値更新は難しいだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:29 | 今日の銘柄News

好人気のCYBERDYNEは5日ぶり反落、25日線には余裕十分で基調は依然、強い

 好人気のCYBERDYNE<7775>(東マ・売買単位100株)は、285円安の3130円と5営業日ぶりに反落した。

 それでも、25日線の2750円には余裕十分で、強い相場基調は不変である。全般相場が落ち着けば一気に反発に転じるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:27 | 今日の銘柄News

第1四半期好調のトヨタは後場63円安、通期純益の減益が上値押える、年初来高値挑戦は遠のく

 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は、寄付き39円高の6081円、直後に6085円と買われたが、後場は前日比63円安の5978円と大きく下げている。

 前日発表の第1四半期が前年同期比増収、増益だったことを好感したが、上値が重くなると、今3月期通期の増額修正のなかったことが売り材料となった。

 とくに、(1)ホンダが今3月期通期を増額したことに比べ見劣りする、(2)今3月期通期の純益は悪くても収支トントンと期待されたが、結局、純益は減益となる〜ことが買い手控えになったようだ。

 今日の下げで25日線を大きく下回るため、年初来高値(1月6日6400円)への挑戦は難しくなったとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:41 | 今日の銘柄News

リミックスポイント42円高、1月の高値380円に接近、新事業への期待

 リミックスポイント<3825>(東マ・売買単位100株)は、42円高の340円と急伸、1月6日の年初来高値380円に近づいている。4月には200円まで下げていた。

 無配続きなど業績は冴えないが、電力管理システムがスーパー向けなどに好調なことが材料視されている。東大出身の役員のもとで新事業に積極的に取り組んでいることも手がかりという。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:28 | 今日の銘柄News
2014年08月05日

建設技術研究所は7営業日ぶり反発、1株利益100円時代の期待を織込む展開

 建設技術研究所<9621>(東1・売買単位100株)は、37円高の1340円と7営業日ぶりに反発している。

 7月23日に1409円まで買われ年初来高値を更新したばかりで利益確定売りが先行する展開だった。

 25日線で下げ止まり反発に転じてきたことで上昇相場の基調は不変といえる。

 6月中間期での営業利益進捗率が86.3%と高いことから今12月期通期の増額はまず間違いないところで、予想1株利益91.9円は100円となる可能性はある。

 1株利益100円時代到来となれば株価評価は大きく変わり中期2000円相場は期待できるだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:55 | 今日の銘柄News
2014年08月04日

バイオ燃料のユーグレナ続伸、1500円回復目前、同社株には8月は動きやすい相場

 ユーグレナ<2931>(東マ・売買単位100株)は、前場、62円高の1497円と続伸、6月26日以来となる1500円が目前となっている。

 バイオ燃料という夢の材料を持ち、今の相場にマッチしている。8月13日に予定の第1四半期(4〜6月)決算発表で、注目の「ミドリムシ」に関連して新しいコメントが出るのではないかとの期待もある。

 1500円台に乗せれば、年初来高値1750円(6月23日)は早いものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:37 | 今日の銘柄News
2014年06月09日

【株式市場】円が朝方に比べて強含み日経平均は重いが増額発表株や材料株が活況

◆日経平均の終値は1万5124円00銭(46円76銭高)、TOPIXは1234.78ポイント(0.21ポイント高)、出来高概算(東証1部)は17億2738万株

 9日後場の東京株式市場は、円相場が朝方に比べて強含む動きのため、キヤノン<7751>(東1)は朝方の高値を抜けず一進一退、ホンダ<7267>(東1)は軟調転換など、輸出関連株を中心に重さの感じられる展開。中国の経済指標に見方が分かれて新日鐵住金<5401>(東1)も軟調。ただ、三井不動産<8801>(東1)は本日の高値圏で推移など、不動産株は日銀の金融政策会合(12日から13日)に期待して堅調。前週金曜日に業績予想を増額修正した真珠のTASAKI<7968>(東1)はストップ高、丹青社<9743>(東1)は第1四半期決算の発表を好感して急伸。Jストリーム<4308>(東マ)はFIFAサッカーW杯ブラジル大会の試合速報の街頭ビジョンに配信との発表を材料にストップ高。santec<6777>(JQS)は金曜日の業績予想増額修正を好感しストップ高。電力自由化関連の省電舎<1711>(東マ)や農協自由化関連のオイシックス<3182>(東マ)、介護ロボ・人口知能ロボ関連の菊池製作所<3444>(JQS)も高い。

 東証1部の出来高概算は17億2738万株、売買代金は1兆5672億円。1部上場1811銘柄のうち、値上がり銘柄数は922(前引けは975)銘柄、値下がり銘柄数は708(前引けは657)銘柄。

 また、東証33業種別指数は18業種(前引けは26業種)が高く、値上がり率上位は、倉庫・運輸、空運、不動産、その他製品、海運、ゴム製品、電気機器、鉱業、輸送用機器、保険、など。一方、値下がり上位は鉄鋼、電力・ガス、パルプ・紙、銀行、精密機器、小売り、その他金融、などだった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | 今日の銘柄News
2014年06月06日

エムアップが連日ストップ高など「LINE」関連株が強い

 携帯コンテンツなどのエムアップ<3661>(東1・売買単位100株)は14時現在15.1%高の853円(112円高)前後で推移し、前場の一時ストップ高の891円(150円高)に続いて戻り高値を大きく更新。無料通話アプリ「LINE」(ライン)で用いるスタンプ(絵文字)を提供し、一時3日連続ストップ高の強い相場となっている。同じ関連株のエイチーム<3662>(東1)は前場小動きだったが後場は再び上昇。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:10 | 今日の銘柄News

大塚商会は株式分割など材料に連日高値

 大塚商会<4768>(東1・売買単位100株)は連日の高値更新となり、10時40分にかけては1万4550円(200円高)。6月末を基準日として1対3の株式分割を行なう予定。2006年以来の水準に進んだ。また、ウインドウズXPのサポート終了後も引き続き交換需要が活発とされ、同社にとって追い風との期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 今日の銘柄News

日本海洋掘削は建造中のリグ稼働内定など好感し戻り高値

 日本海洋掘削<1606>(東1・売買単位100株)は続伸の戻り高値で始まり、4430円(60円高)で売買開始の後は4530円(160円高)。建造中の掘削リグについて工事契約の内示を受けたと3日に発表したことが引き続き材料視されている。信用倍率が2倍前後になり需給が強いため、材料に反応しやすいとされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 今日の銘柄News

ミサワホームは家庭向けの電力販売に参入と伝えられ堅調続伸

 ミサワホーム<1722>(東1・売買単位100株)は堅調続伸の始まりとなり、1228円(20円高)で売買開始の後は1229円。家庭向けの電力販売に参入する方針を決めたと今朝の日本経済新聞で伝えられたことが好感されている。同社は、住宅メーカーとしては最も早い13年11月に新電力に登録したとされる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 今日の銘柄News

ソフトバンクは人工知能ロボや日経平均の続伸を好感して戻り高値

 ソフトバンク<9984>(東1・売買単位100株)は堅調な始まりとなり、7821円(4円高)で売買開始の後は7857円(40円高)。昨日、人工知能による対話ロボット事業への進出を発表したことが好感されている上、欧州中央銀行の利下げによるNY株の最高値、円安による日経平均の続伸スタートなどが寄与している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 今日の銘柄News
2014年06月05日

西武ホールディングスは当初の想定価格に達したためか続落基調

 4月23日に再上場となった西武鉄道などの西武ホールディングス<9024>(東1・売買単位100株)は13時50分現在3.8%安の2143円(85円安)前後となり、一昨日につけた上場来の高値2362円からは2日続落。ホテル事業を含めてオリンピックの東京開催に関連する銘柄として初値1600円から5割近い上昇となってきたが、上場に先立って3月に売り出し目論見書に乗った想定価格2300円に届いたため、達成感が出ているようだ。この想定価格に対し、実際の公開価格(売り出し価格)は1600円と決定したためか、大株主の米投資ファンドが上場直前に売り出しの辞退を発表した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 今日の銘柄News

ミクシィはCS証券の目標株価に違和感あるが好感し反発

 ミクシィ<2121>(東マ・売買単位100株)は反発となり、朝方に1万4430円(620円高)まで上げて10時50分を過ぎても1万3950円(140円高)前後で推移。クレディ・スイス(CS)証券が「モンスターストライク(モンスト)」などを評価して目標株価を4日付けで従来の2500円から1万1000円に引き上げたと伝えられている。ただ、この目標株価は時価を下回っており、とりわけ従来の予想値は大きくかけ離れているため、やや違和感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 今日の銘柄News

ビックカメラは格安スマホの手続き大幅短縮を好感し続伸

 ビックカメラ<3048>(東1・売買単位100株)は昨日の高値更新に続いて堅調な始まりとなり、789円(4円高)で売買開始の後は790円。これまで手続きに1週間から10日程度かかっていた格安スマートフォンを即日可能にする専用カウンターを有楽町店(東京・千代田)に開くと伝えられ、期待が広がった。インターネットイニシアティブ(IIJ)<3774>(東1)のサービスを活用するとされ、インターネットイニシアティブも高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 今日の銘柄News