[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インテリジェントウェイブは収益改善基調を評価、セキュリティ関連も注目
記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信は下値固め完了して強基調に転換の動き、16年2月期営業増益予想を評価
記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは下値固め完了、1桁台の低PERや中期成長力を評価
記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】チムニーは15年12月期増収増益予想や自己株式取得を評価、6月中間期末の株主優待も注目点
記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスアールジータカミヤは調整の最終局面、収益拡大基調に変化なし
記事一覧 (06/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エイジアは下値固め完了して強基調に転換、16年3月期増収増益予想を評価
記事一覧 (06/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは調整一巡、マイナンバー制度関連も期待
記事一覧 (06/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アルファ再動意で急伸、低PBRも評価材料
記事一覧 (06/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テクマトリックスは上場来高値更新の展開、16年3月期増収増益・増配予想でサイバー攻撃関連も注目点
記事一覧 (06/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トシン・グループは下値固め完了、16年5月期増収増益期待で出直り
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は下値固め完了して切り返し
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】第一実業は16年3月期は増収増益・増配予想、07年7月高値試す
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドHDは収益改善基調を評価して出直り、10月1日付で株式併合予定
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは年初来高値圏で堅調、収益底打ち期待で4%台の高配当利回りも評価
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】うかいは14年1月高値突破、収益改善基調を評価
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は15年10月期減額修正による売り一巡、高配当利回りと低PBRに見直し余地
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パイプドビッツは16年2月期大幅増収増益予想を評価
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーウェアソリューションズは16年3月期は大幅増益・復元配予想
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は収益改善基調を評価して水準切り上げ
記事一覧 (06/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】鉄人化計画は上値追いの展開で13年5月高値に接近、収益改善基調を評価
2015年06月17日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インテリジェントウェイブは収益改善基調を評価、セキュリティ関連も注目

 インテリジェントウェイブ<4847>(JQS)は金融分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。株価は5月下旬の400円近辺から6月2日高値650円まで急伸した。07年7月以来の高値水準だ。目先的には過熱感もあるが、15年6月期業績は増額含みであり、収益改善基調を評価して上値を試す展開だろう。サイバーセキュリティ関連も注目点だ。

 大日本印刷<7912>の連結子会社で、ソフトウェア開発を中心にソリューションを提供する金融システムソリューション事業、情報セキュリティ分野を中心に自社開発パッケージソフトウェアや保守サービスを提供するプロダクトソリューション事業を展開している。クレジットカード会社、ネット銀行、証券会社など金融関連のシステム開発受託・ハードウェア販売・保守サービスが収益柱だ。

 金融システムソリューション事業では、クレジットカード決済のフロント業務関連システムから、バックオフィス業務関連など基幹業務システム関連への事業領域拡大を目指している。またプロダクトソリューション事業では、サイバー攻撃や情報漏えいに対応したセキュリティ関連のソリューションを強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信は下値固め完了して強基調に転換の動き、16年2月期営業増益予想を評価

 協立情報通信<3670>(JQS)はソリューション事業やモバイル事業を展開している。株価は2000円近辺での下値固めが完了して強基調に転換する動きのようだ。指標面に割高感はなく、16年2月期営業増益予想を評価して水準切り上げの展開だろう。

 法人向けソリューション事業(情報通信システムソリューション、会計情報ソリューション、情報活用教育ソリューション、情報活用レンタルソリューション)、およびモバイル事業(法人向けモバイルソリューション、ドコモショップ6店舗運営)を展開している。

 企業のICT(情報通信技術)化の実現に向けて、NEC<6701>、オービックビジネスコンサルタント<4733>、NTTドコモ<9437>、サイボウズ<4776>、日本マイクロソフトなどパートナー企業の製品・サービスを融合し、情報通信インフラ機器の販売だけでなく、システム構築から導入・保守・運用・教育までをソリューションとして提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは下値固め完了、1桁台の低PERや中期成長力を評価

 エストラスト<3280>(東1)は山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。株価は年初来安値圏610円〜620円近辺で下値固めが完了して切り返しの動きを強めている。1桁台の低PERで割安感が強く中期成長力を評価して出直り展開だろう。なお7月9日に第1四半期(3月〜5月)の業績発表を予定している。

 山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。一次取得ファミリー型の新築分譲マンション「オーヴィジョン」シリーズ、およびハイクオリティ・ミドルプライスの新築戸建住宅「オーヴィジョンホーム」の不動産分譲事業を主力として、不動産賃貸事業も展開している。連結子会社トラストコミュニティは「オーヴィジョン」マンション管理受託の不動産管理事業を展開している。

 15年2月期末時点でマンション供給は累計68棟・3389戸に達した。そして14年のマンション販売実績は九州・山口エリアで5位、山口県では1位(13年に続いて2年連続の1位)である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】チムニーは15年12月期増収増益予想や自己株式取得を評価、6月中間期末の株主優待も注目点

 チムニー<3178>(東1)は「飲食業の6次産業化」確立を目指す大手居酒屋チェーンである。株価は上場来高値圏で堅調に推移している。訪日外国人旅行客のインバウンド消費も追い風であり、15年12月期増収増益予想や自己株式取得を評価して4月高値を試す展開だろう。6月中間期末に向けて株主優待制度の権利取りの動きも注目される。

 売上高が業界5位規模の大手居酒屋チェーンで、直営店とFC店の飲食事業の他に、受託食堂のコントラクト事業も展開している。仕入面では子会社の魚鮮水産が愛媛県で漁業権を保有し、13年には新たに2つの買参権を取得している。

 中期目標として18年1000店舗、売上高1000億円を掲げている。中期成長戦略としては、地域活性化・地産地消の深耕を含めて、漁業などの1次産業、食材加工などの2次産業、店舗で商品を提供する3次産業まで一括管理する「飲食業の6次産業化」確立を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスアールジータカミヤは調整の最終局面、収益拡大基調に変化なし

 エスアールジータカミヤ<2445>(東1)は建設用仮設機材販売・レンタルの大手である。株価は14年のボックスレンジ下限に接近して調整の最終局面だ。中期経営計画目標値の下方修正で高成長イメージがやや後退した形だが、16年3月期は増収増益予想で収益拡大基調に変化はない。切り返しのタイミングだろう。

 建築・土木・橋梁用仮設機材、移動昇降式足場「リフトクライマー」や、子会社ホリーの太陽光パネル架台などの販売・レンタル事業を展開している。戦略商品として作業環境改善・作業効率向上につながる次世代足場「Iq(アイ・キュー)システム」の拡販を推進している。

 グループ力強化に向けた動きも積極化し、14年4月に海洋土木・港湾分野に実績を持つ土木・建築用仮設資材のアサヒ工業(大阪市)を子会社化した。15年4月には子会社ホリーの仮設営業部門を当社に移管し、仮設事業に関連する営業部門を統合した。グループの経営資源を集約して仮設事業におけるシナジーを高める戦略だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エイジアは下値固め完了して強基調に転換、16年3月期増収増益予想を評価

 エイジア<2352>(東マ)はメール配信システムの大手で、eコマースのマーケティングソリューションを提供している。株価は15日に1106円まで上伸する場面があった。年初来安値圏950円近辺で下値固めが完了して強基調に転換した形だ。16年3月期増収増益予想を評価して水準切り上げの展開だろう。

 自社開発によるメールマーケティングプラットフォーム「WEBCAS」シリーズを提供するアプリケーション事業を主力として、システム受託開発やマーケティングコンサルティングなどのサービスソリューション事業も展開している。

 01年発売した自社開発のメール配信システム「WEBCAS e−mail」は、顧客の嗜好、属性、購買履歴などに基づいたOne to Oneメールを、世界トップレベルの最高300万通/時で送信可能な超高速性が強みである。総合通販企業、メーカー、生命保険、情報サービス会社など多様な業界の企業や官公庁に導入され、国内メール配信パッケージ市場でのシェアは1位である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年06月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは調整一巡、マイナンバー制度関連も期待

 インフォメーションクリエーティブ<4769>(JQS)はソフトウェア開発やシステム運用を展開している。株価は急騰した4月の上場来高値から反落して日柄調整局面だが、急騰前水準まで下押すことなく調整一巡感も強めている。15年9月期増収増益予想であり、マイナンバー制度関連の受注拡大も期待される。切り返し展開だろう。

 ソフトウェア開発事業、システム運用事業、その他事業(パッケージ開発・販売)を展開し、顧客に常駐する型で情報サービス分野における総合的なソリューションサービスを提供している。顧客別に見ると日立システムズや日立ソリューションズなど、日立製作所<6501>グループ向けが全体の約6割を占めて収益源となっている。

 14年6月には美容室・サロン向けスマホアプリ制作サービス「LAPPLI(ラプリ)」をリリースし、11月には美容サロンの情報を無料掲載できる美容ポータルサイト「LAPOLU(ラポル)」を開始した。スマホアプリ制作サービス「LAPPLI」との機能連携強化や美容情報などのコンテンツ充実により、15年9月末までに500店舗のサービス利用を目指すとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:05 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アルファ再動意で急伸、低PBRも評価材料

 アルファ<4760>(JQS)はPOP広告など店舗販促用品の企画・製作を展開する総合販売促進企業である。株価は15日に再動意の形となって前日比34円高の243円まで急伸する場面があった。8月期末一括で2%台の配当利回り、0.8倍近辺の低PBRも評価材料であり、収益改善期待で3月の年初来高値270円を目指す展開だろう。

 POP広告やイベント関連商品など、店舗販促用品の企画・製作を展開する総合販売促進企業である。14年8月期の商品別売上構成比は、自社企画製品15.4%、別注製品54.1%、商品30.5%だった。

 日本最大級の販促通販サイト「POP GALLERY」による自社企画製品の拡販、メーカー・小売のタイアップ企画である消費者向け販促キャンペーンの受注拡大、動画POPなどデジタルサイネージ(デジタル技術を活用した広告媒体)を組み込んだ新販促商品・サービスの企画・提案営業を強化している。五感を刺激して購買意欲を喚起させる新メニューとして、香りのプロモーションツール「かおるくん」が好調だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テクマトリックスは上場来高値更新の展開、16年3月期増収増益・増配予想でサイバー攻撃関連も注目点

 テクマトリックス<3762>(東1)はシステム受託開発やセキュリティ関連製品販売などの情報サービス事業を展開している。株価は13年3月高値844円を突破して上場来高値更新の展開となり15日は1000円まで上伸した。目先的には過熱感もあるが、16年3月期増収増益・増配予想を評価して上値追いの展開だろう。サイバー攻撃関連やマイナンバー制度関連のテーマ性も注目点だ。

 ネットワーク・セキュリティ関連のハードウェアを販売する情報基盤事業、医療・CRM・EC・金融を重点分野としてシステム受託開発やクラウドサービスを提供するアプリケーション・サービス事業を展開している。

 重点戦略として、ストック型ビジネスの保守・運用・監視サービス関連の戦略的拡大、クラウド関連事業の戦略的・加速度的推進、ネットワーク・セキュリティ関連商材およびサービスの充実、ビッグデータ分析支援サービス、大規模EC事業者向けバックオフィスシステム構築ソリューション「楽楽ECインテグレーションサービス」などを強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:57 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トシン・グループは下値固め完了、16年5月期増収増益期待で出直り

 トシン・グループ<2761>(JQS)は電設資材などの卸売事業を展開している。株価は年初来安値圏2600円近辺でモミ合う展開だったが、15日は終値で前日比78円高の2659円まで上伸した。下値固めが完了したようだ。前々期実績の連結PBRは0.8倍近辺と割安な水準であり、出遅れ株物色の流れや、16年5月20日期の増収増益期待で出直り展開だろう。

 首都圏を中心として、電設資材や住宅設備機器などの卸売事業を展開する持株会社である。小口多数販売や、専門部署による得意先営業活動支援サービスなどを特徴としている。取扱商品や営業拠点網の拡充などで事業基盤強化を推進している。

 前期(15年5月20日期)の連結業績予想(7月4日公表)は、売上高が前々期比1.1%増の470億円、営業利益が同0.7%増の26億90百万円、経常利益が同1.2%増の35億90百万円、そして純利益が同1.1%増の21億円としている。配当予想は前期と同額の年間52円(第2四半期末26円、期末26円)で予想配当性向は22.3%となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年06月15日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は下値固め完了して切り返し

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタントの大手である。株価は安値圏でモミ合う展開だが、3月安値を割り込むことなく下値固め完了感を強めている。中期的に事業環境は良好だ。指標面には割安感があり、出遅れ感を強めて切り返し展開だろう。

 総合建設コンサルタントの大手で河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持っている。13年9月には農業・農村関連ビジネスへの参入を視野に入れて子会社CTIフロンティアを立ち上げ、14年4月には太陽光発電事業に着手した。

 また15年3月にはユニチカ<3103>からユニチカ環境技術センターの全株式を取得して完全子会社化(株式譲渡6月30日予定)すると発表した。同社の子会社化によって土壌、大気、水質などさまざまな環境要素のモニタリング・解析が可能となり、当社グループの環境分野でのソリューション提供力のさらなる強化を目指すとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】第一実業は16年3月期は増収増益・増配予想、07年7月高値試す

 第一実業<8059>(東1)は各種産業機械の取扱を主力とする総合機械商社である。株価は適度な自律調整を挟みながら水準を切り上げて07年7月以来の高値水準だ。16年3月期の増収増益・増配予想、そして指標面の割安感を評価して07年07月685円を試す展開だろう。

 各種産業機械の取扱を主力とする総合機械商社で、プラント・エネルギー事業、エレクトロニクス事業、産業機械事業などを展開し、海外は米州、中国、東南アジア・インド、欧州の世界18カ国36拠点に展開している。

 13年5月発表の新経営計画「AIM2015」では、最終年度16年3月期の売上高1550億円、営業利益57億円、経常利益59億円、純利益37億円、ROE10.7%を目標値として掲げ、広範囲な営業力とエンジニアリング集団としての強みを活かしてグローバルビジネスを積極展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドHDは収益改善基調を評価して出直り、10月1日付で株式併合予定

 フランスベッドホールディングス<7840>(東1)は介護・インテリア関連事業を展開している。株価は下値固めが完了して水準を切り上げた。16年3月期は増収増益・実質増配予想であり、収益改善基調を評価して出直り展開だろう。なお15年10月1日付で5株→1株の株式併合を予定している。

 成長分野のシニア・シルバービジネスに経営資源をシフトして、メディカルサービス事業(介護・福祉関連用具のレンタル・販売、介護予防の通所介護施設「悠々いきいき倶楽部」運営)、インテリア健康事業(家庭用高級ベッド、医療・介護用ベッド、リハビリ商品)、その他事業(日用品雑貨販売など)を展開している。

 独自の新商品・新サービスでは、医療・介護用電動リクライニングベッド・マットレス、超低床リクライニングベッド、アクティブシニア向け「リハテック」ブランドの電動アシスト三輪自転車、ハンドル型電動三輪車いす、リフトアップチェア、電動リフトアップ車いす、在宅・病院・福祉施設向けの見守りケアシステム、徘徊防止外出通報システム、超低床フロアーベッド、体位変換マットレスなどの新製品を積極投入して、介護・福祉用具レンタル市場でのシェア拡大戦略を推進している。新規販売チャネル開拓で病院・施設向け取引も拡大する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは年初来高値圏で堅調、収益底打ち期待で4%台の高配当利回りも評価

 アールシーコア<7837>(JQS)は、ログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を展開している。株価は年初来高値圏で堅調に推移している。16年3月期は減益予想だが収益底打ち期待で続伸展開だろう。4%台の高配当利回りも評価材料だ。

 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売(国内直販部門、連結子会社のBP社、および国内販社)を展開し、東京・代官山「BESSスクエア」と神奈川県「BESS藤沢展示場」の直営展示場2拠点も運営している。

 中期経営計画では、目標数値(事業環境の変化や中計進捗遅れを勘案して契約棟数を1900棟から1600棟に修正)に、17年3月期の売上高(BESS以外も含む)180億円、営業利益率8%、ROE18%を掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】うかいは14年1月高値突破、収益改善基調を評価

 うかい<7621>(JQS)は高級料理店をチェーン展開している。株価は14年1月の2580円を突破して6月11日の2616円まで上伸した。収益改善基調を評価して上値追いの展開だろう。9月末に向けて株主優待制度の権利取りの動きも注目されそうだ。次のターゲットは99年11月上場時の高値3520円となる。

 飲食事業(高級和食・洋食店)を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。新たな成長ステージに向けた戦略として、商圏1万キロに向けたブランド構築、新業態の定着と新規出店、サービス向上のための人材育成、製菓工房「アトリエうかい」の本格稼働、和食店のお土産品強化、物販における販路開拓、海外へのブランド発信と海外企業との業務提携などを推進している。

 14年4月には、国内で4年ぶりの新店となる新業態の割烹料理店「銀座kappou ukai(呼称:割烹うかい)」をオープンした。海外は13年5月に、台湾・高雄市FIHリージェントグループホテル内レストランのコンサルティング契約を締結して海外初出店を決定し、16年オープンに向けて準備を進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は15年10月期減額修正による売り一巡、高配当利回りと低PBRに見直し余地

 巴工業<6309>(東1)は遠心分離機械や化学工業製品を主力としている。株価は15年10月期業績の減額修正で1600円台に水準を切り下げたが、1月の年初来安値を割り込むことなく売り一巡感を強めている。2%台後半の配当利回りや0.7倍近辺の低PBRに見直し余地があり、反発展開が期待される。

 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などを中心とする化学工業製品販売事業を2本柱として、中国・深圳ではコンパウンド加工事業も展開している。

 13年11月には、中国の連結子会社・星科工程塑料に対するテクノポリマーおよび日本カラリングの出資持分をすべて譲り受け、両社との資本・業務提携を解消して当社主導で収益立て直しを進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パイプドビッツは16年2月期大幅増収増益予想を評価

 パイプドビッツ<3831>(東1)は情報資産プラットフォーム事業やソリューション事業を展開している。株価は上げ一服の形だが、16年2月期大幅増収増益予想を評価して2月の年初来高値2090円を目指す展開だろう。マイナンバー制度関連も評価材料だ。なお6月30日に第1四半期(3月〜5月)の業績発表を予定している。

 国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤として、情報資産プラットフォーム事業(データ管理などクラウドサービス提供)、広告事業(アフィリエイトASP一括管理サービス「スパイラルアフィリエイト」など)、およびソリューション事業(ネット広告制作、アパレル・ファッションに特化したECサイト構築・運営受託、子会社ペーパレススタジオジャパン(PLSJ)のBIMコンサルティング事業など)を展開している。

 情報資産プラットフォーム事業では「スパイラル」、アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC」、会計クラウド「ネットde会計」「ネットde青色申告」、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラルプレース」などを主力としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】キーウェアソリューションズは16年3月期は大幅増益・復元配予想

 キーウェアソリューションズ<3799>(東2)はシステム受託開発やシステムインテグレーションを展開している。株価は12日にストップ高水準の699円まで急伸して年初来高値を更新した。マイナンバー制度関連やサイバーセキュリティ関連が材料視されたようだ。16年3月期は大幅増益・復元配予想であり、収益改善基調を評価して続伸展開だろう。

 16年3月期からセグメント区分を変更し、公共システムやネットワークシステムなどのシステム開発事業、SI(システムインテグレーション)事業、プラットフォーム事業、その他事業(運用・保守、機器販売、フロンティア事業など)を展開している。

 主要顧客は、筆頭株主であるNEC<6701>グループ向けが約4割を占め、NTT<9432>グループ、JR東日本<9020>グループ、三菱商事<8058>グループ、日本ヒューレット・パッカードなどが続いている。NECと連携して医療分野や流通・サービス業分野へ事業領域を広げ、ERP(統合業務パッケージ)関連やセキュリティ関連も強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は収益改善基調を評価して水準切り上げ

 山下医科器械<3022>(東1)は九州を地盤とする医療機器専門商社である。株価は急伸した5月高値から利益確定売りで反落したが、収益改善基調を評価して水準切り上げの展開だろう。

 九州を地盤とする医療機器専門商社である。医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力として、子会社イーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。

 中期成長に向けて、九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。医療機関向けSPD(病院医療材料管理業務)の契約施設数増加に対応するため、13年7月に福岡SPDセンター(福岡県福岡市)を新設し、鳥栖SPDセンター(佐賀県鳥栖市)との2拠点体制とした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】鉄人化計画は上値追いの展開で13年5月高値に接近、収益改善基調を評価

 鉄人化計画<2404>(東2)はカラオケルームなどをチェーン展開し、不採算事業整理も進めて収益改善基調である。株価は上値追いの展開となり、6月9日には662円まで上伸して13年5月の671円に接近した。収益改善基調を評価して上値を試す展開だろう。

 首都圏中心に展開する「カラオケの鉄人」ブランドのカラオケルーム運営事業を主力として、京都中心に「からふね屋珈琲店」を展開するフルサービス型珈琲ショップ運営事業、ビリヤード・ダーツ遊技場運営事業、まんが喫茶(複合カフェ)運営事業、および「カラオケの鉄人モバイル(カラ鉄モバイル)」サイト運営やコンテンツ配信ASPサービスのCP事業、音響設備販売事業を展開している。

 カラオケルーム運営事業は、すべてのルームで複数の通信カラオケメーカーの機種が利用できる独自開発のカラオケ集中管理システム「鉄人システム」をベースとして、50万曲を超える豊富な楽曲配信、独自分析によるオリジナル楽曲の配信、顧客情報のデータベース化などを特徴としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析