[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/24)フライトホールディングスは調整一巡、20年3月期大幅増収・黒字予想
記事一覧 (09/24)CRI・ミドルウェアは売られ過ぎ感
記事一覧 (09/24)スターティアホールディングスは反発の動き
記事一覧 (09/24)綿半ホールディングスは調整一巡、20年3月期2桁営業増益予想
記事一覧 (09/24)マーケットエンタープライズは上値試す、20年6月期大幅増収増益予想
記事一覧 (09/24)ラクーンホールディングスは調整一巡、20年4月期大幅増益予想で1Q順調
記事一覧 (09/20)イワキは戻り試す、19年11月期営業増益予想で上振れの可能性
記事一覧 (09/20)JSPは反発の動き
記事一覧 (09/20)京写は下値固め完了、20年3月期は下期需要回復で横ばい予想
記事一覧 (09/20)トーセは下値固め完了、19年8月期2桁営業増益予想で20年8月期も収益拡大期待
記事一覧 (09/20)レカムは反発の動き
記事一覧 (09/19)カナモトは調整一巡、19年10月期3Q累計営業微減益だが通期増益予想
記事一覧 (09/19)イトーキは下値固め完了、19年12月期営業増益予想
記事一覧 (09/19)クレスコは調整一巡、20年3月期営業増益予想
記事一覧 (09/18)Jトラストは反発の動き、19年12月期(決算期変更)営業黒字予想
記事一覧 (09/18)ヒーハイスト精工は下値固め完了
記事一覧 (09/18)TACは下値固め完了
記事一覧 (09/18)ジャパンフーズは調整一巡、20年3月期経常増益・最終黒字予想
記事一覧 (09/17)ラ・アトレは急反発、19年12月期配当予想の大幅上方修正を好感
記事一覧 (09/17)加賀電子は反発の動き、20年3月期減益予想だが上振れ期待
2019年09月24日

フライトホールディングスは調整一巡、20年3月期大幅増収・黒字予想

 フライトホールディングス<3753>(東2)は電子決済ソリューションを主力としている。20年3月期は大型案件が寄与して大幅増収・黒字予想である。下期偏重だが通期ベースで収益拡大を期待したい。またDeNAの次世代タクシー配車アプリに採用され、Suicaなど10種類の交通系ICカード決済への対応が決定している。電子決済ソリューションの展開加速を期待したい。株価は調整一巡感を強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

CRI・ミドルウェアは売られ過ぎ感

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想である。第3四半期累計は減益だったが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

スターティアホールディングスは反発の動き

 スターティアホールディングス<3393>(東1)はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期は先行投資負担で減益予想だが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は8月の安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半ホールディングスは調整一巡、20年3月期2桁営業増益予想

 綿半ホールディングス<3199>(東1)はホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。20年3月期2桁営業増益予想である。第1四半期は減益だったが、第2四半期以降の挽回を期待したい。株価は年初来安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーケットエンタープライズは上値試す、20年6月期大幅増収増益予想

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)はネット型リユース事業を展開し、中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略を推進している。20年6月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ラクーンホールディングスは調整一巡、20年4月期大幅増益予想で1Q順調

 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は、企業間ECサイトのスーパーデリバリー運営を主力として、EC事業およびフィナンシャル事業を展開している。20年4月期大幅増益予想である。第1四半期は大幅増益で進捗率も順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は上値を切り下げる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年09月20日

イワキは戻り試す、19年11月期営業増益予想で上振れの可能性

 イワキ<8095>(東1)は医薬品・医薬品原料・表面処理薬品を主力とする専門商社である。メーカー機能も強化し、医薬品を中心としたヘルスケア・ファインケミカル企業集団を目指している。19年11月期営業増益・増配予想である。さらに上振れの可能性が高いだろう。株価は下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:24 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JSPは反発の動き

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品大手である。中期成長ドライバーとして自動車部品用ピーブロックなど、高機能・高付加価値製品の拡販を推進している。20年3月期は原材料価格軟化による利幅改善などで大幅増益予想である。第1四半期が大幅減益だったため通期下振れに注意が必要だが、下期の挽回を期待したい。株価は8月の年初来安値から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

京写は下値固め完了、20年3月期は下期需要回復で横ばい予想

 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。自動車ヘッドランプ関連やLED照明関連の需要が拡大基調である。20年3月期は下期需要回復で横ばい予想としている。通期ベースで収益改善を期待したい。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トーセは下値固め完了、19年8月期2桁営業増益予想で20年8月期も収益拡大期待

 トーセ<4728>(東1)は家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手である。19年8月期は3億円以上の大型プロジェクト件数が増加して2桁営業増益予想である。20年8月期も収益拡大を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

レカムは反発の動き

 レカム<3323>(JQ)は中小企業向けに情報通信事業、環境関連事業、BPO事業、海外法人事業を展開している。19年9月期はM&A効果や積極的な事業展開で大幅増収増益・増配予想である。第3四半期累計が先行投資負担で減益だったため、通期下振れに注意が必要だが、第4四半期の挽回に期待したい。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年09月19日

カナモトは調整一巡、19年10月期3Q累計営業微減益だが通期増益予想

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。19年10月期第3四半期累計は営業微減益だったが、通期は増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は第3四半期累計の営業微減益を嫌気する形で年初来安値に接近する場面があったが、その後は切り返している。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

イトーキは下値固め完了、19年12月期営業増益予想

 イトーキ<7972>(東1)はオフィス家具の大手である。首都圏を中心とする大型新築ビルの竣工、働き方改革に関する積極的な投資、オフィス移転需要拡大などが追い風となる。19年12月期大幅営業増益予想である。第2四半期累計は先行投資負担で減益だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は6月安値を割り込まずに反発の動きを強めている。下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クレスコは調整一巡、20年3月期営業増益予想

 クレスコ<4674>(東1)はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、カーエレクトロニクス関連などの組込型ソフトウェア開発も展開している。20年3月期は受注が高水準に推移して営業増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は7月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年09月18日

Jトラストは反発の動き、19年12月期(決算期変更)営業黒字予想

 Jトラスト<8508>(東2)は日本、韓国・モンゴル、およびインドネシアを中心とする東南アジアで金融事業を展開している。19年12月期(決算期変更で9ヶ月決算)営業黒字予想である。収益改善を期待したい。株価は8月の直近安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヒーハイスト精工は下値固め完了

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。直動機器を主力として精密部品加工なども展開している。20年3月期は営業利益横ばい予想としている。第1四半期の進捗率が順調であり、通期ベースで収益改善を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは下値固め完了

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。20年3月期減益予想だが、中期的に収益改善を期待したい。株価は下値固め完了感を強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:22 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジャパンフーズは調整一巡、20年3月期経常増益・最終黒字予想

 ジャパンフーズ<2599>(東1)は飲料受託製造の国内最大手である。重点戦略として積極的設備投資による競争力向上などを推進している。20年3月期経常増益・最終黒字予想である。収益拡大を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが、下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2019年09月17日

ラ・アトレは急反発、19年12月期配当予想の大幅上方修正を好感

 ラ・アトレ<8885>(JQ)は、新築分譲マンションなどの新築不動産販売、リノベーションマンションなどの再生不動産販売を主力として、周辺ビジネスや海外展開も強化している。9月12日に、19年12月期連結業績予想の修正(売上高を大幅下方修正、利益を小幅上方修正)と、配当予想の修正(従来予想の年間17円から今回予想の年間28円に大幅上方修正して前期比でも大幅増配予想)を発表した。これを好感して株価は急反発の動きとなった。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

加賀電子は反発の動き、20年3月期減益予想だが上振れ期待

 加賀電子<8154>(東1)は独立系の大手エレクトロニクス商社である。20年3月期は世界経済減速を考慮して減益予想だが、第1四半期が大幅増益となり、通期の上振れが期待される。また中期的に富士通エレクトロニクス(19年1月子会社化、段階的に株式取得して22年1月完全子会社化予定)とのシナジー効果で、収益性向上を期待したい。株価は下値固め完了して反発の動きを強めている。出直り本格化を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析