[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/07)ベステラは戻り試す、21年1月期大幅増収増益予想
記事一覧 (04/06)ミロク情報サービスは反発の動き、20年3月期増収増益予想
記事一覧 (04/06)JFEシステムズは売られ過ぎ感、20年3月期2桁増益予想
記事一覧 (04/06)エスプールは戻り試す、20年11月期1Q大幅増収増益
記事一覧 (04/06)LibWorkは売り一巡、21年6月期収益拡大期待
記事一覧 (04/03)ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (04/03)川崎近海汽船は売り一巡、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (04/03)生化学工業は反発の動き、21年3月期も収益拡大期待
記事一覧 (04/03)インフォコムは反発の動き、21年3月期も収益拡大期待
記事一覧 (04/03)テクマトリックスは反発の動き、21年3月期も収益拡大期待
記事一覧 (04/02)スターティアホールディングスは反発の動き、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (04/02)ソフトクリエイトホールディングスは戻り高値圏、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (04/02)アーバネットコーポレーションは売り一巡、20年6月期増収増益予想で高配当利回り
記事一覧 (04/02)ファンデリーは反発の動き、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (04/02)プラマテルズは売り一巡、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (04/01)日本エム・ディ・エムは反発の動き、20年3月期大幅営業・経常増益予想
記事一覧 (04/01)インテリジェントウェイブは売り一巡、20年6月期増益予想
記事一覧 (04/01)ラクーンホールディングスは反発の動き、20年4月期大幅増益予想
記事一覧 (04/01)トシン・グループは売り一巡、20年5月期増益予想で3Q累計概ね順調
記事一覧 (04/01)エイジアは反発の動き、20年3月期大幅増益予想
2020年04月07日

ベステラは戻り試す、21年1月期大幅増収増益予想

 ベステラ<1433>(東1)は鋼構造プラント設備解体工事に特化したオンリーワン企業である。21年1月期は大型解体工事が寄与して大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:02 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月06日

ミロク情報サービスは反発の動き、20年3月期増収増益予想

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売・サービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野を強化している。20年3月期増収増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JFEシステムズは売られ過ぎ感、20年3月期2桁増益予想

 JFEシステムズ<4832>(東2)はJFEグループの情報システム会社である。20年3月期2桁増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが売られ過ぎ感を強めている。出直りを期待したい。なお4月23日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エスプールは戻り試す、20年11月期1Q大幅増収増益

 エスプール<2471>(東1)はロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。20年11月期大幅増収増益予想である。第1四半期は大幅増収増益だった。通期は新型コロナウイルスの影響を最小限に抑えつつ、計画達成を目指すとしている。収益拡大を期待したい。また中期成長基調に変化はないだろう。株価は売り一巡感を強めている。好業績を評価して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

LibWorkは売り一巡、21年6月期収益拡大期待

 LibWork<1431>(東マ)は熊本県を地盤とする注文住宅メーカーで、Webマーケティングによる集客を特徴としている。20年6月期大幅増収増益・増配予想で、株主優待制度を拡充する。なお新型コロナウイルスの影響は、ネット集客が主力のため集客状況は順調だが、住宅設備機器の一部の納品時期が不透明になっているため、引き渡し時期に影響が出る可能性があるとしている。引き渡しが次期にズレ込んだ場合には21年6月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で水準を切り下げたが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:44 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月03日

ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期増益予想で3Q累計順調

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社である。20年5月期増益予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

川崎近海汽船は売り一巡、21年3月期収益拡大期待

 川崎近海汽船<9179>(東2)は近海輸送と内航輸送を主力としている。4月1日にはフェリー輸送で八戸〜室蘭航路の営業を開始した。新型コロナウイルス感染拡大による輸送量への影響が懸念されるが、21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが売り一巡感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

生化学工業は反発の動き、21年3月期も収益拡大期待

 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。20年3月期大幅営業・経常増益(純利益は特別損失計上に伴い赤字)予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。4月1日には変形性膝関節症改善剤SI−613について、エーザイと中国における共同開発および販売提携に関する契約を締結したと発表している。株価は地合い悪化で急落する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお5月12日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォコムは反発の動き、21年3月期も収益拡大期待

 インフォコム<4348>(東1)はITサービスや電子コミック配信サービスを主力としている。20年3月期2桁増収増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお4月27日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テクマトリックスは反発の動き、21年3月期も収益拡大期待

 テクマトリックス<3762>(東1)は、セキュリティ関連製品販売やクラウドサービス提供などの情報サービス事業を展開し、クラウドサービスに注力している。20年3月期増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお5月11日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月02日

スターティアホールディングスは反発の動き、21年3月期収益拡大期待

 スターティアホールディングス<3393>(東1)はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期は先行投資負担で減益予想だが、21年3月期の収益拡大を期待したい。なお新型コロナウイルス感染対策でテレワークを導入する中小企業に「セキュアSAMBA」を無料提供している。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ソフトクリエイトホールディングスは戻り高値圏、21年3月期収益拡大期待

 ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)は、ECサイト構築ソフトや不正接続防止製品を主力としてソリューション事業を展開している。20年3月期増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は急反発して戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アーバネットコーポレーションは売り一巡、20年6月期増収増益予想で高配当利回り

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQ)は投資用・分譲用マンションの開発・販売を展開している。20年6月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡感を強めている。高配当利回りも注目点だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファンデリーは反発の動き、21年3月期収益拡大期待

 ファンデリー<3137>(東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。20年3月期は新工場稼働遅れなどで下方修正して減益予想となったが、21年3月期の収益拡大を期待したい。なお3月16日に自己株式取得を発表している。株価は上場来安値を更新する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プラマテルズは売り一巡、21年3月期収益拡大期待

 プラマテルズ<2714>(JQ)は合成樹脂の専門商社である。高付加価値商材の拡販やアジアを中心とする海外展開を推進している。20年3月期は減収減益予想である。新型コロナウイルス感染拡大による経済収縮の影響にも注意が必要となる。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は急落したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:55 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月01日

日本エム・ディ・エムは反発の動き、20年3月期大幅営業・経常増益予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。米国子会社製品の拡販を推進し、自社製品比率上昇で収益力が向上している。20年3月期大幅営業・経常増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテリジェントウェイブは売り一巡、20年6月期増益予想

 インテリジェントウェイブ<4847>(東1)は、金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。中期的にサイバーセキュリティ総合プロバイダーを目指している。20年6月期増益予想である。株価は地合い悪化で急落したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ラクーンホールディングスは反発の動き、20年4月期大幅増益予想

 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は、企業間ECサイトのスーパーデリバリー運営を主力として、EC事業およびフィナンシャル事業を展開している。20年4月期大幅増益予想である。新型コロナウイルス感染拡大について、3月23日に業績への影響軽微とリリースしている。収益拡大を期待したい。なお20年4月1日付で所属業種が卸売業から情報・通信業に変更された。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トシン・グループは売り一巡、20年5月期増益予想で3Q累計概ね順調

 トシン・グループ<2761>(JQ)は首都圏中心に電設資材などの卸売事業を展開している。20年5月期増益予想である。第3四半期累計は営業減益、経常・最終増益で、進捗率は概ね順調だった。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化でモミ合いから下放れの形となったが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エイジアは反発の動き、20年3月期大幅増益予想

 エイジア<2352>(東1)はメール配信システムの大手である。データ分析ソリューションと連携するメッセージ配信最適化ソリューションを推進している。20年3月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析