[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カーリットホールディングスは強基調で14年6月高値に接近、自己株式取得や低PBRを評価して上値試す
記事一覧 (01/19)【水田雅展の株式・為替相場展望】不安定な展開だが、リスクオフのポジション調整の動きはほぼ一巡の可能性
記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パイプドビッツは第3四半期累計大幅増収増益を好感して水準切り上げ、14年11月高値試す
記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーウェアソリューションズは12月安値から急反発して調整一巡、収益改善期待で出直り
記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは高値更新の展開、今期業績と配当の増額を好感、中期成長力も評価して上値追い
記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピックルスコーポレーションは利益確定売り一巡して切り返し、指標面に割安感
記事一覧 (01/19)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーコーヒーは戻り歩調で14年9月高値試す、15年3月期業績に増額の可能性
記事一覧 (01/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】陽光都市開発は調整一巡、収益改善基調や中期成長に向けた積極投資を評価
記事一覧 (01/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆は調整一巡感、収益改善基調やロボット機器関連を材料視してモミ合い上放れ
記事一覧 (01/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドHDは調整一巡感、今期減益見通しは織り込み済みで出直り
記事一覧 (01/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】マルマエは目先的な売り一巡、今期業績増額の可能性や収益改善基調を評価して14年8月高値目指す
記事一覧 (01/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フォーカスシステムズはモミ合い上放れ、収益改善を評価して14年10月高値目指す
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】うかいは調整一巡して水準切り上げ、16年3月期の収益改善期待で14年9月戻り高値目指す
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】日本エム・ディ・エムは自律調整一巡、好業績見通しを評価して14年11月高値を試す
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】ストリームは売り一巡して下げ止まり感、収益改善基調を評価して反発のタイミング
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】ラクーンは下値固め完了、今期増額の可能性や中期成長力を評価して水準切り上げ
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】パシフィックネットは第2四半期累計の業績発表で急落したが、目先的な売り一巡後は通期増額の可能性を評価して出直り
記事一覧 (01/15)【アナリスト水田雅展の銘柄診断】トシン・グループは下値切り上げて調整一巡感、自己株式取得や低PBRも支援材料に14年8月高値目指す
記事一覧 (01/13)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは下値固め完了感、次世代素材CNFへの期待感で反発のタイミング
記事一覧 (01/13)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは昨年来高値更新、13年11月高値目指す
2015年01月19日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カーリットホールディングスは強基調で14年6月高値に接近、自己株式取得や低PBRを評価して上値試す

 自動車用緊急保安炎筒などを展開するカーリットホールディングス<4275>(東1)の株価は、戻り高値を突破して14年6月高値685円に接近している。強基調の形であり、自己株式取得や0.7倍近辺の低PBRを評価して上値を試す展開だろう。

 日本カーリットが純粋持株会社を設立して13年10月東証1部市場に上場した。化学品事業(産業用爆薬、自動車用緊急保安炎筒、化成品関連、電子材料・機能性材料、信号炎管、危険性評価試験受託、2次電池試験受託など)、ボトリング事業、産業用部材事業(半導体用シリコンウェーハ、研削材、耐火・耐熱金物、スプリングワッシャー)を展開している。

 自動車用緊急保安炎筒は新車装着用・車検交換用を展開し、国内市場シェアは約8〜9割と想定されている。ボトリング事業は伊藤園<2593>向けが主力だ。半導体用シリコンウェーハは小口径4〜6インチのニッチ市場を主力としている。海外は中国・上海、シンガポールに展開している。

 前中期経営計画「飛躍500」では「事業領域の拡大、市場の拡大、シェアの拡大という、3つの拡大戦略により売上高500億円の化学会社への成長」を基本方針として、グループ収益基盤と総合力強化に向けたM&A戦略を積極展開して事業を多様化してきた。

 12年1月に工業用塗料販売・塗装工事の富士商事、12年8月に耐火・耐熱金物製造販売の並田機工、13年10月に一級建築士事務所の総合設計を子会社化した。そして14年2月には東洋発條工業を子会社化した。自動車・建設機械向けを中心とした各種スプリング分野に展開し、耐火・耐熱金物の並田機工などと合わせた産業用部材事業を新たな収益柱とする方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:52 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【水田雅展の株式・為替相場展望】不安定な展開だが、リスクオフのポジション調整の動きはほぼ一巡の可能性

(19日〜23日)

 1月19日〜23日の株式・為替相場は、外部要因に大きな変化はなく、不安定な展開が継続しそうだ。ただし海外投資家の換金売りや、リスクオフのポジション調整の動きがほぼ一巡し、仕掛け的な動きも弱まる可能性があるだろう。一方では、週末から始まる3月決算企業の10〜12月業績発表を睨んで下値買いの動きが強まりそうだ。

 原油価格の急落、ロシア・ルーブルの急落、ギリシア情勢の不透明感、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和観測、そしてスイス国立銀行の為替介入上限撤廃と続き、外国為替市場ではドル安・円高、ユーロ安・円高方向への動きを強めた。また株式市場では、日経平均株価が16日に1万6592円57銭まで調整する場面があった。

 こうした外部要因によるリスクオフの状況に大きな変化はなく、20日の中国10〜12月期GDP、20日〜21日の日銀金融政策決定会合と21日の黒田日銀総裁の記者会見、22日のECB理事会とドラギ総裁の記者会見、そして25日のギリシア総選挙という重要イベントを控えて、為替相場・株式相場とも不安定な動きが継続しそうだ。

 ただし、原油価格とロシア・ルーブルの急落に端を発した海外投資家の換金売りや、リスクオフのポジション調整の動きはほぼ一巡した可能性があり、地合い悪化に乗じた仕掛け的な動きも弱まる可能性があるだろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パイプドビッツは第3四半期累計大幅増収増益を好感して水準切り上げ、14年11月高値試す

 情報資産プラットフォーム事業のパイプドビッツ<3831>(東1)の株価は、14年11月の昨年来高値1926円から一旦反落したが、1600円近辺で下値を固めて水準を切り上げている。第3四半期累計(3月〜11月)の大幅増収増益も好感する動きだ。強基調を確認した形であり、中期成長力を評価して14年11月高値を試す展開だろう。

 国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤として、情報資産プラットフォーム事業(データ管理などクラウドサービス提供)、広告事業(アフィリエイトASP一括管理サービス「スパイラルアフィリエイト」など)、ソリューション事業(ネット広告制作、アパレル・ファッションに特化したECサイト構築・運営受託、子会社ペーパーレススタジオジャパンのBIMコンサルティング事業など)を展開している。

 情報資産プラットフォーム事業は「スパイラル」、アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC」、会計クラウド「ネットde会計」「ネットde青色申告」、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラルプレース」などを主力して展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーウェアソリューションズは12月安値から急反発して調整一巡、収益改善期待で出直り

 システム受託開発やシステムインテグレーションのキーウェアソリューションズ<3799>(東2)の株価は、12月25日安値440円から急反発して1月8日の550円まで戻し、その後も500円近辺で推移している。調整が一巡して強基調に転換する動きだ。収益改善期待で出直り展開だろう。

 システム受託開発事業(公共システム開発、ネットワークシステム開発)、経営とITの総合コンサルティング事業(システムインテグレーション、ITサービス、サポートサービス)、その他事業(機器販売など)を展開している。

 主要顧客は、筆頭株主であるNEC<6701>グループ向けが約4割を占め、NTT<9432>グループ、JR東日本<9020>グループ、三菱商事<8058>グループ、日本ヒューレット・パッカードなどが続いている。NECと連携して医療分野や流通・サービス業分野へ事業領域を広げ、ERP(統合業務パッケージ)関連やセキュリティ関連も強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは高値更新の展開、今期業績と配当の増額を好感、中期成長力も評価して上値追い

 リサイクルショップ運営のトレジャー・ファクトリー<3093>(東1)の株価は、1月5日に2649円を付けて14年10月高値2570円を突破した。さらに今期(15年2月期)業績および配当予想の増額修正を好感して1月14日に2717円まで上値を伸ばした。中期成長力を評価して過熱感を冷ましながら上値追いの展開だろう。

 首都圏を中心に総合リユースショップ(総合業態)や服飾専門リユースショップ(服飾業態)などを直営とFCで展開している。14年11月末時点の店舗数は、直営総合業態50店舗、直営服飾業態23店舗、新業態の古着アウトレット業態1店舗、スポーツ・アウトドア業態1店舗、事業を譲り受けたブランドコレクト業態1店舗、FC総合業態4店舗の合計80店舗である。

 関西圏への新規出店を加速させている。13年5月総合業態の関西1号店・神戸新長田店、13年10月服飾業態の関西1号店・尼崎店、14年3月大阪府初出店となる関西3号店の総合業態・岸和田店、7月大阪2号店となる総合業態・八尾店、11月大阪府3号店となる総合業態・東大阪店をオープンし、関西圏の店舗数は合計5店舗となった。新業態のスポーツ・アウトドア用品専門業態「トレファクスポーツ」は1号店の青葉台店(横浜市)を14年9月にオープンした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピックルスコーポレーションは利益確定売り一巡して切り返し、指標面に割安感

 漬物やキムチ製品の最大手ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)の株価は、14年12月の高値1194円から一旦反落したが、素早く切り返しの動きを強めている。1月16日には1075円まで戻した。利益確定売りが一巡したようだ。指標面に割安感があり、今期(15年2月期)業績増額の可能性も評価して上値追いの展開だろう。

 漬物・浅漬・キムチなど漬物製品の最大手メーカーで、主力の「ご飯がススムキムチ」シリーズのブランド力が大幅に向上して収益力が高まっている。セブン&アイ・ホールディングス<3382>など大手量販店・コンビニエンスストアが主要取引先であり、ブランド力向上と新製品積極投入、成長市場である惣菜製品の強化などを推進している。

 事業エリア拡大や供給能力増強に向けた動きも加速し、中・四国エリアでは広島新工場(ピックルスコーポレーション関西)、北海道エリアでは札幌新工場(ピックルスコーポレーション札幌)が稼動している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーコーヒーは戻り歩調で14年9月高値試す、15年3月期業績に増額の可能性

 レギュラーコーヒー大手キーコーヒー<2594>(東1)の株価は、14年10月安値1555円から切り返して戻り歩調の展開だ。12月30日と1月5日には1678円まで上値を伸ばした。今期(15年3月期)業績見通し増額の可能性があり、14年9月高値1700円を試す展開だろう。

 コーヒー関連事業(業務用・家庭用レギュラーコーヒーの製造・販売)を主力として、飲食事業(イタリアントマト、アマンド)も展開している。ブランド力強化、収益力強化、グループ連携強化を柱として、新商品の開発・投入、新たな事業領域の開拓を強化している。イタリアントマトの14年9月末店舗数は直営84店舗、FC224店舗の合計308店舗で、海外はASEAN地域へ積極展開している。

 積極的な業容拡大戦略で、13年1月に銀座ルノアール<9853>を持分法適用会社化し、14年2月にネット通販事業拡大に向けてコーヒー豆焙煎加工販売のhonu加藤珈琲店を子会社化した。14年9月にはイタリアの世界有数のコーヒーメーカーであるillycaffe S.p.Aと、illyブランドのレギュラーコーヒー製品全般について日本国内での独占販売契約を締結した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年01月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】陽光都市開発は調整一巡、収益改善基調や中期成長に向けた積極投資を評価

 投資用マンションの陽光都市開発<8946>(JQS)の株価は、14年11月高値291円から反落して水準を切り下げたが、収益改善基調であり、財務基盤強化や中期成長に向けた積極投資も評価材料だ。調整が一巡して反発のタイミングだろう。

 投資用マンション「グリフィンシリーズ」の企画・販売事業を一旦縮小し、不動産管理・賃貸・仲介事業のストック型フィービジネスへの事業構造転換で収益基盤を強化した。13年8月にアパマンショップホールディングス<8889>の子会社アパマンショップネットワークとFC加盟契約を締結し、13年10月にはストライダーズ<9816>と資本業務提携した。

 中期成長に向けて、上海市など中国の主要都市でワンルームマンション賃貸や管理受託など不動産関連事業を展開する。14年2月に香港柏雅、および子会社でサービスアパートメント運営・管理コンサルティングを展開する柏雅酒店管理(上海)のベルグラビアグループを連結子会社化(上海柏雅投資管理は14年6月売却)した。14年7月には香港柏雅の子会社として陽光智寓(香港)を設立した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆は調整一巡感、収益改善基調やロボット機器関連を材料視してモミ合い上放れ

 万年筆の老舗でロボット機器事業も展開するセーラー万年筆<7992>(東2)の株価は、36円〜40円近辺でモミ合う展開だが調整一巡感を強めている。収益改善基調であり、ロボット機器関連も材料視してモミ合い上放れの展開が期待される。

 文具事業(万年筆、ボールペン、電子文具、景品払出機、ガラスCD、窓ガラス用断熱塗料など)、およびロボット機器事業(プラスチック射出成形品自動取出装置・自動組立装置など)を展開している。

 文具事業はブランド力の高い万年筆を主力に、中期成長に向けて電子文具への事業展開も加速している。ロボット機器事業は1969年に開発に着手した歴史を持ち、09年にはプラスチック射出成形品用自動取出ロボットで世界初の無線ハンディコントローラ搭載RZ−Σシリーズを開発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドHDは調整一巡感、今期減益見通しは織り込み済みで出直り

 介護・福祉関連のフランスベッドホールディングス<7840>(東1)の株価は、安値圏の180円近辺で推移している。今期(15年3月期)業績減額修正だが、14年10月安値水準まで下押す動きは見られない。今期減収減益見通しは織り込んだ形であり、調整が一巡して出直り展開だろう。

 メディカルサービス事業(介護・福祉関連用具のレンタル・販売、介護予防の通所介護施設「悠々いきいき倶楽部」運営など)、インテリア健康事業(家庭用高級ベッド、医療・介護用ベッド、リハビリ商品など)、その他事業(日用品雑貨販売など)を展開している。

 成長分野のシニア・シルバービジネスに経営資源をシフトして、医療・介護用電動リクライニングベッド・マットレス、アクティブシニア向け「リハテック」ブランドの電動アシスト三輪自転車やハンドル型電動三輪車いす、さらにリフトアップチェア、リフトアップ車いす、超低床フロアーベッド、在宅・病院・福祉施設向けの徘徊防止通報システムなど、独自の新商品・新サービスの開発を強化して介護・福祉用具レンタル市場でのシェア拡大戦略を推進している。新規販売チャネル開拓で病院・施設向け取引も拡大する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】マルマエは目先的な売り一巡、今期業績増額の可能性や収益改善基調を評価して14年8月高値目指す

 精密部品加工のマルマエ<6264>(東マ)の株価は、第1四半期(9月〜11月)業績発表を受けて1月14日は前日比123円安と急落した。ただし15日には前日比12円高と反発している。目先的な売りが早くも一巡したようだ。今期(15年8月期)業績増額の可能性や収益改善基調を評価して、14年8月高値1468円を目指す展開だろう。

 半導体・FPD(フラットパネルディスプレー)製造装置に使用される真空部品や電極などの精密加工事業を展開し、新規分野として光学装置分野などの精密加工も強化している。11年7月に事業再生ADRが成立し、売上拡大と生産性向上に取り組んでいる。

 1月13日に発表した今期(15年8月期)第1四半期(9月〜11月)の業績(非連結)は売上高が前年同期比23.8%増の3億84百万円、営業利益が同51.2%増の41百万円、経常利益が同69.9%増の42百万円、純利益が同21.9%増の41百万円と大幅増収増益だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:38 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フォーカスシステムズはモミ合い上放れ、収益改善を評価して14年10月高値目指す

 システム構築・運用のフォーカスシステムズ<4662>(JQS)の株価は、800円近辺でのモミ合いから上放れて1月14日には1057円まで急伸する場面があった。収益改善を評価して14年10月高値1210円を目指す展開だろう。

 公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用・管理サービスを主力として、セキュリティ機器関連事業も展開している。顧客別に見るとNTTデータ<9613>関連、日本IBM関連を主力として、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ)<4739>関連、沖電気<6703>関連、ソフトバンク<9984>関連も主要顧客である。民間関連事業では関東圏・近畿圏に加えて東海圏にも拠点展開して営業を強化している。

 14年6月には三菱電機インフォーメーションシステムズと共同で電子透かし製品の販売促進活動を行うと発表し、14年7月には内田洋行<8057>が開発した統合型ERPパッケージ「スーパーカクテルイノーヴァ」の販売代理店契約を締結した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年01月15日

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】うかいは調整一巡して水準切り上げ、16年3月期の収益改善期待で14年9月戻り高値目指す

 高級料理店うかい<7621>(JQS)の株価は、14年10月2101円を直近ボトムとして水準を切り上げ、12月末〜1月上旬には2275円まで戻している。9月中間期末の株主優待権利落ち後の調整が一巡したようだ。来期(16年3月期)の収益改善期待で14年9月戻り高値2389円を目指す展開だろう。

 飲食事業(高級和食・洋食店)を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。新たな成長ステージに向けた戦略として、商圏1万キロに向けたブランド構築、新業態の定着と新規出店、サービス向上のための人材育成、製菓工房「アトリエうかい」の本格稼働、和食店のお土産品強化、物販における販路開拓、海外へのブランド発信と海外企業との業務提携などを推進している。

 14年4月には、国内で4年ぶりの新店となる新業態の割烹料理店「銀座kappou ukai(呼称:割烹うかい)」をオープンした。海外は13年5月に、台湾・高雄市FIHリージェントグループホテル内レストランのコンサルティング契約を締結して海外初出店を決定し、16年オープンに向けて準備を進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】日本エム・ディ・エムは自律調整一巡、好業績見通しを評価して14年11月高値を試す

 医療機器商社の日本エム・ディ・エム<7600>(東1)の株価は、14年11月高値698円から利益確定売りで一旦反落したが、12月の直近安値514円から切り返し、1月14日には622円まで戻す場面があった。自律調整が一巡したようだ。今期(15年3月期)好業績見通しを評価して14年11月高値を試す展開だろう。

 人工関節製品、脊椎固定器具、骨接合材料など整形外科分野を主力とする医療機器商社である。ジョンソン・エンド・ジョンソンとの販売契約が13年3月期に終了したが、米国子会社オーソデベロップメント(ODEV)社製品の拡販、自社製品比率上昇による売上原価率改善効果で収益改善基調だ。米ODEV社製の人工膝関節製品は中国でも薬事承認を取得している。高齢化社会到来を背景として中期的に収益拡大が期待される。

 自社製新製品の動向としては、米国で14年1月に米ODEV社製の人工膝関節製品「BKS−Momentum」と「E−Vitalize」を販売開始した。日本では14年5月に人工膝関節製品「BKSオフセットティビアルトレイ」を販売開始し、14年9月に米ODEV社製の人工股関節大腿骨ステム「OVATION Tributeヒップシステム」とステムヘッド「ODEV BIOLOX deltaセラミックヘッド」を販売開始した。また米ODEV社は人口膝関節製品「KASM」の米国食品医薬品局(FDA)薬事承認を取得して販売開始している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】ストリームは売り一巡して下げ止まり感、収益改善基調を評価して反発のタイミング

 家電やパソコンなどのネット通販サイトを運営するストリーム<3071>(東マ)の株価は、高値圏500円近辺のモミ合いから下放れて急落したが、230円〜250円近辺で下げ止まり感を強めている。売りが一巡した形であり、収益改善基調を評価して反発のタイミングだろう。

 家電製品、パソコン、デジタルカメラなどを販売するネット通販サイト「ECカレント」「イーベスト」「特価COM」の運営を主力として、14年2月には扶桑化学工業<4368>から化粧品・健康食品の無店舗販売を展開するエックスワンの株式80%を取得して連結子会社化した。他社のネット通販を支援するネット通販支援事業(ECサイト運営業務代行サービス)や、アライアンス戦略によるオンラインゲーム事業も強化している。

 14年6月には中国のネットサービス企業集団5173.Comとソーシャルゲームおよびeコマースに関して業務提携し、8月に中国ネットゲーム事業の第1弾としてスマホ専用ゲーム「三国志戦姫」について、DMM.comラボとゲームソフトウェアライセンス契約を締結し、5173.Comを通じて中国向けに独占配信すると発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】ラクーンは下値固め完了、今期増額の可能性や中期成長力を評価して水準切り上げ

 企業間電子商取引(EC)サイト運営のラクーン<3031>(東マ)の株価は、12月24日に動意付いて570円まで急伸し、14年8月584円に接近する場面があった。その後は500円近辺で推移する形だが、下値固めは完了しているようだ。今期(15年4月期)業績増額の可能性や中期成長力を評価して水準切り上げの展開だろう。

 アパレル・雑貨分野の企業間ECサイト「スーパーデリバリー」の運営を主力として、クラウド受発注ツール「COREC(コレック)」事業、BtoB掛売り・請求書決済代行サービスのPaid(ペイド)事業、売掛債権保証事業など周辺分野にも事業領域を広げている。

 14年10月末時点で、企業間ECサイト「スーパーデリバリー」会員小売店数は14年4月末比2162店舗増加の4万2603店舗、出展企業数は同95社増加の1043社、商材掲載数は同9038点減少の44万4078点となった。14年3月サービス開始(ビジネスプラン課金開始14年9月)したクラウド受発注ツール「COREC」のユーザー数は1110社となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】パシフィックネットは第2四半期累計の業績発表で急落したが、目先的な売り一巡後は通期増額の可能性を評価して出直り

 中古パソコン・モバイル機器などのリユース事業を展開するパシフィックネット<3021>(東マ)は1月14日、今期(15年5月期)第2四半期累計(6月〜11月)の業績を発表し、株価は急反落した。第2四半期累計は増収増益だったが、通期見通しの据え置きが嫌気されたようだ。ただし業績面での不安は小さいだけに下値は限定的だろう。3%台の配当利回りも支援材料であり、目先的な売り一巡後は今期業績見通し増額の可能性を評価して出直り展開だろう。

 パソコン、タブレット端末、スマートフォンなど中古情報機器の引取回収・販売事業を主力として、レンタル事業も展開している。13年10月に旗艦店としてオープンした「PC−NETアキバ本店」など全国主要都市に9店舗を展開し、主要仕入先のリース・レンタル会社や一般企業からの引取回収を強化するとともに、生産性向上や業務プロセス効率化などで収益力を高めている。

 ISO27001(ISMS)およびプライバシーマークに準拠した情報漏洩防止のためのセキュリティ体制に強みを持ち、企業や官公庁のセキュリティ意識やコンプライアンス意識の向上に伴って中古情報機器の入荷台数が大幅に増加している。データ消去サービスなども奏功して顧客カバー率が一段と広がり、大手金融機関からの中古情報機器引取回収もスタートした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄診断】トシン・グループは下値切り上げて調整一巡感、自己株式取得や低PBRも支援材料に14年8月高値目指す

 電設資材商社のトシン・グループ<2761>(JQS)の株価は、14年8月高値3145円から水準を切り下げて調整局面だったが、12月の直近安値2741円から下値を切り上げて調整一巡感を強めている。自己株式取得や0.8倍台の低PBRも支援材料として14年8月高値を目指す展開だろう。

 首都圏を中心として、電設資材や住宅設備機器などの卸売事業を展開する持株会社である。小口多数販売や、他社にはない専門部署による得意先営業活動支援サービスなどを特徴としている。取扱商品や営業拠点網の拡充などで事業基盤強化を推進しており、14年4月に伊勢崎営業所、14年8月に太田足利営業所を開設した。

 12月26日に発表した今期(15年5月20日期)第2四半期累計(14年5月21日〜11月20日)の連結業績は、売上高が前年同期比2.1%減の225億43百万円、営業利益が同18.7%減の10億81百万円、経常利益が同12.3%減の15億49百万円、そして純利益が同12.7%減の9億18百万円だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年01月13日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは下値固め完了感、次世代素材CNFへの期待感で反発のタイミング

 製紙用薬品の星光PMC<4963>(東1)の株価は調整局面が続いているが、10月安値864円まで下押す動きは見られず、900円近辺で下値固め完了感を強めている。調整の最終局面であり、今期(15年12月期)の収益改善や次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)事業化に対する期待感で反発のタイミングだろう。

 DIC<4631>の子会社で製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業を展開している。高付加価値商品の拡販、次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)、導電性ナノ材料(銀ナノワイヤー)、光学弾性樹脂(OCA)など成長市場・新分野開拓の戦略を推進している。さらに事業領域拡大に向けて14年4月には、興人フィルム&ケミカルズの化成品事業を承継したKJケミカルズを子会社化した。

 次世代素材CNFは、すべての植物の植物細胞壁の骨格成分であるセルロースをナノサイズまで細かくほぐすことにより得られる繊維である。鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上強く、熱による変形が少ないなどの特徴を持ち、樹脂の補強材として機能させることにより、自動車用樹脂の強度・寸法安定性向上や金属部材からの置き換え、家電・モバイル機器の軽量化などでの需要が期待されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは昨年来高値更新、13年11月高値目指す

 ソフトウェア開発やシステム運用のインフォメーションクリエーティブ<4769>(JQS)の株価は、730円〜830円近辺でのボックス展開だったが、1月5日には昨年来高値となる845円まで上値を伸ばしてボックス上放れの動きを強めている。今期(15年3月期)増収増益見通しを評価して13年11月1060円を目指す展開だろう。3月期末一括で2%台後半の高配当利回りも支援材料だ。

 ソフトウェア開発事業、システム運用事業、その他事業(パッケージ開発・販売)を展開し、顧客に常駐する型で情報サービス分野における総合的なソリューションサービスを提供している。顧客別に見ると日立システムズや日立ソリューションズなど、日立製作所<6501>グループ向けが全体の約6割を占めて収益源となっていることも特徴だ。

 13年11月発表の新中期経営計画(14年9月期〜16年9月期)では、基本戦略としてソフトウェア開発・システム運用などのITソリューション事業の安定成長、自社パッケージ開発・販売のITサービス事業の成長加速、強固な人材・組織基盤の構築を推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析