[今日のマーケット]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/11)【株式市場】好業績株など高く日経平均300円高の一方シャープ・東芝は急落
記事一覧 (05/11)【株式市場】NY高など好感し日経平均300円高の一方シャープ・東芝はS安
記事一覧 (05/08)【株式市場】円高が鈍化し好決算銘柄が活況で日経平均など反発
記事一覧 (05/08)【株式市場】好決算銘柄が活況でNY株高もあり日経平均など堅調反発
記事一覧 (05/08)【株式市場】NY株高く好決算銘柄に買い集まり日経平均など堅調
記事一覧 (05/07)【株式市場】米金利など注目され日経平均は一時273円安だが好決算株などは高い
記事一覧 (05/07)【株式市場】NY株やユーロ不透明で全般反落だが好決算銘柄など高い
記事一覧 (05/01)【株式市場】大引け間際に日経平均が堅調転換し上場間もない銘柄の売買活発
記事一覧 (05/01)【株式市場】日経平均は続落だが上場2日目のテラスカイは買い気配続く
記事一覧 (05/01)【株式市場】NY株安く日経平均など軟調な中で個別物色は活発
記事一覧 (04/30)【株式市場】日銀「現状維持」で日経平均は下げるが新規上場2銘柄は強い
記事一覧 (04/30)【株式市場】個別物色が活発で日経平均2万円割るが新規上場2銘柄は強い
記事一覧 (04/30)【株式市場】NY株不安定で日経平均2万円割るが新規上場2銘柄は買い気配
記事一覧 (04/28)【銘柄フラッシュ】新規上場のGunosy(グノシー)など堅調でアイネス急伸
記事一覧 (04/28)【株式市場】日経平均2万円を回復し新規上場3銘柄はジグソーが買い気配
記事一覧 (04/28)【株式市場】日経平均2万円回復し新規上場3銘柄はジグソーが買い気配
記事一覧 (04/27)【引け後のリリース】NECがスイスの最大手通信企業にシステム納入
記事一覧 (04/27)【株式市場】選別色強まり日経平均は4日ぶり2万円割るがTOPIXなど高い
記事一覧 (04/27)【株式市場】日経平均は軟調だが好業績株など高くTOPIXなどは堅調
記事一覧 (04/27)【株式市場】日経平均は2万円割るが東証マザーズなど堅調
2015年05月11日

【株式市場】好業績株など高く日経平均300円高の一方シャープ・東芝は急落

◆日経平均の前引けは1万9624円51銭(245円32銭高)、TOPIXは1603.57ポイント(15.81ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億4002万株

チャート15 11日前場の東京株式市場は、NY株式が前週末に267ドル高の急伸となったことなどが好感され、日経平均は朝方に株価指数の先物主導で300円44銭高(1万9679円63銭)まで上げ、大幅続伸となった。8日に決算を発表した近鉄エクスプレス<9375>(東1)などが急伸。一方、大幅減資の観測が伝えられたシャープ<6753>(東1)はストップ安で始まり、不適切会計を理由に業績見通しを未定とした東芝<6502>(東1)は前に気もストップ安となった。

 8日に決算を発表したミツバ<7280>(東1)などが急伸し、伊藤忠商事<8001>(東1)は中国の再利下げなども材料視されて高値を更新。オンラインゲームのガーラ<4777>(JQS)やマイナンバー関連のITbook<3742>(東マ)など個別テーマ株も売買活況となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット

【株式市場】NY高など好感し日経平均300円高の一方シャープ・東芝はS安

チャート15 11日朝の東京株式市場は、前週末のNY株式が雇用統計などを好感して267ドル高の急伸となったことなどが好感され、日経平均は朝方に株価指数の先物主導で300円44銭高(1万9679円63銭)まで上げて大幅続伸となった。自動車、大手銀行、不動産、などが軒並み高。一方、大幅減資の観測が伝えられたシャープ<6753>(東1)、不適切会計を理由に業績見通しを未定とした東芝<6502>(東1)はストップ安となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 今日のマーケット
2015年05月08日

【株式市場】円高が鈍化し好決算銘柄が活況で日経平均など反発

◆日経平均の終値は1万9379円19銭(87円20銭高)、TOPIXは1587.76ポイント(13.12ポイント高)、出来高概算(東証1部)は25億6526万株

チャート5 8日後場の東京株式市場は、朝のオプションSQ算出が順調に通過したとの見方があり、対ユーロでの円高基調の鈍化や好決算銘柄が高いことなどが支援要因になり、日経平均は一段強含んで14時過ぎに166円76銭高(1万9458円75銭)まで上げて反発となった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均なども高い。

 昼12時に決算を発表した帝人<3401>(東1)が後場寄り後から一段高となり、13時に決算を発表したセブン銀行<8410>(東1)も一段高、13時30分に発表した三菱重工業<7011>(東1)中国塗料<4617>(東1)も一段高となり、14時に発表したリケンテクノス<4220>(東1)も急伸し、14時30分に発表したNJK<9748>(東2)はストップ高。また、4月30日に上場のテラスカイ<3915>(東マ)は3日連続で高値を更新した。

 東証1部の出来高概算は25億6526万株(前引けは11億8758万株)、売買代金は2兆8001億円(同1兆2949億円)。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は1272(同1188)銘柄、値下がり銘柄数は516(同563)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は27業種(前引けは22業種)となり、値上がり率上位は、銀行、水産・農林、空運、その他製品、パルプ・紙、その他金融、保険、繊維製品、不動産、などとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:49 | 今日のマーケット

【株式市場】好決算銘柄が活況でNY株高もあり日経平均など堅調反発

◆日経平均の前引けは1万9350円94銭(58円95銭高)、TOPIXは1582.09ポイント(7.45ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億8758万株

チャート5 8日前場の東京株式市場は、NY株の82ドル高などが好感されて日経平均は反発となり、朝方に91円26銭高(1万9383円25銭)まで上げた後も堅調に推移した。ソフトバンク<9984>(東1)が出資すると発表のヤマダ電機<9831>(東1)が急動意となり、並行してヤマダ・エスバイエルホーム<1919>(東1)も急動意となった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均なども高い。

 前期4期ぶりの黒字化となった任天堂<7974>(東1)が活況高となり、やはり好決算だったマルハニチロ<1333>(東1)が高く、大手銀行株は米FRB議長講演などを受けて高い。

 東証1部の出来高概算は11億8758万株、売買代金は1兆2949億円。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は1188銘柄、値下がり銘柄数は563銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | 今日のマーケット

【株式市場】NY株高く好決算銘柄に買い集まり日経平均など堅調

チャート5 8日朝の東京株式市場は、NY株の82ドル高などが好感されて日経平均は一時91円26銭高(1万9383円25銭)まで上げ手反発相場となっている。前期4期ぶりの黒字化となった任天堂<7974>(東1)などが高い。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均なども堅調となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 今日のマーケット
2015年05月07日

【株式市場】米金利など注目され日経平均は一時273円安だが好決算株などは高い

◆日経平均の終値は1万9291円99銭(239円64銭安)、TOPIXは1574.64ポイント(10.97ポイント安)、出来高概算(東証1部)は23億6567万株

チャート5 7日後場の東京株式市場は、今夜、米FRBイエレン議長の講演内容が判明する上、引き続き英国の総選挙の結果によってはユーロ安・円高が強まる可能性があるとされ、様子見ムードが拭えない相場となった。ファナック<6954>(東1)が前後場ともジリ安基調となり、日経平均は14時30分頃に273円78銭安(1万9257円85銭)まで下げ、終値としては4月1日以来の1万9300円割れとなった。中で日経JASDAQ平均のみは堅調で反発した。

 中で、原発再稼働を巡る政府発言や司法判断などへの期待から東京電力<9501>(東1)などの電力株が強く、ACCESS<4813>(東マ)は「ワイヤレスジャパン2015」(5月27日〜29日)に独自ソリューションを出展とされて期待が高揚し、ガーラ<4777>(JQS)は5月1日に発表した業績見通しが予想より赤字が軽いとの見方で急伸し、この日に3月決算を発表したシステム・ロケーション<2480>(JQS)も高い。

 東証1部の出来高概算は23億6567万株(前引けは11億9693万株)、売買代金は2兆8617億円(同1兆4470億円)。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は694(同899)銘柄、値下がり銘柄数は1044(同835)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は6業種のみ(前引けも6業種)となり、値上がり率上位は電力・ガス、保険、石油・石炭、非鉄金属、ガラス・土石、鉄鋼となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:38 | 今日のマーケット

【株式市場】NY株やユーロ不透明で全般反落だが好決算銘柄など高い

チャート5 7日朝の東京株式市場は、NY株式が直近2日間で合計220ドル安となった上、英国の総選挙の結果によってはユーロ安・円高の可能性があるとされて株価指数の先物主導で売りが先行し、日経平均は9時30分過ぎに一時224円55銭安(1万9351円43銭)まで下げる場面があった。ソフトバンク<9984>(東1)などの高連動銘柄や自動車株などが安い。中で5月1日に好決算を発表したネットワンシステムズ<7518>(東1)などが高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 今日のマーケット
2015年05月01日

【株式市場】大引け間際に日経平均が堅調転換し上場間もない銘柄の売買活発

◆日経平均の終値は1万9531円63銭(11円62銭高)、TOPIXは1585.61ポイント(7.18ポイント安)、出来高概算(東証1部)は22億3184万株

チャート10 5月1日後場の東京株式市場は、6日までのゴールデンウイーク休場の前日のため様子見ムードがあり、トヨタ自動車<7203>(東1)などが引き続き軟調に推移し、大引けにかけて日経平均だけが小幅高に浮上する変則的な展開になった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均ともに安い。

 中で、オンラインゲームのコロプラ<3668>(東1)は昨日の決算発表と本日のゲーム配信開始発表などが好感されて活況高となり、やはりゲーム関連のAiming(エイミング)<3911>(東マ)は業績予想の増額などを好感して一時ストップ高。日本ライフライン<7575>(JQS)は昨日発表の決算を好感してストップ高となり、上場3日目のニュース配信企業Gunosy(グノシー)<6047>(東マ)は大きく高値を更新。また、上場2日目のテラスカイ<3915>(東マ、売買単位100株)は13時3分に公開価格1700円の7650円の4.5倍の7650円で初値がつき、ストップ高の9105円で終わった。

 東証1部の出来高概算は22億3184万株(前引けは11億5497万株)、売買代金は2兆6073億円(同1兆3001億円)。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は353(同309)銘柄、値下がり銘柄数は1431(同1477)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は4業種(前引けは食品1業種)となり、食品、医薬品、非鉄金属、ガラス・土石が高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は続落だが上場2日目のテラスカイは買い気配続く

◆日経平均の前引けは1万9471円50銭(48円51銭安)、TOPIXは1580.39ポイント(12.40ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億5497万株

チャート10 5月1日前場の東京株式市場は、昨日の日経平均538円安に続いてNY株が195ドル安となったため自動車株などが軟調に始まり、業種別で値上がりしたセクターは食品1業種のみとなった。日経平均は一時87円84銭安(1万9432円17銭)まで続落する場面があった。

 今期の業績予想を3期ぶりの黒字見通しと発表したソニー<6758>(東1)も軟調で、業績予想を上方修正したオンラインゲームのAiming(エイミング)<3911>(東マ)は一時ストップ高となったが、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均ともに安い。

 30日に新規上場のテラスカイ<3915>(東マ、売買単位100株)は本日も買い気配のまま初値がつかず、前場は公開価格1700円の3.9倍の6710円で買い気配。

 東証1部の出来高概算は11億5497万株、売買代金は1兆3001億円。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は309銘柄、値下がり銘柄数は1477銘柄となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 今日のマーケット

【株式市場】NY株安く日経平均など軟調な中で個別物色は活発

チャート10 5月1日朝の東京株式市場は、NY株の195ドル安を受けて昨日の日経平均538円安が意識され、自動車株などが軟調に始まったほか、今期の業績予想を3期ぶりの黒字見通しと発表したソニー<6758>(東1)も軟調に始まり、日経平均は朝方に71円04銭安(1万9448円97銭)まで下げて弱もみ合いとなっている。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均の安い。一方、業績予想を上方修正したオンラインゲームのAiming(エイミング)<3911>(東マ)は一時ストップ高の急伸となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | 今日のマーケット
2015年04月30日

【株式市場】日銀「現状維持」で日経平均は下げるが新規上場2銘柄は強い

◆日経平均の前引けは1万9520円01銭(538円94銭安)、TOPIXは1592.79ポイント(34.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は27億1949万株

チャート10 30日後場の東京株式市場は、13時頃に日銀の金融政策会合の結果が「現状維持」と伝えられて円高基調になり、日経平均は先物主導で14時前に一時556円34銭安(1万9502円61銭)まで下げる場面があった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均とも安い。

 大塚ホールディングス<4578>(東1)が米国当局から後発薬が承認されたと伝えられたが安く、28日に決算を発表した銘柄はNTTドコモ<9437>(東1)ホンダ<7267>(東1)が朝から安い半面、スミダコーポレーション<6817>(東1)などは高い。また、本日の昼12時に発表した日本郵船<9101>(東1)、14時に発表した山陽特殊製鋼<5481>(東1)なども急伸。

 ◆2銘柄が新規上場◆

 本日は2銘柄が新規上場となりとなり、クラウドシステムの構築などを行なうテラスカイ<3915>(東マ、売買単位100株)は買い気配を上げたまま初値がつかず、公開価格1700円に対し本日の気配値上限の3910円の買い気配で終わった。

 また、買い物情報などのサイト「エキテン」などを運営するデザインワン・ジャパン<6048>(東マ、売買単位100株)は10時32分に公開価格2750円に対し51%高の4150円で初値がつき、その後4360円まで上げ、終値は4135円となった。

 東証1部の出来高概算は27億1949万株(前引けは12億280万株)、売買代金は3兆4727億円(同1兆5552億円)。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は337(前引けは346)銘柄、値下がり銘柄数は1464(同1442)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は鉱業、ゴム製品、海運の3業種のみ。値下がり率の低い業種は石油・石炭、卸売り、建設、非鉄金属、電力・ガス、などとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:30 | 今日のマーケット

【株式市場】個別物色が活発で日経平均2万円割るが新規上場2銘柄は強い

◆日経平均の前引けは1万9678円15銭(380円80銭安)、TOPIXは1599.65ポイント(27.78ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億280万株

チャート10 30日前場の東京株式市場は、米国の金融政策決定会合であるFOMCを受けてNY株式が下げ、3月決算を発表したホンダ<7267>(東1)も安いため様子見気分が強まる展開となり、日経平均は反落の始まりとなった後も下値を探り、11時にかけて一時402円29銭安(1万9656円66銭)まで下げた。中では石油資源開発<1662>(東1)などが堅調。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均とも安いが、JASDAQ市場の主力20銘柄で構成するJASDAQトップ20指数は堅調となっている。

 訴訟和解費用などで3月決算の見込みを赤字に修正した武田薬品工業<4502>(東1)は朝方を安値に回復基調となり、ペプチドリーム<4587>(東マ)は米メルクとの提携を好感して急伸。

 ◆2銘柄が新規上場◆

 本日は2銘柄が新規上場となりとなり、クラウドシステムの構築などを行なうテラスカイ<3915>(東マ、売買単位100株)は公開価格1700円に対し70%高の2890円で買い気配。

 また、幅広い買い物情報などのサイト「エキテン」などを運営するデザインワン・ジャパン<6048>(東マ、売買単位100株)は10時32分に公開価格2750円に対し51%高の4150円で初値がつき、その後4360円まで上げて前引けは3765円となった。

 東証1部の出来高概算は12億280万株、売買代金は1兆5552億円。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は346銘柄、値下がり銘柄数は1442銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は鉱業、ゴム製品の2業種のみ。値下がり率の低い業種は石油・石炭、卸売り、建設、非鉄金属、電力・ガス、などとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット

【株式市場】NY株不安定で日経平均2万円割るが新規上場2銘柄は買い気配

 30日朝の東京株式市場は、武田薬品工業<4502>(東1)が訴訟和解費用などによる3月決算の赤字見込みを発表して下げたほか、米国の金融政策決定会合であるFOMC後にNY株式が下げたため、様子見気分が強まる展開となっている。日経平均は朝方に333円32銭安(1万9725円63銭)まで下げた。日経.JASDAQ平均も軟調だが、東証マザーズ指数は堅調となっている。

 本日は2銘柄が新規上場となり、10時にかけては2銘柄とも買い気配。クラウドシステムの構築などを行なうテラスカイ<3915>(東マ、売買単位100株)は公開価格1700円に対し25%高の2125円で買い気配となっている。

 また、幅広い買い物情報などのサイト「エキテン」などを運営するデザインワン・ジャパン<6048>(東マ、売買単位100株)は公開価格2750円に対し30%高の3590円で買い気配となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 今日のマーケット
2015年04月28日

【銘柄フラッシュ】新規上場のGunosy(グノシー)など堅調でアイネス急伸

 28日は、前日に好決算と増配を発表した日立国際電気<6756>(東1)が5.4%高となって大きく出直り、同じく配当性向を倍増としたファナック<6954>(東1)は後場、高値もみ合いになったが3.3%高で上場来の高値を更新し、アイネス<9742>(東1)は向こう2年間の継続的な自社株買い方針などが好感されて15.3%ストップ高、レオン自動機<6272>(東1)は3月決算の予想の上方修正などが好感されて16.7%ストップ高となった。

 昼12時半に四半期決算を発表したマブチモーター<6592>(東1)は急動意となって上値を追い6.2%高の高値更新となり、13時に発表したアイシン精機<7259>(東1)も急伸となり10.2%高、13時15分に発表した三菱電機<6503>(東1)は一時3.2%高まで上げて高値を更新し、ジェイテクト<6473>(東1)は11.9%高、14時に中期計画も発表した新明和工業<7224>(東1)は4.1%高。イマジニア<4644>(JQS)は無料会話アプリ「LINE(ライン)」向けの新ゲームに期待とされて10.6%高となり高値を更新し、ペプチドリーム<4587>(東マ)はSMBC日興証券による投資判断などが言われて10.5%高となった。

◆新規上場の3銘柄はジグソーが買い気配のまま初値を持ち越す◆

 本日は3銘柄が新規上場となり、Gunosy(グノシー)<6047>(東マ、売買単位100株)はニュース配信アプリなどで知名度が高く、9時ちょうどに公開価格1520円と同値で初値がつき、高値は前場の1680円、終値は1620円となった。

 リンクバル<6046>(東マ、売買単位100株)は商店街や街の飲食店などを活用して男女に出会いの場を提供する「街コン」情報のサイト「街コンジャパン」を運営し、9時48分に公開価格2400円に対し28%高の3070円で初値がついた。高値は前場の3300円で、終値は2752円となった。

 一方、ジグソー<3914>(東マ、売買単位100株)はネットワーク監視・修復などを行い、後場も買い気配のまま初値がつかず、結局、気配値の場合の本日上限値段の5500円(公開価格2390円の2.3倍)の買い気配。初値は休み明けに持ち越した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:32 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均2万円を回復し新規上場3銘柄はジグソーが買い気配

◆日経平均の前引けは2万82円33銭(99円01銭高)、TOPIXは1627.57ポイント(8.50ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億6229万株

チャート15 28日前場の東京株式市場は、配当性向の倍増などを打ち出したファナック<6954>(東1)が買い気配で始まり高値を更新したことなどが市場心理を明るくし、日経平均は朝方に一時150円46銭高(2万133円78銭)まで上げて反発となった。国際石油開発帝石<1605>(東1)なども高い。一方、新興市場は個別物色となり、東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は安い。業績予想を増額した三洋貿易<3176>(東1)などが高く、ペプチドリーム<4587>(東マ)なども高い。

◆3銘柄が新規上場

 本日は3銘柄が新規上場となり、ニュース配信アプリなどで知名度の高いGunosy(グノシー)<6047>(東マ、売買単位100株)は9時ちょうどに公開価格1520円と同値で初値がつき、高値は1680円、前引けは1560円。

 リンクバル<6046>(東マ、売買単位100株)は商店街や街の飲食店などを活用して男女に出会いの場を提供する「街コン」情報のサイト「街コンジャパン」を運営し、、9時48分に公開価格2400円に対し28%高の3070円で初値がついた。高値は3300円、前引けは2845円。

 一方、ジグソー<3914>(東マ、売買単位100株)は買い気配のまま初値がつかず、前引けは公開価格2390円に対し70%高の4070円の買い先行となった。

 東証1部の出来高概算は9億6229万株、売買代金は1兆3393億円。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は960銘柄、値下がり銘柄数は760銘柄。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:59 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均2万円回復し新規上場3銘柄はジグソーが買い気配

チャート15 28日朝の東京株式市場は、30日の日銀・金融政策決定会合に対する期待感などがあり、朝方に株価指数先物が上値を追ったことなどが寄与して日経平均は2万円台を回復し、一時150円46銭高(2万133円78銭)まで上げて反発となっている。配当性向の倍増などを打ち出したファナック<6954>(東1)が高値を更新し、大阪ガス<9532>(東1)は好決算が好感されておよそ21年2カ月ぶりの高値を付けたと伝えられている。ただ、東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は安い。

 本日は3銘柄が新規上場となり、ニュース配信アプリなどで知名度の高いGunosy(グノシー)<6047>(東マ、売買単位100株)は9時ちょうどに公開価格1520円と同値で初値がつき、その後の高値は1680円となっている。

 リンクバル<6046>(東マ、売買単位100株)は商店街や街の飲食店などを活用して男女に出会いの場を提供する「街コン」情報のサイト「街コンジャパン」を運営し、、9時48分に公開価格2400円に対し28%高の3070円で初値がついた。その後の高値は3300円となっている。

 また、ジグソー<3914>(東マ、売買単位100株)は10時30分現在もまだ買い気配を続け、公開価格2390円に対し45%高の3470円の買い先行となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 今日のマーケット
2015年04月27日

【引け後のリリース】NECがスイスの最大手通信企業にシステム納入

■スイスコムが主な回線の管理・運用をNEC製に移行

引け後のリリース、明日の1本 NEC<6701>(東1)は27日の大引け後に3本のリリースを発表した。「NECと鴻海がデータセンター事業で協業」、「ベクトル型スーパーコンピュータ「SX−ACE」が大阪大学、九州大学で稼働開始」、「NECとネットクラッカー、スイス最大手の通信事業者に運用支援システム(OSS)を納入」の3本で、このうち鴻海(台湾の世界的な受託製造大手・鴻海精密工業)との協業は27日の朝から株式市場で材料視され、株価は午後に430円(24円高)まで上げて2008年以来の高値を更新した。

 「スイス最大手の通信事業者に運用支援システムを納入」との発表は、スイス最大手の通信事業者・スイスコム(Swisscom AG)が「All−IP」推進の一環として、固定回線、モバイル回線、テレビ、ブロードバンドを含む主な回線の管理・運用をNECの子会社・ネットクラッカー(NetCracker Technology)が提供するOSSに移行したもの。これによりスイスコムは、稼働時にもネットワーク構成変更が可能なプロビジョニング能力を活用し、新規サービスを迅速に市場投入できるようになる。また、3社は次世代OSSのクラウド化についても今後検討を進めるとした。

 「ベクトル型スーパーコンピュータ」は2013年11月に発売し、大阪大学レーザーエネルギー学研究センター、および九州大学応用力学研究所に納入し、それぞれ2015年3月に稼働を開始した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:26 | 今日のマーケット

【株式市場】選別色強まり日経平均は4日ぶり2万円割るがTOPIXなど高い

◆日経平均の終値は1万9983円32銭(36円72銭安)、TOPIXは1619.07ポイント(0.23ポイント高)、出来高概算(東証1部)18億7004万株

チャート5 27日後場の東京株式市場は、11時に前3月期の決算を発表した日本ガイシ<5333>(東1)が前引けにかけて急伸したものの、後場寄り後は伸び切れないなど、全体に重さが感じられる展開となり、日経平均は大引けまで軟調に推移して終値ではは21日以来4営業日ぶりに2万円を割った。ただ、TOPIXやJPX日経400、日経JASDAQ平均は高い。

 個別物色の色彩が強まり、特別利益を発表した日本紙<3863>(東1)が上げ、アイフル<8515>(東1)は30日の日銀・金融政策決定会合に期待とされて反発し、クボテック<7709>(東1)は引き続き古河電気工業(5801)と共同開発の超伝導フライホイールなどが材料視されて8日連続ストップ高、メドレックス<4586>(東マ)はバイオ医薬開発に関して韓国で特許取得とされて年初来の高値、アイビー化粧品<4918>(JQS)は皮膚の老化防止に関する特許が言われて2日連続ストップ高。

 東証1部の出来高概算は18億7004万株(前引けは9億9382万株)、売買代金は2兆846億円(同1兆253億円)。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は937(993)銘柄、値下がり銘柄数は796(同718)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は18業種(前引けは20業種)となり、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、繊維製品、空運、その他金融、ガラス・土石、小売り、電気機器、陸運、などとなった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は軟調だが好業績株など高くTOPIXなどは堅調

◆日経平均の前引けは2万18円30銭(1円74銭安)、TOPIXは1620.04ポイント(1.20ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億9382万株

チャート15 27日前場の東京株式市場は、対ユーロでの円高などを手控え要因にするムードがあり、ファナック<6954>(東1)は高いがソニー<6758>(東1)は軟調などと主力株の方向感が定まらない展開になった。日経平均は9時半にかけて一時110円18銭安(1万9909円86銭)まで軟化し、取引時間中としては4月22日以来の2万円割れとなる場面があった。東証2部指数、JPX日経400、日経JASDAQ平均は高い。

 富士通ゼネラル<6755>(東1)が24日発表の前3月期決算を好感して活況高となり、東レ<3402>(東1)は好決算に期待と5日続伸、ローソン<2651>(東1)は東京メトロとの提携報道などが好感されて高値を更新。ALBERT<3906>(東マ)はビッグデータ事業好調とされ4月30日の第1四半期決算発表が期待されて出直りを強め、アイビー化粧品<4918>(JQS)は皮膚の老化帽子に関する特許が言われて2日連続ストップ高。

 東証1部の出来高概算は9億9382万株、売買代金は1兆253億円。1部上場1882銘柄のうち、値上がり銘柄数は993銘柄、値下がり銘柄数は718銘柄となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は2万円割るが東証マザーズなど堅調

 27日朝の東京株式市場は、円相場が対ドルで円安、対ユーロで円高のため、ソニー<6758>(東1)は軟調でキヤノン<7751>(東1)は堅調など、主力株の値動きにまとまりのない相場となっている。日経平均は朝方の49円20銭高(2万69円24銭)を上値に軟調で、取引時間中としては4月22日以来の2万円割れとなっている。ただ、東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は高い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | 今日のマーケット