2020年04月15日

JPホールディングスは反発の動き

 JPホールディングス<2749>(東1)は総合子育て支援カンパニーである。中長期成長に向けた基本戦略として保育サービスの質的成長、新規事業の創出、保育周辺事業者との提携・連携を推進している。政府による4月7日緊急事態宣言発令に伴い、各自治体からの要請・指示を受けて子育て支援施設の一部で臨時休園・休室・休館を実施している。当面は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお5月13日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アスカネットは反発の動き

 アスカネット<2438>(東マ)は遺影写真加工と写真集制作を主力として、葬祭市場をIT化する葬Techや、空中結像ASKA3Dプレートのエアリアルイメージング(AI)の事業化を推進している。当面は新型コロナウイルス感染症拡大によるイベント自粛の影響が懸念材料となるが、AI事業も寄与して中期的に収益拡大を期待したい。株価は反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:39 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月14日

立花エレテックは反発の動き

 立花エレテック<8159>(東1)は産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。当面は新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済収縮の影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は3月の安値圏から下値を切り上げて反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

神鋼商事は売り一巡

 神鋼商事<8075>(東1)は鉄鋼や非鉄金属関連の専門商社で、KOBELCO(神戸製鋼グループ)の中核となるグローバル商社を目指している。20年3月期は3月31日に下方修正して減益・減配予想とした。当面は新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済収縮の影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は安値圏だが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

セルシードは反発の動き

 セルシード<7776>(JQ)は細胞シート再生医療製品の開発・事業化、および世界普及を目指すバイオベンチャーである。食道再生上皮シートの早期の承認申請を目指している。株価は3月の安値圏から反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:02 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ティムコは戻り試す

 ティムコ<7501>(JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。20年11月期第1四半期は暖冬や新型コロナウイルス感染症拡大などの影響で赤字だったが、中期的に収益改善を期待したい。株価は3月の安値圏から急反発している。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォマートは戻り試す

 インフォマート<2492>(東1)は国内最大級の企業間電子商取引プラットフォームを運営している。20年12月期は先行投資で一時的に減益予想としている。また新型コロナウイルス感染拡大で、主要顧客である飲食店の活動停滞の影響も当面の懸念材料となるが、中期成長基調に変化はないだろう。株価は3月の安値圏から急反発している。戻りを試す展開を期待したい。なお4月30日に第1四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月13日

日本エンタープライズは反発の動き

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は事業ポートフォリオを再構築して、コンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、ソリューションを強化している。20年5月期増収増益予想である。第3四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益改善を期待したい。株価は反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:59 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ディ・アイ・システムは売り一巡

 ディ・アイ・システム<4421>(JQ)は独立系の情報サービス企業で、システムインテグレーション事業を主力としている。20年9月期は先行投資の時期と位置付けて減益予想だが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は上場来安値を更新したが、その後は徐々に下値を切り上げて売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。なお5月13日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インテージホールディングスは売り一巡

 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査事業を主力として、システムソリューション分野や医薬情報分野にも展開している。20年6月期(決算期変更で15ヶ月決算)は、12ヶ月分(19年4月〜20年3月)の比較で増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は徐々に下値を切り上げて売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。なお5月11日に第4四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ハウスドゥは反発の動き

 ハウスドゥ<3457>(東1)は、FinTechを活用した不動産流通ソリューションで業界変革を目指す不動産テック(不動産×IT)企業である。20年6月期はハウス・リースバック資産流動化も寄与して増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお5月12日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:55 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アルコニックスは反発の動き

 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合する「非鉄金属の総合企業」を目指している。当面は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う世界経済収縮の影響を受けるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。なお3月27日に自己株式取得を発表している。また5月15日に20年3月期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月10日

フェローテックホールディングスは売り一巡

 フェローテックホールディングス<6890>(JQ)は半導体等装置関連事業を主力としている。当面は新型コロナウイルス感染拡大による世界経済収縮の影響が懸念材料だが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は売り一巡して3月の安値から下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイエスエスは売り一巡

 ジェイエスエス<6074>(JQ)はスイミングスクールを全国展開し、スイミングスクール特化型企業では首位の施設数を誇っている。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を受けて、対象地域7都府県に所在する36事業所を臨時休業(4月8日〜4月30日)する。当面の業績への影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エイトレッドは反発の動き

 エイトレッド<3969>(東1)はワークフローシステムの開発・販売を展開している。新型コロナウイルス感染拡大に伴って企業がテレワークを導入する流れも追い風だ。導入社数・クラウド利用者数の増加で中期的に収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化で急落する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:30 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

GMOクラウドは反発の動き

 GMOクラウド<3788>(東1)は、サーバー貸出・管理サービスのクラウド・ホスティング事業、電子認証サービスのセキュリティ事業を主力として、新規サービスの収益化を推進している。20年12月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ジェイテックは売り一巡

 ジェイテック<2479>(JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。当面は新型コロナウイルス感染拡大に伴う派遣需要への影響に注意必要となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年04月09日

アールシーコアは売り一巡

 アールシーコア<7837>(JQ)はログハウス「BESS」を販売している。当面は新型コロナウイルス感染拡大の影響に注意必要となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で年初来安値を更新する場面があったが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:07 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トーソーは売り一巡

 トーソー<5956>(東2)はカーテンレールやインテリアブラインドの大手である。なお新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で、東京、大阪、名古屋の各ショールームを臨時休館する。当面は影響に注意が必要となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で年初来安値を更新する場面があったが、売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

朝日ラバーは売り一巡

 朝日ラバー<5162>(JQ)はシリコーンゴムや分子接着技術をコア技術として、自動車内装LED照明光源カラーキャップやRFIDタグ用ゴム製品などを展開している。当面は新型コロナウイルス感染拡大の影響に注意必要となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析