[今日のマーケット]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/21)【株式市場】日経平均は250円安、後場も寄りあと下押すが約300円持ち直す
記事一覧 (01/21)【株式市場】日経平均は一時643円安から300円戻す、資源株など高い
記事一覧 (01/21)日経平均は368円安で始まる、NY株は3指数とも下げダウは5日続落313ドル安
記事一覧 (01/20)【株式市場】日経平均は後場一段と上げ306円高となり大きく反発
記事一覧 (01/20)【株式市場】日経平均は127円高、上下に500円動き「下値波乱」の印象
記事一覧 (01/20)日経平均は66円安で始まる、NY株はダウ340ドル安など3指数とも続落
記事一覧 (01/19)【株式市場】日経平均は790円安、5ヵ月ぶりの安値、中国景気も不安視
記事一覧 (01/19)【株式市場】日経平均は一時567円安、原油高など影響、ゲーム株は高い
記事一覧 (01/19)日経平均は328円安で始まる、NY株はダウ543ドル安など3指数とも下落、原油が7年ぶり高値
記事一覧 (01/18)【株式市場】日経平均は76円安で反落、後場TOPIX大台回復の直後から下げる
記事一覧 (01/18)【株式市場】日経平均は一時265円高、欧州株全面高など好感、トヨタは連日上場来高値
記事一覧 (01/18)日経平均株価は118円高で始まる、NY株は休場、欧州株は全面高
記事一覧 (01/17)【株式市場】日経平均は3日ぶりに反発し209円高、コロナ感染ピークアウト期待
記事一覧 (01/17)【株式市場】日経平均は一時326円高、バリュー株物色旺盛で値がさ半導体株の一角も高い
記事一覧 (01/17)日経平均は208円高で始まる、NY株はS&P500や半導体株指数など高い、ダウは反落
記事一覧 (01/14)【株式市場】日経平均は後場持ち直し365円安、2日続落だが主力株買い復調
記事一覧 (01/14)【株式市場】日経平均は543円安、コロナ感染療養増加による産業活動への影響など懸念
記事一覧 (01/14)日経平均は242円安で始まる、NY株はダウ177ドル安など3指数とも反落
記事一覧 (01/13)【株式市場】日経平均は276円安となり反落、割安株や高利回り株は高い
記事一覧 (01/13)【株式市場】日経平均は一時281円安だが鉄鋼、自動車、銀行、保険などは堅調
2022年01月21日

【株式市場】日経平均は250円安、後場も寄りあと下押すが約300円持ち直す

◆日経平均は2万7522円26銭(250円67銭安)、TOPIXは1927.18ポイント(11.35ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億3500万株

 1月21日(金)後場の東京株式市場は、日経平均が取引開始直後に572円安まで下押したが前場の安値(643円32銭安の2万7129円61銭)を割らずに下げ止まり、大引けにかけて約300円持ち直した。中国景気への警戒感が和らいだとされファナック<6954>(東1)が強含んで次第に上げ幅を広げ、値上げが波及する期待などでキッコーマン<2801>(東1)キユーピー<2809>(東1)が次第高。日経平均の大引けは反落だが下げ幅を200円台に縮めて終了した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:51 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は一時643円安から300円戻す、資源株など高い

◆日経平均は2万7377円44銭(395円49銭安)、TOPIXは1919.17ポイント(19.36ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億1936万株

 1月21日(金)前場の東京株式市場は、NY株式の続落やロシア・ウクライナ情勢の緊迫化などを受け、株価指数の先物が先行安し、日経平均は368円安で始まったあと午前9時30分前後に643円32銭安(2万7129円61銭)まで下押す場面があった。ただ、日本製鉄<5401>(東1)やトヨタ自<7203>(東1)は9時20分頃を安値に持ち直しはじめ、日経平均も次第に持ち直して前引けは下げ幅300円台。土・日に事態が急変するリスクが言われた割に大きく値を戻した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:07 | 今日のマーケット

日経平均は368円安で始まる、NY株は3指数とも下げダウは5日続落313ドル安

 1月21日(金)朝の東京株式市場は、日経平均が368円57銭安(2万7404円36銭)で始まった。

 NY株式は3指数とも続落し、ダウは一時461.55ドル高の3万5490.20ドルまで上げたが大引けは313.26ドル安(3万4715.39ドル)となり5日続落。S&P500種、NASDAQ総合指数は3日続落。NASDAQ市場ではネットフリックスが契約者数の予想などを受けて急落し影響を大きくしたと伝えられた。

 シカゴの日経平均先物は2万7500円となり、東京市場20日の現物(日経平均)終値を273円下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット
2022年01月20日

【株式市場】日経平均は後場一段と上げ306円高となり大きく反発

◆日経平均は2万7772円93銭(305円70銭高)、TOPIXは1938.53ポイント(18.81ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億8247万株

 1月20日(木)後場の東京株式市場は、トヨタ自<7203>(東1)ファナック<6954>(東1)が一段と上げ、伊藤忠<8001>(東1)も一段ジリ高。鹿島<1812>(東1)も同様で堅調転換。米夜間取引でダウ先物が高いとされ、日経平均も一段高で始まり、前場の高値を上回って推移。14時半過ぎには415円30銭高(2万7882円53銭)まで上げ、大引けも上げ幅300円台で大幅反発となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は127円高、上下に500円動き「下値波乱」の印象

◆日経平均は2万7594円29銭(127円06銭高)、TOPIXは1928.43ポイント(8.71ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億5758万株

 1月20日(木)前場の東京株式市場は、三越伊勢丹HD<3099>(東1)など内需株の一角が高く始まり、トヨタ自<7203>(東1)は小安く寄った後すぐに高くなるなど、主力株に反発の動きがみられた。日経平均は午前9時半頃に259円29銭高(2万7726円52銭)まで上げ、午前10時半前には249円64銭安(2万7217円59銭)まで反落したが、前引けは上げ幅100円台となった。下げ場面では中国景気への懸念があったようだが切り返した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット

日経平均は66円安で始まる、NY株はダウ340ドル安など3指数とも続落

 1月20日(木)朝の東京株式市場は、日経平均が65円80銭安(2万7401円43銭)で始まった。

 NY株式は3指数とも続落し、NYダウは339.82ドル安(3万5028.65ドル)となり4日続落。ただ、一時179.36ドル高まで上げる場面があった。S&P500種、NASDAQ総合指数は2日続落。

 シカゴの日経平均先物は2万7575円となり、東京市場19日の現物(日経平均)終値より107円高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 今日のマーケット
2022年01月19日

【株式市場】日経平均は790円安、5ヵ月ぶりの安値、中国景気も不安視

◆日経平均は2万7467円23銭(790円02銭安)、TOPIXは1919.72ポイント(58.66ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増勢となり15億1374万株

 1月19日(水)後場の東京株式市場は、全般一段安となり、日経平均は大引けにかけて942円84銭安(2万7314円41銭)まで下押し、終値は昨年8月20日以来5ヵ月ぶりの安値となった。下げ幅は昨年11月26日の747円66銭安を上回り6月21日の953円15銭安以来。原油高騰の企業業績への影響が懸念された上、「上海ユニクロでお客まるごとコロナ対策で店舗封鎖」などと伝えられ、中国で経済活動よりもコロナ感染防止が優先される様子のため中国景気の先行きも警戒された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は一時567円安、原油高など影響、ゲーム株は高い

◆日経平均は2万7744円84銭(512円41銭安)、TOPIXは1942.70ポイント(35.68ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億7502万株

 1月19日(水)前場の東京株式市場は、NY原油の7年ぶり高値、NYダウ540ドル安などを受け、日経平均は328円安で始まり午前10時前に567円27銭安(2万7689円98銭)まで下押し、前引けも下げ幅500円台だった。中で、米マイクロソフトがゲームソフト開発企業にM&Aと伝えられたことなどを受け任天堂<7974>(東1)カプコン<9697>(東1)などのゲーム株は高い。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット

日経平均は328円安で始まる、NY株はダウ543ドル安など3指数とも下落、原油が7年ぶり高値

 1月19日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が328円36銭安(2万7928円89銭)で始まった。

 NY株式は3指数とも大きく下げ、ダウは一時649.79ドル安の3万5262.02ドルまで下落し、大引けは543.34ドル安(3万5368.47ドル)で3日続落。S&P500種、NASDAQ総合指数は反落。SOX(フィラデルフィア半導体株指数)も反落した。

 NY原油相場が1バレル85ドル台半ばまで上げ、2014年10月1来、約7年ぶりの高値に進んだ。

 シカゴの日経平均先物は2万8005円となり、東京市場18日の現物(日経平均)終値を252円下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット
2022年01月18日

【株式市場】日経平均は76円安で反落、後場TOPIX大台回復の直後から下げる

◆日経平均は2万8257円25銭(76円27銭安)、TOPIXは1978.38ポイント(8.33ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億2657万株

 1月18日(火)後場の東京株式市場は、日経平均が前引けから100円強高い346円高で始まり、日銀の金融政策会合の結果を好感とされたが、直後の356円82銭高(2万8690円34銭)を高値に急速に値を消し、13時50分頃には203円86銭安(2万8129円66銭)まで下押した。取引開始後、TOPIXが2000ポイントを回復した直後から下げ始めたとされ、金融法人の一角から売りが目立ったとの見方も。日経平均、TOPIXとも大引けは反落となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:45 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は一時265円高、欧州株全面高など好感、トヨタは連日上場来高値

◆日経平均は2万8574円15銭(240円63銭高)、TOPIXは1997.08ポイント(10.37ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億1140万株

 1月18日(火)前場の東京株式市場は、NY株式が休場だったものの、欧州株式の全面高や円安などが好感され、ファナック<6954>(東1)やレーザーテック<6920>(東1)などが上げ、キヤノン<7751>(東1)は数年後の大幅増配報道もあり反発。トヨタ自<7203>(東1)は5日続けて株式分割調整後の上場来高値。銀行株も高い。日経平均は118円高で始まり、午前11時過ぎに264円69銭高(2万8598円21銭)まで上げ、前引けも上げ幅200円台を保った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット

日経平均株価は118円高で始まる、NY株は休場、欧州株は全面高

 1月18日(火)朝の東京株式市場は、日経平均株価が117円82銭高(2万8451円34銭)で始まった。

 米国17日のNY株式はキング牧師誕生日で休場。シカゴの日経平均先物も休場だった。欧州株は全面高となり、FT100(英)は0.9%高、CAC40(仏)は0.8%高、DAX(独)は0.3%高だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 今日のマーケット
2022年01月17日

【株式市場】日経平均は3日ぶりに反発し209円高、コロナ感染ピークアウト期待

◆日経平均は2万8333円52銭(209円24銭高)、TOPIXは1986.71ポイント(9.05ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億9587万株

 1月17日(月)後場の東京株式市場は、新型コロナ感染が米・欧でピークアウトしてきたことなどを受け、日本航空<9201>(東1)などが前場の高値圏で堅調に推移し、首相の施政方針演説を受けて大成建<1801>(東1)などの建設株や不動産株も強い。ただ、前場上げた日本製鉄<5401>(東1)は小安くなった。日経平均は前引けを上回って始まり、終盤まで上げ幅250円前後で小動き。大引けはやや値を消したが3日ぶりに反発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は一時326円高、バリュー株物色旺盛で値がさ半導体株の一角も高い

◆日経平均は2万8318円54銭(194円26銭高)、TOPIXは1985.98ポイント(8032ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億4688万株

 1月17日(月)前場の東京株式市場は、値がさ半導体株が前週末のNY株式市場での半導体株高などを受けて高く始まり、円安を受けてブリヂストン<5108>(東1)なども堅調にスタート。バリュー株人気も強いとされ、日本製鉄<5401>(東1)は12連騰、トヨタ自<7203>(東1)は5日連続で実質的な上場来の高値を更新した。日経平均は208円高で始まり、午前10時にかけて325円71銭高(2万8449円99銭)まで上げ、前引けにかけては上げ幅200円前後となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 今日のマーケット

日経平均は208円高で始まる、NY株はS&P500や半導体株指数など高い、ダウは反落

 1月17日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が208円44銭高(2万8332円72銭)で始まった。

 前週末のNY株式はダウが201.81ドル安(3万5911.81ドル)となり2日続落だったがS&P500種、NASDAQ総合指数は反発。SOX(フィラデルフィア半導体株指数)は大幅に反発した。12月の小売売上高、鉱工業生産指数が予想を下回ったとされ、金融引き締めを巡る予想が後退した。

 シカゴの日経平均先物は2万8300円となり、東京市場14日の現物(日経平均)終値を180円近く上回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット
2022年01月14日

【株式市場】日経平均は後場持ち直し365円安、2日続落だが主力株買い復調

◆日経平均は2万8124円28銭(364円85銭安)、TOPIXは1977.66ポイント(27.92ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加し14億8150万株

 1月14日(金)後場の東京株式市場は、前引けにかけて下幅を広げたソニーG<6758>(東1)が戻り歩調となり、日本製鉄<5401>(東1)日本郵船<9101>(東1)が一段強含んで堅調相場となり、主力株への買いが復活する雰囲気になった。日経平均ベースで2万8000円割れには買いが入る様子。日経平均も下げ幅を400円台に縮めて始まり、13時半過ぎには305円安まで持ち直したが、大引けにかけては一進一退で2日続落となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は543円安、コロナ感染療養増加による産業活動への影響など懸念

◆日経平均は2万7945円70銭(543円43銭安)、TOPIXは1965.12ポイント(40.46ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加し7億4060万株

 1月14日(金)前場の東京株式市場は、新型コロナ感染療養者の増加による人手不足と産業活動への影響が懸念され、NY株の反落もあり、日経平均は242円安で始まったあと時間とともに下げ幅を広げ、午前11時過ぎに599円92銭安(2万7889円21銭)まで下押した。中で、業績予想を増額したセブン&アイHD<3382>(東1)や連続最高益の11月決算を発表したエスプール<2471>(東1)などは逆行高となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | 今日のマーケット

日経平均は242円安で始まる、NY株はダウ177ドル安など3指数とも反落

 1月14日(金)朝の東京株式市場は、日経平均が242円14銭安(2万8246円99銭)で始まった。

 NY株式は3指数とも反落し、ダウは一時223.56ドル高の3万6513.88ドルまで上げたが大引けは176.70ドル安(3万6113.62ドル)。NASDAQ総合指数は4日ぶりの反落となった。

 また、シカゴの日経平均先物は2万8275円となり、東京市場13日の現物(日経平均)終値を215円ほど下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:01 | 今日のマーケット
2022年01月13日

【株式市場】日経平均は276円安となり反落、割安株や高利回り株は高い

◆日経平均は2万8489円13銭(276円53銭安)、TOPIXは2005.58ポイント(13.78ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億6357万株

 1月13日(木)後場の東京株式市場は、第一生命HD<8750>(東1)三菱UFJ・FG<8316>(東1)が一段ジリ高となり、配当利回り3〜4%狙いの見方。住友商事<8053>(東1)も一段ジリ高。前場上げた鉄鋼株は高値もみ合いに転じたが日本製鉄<5401>(東1)など10日続伸。一方、日経平均は後場寄りから14時過ぎまで230円安前後で小動きを続け、終盤に一時320円07銭安(2万8444円96銭)まで下押して大引けは反落となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:47 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は一時281円安だが鉄鋼、自動車、銀行、保険などは堅調

◆日経平均は2万8517円94銭(247円72銭安)、TOPIXは2007.64ポイント(11.72ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億7980万株

 1月13日(木)前場の東京株式市場は、東京エレク<8035>(東1)などが朝方の値を保てず中盤から軟調になり、値がさ半導体関連株などが重かった一方、日本製鉄<5401>(東1)は終始堅調で、銀行・保険株はみずほFG<8411>(東1)も含めて堅調。トヨタ自<7203>(東1)は円高のため安く始まったが切り返して実質的な上場来の高値を連日更新した。一方、日経平均は107円安で始まり、午前11時には280円97銭安(2万8484円69銭)まで下押し、前引けも下げ幅200円台だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット