[今日のマーケット]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/18)【株式市場】大阪で発生した地震も影響したようで日経平均は一時189円安と大きく反落
記事一覧 (06/18)日経平均は45円安で始まり大阪の地震やNYダウ反落など受け様子見
記事一覧 (06/15)【株式市場】日銀の金融政策会合を受け金融株は重いが日経平均は堅調で反発
記事一覧 (06/15)【株式市場】北朝鮮への経済協力関連株など強く日経平均は朝方147円高のあと一進一退
記事一覧 (06/15)日経平均は144円高で始まり米NASDAQ指数の最高値など好感
記事一覧 (06/14)【株式市場】日銀の金融政策会合が米利上げの影響を受けるか注目され日経平均は反落
記事一覧 (06/14)【株式市場】米国の利上げを受け大手銀行株など高く日経平均は朝方の186円安から回復基調
記事一覧 (06/14)日経平均は123円安で始まり米国の利上げにひとまず「敬意」を表す様子
記事一覧 (06/13)【株式市場】円安期待が強く日経平均は3日続伸しTOPIXは1800ポイント回復
記事一覧 (06/13)【株式市場】米利上げ観測強まりドル高・円安期待が再燃し日経平均は堅調続伸
記事一覧 (06/13)日経平均は17円高程度で始まるが円安方向への期待は強い様子
記事一覧 (06/12)【株式市場】円安や米朝融和など期待され日経平均は一時2万3000円台を回復
記事一覧 (06/12)日経平均は173円高で始まり200円高、米朝融和やユーロ安定などに期待強まる
記事一覧 (06/11)【株式市場】日経平均は一時161円高まで上げて2日続伸し北朝鮮の経済開発も材料視
記事一覧 (06/11)【株式市場】様子見姿勢は強い様子だが日経平均は一時89円高まで上げて堅調
記事一覧 (06/11)日経平均は7円安で始まり米中の貿易問題やFOMCなど前に様子見
記事一覧 (06/08)【株式市場】来週の米FOMC控え円高になり日経平均は4日ぶりに反落
記事一覧 (06/08)【株式市場】日経平均は95円安から持ち直して一時55円高まで上げ底堅い
記事一覧 (06/08)日経平均は23円安で始まりSQ算出を巡る売買を通過
記事一覧 (06/07)【株式市場】NYダウの大幅反発など受け日経平均は前引けにかけて219円高
2018年06月18日

【株式市場】大阪で発生した地震も影響したようで日経平均は一時189円安と大きく反落

◆日経平均は2万2662円68銭(189円07銭安)、TOPIXは1769.98ポイント(19.06ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億1483万株

チャート14 18日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウが一時280.9ドル安と下押したほか、朝8時前に大阪府を中心に発生した震度6の地震が影響したようで、日経平均は軟調に始まった後も下値を探り、11時過ぎに225円68銭安(2万2626円07銭)をつけた。中で、「ル・マン24時間自動車耐久レースで1、2位を獲得して優勝したトヨタ自動車<7203>(東1)などは堅調。日経平均の前引けは幾分回復し189円07銭安(2万2662円68銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 地震は16、17日も千葉県で震度4、群馬県で震度5が発生したためか、地盤ネットホールディングス<6072>(東マ)がストップ高となったほか、大阪本社の南海辰村建設<1850>(東2)が急伸し、大盛工業<1844>(東マ)も高い。

 東証1部の出来高概算は7億1483万株。売買代金は1兆1184億円。1部上場2090銘柄のうち、値上がり銘柄数は450銘柄、値下がり銘柄数は1554銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット

日経平均は45円安で始まり大阪の地震やNYダウ反落など受け様子見

■原発には今のところ異常なしと伝えられる

 18日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が反落模様の45円18銭安(2万2806円57銭)で始まった。前週末のNYダウは一時280.91ドル安まで下押したあと終値は84.83ドル安(2万5090.48ドル)と引き戻したが、大阪で朝7時58分頃に震度6規模の地震が発生し、様子見姿勢が強いようだ。

 大阪で発生した地震について、ロイター通信は「この地震による津波の心配はない。関西電力9503.Tによると、美浜・高浜・大飯の3原発で異常はない。NHKは、福井県の敦賀原発1号機、2号機についても、異常は感知されなかったとしている」(6月18日)などと伝えた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 今日のマーケット
2018年06月15日

【株式市場】日銀の金融政策会合を受け金融株は重いが日経平均は堅調で反発

◆日経平均の終値は2万2851円75銭(113円14銭高)、TOPIXは1789.04ポイント(5.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億8394万株

チャート13 15日後場の東京株式市場は、正午頃に日銀の金融政策決定会合(14〜15日)の結果が伝えられ、マイナス金利を含めて異次元の緩和を継続とされたため、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)などの大手銀行株が取引開始後一段軟化。前引けにかけて持ち直していた第一生命ホールディングス<8750>(東1)も再び下げた。半面、トヨタ自動車<7203>(東1)や村田製作所<6981>(東1)は一段ジリ高傾向。日経平均は
14時過ぎに前場の高値(147円23銭高の2万2885円84銭)に迫り、前日比で反発した。東証2部指数は安いがマザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、アートスパークホールディングス<3663>(東2)が一段高となり、15日発売の「四季報」(東洋経済新報社)で前号より高評価との見方が。エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)はソフトバンクグループ<9984>(東1)がインドで太陽光発電事業に巨額投資の方針とのNHK報道などを材料に13時頃からストップ高。ジャストプランニング<4287>(JQS)は株式3分割などが好感されて大幅高。

 東証1部の出来高概算は16億8394万株(前引けは7億250万株)。売買代金は3億791億円(同1兆1504億円)。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は768(同885)銘柄、値下がり銘柄数は1254(同1086銘柄)。また、東証33業種別指数は20業種(前引けは21業種)が値上がりし、値上がり率上位は、石油・石炭、医薬品、鉱業、不動産、精密機器、陸運、その他製品、海運、輸送用機器、情報・通信、電気機器、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:44 | 今日のマーケット

【株式市場】北朝鮮への経済協力関連株など強く日経平均は朝方147円高のあと一進一退

◆日経平均は2万2827円77銭(89円16銭高)、TOPIXは1788.49ポイント(4.60ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億250万株

チャート13 15日(金)前場の東京株式市場は、日本と北朝鮮のトップ会談の可能性に期待が強まり、伏木海陸運送<9361>(東2)兵機海運<9362>(東2)が急伸するなど、材料株物色が活発になった。JXTGホールディングス<5020>(東1)などの石油株、科研製薬<4521>(東1)なども高い。日経平均はECB(欧州中央銀行)声明などを受けて反発したが、朝方の147円23銭高(2万2885円84銭)を上値に一進一退となり、前引けは89円16銭高(2万2827円77銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 東証1部の出来高概算は7億250万株。売買代金は1兆1504億円。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は885銘柄、値下がり銘柄数は1086銘柄。また、東証33業種別指数は21業種が値上がりし、値上がり率上位は、石油・石炭、医薬品、陸運、鉱業、その他製品、輸送用機器、情報・通信、精密機器、水産・農林、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 今日のマーケット

日経平均は144円高で始まり米NASDAQ指数の最高値など好感

 15日(金)朝の東京株式市場は、日経平均が大きく反発し144円63銭高(2万2883円24銭)で始まった。ECB(欧州中央銀行)理事会の声明などを受け、NYダウは小幅安(25.89ドル安の2万5175.31ドル)だったものの、NASDAQ総合指数やラッセル2000指数は最高値を更新した。

 ロイター通信は「12月で量的緩和終了へ、金利は2019年夏まで現在の水準に」(6月15日8時30分頃)などと伝えた。(HC)


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 今日のマーケット
2018年06月14日

【株式市場】日銀の金融政策会合が米利上げの影響を受けるか注目され日経平均は反落

◆日経平均の終値は2万2738円61銭(227円77銭安)、TOPIXは1783.89ポイント(16.48ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億9745万株

チャート12 14日後場の東京株式市場は、米国の今年3度目の利上げを受け、日銀の金融政策決定会合(6月14〜15日)でどのような方針を示すか注目する様子があり、個別物色の色彩が強まった。三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの大手銀行株は金利上昇が好材料とされて高く、兵機海運<9362>(東2)は北朝鮮周辺への航路に強いとされ、経済支援関連銘柄としてV字急反発しストップ高。一方、日経平均は14時頃まで110円安前後(2万2850円前後)で小動きを続け、4日ぶりに反落した。東証2部指数は高いが、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は安い。

 後場は、ファイバーゲート<9450>(東マ)が6月末現在の株主から株主優待を開始することなどが材料視されて上場来の高値に進み、フジタコーポレーション<3370>(JQS)は13日に5月の月次動向を発表し、数字は4月よりダウンした印象だが市場は評価した様子で急伸。

 東証1部の出来高概算は14億9745万株(前引けは7億4871万株)。売買代金は2兆4018億円(同1兆929億円)。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は603(同751)銘柄、値下がり銘柄数は1399(同1216)銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種(前引けは9業種)が値上がりし、値上がり率上位は、海運、水産・農林、石油・石炭、銀行、となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | 今日のマーケット

【株式市場】米国の利上げを受け大手銀行株など高く日経平均は朝方の186円安から回復基調

◆日経平均は2万2886円15銭(80円23銭安)、TOPIXは1793.11ポイント(7.26ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億4871万株

チャート10 14日(木)前場の東京株式市場は、米国が今年3度目の利上げに踏み切り、NYダウは119ドル安となった上、ドル高・円安が予想ほど進まない印象とあって、日経平均は123円安で始まった後も軟調に推移した。ただ、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)などの大手銀行株は金利水準の上昇が好感されて高く、トヨタ自動車<7203>(東1)も堅調。日経平均は朝方の186円26銭安(2万2780円12銭)を下値に持ち直し、前引けは80円23銭安(2万2886円15銭)となった。

 川崎汽船<9107>(東1)などの海運大手株が高く、3社で統合したコンテナ船事業の業績好調との観測報道など好感。兵機海運<9362>(東2)は北朝鮮への経済支援を期待する動きとされて高い。ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は「SP−04」の第3相臨床試験計画や三井住友銀行からの融資契約が注目されて活況高。フジトミ<8740>(JQS)は商品先物各社にAI(人工知能)取引システム導入の動きが伝えられて一時ストップ高。親会社の小林洋行も一時急伸。

 東証1部の出来高概算は7億4871万株。売買代金は1兆929億円。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は751銘柄、値下がり銘柄数は1216銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:57 | 今日のマーケット

日経平均は123円安で始まり米国の利上げにひとまず「敬意」を表す様子

 14日(木)朝の東京株式市場は、日経平均は反落模様の123円42銭安(2万2842円96銭)で始まった。米FOMCで0.25%の利上げが発表され、NYダウは119.53ドル安(2万5201.20ドル)となり、東京市場も、ひとまず米国の利上げに「敬意」を表す様子がある。円相場は円高気味だが1ドル110円台にとどまっている。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 今日のマーケット
2018年06月13日

【株式市場】円安期待が強く日経平均は3日続伸しTOPIXは1800ポイント回復

◆日経平均の終値は2万2966円38銭(88円03銭高)、TOPIXは1800.37ポイント(7.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億9857万株

チャート4 13日後場の東京株式市場は、アステラス製薬<4503>(東1)が自社株買いや新薬候補への期待などから一段とジリ高になるなど、材料株物色が活発になった。また、日本時間の14日早朝には米国の金融政策決定会合(FOMC)の結果が明らかになり、利上げ・ドル高・円安とつながる期待があり、川崎汽船<9107>(東1)などの海運株が高い。日経平均は14時にかけて114円91銭高(2万2993円26銭)まで上げた。大引けも堅調で3日続伸となった。TOPIXは5月22日以来の1800ポイント回復。前引けは軟調だった東証マザーズ指数も上げ、東証2部指数、日経JASDAQ平均も高い。

 後場は、6月19日付で東証1部への指定替えが決まった富士ピー・エス<1848>(東2)が前場に続き大引けまでストップ高買い気配を続け、アプリックス<3727>(東マ)は引き続き、11日付で屋内測位・位置情報システム市場向けソリューションの開発を開始し「groma(仮称)」を発表したことが注目されたようで大幅続伸。テクノアルファ<3089>(JQS)は子会社ペリテックが設計/実装を担当した状態監視用IoTシステムがSUBARU<7270>(東1)の実験施設に導入されたとの発表が注目されて活況高。

 東証1部の出来高概算は11億9857万株(前引けは6億1717万株)。売買代金は2兆2490(同1兆1145億円)。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は1286(同1207)銘柄、値下がり銘柄数は703(同767)銘柄。また、東証33業種別指数は26業種(前引けは18業種)が値上がりし、値上がり率上位は、海運、不動産、サービス、その他金融、電力・ガス、空運、輸送用機器、情報・通信、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:46 | 今日のマーケット

【株式市場】米利上げ観測強まりドル高・円安期待が再燃し日経平均は堅調続伸

◆日経平均は2万2934円58銭(56円23銭高)、TOPIXは1798.61ポイント(5.79ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億1717万株

チャート6 13日(水)前場の東京株式市場は、日朝首脳会談の成果に対する期待は後退した雰囲気になったが、米国の利上げ観測を背景にドル高・円安への期待が再燃した。日経平均は小高く始まり、10時過ぎに98円58銭高(2万2976円93銭)まで上げ、前引けも56円23銭高となった。東芝<6502>(東2)が自社株買いの方針を11時頃に発表して急伸し、東証2部指数は大幅高。日経JASDAQ平均も高いが、東証マザーズ指数は軟調。

 曙ブレーキ工業<7238>(東1)が新開発の軽量ブレーキに関する報道を受けてストップ高となり、SKIYAKI<3995>(東マ)は株式5分割が材料視されて急伸。システムズ・デザイン<3766>(JQS)は「知識検索型AI」などが材料視されて5月末から6月所に急伸した相場が再燃とされて急伸。佐渡汽船<9176>(JQS)は引き続き「佐渡金山」の世界遺産登録期待などがあるようで大幅続伸。

 東証1部の出来高概算は6億1717万株。売買代金は1兆1145億円。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は1207銘柄、値下がり銘柄数は767銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | 今日のマーケット

日経平均は17円高程度で始まるが円安方向への期待は強い様子

 13日(水)朝の東京株式市場は、1ドル110円台の円相場などを受け、日経平均は17円82銭高(2万2878円35銭)で始まった。NYダウは米朝首脳会談を受けて1.58ドル安の2万5320.73ドルとなり、欧州株式も英FT100指数が33.62ポイント安の7703.81ポイントとなるなど総じて安かったが、米国の金融政策決定会合FOMCでの利上げが確実視され、為替にドル高・円安の「圧」がかかる可能性がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 今日のマーケット
2018年06月12日

【株式市場】円安や米朝融和など期待され日経平均は一時2万3000円台を回復

◆日経平均は2万2867円41銭(63円37銭高)、TOPIXは1790.79ポイント(3.95ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億2712万株

チャート13 12日(火)前場の東京株式市場は、円相場が1ドル110円台への円安再燃となったことや、米朝トップ会談後の経済協力への期待などから、機械、鉄道、石炭、タイヤ、たばこ、化粧品、トイレタリー、家具などの関連株などが強く、日経平均は取引開始後に207円53銭高(2万3011円57銭)まで上げた。ただ、一方で半導体製造装置や半導体株の一角が安く、日経平均の前引けは63円37銭高(2万2867円41銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 LINE<3938>(東1)も対北朝鮮融和に関連する銘柄とされて大幅続伸し、カイオム・バイオサイエンス<4583>(東マ)は「ヒト化抗セマフォリン3A抗体」の特許取得が注目されて急伸。佐渡汽船<9176>(JQS)は「佐渡金山」の世界遺産登録運動への期待などがあるとされて急伸。

 東証1部の出来高概算は6億2712万株。売買代金は1兆1445億円。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は984銘柄、値下がり銘柄数は968銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット

日経平均は173円高で始まり200円高、米朝融和やユーロ安定などに期待強まる

 12日朝の東京株式市場は、円相場が1ドル110円台に入る円安再燃となったことなどを受け、日経平均は173円18銭高(2万2977円22銭)で始まった。あと204円高と上値を追っている。

 NYダウは5.78ドル高(2万5332.31ドル)にとどまったが、イタリアの新首相がユーロ圏にとどまる方針を明言したと伝えられ、為替市場が安定化した。また、本日の米朝首脳会談にも漠然とした期待がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | 今日のマーケット
2018年06月11日

【株式市場】日経平均は一時161円高まで上げて2日続伸し北朝鮮の経済開発も材料視

◆日経平均の終値は2万2804円04銭(109円54銭高)、TOPIXは1786.84ポイント(5.40ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億3204万株

チャート4 11日後場の東京株式市場は、12日のトランプ・金正恩会談による北朝鮮の経済開発に期待する様子があるとされ、これらの地域への航路に強いとされる兵機海運<9362>(東2)の出来高が急増。主力株も機械、自動車、タバコ、石鹸などの銘柄が強く、日経平均は前場の高値を抜いて13時過ぎに161円58銭高(2万2856円08銭)まで上げた。その後も上げ幅100円台を保ち、前週末比で反発した。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高く、前引けは軟調だったマザーズ指数も高い。

 後場は、CSP(セントラル警備保障)<9740>(東1)が東海道新幹線の車内で発生した凄惨な事件を連想材料に一段とジリ高。ジャパンエレベーターサービスホールディングス<6544>(東マ)はCMBC日興証券による投資判断が材料視されて高い。ハイパー<3054>(JQS)は6月末の株式分割(1対2)が注目されて高い。

 東証1部の出来高概算は少な目で11億3204万株(前引けはは5億7565万株)。売買代金は1兆9134億円(同9214億円)。1部上場2088銘柄のうち、値上がり銘柄数は1189(同1120)銘柄、値下がり銘柄数は800(同847)銘柄。

 また、東証33業種別指数は26業種(前引けは27業種)が値上がりし、値上がり率上位は、石油・石炭、水産・農林、小売り、サービス、精密機器、食品、倉庫・運輸、情報・通信、医薬品、不動産、などとなった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 今日のマーケット

【株式市場】様子見姿勢は強い様子だが日経平均は一時89円高まで上げて堅調

◆日経平均は2万2762円94銭(68円44銭高)、TOPIXは1785.80ポイント(4.36ポイント高)、出来高概算(東証1部)は少なめで5億7565万株

チャート4 11日(月)前場の東京株式市場は、トランプ・金正恩会談、米国の金融政策決定会合(FOMC.:連邦公開市場委員会)などを控え、様子見姿勢は強い様子だったが、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)ホンダ<7267>(東1)などが強く、日経平均は10時過ぎに89円24銭高(2万2783円74銭)まで上げた。前引けも68円44銭高。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高い。マザーズ指数は軟調。

 第3四半期決算が好調だったシルバーライフ<9262>(東マ)が活況高となり、ハイパー<3054>(JQS)は6月末の株式分割(1対2)が注目されて高い。

 東証1部の出来高概算は少な目で5億7565万株。売買代金は少なく9214億円。1部上場2088銘柄のうち、値上がり銘柄数は1120銘柄、値下がり銘柄数は847銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 今日のマーケット

日経平均は7円安で始まり米中の貿易問題やFOMCなど前に様子見

 11日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が7円55銭安(2万2686円95銭)で始まった。前週末のNYダウは3日続伸(75.10ドル高の2万5316.53ドル)した一方、中国の習近平主席が10日の上海協力機構(SCO)首脳会議で暗に米国の貿易政策を批判する姿勢を示したと伝えらえられたことや、12日のトランプ・金正恩会談、米国の金融政策決定会合(FOMC.:連邦公開市場委員会)などを控え、様子見姿勢があるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 今日のマーケット
2018年06月08日

【株式市場】来週の米FOMC控え円高になり日経平均は4日ぶりに反落

◆日経平均は2万2694円50銭(128円76銭安)、TOPIXは1781.44ポイント(7.57ポイント安)、出来高概算(東証1部)はSQ算出が加わり9億6745万株

チャート6 8日後場の東京株式市場は、来週前半に予定される米国のFOMC(連邦公開市場委員会)などが意識されて円高気味になり、個別物色の色彩が強まり、日経平均は13時過ぎに128円76銭安(2万2694円50銭)まで軟化した。証券会社の積極的な投資判断が続いたTDK<6762>(東1)などは高いが、TOPIXなど主な株価指数は軟調で、日経平均は4日ぶりに反落した。一方、東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、第2四半期の業績見通しを増額したシーイーシー<9692>(東1)が一段高となりストップ高を継続。ソケッツ<3634>(東マ)は「同期歌詞情報自動生成システム」の開発が注目されて急伸。ユビキタス<3858>(JQS)は電源オフ状態から約2秒で起動するWiーFiモジュールを村田製作所(6981)と共同で開発したと伝えられストップ高。

 東証1部の出来高概算は先物、オプションのSQさbb出にかかわる売買が加わり16億1057万株(前引けは9億6745万株)。売買代金は2兆9207億円(同1兆7564億円)。1部上場2085銘柄のうち、値上がり銘柄数は822(同904)銘柄、値下がり銘柄数は1163(同1089)銘柄。

 また、東証33業種別指数は9業種(前引けは13業種)が値上がりし、値上がり率上位は、その他製品、陸運、サービス、電力・ガス、小売り、水産・農林、倉庫・運輸、保険、ガラス・土石、となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 今日のマーケット

【株式市場】日経平均は95円安から持ち直して一時55円高まで上げ底堅い

◆日経平均は2万2799円69銭(23円57銭安)、TOPIXは1788.98ポイント(0.03ポイント安)、出来高概算(東証1部)はSQ算出が加わり9億6745万株

チャート9 8日(金)前場の東京株式市場は、先物、オプションのSQ(清算値、行使価格)算出日に当たり、これを巡る売買注文が朝一番に集中し、東証1部の出来高を3億株近く上乗せした。業績好調が伝えられたイオン<8267>(東1)などが強く、日経平均は取引開始後の95円53銭安(2万2727円73銭)を下値に持ち直し、10時過ぎには55円74銭高(2万2879円ちょうど)まで上昇。前引けは23円57銭安(2万2799円69銭)。東証2部指数も軟調だが、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 日本通運<9062>(東1)が証券会社による投資判断の引き上げ続出などを材料に上場来の高値を更新。メディカルネット<3645>(東マ)は広島大学から発祥の医療ベンチャー、ミルテル社との提携発表を受けて急伸。ユビキタス<3858>(JQS)は迅速起動のWi−Fiモジュール開発などが言われてストップ高。

 東証1部の出来高概算は9億6745万株。売買代金は1兆7564億円。1部上場2085銘柄のうち、値上がり銘柄数は904銘柄、値下がり銘柄数は1089銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット

日経平均は23円安で始まりSQ算出を巡る売買を通過

 8日朝の東京株式市場は、朝一番の売買動向によって先物、オプション各6月物のSQ(清算値・行使価格)が算出される日になり、SQ算出に絡む売買注文が加わり、日経平均は23円88銭安(2万2799円38銭)で始まった。

 NYダウは続伸(95.02ドル高の2万5241.41ドル)し、NASDAQ総合指数は5日ぶりに反落したが、取引時間中に過去最高値を連日更新した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 今日のマーケット
2018年06月07日

【株式市場】NYダウの大幅反発など受け日経平均は前引けにかけて219円高

◆日経平均は2万2839円85銭(214円12銭高)、TOPIXは1789.75ポイント(12.16ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億1155万株

チャート13 7日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの大幅反発や1ドル110円台への円安再燃などを受け、株価指数の先物が先行高。日経平均は122円高で始まった後も上値を追った。証券会社による目標株価の引き上げが出た資生堂<4911>(東1)が高値を更新するなど主力株の値動きが軽く、明日の先物・オプション6月物のSQ算出に向けた需給面での不透明感は払拭されたとの見方も。日経平均は前引けにかけて219円52銭高(2万2845円25銭)まで上げ、前引けも214円12銭高。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 くらコーポレーション<2695>(東1)が活況高となり、6日発表の第2四半期決算などが好感され、メドレックス<4586>(東マ)は米国で開発中の新薬候補製剤に関する発表に注目が集まりストップ高。ネクスグループ<6634>(JQS)は5月締めの第2四半期業績に期待があるようで6日続伸基調。

 東証1部の出来高概算は7億1155万株。売買代金は1兆2167億円。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は1397銘柄、値下がり銘柄数は585銘柄となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 今日のマーケット