[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/01)ウシオ電機が一段高、「紫外線C波」照射機器がテレビ番組「朝チャン」で採り上げられ注目再燃
記事一覧 (05/29)川本産業と中京医薬品が後場一段高、「感染第2波」念頭に2月の大相場を思い出す様子
記事一覧 (05/29)日本ラッドはAIで顔・発熱・密集度等を検知する感染症拡大防止ソリューションが注目されストップ高
記事一覧 (05/29)テクマトリックスが高値に迫る、業績好調で買い安心感あり新型コロナ関連の期待材料も
記事一覧 (05/29)シルバーライフが戻り高値、高齢者見守り「安否確認アプリ」特許など注目される
記事一覧 (05/29)大幸薬品は「感染再発」が材料視され3日続伸基調で戻り高値を更新
記事一覧 (05/29)カルビーが続伸、既存2工場の集約と最新鋭マザー工場の計画など注目される
記事一覧 (05/28)テラが後場ストップ高、新型コロナに対する幹細胞治療の臨床試験に成功と伝わり注目集中
記事一覧 (05/28)FRONTEOは電子メール監査システムなどで日本マイクロソフトとの連携が注目されストップ高
記事一覧 (05/28)ピアラがストップ高、人気アイドルグループ「HKT48」「NGT48」との共同展開に注目集中
記事一覧 (05/28)ソニーは来週にも次世代ゲーム機「PS5」関連イベント開催と伝わり次第高
記事一覧 (05/28)日本エンタープライズは即日オンライン診療を開始できるタブレット端末が注目され大幅高
記事一覧 (05/28)東急電鉄と京浜急行が高く神奈川県の全職種営業再開が注目される
記事一覧 (05/27)日機装が新型コロナウイルスに対する深紫外線LED空間除菌消臭装置の有効性を確認
記事一覧 (05/27)ブランディングテクノロジーがストップ高、中小企業向け資金融通で提携
記事一覧 (05/27)ジェイリースは訪日中国人の再増加を展望した提携が注目され2日連続ストップ高
記事一覧 (05/27)LINEは小動き、アディッシュは連日ストップ高、ネット上の「誹謗(ひぼう)中傷」巡り推移を見守る
記事一覧 (05/26)JSSが出直り拡大、営業再開の本格化に加え「ティップネス」との協業も注目される
記事一覧 (05/26)グローバルダイニングが後場一段高、営業正常化・収益回復への期待が強まる
記事一覧 (05/26)寿スピリッツが続伸一段高、県をまたぐ移動の段階的緩和などに期待膨らむ
2020年06月01日

ウシオ電機が一段高、「紫外線C波」照射機器がテレビ番組「朝チャン」で採り上げられ注目再燃

■日機装も宮崎大との発表など紹介され再び出直る

 ウシオ電機<6925>(東1)は6月1日、一段高で始まり、取引開始後に8%高の1388円(107円高)をつけて戻り高値を更新した。

 ウイルス殺菌で新型コロナウイルスにも効果があるとされる紫外線照射装置を手掛け、同日朝のテレビ番組「朝チャン」(TBS)で「紫外線C波」照射機器の特集が放送され、同社と日機装<6376>(東1)などが採り上げられたとして注目が再燃した。日機装も再び出直っている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価
2020年05月29日

川本産業と中京医薬品が後場一段高、「感染第2波」念頭に2月の大相場を思い出す様子

■2月にマスク関連株として急騰し1ヵ月で約8倍に大化けした実績

 川本産業<3604>(東2)中京医薬品<4558>(JQS)が5月29日の後場一段高となり、川本産業は14時にかけて21%高に迫る1467円(251円高)まで急伸。中京医薬品は一時ストップ高の482円(80円高)は19%高まで上げて出来高も増加した。

 ともに、新型コロナウイルス感染症の拡大が目立ち始めた2月に急騰し、マスクの需要増加関連株として、同月末にかけて1ヵ月ほどで8倍近くまで大化けした実績がある。ここ数日は、韓国ソウル市での再び外出自粛や、北九州市での感染者数増加などが伝えられ、新型コロナウイルスの流行「第2波」が警戒され、相場も「第2波動」を期待して思惑買いを入れる動きがあるようだ。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 材料でみる株価

日本ラッドはAIで顔・発熱・密集度等を検知する感染症拡大防止ソリューションが注目されストップ高

■台湾社が開発、感染者トラッキング機能なども

 日本ラッド<4736>(JQS)は5月29日の前場、一時ストップ高の874円(150円高)まで上げ、約1週間ぶりに年初来の高値を更新した。

 同日午前10時にかけて、AIによる顔検知と発熱・密集度等を検知する高機能カメラを組み合わせた感染症拡大防止ソリューションの国内展開を発表し、注目集中となった。

 この新ソリューションは、同社株を15.8%保有する台湾のアドバンテック社(Advantech Co.,Ltd.:台北市、日本法人:東京都台東区)が新たに開発した。4つの機能をもち、外来者発熱スクリーニングシステム、:密集度計測システム、ソーシャルディスタンス計測システム、感染者トラッキングシステムなどをAIが行う。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:34 | 材料でみる株価

テクマトリックスが高値に迫る、業績好調で買い安心感あり新型コロナ関連の期待材料も

■全国100病院に新型コロナウイルス感染判定AI支援システム提供

 テクマトリックス<3762>(東1)は5月29日、時間とともに上げ幅を広げ、11時過ぎに7%高の3290円(230円高)まで上げて5月21日につけた高値3295円に迫っている。

 前3月期の連結業績が売上高12%増加、営業利益25%増加など好調な上、このところ、業務提携や新事業に関する発表が豊富。買い安心感のある材料株として注目する姿勢がある。

 5月20日には、子会社の(株)NOBORIがエムスリー<2413>(東1)と共同でCOVID−19(新型コロナウイルス)の疑いのあるCT画像を判定する遠隔撮影と画像診断支援AIシステムを全国100医療機関に期限付で無償提供すると発表した。新型コロナウイルス流行の第2波が警戒される中で期待されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 材料でみる株価

シルバーライフが戻り高値、高齢者見守り「安否確認アプリ」特許など注目される

■主事業の高齢者向け配食サービスに付加価値

 シルバーライフ<9262>(東1)は5月29日、3日続伸基調となり、9時30分過ぎに6%高の2369円(136円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。

 5月25日付で、高齢者見守り「安否確認アプリ」に関する特許取得を発表。主事業である高齢者向け配食サービスに付加価値を与える期待が出ている。

 特許内容は、同社の配食サービス「まごころ弁当」「配食のふれ愛」を利用する顧客にお弁当をお渡しした時、自宅に貼った2次元バーコードに配達員がアクセス、任意の宛先(家族、ケアマネージャー等)にメールで伝えるという行動システム。配食サービス利用者に無料で提供するため、「安否確認アプリ」そのものは業績に寄与しないが、主事業の拡大に寄与する効果が注目されている。(HC)


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 材料でみる株価

大幸薬品は「感染再発」が材料視され3日続伸基調で戻り高値を更新

■北九州市や東京都下の総合病院で発生の報道を受け注目再燃

■新型コロナで好業績は当然視されていたが前回予想を3割上ぶれる
「感染管理事業」の売上高92%増加など注目され続伸

 大幸薬品<4574>(東1)は5月29日、3日続伸基調で始まり、取引開始後に6%高の2053円(123円高)をつけて戻り高値に進んだ。新型コロナウイルス対策で、二酸化塩素分子による除菌・消毒剤「クレベリン」シリーズのドラッグストアでの品切れが現在も広く見受けられる中、北九州市での感染者の再増加や東京都下の総合病院での集団感染発生が材料視されている。

 2020年3月期の連結決算は5月12日に発表し、各利益とも2月に公表した通期見通し数値を3割前後上ぶれて着地した。「感染管理事業」の売上高は前期比92%増加した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 材料でみる株価

カルビーが続伸、既存2工場の集約と最新鋭マザー工場の計画など注目される

■23年度に着工、24年度に稼働開始を予定

 カルビー<2229>(東1)は5月29日、続伸基調で始まり、取引開始後に3180円(135円高)まで上げて出直りを強めている。5月25日付で、「最新鋭マザー工場新設に向けて広島県と立地協定締結」と発表し、大手産業新聞が29日付で詳細な記事を掲載し、改めて注目される形になった。

 発表によると、広島市佐伯区に新工場を建設する計画を決め、2020年5月20日、広島県と立地協定を締結した。同県内の既存2工場の機能を新工場に移転・集約し、23年度に着工、24年度に稼働開始を予定する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 材料でみる株価
2020年05月28日

テラが後場ストップ高、新型コロナに対する幹細胞治療の臨床試験に成功と伝わり注目集中

■共同研究先のCENEGENICS JAPANが感染患者の症状回復を確認などと発表

 テラ<2191>(JQS)は5月28日の後場、急伸し、一気に前日比でプラス転換して13時過ぎにストップ高の1073円(150円高)をつけた。

 新型コロナウイルスに対する幹細胞治療などで共同研究を行うCENEGENICS JAPAN株式会社(東京都中央区)が同日正午頃、「メキシコでの臨床研究において、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めて新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療の臨床試験に成功したことをお知らせいたします」などと発表。注目集中となった。

 「人工呼吸器をつけた重症患者が、投与後3日後には、人工呼吸器を外すほど回復」した症例もあるという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | 材料でみる株価

FRONTEOは電子メール監査システムなどで日本マイクロソフトとの連携が注目されストップ高

■昨今引き合い増加の監査システムと「Microsoft365」の連携強化など推進

 FRONTEO<2158>(東マ)は5月28日の後場、買い気配のままストップ高の656円(100円高)で始まり、13時にかけてまだ値がついていない。同日付でAIエンジンを活用した新製品を発表し、10時30分にかけてストップ高で売買されたあとは買い気配となっている。

 5月28日付で、日本マイクロソフトとの連携により、同社が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上でFRONTEOが独自開発した自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」製品の販売・提供を開始すると発表した。

 それによると、>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 材料でみる株価

ピアラがストップ高、人気アイドルグループ「HKT48」「NGT48」との共同展開に注目集中

■「HKT48」「NGT48」を統括する株式会社Sprootとの提携を発表

 ピアラ<7044>(東マ)は5月28日、一時ストップ高の1916円(400円高)まで上げ、11時を過ぎても15%高の1740円(224円高)前後で推移し、急伸相場となっている。

 27日付で、人気アイドルグループ「HKT48」と「NGT48」を統括する持株会社・株式会社Sproot(東京都港区)との資本業務提携を発表し、注目集中となった。

 発表によると、国民的知名度の高い「HKT48」「NGT48」とSproot社のエンターテインメント力などにより、オリジナル商品企画のサポートなどを展開し、EC支援事業や関連事業の拡充も推進する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 材料でみる株価

ソニーは来週にも次世代ゲーム機「PS5」関連イベント開催と伝わり次第高

■「PS5」向けゲームのデジタルイベントとブルームバーグ報道

 ソニー<6758>(東1)は5月28日、6809円(59円高)で始まった後一進一退だったが、ほどなく次第高となり、10時を過ぎては6828円(78円高)と上値を追っている。

 次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」に関するイベントを来週にも開催と伝えられ、徐々に注目が集まってきた感触だ。

 ブルームバーグニュースは同日朝6時40分に「ソニー、『PS5』イベントを来週にもバーチャル形式で開催−関係者配信で」とのニュースを掲載し、「ソニーは次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」向けゲームを展示するデジタルイベントを来週にも開催することを計画している。事情を直接知る複数の関係者が明らかにした」などと伝えた。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:17 | 材料でみる株価

日本エンタープライズは即日オンライン診療を開始できるタブレット端末が注目され大幅高

■値上がり率5位前後に入り年初来の高値を更新

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は5月28日、急伸し、取引開始後に18%高の287円(43円高)まで上げて年初来の高値に進んだ。10時を過ぎても値上がり率17%前後で推移し、東証1部の値上がり率5位前後に入っている。

 27日付で、「新型コロナウイルス感染症におけるオンライン診療普及支援を開始(オンライン診療を即日開始できるセキュアなタブレット端末を提供)」と発表し、注目集中となった。関連記事(http://kabu-ir.com/pages/user/search/?keyword=4829)(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 材料でみる株価

東急電鉄と京浜急行が高く神奈川県の全職種営業再開が注目される

■今朝の東京株式市場は日経平均250円高など全般続伸

 東京急行電鉄(東急電鉄)<9005>(東1)は5月28日、反発基調で始まり、取引開始後に1734円(26円高)まで上げて出直っている。京浜急行電鉄(京浜急行)<9006>(東1)も反発し1853円(24円高)。

 神奈川県が、東京都などに先駆けてパチンコやカラオケなどすべての職種の営業自粛を解除したことを受け、株式市場関係者の中には、東京と神奈川を結ぶ電鉄の利用増加に連想を広げて注目する様子がある。

 ただ、今朝の東京株式市場はNYダウの連日大幅高などを受けて日経平均が250円高となるなど全般続伸のため、神奈川県の措置が買い材料になっているかどうか確証はつかめないようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 材料でみる株価
2020年05月27日

日機装が新型コロナウイルスに対する深紫外線LED空間除菌消臭装置の有効性を確認

■宮崎大学医学部で不活化試験を実施し感染価99.9%以上減少と発表

 日機装<6376>(東1)は5月27日の正午頃、「当社の深紫外線LEDの新型コロナウイルス(SARS−CoV−2)に対する有効性を確認」と題したニュースリリースを発表した。

 株価は後場990円(86円高)で始まったが、午前中に「紫外線LED」などが材料視されて急伸していたためか、上値は今ひとつ。前場は一時ストップ高の1054円まで上げた。

 発表によると、空間除菌消臭装置「Aeropure(エアロピュア)」に搭載される深紫外線LEDついて、新型コロナウイルスの不活化試験を宮崎大学医学部の共同研究講座「医療環境イノベーション講座CollaborationLabo.M&N」にて実施し、その有効性を確認した。新型コロナウイルスの感染価の減少率は、30秒、60秒照射後にともに99.9%以上(検出限界値である20PFU/mL未満)であった。初期値からの感染価対数減少値は、>log103.2だった。

 同様に紫外線照射機器を手掛ける、岩崎電気<6924>(東1)ウシオ電機<6925>(東1)も高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 材料でみる株価

ブランディングテクノロジーがストップ高、中小企業向け資金融通で提携

■27日付でOLTA社との業務提携を発表し注目集める

 ブランディングテクノロジー<7067>(東マ)は5月27日、時間とともに上げ幅を拡大し、11時にかけて一時ストップ高の1678円(300円高)まで上げ、3月3日以来の1600円台となっている。

 同日付で、請求書を必要な時にすぐに資金化するファクタリング事業などを行うOLTA株式会社(東京都港区、OLTA社)との業務提携を発表し、注目されている。これにより、ブランディングテクノロジーのクライアントである全国の中小企業がより手軽に素早く運転資金を調達することが可能になるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:14 | 材料でみる株価

ジェイリースは訪日中国人の再増加を展望した提携が注目され2日連続ストップ高

■中国最大規模の決済プラットフォーマーの日本法人と提携

 ジェイリース<7187>(東1)は5月27日、9時半前に412円(80円高)で売買されたまま買い気配を続け、2日連続ストップ高となっている。

 家賃保証、賃貸保証などを行い、25日、中国最大規模の決済サービスプラットフォーマー拉卡拉支付股份有限公司(Lakala Payment Co., Ltd.北京)の日本法人である(株)ラカラジャパン(東京都千代田区)との業務提携を発表。訪日中国人に対する日本国内の不動産賃貸借に関する各種サービスなどを行うとし、材料視された。

 本提携による新たなサービス提供については、既に国内大手不動産会社への導入調整が進んでいるとしたため、期待が強まっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 材料でみる株価

LINEは小動き、アディッシュは連日ストップ高、ネット上の「誹謗(ひぼう)中傷」巡り推移を見守る

■情報開示に関する制度改正も検討と伝えられ微妙な展開に

 LINE<3938>(東1)は5月27日、5360円(10円高)で始まった。高市総務相が26日、インターネット上の「誹謗(ひぼう)中傷」について、発信者の特定を含む情報開示に関する制度改正も検討と伝えられ、推移や事業への影響を見守りたい様子がある。

 一方、アディッシュ<7093>(東マ)は買い気配のまま9時30分にかけて2日連続ストップ高の3730円(700円高)に達した。SNS(交流サイト)などでのソーシャルリスニング、投稿監視などを行う。

 ツイッターやフェイスブック、LINEなどのSNS事業者で作る「ソーシャルメディア利用環境整備機構」が26日に緊急声明を発表したことも伝えられた。なりゆき次第では、通話内容を含む個人情報にかかわる問題に発展する可能性が指摘され、推移が注目される。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 材料でみる株価
2020年05月26日

JSSが出直り拡大、営業再開の本格化に加え「ティップネス」との協業も注目される

■3月6日以来の500円台回復

 ジェイエスエス(JSS)<6074>(JQS)は5月26日、出直りを強め、後場は13時30分を過ぎて520円前後で推移。3月6日以来の500円台回復となっている。

 スイミングスクールの大手で、緊急事態宣言の全都道府県での解除を受け、営業再開の本格化と収益の回復が期待されている。3月には日本テレビホールディングス(日テレHD)<9404>(東1)と資本提携し、日テレHD傘下でフィットネスジム「ティップネス」を展開するティップネス社との協業を開始した。新型コロナの影響で協業のスタートは遅れたが、こちらの展開も中臆されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:01 | 材料でみる株価

グローバルダイニングが後場一段高、営業正常化・収益回復への期待が強まる

■2月下旬から数日置きに「休業と時間変更のお知らせ」を発表してきた

 グローバルダイニング<7625>(東2)は5月26日の後場、一段高となり、13時にかけて26%高の217円(45円高)まで上げて2月13日以来の水準を回復している。

 ダイニングレストランやワインバー&グリル、シガーバーなどを多ブランド展開し、緊急事態宣言の解除を受け、営業正常化・収益回復への期待が強まった。

 同社では、「新型コロナウィルス対策による一部の店舗の休業と営業時間変更のお知らせ」をホームページの「Corporate News」(ニュース・info)のコーナーに2月20日以降、ほとんど数日ごとに掲示している。それだけに、営業自粛や時短営業が解除に向かえば、株価も反動高の勢いを増すとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 材料でみる株価

寿スピリッツが続伸一段高、県をまたぐ移動の段階的緩和などに期待膨らむ

■第4四半期は影響受けたが前期は最高益、再び業績コースに復帰の期待

 寿スピリッツ<2222>(東1)は5月26日、続伸一段高となり、11時にかけて11%高に迫る5790円(560円高)まで上げ、3月以降の回復相場で高値に進んだ。

 国内各地の地域限定ブランド銘菓会社を統括する持株会社式の製菓大手で、緊急事態制限の解除と6月からの県をまたぐ移動の段階的緩和は旅行を喚起するため追い風との見方が出ている。

 前期・2020年3月期の連結決算は、第4四半期に入って新型コロナウイルス流行の影響を大きく受けたが、第3四半期までの好調推移によって売上高が前期比10.8%増、営業利益は同8.0%増となるなどで最高益を更新した。このため、様々な自粛が解除されれば再び高業績コースに復帰すると見られている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | 材料でみる株価