[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/01)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本アジアグループは上値重いが下値固めは完了
記事一覧 (07/31)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスプールは急伸後の反動調整に一巡感、中期成長力を評価して反発のタイミング
記事一覧 (07/31)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは好業績を評価して反発のタイミング
記事一覧 (07/31)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は減収減益見通しで売りが一巡して反発のタイミング
記事一覧 (07/31)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは下値支持線に接近して反発のタイミング
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジャパンフーズはエルニーニョ発生遅れによる猛暑が追い風、割安感も支援材料で出直り本格化の可能性
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ワイヤレスゲートは高値更新の展開
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは着実に水準切り上げて1月高値に接近
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は煮詰まり感強めてボックス上放れのタイミング
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アートスパークHDは調整が一巡して反発のタイミング
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】電算システムは13年10月高値を突破、好業績を評価して上値追い
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】DNAチップ研究所は下値固めが完了して再動意のタイミング
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テラは急反発後の利益確定売り一巡
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピックルスコーポレーションの売りほぼ一巡、低PERや低PBRも支援材料で出直り
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは自律調整で目先的な過熱感ほぼ解消、上値追い
記事一覧 (07/30)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】スターティアはモミ合い煮詰まり感強めて動意のタイミング
記事一覧 (07/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カーリットHDは急伸の反動調整局面だが、過熱感が解消して再動意のタイミング、低PBRも支援材料
記事一覧 (07/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは今期営業増益見通しを支援材料に反発のタイミング
記事一覧 (07/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】リオンは煮詰まり感強めて三角保ち合い上放れのタイミング
記事一覧 (07/29)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ラクーンは中期成長力を評価して出直りの流れに変化なし、再動意のタイミング
2014年08月01日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本アジアグループは上値重いが下値固めは完了


 社会インフラ関連やメガソーラー関連の日本アジアグループ<3751>(東マ)の株価は、5月安値435円から6月12日の596円まで一旦切り返したが、その後は上値が重くなり、反落して足元は概ね500円近辺で推移している。ただし5月安値水準まで下押す動きは見られない。下値固めは完了しているようだ。テーマ性は多彩であり、反発のタイミングだろう。なお8月12日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

 インフラ・環境・エネルギー関連にグループ経営資源を集中し、空間情報コンサルティング事業(国際航業の防災・減災・社会インフラ関連事業)、グリーンプロパティ事業(土壌・地下水保全コンサルティング、戸建住宅・不動産関連、太陽光発電施設の設計施工など)、グリーンエネルギー事業(欧州と国内での太陽光発電所開発・運営・売電事業)、ファイナンシャルサービス事業(日本アジア証券などの証券業)を展開している。

 震災復興・防災・減災・社会インフラ更新関連、メガソーラー関連、環境・エネルギー関連などテーマ性は多彩である。傘下の国際航業は上下水道分野で13年6月にメタウォーター、13年11月に水道機工<6403>と業務提携し、14年2月にはAMEC Asiaと業務提携して除染業務における放射線計測技術を強化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年07月31日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エスプールは急伸後の反動調整に一巡感、中期成長力を評価して反発のタイミング


 人材サービスのエスプール<2471>(JQS)の株価は、安値圏750円〜800円近辺でのモミ合い展開から上放れ、さらに第2四半期累計(12月〜5月)業績を好感して7月4日には1260円まで急伸した。その後は急伸の反動局面だが900円近辺で調整一巡感を強めている。中期成長力を評価して反発のタイミングだろう。

 アウトソーシング関連のビジネスソリューション事業(ロジスティクスアウトソーシングサービス、フィールドマーケティング、障がい者雇用支援サービスなど)、人材派遣関連の人材ソリューション事業(コールセンター業務、携帯電話・スマートフォン販売支援業務、オフィスサポートなど)、およびマーチャンダイジングサービス事業などを展開している。なお除染業務は受注単価が下落しているため14年3月末で撤退した。

 ロジスティクスアウトソーシングサービスは、ネット通販市場の拡大が追い風であり、ECサイト出店企業などの物流センター運営・発送代行で新規顧客獲得を推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは好業績を評価して反発のタイミング


 中古パソコン・モバイル機器などのリユース事業を展開するパシフィックネット<3021>(東マ)の株価は、6月上旬の急伸の反動調整を経て7月9日に868円まで急伸し、1月23日の戻り高値845円を突破した。その後は前期(14年5月期)の好業績も材料出尽くしとなって反落したが、600円近辺では下げ渋る動きだ。やや乱高下する傾向はあるが、好業績を評価して反発のタイミングだろう。

 パソコン、タブレット端末、スマートフォンなど中古情報機器の引取回収・販売事業を主力として、レンタル事業も展開している。13年10月に旗艦店としてオープンした「PC−NETアキバ本店」など全国主要都市に9店舗を展開し、主要仕入先のリース・レンタル会社や一般法人からの引取回収を強化するとともに、業務プロセス効率化などで収益力を高めている。

 7月15日に発表した前期(14年5月期)の連結業績は、売上高が前々期比17.3%増の40億57百万円、営業利益が同97.6%増の2億85百万円、経常利益が同85.4%増の3億07百万円、純利益が同2.6倍の1億83百万円だった。5月12日に発表した増額修正値を上回る増収増益だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は減収減益見通しで売りが一巡して反発のタイミング


 医療機器商社の山下医科器械<3022>(東1)の株価は、急騰した5月の年初来高値2120円から反落して1800円近辺で推移していたが、今期(15年5月期)の減収減益・減配見通しを嫌気して7月25日には1590円まで調整した。ただし1600円近辺では下げ渋り感を強めている。売りがほぼ一巡して反発のタイミングだろう。期初時点では保守的な業績見通しを公表する傾向が強く、上振れ余地があることも支援材料だ。

 九州を地盤とする医療機器商社である。医療機器の販売・メンテナンス、医療材料・消耗品などの販売を主力として、子会社イーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。

 中期成長に向けて、九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。医療機関向けSPD(病院医療材料管理業務)の契約施設数増加に対応するため、13年7月に福岡SPDセンター(福岡県福岡市)を新設し、鳥栖SPDセンター(佐賀県鳥栖市)との2拠点体制とした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】エストラストは下値支持線に接近して反発のタイミング


 山口県や福岡県を中心に展開する不動産デベロッパーのエストラスト<3280>(東マ)の株価は、7月10日発表の第1四半期(3月〜5月)業績を嫌気する形で水準を600円台後半に切り下げた。消費増税の反動影響が警戒されているようだ。ただし7月25日発表の新株式発行・売出しによる希薄化懸念に対する反応は限定的のようだ。今期(15年2月期)の分譲マンション契約進捗率は高水準のため業績面の不安は小さい。600円台半ばの下値支持線に接近して反発のタイミングだろう。8月15日予定の市場変更も支援材料だ。

 山口県および福岡県を地盤とする不動産デベロッパーである。一次取得ファミリー型の新築分譲マンション「オーヴィジョン」シリーズ、および新築戸建住宅「オーヴィジョンホーム」の不動産分譲事業を主力として、連結子会社トラストコミュニティが展開する「オーヴィジョン」マンション管理受託の不動産管理事業や不動産賃貸事業も強化している。

 九州・山口エリアでのNO.1デベロッパーを目指し、福岡県および九州主要都市への進出加速、九州・山口エリアでのマンション年間供給500戸体制構築、山口県での戸建住宅年間供給100戸体制の構築、ストック型ビジネスとなる建物管理受託戸数の拡大、優良賃貸物件のポートフォリオ構築などを推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年07月30日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ジャパンフーズはエルニーニョ発生遅れによる猛暑が追い風、割安感も支援材料で出直り本格化の可能性

 飲料受託生産大手のジャパンフーズ<2599>(東1)の株価は、5月安値から反発して概ね1200円台前半の水準で推移している。エルニーニョ現象による冷夏予想なども警戒されてやや戻りの鈍い展開だったが、エルニーニョ発生遅れによる猛暑が追い風となって出直りの動きが本格化しそうだ。指標面の割安感も支援材料だろう。

 伊藤忠商事<8001>系で飲料受託生産の国内最大手である。品目別には炭酸飲料と茶系飲料を主力として、コーヒー飲料、果汁飲料、機能性飲料、酒類飲料、ファーストフード店のディスペンサーでサービスされる業務用濃縮飲料(ウーロン茶、アイスコーヒーなど)を製造している。主要得意先はアサヒ飲料、キリンビバレッジ、伊藤園<2593>サントリー食品インターナショナル<2587>などの大手飲料メーカーで、容器別ではペットボトルが主力だ。

 新規ビジネス分野では、国内で水宅配事業を展開するウォーターネット、中国で飲料受託製造事業を展開する東洋飲料(常熱)有限公司への出資比率を引き上げている。自社ブランド商品に関しては、本社工場がある千葉県産の農林水産物を使用した商品の開発に取り組み、千葉県を中心に販売している。

 また中期経営計画に基づく積極投資で、12年7月に本社工場で世界最新鋭の炭酸・非炭酸兼用無菌充填ライン(Eライン)が稼動し、14年3月には既存大型ペットボトルライン(Tライン)も設備更新で炭酸・非炭酸兼用無菌充填ライン化した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ワイヤレスゲートは高値更新の展開


 ワイヤレスブロードバンドサービスを展開するワイヤレスゲート<9419>(東マ)の株価は高値更新の展開だ。7月3日に5080円を付けて14年1月の上場来高値5070円を突破し、7月8日には6560円まで上値を伸ばした。その後一旦は利益確定売りが優勢になったが、7月29日に6380円まで上伸して再動意の構えを見せている。目先的には過熱感で乱高下の可能性もあるが、中期成長力を評価する流れに変化はなく上値追いの展開だろう。なお8月1日にLTE領域の新商品発表会、8月5日に第2四半期累計(1月〜6月)の業績発表を予定している。

 通信事業者からインフラを借り受けてワイヤレスブロードバンドサービス(Wi−Fi、WiMAX、LTE)を提供している。月額有料会員数の積み上げに伴って収益が拡大するストック型収益構造で、前期(13年12月期)末時点の会員数は約42万人となった。少ない社員数で高収益構造であることも特徴だ。

 ワイヤレスブロードバンドサービス事業の重点戦略として、サービス提供エリアの拡大、販売チャネル数の拡大、サービスラインナップの拡充を掲げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは着実に水準切り上げて1月高値に接近


 カーテンレールやブラインド類大手のトーソー<5956>(東2)の株価は、やや小動きだが着実に水準を切り上げている。7月22日には506円まで上値を伸ばして1月高値508円に接近した。低PERや低PBRも支援材料であり、強基調を確認して上値を試す展開だろう。13年5月高値549円も視野に入りそうだ。なお7月31日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

 カーテンレールやブラインド類の室内装飾関連事業を主力として、ステッキなど介護用品事業も展開している。中期戦略では「窓辺の総合インテリアメーカー」として、国内市場向け新商品開発のスピードアップ、非住宅分野の大型案件獲得、海外での大型案件獲得、インドネシア生産子会社の機能拡大、原価低減や総費用低減、新規領域としての介護用品事業の拡大を掲げている。

 今期(15年3月期)の連結業績見通し(5月8日公表)は、売上高が前期比2.4%増の245億円、営業利益が同11.4%増の11億50百万円、経常利益が同8.9%増の11億円、純利益が同3.0倍の6億円で、配当予想は前期と同額の年間10円(第2四半期末5円、期末5円)としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:07 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は煮詰まり感強めてボックス上放れのタイミング


 化学機械メーカーの巴工業<6309>(東1)の株価は、概ね1600円〜1700円近辺のレンジでボックス展開が続いている。足元は6月12日の1738円から利益確定売りで反落したが、7月11日の1607円から切り返してレンジ上限に向かう動きのようだ。今期(14年10月期)好業績見通しや低PBRが支援材料であり、煮詰まり感を強めてボックスレンジ上放れのタイミングだろう。

 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などを中心とする化学工業製品販売事業を2本柱としている。中国ではコンパウンド加工事業も展開し、13年11月には中国の連結子会社・星科工程塑料に対するテクノポリマーおよび日本カラリングの出資持分をすべて譲り受けた。両社との資本・業務提携を解消し、当社主導で収益を立て直す方針だ。

 13年12月に策定した中期経営計画「Target2016」では、経営目標値として16年10月期売上高475億円、営業利益25億80百万円、経常利益26億円、純利益16億円、ROE6.3%、ROA4.4%を掲げている。重点戦略としては、北米市場、南米市場、東南アジア市場を中心とする海外売上高の拡大に加えて、機械事業ではエネルギー分野への参入、化学品事業では二次電池やパワー半導体向け商材の開拓に取り組むとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アートスパークHDは調整が一巡して反発のタイミング


 グラフィクス制作支援や電子書籍関連のアートスパークホールディングス<3663>(東2)の株価は、6月9日の612円から反落して調整局面だが、7月29日には前日比21円(4.82%)高の457円まで反発する場面があった。第2四半期累計(1月〜6月)の営業赤字に対する反応は限定的のようだ。調整が一巡して反発のタイミングだろう。

 グラフィクス技術のセルシスとエイチアイが12年4月に統合した持株会社で、電子書籍ビューア「BS Reader」やグラフィクスソリューションなどのコンテンツソリューション事業、グラフィクスコンテンツ制作支援ツールなどのクリエイターサポート事業、3Dグラフィックス描画エンジンなどのUI/UX事業を展開している。アプリケーション事業は前期(13年12月期)から戦略的に事業縮小を進めている。

 電子書籍ビューア「BS Reader for Browser」は、インフォコム<4348>グループのアムタスの電子書籍配信サービス「ekubostore」や、ソフトバンクモバイルが提供するスマートフォン向け総合電子書籍サービス「スマートブックストア」などに採用され、利用されている電子書籍配信サービス数は14年6月末時点で800サービス超となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】電算システムは13年10月高値を突破、好業績を評価して上値追い


 情報サービス事業および収納代行サービス事業を展開する電算システム<3630>(東1)の株価は、7月7日に1575円を付けて13年10月の高値1540円を突破した。さらに7月23日には、第2四半期累計(1月〜6月)業績の増額修正を好感して1696円まで上値を伸ばした。利益確定売りで7月29日に1523円まで反落したが自律調整の範囲であり、好業績を評価して上値追いの展開だろう。なお7月30日に第2四半期累計の業績発表を予定している。

 情報サービス事業(システムソリューション、情報処理サービス、システムインテグレーション・商品販売)と、収納代行サービス事業(コンビニ収納代行、郵便振替決済代行、ネットショッピング決済、電子マネー決済)を収益柱として、クラウドサービスや電子マネーへの対応を強化している。13年10月にはNTTドコモ<9437>と業務提携して、米Googleの企業向けクラウドビジネスに関する戦略的パートナーとして連携を強化した。

 14年5月には、オートオークション業務システムの大型案件受注を発表している。受注金額は非公表だが、受注先はトヨタユーゼックで開発期間は14年3月から16年1月としている。14年6月には、企業向けに特化したクラウド型ファイルマネージメントサービス「BizFileforce(ビズファイルフォース)」の提供・販売開始を発表した。企業向けファイルマネージメントサービスで実績を持つファイルフォース社と当社のサービス開発力を融合したクラウド型ファイルマネージメントサービスとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】DNAチップ研究所は下値固めが完了して再動意のタイミング


 バイオベンチャーのDNAチップ研究所<2397>(東マ)の株価は、5月安値680円から6月の927円まで切り返した後、戻り一服となって概ね800円台前半の水準で推移している。ただし7月24日には887円まで上値を伸ばす場面があった。下値固めが完了したようだ。中期成長力を評価して再動意のタイミングだろう。なお8月1日付けで東証2部市場に市場変更となる。

 将来の個人化医療や未病社会の実現を見据えた遺伝子発現プロファイル収集・統計受託解析など、DNAチップ(DNAマイクロアレイ)技術の事業化を目指す研究開発企業である。現在は研究受託事業(大学病院・研究機関や製薬・食品メーカー向けDNAチップ関連の受託実験・解析・統計処理サービスなど)を主力として、商品販売事業も展開している。

 時々刻々と変化する体調変化や加齢とともに起こる免疫変化などを遺伝子検査するRNAチェック(血液細胞遺伝子発現マーカー検査)に強みを持ち、中期成長に向けて次世代シークエンス受託解析サービスなど研究受託のメニューを充実させるとともに、RNAチェックによる遺伝子解析検査サービス、独自開発パッケージソフトウェアによる診断支援サービス、健康モニタリングサービスなどの診断関連事業を収益柱に育成する方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】テラは急反発後の利益確定売り一巡


 バイオベンチャーのテラ<2191>(JQS)の株価は、5月安値978円から7月2日の2187円まで切り返した。その後7月18日の1520円まで一旦調整したが、足元では急反発後の利益確定売り一巡感を強めている。強基調に転換した形であり、中期成長力を評価して出直りの流れに変化はないだろう。

 東京大学医科学研究所発のバイオベンチャーで、細胞医療事業(樹状細胞ワクチン「パクセル」を中心とした独自開発のがん治療技術を契約医療機関に提供)を主力に、医療支援事業(研究機関・医療機関から受託する細胞加工施設の運営・保守管理サービス、細胞培養関連装置の販売、治験支援サービス)、および医薬品事業(樹状細胞ワクチン「パクセル」の薬事承認取得に向けた開発活動)を展開している。

 細胞医療事業は症例数に応じた収入が収益柱で、13年12月末時点で契約医療機関数は全国33カ所、契約医療機関における累計症例数は約7600症例に達している。14年1月に白山通りクリニック(東京都江東区)、14年3月に東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックと連携契約を締結して、契約医療機関数は全国35カ所となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピックルスコーポレーションの売りほぼ一巡、低PERや低PBRも支援材料で出直り


 漬物やキムチ製品の最大手ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)の株価は、4月安値665円から切り返して7月4日には865円まで上伸したが、第1四半期(3月〜5月)の減益を嫌気する形で7月18日と22日の765円まで調整した。ただし7月25日には終値で800円台を回復している。第1四半期の減益を嫌気した売りはほぼ一巡したようだ。通期業績見通しに上振れ余地があり、低PERや低PBRも支援材料として出直り展開だろう。

 漬物・浅漬・キムチなど漬物製品の最大手メーカーで、惣菜製品も強化している。主力の「ご飯がススムキムチ」シリーズのブランド力が大幅に向上して収益力が高まっている。セブン&アイ・ホールディングス<3382>などの大手量販店・コンビニエンスストアが主要取引先であり、ブランド力向上や新製品投入効果で中期成長期待は強い。

 独自研究の植物性乳酸菌「ピーネ12」を使用した「生きて腸まで届くピーネ乳酸菌キムチ」や「トマトキムチ」「ご飯がススムおかずのり」、塩こんぶのくらこんとのコラボレーション商品「くらこん塩こんぶキャベツ」などの新製品投入、さらに成長市場である惣菜製品の商品開発も強化している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:37 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは自律調整で目先的な過熱感ほぼ解消、上値追い


 リサイクルショップ運営のトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)の株価は高値更新の展開が続いている。第1四半期(3月〜5月)業績発表後は株式分割も好感して上げ足を速め、7月18日の3680円まで急伸した。その後は過熱感を強めて7月29日に3065円まで調整したが、自律調整の範囲で目先的な過熱感はほぼ解消した。中期成長力を評価する流れに変化はなく上値追いの展開だろう。

 首都圏を中心に総合リユースショップ(総合業態)や服飾専門リユースショップ(服飾業態)などを直営とFCで展開している。前期(14年2月期)末の店舗数は、直営総合業態47店舗、直営服飾業態21店舗、新業態の古着アウトレット1店舗、FC総合業態4店舗の合計73店舗である。

 関西圏への新規出店も加速させる方針で、13年5月総合業態の関西1号店・神戸新長田店、13年10月服飾業態の関西1号店・尼崎店、14年3月関西3号店で大阪府初出店となる総合業態・岸和田店をオープンした。そして14年7月には総合業態の大阪・八尾店をオープンした。ネット通販も強化するため13年4月に楽天市場へ出店している。新規事業ではブランドバッグ&ファッションレンタル事業を10年10月から開始している。今後は新業態としてスポーツ関連リユースショップの出店も検討しているようだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】スターティアはモミ合い煮詰まり感強めて動意のタイミング


 電子書籍関連のスターティア<3393>(東1)の株価は、5月の年初来安値1305円から切り返し、6月以降は1500円〜1600円近辺で推移している。やや戻りの鈍い展開だが下値固めは完了しているようだ。中期成長力を評価する流れに変化はなく、モミ合い煮詰まり感を強めて動意のタイミングだろう。なお7月31日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

 電子ブック作成ソフト「ActiBook」を主力として、Webアプリケーション開発などのウェブソリューション関連事業、クラウドサービスなどのネットワークソリューション関連事業、OA機器・MFP(複合機)販売などのビジネスソリューション関連事業を展開している。大手と競合しない中堅・中小企業向けを中心にストック型収益の向上を推進し、アジア市場へも本格的に事業展開する方針だ。

 14年6月には電子ブックポータルサイト「ActiBooks(アクティブックス)」を開設した。電子ブック作成ソフト「ActiBook」で作成した電子カタログ・電子ブックを無料で掲載できるポータルサイトであり、10万冊以上が公開される予定だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2014年07月29日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カーリットHDは急伸の反動調整局面だが、過熱感が解消して再動意のタイミング、低PBRも支援材料

 カーリットホールディングス<4275>(東1)の株価は、2次電池関連を材料視した6月17日の高値685円から利益確定売りで反落し、急伸の反動調整局面のようだ。ただし動意前水準まで下押す動きは見られず、580円〜600円近辺で堅調に推移している。低PBRも支援材料であり、目先的な過熱感が解消して再動意のタイミングだろう。7月30日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

 日本カーリットが純粋持株会社を設立して13年10月東証1部市場に上場した。化学品事業(産業用爆薬、緊急保安炎筒・信号炎管、危険性評価試験受託、化成品関連、電子材料・機能性材料関連など)、ボトリング事業、産業用部材事業(半導体用シリコンウェーハ、研削材、耐火・耐熱金物など)を展開している。

 自動車用緊急保安炎筒の国内市場シェアは約8〜9割と想定される。ボトリング事業は伊藤園<2593>向けが主力である。半導体用シリコンウェーハ事業は小口径4〜6インチのニッチ市場を主力としている。また海外は中国・上海、シンガポールに展開している。

 前中期経営計画「飛躍500」では「事業領域の拡大、市場の拡大、シェアの拡大という、3つの拡大戦略により売上高500億円の化学会社への成長」を基本方針として、グループ収益基盤と総合力強化に向けたM&A戦略を積極展開して事業を多様化してきた。13年10月には一級建築士事務所の総合設計を子会社化して上下水道・排水処理施設設計分野に進出した。そして14年2月には東洋発條工業を子会社化した。自動車・建設機械向けを中心とした各種スプリング製造・販売分野に事業展開し、耐火・耐熱金物の並田機工などと合わせた産業用部材事業を新たな収益の柱とする方針だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMCは今期営業増益見通しを支援材料に反発のタイミング

 製紙用薬品の星光PMC<4963>(東1)の株価は、次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)人気が一巡して動意薄となり、足元は1200円近辺で推移している。ただし5月の直近安値1004円水準まで下押す動きは見られない。調整のほぼ最終局面のようだ。今期(14年12月期)営業増益見通しを支援材料に反発のタイミングだろう。

 DIC<4631>の子会社で製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業を展開している。高付加価値・差別化商品の市場投入・拡販、セルロースナノファイバー(CNF)や導電性ナノ材料(銀ナノワイヤ)など、成長市場・新分野開拓の戦略を推進している。さらに事業領域拡大に向けて14年4月には、興人フィルム&ケミカルズの化成品事業を承継したKJケミカルズを子会社化した。

 CNFは自動車用樹脂の強度・寸法安定性向上や金属部材置換、家電・モバイル機器の軽量化などでの需要が期待され、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のCNF開発プロジェクトの中核企業として早期事業化を目指している。13年2月には経済産業省イノベーション拠点立地推進事業に採択され、補助金を活用して竜ヶ崎工場にパイロットプラントを設置した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】リオンは煮詰まり感強めて三角保ち合い上放れのタイミング

 補聴器首位のリオン<6823>(東1)の株価は、4月安値1331円から5月の1611円まで切り返したが、その後はやや上値が重くなり6月中旬以降は概ね1500円近辺で推移している。ただし下値を切り上げて三角保ち合い煮詰まり感を強めている。15年3月期増収増益見通しを評価して上放れのタイミングだろう。なお7月30日に第1四半期(4月〜6月)の業績発表を予定している。

 医療機器事業(補聴器や医用検査機器など)および環境機器事業(音響・振動計測器や微粒子計測器など)を展開し、高機能・高付加価値製品の開発・販売を強化している。補聴器では最上位クラス「リオネットマジェス」、中価格帯「リオネットプレシア」、エントリーモデル「リオネットプレシアV」、低価格のポケット型デジタル補聴器など商品ラインナップの充実を推進している。

 14年6月には「透析液中バイアブルパーティクルカウンタ」について、日機装<6376>との販売契約締結の合意を発表した。11年12月に開発した「水中の生物粒子計数器」を元にして、透析現場での実用化に成功した。今後正式契約の締結によって当社が製造、日機装が販売を担当し、14年10月1日から販売を開始する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ラクーンは中期成長力を評価して出直りの流れに変化なし、再動意のタイミング

 企業間電子商取引(EC)サイトを運営するラクーン<3031>(東マ)の株価は、5月安値394円から6月3日の596円まで切り返した。その後は戻り一服の形だが、5月安値水準まで下押す動きは見られず概ね500円〜550円近辺で堅調に推移している。中期成長力を評価して出直りの流れに変化はなく、再動意のタイミングだろう。

 アパレル・雑貨分野の企業間ECサイト「スーパーデリバリー」の運営を主力として、BtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid(ペイド)」や「売掛債権保証」など周辺分野にも事業領域を広げている。

 企業間ECサイト「スーパーデリバリー」は、質の高い会員小売店と出展企業の獲得、利便性の高いサービスの提供、ブランド力向上などで客単価や稼働率の向上に取り組み、前期(14年4月期)末時点で会員小売店は4万441店舗(前々期末比3901店舗増加)、出展企業は948社(同13社減少)、商材掲載数は45万3115点(同8万3396点増加)となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析