[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/26)インテリジェントウェイブは下値固め完了、19年6月期大幅増益予想で2Q累計概ね順調
記事一覧 (02/26)ソラストは戻り歩調、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想、3Q累計順調で通期上振れの可能性
記事一覧 (02/25)夢真ホールディングスは売り一巡して出直り期待、19年9月期1Q営業利益横ばいだが通期2桁営業増益予想
記事一覧 (02/25)インフォマートは戻り歩調で上値試す、19年12月期増収増益予想
記事一覧 (02/25)レカムは出直り期待、19年9月期1Q営業赤字だが通期は3期連続営業最高益更新・連続増配予想
記事一覧 (02/25)パイプドHDは底打ち感、19年2月期減益予想だが20年2月期収益改善期待
記事一覧 (02/25)トーセは下値固め完了感、19年9月期2桁増収・営業増益予想
記事一覧 (02/25)うかいは売り一巡して反発期待、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待
記事一覧 (02/25)イワキは下値固め完了して出直り期待、19年11月期は3期連続営業利益最高更新・増配予想
記事一覧 (02/25)Jトラストは反発の動き、19年3月期下方修正して赤字予想だが、20年3月期のV字回復見込む
記事一覧 (02/25)ASIANSTARは調整一巡期待、19年12月期営業増益予想
記事一覧 (02/22)LIFULLは調整一巡して出直り期待、19年9月期増収増益予想
記事一覧 (02/22)ヨコレイは調整一巡感、19年9月期1Q減益だが通期増益予想
記事一覧 (02/22)TACは戻り歩調、19年3月期3Q累計減益だが通期増益・連続増配予想
記事一覧 (02/22)クレスコは戻り歩調、19年3月期増収増益予想で3Q累計順調
記事一覧 (02/22)星光PMCは戻り歩調、19年12月期増収増益予想
記事一覧 (02/22)マルマエは戻り歩調、19年8月期減益予想の織り込み完了
記事一覧 (02/22)加賀電子は戻り歩調、20年3月期からの収益性向上期待
記事一覧 (02/21)エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益・増配予想
記事一覧 (02/21)ハウスドゥは戻り歩調、19年6月期大幅増収増益・増配予想
2019年02月26日

インテリジェントウェイブは下値固め完了、19年6月期大幅増益予想で2Q累計概ね順調

 インテリジェントウェイブ<4847>(東2)は、金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。19年6月期は不採算案件が一巡して大幅増益予想である。そして第2四半期累計は概ね順調だった。株価は安値圏だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ソラストは戻り歩調、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想、3Q累計順調で通期上振れの可能性

 ソラスト<6197>(東1)は医療事務・介護・保育関連サービスを展開している。地域の女性人材を活用するため、ICTを積極活用して女性が働きやすい職場づくりや生産性向上を目指している。19年3月期はM&Aも寄与して2桁営業増益・連続増配予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期予想は上振れの可能性が高いだろう。株価は調整一巡して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年02月25日

夢真ホールディングスは売り一巡して出直り期待、19年9月期1Q営業利益横ばいだが通期2桁営業増益予想

 夢真ホールディングス<2362>(JQ)は、建設技術者派遣事業や製造・IT業界向けエンジニア派遣事業などを展開している。19年9月期第1四半期の営業利益は横ばいだったが、通期は2桁営業増益予想である。株価は第1四半期業績を嫌気する形で安値圏だが、売り一巡して出直りを期待したい。なお2月14日から米国店頭市場でADR(米国預託証券)の売買が可能になった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォマートは戻り歩調で上値試す、19年12月期増収増益予想

 インフォマート<2492>(東1)は企業間電子商取引「BtoBプラットフォーム」を運営している。利用企業数が増加基調であり、18年12月期大幅増収増益だった。そして19年12月期も増収増益予想である。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

レカムは出直り期待、19年9月期1Q営業赤字だが通期は3期連続営業最高益更新・連続増配予想

 レカム<3323>(JQ)は中小企業向けに情報通信事業、環境関連事業、BPO事業、海外法人事業を展開している。19年9月期はM&A効果や積極的な事業展開で3期連続営業最高益更新・連続増配予想としている。第1四半期は僅かに営業赤字だったが、通期ベースで好業績を期待したい。株価は反発力が鈍く安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

パイプドHDは底打ち感、19年2月期減益予想だが20年2月期収益改善期待

 パイプドHD<3919>(東1)は情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤として、情報資産プラットフォーム事業や販促CRMソリューション事業などを展開している。19年2月期は先行投資負担で減益・減配予想だが、先行投資の効果やストック収益の積み上げで20年2月期の収益改善を期待したい。株価は底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トーセは下値固め完了感、19年9月期2桁増収・営業増益予想

 トーセ<4728>(東1)は家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手である。19年8月期は3億円以上の大型プロジェクト件数が増加して2桁増収・営業増益予想である。株価は下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:39 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

うかいは売り一巡して反発期待、19年3月期減益予想だが20年3月期収益改善期待

 うかい<7621>(JQ)は高級和食・洋食料理店を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。19年3月期は下方修正して減益予想となったが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は下方修正を嫌気したが、失望売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

イワキは下値固め完了して出直り期待、19年11月期は3期連続営業利益最高更新・増配予想

 イワキ<8095>(東1)は、医薬品・医薬品原料・表面処理薬品などを主力とする専門商社で、メーカー機能も強化している。19年11月期は3期連続で営業利益過去最高更新・増配予想である。株価は反発力の鈍い展開だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

Jトラストは反発の動き、19年3月期下方修正して赤字予想だが、20年3月期のV字回復見込む

 Jトラスト<8508>(東2)は、日本、韓国、およびインドネシアを中心とする東南アジアで金融事業を展開し、銀行業を中心とする持続的な利益拡大へのステージアップを目指している。19年3月期は第3四半期にリスクを前倒して貸倒引当金を計上したため、通期を下方修正して赤字・減配予想となった。ただし20年3月期のV字回復を見込んでいる。株価は悪材料出尽くしで反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ASIANSTARは調整一巡期待、19年12月期営業増益予想

 ASIANSTAR(エイシアンスター)<8946>(JQ)は不動産関連事業を展開している。18年12月期は特別損失を計上して最終赤字だが、大幅増収・営業増益だった。19年12月期も営業増益予想である。収益改善を期待したい。株価は調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年02月22日

LIFULLは調整一巡して出直り期待、19年9月期増収増益予想

 LIFULL<2120>(東1)は、不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営の不動産情報サービス事業を主力として、生活関連領域や海外への展開を加速している。Mitula買収が完了して19年9月期増収増益予想である。さらに中期成長を期待したい。株価は安値圏に回帰したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:44 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヨコレイは調整一巡感、19年9月期1Q減益だが通期増益予想

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は冷蔵倉庫事業と食品販売事業を展開している。冷蔵倉庫事業は積極投資で低温物流サービスの戦略的ネットワークを構築し、食品販売事業はノルウェーHI社と提携して業容拡大戦略を推進している。19年9月期第1四半期は減益だったが、通期は国内食品販売の損益が改善して増益予想である。株価は調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは戻り歩調、19年3月期3Q累計減益だが通期増益・連続増配予想

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。19年3月期第3四半期累計は減収減益だったが、通期は増収増益予想、そして連続増配予想である。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クレスコは戻り歩調、19年3月期増収増益予想で3Q累計順調

 クレスコ<4674>(東1)はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、カーエレクトロニクス関連などの組込型ソフトウェア開発も展開している。19年3月期は受注が高水準に推移して9期連続増収増益予想である。第3四半期累計は概ね順調だった。通期ベースで好業績を期待したい。株価は1月の直近安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:39 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

星光PMCは戻り歩調、19年12月期増収増益予想

 星光PMC<4963>(東1)は製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業を展開している。18年12月期は減益だったが、19年12月期は増収増益予想である。新中期経営計画では営業利益30億円(18年12月期実績19億69百万円)を目指している。次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)の商業生産本格化も期待したい。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マルマエは戻り歩調、19年8月期減益予想の織り込み完了

 マルマエ<6264>(東1)は、半導体・FPD製造装置に使用される真空部品などの精密切削加工事業を展開している。19年8月期は生産増強に伴う減価償却費や労務費の増加で減益予想だが、やや保守的だろう。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。19年8月期減益予想の織り込みが完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

加賀電子は戻り歩調、20年3月期からの収益性向上期待

 加賀電子<8154>(東1)は独立系の大手エレクトロニクス商社である。富士通エレクトロニクスを19年1月子会社化(19年3月期第4四半期から新規連結、段階的に株式取得して22年1月完全子会社化予定)した。中期目標には22年3月期営業利益130億円(19年3月期予想77億円)を掲げている。19年3月期は営業・経常減益予想(純利益は負ののれん代が寄与して14期ぶりに過去最高予想)だが、20年3月期からの収益性向上を期待したい。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年02月21日

エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益・増配予想

 エスプール<2471>(東2)は2月19日付でJASDAQから東証2部に市場変更した。ロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開し、19年11月期大幅増収増益・増配予想である。株価は戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ハウスドゥは戻り歩調、19年6月期大幅増収増益・増配予想

 ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す「不動産テック企業」である。19年6月期第2四半期累計はリースバック資産譲渡遅延で計画を下回ったが、ストック型収益事業が伸長して大幅増収増益だった。そして通期予想に変更はなく、大幅増収増益・増配予想である。株価は12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析