[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/17)メディカル・データ・ビジョンは急反発、20年12月期増収増益予想
記事一覧 (02/17)ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/17)ヨコレイは反発の動き、20年9月期1Q減益だが通期増益予想
記事一覧 (02/17)JPホールディングスは調整一巡、20年3月期2桁増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/14)寿スピリッツは目先的な売り一巡、20年3月期は一時的影響不可避だが成長基調に変化なし
記事一覧 (02/14)ミロク情報サービスは売り一巡、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地
記事一覧 (02/14)JSPは下値固め完了、21年3月期収益改善期待
記事一覧 (02/14)クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地
記事一覧 (02/14)ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想
記事一覧 (02/14)インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調
記事一覧 (02/14)ジェイテックは下値固め完了、21年3月期収益改善期待
記事一覧 (02/13)クリナップは調整一巡、20年3月期黒字化予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/13)ティムコは反発の動き、20年11月期増収増益予想
記事一覧 (02/13)インテリジェントウェイブは調整一巡、20年6月期増益予想
記事一覧 (02/13)フォーカスシステムズは上値試す、20年3月期増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/13)生化学工業は下値固め完了、20年3月期大幅営業・経常増益予想
記事一覧 (02/13)サンコーテクノは反発の動き、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/13)スターティアホールディングスは調整一巡、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (02/13)アーバネットコーポレーションは下値固め完了、20年6月期増収増益予想
記事一覧 (02/12)日本エム・ディ・エムは売り一巡、20年3月期大幅営業・経常増益予想
2020年02月17日

メディカル・データ・ビジョンは急反発、20年12月期増収増益予想

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は、民間最大級の大規模診療データベースを活用して医療分野ビッグデータ関連ビジネスを展開している。19年12月期は計画超の大幅増収増益だった。20年12月期も増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は急反発の動きとなった。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は、首都圏を中心に戸建分譲などの不動産事業を展開し、M&A・アライアンスも積極活用して「不動産×IT」を推進している。20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は水準を切り下げて軟調展開だが、売られ過ぎ感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヨコレイは反発の動き、20年9月期1Q減益だが通期増益予想

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は冷蔵倉庫事業と食品販売事業を展開している。冷蔵倉庫事業は低温物流サービスの戦略的ネットワーク構築、食品販売事業はノルウェーHI社と提携して業容拡大戦略を推進している。20年9月期第1四半期は減益だったが、通期は増益予想である。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は反発の動きを強めている。売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JPホールディングスは調整一巡、20年3月期2桁増益予想で3Q累計順調

 JPホールディングス<2749>(東1)は総合子育て支援カンパニーである。中長期成長に向けた基本戦略として保育サービスの質的成長、新規事業の創出、保育周辺事業者との提携・連携を推進している。20年3月期2桁増益予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は昨年来高値圏から一旦反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:14 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年02月14日

寿スピリッツは目先的な売り一巡、20年3月期は一時的影響不可避だが成長基調に変化なし

 寿スピリッツ<2222>(東1)は「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げ、首都圏エリア強化や商品プレミアム化などの重点施策を加速している。20年3月期2桁増益予想で第3四半期累計は高進捗率だった。第4四半期にはバレンタイン・ホワイトデー商戦もあり、通常であれば通期上振れ濃厚の状況だが、今期は新型肺炎感染拡大によるインバウンド売上への一時的影響が避けられないだろう。ただし成長基調に変化はなく、21年3月期は影響一巡を期待したい。株価は上場来高値圏から急反落したが、目先的な売り一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ミロク情報サービスは売り一巡、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売・サービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野を強化している。20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は順調だった。通期上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は高値圏から急反落したが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:22 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JSPは下値固め完了、21年3月期収益改善期待

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品大手である。中期成長ドライバーとして自動車部品用ピーブロックなど、高機能・高付加価値製品の拡販を推進している。20年3月期は下方修正して減益幅が拡大する見込みとなったが、21年3月期の収益改善を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地

 クレスコ<4674>(東1)はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、カーエレクトロニクス関連などの組込型ソフトウェア開発も展開している。20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は2桁増収増益と順調だった。通期上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は切り返しの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は、消化器分野が中心の医療用医薬品事業、および一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。20年3月期大幅増益予想である。第3四半期累計の進捗率はやや低水準だが、通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調

 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査事業を主力として、システムソリューション分野や医薬情報分野にも展開している。20年6月期(決算期変更で15ヶ月決算)は、12ヶ月分(19年4月〜20年3月)の比較で増収増益予想としている。第3四半期累計は概ね順調だった。通期ベースでも収益拡大を期待したい。株価は上値を切り下げる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:14 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイテックは下値固め完了、21年3月期収益改善期待

 ジェイテック<2479>(JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。20年3月期第3四半期累計は減益だった。通期も減益予想だが、21年3月期の収益改善を期待したい。株価は反発力が鈍く安値圏だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年02月13日

クリナップは調整一巡、20年3月期黒字化予想で3Q累計順調

 クリナップ<7955>(東1)はシステムキッチンの大手で、システムバスルームも展開している。20年3月期黒字化予想である。第3四半期累計は黒字化と順調だった。通期も収益改善を期待したい。株価は12月の昨年来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ティムコは反発の動き、20年11月期増収増益予想

 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。20年11月期増収増益予想である。収益改善を期待したい。株価は反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテリジェントウェイブは調整一巡、20年6月期増益予想

 インテリジェントウェイブ<4847>(東1)は、金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。20年6月期増益予想である。第2四半期累計は大幅増益だった。第3四半期は利益率の低い案件などで減益見込みとしている。通期下振れに注意必要だが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが、調整一巡を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:44 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フォーカスシステムズは上値試す、20年3月期増益予想で3Q累計順調

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は、公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用を主力として、セキュリティ機器関連事業も展開している。20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は概ね順調だった。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

生化学工業は下値固め完了、20年3月期大幅営業・経常増益予想

 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。20年3月期大幅営業・経常増益(純利益は特別損失計上に伴い赤字)予想である。第3四半期累計の営業利益は通期予想を大幅超過達成したが、第4四半期に研究開発費が集中する見込みのため、通期予想を据え置いている。株価は反発力の鈍い展開だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

サンコーテクノは反発の動き、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調

 サンコーテクノ<3435>(東2)は、建設用あと施工アンカーなどのファスニング事業を主力としている。20年3月期増収増益予想である。第3四半期累計は順調だった。通期ベースでも収益拡大を期待したい。株価は反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:39 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

スターティアホールディングスは調整一巡、21年3月期収益拡大期待

 スターティアホールディングス<3393>(東1)はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期第3四半期累計は減益だった。通期も先行投資負担で減益予想だが、21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は1月の昨年来高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アーバネットコーポレーションは下値固め完了、20年6月期増収増益予想

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQ)は投資用・分譲用マンションの開発・販売を展開している。20年6月期増収増益予想である。第2四半期累計は大幅減収減益だったが、期初時点で下期偏重の計画である。通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して下値固め完了感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年02月12日

日本エム・ディ・エムは売り一巡、20年3月期大幅営業・経常増益予想

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。米国子会社製品の拡販を推進し、自社製品比率上昇で収益力が向上している。20年3月期大幅営業・経常増益予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は第3四半期の伸び率鈍化を嫌気する形で高値圏から急反落したが、目先的な売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 03:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析