[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本エンタープライズは戻り高値突破、上げ足加速、5月高値試す
記事一覧 (10/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】JFEシステムズは権利落後堅調、修正チャートでも高値試す展開
記事一覧 (10/17)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピーエイは水準切り上げの動き、求人需要・広告回復が追い風
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】新和内航海運は値固め進み出直り近い、なお低PER
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は下値固め完了し本格出直り、今期業績上振れの可能性
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】OBARA GROUPは本格出直り、25日線突破、大幅増益
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アドアーズは下値確認、200円前後で「トリプル底」形成
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】Jトラストに動意、業容拡大戦略に評価余地
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは『2段上げ』接近、中期経営計画に評価
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】毎日コムネットは下値固めてモミ合い上放れ、中期成長力に評価余地
記事一覧 (10/16)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは「陽性型調整」で底打ち、反発へ
記事一覧 (10/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】川崎近海汽船は13週線が26週線を上抜くゴールデンクロス接近
記事一覧 (10/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ゲームカード・ジョイコホールディングスは1500円で下値確認、カジノ関連人気
記事一覧 (10/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ラクーンは一気に26週線突破、本格上昇開始
記事一覧 (10/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは5月高値抜けが目前、新規出店好調
記事一覧 (10/15)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は13週線と26週線でのモミ合い煮詰まる、設備投資回復が材料
記事一覧 (10/13)【水田雅展の為替・株式相場展望】米国のデフォルト回避を前提にリスクオンの流れ、政策関連のテーマ物色
記事一覧 (10/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは5ヶ月ぶりの500円に急接近、高値更新の公算大
記事一覧 (10/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMC続伸、本格出直り、期待大きいナノファイバー
記事一覧 (10/11)【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは25日線下値に急反発、第1四半期発表接近
2013年10月17日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本エンタープライズは戻り高値突破、上げ足加速、5月高値試す

 コンテンツ制作・配信の日本エンタープライズ<4829>(東2)の株価は、戻り高値を突破して上げ足を加速している。今期(14年5月期)好業績見通しが支援材料であり、5月の高値を試す動きだろう。

 コンテンツ配信などのコンテンツサービス事業と、広告関連や企業向けソリューションなどのソリューション事業を展開し、携帯電話販売会社との協業を強化している。また中国では、チャイナテレコムの携帯電話販売店運営と電子コミック配信サービスを展開している。

 配信コンテンツを自社制作して「権利を自社保有する」ビジネスモデルが基本で、13年3月には音声通信関連ソフトウェア開発のandOneを子会社化した。また9月20日には、NTTドコモ<9437>の「iPhone」向けに月額課金サイトを提供すると発表した。

 9月27日に発表した第1四半期(6月〜8月)の連結業績は、前年同期比26.2%増収、同35.4%営業減益、同35.0%経常減益、同87.2%最終増益だった。広告宣伝費など販管費の増加で営業減益だが、売上面ではコンテンツサービス事業が同20.8%増収、ソリューション事業が同32.4%増収と好調だった。

 通期の見通しは前回予想を据え置いて売上高が前期比20.9%増の50億円、営業利益が同39.7%増の5億20百万円、経常利益が同27.7%増の5億円、純利益が同11.3%減の3億15百万円としている。純利益は投資有価証券売却益の一巡で減益見込みだが、コンテンツサービス事業は交通、ライフスタイル、電子書籍、ソリューション事業は広告や海外(中国)が牽引して増収増益見込みだ。

 なお7月30日に株式分割と単元株制度の採用を発表している。11月30日を基準日(効力発生日12月1日)として1株を100株に分割し、単元株式数を100株とする。株式分割に伴って今期予想配当は従来の年間200円(期末一括)から年間2円(期末一括)となる。

 株価の動きを見ると、9月2日の直近安値1万3810円をボトムとして反発した。足元では上げ足を加速する展開となって7月9日に付けた戻り高値2万480円を上抜き、10月16日には前日比2630円(12.36%)高の2万3900円まで急伸した。

 10月16日の終値2万3900円を指標面(株式分割前)で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS835円54銭で算出)は28〜29倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間200円で算出)は0.8%近辺、そして実績PBR(前期実績の連結BPS1万0125円77銭で算出)は2.4倍近辺である。

 日足チャートで見ると25日移動平均線に対するプラス乖離率が拡大して目先的な過熱感を強めているが、週足チャートで見ると26週移動平均線を突破して強基調への転換を確認した形だ。短期調整を挟みながら5月の年初来高値2万9850円を試す動きだろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】JFEシステムズは権利落後堅調、修正チャートでも高値試す展開

 システム開発・構築のJFEシステムズ<4832>(東2)の株価は、下値を切り上げながら高値圏で堅調に推移している。煮詰まり感も強めており、モミ合い上放れて上値を試すタイミングが接近しているようだ。

 川崎製鉄(現JFEスチール)のシステム部門を分離して設立した情報サービス企業で、鉄鋼向け情報システム開発・構築事業を主力として、ERPと自社開発ソリューションを組み合わせた一般顧客向けSI(システム・インテグレーション)事業、食品業界向け自社開発のプロダクト・ソリューション事業なども展開している。

 中期重点戦略としては、製造流通業界向けの新規顧客開拓、ERPを核とした複合ソリューション、電子帳簿保存法対応ソリューション、食品ソリューションの拡大などを掲げている。アライアンス戦略も推進する方針で、5月には大阪ガス<9532>子会社のオージス総研との協業、およびビジネスブレイン太田昭和<9658>との資本・業務提携を発表している。

 今期(14年3月期)連結業績見通しは売上高が前期比1.1%増の341億円、営業利益が同10.6%増の10億20百万円、経常利益が同10.1%増の10億20百万円、純利益が同3.3%増の5億20百万円としている。一般顧客向けSI事業の売上拡大などで増収増益見込みだ。第1四半期(4月〜6月)は高収益案件の売上遅延が影響したが、下期の売上構成比が高い収益構造であり、通期ベースでは好業績が期待される。なお10月25日に第2四半期累計(4月〜9月)の業績発表を予定している。

 株価の動き(10月1日付で株式100分割のため修正株価)を見ると、やや上値が重くモミ合い展開だが、徐々に下値を切り上げながら高値圏の830円〜880円近辺で堅調に推移している。好業績を評価する動きだろう。

 10月15日の終値863円を指標面(株式分割後)で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS66円21銭で算出)は13倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は2.3%近辺、実績PBR(前期実績に株式分割を考慮した連結BPS1179円71銭で算出)は0.7倍近辺である。

 週足チャートで見ると、26週移動平均線がサポートラインの形で下値を切り上げている。指標面に割高感はなく、モミ合い展開に煮詰まり感も強めている。上値を試すタイミングが接近しているようだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>JFEシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ピーエイは水準切り上げの動き、求人需要・広告回復が追い風

 求人情報誌発行や求人サイト運営のピーエイ<4766>(東マ)の株価が水準切り上げの動きを強めている。求人需要・広告回復が追い風であり、きっかけ次第で動意付く可能性もあるだろう。

 東北・関東・信越・北陸地域で紙媒体の無料求人情報誌「ジョブポスト」を発行し、Web求人サイト「ジョブポストweb」や「ジョビー」を強化している。3月には「ジョブポストweb」の群馬県版・栃木県版・山梨県版のサービスを開始して営業エリアを拡大した。一方では、求人広告事業に経営資源を集中するため、4月にフリーマガジン「トクッピ」(新潟県版・長野県版)を譲渡している。

 今期(13年12月期)の連結業績見通しは売上高が前期比25.1%増の16億円、営業利益が同43.1%増の2億円、経常利益が同31.7%増の2億円、純利益は震災補償金や税効果会計の一巡で同14.8%減の1億90百万円としている。新規営業所の開設やテレビ・ラジオCMなどで販管費が増加するが、有効求人倍率の上昇などで求人広告数が増加基調であり、大幅営業増益の見込みだ。

 株価の動きを見ると、8月22日に付けた直近安値191円をボトムとして反発し、その後は徐々に水準を切り上げている。さらに足元では10月1日と10月2日に245円、10月15日に248円まで上伸する場面があり、水準切り上げの動きを強めている。今期好業績を見直す動きだろう。

 10月16日の終値240円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS17円67銭で算出)は13〜14倍近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS74円58銭で算出)は3.2倍近辺である。

 日足チャートで見ると、戻りを押さえていた25日移動平均線がサポートラインに転じた形だ。さらに週足チャートで見ると、13週移動平均線に続いて26週移動平均線も突破した。強基調に転換したようだ。求人需要・広告回復が追い風であり、きっかけ次第で動意付く可能性もあるだろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2013年10月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】新和内航海運は値固め進み出直り近い、なお低PER

 新和内航海運<9180>(JQS)の株価は年初来高値更新後に反落したが、足元で切り返しの動きを強めている。好業績や指標面の割安感に依然として見直し余地が大きく、上値を試す展開だろう。

 NSユナイテッド海運<9110>の子会社で、鉄鋼メーカー向け原料炭・石灰石・鋼材、電力向け石炭、建設向けセメントなどの内航海運を主力としている。復興関連のセメントや電力関連の石炭の輸送量が高水準であり、6月には4000トン積石炭灰運搬船「きぼう」が竣工した。

 今期(14年3月期)の連結業績見通し(7月31日に増額修正)については売上高が前期比5.0%増の200億15百万円、営業利益が同25.5%増の14億70百万円、経常利益が同19.3%増の14億02百万円、純利益が同22.0%増の9億52百万円としている。

 電力・セメント・鉄鋼関連の貨物輸送が、いずれも期初時点の計画を上回る水準で推移して、諸経費の圧縮効果も寄与するようだ。復興関連需要の本格化や景気回復に伴う鉄鋼生産量増加なども考慮すれば、通期再増額の可能性があるだろう。

 株価の動きを見ると、9月下旬に売買高を伴って動意付き、9月27日には年初来高値となる513円まで上伸した。その後一旦は450円近辺まで反落したが、足元では切り返しの動きを強めている。10月15日には前日比26円(5.70%)高の482円まで上伸する場面があった。好業績見通しを評価する動きだろう。

 10月16日の456円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS88円36銭で算出)は5〜6倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間5円で算出)は1.1%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS568円15銭で算出)は0.8倍近辺である。

 日足チャートで見ると一旦割り込んだ25日移動平均線をすぐに回復した。また週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形であり、強基調を維持している。好業績や指標面の割安感に依然として見直し余地が大きく、上値を試す展開だろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>新和内航海運のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:09 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】山下医科器械は下値固め完了し本格出直り、今期業績上振れの可能性

 医療機器商社の山下医科器械<3022>(東1)の株価は、下値固めが完了して出直りの勢いを強めてきた。今期(14年5月期)業績上振れの可能性も支援材料だろう。

 九州を地盤とする医療機器商社で、医療機器の販売・メンテナンス、医療材料・消耗品などの販売を主力としている。そして子会社イーピーメディックは整形インプラントの製造販売を展開している。

 九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略として推進するとともに、医療機関から物品管理を含めた複合的サービスのニーズが高まっていることに対応して、SPD(病院医療材料管理業務)の契約施設数増加を進めている。契約数増加に対応するため13年7月に福岡SPDセンターを新設し、鳥栖SPDセンターとの2拠点体制となった。医療関連のアベノミクス成長戦略も追い風として中期成長期待が大きい。

 9月30日発表の第1四半期(6月〜8月)連結業績は前年同期比7.1%増収、同32.7%営業増益、同26.5%経常増益、同29.4%最終増益だった。主力の医療機器販売事業では、病院設備更新に伴う超音波画像診断装置、SPD契約施設増加に伴う医療機器消耗品、低侵襲治療機器分野での内視鏡備品、メディカルサービス分野での放射線機器などの販売が増加した。新規開業支援の取り扱い件数増加も寄与した。

 通期の見通しについては前回予想を据え置いて売上高が前期比0.3%増の473億29百万円、営業利益が同25.3%減の4億22百万円、経常利益が同23.9%減の4億97百万円、純利益が同30.5%減の2億79百万円としている。福岡SPDセンターの新設費用に加えて、設備工事・機器関連の入札案件の見通しが難しいとしているが、通期見通しに対する第1四半期の進捗率は売上高が24.4%、営業利益が37.4%、経常利益が36.0%、純利益が36.6%と高水準である。通期上振れの可能性が高いだろう。

 株価の動きを見ると、概ね1600円〜1700円近辺のレンジでモミ合う展開だったが、徐々に水準を切り上げている。10月15日には前日比34円(1.95%)高の1775円まで上伸する場面があった。1600円近辺で下値固めが完了して出直り態勢のようだ。

 10月16日の終値1770円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS109円61銭で算出)は16〜17倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間33円で算出)は1.9%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS2157円57銭で算出)は0.8倍近辺である。

 日足チャートで見ると、25日移動平均線がサポートラインとなって75日移動平均線を突破した。また週足チャートで見ると13週移動平均線を回復している。強基調に転換した可能性があり、今期業績上振れの可能性も支援材料に出直りが本格化しそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>山下医科器械のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】OBARA GROUPは本格出直り、25日線突破、大幅増益

 溶接機器のOBARA GROUP<6877>(東1)の株価は、8月以降の調整局面に一巡感を強めてきた。好業績に見直し余地があり、強基調への転換が期待される。

 自動車業界向け抵抗溶接機器や造船・建設業界向けアーク溶接機器を主力とする溶接機器関連事業、およびエレクトロニクス業界向け平面研磨装置を主力とする研磨装置関連事業を展開している。

 前期(13年9月期)の連結業績見通し(4月26日に2回目の増額修正)は、売上高が前々期比14.4%増の369億円、営業利益が同38.7%増の62億円、経常利益が同54.2%増の71億円、純利益が同72.9%増の47億円としている。溶接機器関連事業が好調であり、研磨装置関連事業も半導体関連の設備投資が回復傾向のようだ。

 通期見通しに対する第3四半期累計(12年10月〜13年6月)の進捗率が順調な水準だったことに加えて、通期想定為替レートが1ドル=91円と保守的だったことを考慮すると、3回目の増額の可能性があるだろう。なお11月11日に前期の決算発表を予定している。

 来期(14年9月期)についても、世界の自動車メーカーの積極的な増産投資を背景として、溶接機器関連事業が好調に推移するだろう。国内ではアベノミクス成長戦略の設備投資減税が追い風だろう。さらに円安メリットも寄与して好業績が期待される。

 株価の動きを見ると、8月以降は概ね2400円〜2700円近辺のレンジでモミ合う調整局面となり、10月7日と10月8日には2350円まで調整する場面があった。しかし足元では2500円台後半まで戻して水準切り上げの動きを強めている。2400円近辺で下値を固めた形であり、調整一巡して出直りのタイミングが接近しているようだ。

 10月15日の終値2576円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想の連結EPS241円88銭で算出)は10〜11倍近辺、前期推定配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は0.8%近辺、実績PBR(前々期実績の連結BPS1183円67銭で算出)は2.2倍近辺である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んで調整局面だが、日足チャートで見ると戻りを押さえていた25日移動平均線を突破した。好業績に見直し余地があり、強基調への転換が期待される。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>OBARA GROUPのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アドアーズは下値確認、200円前後で「トリプル底」形成

 アミューズメント事業や不動産事業のアドアーズ<4712>(JQS)の株価は、戻り高値圏から反落したが、短期調整が一巡して切り返しの動きを強めている。収益改善基調やカジノ関連のテーマ性を評価して上値を試す展開となりそうだ。

 アミューズメント施設運営事業、商業施設の設計・施工事業、不動産事業を展開し、筆頭株主のJトラスト<8508>との連携を強化して収益改善を進めている。13年2月には、Jトラストの子会社で戸建て住宅分譲のキーノート、アミューズメント機器用景品企画・販売のブレイクを子会社化し、Jトラストグループ内で建築・不動産事業とアミューズメント事業の中核を担う位置付けとなった。

 13年7月には、ゲオが運営する店舗でのカプセル自動販売機設置・運営受託契約を解消し、設置した自動販売機本体と景品をゲオに売却する基本合意書を締結している。受託解消による事業収益への影響は軽微であり、経営資源集中に向けて他顧客への設置・運営受託も解消を進める方針だ。収益改善に繋がりそうだ。

 今期(14年3月期)の連結業績見通しは、売上高が前期比15.0%増の230億円、営業利益が同2.6倍の11億円、経常利益が同2.7倍の10億円、純利益が同3.6倍の6億円としている。前期に実施した希望退職や不採算店舗閉鎖の効果で、アミューズメント施設運営事業の収益が大幅に改善する。さらに子会社化したキーノートとブレイクの連結も寄与する。

 10月11日に発表した月次売上動向を見ると、13年9月のアミューズメント施設既存店売上高(前年比、速報値)は95.3%だった。メダルゲームは堅調だったが、3連休に台風などの悪天候となったことも影響したようだ。ただし四半期別に見ると、第1四半期(4月〜6月)の95.3%に対して、第2四半期(7月〜9月)は98.4%となり改善基調のようだ。

 株価の動きを見ると、9月19日の戻り高値275円から反落して10月8日に190円まで調整する場面があった。しかし終値ベースでは200円を割り込むことなく、足元では230円近辺に戻している。短期調整が一巡して切り返す動きだろう。

 10月15日の終値229円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS4円30銭で算出)は53倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.9%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS72円98銭)は3.1倍近辺である。

 日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線を回復する動きを強めている。短期調整が一巡した形であり、カジノ関連のテーマ性や収益改善を評価して上値を試す展開となりそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】Jトラストに動意、業容拡大戦略に評価余地

 Jトラスト<8508>(東2)の株価は、調整が一巡して出直りの動きが本格化してきた。低金利が追い風であり、積極的な業容拡大戦略に評価余地があるだろう。

 事業者向け貸付、消費者向け貸付、クレジット・信販、信用保証、債権買い取りなどの金融サービス事業を主力として、不動産事業、アミューズメント事業、海外金融事業(消費者金融業、貯蓄銀行業)、その他事業(システム開発など)も展開している。

 M&Aや債権承継などの積極活用で業容を拡大し、国内金融分野では日本保証(12年3月ロプロが武富士の消費者金融事業を承継、12年9月ロプロと日本保証が合併)、KCカード(11年8月旧楽天KCを子会社化)、クレディア(12年7月ネオラインホールディングス株式取得に伴い子会社化)、不動産分野・アミューズメント分野ではアドアーズ<4712>(12年6月子会社化)などを傘下に置いている。

 海外金融分野では、韓国・親愛貯蓄銀行(12年10月貯蓄銀行認可・営業開始)が未来貯蓄銀行の一部資産・負債を承継し、13年1月に韓国・ソロモン貯蓄銀行から、6月に韓国・エイチケー貯蓄銀行から消費者信用貸付債権の一部を譲り受けた。また10月4日には、シンガポールに子会社Jトラスト・アジアを設立すると発表した。東南アジアでの成長企業に対する投資事業の拠点とするようだ。

 今期(14年3月期)の連結業績見通しは、売上高が前期比30.4%増の726億20百万円、営業利益が同34.1%増の161億03百万円、経常利益が同26.4%増の173億19百万円、そして純利益が同12.9%増の150億30百万円としている。第1四半期(4月〜6月)は事業規模拡大に伴う販管費増加で大幅減益だったが、通期ベースではアドアーズや親愛貯蓄銀行の収益拡大も寄与して大幅増収増益見込みだ。なお11月13日に第2四半期累計(4月〜9月)の業績発表を予定している。

 株価の動きを見ると、8月27日の直近安値1325円をボトムとして急反発し、9月19日には1910円まで戻す場面があった。その後一旦は反落したが、下値を切り上げながら10月15日には前日比76円(4.28%)高の1850円まで戻している。タイヨウ・パシフィック・パートナーズが発行済株式総数の5%超を取得して第3位の大株主になったという、10月11日のブルームバーグの報道も刺激材料となったようだ。

 10月15日の終値1850円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS149円36銭で算出)は12〜13倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間10円で算出)は0.5%近辺である。日足チャートで見ると、戻りを押さえていた75日移動平均線突破の動きを強めている。積極的な業容拡大戦略に評価余地があり、調整が一巡して本格出直り展開となりそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>JトラストのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アールシーコアは『2段上げ』接近、中期経営計画に評価

 ログハウス(丸太組み工法住宅)のアールシーコア<7837>(JQS)の株価は、全般地合い悪化の影響も受けて足元で戻り一服となったが、出直り歩調に変化はなく、好業績や指標面の割安感にも見直し余地があり、押し目買いの好機だろう。

 ログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売(国内直販部門と販社部門、および連結子会社BP社)と、カントリーログハウスなどキット部材の製造販売(北米部門)を展開し、東京・代官山の「BESSスクエア」と神奈川県の「BESS藤沢展示場」の直営展示場2拠点も運営している。

 中期経営計画では17年3月期に契約棟数1900棟、売上高180億円、営業利益率8%、ROE18%(13年3月期12.1%)を目標数値に掲げている。重点戦略として展示場50拠点展開を目指し、空白・重点エリアの千葉・埼玉エリア、近畿エリア、九州・四国エリアでドミナント開設を進める方針だ。

 9月27日には、12年4月に直営展示場でスタートさせたBESSのリノベーション「NEWIT(ニュイット)」を、今秋から全国の展示場で順次導入すると発表した。各物件事情に大きく左右されるリノベーションにおいても、企画型の仕組みである「NEWITデザインシステム」を構築することで、一定のデザインレベルで全国にリノベーション商品を提供する。次代の主力商品の一つとして育成する方針だ。

 今期(14年3月期)の連結業績見通しは、契約棟数が前期比17.3%増の1200棟、契約高が同17.9%増の123億円、売上高が同24.1%増の127億円、営業利益が同29.3%増の8億90百万円、経常利益が同31.5%増の8億90百万円、純利益が同33.8%増の5億30百万円としている。

 第1四半期(4月〜6月)は、全国BESS展示場への新規来場者数が前年同期比13%増加、契約高が同27.4%増加と好調だった。高水準の契約残高、藤沢展示場の通期寄与、新規販社の開拓やBESS展示場の新設、ブランドの知名度向上効果に加えて、消費増税前の駆け込み需要も追い風であり、大幅増益が期待される。なお10月31日に第2四半期累計(4月〜9月)の業績発表を予定している。

 株価の動きを見ると、1000円近辺で下値を固めて出直り歩調の展開となり、9月27日には1239円まで水準を切り上げた。その後は全般地合い悪化の影響も受けて戻り一服の形となったが、足元では水準切り上げの動きを強めている。いわゆる、1段上げ後のモミ合いで、「2段上げ」待ちの展開といえる。

 10月15日の終値1198円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS128円30銭で算出)は9〜10倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間40円で算出)は3.3%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS848円80銭で算出)は1.4倍近辺である。

 日足チャートで見ると、25日移動平均線近辺から反発してサポートラインを確認する形となった。また週足チャートで見ると、一旦割り込んだ26週移動平均線を回復する動きを強めている。出直り歩調に変化はなく、好業績、低PER、高配当利回りに見直し余地があり、押し目買いの好機だろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】毎日コムネットは下値固めてモミ合い上放れ、中期成長力に評価余地

 学生専用マンション向け土地・建物サブリース事業の毎日コムネット<8908>(JQS)の株価は、下値固めが完了してモミ合いから上放れの動きを強めている。中期成長力に評価余地があり、出直りの動きが本格化しそうだ。

 首都圏での不動産ソリューション事業(不動産開発部門と賃貸・管理業務の学生マンション部門)を主力として、学生生活支援事業(課外活動支援部門と人材ソリューション部門)も展開している。安定的な入居者が見込まれるエリアに開発を集中するとともに、大学との連携による学生寮の開発や、学生マンションを建設して投資家へ販売した後にサブリースで運営を受託する開発も強化している。

 管理受託を含めた前期(13年5月期)末の総管理戸数は前々期比1.9%増加の180棟7463戸である。大学生の首都圏進学志向や女子大生比率の上昇などを背景として、居住場所に安全性・快適性・利便性を求めるニーズは一段と高まっている。このため中期的に収益拡大が期待される。

 10月10日に発表した今期(14年5月期)第1四半期(6月〜8月)の連結業績は、前年同期比11.6%増収、同32.4%営業増益、同44.1%経常増益、同53.1%最終増益と好調だった。主力の不動産ソリューション事業が同14.2%増収(開発部門が同48.9%増収、学生マンション部門が同5.8%増収)となり、全体を牽引した。

 通期の見通しは前回予想を据え置いて、売上高が前期比5.5%増の99億円、営業利益が同2.6%増の8億58百万円、経常利益が同7.1%増の8億20百万円、純利益が同10.1%増の4億80百万円としている。人材ソリューション部門で営業機能を持分法適用関連会社ワークス・ジャパンへ全面移管したことが減収要因となるが、学生マンション部門の自社保有物件およびサブリース物件ともに開発が順調に進んでいる。通期上振れの可能性もありそうだ。

 株価の動きを見ると、8月中旬以降は概ね550円〜600円近辺のレンジでモミ合う展開だったが、第1四半期の大幅増収増益を好感して水準を切り上げている。10月11日には621円、10月15日には623円まで上伸する場面があった。下値固めが完了してモミ合いから上放れる動きだろう

 10月15日の終値608円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS53円33銭で算出)は11〜12倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間16円で算出)は2.6%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS528円70銭で算出)は1.1倍近辺である。

 日足チャートで見ると、戻りを押さえていた75日移動平均線を突破した。また週足チャートで見ると、52週移動平均線がサポートラインとなり、さらに26週移動平均線突破の動きを強めている。指標面に割高感はなく、出直りの動きが本格化しそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>毎日コムネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】インフォメーションクリエーティブは「陽性型調整」で底打ち、反発へ

 ソフトウェア開発やシステム運用のインフォメーションクリエーティブ<4769>(JQS)の株価は、9月期末一括配当の権利を巡る急騰と急落で反動調整局面だが、足元では売り一巡感を強めている。反発のタイミングが接近しているようだ。

 ソフトウェア・ソリューション、ネットワーク・ソリューション、運用サービス・ソリューション、クラウド・ソリューション、システム・インテグレーション、プロダクト・ソリューションなど、情報サービス分野におけるトータル・ソリューション事業を展開している。顧客別には、日立システムズや日立ソリューションズなど日立製作所<6501>グループ向けが全体の約6割を占めている。

 前期(13年9月期)の業績(非連結)見通しは売上高が前々期比6.2%増の62億56百万円、営業利益が同8.7%増の3億52百万円、経常利益が同4.9%増の3億71百万円、純利益が同18.2%増の1億96百万円としている。クラウドサービス関連や車載用組込ソフトウェア関連を中心に受注が好調であり、増収増益の見込みだ。純利益については投資有価証券評価損一巡も寄与する。

 企業がIT投資を活発化させる動きを強めており、今期(14年9月期)についても、高水準の受注や稼働率上昇の効果などで好業績が期待される。アベノミクス成長戦略の投資減税なども追い風だろう。

 株価の動きを見ると、7月以降は概ね720円〜760円近辺の小幅レンジでモミ合う展開だったが、9月中旬に動意付いて9月24日には年初来高値となる870円まで急伸した。その後は一転して売りが優勢となり、10月7日の686円まで急落した。9月期末一括配当の権利落ちに加えて全般地合い悪化も影響したようだ。ただし、短期急落の「陽性型の調整」で底打ちを確認した。足元では700円台を回復して売り一巡感を強めている。

 10月15日の終値705円を指標面で見ると、前期推定PER(会社予想のEPS51円41銭で算出)は13〜14倍近辺、前期推定配当利回り(会社予想の年間24円で算出)は3.4%近辺、実績PBR(前々期実績のBPS759円54銭で算出)は0.9倍近辺である。

 週足チャートで見ると9月の高値で長い上ヒゲを付けて反落した。急騰後の反動調整局面だが、52週移動平均線近辺では下げ渋り感を強めている。配当権利落ちに伴う売りが一巡して反発のタイミングが接近しているようだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2013年10月15日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】川崎近海汽船は13週線が26週線を上抜くゴールデンクロス接近

 川崎近海汽船<9179>(東2)の株価は、水準切り上げの動きを強めて本格出直り局面のようだ。今期(14年3月期)通期業績の増額期待、海洋資源開発関連のテーマ性、指標面の割安感が支援材料であり、3月高値333円も視野に入るだろう。

 石炭・木材・鋼材などの輸送が主力の近海部門と、石炭・石灰石・紙製品・農産品などの輸送やフェリー輸送が主力の内航部門を展開している。5月に発表した中期経営計画(14年3月期〜16年3月期)では、16年3月期売上高457億円、営業利益28億円、経常利益26億50百万円、純利益17億円を目標として、新造船など3年合計投資額115億円も掲げている。

 また新規分野として8月に、オフショア・オペレーションとの業務提携を発表した。日本沿岸・近海における海洋資源開発・探査・掘削設備および洋上再生可能エネルギー設備に関わる支援船業務を行う合弁会社を設立し、海洋開発に関わる本格的なオフショア支援船の運航を目指すとしている。

 今期連結業績見通しは売上高が前期比2.4%増の435億円、営業利益が同0.7%減の17億50百万円、経常利益が同2.8%減の16億円、純利益が同6.7%減の10億円としている。燃料費上昇などで営業微減益見込みだが、内航部門では輸送量が好調に推移している。そして9月13日に第2四半期累計(4月〜9月)の増額修正を発表していることを考慮すれば、通期見通しについても増額の可能性があるだろう。なお10月31日に第2四半期累計(4月〜9月)の業績発表を予定している。

 株価の動きを見ると、8月中旬の250円台を直近安値として水準を切り上げた。9月17日には第2四半期累計業績の増額修正を好感して296円まで上伸した。その後は戻り一服の形となって一旦反落したが、足元では290円近辺まで戻している。利益確定売りをこなして本格出直り局面のようだ。

 10月11日の終値288円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS34円06銭で算出)は8〜9倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間9円で算出)は3.1%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS741円49銭で算出)は0.4倍近辺である。

 日足チャートで見ると75日移動平均線が下値を支えて反発し、一旦割り込んだ25日移動平均線を回復した。また週足チャートで見ると、26週移動平均線を突破して強基調に転換した形だ。さらに、13週線も26週線を上抜くゴールデンクロスが接近している。通期業績の増額期待、海洋資源開発関連のテーマ性、さらに指標面の割安感も支援材料であり、3月高値333円も視野に入るだろう。(アナリスト水田雅展の銘柄分析)

>>川崎近海汽船のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ゲームカード・ジョイコホールディングスは1500円で下値確認、カジノ関連人気

 遊戯機器関連のゲームカード・ジョイコホールディンス<6249>(JQS)の株価は、モミ合いから上放れて水準を切り上げ、その後も堅調に推移している。高配当利回りや低PBRに見直し余地があり、カジノ関連で15日召集の臨時国会を材料視する可能性もあるだろう。

 パチンコ用プリペイドカードシステム首位の日本ゲームカードと、業界初のコイン型ICカードを採用したジョイコシステムズが11年に統合した持株会社である。パチンコ用カードユニットやパチスロ向けメダル貸機などの機器売上、カード収入、システム使用料収入が収益柱で、機器の主力は各台計数システムに移行している。

 今期(14年3月期)連結業績見通しについては売上高が前期比17.6%減の326億円、営業利益が同83.9%減の4億30百万円、経常利益が同85.1%減の4億円、そして純利益が同89.4%減の1億70百万円としている。パチンコホールの設備投資マインド低下、パチスロ向けメダル貸機の入れ替え需要一巡などで、機器売上が大幅減少となる見込みだ。

 ただし市場動向を睨みながら新商品・サービスを市場投入する予定であり、期中に投入の場合には上振れの可能性があるだろう。なお11月7日に第2四半期累計(4月〜9月)の業績発表を予定している。

 株価の動きを見ると、8月以降は概ね1500円近辺の小幅レンジでモミ合う展開だったが、9月11日に動意付いて1619円まで急伸した。20年夏季五輪の東京開催決定を受けてカジノ関連が材料視された。その後は上げ一服の形だが、人気離散して下押す動きは見られず概ね1540円〜1600円近辺で堅調に推移している。

 10月11日の終値1570円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS11円92銭で算出)は132倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間60円で算出)は3.8%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS2930円54銭で算出)は0.5倍近辺である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を維持して堅調に推移している。高配当利回りや低PBRに見直し余地があり、カジノ関連として15日召集の臨時国会を材料視する可能性もあるだろう。きっかけ次第で5月の高値1747円が視野に入りそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:52 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】ラクーンは一気に26週線突破、本格上昇開始

 電子商取引(EC)サイトを運営するラクーン<3031>(東マ)の株価が動意付いて7月の戻り高値を突破した。強基調に転換した形だ。EC(電子商取引)市場拡大が追い風であり、好業績を見直す動きだろう。

 アパレル・雑貨分野の企業間電子商取引サイト「スーパーデリバリー」を運営するEC事業を主力として、締め支払い決済サービスの「Paid」サービス、売掛債権保証事業など周辺分野に事業領域を広げている。主力の「スーパーデリバリー」は質の高い会員小売店と出展企業を獲得したうえで、利便性の高いサービス提供などによって客単価や稼働率の向上に取り組んでいる。

 今期(14年4月期)連結業績見通しは、レンジ予想で売上高が103億円〜106億円(前期比5.2%増〜8.3%増)、営業利益が2億20百万円〜2億30百万円(同21.5%増〜27.1%増)、経常利益が2億10百万円〜2億20百万円(同19.3%増〜25.0%増)、純利益が1億25百万円〜1億35百万円(同6.0%減〜1.5%増)としている。純利益は税負担正常化で横ばい見込みだ。

 第1四半期(5月〜7月)は、主力のEC事業で減価償却費増加が利益圧迫要因だったが、売掛債権保証事業の収益改善効果が寄与して増収営業増益だった。13年7月末時点の「スーパーデリバリー」会員小売店数は3万7570店舗(13年4月末比1030店舗増加)で、出展企業数は952社(同9社減少)、商材掲載数は38万3771点(同1万4052点増加)と好調に推移している。通期ベースでも好業績が期待されるだろう。

 株価の動き(5月1日付で1株を300株に株式分割)を見ると、9月の直近安値圏330円近辺から反発して水準を切り上げた。10月に入って一旦は反落して自律調整の形となったが、10月11日にはストップ高水準となる前日比80円(20.67%)高の467円まで急騰する場面があり、7月の戻り高値458円を突破した。好業績を見直す動きだろう。

 10月11日の終値462円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社レンジ予想の連結EPSの中間値23円86銭で算出)は19〜20倍近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS246円54銭で算出)は1.9倍近辺である。日足チャートで見ると25日移動平均線がサポートラインの形となり、週足チャートで見ると26週移動平均線を一気に突破した。下値固めが完了して強基調に転換した形であり、当面は人気が継続しそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トレジャー・ファクトリーは5月高値抜けが目前、新規出店好調

 リサイクルショップのトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)の株価は、短期モミ合いから上放れて戻り高値圏で推移している。強基調に変化はなく、5月の高値を試す展開だろう。

 関東圏を中心に総合リユースショップと服飾専門リユースショップを直営とFCで展開している。13年9月末時点の店舗数は直営の総合47店舗、直営の服飾20店舗、FCの総合4店舗の合計71店舗である。関西への出店も開始して、13年5月には総合の関西1号店の神戸新長田店がオープンし、10月25日には服飾の関西1号店の尼崎店がオープン予定だ。また新規業態として、古着アウトレットのユーズレット久喜店を11月にオープン予定としている。

 リユース市場の拡大が追い風であり、出店エリアの拡大、新規出店の加速、家具・家電などの出張買い取り強化、Web経由の販売・買い取り強化などに加えて、多店舗展開に向けて13年6月に物流センターを拡張移転した効果も寄与して、中期的に収益拡大が期待される。

 10月10日に発表した今期(14年2月期)の第2四半期累計(3月〜8月)業績(非連結)は、前年同期比12.5%増収、同1.7%営業増益、同4.0%経常増益、同3.1%最終増益だった。物流センター拡張移転なども影響して売上総利益率が一時的に低下したため営業利益の伸びは小幅だが、既存店売上高が同2.1%増収と堅調に推移し、さらに新規出店費用が計画を下回ったことを主因として7月10日に利益見通しを増額修正した。

 通期の見通しについては前回予想を据え置き、売上高が前期比15.7%増の92億40百万円、営業利益が同8.2%増の6億80百万円、経常利益が同8.2%増の6億92百万円、純利益が同1.2%増の3億76百万円としている。通期の新規出店は10店舗の計画である。

 通期見通しに対する第2四半期累計の進捗率は、売上高が45.8%、営業利益が40.6%、経常利益が41.5%、純利益が42.3%である。やや低水準だが、期中の新規出店や買い取り強化の効果などを考慮すれば、通期見通し達成の可能性は高いだろう。

 なお10月9日に発表した月次売上(前年比速報値、FC除く)を見ると、13年9月は全店が113.3%、既存店が103.2%だった。衣料・服飾雑貨、生活家電などが寄与して既存店の好調が続いている。9月の新規出店は1店舗で、9月末時点の店舗数は合計71店舗となった。

 株価の動きを見ると、9月27日に1629円まで上伸する場面があり、7月10日の1570円を突破した。1400円近辺での短期モミ合いから上放れた形だ。その後は全般地合い悪化も影響して上げ一服となり、10月10日には業績発表直後に、第2四半期累計の進捗率の低さが嫌気されて急落する場面があった。しかし10月11日には反発に転じている。目先的な売りが一巡して強基調の形だろう。

 10月11日の終値1500円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想EPS135円85銭で算出)は11倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間18円で算出)は1.2%近辺、実績PBR(前期実績BPS745円53銭で算出)は2.0倍近辺である。

 週足チャートで見ると、26週移動平均線がサポートラインとなって水準を切り上げた。また日足チャートで見ると、25日移動平均線近辺で下げ渋る形である。第2四半期累計業績を嫌気した売りは一時的で、強基調に変化はないだろう。5月の高値1650円を試す動きとなりそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>トレジャー・ファクトリーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は13週線と26週線でのモミ合い煮詰まる、設備投資回復が材料

 化学機械メーカーの巴工業<6309>(東1)の株価は、急反発して水準を切り上げている。底打ちを確認して出直り本格化の動きだ。低PBRに見直し余地があり、設備投資需要回復が刺激材料だろう。

 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などの販売を中心とする化学工業製品販売事業を2本柱としている。さらに中国ではコンパウンド加工事業なども展開している。

 今期(13年10月期)連結業績見通し(5月29日に2回目の減額修正)は売上高が前期比6.7%減の388億円、営業利益が同32.6%減の16億50百万円、経常利益が同34.8%減の17億円、純利益が同37.5%減の10億10百万円としている。

 機械製造販売事業は北米の遠心分離機械や中国の砥粒回収装置の受注が低調で、化学工業製品販売事業も汎用樹脂などの需要が低調だったため、今期は減益が避けられないようだ。しかし来期(14年10月期)は設備投資需要の回復で収益改善が期待される。

 株価の動きを見ると、8月30日と9月6日の1405円をボトムとして急反発し、9月27日には1737円まで戻す場面があった。その後は全般地合い悪化の影響も受けて戻り一服の形となったが、1600円台を割り込むことなく、足元では短期調整一巡の動きを強めている。今期の減益見通しを織り込み、来期の収益改善を期待する動きだろう。

 10月11日の終値1672円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS101円22銭で算出)は16〜17倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間45円で算出)は2.7%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS2235円59銭で算出)は0.7倍近辺である。

 日足チャートで見ると、8月30日と9月6日の1405円でダブルボトムを形成して底打ちを確認し、さらに戻りを押さえていた25日移動平均線を突破して強基調に転換した形だ。また週足チャートで見ると26週移動平均線を突破する動きを強めている。低PBRに見直し余地があり、設備投資需要回復も刺激材料として出直り展開が本格化しそうだ。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>巴工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2013年10月13日

【水田雅展の為替・株式相場展望】米国のデフォルト回避を前提にリスクオンの流れ、政策関連のテーマ物色

<為替・株式相場展望>(15〜18日)

 来週(10月15日〜18日)の株式・為替相場は、米国の財政問題(政府機関一部閉鎖の解除と連邦政府債務上限の引き上げ)で協議が進展し、17日が期限とされるデフォルト(債務不履行)を回避することを前提にすれば、リスクオンで株高・円安の流れとなるだろう。株式市場では主要企業の業績上振れを織り込む動きに加えて、10月15日に臨時国会が召集されるため政策関連のテーマ物色も活発化しそうだ。

 米国の財政問題に関しては、野党の共和党が一時的に債務上限を引き上げる提案をしたが、11日時点ではオバマ米大統領と下院共和党の間の協議は合意に達していない。このため引き続き予断を許さない状況だが、市場にはデフォルトという最悪の事態は回避されるという期待感が広がっている。

 医療保険改革法(オバマケア)や財政支出削減に関する協議が継続する可能性に注意は必要だが、週前半までに協議が進展してデフォルトを回避すれば、一旦は霧が晴れた状況になって一段とリスクオンの流れが強まるだろう。もちろん、協議が決裂して一時的デフォルトに突入すれば世界の金融市場は大混乱となる。

 米FRB(連邦準備制度理事会)の金融政策に対する不透明感に関しても、オバマ米大統領が9日にバーナンキ議長の後任としてイエレン副議長を指名したため、量的緩和縮小ペースは緩やかになるとの見方が広がっている。量的緩和縮小の開始時期についても、米9月雇用統計など主要経済指標の発表が延期されていることもあり、次回10月29日〜30日開催予定の米FOMC(連邦公開市場委員会)での量的緩和縮小開始という見方は後退している。

 さらに、政府機関の一部閉鎖などが景気に与えた悪影響を見極める必要があるため、量的緩和の縮小開始は来年以降に先送りになる可能性が高まったとの見方もある。このためドル・円相場については一方的にドル高・円安方向に傾く可能性は小さいが、量的緩和の継続は株式市場にとってプラス要因となりそうだ。

 米国のデフォルトが回避されて警戒感が後退すれば、国内の好材料が注目されやすくなる。10月下旬から始まる3月期決算の主要企業の業績上振れ期待を織り込みにいく動きとともに、15日に臨時国会が召集されるため、12月に策定予定としている5兆円規模の経済対策や、アベノミクス成長戦略など政策関連のテーマ物色が活発化しそうだ。投資減税関連、国家戦略特区関連、カジノ関連、規制緩和関連などに加えて、安倍晋三首相が1日の記者会見で「真剣に検討を進めないといけない」とした法人税実効税率引き下げに関する議論も注目されるだろう。

 ただし一方では、14年3月の消費増税実施後の反動を警戒する見方も根強い。前週後半の急速な株価上昇で戻り待ちの売りが出やすい水準だけに、注意も必要だろう。日経平均株価をチャート面で見れば9月27日の1万4817円50銭、さらに7月23日の1万4820円18銭の突破が焦点となるが、この上値の突破にもたつけばレンジ相場が意識されかねない。

 その他の注目スケジュール(米国の経済指標に関しては発表延期の可能性がある)としては、14日の中国9月PPI・CPI、14日〜15日のユーロ圏・EU財務相会合、15日の独10月ZEW景気期待指数、米10月ニューヨーク州製造業業況指数、16日のユーロ圏8月貿易収支、米10月住宅建設業者指数、米地区連銀経済報告、17日のユーロ圏8月経常収支、米9月住宅着工件数、米10月フィラデルフィア地区連銀業況指数、18日の中国第3四半期GDP、中国9月鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資、米9月景気先行指数(コンファレンス・ボード)などがあるだろう。

 その後は24日の中国10月製造業PMI速報値(HSBC)、ユーロ圏10月総合・製造業・サービス部門PMI速報値、29日〜30日の米FOMC(連邦公開市場委員会)、31日の日銀金融政策決定会合などが予定されている。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2013年10月11日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】トーソーは5ヶ月ぶりの500円に急接近、高値更新の公算大

 カーテンレールやブラインド大手のトーソー<5956>(東2)の株価は戻り高値圏で堅調に推移し、5月以来となる500円台が迫ってきた。指標面の割安感に加えて、今期(14年3月期)好業績見通しも評価して上値を試す動きだろう。

 カーテンレールやブラインド類の室内装飾関連事業を主力として、ステッキなどの介護用品事業も展開している。中期戦略としては、国内市場向け新商品開発のスピードアップ、非住宅物件の獲得、海外での大型案件獲得、インドネシア生産子会社の機能拡大、原価低減や総費用低減、新規領域としての介護用品事業の拡大を掲げている。

 今期の連結業績見通しは売上高が前期比5.1%増の235億円、営業利益が同47.5%増の13億円、経常利益が同39.2%増の12億円、純利益が同58.5%増の6億50百万円としている。新設住宅着工や住宅リフォーム需要が高水準に推移し、省エネ意識の高まりも背景として遮光・遮熱効果の高いカーテンレールやブラインドが好調だ。配送費、人件費、販売促進費などの増加が利益圧迫要因だが、高付加価値製品の好調、新製品の積極投入、展示会開催など営業強化策の効果で好業績が期待される。

 なお9月27日に東京都家具厚生年金基金の特例解散を発表している。同基金の解散に伴って費用の発生が見込まれるが、費用の金額と業績への影響について現時点では不確定要素が多いため、見積金額が判明した時点で速やかに公表するとしている。

 また、株式の分布状況改善および流動性向上をはかるため、9月13日に立会外分売を実施している。分売株数は10万株、分売値段は473円だった。

 株価の動きを見ると戻り高値圏で堅調に推移している。9月24日に戻り高値となる498円を付けた後、全般地合い悪化も影響して10月4日に471円まで調整したが、10月10日には497円まで上伸して再び5月以来となる500円台に接近してきた。好業績見通しを評価する動きだろう。

 10月10日の終値492円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS62円48銭で算出)は7〜8倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間10円で算出)は2.0%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS938円45銭で算出)は0.5倍近辺である。

 日足チャートで見ると一旦割り込んだ25日移動平均線をすぐに回復した。また週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。強基調に変化はなく、指標面の割安感や好業績見通しを評価して5月の高値549円を試す展開だろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:29 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】星光PMC続伸、本格出直り、期待大きいナノファイバー

 製紙用薬品の星光PMC<4963>(東1)の株価は9月の高値から急反落したが、足元では調整一巡感を強めている。低PBRも支援材料であり、反発態勢だろう。

 DIC<4631>の子会社で製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業を展開している。中期経営目標として設立50周年にあたる17年度の連結売上高350億円、売上高営業利益率10%を掲げ、高付加価値・差別化商品の市場投入・拡販に加えて、セルロースナノファイバーや導電性ナノ材料(銀ナノワイヤ)など新分野も強化している。

 今期(13年12月期、決算期変更で9ヶ月決算)連結業績見通しは売上高が179億70百万円、営業利益が9億円、経常利益が9億60百万円、純利益が5億90百万円としている。前年同期間(12年4月〜12月)との比較で見ると11.8%増収、2.2%営業増益、3.2%経常増益、3.0%最終増益の見込みだ。

 原材料価格の上昇が利益圧迫要因だが、製紙用薬品、オフセットインキ用樹脂、トナー用樹脂の需要が上向き、プロダクトミックス改善やコスト低減などの効果も寄与する。なお9月17日には、円安進行による外貨建て資産に係る為替差益の発生、および税金費用の過年度減額修正の発生を主因として、第2四半期累計(4月〜9月)の経常利益と純利益の増額修正を発表したが、通期見通しは据え置いている。

 株価の動きを見ると9月に入って再動意の形となり、第2四半期累計の経常利益と純利益の増額修正も好感して、9月18日に年初来高値となる548円を付けた。その後は反落して10月7日に401円まで調整した。全般地合い悪化も影響したようだ。ただし足元では反発に転じ、10月10日には前日比13円(3.00%)高の446円まで上伸する場面があった。短期調整が一巡して再動意の構えだろう。

 10月10日の終値443円を指標面(1株当たり今期予想数値は12ヶ月換算)で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS25円95銭で算出)は17倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間12円で算出)は2.7%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS654円99銭で算出)は0.7倍近辺である。

 日足チャートで見ると一旦割り込んだ75日移動平均線をすぐに回復した。また週足チャートで見ると、サポートラインの26週移動平均線近辺で下げ渋る動きを強めている。低PBRも支援材料であり、高値圏回帰を目指す展開だろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>星光PMCのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】パシフィックネットは25日線下値に急反発、第1四半期発表接近

 中古パソコンなどのリユース事業を展開するパシフィックネット<3021>(東マ)の株価は、9月の年初来高値から急反落したが、足元では短期調整が一巡して再動意の構えを見せている。第1四半期(6月〜8月)業績発表が接近していることも思惑に繫がるだろう。

 パソコンやタブレット端末などの中古品引取回収・販売(リユース)事業を主力として、レンタル事業も展開している。10月3日には、新たな旗艦店となる「PC−NETアキバ本店」を10月12日にオープンすると発表した。パソコン需要低迷に伴って中古パソコン価格が下落するなど全体として事業環境が厳しいため、新規事業も模索している。

 今期(14年5月期)の連結業績見通しは、売上高が前期比12.4%増の38億87百万円、営業利益が同48.1%増の2億13百万円、経常利益が同39.3%増の2億30百万円、純利益が同59.5%増の1億13百万円としている。事業環境は厳しいが、仕入強化と商品ラインアップ充実などの効果で増収増益見込みだ。米マイクロソフトのOS「ウインドウズXP」のサポート終了に伴う代替需要も期待されるだろう。

 株価の動きを見ると、過熱感を強めた9月24日の年初来高値658円から急反落し、10月9日には516円まで調整する場面があった。ただし10月9日は終値で前日比10円高の534円と4営業日ぶりに反発し、10月10日には前日比36円(6.74%)高の570円まで急伸した。過熱感が解消されて再動意の構えだ。

 10月10日の終値570円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS43円79銭で算出)は13倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は3.5%近辺、実績PBR(前期実績の連結BPS646円66銭で算出)は0.9倍近辺である。

 日足チャートで見ると一旦割り込んだ25日移動平均線をすぐに回復した。また週足チャートで見ると13週移動平均線近辺で反発し、サポートラインを確認する形となった。月足チャートで見ても底練り展開から上放れの動きを強めている。短期調整が一巡して上値を試す動きだろう。(ジャーナリスト&アナリスト水田雅展)

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析