スマートフォン解析
[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の相場展望】4〜6月期業績発表本格化を控えてモミ合い展開
記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本スキー場開発は中期成長力を評価して高値目指す
記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスアールジータカミヤは調整一巡して出直り、収益拡大基調に変化なし
記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは緩やかだが戻り歩調、依然として4%台の高配当利回りも評価
記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は調整の最終局面、15年12月期増収増益予想や割安感に見直し余地
記事一覧 (07/21)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは調整一巡してモミ合い上放れ、0.5倍近辺の低PBRに見直し余地
記事一覧 (07/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジョルダンは目先的な過熱感解消して6月高値試す、訪日外国人旅行客増加が追い風
記事一覧 (07/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テクマトリックスは6月高値後の自律調整一巡、16年3月期増収増益・増配予想を評価
記事一覧 (07/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インテージHDは戻り歩調の展開、中期成長力を評価して4月高値を試す
記事一覧 (07/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは安値圏モミ合いから上放れの動き、第1四半期の黒字化も好感
記事一覧 (07/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セキドは06年以来の高値水準、インバウンド需要で収益改善期待
記事一覧 (07/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】第一実業は16年3月期は増収増益・増配予想、06年以来の700円台は射程圏
記事一覧 (07/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆はボックス上放れて急伸、ロボット関連も注目材料
記事一覧 (07/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】電算システムは高値更新の展開、15年12月期増収増益予想を評価
記事一覧 (07/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ミロク情報サービスは高値圏モミ合いから上放れの動き、16年3月期増収増益基調を評価
記事一覧 (07/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ケンコーマヨネーズは高値圏で堅調、中期成長力を評価してモミ合い上放れ
記事一覧 (07/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ヨコレイは06年以来の高値水準、1倍割れの低PBRも評価して上値追い
記事一覧 (07/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】プラマテルズは高値圏で堅調、指標面の割安感強く上値試す
記事一覧 (07/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーコーヒーは99年7月の上場来高値に接近、16年3月期大幅増益予想を評価
記事一覧 (07/14)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信はモミ合い上放れ、第1四半期大幅増益で16年2月期業績増額の可能性
2015年07月21日

【アナリスト水田雅展の相場展望】4〜6月期業績発表本格化を控えてモミ合い展開

 7月21日〜24日の株式・為替相場は全体として堅調だが、国内主要企業の4〜6月期業績発表の本格化を控えているため、様子見ムードを強めてモミ合い展開を想定する。

 前週(7月13日〜17日)は、ギリシャ財政支援問題や中国・上海株問題への過度な警戒感が後退し、日経平均株価は週間終値ベースで871円09銭上昇した。17日終値では2万650円92銭まで上伸した。また為替は1ドル=124円台前半までドル高・円安方向に傾く場面があった。

 ギリシャ財政支援問題や中国・上海株問題への警戒感が後退したことは好材料だが、いずれも根本的に解決したわけではなく問題の先送りにすぎない。そしてギリシャ問題は当分の間落ち着きそうだが、中国・上海株は当面不安定な動きに注意が必要となりそうだ。

 国内主要企業の4〜6月期業績発表に関しては、主力銘柄の発表本格化を次週(27日〜31日)に控えて、21日の安川電機<6506>、22日の日本電産<6594>、23日の信越化学<4063>といった注目銘柄の業績が、株式市場全体の流れに影響を与えるかどうかが焦点だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本スキー場開発は中期成長力を評価して高値目指す

 日本スキー場開発<6040>(東マ)はスキー場運営専業として国内初の上場企業だ。株価は5000円〜5500円近辺でモミ合う展開だが、4月の初値3925円水準まで下押すことなく堅調な推移だ。15年7月期は増収増益予想であり、中期成長力を評価して上場来高値7030円を目指す展開だろう。

■地域活性化の中心的な役割を担う存在としてスキー場を運営

 05年12月日本駐車場開発<2353>の戦略子会社として設立、15年4月東証マザーズに新規上場した。関東甲信越を中心にスキー場運営事業を展開している。スキー場運営専業として国内初の上場企業だ。

 15年3月時点で長野県・HAKUBA VALLEYエリアの4スキー場(白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場、鹿島槍スキー場)、長野県・竜王スキーパーク、群馬県・川場スキー場、および岐阜県・めいほうスキー場の7スキー場を運営している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスアールジータカミヤは調整一巡して出直り、収益拡大基調に変化なし

 エスアールジータカミヤ<2445>(東1)は建設用仮設機材販売・レンタルの大手である。株価は調整局面が続いたが、7月9日の年初来安値650円から切り返して17日は770円まで上伸した。16年3月期は増収増益予想で収益拡大基調に変化はない。調整が一巡して出直り展開だろう。なお8月7日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

■建設用仮設機材販売・レンタルの大手

 建築・土木・橋梁用仮設機材、移動昇降式足場「リフトクライマー」や、子会社ホリーの太陽光パネル架台などの販売・レンタル事業を展開している。戦略商品として作業環境改善・作業効率向上につながる次世代足場「Iq(アイ・キュー)システム」の拡販を推進している。

 グループ力強化に向けた動きも積極化し、14年4月に海洋土木・港湾分野に実績を持つ土木・建築用仮設資材のアサヒ工業(大阪市)を子会社化した。15年4月には子会社ホリーの仮設営業部門を当社に移管し、仮設事業に関連する営業部門を統合した。グループの経営資源を集約して仮設事業におけるシナジーを高める戦略だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは緩やかだが戻り歩調、依然として4%台の高配当利回りも評価

 アールシーコア<7837>(JQS)は、ログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を展開している。株価は緩やかだが戻り歩調の展開だ。7月17日には年初来高値となる1075円まで水準を切り上げた。16年3月期は減益予想だが収益底打ち期待で続伸展開だろう。依然として4%台の高配当利回りも評価材料だ。なお7月31日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を展開

 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売(国内直販部門、連結子会社のBP社、および国内販社)を展開し、東京・代官山「BESSスクエア」と神奈川県「BESS藤沢展示場」の直営展示場2拠点も運営している。

 中期経営計画では、目標数値(事業環境の変化や中計進捗遅れを勘案して契約棟数を1900棟から1600棟に修正)に、17年3月期の売上高(BESS以外も含む)180億円、営業利益率8%、ROE18%を掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は調整の最終局面、15年12月期増収増益予想や割安感に見直し余地


 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタントの大手である。株価は安値圏1200円台でのモミ合いから下放れの形となり、6月29日に1055円まで調整する場面があった。ただしその後は下値を切り上げている。日柄、値幅とも調整の最終局面だろう。15年12月期の増収増益予想や指標面の割安感に見直し余地があり、出遅れ修正の動きが期待される。なお7月24日に第2四半期累計(1月〜6月)の業績発表を予定している。

■総合建設コンサルタントの大手

 総合建設コンサルタントの大手で河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持っている。13年9月には農業・農村関連ビジネスへの参入を視野に入れて子会社CTIフロンティアを立ち上げ、14年4月には太陽光発電事業に着手した。

 また15年6月にはユニチカ<3103>からユニチカ環境技術センターの全株式を取得して完全子会社化した。同社の子会社化によって土壌、大気、水質などさまざまな環境要素のモニタリング・解析が可能となり、当社グループの環境分野でのソリューション提供力のさらなる強化を目指すとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは調整一巡してモミ合い上放れ、0.5倍近辺の低PBRに見直し余地

 トーソー<5956>(東2)はカーテンレール・ブラインド類の大手である。株価は500円〜520円近辺でモミ合う展開だが、7月17日は523円まで上伸してモミ合い上放れの動きを強めている。日柄調整が一巡したようだ。0.5倍近辺の低PBRにも見直し余地があり、16年3月期の収益改善基調を評価して3月の年初来高値551円を目指す展開だろう。なお7月31日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

■カーテンレール・ブラインド類の大手

 カーテンレールやブラインド類の大手で、室内装飾関連事業を主力として、ステッキなど介護用品事業も展開している。

 中期戦略では「窓辺の総合インテリアメーカー」として、高付加価値商品の拡販、新商品開発のスピードアップ、ホテル・商業施設など非住宅分野における需要の取り込み、海外売上高の拡大、原価低減や総費用低減、新規領域としての介護用品事業の拡大などを掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:05 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年07月17日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジョルダンは目先的な過熱感解消して6月高値試す、訪日外国人旅行客増加が追い風

 ジョルダン<3710>(JQS)は経路検索ソフトなどの乗換案内事業を主力としている。株価は6月下旬に動意づいて年初来高値1300円まで急伸した。11年2月以来の高値水準だ。外国人旅行客の増加も追い風として中期的に収益拡大基調が期待される。目先的な過熱感が解消して6月高値を試す展開だろう。

■経路探索ソフトなどの乗換案内事業が主力

 乗換案内事業(無料版「乗換案内」、有料サービス「乗換案内NEXT」「乗換案内Plus」、総合旅行サービス「乗換案内トラベル」、および広告、グルメ・運行情報サービスなど)を主力として、マルチメディア事業(電子出版・紙媒体出版、ニュース、教育、その他コンテンツ)や、その他事業(受託ソフトウェア開発、その他新サービス)も展開している。

 有料サービス「乗換案内NEXT」「乗換案内Plus」の15年3月末有料会員数は約42万人で、無料を含めた「乗換案内」の各種インターネットサービス検索回数は15年3月に月間約2億1500万回〜2億2000万回となった。また当該サービスの月間利用者数は約1200万人となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テクマトリックスは6月高値後の自律調整一巡、16年3月期増収増益・増配予想を評価

 テクマトリックス<3762>(東1)はシステム受託開発やセキュリティ関連製品販売などの情報サービス事業を展開している。株価は急伸した6月の上場来高値1040円後の自律調整が一巡したようだ。16年3月期増収増益・増配予想を評価して6月高値を試す展開だろう。サイバーセキュリティ関連やマイナンバー制度関連のテーマ性も注目点だ。なお7月31日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

■システム受託開発やセキュリティ関連製品販売などを展開

 ネットワーク・セキュリティ関連のハードウェアを販売する情報基盤事業、医療・CRM・EC・金融を重点分野としてシステム受託開発やクラウドサービスを提供するアプリケーション・サービス事業を展開している。

 重点戦略として、ストック型ビジネスの保守・運用・監視サービス関連の戦略的拡大、クラウド関連事業の戦略的・加速度的推進、ネットワーク・セキュリティ関連商材およびサービスの充実、ビッグデータ分析支援サービス、大規模EC事業者向けバックオフィスシステム構築ソリューション「楽楽ECインテグレーションサービス」などを強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インテージHDは戻り歩調の展開、中期成長力を評価して4月高値を試す

 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査の最大手である。国内外におけるM&Aも積極活用して業容を拡大している。株価は急反落した5月の直近安値1741円から切り返して戻り歩調の展開だ。7月16日は2034円まで戻した。指標面に割高感はなく、中期成長力を評価して4月の上場来高値2260円を試す展開だろう。

■市場調査事業を主力にM&Aも活用して業容拡大

 13年10月に持株会社へ移行した。小売店パネル調査や消費者パネル調査などの市場調査事業を主力として、システムソリューション分野や医薬情報分野にも事業展開している。

 国内外における積極的なM&A戦略で業容を拡大している。11年9月ベトナムの市場調査会社FTA、12年9月医療情報総合研究所、12年11月医療関連インターネット調査会社プラメド、13年8月香港の市場調査会社CSG香港を子会社化し、14年5月には子会社INTAGE INDIAがインドの市場調査会社RSMRS社の株式を取得してグループ化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年07月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは安値圏モミ合いから上放れの動き、第1四半期の黒字化も好感


 エストラスト<3280>(東1)は山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。9日に発表した第1四半期(3月〜5月)業績は大幅増収で各利益とも黒字化した。株価は年初来安値圏610円〜620円近辺でのモミ合いから上放れの動きを強めている。15日は653円まで上伸した。第1四半期の大幅増収・黒字化も好感されたようだ。1桁台の低PERで割安感が強く、中期成長力を評価して出直り展開だろう。

■山口県・福岡県を地盤とする不動産デベロッパー

 山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。一次取得ファミリー型の新築分譲マンション「オーヴィジョン」シリーズ、およびハイクオリティ・ミドルプライスの新築戸建住宅「オーヴィジョンホーム」の不動産分譲事業を主力として、不動産賃貸事業も展開している。連結子会社トラストコミュニティは「オーヴィジョン」マンション管理受託の不動産管理事業を展開している。

 15年2月期末時点でマンション供給は累計68棟・3389戸に達した。そして14年のマンション販売実績は九州・山口エリアで5位、山口県では1位(13年に続いて2年連続の1位)である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セキドは06年以来の高値水準、インバウンド需要で収益改善期待

 セキド<9878>(東2)は海外ブランド品などを扱うファッション専門店チェーンを展開している。株価は6月中旬に動意付いて06年以来の高値水準まで急伸した。第1四半期業績は赤字幅が拡大したがネガティブ反応は限定的だ。訪日外国人旅行客のインバウンド需要も追い風であり、収益改善期待で水準切り上げの展開だろう。

■ファッション専門店事業を展開

 12年10月に家電の店舗販売事業から撤退してファッション専門店事業に経営資源を集中した。海外ブランド品などを扱うファッション専門店「GINZA LoveLove」「スーパーセレクトショップラブラブ」を直営で展開している。15年2月20日期末の店舗数は首都圏中心に23店舗である。

 収益力強化に向けた中期成長戦略として「GINZA LoveLove」のブランディング強化、小売法人向け商品供給や販売業務委託事業の強化、EC事業の強化を推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:02 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】第一実業は16年3月期は増収増益・増配予想、06年以来の700円台は射程圏

 第一実業<8059>(東1)は各種産業機械の取扱を主力とする総合機械商社である。株価は全般地合い悪化の影響を受けて一時的に調整する場面があったが、素早く切り返して07年以来の高値圏で推移している。06年以来の700円台は射程圏であり、16年3月期の増収増益・増配予想、指標面の割安感を評価して上値追いの展開だろう。

■産業機械を主力とする総合機械商社

 各種産業機械の取扱を主力とする総合機械商社で、プラント・エネルギー事業、エレクトロニクス事業、産業機械事業などを展開し、海外は米州、中国、東南アジア・インド、欧州の世界18カ国36拠点に展開している。

 13年5月発表の新経営計画「AIM2015」では、最終年度16年3月期の売上高1550億円、営業利益57億円、経常利益59億円、純利益37億円、ROE10.7%を目標値として掲げ、広範囲な営業力とエンジニアリング集団としての強みを活かしてグローバルビジネスを積極展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:57 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆はボックス上放れて急伸、ロボット関連も注目材料

 セーラー万年筆<7992>(東2)は万年筆の老舗でロボット機器事業も展開している。株価は6月下旬に動意づき、35円〜40円近辺でのボックス展開から上放れて7月15日は57円まで急伸した。15年12月期営業黒字化予想に加えて、ロボット関連として注目度が高まったようだ。底練り展開から脱して水準切り上げが期待される。

■文具事業やロボット機器事業を展開

 文具事業(万年筆、ボールペン、電子文具、景品払出機、ガラスCD、窓ガラス用断熱塗料など)、およびロボット機器事業(プラスチック射出成形品自動取出装置・自動組立装置など)を展開している。なお中国の写楽精密機械(上海)については15年中に清算結了予定としている。

 文具事業はブランド力の高い万年筆を主力として、中期成長に向けて電子文具への事業展開も加速している。また熱を逃がす“冷めやすい塗料”の屋根・壁用太陽光反射・遮熱塗料「アドグリーンコート」の拡販も強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】電算システムは高値更新の展開、15年12月期増収増益予想を評価

 電算システム<3630>(東1)は情報サービス事業と収納代行サービス事業を展開している。株価は6月30日の上場来高値1849円から地合い悪化も影響して一旦反落したが素早く切り返した。15年12月期増収増益予想を評価して上値追いの展開だろう。マイナンバー制度やサイバーセキュリティ関連も注目材料のようだ。

■情報サービス事業と収納代行サービス事業を展開

 情報サービス事業(SI・ソフト開発、情報処理サービス、商品販売)と、収納代行サービス事業(コンビニ収納代行、郵便振替決済代行、ネットショッピング決済、電子マネー決済など)を展開し、クラウドサービスや電子マネーなどへの対応を強化している。

 収納代行サービスは97年にIT企業として初めて、コンビニエンスストアを利用した料金支払(収納代行)サービスを開始した。現在は総合決済サービスプロバイダーとして、全国7万以上のコンビニエンスストアおよび郵便局窓口でサービスを提供し、年間取扱件数は1億45百万件に達している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年07月15日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ミロク情報サービスは高値圏モミ合いから上放れの動き、16年3月期増収増益基調を評価

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売やコンサルティングサービスなどを展開している。株価は6月23日の819円に接近して高値圏モミ合いから上放れる動きのようだ。指標面に割高感はなく、16年3月期の増収増益基調を評価して上値追いの展開だろう。99年以来の1000円台も視野に入る。

■財務・会計ソフトの開発・販売およびサービス収入が収益柱

 会計事務所(税理士・公認会計士事務所)と、その顧問先企業である中堅・中小企業向けに、財務・会計ソフトなど業務用アプリケーションソフト開発・販売、汎用サーバ・パソコン・サプライ用品販売、運用支援・保守サービス、経営情報・コンサルティングサービスなどを展開している。

 会計事務所が抱えている課題を解決することで中堅・中小企業支援にも繫がるトータルソリューションが強みで、システム導入契約売上とサービス収入が収益柱である。全国約8400の会計事務所ユーザーおよび約1万7000社の中堅・中小企業ユーザーを有し、サービス収入などのストック型収益構造を特徴としている。13年10月には、連結会計システム開発のプライマルと資本・業務提携して、連結会計や連結納税までグループ経営支援ソリューションの提供を強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ケンコーマヨネーズは高値圏で堅調、中期成長力を評価してモミ合い上放れ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野を主力として、タマゴ加工品・サラダ類・総菜関連分野への事業領域拡大戦略を加速している。株価は高値圏1600円〜1700円近辺で堅調に推移している。地合い悪化の影響は限定的で日柄調整一巡感も強めている。指標面に割高感はなく、16年3月期は増収増益予想で増額含みだ。中期成長力を評価してモミ合い上放れの展開だろう。

■タマゴ加工品・サラダ類などへ事業領域拡大

 マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品、サラダ類などの調味料・加工食品事業、フレッシュ総菜などの総菜関連事業、その他事業(ショップ事業、海外事業)を展開している。マヨネーズ・ドレッシング類は国内2位、ロングライフサラダは国内1位の市場シェアである。

 中期経営計画で掲げた「サラダカフェ」「サラダ料理」「世界のソース」「タマゴ製品」など、タマゴ加工品・サラダ類・総菜関連分野への事業拡大戦略を加速し、新商品を積極投入している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ヨコレイは06年以来の高値水準、1倍割れの低PBRも評価して上値追い

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は冷蔵倉庫の大手で食品販売事業も展開している。株価は800円台のボックスレンジから上放れて7月3日の1007円まで上伸した。06年以来の高値水準である。16年3月期は増収増益予想であり、1倍割れ水準の低PBRも評価して上値追いの展開だろう。

■冷蔵倉庫事業と食品販売事業を展開

 冷蔵倉庫事業、および水産品・畜産品・農産品などの食品販売事業を展開している。

 14年10月スタートの第5次中期経営計画「Flap The Wings 2017」に基づいて、冷蔵倉庫事業では「COOLネットワークのリーディングカンパニー」を目指し、食品販売事業では「安定的な利益追求を基本としながらも、強みのある商材を全社的に展開する」ことを命題としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】プラマテルズは高値圏で堅調、指標面の割安感強く上値試す

 プラマテルズ<2714>(JQS)は合成樹脂の専門商社である。株価は年初来高値圏の500円近辺で堅調に推移している。地合い悪化の影響も限定的だった。16年3月期は増収営業増益予想で増額含みだ。そして1桁台の低PER、1倍割れの低PBR、3%近辺の高配当利回りと指標面の割安感は依然として強い。上値を試す展開だろう。

■双日グループの合成樹脂専門商社

 双日<2768>グループで、プラスチック原材料・製品・関連機器の専門商社である。エンジニアリング系樹脂、スチレン系樹脂を主力として、オレフィン系樹脂、塩化ビニール系材料なども扱い、需要先はOA・事務機器、光学機器を主力として、家電・電子、医療機器、建材、自動車、容器・化粧品、玩具・その他と幅広い。

 高付加価値商材の拡販、良質な商権を持つ優良会社の営業権取得やM&Aを積極化するとともに、海外は中国、ベトナム、フィリピン、タイ、インド、台湾などアジア地域に積極展開している。中期戦略では17年3月期に向けた目標として経常利益10億円、自己資本比率30%維持、安定配当の継続を掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーコーヒーは99年7月の上場来高値に接近、16年3月期大幅増益予想を評価

 キーコーヒー<2594>(東1)はレギュラーコーヒー大手で、グループ連携も強化して新たな事業領域開拓戦略を積極推進している。株価は99年9月の上場来高値2100円に接近した。16年3月期大幅増益予想を評価して上値追いの展開だろう。

■コーヒー関連事業を主力として新たな事業領域開拓を積極推進

 コーヒー関連事業(業務用・家庭用レギュラーコーヒーの製造・販売)を主力として、飲食事業(イタリアントマト、アマンド)も展開している。ブランド力強化、収益力強化、グループ連携強化を柱として、新商品の開発・投入、新たな事業領域の開拓を積極推進している。

 なおイタリアントマトは、15年3月期の新規出店が17店舗、閉店が27店舗で、15年3月期末店舗数は直営64店舗、FC228店舗の合計292店舗となった。海外はASEAN地域へ積極展開している。効率的な生産・供給体制を構築するため、首都圏の3工場を集約した東京工場グランデを14年11月に竣工した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:05 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年07月14日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信はモミ合い上放れ、第1四半期大幅増益で16年2月期業績増額の可能性

 協立情報通信<3670>(JQS)はソリューション事業とモバイル事業を展開している。7月10日に発表した第1四半期(3月〜5月)業績は大幅増益だった。株価は9日に全般地合い悪化の影響を受ける場面があったが、第1四半期業績を好感して急反発し、モミ合い上放れの動きとなった。指標面に割高感はなく、16年2月期業績増額の可能性を評価して続伸展開だろう。

■法人向けソリューション事業とモバイル事業を展開

 法人向けソリューション事業(情報通信システムソリューション、会計情報ソリューション、情報活用教育ソリューション、情報活用レンタルソリューション)、およびモバイル事業(法人向けモバイルソリューション、ドコモショップ6店舗運営)を展開している。

 企業のICT(情報通信技術)化の実現に向けて、NEC<6701>オービックビジネスコンサルタント<4733>NTTドコモ<9437>サイボウズ<4776>、日本マイクロソフトなどパートナー企業の製品・サービスを融合し、情報通信インフラ機器の販売だけでなく、システム構築から導入・保守・運用・教育までをソリューションとして提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析