[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/18)TACは調整一巡して出直り期待、19年3月期増益・連続増配予想
記事一覧 (01/18)巴工業は戻り高値圏、19年10月期微減益予想だが保守的で上振れ余地
記事一覧 (01/18)京写は急動意の展開、0603チップ部品対応配線板の開発を好感
記事一覧 (01/18)JSPは調整一巡して出直り期待、19年3月期減益予想だが下期は収益改善見込み
記事一覧 (01/17)ケンコーマヨネーズは調整一巡感、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待
記事一覧 (01/17)アルコニックスは調整一巡して出直り期待、19年3月経常減益予想だが20年3月期収益拡大期待
記事一覧 (01/17)CRI・ミドルウェアは自律調整一巡して上値試す、19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待
記事一覧 (01/17)テクマトリックスは調整一巡して出直り期待、19年3月期増益・連続増配予想
記事一覧 (01/17)インテリジェントウェイブは調整一巡して出直り期待、19年6月期大幅増益予想
記事一覧 (01/16)星光PMCは調整一巡感、18年12月期減益予想だが19年12月期収益改善期待
記事一覧 (01/16)フォーカスシステムズは戻り歩調、19年3月期増収・営業増益予想で上振れの可能性
記事一覧 (01/16)ヒーハイスト精工は調整一巡して出直り期待、19年3月期利益横ばい予想だが上振れ余地
記事一覧 (01/16)日本エム・ディ・エムは出直り期待、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想
記事一覧 (01/16)立花エレテックは戻り試す、19年3月期利益横ばい予想だが上振れ余地
記事一覧 (01/15)LIFULLは調整一巡して戻り試す、19年9月期増収増益予想(Mitula買収完了後に修正予定)
記事一覧 (01/15)ソーバルは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益・連続増配予想
記事一覧 (01/15)ハウスドゥは調整一巡して出直り期待、19年6月期大幅増収増益・増配予想
記事一覧 (01/15)朝日ラバーは調整一巡して出直り期待、19年3月期2桁営業増益予想
記事一覧 (01/15)Jトラストは売り一巡して反発期待、19年3月期大幅増益予想
記事一覧 (01/11)エイジアは売り一巡感、19年3月期2桁増収増益・増配予想
2019年01月18日

TACは調整一巡して出直り期待、19年3月期増益・連続増配予想

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。19年3月期増収増益・連続増配予想である。株価は地合い悪の影響で16年来の安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

巴工業は戻り高値圏、19年10月期微減益予想だが保守的で上振れ余地

 巴工業<6309>(東1)は機械製造販売事業と化学工業製品販売事業を展開している。19年10月微減益予想だが保守的だろう。上振れ余地がありそうだ。株価は地合い悪の影響を受けた12月の直近安値から急反発して戻り高値圏だ。18年8月の昨年来高値を試す展開が期待される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

京写は急動意の展開、0603チップ部品対応配線板の開発を好感

 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。自動車ヘッドランプ関連やLED照明関連が拡大基調で、19年3月期は下期に販売価格是正を見込んでいる。また業界初のスクリーン印刷法による0603チップ部品対応片面プリント配線板の受注拡大が期待されている。株価は1月15日リリースした0603部品対応配線板を好感して急動意の展開となった。戻りを試す展開を期待したい。なお1月31日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:44 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JSPは調整一巡して出直り期待、19年3月期減益予想だが下期は収益改善見込み

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品大手である。中期成長ドライバーとして自動車部品用ピーブロックなど、高機能・高付加価値製品の拡販を推進している。19年3月期減益予想だが、下期は製品価格是正効果で収益改善を見込んでいる。株価は地合い悪も影響して16年来の安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年01月17日

ケンコーマヨネーズは調整一巡感、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。19年3月期減益予想だが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して安値圏だが調整一巡感を強めている。反発を期待したい。なお2月8日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アルコニックスは調整一巡して出直り期待、19年3月経常減益予想だが20年3月期収益拡大期待

 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指している。19年3月期は経常減益予想だが、20年3月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお2月12日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:52 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

CRI・ミドルウェアは自律調整一巡して上値試す、19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが、Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。株価は12月の昨年来高値から一旦反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。なお2月7日に第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テクマトリックスは調整一巡して出直り期待、19年3月期増益・連続増配予想

 テクマトリックス<3762>(東1)は、セキュリティ関連製品販売やクラウドサービス提供などの情報サービス事業を展開し、クラウドサービスに注力している。19年3月期増収増益・連続増配予想である。株価は地合い悪の影響で安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお1月31日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテリジェントウェイブは調整一巡して出直り期待、19年6月期大幅増益予想

 インテリジェントウェイブ<4847>(東2)は、金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。19年6月期は不採算案件が一巡して大幅増益予想である。株価は地合い悪の影響で安値圏だが調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。なお2月6日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年01月16日

星光PMCは調整一巡感、18年12月期減益予想だが19年12月期収益改善期待

 星光PMC<4963>(東1)は製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業を展開し、次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)など新分野開拓を推進している。18年12月期は原材料価格上昇で減益予想だが、19年12月期はCNF複合材料の商業生産本格化も寄与して収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フォーカスシステムズは戻り歩調、19年3月期増収・営業増益予想で上振れの可能性

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は、公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用を主力として、セキュリティ機器関連事業も展開している。19年3月期増収・営業増益予想である。そして上振れの可能性が高いだろう。株価は地合い悪の影響を受けたが、調整一巡して戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヒーハイスト精工は調整一巡して出直り期待、19年3月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。直動機器を主力として精密部品加工なども展開している。19年3月期利益横ばい予想だが、第2四半期累計の進捗率は順調だった。通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は地合い悪の影響で水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

日本エム・ディ・エムは出直り期待、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。自社製品拡販で19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。株価は地合い悪の影響で水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。なお1月31日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

立花エレテックは戻り試す、19年3月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 立花エレテック<8159>(東1)は産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。19年3月期は利益横ばい予想だが、上振れ余地がありそうだ。配当は増配予想である。株価は地合い悪の影響が一巡して切り返しの動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。なお2月7日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年01月15日

LIFULLは調整一巡して戻り試す、19年9月期増収増益予想(Mitula買収完了後に修正予定)

 LIFULL<2120>(東1)は、不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営の不動産情報サービス事業を主力として、生活関連領域や海外への展開を加速している。Mitula買収が確定して中期成長が期待される。なお19年9月期は増収増益予想で、Mitula買収完了後に修正予定としている。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ソーバルは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益・連続増配予想

 ソーバル<2186>(JQ)は組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開している。19年2月期増収増益・連続増配予想である。第3四半期累計は微増益にとどまったが、概ね順調のようだ。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ハウスドゥは調整一巡して出直り期待、19年6月期大幅増収増益・増配予想

 ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す「不動産テック企業」である。積極的な事業展開で19年6月期大幅増収増益・増配予想である。株価は地合い悪も影響して昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお2月4日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

朝日ラバーは調整一巡して出直り期待、19年3月期2桁営業増益予想

 朝日ラバー<5162>(JQ)は、シリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップ、RFIDタグ用ゴム製品などを展開している。19年3月期2桁営業増益予想である。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお2月7日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

Jトラストは売り一巡して反発期待、19年3月期大幅増益予想

 Jトラスト<8508>(東2)は、日本、韓国、およびインドネシアを中心とする東南アジアで金融事業を展開し、銀行業を中心とする持続的な利益拡大へのステージアップを目指している。19年3月期大幅増益予想である。株価は地合い悪も影響して安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年01月11日

エイジアは売り一巡感、19年3月期2桁増収増益・増配予想

 エイジア<2352>(東1)はメール配信システムの大手である。中期成長に向けてAI(人工知能)を活用した新サービスを強化している。19年3月期2桁増収増益・増配予想である。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。

■メール配信などe−CRMシステム「WEBCAS」シリーズが主力

 自社開発e−CRMシステムのWEBCASシリーズを提供するアプリケーション事業を主力として、システム受託開発なども展開している。18年3月期セグメント別売上高構成比はアプリケーション事業81%、コンサルティング事業18%、オーダーメイド開発事業1%である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析