[話題株]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/02)【話題株】大塚家具は3日連続ストップ高、配当利回り4%でも株価にモロさ
記事一覧 (03/02)【話題株】ジェイテックS高、外国人メニュー注文がスマホで一発、10カ国に対応
記事一覧 (02/27)【話題株】広島電鉄が黒田人気先取りで25年ぶり水準へ
記事一覧 (02/24)【話題株】リミックスポイント急伸、昨年来高値1440円が射程圏、エネルギー管理ステム受注で業績飛躍
記事一覧 (02/04)【話題株】トヨタの15年3月期1株利益は40円増額の677円へ、今夕のNY高なら昨年高値挑戦も
記事一覧 (01/09)【話題株】ホンダ7000万ドル罰金響かず大幅続伸、申告違反
記事一覧 (12/15)【話題株】京写が新高値、500円へあと1円、業績好調で増配濃厚、割安感強い
記事一覧 (12/10)【話題株】小型株の代表格、ユーグレナ堅調、CYBERDYNE新安値で明暗
記事一覧 (12/09)【話題株】CYBERDYNEは公募増資払込前に3000円割る、26週線割れも濃厚
記事一覧 (11/28)【話題株】レッド・プラネット57%高の急伸、米国外食と提携、高天井銘柄
記事一覧 (10/17)【話題株】ユーグレナが武田薬品と提携で165円高、医薬品用としての期待高まる、上場来高値奪回が視野
記事一覧 (10/15)【話題株】日本化学が26%高、新高値、放射性物質除去の吸着材開発
記事一覧 (10/09)【話題株】ダルトン2日連続のストップ高、研究室危機を手がけノベル賞関連人気
記事一覧 (10/08)【話題株】ファーマフーズが鳥インフルエンザの新材料で急伸、デング熱、エボラ出血熱などこの冬は油断できない
記事一覧 (10/02)【話題株】スカイマークが東京市場の全面安の中で逆行高、久々に明るい材料
記事一覧 (09/26)【話題株】CYBERDYNEとユーグレナのマザーズ人気2銘柄がそろって急伸
記事一覧 (09/26)【話題株】ファナックは「iPhone」新モデルの不具合も追い風に押し目狙う
記事一覧 (09/18)【話題株】減額のソニー急落、悪材料出尽しとなるか、「巨像」立ち上がりにはなお時間必用とも
記事一覧 (09/11)【話題株】ベネッセHDは社長会見後も重いが提携発表のラックは一気に高値
記事一覧 (09/10)【話題株】神鋼環境ソリューションは2日連続ストップ高、「ミドリムシ」で明日3連チャンストップ高が成るか
2015年03月02日

【話題株】大塚家具は3日連続ストップ高、配当利回り4%でも株価にモロさ

大塚家具

■13年ぶりの2000円台だがPERのメーターは振り切れる

話題株 大塚家具<8186>(JQS)は2日、3日連続ストップ高の2043円(400円高)で高値引けとなり、2007年以来の2000円台に進みました。出来高、売買代金はJASDAQ銘柄の1位となり、値上がり率は24.1%で第3位となりました。

 2月25日に今期・2015年12月期の業績見通しを発表し、黒字転換や大幅増配を表明。さらに、同日の創業者・大塚勝久会長の会見に対し、26日には娘の大塚久美子社長が会見するなど、トップ同士の主導権争いがニュースなどで伝えられるにつれ、例年3月下旬に開かれる株主総会に向け、議決権の囲い追い込み競争、株式争奪に発展する思惑などが高まっています。

 同社が25日に発表した今12月期の予想1株利益は4.86円ですから、株価が2000円に乗るとPERは400倍に達し、割高・割安の判断基準としては、「もはやメーターの針が振り切れて、スピードが何百キロ出ているのか分からないのと同じ状態」(市場筋)との見方があります。

 一方、今期の配当予想は80円の見込み(期末一括、前期実績は40円)としたため、単純に割り算をした場合、株価2000円での配当利回りは4%になります。銀行の1年定期預金が0.2%などというご時勢ですから、株価の高下を無視して今年末まで保有するなら、めったにない高利回りということになります。もちろん、株価に変動が無いと仮定しての話です。

 問題は、経営を巡るゴタゴタが長引くほどに企業イメージのダウンにつながりかねないことです。上記のように、配当利回りには魅力がありますが、仮に25日に発表した業績予想などに未達の可能性が出てくれば、配当は約束通りでも株価が下がりかねませんから、何のための配当狙いかわからなくなる恐れが出てきます。

 投資家としては、前期の段階で有利子負債ゼロ、利益剰余金280億円という優良な財務体質を生かして、早く高収益の企業にカムバックしていただきたいところですが、今は株価が投機色を強めていますから、配当狙いの場合は反落場面の到来を待ってからでも遅くないと冷静に見つめる投資家が少なくないようです。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:46 | 話題株

【話題株】ジェイテックS高、外国人メニュー注文がスマホで一発、10カ国に対応

ジェイテックS高、外国人メニュー注文がスマホで一発、10カ国に対応

話題株 ジェイテック<2479>(JQ・売買単位100株)は、前場、80円ストップ高(S高)の290円と急伸、後場も約64.7万株の買物が入り値幅制限上限の290円で買い気配を唱えています。

 2日、多言語対応の飲食店向け注文支援システム『グルくる』のサービス提供開始を発表、インバウンド関連としての人気が一気に高まりました。

 「技術商社」を標榜する同社がNFC(近距離無線通信技術)など先端IT技術を活用し飲食店経営者の悩み解消と運営効率化を支援することを目的に提供します。外国人観光客が急増する中で約10カ国語の多言語に対応していることで外国人が日本食メニューを注文の際にスマートフォンからNFCタグまたはQRコードを読み取ることで注文ができます。

 2015年3月期は売上7.8%増の36億7000万円、営業利益15.2%増の1億1000万円、1株利益9.4円、配当年1円の見通しです。来期は新サービスが寄与することからかなりの好調が期待されます。

 なお、昨年来高値は2014年1月24日の302円です。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:42 | 話題株
2015年02月27日

【話題株】広島電鉄が黒田人気先取りで25年ぶり水準へ

■観光客に路面電車「カープ電車」が人気

 広島電鉄<9033>(東2・売買単位1000株)は430円と2007年以来の水準に値を上げ強い展開となっています。とくに、昨年12月19日にモミ合いを上放れてからの動きが強くなっています。

 2015年3月期は営業利益54.4%減益の3億8000万円、1株利益12.6円、配当年3円50銭という内容で業績ではもうひとつですが、マーケットでは、「広島人気」を前面に打ち出しています。

 路線内に原爆ドーム、宮島という有力な観光地を持ち、外国人観光客関連としても注目されています。

 同社総務部では、「ざっくりと、アジア系の方々が増えているのは確かですが、東南アジアというより、中国、韓国、台湾など東アジア方面からの観光客が多く見受けられます。駅の案内標識を4カ国とするなどの施策を行っています」ということです。

 外国人観光客だけでなく、国内の観光客も路面電車に揺られて原爆ドームへ行かれる方は多いようです。

 とくに、サンフレッチ電車内では、あらかじめ録音した選手のアナウンスが流れ選手を身近に感じることができます。また、今年もカープ電車(写真)を走らせますが、大リーグから黒田投手が球団へ復帰したことで一段と人気の盛り上がりが期待きれそうです。

 例年、200万人近い参加者でにぎあう5月ゴールデンウイークの広島フラワーフェスティバルでは、今年も花電車の走行が計画されているようです。

 地方創生関連、インバウンド関連として、「広島人気」が高まりそうです。株価は広島カープが活躍するようなら、株式分割権利修正で1990年以来。25年ぶりとなる500円台も見込めそうです。

hiroshima1.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | 話題株
2015年02月24日

【話題株】リミックスポイント急伸、昨年来高値1440円が射程圏、エネルギー管理ステム受注で業績飛躍

話題株 リミックスポイント<3825>(東マ・売買単位100株)は、23日、同社の、『エネルギー管理システム』の開発受託契約を日本ロジステック協同組合の関係会社であるJLエナジーとの間で締結したと発表しました。

 23日の株価は70円高の1098円と値を上げ昨年10月14日つけた高値1440円を射程圏に捉えています。

 昨年12月から、主に商工業用施設向けの配電設備・空調設備・冷凍蔵設備・換気設備等の電力使用量のモニタリングや制御をネットワークで行うことができる、『エネルギー管理システム』の開発及び販売を始めています。

 一般的に電力消費は一定時間に集中して高くなる傾向があります。この消費量のピークを適切に管理・把握し制御することで余剰な電力消費の削減及び電気基本料金を削減することが可能となります。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:58 | 話題株
2015年02月04日

【話題株】トヨタの15年3月期1株利益は40円増額の677円へ、今夕のNY高なら昨年高値挑戦も

トヨタ自動車

話題株 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は、4日15時に2015年3月期・第3四半期決算を発表した。

 注目の今3月期1株利益は従来予想の630.3円を677.1円(2014年3月期は575.3円)へ約40円増額した。

 好調が予想されていたことやNYダウ急伸もあって朝方から高く買われ前場は202円高の7752円まであった。後場は伸び悩み前場の高値を上回ることができず終値は170円高の7720円だった。

 PERは11.4倍。期末配当は未定(中間は75円)だが、業績好調から前期の年165円を上回る配当が期待されそうだ。

 PER11倍をどう見るか。「もともと、同社株は低PERだったから格別驚くことではない。円安が121円を上回って125円〜130円と進むかが注目だろう」(中堅証券)という。

 引け後の発表だっただけに、今夕NYダウが上伸するようなら明日は昨年12月8日の高値7873円に突っかける可能性はありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:02 | 話題株
2015年01月09日

【話題株】ホンダ7000万ドル罰金響かず大幅続伸、申告違反

ホンダ 7267

チャート13 7000万ドル制裁金のホンダ<7267>(東1・売買単位100株)は、悪材料に響かず52円高の3543円と前日の66円高に続いて大きく買われている。

 米、現地時間8日、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)から早期警告レポートに対する違反で7000万ドル(約83億円)の制裁金を課すと発表した。同社も9日、支払うと発表した。

 「簡単に言うなら事故の申告をしなかったことに対するペナルティだ。ルール遵守を旨とするアメリカが厳しい態度を取った。1件当りの制裁金としては過去最大と聞いている」(中堅証券)という。

 材料としては一過性だが、業績への影響がどのような形で現れるか見守る必要があり、ここからの上値は買い難いとの指摘もある。

 なお、年初来高値は昨年1月6日の4320円。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:58 | 話題株
2014年12月15日

【話題株】京写が新高値、500円へあと1円、業績好調で増配濃厚、割安感強い

話題株 京写<6837>(JQ・売買単位1000株)は23円高の499円と年初来高値を更新し500円にあと1円となっている。

 四季報・新春号で業績の好調見通しが手掛りのようだ。営業利益は14年3月期7億9800万円→15年3月期(予)10億5000万円→16年3月期(予)12億円と伸長見通し。この間の一株利益も36.3円→(予)53.0円→(予)61.4円と向上の予想。

 世界ナンバーワンの片面配線プリント板がコスト削減に成功したことから好調。配当は前期の年5円から今期は年8〜9円へ増配が期待される。

 PER割安で500円台乗せから一段上の600円を目指すものとみられる。

>>京写のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:22 | 話題株
2014年12月10日

【話題株】小型株の代表格、ユーグレナ堅調、CYBERDYNE新安値で明暗

話題株 小型人気株の代表格であるユーグレナ<2931>(東1・売買単位100株)CYBERDYNE<7779>(東マ・売買単位100株)が、10日の相場で明暗を分ける展開となっている。

 ユーグレナが前日比20円安の1522円に対し、CYBERDYNEは189円安の2785円と大きく下げ8月につけた年初来安値2862円を切って安値を更新している。

 業績面において、ユーグレナは黒字が続いているのに対し、CYBERDYNEは赤字続きでしかも今期を減額するという違いはある。また、ユーグレナは1部市場に昇格し黒字という点から機関投資家の買いが見込めるという違いもある。

 とくに、12日払込で700万株の公募増資を控えているCYBERDYNEには師走相場特有の短期資金が入り難いという事情もある。

 もっとも、「昨年の今ごろは同じようにユーグレナも公募増資で上値を押さえられ冴えない動きだった。増資後の約半年から本格的に動きだしているのでCYBERDYNEも中期的には期待できる」(中堅証券)との見方だ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | 話題株
2014年12月09日

【話題株】CYBERDYNEは公募増資払込前に3000円割る、26週線割れも濃厚

話題株 CYBERDYNE<7779>(東マ・売買単位100株)は74円安の2951円と大幅続落、フシ目の3000円を割り込んでいる。また、12月12日払込の700万株公募増資の価格3159円も下回っている。

 「ロボットスーツという夢のある材料は持っているが、今はPER買いのできる銘柄が人気となっているため流れから外れた存在となっている。公募増資で短期マネーは手掛け難く、むしろ見切り売りしている」(中堅証券)という。

 このまま週末を向かえると26週線(3166円)を切ることになり、中期的な調整相場入りが鮮明となってしまう。なお、3月上場後の安値990円から8月1日の高値4265円まで3275円上げているが、この半値押しは1736円である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:54 | 話題株
2014年11月28日

【話題株】レッド・プラネット57%高の急伸、米国外食と提携、高天井銘柄

話題株 レッド・プラネット・ジャパン<3350>(JQ・売買単位100株)は、27円高の74円と出来高を伴って大きく買われている。上昇率では57.4%と全上場銘柄中で1位となっている。

 「ウェンディーズ・ジャパン」と業務提携したことに反応した。親会社の米国「ウェンディーズ」は、世界26カ国で約6500店舗展開しているハンバーガーチェーンレストラン。

 同社はCD卸、音楽配信が主力だが、品川のホテルを買収しホテル事業に参入している。2015年9月期は営業利益5億5000万円(前期は赤字3億8200万円)と黒字転換の見通し。

 なお、昨年3月には193円の高値があり、最近の「天井の高い銘柄狙い」の流れに沿っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:22 | 話題株
2014年10月17日

【話題株】ユーグレナが武田薬品と提携で165円高、医薬品用としての期待高まる、上場来高値奪回が視野

■ユーグレナが武田薬品と提携で165円高、医薬品用としての期待高まる、上場来高値奪回が視野

【話題株】ユーグレナが武田薬品と提携で165円高、医薬品用としての期待高まる、上場来高値奪回が視野

 武田薬品と提携のユーグレナ<2931>(東マ・売買単位100株)が、165円高の1375円と急伸している。武田薬品工業<4502>との包括的提携を16日、発表した。同社の手がける、「ミドリムシを配合する新たな製品の開発可能性を共同で検討する包括的提携契約を締結した」というもの。

 藻の一種であるミドリムシは、βーグルカンの一種であるパラミロンの高い機能性や豊富な栄養素、消化率の高いことから注目されている。昔から有用性は言われていたが、同社が世界で始めて屋外での大量培養技術を確立したことから、にわかに脚光を浴びている。

 健康食品関係に商品化が進み、去る、13日にはイトーヨーカ堂の全国160店舗でミドリムシ入り食品を販売している。

 今後は、武田薬品との間で一般用医薬品、医薬部外品、栄養機能食品などについて共同で開発が進むことになる。

 マーケットでは、「今回の提携は、武田薬品側が強く希望したようで、医薬品関係での開発に期待を持っているものとみられる」(中堅証券)。

 これまでの同社株は、「ミドリムシに対し健康食品としての注目だった。競争の激しい健康食品でどこまで業績を伸ばせるかという心配があったが、今後は医薬品分野、さらに、期待度の高いジェット機燃料用としての実用化が進めば同社株に対する評価は大きく変わってくるだろう」(同)という。

 2012年12月の上場で、上場来高値は昨年5月の3302円(権利修正)。短期的には1500円前後が上値のフシだが、医薬品用、ジェット機燃料への用途拡大を背景に遠からず上場来高値を奪回する展開だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:51 | 話題株
2014年10月15日

【話題株】日本化学が26%高、新高値、放射性物質除去の吸着材開発

話題株 日本化学工業<4092>(東1)が、突如、39円高(26.6%)の180円と急伸、一気に年初来高値を更新している。これまでの高値は9月9日の166円。放射能物質のセシウムとストロンチウムを同時に99%除去できる吸着材を開発したと報道された。業績も回復歩調にあり今3月期には年2円の復配が濃厚となっている。往年の人気銘柄ということもあって、今のような手詰まり感の強い相場では動きやすいことから11年2月の253円に突っかける可能性はありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 話題株
2014年10月09日

【話題株】ダルトン2日連続のストップ高、研究室危機を手がけノベル賞関連人気

話題株 ノーベル賞関連でダルトン<7432>(JQ・売買単位1000株)が、2日連続のストップ高となっている。前日は50円ストップ高の223円、今日は80円ストップ高の303円と買われ、2006年9月以来の300円台に乗せた。

 同社は研究所などの実験設備機器を手がける。大手企業、大学、医療関連施設をはじめ多くの研究現場に実験・研究用設備を提供していことから、今回、日本人がノーベル物理学賞を受賞したことで関連銘柄として注目されている。

 最近、連続ストップ高した銘柄は、数日間調整したあと3度目のストップ高に買われているケースもあり、押し目買いで狙いたい。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:24 | 話題株
2014年10月08日

【話題株】ファーマフーズが鳥インフルエンザの新材料で急伸、デング熱、エボラ出血熱などこの冬は油断できない

話題株 早くも鳥インフルエンザ関連でファーマフーズ<2929>(東マ・売買単位100株)が、100円ストップ高の686円と買われている。

 動物衛生研究所と共同で、日本および世界中での養鶏現場で簡便かつ迅速に鳥インフルエンザウイルスの診断が可能なキットを開発すると8日、発表した。

 同社は2006年に上場したバイオベンチャー。株式分割修正では高値1570円(2007年6月)がある。

 山では紅葉が伝えられ、電車ではマスク姿も目につくようになり風邪の季節が到来する。デング熱、エボラ出血熱など、このところ怖い病気が流行しているだけに鳥インフルエンザもこの冬は油断できない。

 マザーズの人気不振が続いているだけに新しい銘柄登場としてガ然、注目を高めており一気に上場来高値を目指す可能性もありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:54 | 話題株
2014年10月02日

【話題株】スカイマークが東京市場の全面安の中で逆行高、久々に明るい材料

話題株 2日の東京株式市場は日経平均が急落の始まりとなり、朝寄り後に225円94銭安(1万5856円31銭)まで下げて約2週間ぶりに1万6000円台を割った。欧州中央銀行(ECB)理事会などを前に英、独、仏などの株価が全面安となり、NY株式もISM製造業指数の不振などから238ドル安の急落。東京市場も、9時20分現在は東証1部1830銘柄のうち値上がり銘柄数が85(4%)にとどまっている。

 この中で、スカイマーク<9204>(東1)は7%高の210円(14円高)まで上げて逆行高となり、日本航空<9201>(東1)全日本空輸<9202>(東1)の下落と見比べても強さの目立つ始まりとなった。エアバス社の旅客機購入キャンセルにともなう違約金の減額交渉を始めたことが1日、明らかになったと今朝の日本経済新聞が伝え、久々に明るい材料が飛び出した。

 スカイマークは2011年に最新の超大型機「A380」6機を総額約1900億円(現在価格)で購入する契約を結んだが、一部代金の支払いが滞り、エアバスは7月下旬に契約を解除。違約金が最大7億ドル(約770億円)になる可能性があると通告していたという。

 株価はこの違約金報道が出た7月下旬に急落し、その後は急落幅の半値戻しの水準になる200円前後で小動きを続けている。違約金問題にカタがつくまで本格的な上昇相場は見込めないようだが、急落後の水準訂正という範囲では株価回復の余地があるようだ。まずは75日移動へ金の水準になる240円を想定することができ、さらに当面は急落時の「マド」(罫線の途切れた部分)を埋める250円台が上値メドとされている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:02 | 話題株
2014年09月26日

【話題株】CYBERDYNEとユーグレナのマザーズ人気2銘柄がそろって急伸

話題株 マザーズ人気銘柄のCYBERDYNE<7779>(東マ・売買単位100株)と、ユーグレナ<2931>(東マ・売買単位100株)がそろって大きく買われた。

 CYBERDYNEは、前日の500円ストップ高に続き425円高の3895円と続伸している。一方のユーグレナは、このところ1330円前後で低迷していたが91円高の1422円と久々に大きく買われた。

 共に、NHKで取り上げられた。CYBERDYNEは軽量ロボットスーツ、ユーグレナはミドリムシ(微細藻類)の有望性が、それぞれ紹介された。

 マーケットの物色の流れがNYダウ変調からトヨタ自動車など主力銘柄が手がけ難くなっていることもある。

 両銘柄とも材料性と値動きの良さでは、マザーズを代表する銘柄。主力銘柄の動きが、このまま鈍化すればいっそう人気を高めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:08 | 話題株

【話題株】ファナックは「iPhone」新モデルの不具合も追い風に押し目狙う

■スマホのアルミケース需要など予想を上回り業績予想を大幅拡大

話題株 今朝早朝にかけての米国株式市場では米アップル株が前日比3.88ドル(3.8%)安の97.87ドルで通常取引を終え、一部報道では急落という表現も使われた。新発売の「iPhone6/6プラス」の基本ソフト(OS)「iOS8」アップデート版をダウンロードした後に通話できなくなった事例や、ジーンズの腰ポケットに入れた際に本体のアルミケースが曲がるといった不具合が伝えられたことが影響したようだ。

 これに対し、アップル社は米国時間25日に対応策を発表し、ロイター通信によれば、今後数日で「iOS 8.0.2」をリリースすることやそれまでの間はアップデート前のバージョンを再インストールするよう要請したという。新モデルは発売後3日間での販売台数が従来の新機種の「初速」を上回り過去最高の出足となり、近い将来には中国での発売も控える。不具合修正後に引き続き注目したいところだ。

 日本市場の「アップル関連株」は、村田製作所<6981>(東1)アルプス電気<6770>(東1)などが昨日、軒並み年初来の高値に進んだ。今朝はNYダウの急反落264ドル安もあり反落の始まりとなったものの、これらの中で注目されているのが機械・ロボットのファナック<6954>(東1)だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | 話題株
2014年09月18日

【話題株】減額のソニー急落、悪材料出尽しとなるか、「巨像」立ち上がりにはなお時間必用とも

話題株 業績減額のソニー<6758>(売買単位100株)が、209円安の1914円と急落、9月1日以来となる2000円台を割り込んだ。

 2015年3月期について、17日、下方修正を発表した。7月時点の予想に対し営業損益では利益1400億円が赤字400億円、最終損益では赤字500億円が赤字2300億円へ拡大する。9月中間期の配当は見送り、期末配当についても「未定」。スマホの不振が響いているという。

 マーケットでは、「バブル崩壊とリーマンショックの影響で多くの名門優良企業が業績不振に陥ったものの、その後のリストラで見事に復活を果たしているところは多い。当然、ソニーに対しても今度こそという復活の期待は強かったが裏切られてしまった」(中堅証券)。

 今回の減額で、業績においても株価面においても今度こそ悪材料出尽くしとみたいところではある。ただ、戦後一貫して高成長を続け、政界的マンモス企業となっているだけに巨像が立ち上がるには、まだ時間がかかるかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:21 | 話題株
2014年09月11日

【話題株】ベネッセHDは社長会見後も重いが提携発表のラックは一気に高値

話題株 ベネッセホールディングス<9783>(東1・売買単位100株)は売買開始後3760円(35円高)を上値に売買交錯となり、10時30分にかけても伸び悩む相場となっている。昨日、例の顧客情報流出などに関して原田会長兼社長が会見したが、反応は今ひとつ。被害にあった顧客に対しては1件あたり500円相当の金券を送付すること、営業戦略の見直しなどには見方が分かれるようだ。

 一方、昨日、同社との合弁会社設立を発表した情報セキュリティのラック<3857>(JQS・売買単位100株)は買い気配で始まり、一時150円高の906円と9月3日につけた上場来の高値を更新してストップ高となった。直近の調整幅を一気に奪回して高値に進んだため、コースとしては調整幅の倍返しの1020円前後まで直行する展開があり得る。

 ラックの発表によると、両社は、今後、世界でも有数のセキュリティレベルの保守・運用体制を構築することを目指し、ベネッセHDならびにその子会社および関連会社のシステム運用・保守およびデータ運用を行わせることを目的に合弁会社を設立することで合意した。合弁会社の出資比率は、ベネッセHD:70%、ラック:30%を予定。名称や本社所在地、代表者の役職・氏名、資本金、設立年月日は今後協議して決定するとした。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 話題株
2014年09月10日

【話題株】神鋼環境ソリューションは2日連続ストップ高、「ミドリムシ」で明日3連チャンストップ高が成るか

話題株 神鋼環境ソリューション<6299>(東2・売買単位1000株)が、100円ストッ高の641円と2日連続のストップ高だった。

 ただ、前日はストップ高買い気配のままで値がつかなかったが、今日は比例配分で出来高14.4万株となって商いが成立した。さらに、57.4万株の買い物を残しており、明日、3連発ストップ高となるかどうかが注目される。

 材料は、「ミドリムシ」(微細藻類)の大量培養に目処をつけたことで、ジェット機燃料等への本格的実用がスタートする。

 大量培養時代となれば、それだけ日本の原油輸入負担は軽減される。また、大量の栄養素を含んでいることから、将来の地球的食糧難にも道を開くものである。

 一方、同じくミドリムシを手がけるユーグレナ<2931>(東マ)は14円安1299円だった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:21 | 話題株