[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/03)インフォコムは上値試す、20年3月期2桁増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/03)綿半ホールディングスは反発の動き、20年3月期2桁営業・経常増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/03)プラマテルズは下値切り上げ、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (01/31)ジーニーは下値固め完了感、20年3月期営業黒字化予想
記事一覧 (01/31)KeyHolderは底値圏、総合エンターテインメント事業で収益柱構築目指す
記事一覧 (01/31)ネオジャパンは上値試す、20年1月期増収増益予想
記事一覧 (01/31)ファーストコーポレーションは底値圏、20年5月期減益予想だが中期収益拡大期待
記事一覧 (01/30)コーア商事ホールディングスは下値切り上げ、20年6月期営業増益予想
記事一覧 (01/30)トーセは下値切り上げ、20年8月期1Q黒字化
記事一覧 (01/29)エイトレッドは目先的な売り一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (01/29)レカムは下値固め完了、20年9月期大幅増益予想
記事一覧 (01/29)マーチャント・バンカーズは下値固め完了、20年3月期大幅営業増益予想
記事一覧 (01/28)ASIAN STARは急伸、20年12月期収益改善期待
記事一覧 (01/28)セルシードは底値圏、食道再生上皮シートの22年承認申請目指す
記事一覧 (01/28)マルマエは調整一巡、20年8月期増収増益予想
記事一覧 (01/28)アイビーシーは上値試す、20年9月期大幅増収増益予想
記事一覧 (01/27)シルバーライフは東証1部に市場変更
記事一覧 (01/27)日本エンタープライズは戻り試す、20年5月期増収増益予想で2Q累計順調
記事一覧 (01/27)クリーク・アンド・リバー社は調整一巡、20年2月期大幅増益予想
記事一覧 (01/27)協立情報通信は上値試す、20年2月期増益・増配予想、21年2月期は5G関連期待
2020年02月03日

インフォコムは上値試す、20年3月期2桁増収増益予想で3Q累計順調

 インフォコム<4348>(東1)はITサービスや電子コミック配信サービスを主力としている。20年3月期2桁増収増益予想で、第3四半期累計は大幅増益と順調だった。なお20年3月期の配当予想を上方修正した。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半ホールディングスは反発の動き、20年3月期2桁営業・経常増益予想で3Q累計順調

 綿半ホールディングス<3199>(東1)はホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。20年3月期2桁営業・経常増益予想で、第3四半期累計は大幅増益と順調だった。株価は昨年来安値圏から反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プラマテルズは下値切り上げ、21年3月期収益拡大期待

 プラマテルズ<2714>(JQ)は合成樹脂の専門商社である。20年3月期第3四半期累計は減収減益だった。通期も減収減益予想である。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は戻り一服の形だが下値を切り上げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年01月31日

ジーニーは下値固め完了感、20年3月期営業黒字化予想

 ジーニー<6562>(東マ)は、ネット媒体の広告枠を自動売買するアドテクノロジーをベースとして、マーケティングテクノロジー事業を展開している。20年3月期営業黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は動意づいても買いが続かずモミ合う形だが、下値固め完了感を強めている。なお2月13日に第3四半期決算発表を予定している。

■マーケティングテクノロジー事業を展開

 インターネットメディアの広告収益最大化を図る独自のアドテクノロジー(ウェブサイトやスマートフォンアプリ等に各々の閲覧者に合った広告を瞬時に選択して表示させる技術)をベースとして、事業領域拡大戦略およびサービス提供地域拡大戦略を推進し、マーケティングテクノロジー事業(アド・プラットフォーム、マーケティングソリューション、海外)を展開している。

 19年3月期の事業別売上構成比はアド・プラットフォーム85%、マーケティングソリューション8%、海外8%だった。収益面の季節特性として、広告主の予算配分の影響を受けるため、12月および年度末の3月に売上が集中する傾向がある。

 なお14年にソフトバンク(現ソフトバンクグループ)と資本業務提携し、現在はソフトバンク<9434>の持分法適用会社である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

KeyHolderは底値圏、総合エンターテインメント事業で収益柱構築目指す

 KeyHolder<4712>(JQ)は総合エンターテインメント事業を中心に新たな収益柱構築を目指している。19年12月期(決算期変更で9ヶ月決算)黒字予想である。収益改善を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だがほぼ底値圏だろう。なお2月13日に19年12月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ネオジャパンは上値試す、20年1月期増収増益予想

 ネオジャパン<3921>(東1)は自社開発グループウェアのクラウドサービスを主力としている。20年1月期増収増益・連続増配予想である。収益拡大を期待したい。株価は年初に動意づいて昨年来高値を更新する場面があった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファーストコーポレーションは底値圏、20年5月期減益予想だが中期収益拡大期待

 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は造注方式を特徴として、分譲マンション建設に特化したゼネコンである。20年5月期第2四半期累計は大幅減益だった。通期も減益予想だが、再開発事業への参画と超高層建築への取り組みを強化する方針としている。中期的に収益拡大を期待したい。株価は19年8月の昨年来安値に接近しているがほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年01月30日

コーア商事ホールディングスは下値切り上げ、20年6月期営業増益予想

 コーア商事ホールディングス<9273>(東2)は医薬品原薬の輸入販売、および医薬品の製造販売・受託製造を展開している。20年6月期営業増益予想である。株価は安値圏で小動きだが、徐々に下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トーセは下値切り上げ、20年8月期1Q黒字化

 トーセ<4728>(東1)は家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手である。20年8月期第1四半期は黒字化した。通期予想は据え置いて、将来の飛躍に備えるための先行投資負担で減益予想としている。中期的に収益改善を期待したい。株価は動意づいても買いが続かず安値圏だが、徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年01月29日

エイトレッドは目先的な売り一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調

 エイトレッド<3969>(東1)はワークフローを電子化するワークフローシステムを展開している。導入社数・クラウド利用者数が増加基調であり、20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は概ね順調だった。ストック売上の積み上げで通期も好業績が期待される。中期的にも収益拡大基調だろう。株価は第3四半期決算発表を機に急反落の形となったが、目先的な売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

レカムは下値固め完了、20年9月期大幅増益予想

 レカム<3323>(JQ)は中小企業向けに情報通信事業、環境関連事業、BPO事業、海外法人事業、働き方改革ソリューション事業を展開している。20年9月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが、下値固め完了して出直りを期待したい。なお第15回および第16回新株予約権について、残存する新株予約権を19年12月30日付で取得・消却した。また2月14日に第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーチャント・バンカーズは下値固め完了、20年3月期大幅営業増益予想

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は、マーチャント・バンキング事業とオペレーション事業を展開している。成長戦略として不動産物件のSTOなどブロックチェーン技術を活用した事業を強化する方針だ。また環境関連事業への取り組みも開始する。20年3月期は上方修正して大幅営業増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は動意づく場面があっても買いが続かず安値圏だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年01月28日

ASIAN STARは急伸、20年12月期収益改善期待

 ASIAN STAR(エイシアンスター)<8946>(JQ)は不動産関連事業を展開している。19年12月期は赤字見込みだが、20年12月期の収益改善を期待したい。株価は急伸してモミ合いから上放れの動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

セルシードは底値圏、食道再生上皮シートの22年承認申請目指す

 セルシード<7776>(JQ)は細胞シート再生医療製品の開発・事業化、および世界普及を目指すバイオベンチャーである。食道再生上皮シートは日本で22年承認申請、同種細胞由来軟骨再生シートは21年企業治験開始を目指している。株価は軟調展開だが、ほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マルマエは調整一巡、20年8月期増収増益予想

 マルマエ<6264>(東1)は、半導体・FPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工事業を展開している。20年8月期第1四半期は減収減益だったが、期初時点で下期偏重の計画であり、通期は増収増益予想である。受注残高は19年2月をボトムとして回復傾向である。収益回復を期待したい。株価は昨年来高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アイビーシーは上値試す、20年9月期大幅増収増益予想

 アイビーシー<3920>(東1)はネットワークシステム性能監視ツールを主力として、マーケット変化に対応したITサービスの拡大や、IoTセキュリティ基盤サービス「kusabi」などブロックチェーン技術を活用した分野への展開を推進している。20年9月期大幅増収増益予想である。さらに上振れを期待したい。株価は地合い悪に逆行する形で昨年来高値に接近している。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年01月27日

シルバーライフは東証1部に市場変更

 シルバーライフ<9262>(東1)は後期高齢者向けに特化して配食サービスを展開している。FC本部としての調理済食材販売が主力である。20年7月期2桁営業増益予想である。新工場が稼働して生産能力を増強する。19年4月開始した冷凍弁当直販事業も拡大する。中期的にも収益拡大を期待したい。なお本日(2020年01月27日)付で東証マザーズから東証1部に市場変更した。株価は昨年来高値圏から急反落する場面があったが、目先的な売りが一巡して切り返しの動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エンタープライズは戻り試す、20年5月期増収増益予想で2Q累計順調

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は事業ポートフォリオを再構築して、コンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、ソリューションを強化している。20年5月期増収増益予想である。第2四半期累計は大幅増益と順調だった。収益改善を期待したい。株価はモミ合いから上放れの動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クリーク・アンド・リバー社は調整一巡、20年2月期大幅増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。20年2月期大幅増益予想である。第3四半期累計は2桁増収増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は反発力が鈍くモミ合いだが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

協立情報通信は上値試す、20年2月期増益・増配予想、21年2月期は5G関連期待

 協立情報通信<3670>(JQ)は、ソリューション事業とモバイル事業を展開し、ストック型モデル強化によって高収益化を目指している。20年2月期増益・増配予想である。第3四半期累計は減益だが、通期ベースで収益拡大を期待したい。また21年2月期は5Gサービスの本格化で携帯電話販売台数増加も期待される。株価は昨年来高値を更新している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:44 | アナリスト水田雅展の銘柄分析