[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/02)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは今期利益を増額、受注底打ちの可能性を評価して出直り、4%台の高配当利回りも評価材料
記事一覧 (01/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ティムコはレンジ下限から反発、収益改善基調を評価して出直り
記事一覧 (01/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】JFEシステムズは今期好業績見通しを評価して07年1月高値試す
記事一覧 (01/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジョルダンは14年9月高値に接近、好業績を評価して上値試す、訪日外国人旅行客増加が追い風
記事一覧 (01/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ブイキューブは急反発して強基調に転換、ロボット技術のラピュータ社への出資も好感
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カナモトは今期業績増額の可能性を評価して切り返し、指標面の割安感も台頭
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は調整一巡感、今期好業績に対する期待感で切り返しのタイミング
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】Jトラストは調整の最終局面、積極的な業容拡大戦略を評価して切り返し
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】イワキは下値固め完了感、低PBRも評価材料として出直り展開
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は低PBRも評価材料で調整の最終局面、今期の営業損益改善を見直し
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】P&Pホールディングスはモミ合い煮詰まり感、3%台半ばの高配当利回りも評価材料として上放れ
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】サクセスHDは調整の最終局面、アベノミクス成長戦略が追い風、中期成長力を見直し
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本エンタープライズは切り返しの動き強まる
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】クリーク・アンド・リバー社は目先的な売りが一巡して切り返し、14年10月高値目指す
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】東京個別指導学院は売り一巡、15年2月期大幅増益見通しを評価して出直り
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ティー・ワイ・オーは15年7月期好業績見通しを評価して出直り
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】TACは下値固め完了感、収益改善基調を評価して出直り
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本アジアグループは調整一巡感、営業損益改善基調を評価して切り返し
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】スターティアは調整の最終局面、中期成長力を評価して反発
記事一覧 (01/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスプールは今期増額の可能性が高く見直し買い
2015年02月02日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは今期利益を増額、受注底打ちの可能性を評価して出直り、4%台の高配当利回りも評価材料

 ログハウス(丸太組み工法住宅)のアールシーコア<7837>(JQS)は1月30日、第3四半期累計(4〜12月)業績を発表し、今期(15年3月期)の利益見通しを増額修正した。株価は安値圏950円〜1000円近辺でモミ合う展開だが、徐々に下値を切り上げて調整一巡感を強めている。今期利益の増額修正や受注底打ちの可能性を評価して出直り展開だろう。4%台の高配当利回りも評価材料だ。

 ログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売(国内直販部門と販社部門、および連結子会社のBP社)を展開し、東京・代官山「BESSスクエア」と神奈川県「BESS藤沢展示場」の直営展示場2拠点も運営している。

 中期経営計画では、目標数値として17年3月期の契約棟数1900棟、売上高180億円、営業利益率8%、ROE18%を掲げ、重点戦略としてBESSブランドの深耕、営業拠点と営業員の拡充、展示場50拠点展開などを推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年01月30日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ティムコはレンジ下限から反発、収益改善基調を評価して出直り

 フィッシング用品やアウトドア用品のティムコ<7501>(JQS)の株価は、14年9月高値600円から反落して調整局面だったが、12月17日の直近安値545円から下値切り上げの動きを強めている。ボックスレンジ下限から反発して強基調に転換したようだ。収益改善基調を評価して出直り展開だろう。0.2倍近辺の低PBRも評価材料だ。

 フィッシング用品やアウトドア用品の企画・開発・販売を展開し、アウトドア衣料ブランド「フォックスファイヤー」の商品力強化や、直営店舗「フォックスファイヤーストア」の収益力向上に取り組んでいる。20年東京夏季五輪開催に向けて登山・アウトドア・スポーツ関連の需要盛り上がりが追い風だ。

 1月16日に発表した前期(14年11月期)の業績(非連結)(1月15日に売上高を増額、利益を減額修正)は、売上高が前々期比2.6%増の29億30百万円、営業利益が25百万円(前々期は11百万円の赤字)、経常利益が36百万円(同2百万円の赤字)、純利益が8百万円(同16百万円の赤字)だった。配当予想は前々期と同額の年間12円(期末一括)とした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】JFEシステムズは今期好業績見通しを評価して07年1月高値試す

 システム開発のJFEシステムズ<4832>(東2)の株価は、1月8日高値1400円から上げ一服の形だが、27日に発表した第3四半期累計(4〜12月)の大幅増益を好感して切り返しの動きを強め、28日には1389円まで上伸する場面があった。今期(15年3月期)好業績見通しを評価して07年1月高値1480円を試す展開だろう。

 川崎製鉄(現JFEスチール)のシステム部門を分離した情報サービス企業で、鉄鋼向け情報システム構築事業を主力として、ERPと自社開発ソリューションを組み合わせた一般顧客向けSI(システム・インテグレーション)事業、自社開発のプロダクト・ソリューション事業も展開している。

 戦略的アライアンス戦略では、13年5月に大阪ガス<9532>子会社オージス総研と協業、ビジネスブレイン太田昭和<9658>と資本・業務提携した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジョルダンは14年9月高値に接近、好業績を評価して上値試す、訪日外国人旅行客増加が追い風

 経路検索ソフトのジョルダン<3710>(JQS)の株価が動意づいている。1月29日は864円まで上伸して14年9月高値884円に接近する場面があった。訪日外国人旅行客の増加が追い風であり、今期(15年9月期)の好業績見通しを評価して上値を試す展開だろう。

 乗換案内事業(無料版「乗換案内」、有料サービス「乗換案内NEXT」「乗換案内Plus」、総合旅行サービス「乗換案内トラベル」、および広告、グルメ・運行情報サービスなど)を主力として、マルチメディア事業(電子出版・紙媒体出版、ニュース、教育、その他コンテンツ)や、その他事業(受託ソフトウェア開発、その他新サービス)も展開している。

 有料サービス「乗換案内NEXT」「乗換案内Plus」の14年9月末有料会員数は約55万人に達している。また無料を含めて、携帯電話・スマートフォン・パソコンからの検索回数は月間2億回を超え、日常的に使っている利用者数は1000万人に達しているようだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ブイキューブは急反発して強基調に転換、ロボット技術のラピュータ社への出資も好感

 Web会議システム首位のブイキューブ<3681>(東マ)の株価は、1月15日と16日の直近安値1280円から急反発して28日に1755円まで上伸した。26日に発表したロボット技術のラピュータ社への出資も好感された。強基調に転換した形であり、中期成長力を評価して出直り展開だろう。なお2月12日に前期(14年12月期)の決算発表を予定している。

 TV会議・Web会議・オンラインセミナー・営業支援・遠隔教育・遠隔医療・映像配信といったビジュアルコミュニケーションツールおよびソリューションサービスの企画・開発・販売・運用・保守を企業向けに提供している。

 Web会議システム「V−CUBE」は、Webカメラ、ヘッドセット、ネット環境があれば世界中いつでも、どこでも、だれでも、スマートフォンやタブレット端末でも利用可能なビジュアルコミュニケーションサービスである。200社以上の国内販売パートナーと連携して4000社を超える納入実績を持ち、国内Web会議市場で7年連続首位を達成している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2015年01月29日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カナモトは今期業績増額の可能性を評価して切り返し、指標面の割安感も台頭

 建設機械レンタル大手のカナモト<9678>(東1)の株価は12月16日に3000円、そして1月16日には2980円まで下押す場面があった。ただし3000円近辺で下げ渋り、調整一巡感を強めている。予想連結PERが低下して指標面の割安感も台頭している。今期(15年10月期)業績増額の可能性を評価して切り返しのタイミングだろう。

 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタルなども展開している。北海道を地盤に東北、関東、中部、近畿、九州にも営業拠点網を拡充して全国展開し、12年6月には道路建機レンタルと道路工事施工のユナイトを子会社化した。環境保全設備や地下施設建設機械などの製造・レンタルを手掛ける子会社KGフローテクノは14年4月、中国・上海に現地法人を設立した。

 1月15日には北関東エリアで6店舗目となる日立営業所(茨城県日立市)を開設した。同地区で増加基調のレンタル需要に対応する。なお日立営業所開設により営業拠点数は171拠点、子会社・アライアンスグループを含めると349拠点となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】建設技術研究所は調整一巡感、今期好業績に対する期待感で切り返しのタイミング

 建設コンサルタント大手の建設技術研究所<9621>(東1)の株価は、1900円台の高値圏から反落して1月22日には1413円まで調整した。ただし28日は1480円まで戻して調整一巡感を強めている。今期(15年12月期)好業績に対する期待感で切り返しのタイミングだろう。

 総合建設コンサルタントの大手で河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持ち、中期経営計画では防災・減災計画関連、都市計画関連、環境関連などを重点分野と位置付けて、再生エネルギーを活用するスマートコミュニティ、民間資金を活用するPFI・PPP事業、そして鉄道や物流などの分野への取り組みも強化している。

 13年9月には農業・農村関連ビジネスへの参入を視野に入れて子会社CTIフロンティアを立ち上げた。14年4月には太陽光発電事業に着手した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】Jトラストは調整の最終局面、積極的な業容拡大戦略を評価して切り返し

 Jトラスト<8508>(東2)の株価は、再び1000円台を割り込んで上値を切り下げる展開が続いている。1月26日には965円まで調整した。ただし900円台の下値支持線に接近して調整の最終局面のようだ。積極的な業容拡大戦略を評価して切り返しのタイミングだろう。なお2月12日に第3四半期累計(4月〜12月)の業績発表を予定している。

 M&Aや債権承継などを積極活用して業容拡大戦略を推進し、金融サービス事業(事業者向け貸付、消費者向け貸付、クレジット・信販、信用保証、債権買取)、不動産事業、アミューズメント事業、海外金融事業(消費者金融業、貯蓄銀行業)、その他事業(システム開発など)を展開している。

 国内金融分野では、日本保証(12年3月ロプロが武富士の消費者金融事業を承継、12年9月ロプロと日本保証が合併)、KCカード(11年8月楽天KCを子会社化)、クレディア(12年7月子会社化)、個品割賦事業のNUCS(14年3月子会社化)、国内不動産分野・アミューズメント分野ではアドアーズ<4712>(12年6月子会社化)を傘下に置いている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:52 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】イワキは下値固め完了感、低PBRも評価材料として出直り展開

 医薬品・医薬品原料商社のイワキ<8095>(東1)の株価は、安値圏の220円近辺でモミ合う展開だ。1月16日と19日には214円まで下押す場面があった。ただし今期(15年10月期)業績の横ばい見通しに対するネガティブ反応は限定的であり、下値固め完了感も強めている。0.4倍近辺の低PBRも評価材料として出直り展開だろう。

 1914年創業の医薬品商社で、医薬品事業(医療用・一般用・動物用医薬品の製造・販売、調剤薬局経営)、医薬品原料・香粧品原料事業(医薬品・香粧品原料の製造・販売、化粧品OEM製造)、化成品事業(電子工業用薬品・表面処理用薬品・化成品の製造・販売)、食品原料・機能性食品事業(食品原料の製造・販売、サプリメントOEM製造)、その他事業(医療機器の販売、化粧品の製造・販売)を展開している。

 全国の医薬品卸・医療機関・ドラッグストアなどに医薬品や機能性食品などを供給する卸売機能、国内外のメーカーなどを開拓して輸出入する商社機能、グループ内に岩城製薬(ジェネリック医薬品・医薬品原料、医療機関向け化粧品など)やメルテックス(表面処理薬品など)というメーカー機能を併せ持つことが強みであり、卸売・商社・メーカー機能の連携を強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は低PBRも評価材料で調整の最終局面、今期の営業損益改善を見直し

 化学機械メーカーの巴工業<6309>(東1)の株価は、安値圏1700円近辺でモミ合う展開だ。1月28日には直近安値となる1660円まで下押す場面があった。ただし0.7倍近辺の低PBRも評価材料であり、調整の最終局面だろう。今期(15年10月期)の営業損益改善を見直す動きが強まりそうだ。

 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などを中心とする化学工業製品販売事業を2本柱としている。中国ではコンパウンド加工事業も展開している。

 13年11月には、中国の連結子会社・星科工程塑料に対するテクノポリマーおよび日本カラリングの出資持分をすべて譲り受けた。両社との資本・業務提携を解消し、当社主導で収益立て直しを進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】P&Pホールディングスはモミ合い煮詰まり感、3%台半ばの高配当利回りも評価材料として上放れ

 販売支援や物流業務請負などのP&Pホールディングス<6068>(JQS)の株価は、300円〜330円近辺でのモミ合い展開だが、徐々に下値を切り上げて煮詰まり感も強めている。3月期末一括で3%台半ばの高配当利回りも評価材料としてモミ合い上放れの展開だろう。

 12年10月に持株会社へ移行して、モバイル関連の販売支援を中心とするSPO(セールス・プロセス・アウトソーシング・サービス)事業、倉庫・物流拠点作業やコンビニエンスストア棚卸サービスなどのBYS(バックヤードサポート・サービス)事業、コールセンターを中心とする人材派遣・紹介のHR(ヒューマンリソース・サービス)事業、その他事業(WebSPOサービス「もにったー」など)を展開している。

 13年4月にSPO事業強化に向けて流通向け建築・内装施工の子会社P&Pデザイン(PPD)を設立、13年6月に小売・流通向けセールス・プロモーションや伊藤ハム<2284>向け人材派遣の藤栄テクノサービス(現ジャパンプロスタッフ)(JPS)を子会社化、13年10月に経理アウトソーシング事業のリラインを子会社化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】サクセスHDは調整の最終局面、アベノミクス成長戦略が追い風、中期成長力を見直し

 保育園運営のサクセスホールディングス<6065>(東1)の株価は12月8日に1471円まで上伸したが、再び水準を切り下げて1月22日と23日には1234円まで下押した。ただし1200円台では下げ渋り感を強めている。調整の最終局面だろう。アベノミクス成長戦略が追い風であり、中期成長力を見直して反発が期待される。なお2月10日に前期(14年12月期)の決算発表を予定している。

 保育園を運営するサクセスアカデミーの持株会社で、病院・大学・企業などの事業所内保育施設を受託運営する受託保育事業と、認可保育園・認証保育所・公設民営保育園・学童クラブ・児童館・全児童対策事業施設など公的保育施設を運営する公的保育事業を展開している。

 13年12月期末時点の運営施設数は、受託保育事業が171施設(12年12月期末比20施設増加)、公的保育事業が63施設(うち認可保育園35施設、認証保育所5施設、学童クラブ等23施設)(同9施設増加)の合計234施設(同29施設増加)である。地域別にみると関東181施設、中部34施設、関西17施設、東北2施設で、神奈川県と東京都を地盤としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:38 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本エンタープライズは切り返しの動き強まる

 コンテンツ制作・配信の日本エンタープライズ<4829>(東1)の株価は、今期(15年5月期)業績の減額修正や公募増資による希薄化懸念も影響して水準を切り下げたが、1月19日の363円から切り返しの動きを強めて28日は410円まで戻した。調整が一巡して出直り展開だろう。

 コンテンツ配信などのコンテンツサービス事業と、店頭アフィリエイト(広告販売)や企業向けソリューション(システム受託開発)などのソリューション事業を展開し、中国ではチャイナテレコムの携帯電話販売店運営と電子コミック配信サービスを手掛けている。

 配信コンテンツを自社制作して「権利を自社保有する」ビジネスモデルを基本戦略として、ネイティブアプリ事業を新たな収益柱に育成する方針だ。そしてネイティブアプリの開発力強化、ゲームコンテンツ市場への本格参入、法人向け業務支援サービスの早期収益化に向けて、13年3月に音声通信関連ソフトウェア開発のandOneを子会社化、14年4月に子会社HighLabを設立、14年11月にアプリ開発の会津ラボを子会社化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】クリーク・アンド・リバー社は目先的な売りが一巡して切り返し、14年10月高値目指す

 エージェンシー事業のクリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)の株価は、第3四半期累計(3月〜11月)業績発表を受けて水準を切り下げたが、1月16日593円から切り返し、28日は755円まで上伸して14年12月の戻り高値793円に接近した。目先的な売りが一巡した形だ。今期(15年2月期)業績再増額の可能性や中期成長力を評価して、14年10月高値893円を目指す展開だろう。

 日本のクリエイティブ分野(映像・テレビ番組・ゲーム・Web・広告などの制作)で活躍するクリエイターを対象としたエージェンシー(派遣・紹介)事業、ライツマネジメント(著作権管理)事業、およびプロデュース(制作請負・アウトソーシング)事業を主力として、韓国のクリエイティブ分野、医療・IT・法曹・会計などの分野にも事業展開している。

 日本のクリエイティブ分野では、13年8月公開のテレビ朝日開局55周年記念劇場公開映画「少年H」(モスクワ映画祭特別賞受賞)の制作を担当したことが評価され、番組制作請負事業が急拡大している。今期(15年2月期)第2四半期累計(3月〜8月)の当社制作番組は、レギュラーと特番を合わせて19本となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】東京個別指導学院は売り一巡、15年2月期大幅増益見通しを評価して出直り

 小中高校生向け個別指導学習塾を展開する東京個別指導学院<4745>(東1)の株価は、1月15日に335円まで調整して14年6月安値336円を割り込む場面があったが、その後は340円〜350円近辺で推移して売り一巡感を強めている。今期(15年2月期)大幅増益見通しを評価して出直り展開だろう。

 ベネッセホールディングス<9783>グループで、小中高校生向けの個別指導学習塾などを展開している。14年2月期末時点の教室数(1対2形式の個別指導教室)は首都圏158教室、関西地区37教室、東海地区8教室、九州地区5教室の合計208教室で、小中高校生合計の期中平均在籍人数は13年2月期比8.6%増の2万3790人だった。

 14年4月に中期経営計画「Shining☆2015」のローリングプランを発表し、目標数値として16年2月期の売上高169億円以上、営業利益23億円以上、教室数219教室、生徒数(4月末)2万4500人以上を掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ティー・ワイ・オーは15年7月期好業績見通しを評価して出直り

 TV−CM制作大手のティー・ワイ・オー<4358>(東1)の株価は、1月5日の186円から反落し、28日は14年10月以来の安値水準となる171円を付ける場面があった。ただし特に個別の悪材料は見当たらない。年初からの地合い悪化の影響で一時的に売りが膨らんだようだ。今期(15年7月期)好業績見通しを評価して出直り展開だろう。

 広告事業(広告代理店向けのTV−CM企画・制作およびポスト・プロダクション業務、広告主向けWEB広告およびプロモーションメディア広告の企画・制作、クロスメディア広告業務)、映像関連事業(アニメーションおよびミュージックビデオの企画・制作)を展開している。

 今期(15年7月期)の連結業績見通し(9月11日公表)は売上高が前期比7.3%増の285億円、営業利益が同8.0%増の18億50百万円、経常利益が同12.6%増の17億円、純利益が同50.9%増の9億円としている。広告事業の好調が牽引する。純利益は前期計上した特別損失の一巡も寄与する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:22 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】TACは下値固め完了感、収益改善基調を評価して出直り

 「資格の学校」を運営するTAC<4319>(東1)の株価は、安値圏の230円近辺でモミ合う展開だが、14年11月安値218円まで下押す動きは見られず下値固め完了感を強めている。今期(15年3月期)業績増額の可能性や収益改善基調を評価して出直り展開だろう。なお2月3日に第3四半期累計(4月〜12月)の業績発表を予定している。

 財務・会計分野(簿記検定・公認会計士など)、経営・税務分野(税理士・中小企業診断士など)、金融・不動産分野(宅建・不動産鑑定士・FPなど)、法律分野(司法試験・司法書士など)、公務員・労務分野(社会保険労務士・国家総合職など)といった幅広い分野で「資格の学校」を運営し、法人研修事業、出版事業、人材事業も展開している。

 財務・会計、経営・税務、法律など既存領域の市場が縮小傾向のため、中期成長に向けてオンライン教育(Webなどの通信系講座)の活用や、教員、医療、介護、語学など新領域への事業展開を強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本アジアグループは調整一巡感、営業損益改善基調を評価して切り返し

 社会インフラ関連やメガソーラー関連の日本アジアグループ<3751>(東マ)の株価は、14年11月の戻り高値735円から反落して1月16日の551円まで調整したが、調整一巡感も強めている。営業損益改善基調を評価して切り返しのタイミングだろう。なお2月12日に第3四半期累計(4月〜12月)の業績発表を予定している。

 インフラ・環境・エネルギー関連にグループ経営資源を集中し、空間情報コンサルティング事業(国際航業の防災・減災・社会インフラ関連事業)、グリーンプロパティ事業(土壌・地下水保全コンサルティング、戸建住宅・不動産関連、太陽光発電施設の設計施工など)、グリーンエネルギー事業(欧州と国内での太陽光発電所開発・運営・売電事業)、ファイナンシャルサービス事業(日本アジア証券などの証券業)を展開している。震災復興・防災・減災・社会インフラ更新関連、メガソーラー関連、環境・エネルギー関連などテーマ性は多彩である。

 再生可能エネルギー関連事業に関して、14年10月には傘下のJAG国際エナジーが、東京都が創設する官民連携再生可能エネルギーファンドの運営事業者に選定された。また14年12月にはシーベルインターナショナルへの資本参加を発表した。シーベルの流水式(超低落差型)小水力発電装置スモールハイドロストリームを活用して、小水力発電事業を再生可能エネルギー関連事業の第2の柱に育成する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】スターティアは調整の最終局面、中期成長力を評価して反発

 電子書籍関連のスターティア<3393>(東1)の株価は、14年10月安値1552円を割り込んで1月15日には1519円まで調整した。ただし1500円台では下げ渋り感を強めている。調整のほぼ最終局面のようだ。中期成長力を評価して反発のタイミングだろう。なお1月30日に第3四半期累計(4月〜12月)の業績発表を予定している。

 電子ブック作成ソフト「ActiBook」やWebアプリケーションを開発・販売するウェブソリューション関連事業、ネットワークアウトソーシング環境やクラウドサービスを提供するネットワークソリューション関連事業、ビジネスホンやMFP(複合機)などOA機器を販売するビジネスソリューション関連事業を展開している。

 大手との競合が少ない従業員300人未満の中堅・中小企業をターゲットとして、ITインフラのワンストップソリューションを提供するとともに、ストック型収益の向上を推進している。アジア市場へも本格的に事業展開する方針だ。なお14年3月期末の自己資本比率は75.0%である。無借金経営であり財務の健全性の高さも特徴だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスプールは今期増額の可能性が高く見直し買い

人材サービスのエスプール<2471>(JQS)の株価は、1月14日の決算発表後に水準を切り下げて、1月23日と26日に870円まで調整する場面があった。今期(15年11月期)の保守的な会社見通しが嫌気されているようだ。ただし28日は929円まで戻して目先的な売りの一巡感を強めている。今期業績見通しは増額の可能性が高いだけに、見直し買いの動きが強まるだろう。

ビジネスソリューション事業(ロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、フィールドマーケティングサービス、マーチャンダイジングサービス、販売促進支援業務、顧問派遣サービスなど)、人材ソリューション事業(コールセンター向け派遣、携帯電話販売員派遣、ストアスタッフ派遣など)を展開している。

ロジスティクスアウトソーシングサービスはネット通販市場拡大が追い風であり、子会社エスプールロジスティクスが、ECサイト出店企業などの物流センター運営・発送代行サービスで新規顧客獲得を推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析