[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/13)綿半ホールディングスは売り一巡、20年3月期2桁営業・経常増益予想
記事一覧 (03/13)ジェイテックは売り一巡、21年3月期収益改善期待
記事一覧 (03/13)松田産業は売られ過ぎ感、20年3月期2桁増益予想
記事一覧 (03/12)LibWorkは売り一巡、20年6月期大幅増収増益予想
記事一覧 (03/12)アルコニックスは売り一巡、21年3月期収益回復期待
記事一覧 (03/12)マーケットエンタープライズは売り一巡、20年6月期大幅増収増益予想
記事一覧 (03/12)テクマトリックスは売られ過ぎ感、20年3月期増益予想で上振れ余地
記事一覧 (03/12)イワキは反発の動き、20年11月期増収増益予想
記事一覧 (03/11)ケンコーマヨネーズは売り一巡、20年3月期増収増益予想
記事一覧 (03/11)トレジャー・ファクトリーは売り一巡、20年2月期既存店売上は順調
記事一覧 (03/11)Delta−Fly Pharmaは底値圏、新規抗がん剤創薬ベンチャー
記事一覧 (03/11)フェローテックホールディングスは売り一巡、21年3月期収益回復期待
記事一覧 (03/11)JPホールディングスは売り一巡感、20年3月期2桁増益予想
記事一覧 (03/10)クレスコは売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想
記事一覧 (03/10)スターティアホールディングスは売られ過ぎ感、21年3月期収益拡大期待
記事一覧 (03/10)ヨコレイは売られ過ぎ感、20年9月期増益予想
記事一覧 (03/10)エフティグループは売り一巡、20年3月期営業増益予想
記事一覧 (03/10)建設技術研究所は売られ過ぎ感、20年12月期増収増益予想
記事一覧 (03/09)カナモトは売られ過ぎ感、20年10月期1Q増収増益と順調
記事一覧 (03/09)ソフトクリエイトホールディングスは売られ過ぎ感、20年3月期増益予想
2020年03月13日

綿半ホールディングスは売り一巡、20年3月期2桁営業・経常増益予想

 綿半ホールディングス<3199>(東1)はホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。20年3月期2桁営業・経常増益予想である。20年2月の既存店売上は新型コロナウイルスの影響による買い溜め特需も寄与して108.2%と好調だった。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:07 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイテックは売り一巡、21年3月期収益改善期待

 ジェイテック<2479>(JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。20年3月期減益予想だが、21年3月期の収益改善を期待したい。なお3月3日に自己株式取得を発表した。株価は地合い悪で13年以来の安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

松田産業は売られ過ぎ感、20年3月期2桁増益予想

 松田産業<7456>(東1)は、貴金属関連事業および食品関連事業を展開している。20年3月期2桁増益予想で再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で急落し、昨年来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月12日

LibWorkは売り一巡、20年6月期大幅増収増益予想

 LibWork<1431>(東マ)は熊本県を地盤とする注文住宅メーカーで、Webマーケティングによる集客を特徴としている。20年6月期大幅増収増益・増配予想である。収益拡大を期待したい。また株主優待制度を拡充する。株価は地合い悪の影響で水準を切り下げたが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:48 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アルコニックスは売り一巡、21年3月期収益回復期待

 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合する「非鉄金属の総合企業」を目指している。20年3月期経常減益予想である。第3四半期累計の経常利益進捗率は順調だったが、第4四半期には新型コロナウイルス感染拡大の影響も懸念される。21年3月期の収益回復を期待したい。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーケットエンタープライズは売り一巡、20年6月期大幅増収増益予想

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)はネット型リユース事業を展開し、中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略を推進している。20年6月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で水準を切り下げたが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:45 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テクマトリックスは売られ過ぎ感、20年3月期増益予想で上振れ余地

 テクマトリックス<3762>(東1)は、セキュリティ関連製品販売やクラウドサービス提供などの情報サービス事業を展開し、クラウドサービスに注力している。20年3月期増益予想である。そして上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で急落の形となったが、売られ過ぎ感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:43 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

イワキは反発の動き、20年11月期増収増益予想

 イワキ<8095>(東1)は医薬品・医薬品原料・表面処理薬品を主力とする専門商社である。医薬品を中心としたヘルスケア・ファインケミカル企業集団を目指している。20年11月期は増収増益・4期連続増配予想としている。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で安値圏だが反発の動きを強めている。売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月11日

ケンコーマヨネーズは売り一巡、20年3月期増収増益予想

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。20年3月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で昨年来安値を更新する場面があったが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トレジャー・ファクトリーは売り一巡、20年2月期既存店売上は順調

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)はリユースショップを展開している。20年2月期は先行投資負担で営業・経常利益横ばい予想だが、単体既存店売上は2月が5ヶ月ぶりの前年比プラスとなり、通期ベースでも101.0%と順調だった。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。なお4月14日に20年2月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

Delta−Fly Pharmaは底値圏、新規抗がん剤創薬ベンチャー

 Delta−Fly Pharma<4598>(東マ)は新規抗がん剤の開発を目指す創薬ベンチャーである。既存の抗がん活性物質を利用するモジュール創薬という独自コンセプトを特徴としている。株価は地合い悪も影響して安値を更新したが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フェローテックホールディングスは売り一巡、21年3月期収益回復期待

 フェローテックホールディングス<6890>(JQ)は半導体等装置関連事業を主力としている。20年3月期は減収減益予想である。また第4四半期は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、通期下振れも懸念される。21年3月期の収益回復を期待したい。株価は地合い悪も影響して水準を切り下げたが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:55 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JPホールディングスは売り一巡感、20年3月期2桁増益予想

 JPホールディングス<2749>(東1)は総合子育て支援カンパニーである。中長期成長に向けた基本戦略として保育サービスの質的成長、新規事業の創出、保育周辺事業者との提携・連携を推進している。20年3月期2桁増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月10日

クレスコは売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想

 クレスコ<4674>(東1)はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、カーエレクトロニクス関連などの組込型ソフトウェア開発も展開している。20年3月期増収増益予想である。さらに21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で急落したが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

スターティアホールディングスは売られ過ぎ感、21年3月期収益拡大期待

 スターティアホールディングス<3393>(東1)はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期は先行投資負担で減益予想だが、21年3月期の収益拡大を期待したい。なお新型コロナウイルス感染対策でテレワークを導入する中小企業にファイル共有「セキュアSAMBA」を無料提供(2月28日〜4月30日)している。株価は地合い悪の影響で昨年来安値を更新したが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ヨコレイは売られ過ぎ感、20年9月期増益予想

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は冷蔵倉庫事業と食品販売事業を展開している。冷蔵倉庫事業は低温物流サービスの戦略的ネットワーク構築、食品販売事業はノルウェーHI社と提携して業容拡大戦略を推進している。20年9月期増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新したが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エフティグループは売り一巡、20年3月期営業増益予想

 エフティグループ<2763>(JQ)は、法人向け環境関連商品・情報通信機器販売などを展開し、M&Aも積極活用してストック型収益・業容拡大戦略を推進している。20年3月期営業増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で昨年来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

建設技術研究所は売られ過ぎ感、20年12月期増収増益予想

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタント大手で、マルチインフラ&グローバル企業を目指している。20年12月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で急落したが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月09日

カナモトは売られ過ぎ感、20年10月期1Q増収増益と順調

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。中期成長に向けて国内営業基盤の拡充、海外展開、内部オペレーション最適化を推進している。3月6日発表の20年10月期第1四半期連結業績は増収増益と順調だった。通期は体制強化の期間と位置付けて減益予想だが、やや保守的だろう。株価は地合い悪の影響で昨年来安値を更新したが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:02 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ソフトクリエイトホールディングスは売られ過ぎ感、20年3月期増益予想

 ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)は、ECサイト構築ソフトや不正接続防止製品を主力としてソリューション事業を展開している。20年3月期増益予想である。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で急落して昨年来安値圏だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | アナリスト水田雅展の銘柄分析