[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】DNAチップ研究所は急騰後の調整が一巡して反発局面、エンプラスとの資本業務提携効果に期待
記事一覧 (12/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】寿スピリッツは調整一巡してモミ合い上放れ、首都圏の新業態や洋菓子が好調
記事一覧 (12/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インタースペースは中期成長力を評価してレンジ下限から反発局面
記事一覧 (12/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アドアーズは下値固め完了、収益改善基調を評価して出直り
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは下値固め完了、今期収益改善期待で出直り
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは今期増収増益見通しを評価して9月高値試す
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ゼリア新薬工業は15年3月期減益見通しを織り込んで反発局面
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フライトホールディングスは年初来安値から一転して2営業日連続のストップ高、底打ちして出直り
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エイジアは下値切り上げ、中期成長力を評価して出直り
記事一覧 (12/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】シンプロメンテは下値固め完了して出直り
記事一覧 (12/12)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信はモミ合い煮詰まり感、今期増額の可能性を評価して上放れ
記事一覧 (12/12)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは10月安値から反発して調整一巡感、今期見通しを再評価して出直り
記事一覧 (12/12)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは12月11日に第2四半期累計業績を増額修正、通期上ブレ余地も評価してモミ合い上放れ
記事一覧 (12/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォマートは7月高値に接近、中期成長力を評価する流れ
記事一覧 (12/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本マニュファクチャリングサービスは収益改善基調を評価してレンジ下限から反発
記事一覧 (12/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】メディアスHDは下値固め完了して出直り、3%台の高配当利回りも支援材料
記事一覧 (12/10)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】新日本建物は急動意で強基調に転換、収益改善基調を評価して1月高値試す
記事一覧 (12/10)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆は調整が一巡してモミ合い上放れ期待、ロボット機器関連も材料視
記事一覧 (12/10)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドホールディングスは今期減益見通しを織り込んで下値固め完了感、出直り展開期待
記事一覧 (12/10)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トシン・グループは高値圏で堅調推移、自己株式取得や低PBRも支援材料に8月高値試す
2014年12月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】DNAチップ研究所は急騰後の調整が一巡して反発局面、エンプラスとの資本業務提携効果に期待

 バイオベンチャーのDNAチップ研究所<2397>(東マ)の株価は、エンプラス<6961>との資本業務提携を好感して11月26日の1430円まで急騰した。その後は一旦反落したが、急騰後の調整が一巡して反発局面だろう。

 将来の個人化医療や未病社会の実現を見据えた遺伝子発現プロファイル収集・統計受託解析など、DNAチップ(DNAマイクロアレイ)技術の事業化を目指す研究開発企業である。現在は研究受託事業(大学病院・研究機関や製薬・食品メーカー向けDNAチップ関連の受託実験・解析・統計処理サービスなど)を主力として、商品販売事業も展開している。

 時々刻々と変化する体調変化や加齢とともに起こる免疫変化などを遺伝子検査するRNAチェック(血液細胞遺伝子発現マーカー検査)に強みを持ち、中期成長に向けて次世代シークエンス受託解析サービスなど研究受託のメニューを充実させるとともに、RNAチェックによる遺伝子解析検査サービス、独自開発パッケージソフトウェアによる診断支援サービス、健康モニタリングサービスなどの診断関連事業を収益柱に育成する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】寿スピリッツは調整一巡してモミ合い上放れ、首都圏の新業態や洋菓子が好調

 菓子製造・販売の寿スピリッツ<2222>(東1)の株価は、10月の直近安値2038円から切り返し、11月以降は概ね2200円近辺でモミ合う展開だ。やや反発力が鈍い形だが、12月15日には全般地合い悪化の状況でも前日比22円高と3営業日続伸した。調整が一巡してモミ合い上放れの展開だろう。

 山陰地区中心に「因幡の白うさぎ」ブランドなどを展開する寿製菓、北海道中心に「ルタオ」ブランドを展開するケイシイシイ、首都圏中心に洋菓子を多ブランド展開するシュクレイ、九州中心に「赤い風船」ブランドを展開する九十九島グループ、関西中心に「遊月亭」ブランドを展開する但馬寿、そして販売子会社(東海地区3社、中国・九州地区4社、関西地区2社)などの地域事業会社を傘下に置き、地域限定ブランド菓子の製造・販売を主力としている。駅・空港・高速道路など交通機関チャネルでの販売比率が高いことも特徴だ。

 製造卸から製造小売に事業モデルを転換して高収益化を推進するとともに、全国各地のお菓子のオリジナルブランドとショップブランドを創造する「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げている。さらに「ニューコンセプトメーカー」として、ローカル・プレミアムブランドの創出と育成を目指し、地域やチャンネル特性にマッチした商品開発、販路拡大やリアル店舗と通販の融合、独自の販売スタイル構築、新ビジネス開発、海外展開を推進する方針で、中期経営目標の指標は売上高経常利益率20%としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インタースペースは中期成長力を評価してレンジ下限から反発局面

 ネット広告やソーシャルアプリを展開するインタースペース<2122>(東マ)の株価は、今期(15年9月期)の減益見通しを嫌気した11月17日の直近安値911円から切り返し、概ね1000円〜1100円近辺で推移している。大勢として900円〜1400円のボックス展開だが、中期成長力を評価してレンジ下限から反発局面だろう。

 アフィリエイト(成果報酬)型のインターネット広告事業を主力として、コンテンツやソーシャルアプリなどのメディア運営事業も展開している。

 インターネット広告事業はアフィリエイトサービス「アクセストレード」を中心に事業展開し、携帯電話ショップをネットワーク化した店舗アフィリエイトサービス「ストアフロントアフィリエイト」も日本最大規模の店舗ネットワークに成長している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アドアーズは下値固め完了、収益改善基調を評価して出直り

 アミューズメント事業や不動産事業を展開するアドアーズ<4712>(JQS)の株価は、9月の戻り高値189円から反落し、11月上旬に日本介護福祉グループに対するM&Aを好感する場面があったが、買いが続かず調整局面の形だ。ただし11月以降は概ね130円〜140円近辺で推移して下値固め完了感を強めている。収益改善基調を評価して出直り展開だろう。

 13年2月に、親会社Jトラスト<8508>グループで戸建て住宅分譲や商業建築など展開するキーノート、アミューズメント施設向け景品製作・販売など展開するブレイクを子会社化し、Jトラストグループ内で建築・不動産事業とアミューズメント事業の中核を担う位置付けとなった。アミューズメント事業ではメダルゲームジャンルを注力分野として収益改善を目指し、新業態開発やゲーム景品製造も強化している。不動産事業では不動産アセット部門を強化している。

 14年9月には、韓国でカジノ事業を展開するJBアミューズメント(JBA、韓国KOSDAQ市場上場)が実施する第三者割当増資を引き受けると発表した。出資比率9.49%で第2位株主となる。韓国・済州新羅ホテルでカジノ事業を行うマジェスターを含むJBAグループと協力関係を構築し、アミューズメント事業におけるシナジー創出や事業拡大を目指す方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年12月15日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは下値固め完了、今期収益改善期待で出直り

 製紙用薬品の星光PMC<4963>(東1)の株価は、10月の直近安値864円から反発して1000円台を回復する場面もあったが、買いが続かず概ね900円〜1000円近辺でモミ合う展開だ。ただし10月安値圏まで下押す動きは見られない。下値固めが完了して来期(15年12月期)の収益改善期待で出直り展開だろう。

 DIC<4631>の子会社で製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業を展開している。高付加価値商品の拡販、次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)、導電性ナノ材料(銀ナノワイヤー)、光学弾性樹脂(OCA)など成長市場・新分野開拓の戦略を推進している。さらに事業領域拡大に向けて14年4月、興人フィルム&ケミカルズの化成品事業を承継したKJケミカルズを子会社化した。

 次世代素材CNFは、すべての植物の植物細胞壁の骨格成分であるセルロースをナノサイズまで細かくほぐすことにより得られる繊維である。鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上強く、熱による変形が少ないなどの特徴を持ち、樹脂の補強材として機能させることにより、自動車用樹脂の強度・寸法安定性向上や金属部材からの置き換え、家電・モバイル機器の軽量化などでの需要が期待されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは今期増収増益見通しを評価して9月高値試す

 ソフトウェア開発やシステム運用のインフォメーションクリエーティブ<4769>(JQS)の株価は、10月14日の直近安値722円から切り返し、11月以降は概ね780円〜800円近辺で推移している。調整が一巡したようだ。今期(15年9月期)増収増益見通しを評価して9月の年初来高値835円を試す展開だろう。3%台の高配当利回りも支援材料だ。

 ソフトウェア開発事業、システム運用事業、その他事業(パッケージ開発・販売)を展開し、顧客に常駐する型で情報サービス分野における総合的なソリューションサービスを提供している。顧客別に見ると日立システムズや日立ソリューションズなど、日立製作所<6501>グループ向けが全体の約6割を占めて収益源となっていることも特徴だ。

 13年11月発表の新中期経営計画(14年9月期〜16年9月期)では、基本戦略としてソフトウェア開発・システム運用などのITソリューション事業の安定成長、自社パッケージ開発・販売のITサービス事業の成長加速、強固な人材・組織基盤の構築を推進している。経営目標値は16年9月期売上高80億円(ITソリューション事業76億円、ITサービス事業4億円)、売上高経常利益率8.0%を掲げ、長期ビジョンでは100億円企業、東証2部上場を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ゼリア新薬工業は15年3月期減益見通しを織り込んで反発局面

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)の株価は、今期(15年3月期)業績の減額修正も嫌気して軟調展開となり、11月27日の年初来安値1920円まで調整したが、その後は下げ渋る動きだ。今期大幅減益見通しを織り込み、調整が一巡して反発局面だろう。

 消化器分野が中心の医療用医薬品事業と、一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。医療用医薬品事業では潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」、H2受容体拮抗剤「アシノン」、亜鉛含有胃潰瘍治療剤「プロマック」を主力としている。13年6月には自社開発新薬の機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」を発売し、アステラス製薬<4503>と共同で早期の市場浸透を目指している。コンシューマーヘルスケア事業では「コンドロイチン群」「ヘパリーゼ群」「ウィズワン群」を主力としている。

 M&Aを活用してグローバル展開も推進し、08年10月基礎化粧品のイオナ、09年9月「アサコール」の開発会社ティロッツ社(スイス)、10年9月コンドロイチン原料のZPD社(デンマーク)を子会社化した。13年8月には、ビフォーファーマ社(スイス)と鉄欠乏症治療剤「Ferinject」の日本国内における独占的開発・販売契約を締結し、ZPD社の株式を追加取得して完全子会社化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フライトホールディングスは年初来安値から一転して2営業日連続のストップ高、底打ちして出直り

 システム開発や電子決済ソリューションのフライトホールディングス<3753>(東マ)の株価は、軟調展開が続き12月11日には年初来安値618円まで調整する場面があったが、11日発表の米国子会社設立を好感して急反発し、一転して11日、12日と2営業日連続のストップ高となった。底打ちして強基調に転換した可能性があり、出直りの動きが本格化しそうだ。

 フライトシステムコンサルティング(旧)が13年10月、持株会社に移行してフライトホールディングスに商号変更した。事業承継した子会社フライトシステムコンサルティング(新)が、システム開発などのコンサルティング&ソリューション(C&S)事業、電子決済ソリューションなどのサービス事業を展開している。

 電子決済ソリューションの分野では、スマートデバイス決済専用マルチ電子決済端末「インクレディスト」およびスマートデバイス決済専用アプリケーション「ペイメント・マスター」の展開を強化している。専用アプリ「ペイメント・マスター」は10年9月に提供開始した国内初のBtoB向け決済ソリューションで、高級ホテル、レストラン、観光タクシー、旅行代理店などで導入されている。またマルチ電子決済端末「インクレディスト」は前期の大型案件も寄与して国内で数万台の納入実績がある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エイジアは下値切り上げ、中期成長力を評価して出直り

 メール配信ソフト大手のエイジア<2352>(東マ)の株価は、急伸した11月の戻り高値1360円から反落したが、8月と10月の安値圏まで下押す動きは見られず、概ね1000円〜1100円近辺で推移している。下値を切り上げる動きであり、中期成長力を評価して出直り展開だろう。

 自社開発CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズなどのアプリケーション事業を主力として、システム受託開発やマーケティングコンサルティングなどのサービスソリューション事業も展開している。自社開発のメール配信ソフト「WEBCAS e−mail」の導入実績は総合通販大手など約1600社以上に達し、国内メール配信パッケージ市場でのシェアは1位である。

 中期成長戦略として「メールアプリケーションソフトのエイジア」から、販売促進・マーケティング支援分野に事業領域を拡大して「eコマースの売上UPソリューションを世界に提供するエイジア」への発展を目指し、クラウドサービス(ASP、SaaS)の強化、新製品・サービス開発の推進、サービスソリューション事業の拡大に取り組んでいる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】シンプロメンテは下値固め完了して出直り

 飲食店などに店舗設備・機器メンテナンスサービスを提供するシンプロメンテ<6086>(東マ)の株価は、10月下旬の直近安値圏1000円割れ水準から反発して11月上旬に1100円台を回復する場面があった。その後は1000円〜1050円近辺でモミ合う展開だが、3月の上場来安値940円まで下押す動きは見られない。下値固めが完了して出直り展開だろう。

 大手飲食・小売チェーンを主要顧客として、店舗における内外装および各種設備・機器(厨房機器、給排水・衛生設備、空調・給排気・ダクト設備、電機設備、照明機器、ガス設備、看板、自動ドア・ガラス・鍵・シャッターなど)の不具合を解決するメンテナンスサービスを提供している。

 事業区分としては、ワンストップメンテナンスサービスとメンテナンスアウトソーシングサービスを展開している。ワンストップメンテナンスサービスでは、各種設備・機器の突発的なトラブル発生時に対応する緊急メンテナンスサービスを主力として、各種設備・機器の点検・整備・洗浄・清掃を定期的に行う予防メンテナンスサービスも提供している。メンテナンスアウトソーシングサービスは、当社のメンテナンス体制を厨房機器メーカーにOEM的に提供することで、メーカーのメンテナンス業務のサポートを行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年12月12日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】協立情報通信はモミ合い煮詰まり感、今期増額の可能性を評価して上放れ

 ソリューション事業やモバイル事業を展開する協立情報通信<3670>(JQS)の株価は1800円〜2000円近辺でモミ合う展開だ。やや上値が重いが、徐々に下値を切り上げながらモミ合い煮詰まり感を強めている。今期(15年2月期)業績増額の可能性を評価して上放れのタイミングだろう。2000円近辺のフシを突破すれば上げ足を速めそうだ。

 法人向けソリューション事業(情報通信システムソリューション、会計情報ソリューション、情報活用教育ソリューション、情報活用レンタルソリューション)、およびモバイル事業(法人向けモバイルソリューション、ドコモショップ6店舗運営)を展開している。

 企業のICT(情報通信技術)化の実現に向けて、NEC<6701>オービックビジネスコンサルタント<4733>NTTドコモ<9437>サイボウズ<4776>、日本マイクロソフトなどパートナー企業の製品・サービスを融合し、情報通信インフラ機器の販売だけでなく、システム構築から導入・保守・運用・教育までをソリューションとして提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは10月安値から反発して調整一巡感、今期見通しを再評価して出直り

 山口県や福岡県を地盤とする不動産デベロッパーのエストラスト<3280>(東1)の株価は、10月14日に年初来安値599円まで調整する場面があったが、その後は650円〜700円近辺まで戻して調整一巡感を強めている。今期(15年2月期)増収増益見通しを再評価して出直り局面だろう。低PERも支援材料だ。

 山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。一次取得ファミリー型の新築分譲マンション「オーヴィジョン」シリーズ、および新築戸建住宅「オーヴィジョンホーム」の不動産分譲事業を主力として、連結子会社トラストコミュニティが展開する「オーヴィジョン」マンション管理受託の不動産管理事業、および不動産賃貸事業も強化している。

 九州・山口エリアでのNO.1デベロッパーを目指し、福岡県および九州主要都市への進出加速、九州・山口エリアでのマンション年間供給500戸体制構築、山口県での戸建住宅年間供給100戸体制の構築、ストック型ビジネスとなる不動産管理事業での建物管理受託戸数拡大、不動産賃貸事業での収益物件長期保有による収益基盤強化などを推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは12月11日に第2四半期累計業績を増額修正、通期上ブレ余地も評価してモミ合い上放れ

 中古パソコン・モバイル機器などのリユース事業を展開するパシフィックネット<3021>(東マ)は12月11日、第2四半期累計(6月〜11月)業績見通しの増額修正を発表した。株価は概ね600円近辺でモミ合う展開だったが、12月11日には第2四半期累計の増額修正を好感して一時、前日比74円(12.63%)高の660円まで急伸する場面があった。通期見通しの上ブレ余地も評価してモミ合い上放れの展開だろう。

 パソコン、タブレット端末、スマートフォンなど中古情報機器の引取回収・販売事業を主力として、レンタル事業も展開している。13年10月に旗艦店としてオープンした「PC−NETアキバ本店」など全国主要都市に9店舗を展開し、主要仕入先のリース・レンタル会社や一般企業からの引取回収を強化するとともに、生産性向上や業務プロセス効率化などで収益力を高めている。

 ISO27001(ISMS)およびプライバシーマークに準拠した情報漏洩防止のためのセキュリティ体制に強みを持ち、企業や官公庁のセキュリティ意識やコンプライアンス意識の向上に伴って中古情報機器の入荷台数が大幅に増加している。データ消去サービスなどで顧客カバー率が一段と広がり、大手金融機関からの中古情報機器引取回収もスタートしたようだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年12月11日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォマートは7月高値に接近、中期成長力を評価する流れ

 企業間電子商取引プラットフォームを提供するインフォマート<2492>(東マ)の株価は、10月の直近安値1708円から切り返して12月2日の2338円まで上伸し、7月高値2377円に接近した。12月10日には全般地合いが悪化する中でも前日比72円(3.34%)高と堅調な動きとなった。中期成長力を評価する流れに変化はなく、12月末予定の株式2分割も好感して上値を追う展開だろう。

 フード業界向けのEC(電子商取引)プラットフォーム「FOODS info Mart」で、企業間(BtoB)電子商取引の「ASP受発注システム」「ASP規格書システム」「ASP商談システム」「ASP受注・営業システム」「クラウドサービス」を提供している。月額システム使用料収入が収益柱のストック型収益構造だ。

 中期成長を加速させる戦略として業界標準化に向けたフード業界向けBtoBビジネスの強化、他業界BtoB展開の美容業界向け「BEAUTY info Mart」や、医療業界向け「MEDICAL info Mart」による事業領域拡大、次世代BtoB&クラウドプラットフォーム拡販を推進している。14年11月にはフード業界だけでなく請求書のやり取りがある全ての業界に対応できる新サービス「ASP請求書システム」を開始した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本マニュファクチャリングサービスは収益改善基調を評価してレンジ下限から反発

 製造請負大手の日本マニュファクチャリングサービス<2162>(JQS)の株価は、概ね400円近辺のレンジでモミ合う展開だ。ただし着実に下値を切り上げている。収益改善基調を評価してレンジ下限から反発のタイミングだろう。

 製造請負・派遣のIS(インラインソリューション)事業、修理・検査受託のCS(カスタマーサービス)事業、技術者派遣のGE(グローバルエンジニアリング)事業、子会社の志摩グループとTKRグループが展開する開発・製造受託のEMS(エレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス)事業を展開している。なお今期(15年3月期)からIS事業、CS事業、GE事業を総称してHS(ヒューマンソリューション)事業とした。

 基本コンセプトとして、日本、中国、アセアン諸国における人材ビジネス事業とEMS事業の融合によるトータルソリューションサービス「neo EMS」を掲げている。製造アウトソーシング企業NO.1を目指す戦略に大きな変化はないが、サービスの一段の高付加価値化に向けて開発・設計といった製造業の上流プロセス分野の機能を強化している。単なる製造アウトソーサーから、キーテクノロジーを有して技術競争力を備えた企業グループへの変革を推進する戦略だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】メディアスHDは下値固め完了して出直り、3%台の高配当利回りも支援材料

 医療機器販売のメディアスホールディングス<3154>(JQS)の株価は、8月中旬〜10月中旬の2700円〜2800円近辺でのモミ合いから下放れて11月19日の2380円まで調整した。10月の公募増資による希薄化や第1四半期(7月〜9月)の営業赤字が嫌気されたようだ。ただしその後は2400円台で下値固め完了感を強めている。3%台の高配当利回りも支援材料として出直り展開だろう。

 医療機器・医療材料の販売・メンテナンス事業を主力として、介護・福祉機器の販売・レンタル事業も展開している。商品戦略では、医療機関への医療機器・医療材料の販売に加えて、手術室運営支援ソフトウェア、医療材料データベース、プライベートブランド商品などの販売も促進し、複合的サービスを強化している。

 手術室業務支援ソフトウェア「サージレーン」は、効率の良い病院手術室運営を提案して機器・備品売上の拡大に繋げるもので、導入施設数は大病院を中心に8施設となっている。医療材料データベース・医療材料分析サービス「メッカル」は、医療材料価格の最適化を支援するツールで78施設に導入している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年12月10日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】新日本建物は急動意で強基調に転換、収益改善基調を評価して1月高値試す

 マンション・戸建販売の新日本建物<8893>(JQS)の株価は、10月の年初来安値36円から切り返す展開となった。特に12月に入って動意付く形となり、12月8日には60円まで急伸する場面があった。10月安値で底打ちして強基調に転換した形だ。収益改善基調を評価して1月の年初来高値73円を試す展開だろう。

 首都圏地盤の不動産デベロッパーで、流動化事業(他デベロッパー向けマンション用地販売)、マンション販売事業(自社開発物件の分譲、新築マンションの買取再販)、戸建販売事業(戸建住宅・宅地分譲)、その他事業(不動産賃貸や建築工事請負)を展開している。

 10年11月に提出した事業再生計画に基づいて、マンション販売事業の買取再販、流動化事業の専有卸、戸建住宅販売事業を主力として経営再建に取り組んでいる。そして前期(14年3月期)は事業再生計画決定後3期連続の最終黒字を達成し、前期末の自己資本比率は27.5%まで改善した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】セーラー万年筆は調整が一巡してモミ合い上放れ期待、ロボット機器関連も材料視

 文具老舗でロボット機器事業も展開するセーラー万年筆<7992>(東2)の株価は、概ね36円〜40円近辺でモミ合う展開だが、徐々に下値を切り上げて調整一巡感を強めている。ロボット機器関連も材料視してモミ合い上放れの展開が期待される。

 文具事業(万年筆、ボールペン、電子文具、景品払出機、ガラスCD、窓ガラス用断熱塗料など)、およびロボット機器事業(プラスチック射出成形品自動取出装置・自動組立装置など)を展開している。

 文具事業はブランド力の高い万年筆を主力に、中期成長に向けて電子文具への事業展開も加速している。ロボット機器事業は1969年に開発に着手した歴史を持ち、09年にはプラスチック射出成形品用自動取出ロボットで世界初の無線ハンディコントローラ搭載RZ−Σシリーズを開発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】フランスベッドホールディングスは今期減益見通しを織り込んで下値固め完了感、出直り展開期待

 介護・福祉関連のフランスベッドホールディングス<7840>(東1)の株価は、今期(15年3月期)業績見通し減額修正により10月27日安値171円から反発し、11月以降は概ね180円〜185円近辺で推移している。今期減収減益見通しを織り込んで下値を固めた形だろう。出直り展開が期待される。

 メディカルサービス事業(介護・福祉関連用具のレンタル・販売、介護予防の通所介護施設「悠々いきいき倶楽部」運営など)、インテリア健康事業(家庭用高級ベッド、医療・介護用ベッド、リハビリ商品など)、その他事業(日用品雑貨販売など)を展開している。

 成長分野のシニア・シルバービジネスに経営資源をシフトして、医療・介護用電動リクライニングベッド・マットレス、アクティブシニア向け「リハテック」ブランドの電動アシスト三輪自転車やハンドル型電動三輪車いす、さらに他社に真似のできない商品としてリフトアップチェア、リフトアップ車いす、超低床フロアーベッド、在宅・病院・福祉施設向けの徘徊防止通報システムなど、独自の新商品・新サービスの開発・投入を強化して介護・福祉用具レンタル市場でのシェア拡大戦略を推進している。さらに新規販売チャネル開拓で病院・施設向け取引も拡大する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トシン・グループは高値圏で堅調推移、自己株式取得や低PBRも支援材料に8月高値試す

 電設資材商社のトシン・グループ<2761>(JQS)の株価は、8月高値後に上げ一服の形だが、高値圏2800円〜3000円近辺で堅調に推移している。自己株式取得や低PBRも支援材料として8月高値3145円を試す展開だろう。

 首都圏を中心として、電設資材や住宅設備機器などの卸売事業を展開する持株会社である。小口多数販売や、他社にはない専門部署による得意先営業活動支援サービスなどを特徴としている。取扱商品や営業拠点網の拡充などで事業基盤強化を推進しており、14年4月に伊勢崎営業所、14年8月に太田足利営業所を開設した。

 今期(15年5月20日期)の連結業績見通しは前回予想(7月4日公表)を据え置いて売上高が前期比1.1%増の470億円、営業利益が同0.7%増の26億90百万円、経常利益が同1.2%増の35億90百万円、純利益が同1.1%増の21億円、配当予想が前期と同額の年間52円(第2四半期末26円、期末26円)としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析