[話題株]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/31)【話題株】東京都競馬がネット馬券システムなど寄与し6割増益
記事一覧 (07/29)【話題株】ナカバヤシがバイオマス発電で急伸、新高値、助成金4億円、年間売電13億円
記事一覧 (07/28)【話題株】三菱自動車が米国生産撤退で上伸し話題に、野村が投資判断引上げ
記事一覧 (07/22)【話題株】IIJが全般安に逆行急伸、「ビック光」契機にMVNO相場再燃も
記事一覧 (07/14)【話題株】JR3社でJR西日本が快走
記事一覧 (07/07)【話題株】大塚家具はロゴマーク22年ぶりに一新し株価も動意
記事一覧 (07/03)【話題株】トヨタの「元本保証新型株」募集開始になり野村HD高値更新
記事一覧 (07/01)【話題株】新幹線事件でALSOKが165円高、CSPも高い
記事一覧 (06/30)【話題株】マツダは動きの良さに注目の目、29日の陽線に続いて反発
記事一覧 (06/23)【話題株】さが美、京都着物友禅、日本和装など長期低迷相場から飛躍の展開
記事一覧 (06/16)【話題株】MERS関連株の物色人気厚みを増す、アンジェスMGはエボラ熱対策薬を発表
記事一覧 (06/15)【話題株】トヨタ自動車のAA型種類株式発行に外資は反対姿勢、16日の株主総会が注目
記事一覧 (06/09)【話題株】楽天は公募増資発表後10%安、株数7%増で調整は順当、発行価格決定日にかけて回復も
記事一覧 (06/02)【話題株】不祥事2銘柄好調
記事一覧 (05/26)【話題株】ヤマダ電機は店舗の緊急閉鎖を「買い」と判断
記事一覧 (05/19)【話題株】引き締まった腹筋の「ライザップ」は健康コーポが運営
記事一覧 (05/12)【話題株】ヤマダSXLホームはソフトバンクとヤマダ電機の提携で急騰、100円台固めるかポイント
記事一覧 (05/08)【話題株】トヨタの16年3月期は1.0%増収、1.8%増益、相場への評価入り交じり全般相場への影響も大きい
記事一覧 (05/01)【話題株】富士通期待外れの減益で急落
記事一覧 (04/28)【話題株】GW本番前にホテル株が動意強める、京都ホテル連続ストップ高
2015年07月31日

【話題株】東京都競馬がネット馬券システムなど寄与し6割増益

■「スパットフォー」拡大、今秋には大井競馬場の新スタンドや「愛犬」新施設が開業

話題株 東京都競馬<9672>(東1)は31日前場、4%高の296円(12円高)まで上げ、7月21日以来の290円台回復となった。昨30日に発表した第2四半期の連結決算(2015年1月〜6月)が営業・経常利益とも63%増益になり、12月通期の予想を増額修正。インターネット経由で勝馬投票券(馬券)が買える在宅投票システム「SPAT4(スパットフォー)」の新システムが15年2月に稼働を開始した効果などが現われてきた形だ。

 「SPAT4」はインターネットや携帯端末、一般電話によって勝馬投票券を購入でき、代金の引き落としや賞金の入金などとも連動する在宅投票システム。開始当初は南関東地区の4競馬場(大井、浦和、船橋、川崎)のみの取扱いだったが、14年から地方競馬全場の発売が開始され、さらに「トリプル馬単」などの新たな投票方式の開始、現金やグッズに交換できるポイント制度の開始などと機能が拡充してきた。このシステムによる売上高は12年12月期に700億円台に乗り、15年12月期には840億円台に乗るペースで拡大し、会社側にとってはコストを低下させ収益力を拡大するツールとして寄与している。

 15年12月期の連結売上高の見通しは、当初の182億8800万円を2%近く引き上げて185億9500万円の見込み(前期比では4.4%増)とし、営業利益は同じく40億9500万円を17%引き上げて47億9200万円の見込み(同10.7%増)に、純利益は同じく26%引き上げて26億2200万円の見込み(同43.2%増)に引き上げた。この期は中期3カ年計画の3年目に当たり、数値目標として掲げた売上高170億円、営業利益32億円は前期で達成。残る目標の純利益20億円も今期での達成が濃厚になってきた。

 不確定要因としては、国内の水浴型レジャーランドの中で入場者数が上位3指に入る「サマーランド」(東京都あきる野市)の売上高が夏の3ヵ月間で7割集中するため「8月の天候が問題」(同社)という。しかし、この「サマーランド」の夏季集中型を平準化する目的で、敷地内に愛犬とともに自然との共生が楽しめる複合アウトドアレジャー施設「わんダフル・ネイチャーヴィレッジ」を15年10月にプレオープンし、16年春にはグランドオープンする予定。ナイター競馬を開催する大井競馬場に建設中の新スタンドの15年11月開業と合わせ、来期以降の展開が注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:21 | 話題株
2015年07月29日

【話題株】ナカバヤシがバイオマス発電で急伸、新高値、助成金4億円、年間売電13億円

話題株 ナカバヤシ<7987>(東1・売買単位1000株)は、「バイオマス発電」を材料に21円高の258円と値を上げ6月4日の245円を抜いて年初来高値を更新し注目となっている。

 約37億円を投じて島根県で建設中だった木質材を使ったバイオマス発電所が完成し今春から6250キロワット/時で稼動している。年間約13億円を中国電力へ売電し、今3月期から業績に寄与する。

 また、このほど、島根県から森林整備加速化・林業再生事業補助金として4億6100万円を受け取り特別利益として今3月期・第1四半期で計上する。第1四半期決算は8月下旬に発表の予定。

 同社は島根県との関係が1971年からと古く、島根県下に5つの工場があり、今回のバイオマス発電は松江での敷地に建設した。

 現時点での16年3月期は4.6%増収、営業利益8.3%増益、1株利益21.5円、配当は年6円の見通し。第1四半期発表時点では通期上方修正が予想される。

 PER12倍、利回り2.3%と割安水準。2006年10月以来となる300円台は早そうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:36 | 話題株
2015年07月28日

【話題株】三菱自動車が米国生産撤退で上伸し話題に、野村が投資判断引上げ

話題株 三菱自動車<7211>(東1)は27日、米国での車両生産を2015年11月で終了し、米国向けは日本からの輸出に変更すると発表した。27日の株価は5.5%高の1100円(57円高)と好反応、注目される動きとなっている。野村證券が目標株価を1140円から1370円に引き上げたと伝えられたことも手伝った。第1四半期の決算発表は7月30日の予定のため、早ければこの日にも輸出への変更効果などを加味した業績見通しが開示されるかも知れないといった期待がある。

 野村證券は三菱自動車株の投資判断を「中立」から「買い」に見直し、目標株価はそれまでの1140円から1370円に引き上げたと伝えられた。このところの株価は14年10月の1353円を昨年来の高値として調整基調を続けており、「この目標株価は投資家にとって実に心強いといえる」(中堅証券)。信用売り残が少なからず存在するだけに、強基調が続く場合は買い戻しを巻き込んでの上昇に発展する可能性もある。

 三菱自動車の発表によると、米国子会社MMNA(ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク)での生産終了にともない、今後はUAW(全米自動車労働組合)の支援も得ながら、買い手探しを行っていくとした。このため、連結業績としては一時的な特別損失を計上する可能性はある。しかし、こうした場合の損失は前向きの特損と受け止められ、むしろ株価には「出尽し高」となって寄与することが少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 話題株
2015年07月22日

【話題株】IIJが全般安に逆行急伸、「ビック光」契機にMVNO相場再燃も

■大相撲風に言えば「休養十分の態勢」で出直りも早い可能性

話題株 インターネットイニシアティブ(IIJ)<3774>(東1)は22日、2490円(75円高)まで上げて7日続伸基調の始まりとなり、約4カ月ぶりの2400円台回復となっている。同社のプロバイダサービスとNTT<9432>(東1)の「フレッツ光」を組み合わせた新たなブロードバンドサービス「ビック光」を、ビックカメラ<3048>(東1)が8月1日から開始する予定。久々にMVNO(仮想移動体通信事業者)相場が再燃する期待が出ている。

 「ビック光」は、光回線の使用料をマンションタイプで月額3960円(税抜)とするなど割安に設定し、これに格安スマートフォンを使うのに必要なSIMカード「ビックSIM」をセットで購入すると、契約期間中、光回線の月額料金がさらに毎月600円割引になるという。スマホ端末を用意すれば、家庭のパソコンとスマホが全体として一層格安に利用できるサービスといえる。

 IIJの株価は今朝7日続伸基調。一方、ビックカメラは2日続落模様。市場の反応を見るとIIJに対する期待が強く出ている。IIJは、いわゆるMVNO(仮想移動体通信事業者)関連株として日本通信<9424>(東1)などとともに2013年から14年にかけて人気化し、その後は調整相場が続いている状態。大相撲風に言えば「休養十分の態勢」であり、全体市場の物色テーマとしても新鮮味があることは確かだ。前回、物色人気が高まった局面では日本通信に比べて早く動き出し、調整に入るのも早かったため、関連株人気が再燃する場合はIIJが牽引役を務めるとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:32 | 話題株
2015年07月14日

【話題株】JR3社でJR西日本が快走

■北陸新幹線効果に世界遺産が加わる

話題株 JR西日本(西日本旅客鉄道)<9021>(東1)の株価が13日から再び上場来の高値を更新しはじめ、14日は8625円(150円高)まで上昇。JR銘柄をリードする展開になっている。

 北陸新幹線の「金沢〜富山〜長野」間はJR西日本の区域になるため開業効果は大。また、「明治日本の産業革命遺産」は九州地区に多いことも材料視されている。中長期的には、訪日外国人観光客の増加基調も後押し要因になり、信用売り残と買い残との需給関係を合わせてみると、買い戻しを交えてさらに上値を指向する可能性がありそうだ。

ho1.jpg

 北陸新幹線の開業効果は中長期的に測るべきだが、同社が7月8日に発表したデータによると、同区間の開業から6月末までの乗客数が前年の在来線特急の乗車人数の3.2倍に達した。また、7月11日付の日本経済新聞・地方経済面(北陸)によると、「金沢市と長野市は西日本旅客鉄道(JR西日本)や東日本旅客鉄道(JR東日本)などと組み、欧州の旅行会社を招いた周遊ツアーを11日から開催する」という。欧州からの観光客誘致を増やす本格的な取り組みとして注目されている。

 信用売り残と買い残との需給関係をみると、このところは売り残が20万株台、買い残が10万株台で推移し、売り残が買い残を大きく上回って推移している。このバランスは、JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)JR東海(東海旅客鉄道)<9022>(東1)と逆。これを見る限りは弱気派(売り方)が多いことになるが、弱気派が多いまま株価が高値を更新してきたため、売り方は追い込まれた状態といっていい。

 このため、株価がこのまま強ければ、売り方は投資ポジションの撤退を考えざるを得ず、買い戻しを巻き込んで一段高の相場になる環境が整ってきたようだ。売り残の規模は膨大という水準ではないが、集中的に買い戻しが発生した場合、一日で1000円高近い急伸があり得るとの推測が出ている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:21 | 話題株
2015年07月07日

【話題株】大塚家具はロゴマーク22年ぶりに一新し株価も動意

■月次動向が劇的に急増、大手投信の注目買い判明

 大塚家具<8186>(JQS)は7日、5日続伸となり、全体相場がギリシャ問題などの影響を受けて波乱商状に陥った中で別世界のような相場となっている。

 7月1日に発表した月次動向が好調で、2日には新たなブランドビジョンなども発表。6日には、大量保有報告書によって大和証券投資信託委託が発行済み株式の5.26%を取得したと伝えられ、機関投資家が注目を強めていることが判明した。4カ月近く続いた無風相場が動意を強めてきたため、値動きの面でも注目余地が強まってきたようだ。

 6月の月次売上高は前年同月比49.6%増加し、5月の同70.0%増以降、劇的な急増となっている。原則的な会員制から自由来店型に転換した効果が大きく現れたとみられており、6月締めの第2四半期決算に期待がもてるのではと注目する市場関係者も出ている。

ootsuka1.jpg

 7月2日には新たなブランドビジョンなどを打ち出し、おなじみの「IDC大塚家具」のデザインを一新。同社によると「ロゴマークの変更は22年ぶり」になり、「インテリアを起点とした幸せを、高度な専門性を発揮しながら提案し、そして、お客さまと一緒に考えながら、新しい暮らしを創る」とした。ショールームの大規模リニューアルは4月以降、東京・新宿、銀座、福岡、大阪南港、と実施し、7月以降も全店を対象に順次リニューアルする予定だ。テレビCMも新篇を開始し、リニューアルした新宿ショールームを舞台に、店舗へ来た注目の若手女優・平祐奈さんの姿などを7月3日から放送開始した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:49 | 話題株
2015年07月03日

【話題株】トヨタの「元本保証新型株」募集開始になり野村HD高値更新

■人気5倍程度の様子で預金取り崩す向きもあり手数料収入225億円とも

話題株 野村ホールディングス<8604>(東1)は14時を過ぎて880.0円(32.2円高)まで上げて年初来の高値更新幅を拡大し、売買も活発となっている。トヨタ自動車<7203>(東1)が7月下旬に発行する実質元本保証の新型種類株式「第1回AA型種類株式」の発行価格が昨2日の取引終了後、1株1万598円に決定(昨日のトヨタ終値に対し仮条件の上限いっぱいの30%増し)。発売窓口は野村證券のみで、後場、引き受け手数料が1株につき476円91銭になり合計で約225億円の手数料収入になると一部で伝えられ、一段と強含んだ。トヨタ自動車も8219円(66円高)まで上げて反発となっている。

 「第1回AA型種類株式」は非上場で5年間は原則として換金できないが、議決権があり配当利回りは年平均1.5%(初年度の0.5%から毎年向上して最終年度は2.5%)、5年を過ぎると発行価格で買い取る、などの条項が定められており、どちらかといえば元本保証の5年満期の社債に似た貯蓄性がある。発行株数は4710万株で、募集期間は3日から22日まで。払い込み日は7月24日。
 
 銀行の定期預金は5年もので高めのものでも0.5%程度。国債は10年ものでも表面利率が0.4%前後。このためか、3日は窓口に問い合わせが相次いでいるようで、「資産を3分割して最も安全に保守的に運用していた銀行預金を一部取り崩してトヨタの新型株を買う」(数年前に定年退職した元証券マン)と、古巣とは異なるライバル証券会社に向かう投資家もあった。

 買い予約の引き合いは強いようで、「500株欲しいと言ったらせいぜい100株しかお分けできないと言われた」(中年男性)ケースもあった。発行元のトヨタ自動車が個人投資家の長期安定株主を確保することを目的にしているため、できるだけ多くの投資家に分売したい事情があるようだ。

 応募者の中には、「無借金のトヨタのほうが国債よりも安全かもしれないね」と話して問い合わせる様子もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:08 | 話題株
2015年07月01日

【話題株】新幹線事件でALSOKが165円高、CSPも高い

話題株 総合警備銘柄が動意となっている。ALSOK(綜合警備保障)<2331>(東1・売買単位株)が165円高の4995円と急伸したほか、CSP<9740>(東1・売買単位100株)は14円高の1406円と値を上げている。ただ、セコム<9735>(東1・売買単位100株)は60円安の7885円となっている。

 東海道新幹線内で起きた焼身自殺事件から、警備の必要性が高まっている。外国人観光客の増加、来年のサミット、2020年のオリンピックなどで無防備に近い新幹線の警備強化が迫られるだろうということだ。

 航空機のような厳しいチェックでは利便性が損なわれる。警備員増強によるチェックが必要になるものとみられている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:33 | 話題株
2015年06月30日

【話題株】マツダは動きの良さに注目の目、29日の陽線に続いて反発

■5月の生産販売好調

話題株 マツダ<7261>(東1)は週明けの29日、ギリシャの債務不履行への懸念などから日経平均が後場一段安の612円99銭安(2万93円16銭)まで下げた相場の中では底堅い相場となり、始値の2347円(150円安)を安値に大引けは2384円安(113円安)と盛り返した。今朝も22円50銭高の2406円50銭と堅調。

 欧州での売り上げ比率が20%に達し相対的に高い銘柄にもかかわらず、全体相場とは逆行高で動きが注目されている。とくに、29日は始値より終値が高くなる「陽線」になり、日経平均や自動車株に「陰線」が見られた中では目を引く展開となった。

 このように底堅かった一因としては、欧州市場での好調さや国内市場の伸びが評価されたことがあるようで、29日午後、5月の生産・販売実績が発表され、国内販売が前年同月比40.1%増加して3カ月連続の増加となったこと、海外生産は同89.5%増増加して14カ月連続で増加したこと、などが報じられてからは、「下げたら買いたい投資家が意外に多い感触があった」(証券会社の営業総括関係者)ようだ。欧州発の悪材料によって全体相場が下げた中で欧州比率の高い銘柄が見直されたとなると、ある意味で「痛し痒し」だが、全体相場の調整が長引くようなら見直し買いが広がる可能性はありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | 話題株
2015年06月23日

【話題株】さが美、京都着物友禅、日本和装など長期低迷相場から飛躍の展開

話題株 週明けの株式市場では、インバウンド(訪日外国人観光客)消費の恩恵を受けそうな銘柄を探す動きが一段と幅を広げ、先行高した三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)コーセー<4922>(東1)などにとどまらず、翻訳センター<2483>(JQS)なども連想買いで年初来の高値を一気に更新する相場になっている。象印マホービン<7965>(東2)は22日、業績予想を全体に増額修正した。

 さらに、さが美<8201>(東1)堀田丸正<8105>(東2)ウライ<2658>(JQS)は22日のストップ高に続いて23日も大幅続伸。これらの銘柄が急伸し始めたのはそろって6月17日からで、直接の買い材料としては、この日の朝、テレビニュースなどで、「経済産業省が、職員に和装出勤を促す「きものの日」の導入を検討していることが24日分かった。国内和装産業の振興を図るため、スーツの代わりに着物で出勤できる雰囲気をつくるのが狙い」(産経ニュース)などと伝えたことが発端と見られている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 話題株
2015年06月16日

【話題株】MERS関連株の物色人気厚みを増す、アンジェスMGはエボラ熱対策薬を発表

m1.jpg

 16日朝の株式市場では、韓国のMERS(中東呼吸器症候群)を材料視した銘柄の売買が引き続き活発になり、バイオハザード対策設備などの日本エアーテック<6291>(東1)、防護服のアゼアス<3161>(東2)などが昨日までの急伸に続き売買交錯となっている。値動きは騰勢一服だが、感染拡大となれば再び注目を集める可能性が強い。今朝はアンジェス MG<4563>(東マ)が「エボラ出血熱」対策薬を発表して急伸しており、「物色材料が厚みを増す」(投資顧問筋)といった期待も出ている。

 これらの銘柄は、2014年9月から10月にかけて「エボラ出血熱」の流行が伝えられたときに急騰相場を演じており、このときは日本エアーテックが500円台前半から1500円台まで3倍高となり、アゼアスは400円前後から1900円近くまで5倍近く急騰。また、ダルトン<7432>(JQS)やマスクの興研<7963>(JQS)なども急伸し、特効薬の可能性を持つとして富士フイルムホールディングス<4901>(東1)も上げピッチを強める場面があった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 話題株
2015年06月15日

【話題株】トヨタ自動車のAA型種類株式発行に外資は反対姿勢、16日の株主総会が注目

話題株 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は、計画している「AA型種類株式」(譲渡制限付き非上場種類株式)発行について、機関投資家の議決権行使を助言する米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が反対を表明。米カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)も海外の投資家に閉ざされているとして、反対する意向を明らかにしている一方で、米グラスルイスはトヨタが資金調達の手法を多様化できるとして賛成を表明おり賛否が分かれている。

 トヨタは日本国内の個人投資家向けに、5年間は譲渡できない株式を発行する計画。配当利回りが段階的に上昇する仕組みで、5年後には普通株式への転換を要求できる。発行の目的について中長期的に株主となり得る個人投資家の拡大を狙うほか、調達した資金を燃料電池車の開発や次世代技術のための研究開発に充てるとしており、16日の定時株主総会で3分の2の賛成を得ることができるか、市場はその動向を見極めようとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 話題株
2015年06月09日

【話題株】楽天は公募増資発表後10%安、株数7%増で調整は順当、発行価格決定日にかけて回復も

話題株 楽天<4755>(東1)は6月4日に発行株数が最大で約7%増加する公募増資を発表し、発表前日の終値2080.5円から8日の安値1862.5円まで都合218.0円(10.5%)の下落となった。増資では単純計算で需給が7%緩むことになるため1935円前後が妥当値になる。「相場には振れ過ぎ・行き過ぎがつきものなので、10%程度の調整はちょうどいいところかもしれない」(M証券)との受け止め方がある。

 公募増資銘柄は、多くの場合、最初に株数の増加を織り込む下げが来て、その後は調達する資金の使途や積極投資などへの期待から株価が回復に向かう傾向があるようだ。とくに、発行価格(払い込み価格)決定日が迫ると株価回復が強まることが少なくないようだ。楽天の今回の公募増資の発行価格決定日は「6月23日から26日までのいずれかの日」。まだ2週間先のため、経験則通りに推移するとしても、株価の出直りにはまだ1週間以上の余裕があるといえる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15 | 話題株
2015年06月02日

【話題株】不祥事2銘柄好調

■東芝は不適切会計による下げ幅の8割を回復、東洋ゴムは既に98%回復

fu1.jpg

 不適切な会計処理で注目の東芝<6502>(東1)は1日に459.8円(前日比24.1円高)まで上げ、この問題を受けて急落した後の相場で高値に進んだ。前週末に有価証券報告書などの提出期限の延長が承認されたと発表し、続いて不適切会計を調査している第三者委員会の調査が7月中旬に完了する見込みになったとの報道などが買い安心感につながったようだ。

 不適切な会計処理が伝えられて急落前するは480円前後で横ばい相場を形成しており、急落後の安値は5月12日の375.2円だった。下げ幅は約105円で、これを昨日までで約85円、80%取り返したことになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:39 | 話題株
2015年05月26日

【話題株】ヤマダ電機は店舗の緊急閉鎖を「買い」と判断

yamada1.jpg

 ヤマダ電機<9831>(東1)は26日、2日続けて2012年以来の高値を更新し、554円(20円高)まで上げている。前週末に約40店舗を5月末までに閉鎖と伝えられ、週明けの25日から上昇。今朝も引き続き底堅い相場となっている。

 会社側の発表では、「4月から5月末日までにスクラップ&ビルドや業態転換を含め、46店舗の閉鎖を予定」。これは連結ベースでの店舗数1016店舗(2015年3月末現在、海外含む)の4%近くになる。投資家の中には、緊急的な動きに異様さを感じて手控えた投資家もあったようだが、株価は週明けの朝から高く、2012年以来の高値を約2ヵ月ぶりに更新。株式市場の受け止め方は期待が勝った形になった。「年内をメドに東京都中央区八重洲に都市型店舗を出店するなど、新店及びスクラップ&ビルドを含め15店の新規出店を予定する」ため、トータルでの収益性改善などへの期待は小さくないといえる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 話題株
2015年05月19日

【話題株】引き締まった腹筋の「ライザップ」は健康コーポが運営

■今期の連結売上高54%増など想定、地方株だが高値更新街道を走る

話題株 元プロボクサーのタレント俳優・赤井 英和(あかい ひでかず)さんが、ポッコリお腹を現役時代以上に引き締まった腹筋に鍛え直したテレビCMなどで、いま、「パーソナルトレーニングジムRIZAP(ライザップ)」がIT企業の中年サラーマン族などの間で注目されているという。

 「現在38店ある店舗では500人以上の順番待ちが発生」(週刊東洋経済:2015年3月15日号)。春先ですらこうだから、夏に向けて一段と盛況のようだ。

 RIZAP(ライザップ)を運営するのは健康コーポレーション<2928>(札証アンビシャス)。100%子会社方式で運営し、健康コーポレーションの2015年3月期の連結売上高約391億円(前期比63.5%増加)に対し、「事業開始3年目の2015年3月期末で売上高100億円を予定する」(同)という勢いで拡大しているもよう。同期の部門別売上高で最大の「美容・健康関連」の約219億円の中で一躍、主事業に躍り出てきた形のようだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 話題株
2015年05月12日

【話題株】ヤマダSXLホームはソフトバンクとヤマダ電機の提携で急騰、100円台固めるかポイント

話題株 ヤマダ電機の子会社であるヤマダ・エスバイエルホーム<1919>(東1)は5月8日に一時31%高の122円まで急伸し、終値で3月31日以来の3ケタ台(100円台)回復となった。足元では105円前後で堅調だ。

 ソフトバンク<9984>(東1)ヤマダ電機<9831>(東1)と資本業務提携を交わして5%出資し、スマートフォン事業の拡充などにとどまらず、「スマートハウス」事業などでも連携を強化すると当日の朝に伝えられ、これら3銘柄の中では最も値動きが大きくなった。

 資本業務提携を行う銘柄の場合、一般的な見方として最も株価が反応しやすいのは資本を受け入れる側(資金を調達する側)になるとされ、「これに改善が見込める具体的な事業などがあればなおよろしい」(市場関係者)という。これに当てはめると、ヤマダ電機グループの中で住宅事業を展開するヤマダ・エスバイエルホームは、ちょうど上場銘柄でもあり、そのものズバリだったことになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 話題株
2015年05月08日

【話題株】トヨタの16年3月期は1.0%増収、1.8%増益、相場への評価入り交じり全般相場への影響も大きい

話題株 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は、7日引けあと2015年3月期業績と2016年3月期見通しを発表した。

 15年3月期は6.0%増収、営業利益20.0%増益、1株利益699.0円(14年3月期575.3円)、配当は35円増配の年200円とした。一方、注目の16年3月期は1.0%増収、営業利益1.8%増益、1株利益715.0円の見通し。配当は未定。

 マーケットでは、強弱感が入り交じっている。今期の横ばいは想定線で期初に発表する数字は慎重が当然という。一方、慎重な見方は、事前予想では今期の1株利益730円台で見ていたからやや期待外れ。少なくとも短期投資家にとっては上値は買い難いだろうとみている。

 先行発表したホンダも横ばい予想で値を下げた。しかも、国内景気は今ひとつだし、頼みの円安も大きくは望めない状況で今期業績に対しては手放しの楽観はできないことだけは間違いなさそうだ。

 年初来高値は3月24日の8783円で、8日終値は8279円と高値から約500円(約5.7%)下げた位置にある。日足では25日線を割り込み形はよくないが、週足では13週線をなんとかキープしている。来週の動きが注目されるところだが、同社の動向しだいで全般相場の短期的な流れも変わる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:11 | 話題株
2015年05月01日

【話題株】富士通期待外れの減益で急落

■信用の買残・売残とも多いが、当面は売方優位の展開に

話題株 富士通<6702>(東1・売買単位1000株)は、2016年3月期の2ケタ減益見通しを嫌気して142円20銭安の651円と大きく下げ、一時は643円20銭まで値を崩した。

 30日に発表した3月期決算で2016年3月期が2.0%増収に対し、営業利益16.0%減益の1500億円、純益28.6%減の1000億円と発表した。マーケットの事前予想では、例えば四季報では16年3月期営業利益を2000億円とみていただけに冷水を浴びせられた格好だ。

 今期1株利益は48.3円と前期の67.6円からダウンする。配当は前期に4円増配して年8円としたが、今期も年8円を据え置く予定。今期に期待されていた年10円配当はお預けとなる。

 パソコンなどユビキタスソリューションを中心に米ドル建ての部材調達の上昇影響、ビジネスモデルの変革を加速させるための戦略投資に関する費用などが減益の理由という。

 年初来高値は3月25日の870円、同安値は1月16日の567円10銭。1日は26週線を今年2月6日以来ほぼ3カ月ぶりに割り込み売り転換した。

 信用の買残及び売残とも多いが、期待外れの減益見通しから足元では売方優位の展開とみられる。しばらくは下値を探る展開とみられる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:59 | 話題株
2015年04月28日

【話題株】GW本番前にホテル株が動意強める、京都ホテル連続ストップ高

kyou11.jpg

 ゴールデンウイーク(GW)の連続休暇が27日(月)から始まった会社もある中で、株式市場では27日、ロイヤルホテル<9713>(東2)が14.8%高と2008年以来の高値に進み、ホテルニューグランド<9720>(JQS)は一時13.7%高まで上げて5.9%高。ホテル株が軒並み大幅高となった。日経平均が4営業日ぶりに終値で2万円を割り、全体相場にも休養一服のムードがある中で、材料性のある軽量株はむしろ出番到来として注目されたようだ。連休の谷間は参加者が減るため、まとまった買いが入れば値が飛びやすい面があることは確かだ。連休後半の動向が注目されている。

 京都ホテル<9723>(東2)は15.2%高となり、2日連続ストップ高の5日続伸となった。契機は、日本政府観光局が22日付で3月の「訪日外客数」(2015年3月推計値)が単月としては過去最高の152万6000人を記録したと発表したことなどがある。

 発表によれば、2014年は年間を通しての月間の最高が2月だった。これは中華圏の旧正月連休である「春節」の月に当たるため納得がゆく。しかし、15年は2月、3月と続けて過去最高を更新した。3月の増加要因としては、東南アジアなどでのビザの緩和、春の桜シーズンに向けた訪日プロモーション、円安の継続による訪日ショッピング人気、主に欧州でのイースター休暇時期の変動などが挙げられている。このように見ると、「日本は四季の変化に富むため、年間を通じて外国人観光客が増加してもおかしくないといえる」(国内証券のアナリスト)。ホテル産業にとっては、年間を通じて稼働率が上がる可能性があるわけで、ホテル株の軒並み高には、それなりの理由があることになる。

 奈良の東大寺などでは、中華系の旅行客の中に願い事などを書いた屋根がわらを寄付して熱心に祈る姿も見られ、巷間いわれる日中間の相互イメージ調査などと観光需要とは別の見方をする必要がありそうだ。

 ホテル株のPERを見ると、京都ホテルの200倍台からロイヤルホテルの11倍台まで幅広く、これだけに注目すると京都ホテルは割高すぎて買いづらいことになる。また、京都ホテルなどの連日高値更新に比べ、日本ビューホテル<6097>(東2)は6.2%高だったがまだ高値は未更新だ。この点ではロイヤルホテルやビューホテルに割安感や出遅れ感があることになる。ただ、こうした相場では、先駆高する銘柄や先導役の銘柄に資金が集中することが少なくなく、しばらくは京都ホテルに妙味があるとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:43 | 話題株