[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/24)参天製薬が後場一段高、開発中の近視薬が第2相臨床試験で主要評価項目を達成
記事一覧 (12/24)ジョルダンは後場もストップ高続く、「MaaS」事業で電通と子会社が提携
記事一覧 (12/24)Eストアーが急伸ストップ高、ヤフーの子会社コマース21を連結化
記事一覧 (12/24)ネクストジェンが連日急伸、「ローカル5G」強化めざし資本業務提携
記事一覧 (12/23)豊商事がストップ高、筆頭株主の保有株式の公開買付が注目される
記事一覧 (12/23)寿スピリッツが上場来の高値、業績が好調で年末年始の日並びも注目される
記事一覧 (12/23)ネクストジェンがストップ高、協和エクシオなどに第三者割当増資
記事一覧 (12/23)第一三共は米国での新薬販売承認が注目されて高値に迫る
記事一覧 (12/19)日立化成は昭和電工グループによるTOBを受け急伸、値上がり率トップ
記事一覧 (12/19)USEN−NEXTが一段高、株主優待制度の拡充に注目集まる
記事一覧 (12/18)いすゞ自動車が後場一段高、ボルボ(スウェーデン)と提携の方針と伝えられる
記事一覧 (12/18)カーチスHDが後場ストップ高、中国に自動車・関連部品の合弁会社を設立
記事一覧 (12/18)アイロムGが後場急動意、九州大学と子会社が「DVC1−0101」で連携
記事一覧 (12/18)NTTドコモが続伸高値、タッチレス決済システムなど材料豊富
記事一覧 (12/17)プレミアグループは債権回収会社のM&Aが注目されて後場一段と強含む
記事一覧 (12/16)キョウデンが戻り高値に進む、「5G」に加え「ワイヤレス給電」も材料視
記事一覧 (12/16)ローソンが後場一段高、KDDIとスマホ決済で提携と伝えられる
記事一覧 (12/16)ビジョナリーHDがストップ高、エムスリーとの資本業務提携を好感
記事一覧 (12/16)石川製作所が4日続伸、「北朝鮮また『重大な実験』」と伝えられ注目強まる
記事一覧 (12/13)淀川製鋼所が出直り強める、大阪での生産を一部福井に移管し生産と物流体制を一新
2019年12月24日

参天製薬が後場一段高、開発中の近視薬が第2相臨床試験で主要評価項目を達成

■2018年以来の2100円台に進む

 参天製薬<4536>(東1)は12月24日の後場、一段と強含み、13時30分を回っては2121円(52円高)前後で推移。2018年以来の2100円台に進んでいる。23日付で、開発中の新薬候補「DE−127」について、「軽度・中等度の近視を対象とした第2相臨床試験において主要評価項目を達成した」と発表。注目が再燃した。

 発表によると、「DE−127」は、同社とシンガポールの国立眼科・視覚研究所であるシンガポールアイリサーチインスティテュート(以下:SERI)が共同開発している新製剤。同社では、この試験および日本における第2/3相試験を実施している。今後、日本およびアジアで製造販売申請を行う予定。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 材料でみる株価

ジョルダンは後場もストップ高続く、「MaaS」事業で電通と子会社が提携

■近未来の新たなサービス分野に積極進出

 ジョルダン<3710>(JQS)は12月24日、朝方から買い気配のままストップ高の1433円(300円高)に貼りついて推移し、13時現在、まだ売買が成立していない。23日付で、子会社J MaaS株式会社と電通<4324>(東1)との資本業務提携を発表。注目集中となった。

 ネット検索の「乗り換え案内」などで知られるが、このほど、子会社J MaaSが電通からの出資を受け入れるとともに、「MaaS」(マース:電車やバス、クルマなどの異動手段と経路、天候、混雑状況などの要因を総合的に判断して提供するサービス)サプライヤーとしての各種業務に関する提携を行うとした。「MaaS」は、近未来の新たなサービスとして、自動運転システムの開発とともに注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 材料でみる株価

Eストアーが急伸ストップ高、ヤフーの子会社コマース21を連結化

■大企業から中小企業までECシステムをフルラインナップで提供

 Eストアー<4304>(JQS)は12月24日、急伸し、9時13分にストップ高の1099円(150円高)で売買されたまま10時を過ぎても買い気配を続けている。23日の取引終了後、ヤフー株式会社(Zホールディングス<4689・東1>)の完全子会社・株式会社コマースニジュウイチ(以下、コマース21)の株式を全株取得し、連結子会社化することを決議したと発表。注目集中となっている。Zホールディングスも高い。

 これにより、従来から提供している汎用型のECシステムに対し、拡張性の高さを求める大企業のニーズに柔軟に対応できるコマース21のパッケージ型インテグレーションECシステムの提供が可能になることで、大企業から中小企業まで、ECシステムをフルラインナップで提供できるようになり、多様な顧客ニーズへの対応が可能になるという。

 また、パッケージ型インテグレーションECシステムに相対する、より大型で強固な販促サービスの提供が出来ることから、コマース21は顧客に対して総合的なECソリューションの提供が可能になる。双方の顧客に対して質と幅の高いサービスの提供と、今後の成長戦略をより促進していくことが期待できるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 材料でみる株価

ネクストジェンが連日急伸、「ローカル5G」強化めざし資本業務提携

■第三者割当増資を行い協和エクシオが筆頭株主に

 ネクストジェン<3842>(JQG)は12月24日、2日続けて大幅高となり、取引開始後に21%高の2740円(476円高)まで急伸している。20日の夕方、協和エクシオ<1951>(東1)などへの新株発行を含む資本業務提携を発表し調達資金を「ローカル5G」関連のビジネス加速費用などに充当するとし、注目集中となっている。

 協和エクシオ、および業務用通話録音装置で国内トップシェアを誇る株式会社タカコム(岐阜県、代表取締役中尾正人社長)と資本業務提携する。各々に第三者割当増資を行う。協和エクシオはネクストジェンの普通株式422,000株を引き受け、ネクストジェンの議決権の25.67%を所有する筆頭株主になる。また、タカコム社は同じく78,000株を引き受け、議決権の3.03%を所有する予定。

 株式市場では23日から「ローカル5G」「5G」関連銘柄の値動きが活発化しており、この提携が契機になったとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 材料でみる株価
2019年12月23日

豊商事がストップ高、筆頭株主の保有株式の公開買付が注目される

■買付価格は1株550円。EVOLUTION JAPANの保有株式265万2200株(所有割合31.88%)を買い付けると発表

 豊商事<8747>(JQS)は12月23日、何度もストップ高の674円(100円高)で売買され、13時30分現在はストップ高買い気配となっている。自己株式の公開買付を20日の取引終了後に発表し、注目集中となった。

 発表によると、筆頭株主であるEVOLUTION JAPAN株式会社(米国金融グループ Evolution Financial Group傘下の日本法人)より、「同社が保有する当社普通株式を当社が自己株式として取得することの打診」が2018年10月にあり、2019年8月から具体的な検討を開始してきた。

 買付価格は1株550円。EVOLUTION JAPANの保有株式数は265万2200株(所有割合31.88%)を買いつけるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 材料でみる株価

寿スピリッツが上場来の高値、業績が好調で年末年始の日並びも注目される

■連続休暇を取りやすい日並びのためお土産需要の盛り上がりを期待

 寿スピリッツ<2222>(東1)は12月23日、8230円(160円高)まで上げた後も堅調で、株式分割など調整後の上場来高値を2日続けて更新している。日本各地の銘菓製造企業をグループ化し、オリジナルブランドやショップブランドを展開。連続最高益の見込みで買い安心感がある上、この年末年始は連続休暇を取りやすい日並びのため、お土産需要の盛り上がりも期待材料との見方が出ている。

 先に発表した第2四半期決算(2019年4〜9月、連結)は、売上高が前年同期比22%増加し、営業利益は同64%増加するなど、大幅に拡大した。
 
 3月通期の予想は据え置いたが、積極出店効果などを要因に上振れ期待もある。第2四半期発表段階での通期連結業績予想は、売上高が前期比10.9%増の452億円、営業利益は同16.6%増の69.7億円、純利益は同14.5%増の45.5億円。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:29 | 材料でみる株価

ネクストジェンがストップ高、協和エクシオなどに第三者割当増資

■調達資金を「ローカル5G」事業などに充当、エクシオは筆頭株主に

 ネクストジェン<3842>(JQG)は12月23日の前場、買い気配のままストップ高の2264円(400円高)に貼りついて推移し、売買が成立しなかった。20日の夕方、協和エクシオ<1951>(東1)への新株発行を含む資本業務提携などを発表し、注目集中となった。

 協和エクシオ、および業務用通話録音装置で国内トップシェアを誇る株式会社タカコム(岐阜県、代表取締役中尾正人社長)と資本業務提携する。各々に第三者割当増資を行い、調達資金を「ローカル5G」関連のビジネス加速費用、CPaaS事業の推進費用、クラウドサービス関連分野拡大費用などに充当する。

 協和エクシオはネクストジェンの普通株式42万2000株を引き受け、ネクストジェンの議決権の25.67%を所有する筆頭株主になる。また、タカコム社は同じく7万8000株を引き受け、議決権の3.03%を所有する予定とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 材料でみる株価

第一三共は米国での新薬販売承認が注目されて高値に迫る

■転移性の乳がんに対する治療薬、数週間内に米国で販売開始と発表

 第一三共<4568>(東1)は12月23日、出直りを強め、取引開始後に4%高の7320円(276円高)をつけて上場来の高値7562円(2019年12月13日)に迫っている。23日朝、「ENHERTU(トラスツズマブ デルクステカン)の米国における販売承認取得を発表。注目が再燃した。

 アストラゼネカ(英国ケンブリッジ)とともに「ENHERTU(トラスツズマブ デルクステカン、HER2に対する抗体薬物複合体)について、米国食品医薬品局(FDA)より「転移性の乳がんに対する治療として2つ以上の抗HER2療法を受けたHER2陽性の手術不能又は転移性乳がん」を適応として販売承認を取得したと発表。「今後数週間以内に米国にて販売を開始する」とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 材料でみる株価
2019年12月19日

日立化成は昭和電工グループによるTOBを受け急伸、値上がり率トップ

■TOB価格は4630円、昭和電工は安いが日立製は高い

 日立化成<4217>(東1)は12月19日、買い気配で始まり、9時20分過ぎに13%高の4590円(510円高)まで上げて東証1部銘柄の値上がり率トップに躍り出た。

 18日の取引終了後、昭和電工<4004>(東1)とともに、昭和電工グループ企業による日立化成へのTOB(株式公開買付)を発表。TOB価格は1株4630円としたため、この値に向けて急伸している。本日のストップ高は700円高の4780円。

 昭和電工は安いが、日立製作所<6501>(東1)は年初来の高値を更新した。発表によると、TOBは2020年2月中旬から開始する見込み。日立化成の筆頭株主・日立製作所は、その所有全株式(106,699,955株、所有割合51.24%)をこの公開買付に応募する旨の応募契約を締結している。日立化成は、これに賛同の意見を表明するとともに、株主に対して応募することを推奨する旨の決議をした。TOB成立後、日立化成の株式は非上場になる見込み。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:45 | 材料でみる株価

USEN−NEXTが一段高、株主優待制度の拡充に注目集まる

■ポイントを好きな商品と交換可能に、来年2月末日現在の株主から開始

 USEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)は12月19日、上値を追って始まり、取引開始後に9%高の1379円(120円高)をつけて年初来の高値を更新した。18日の夕方、株主優待制度の変更(拡充)を発表し、注目されている。

 2020年2月末日現在の株主を対象とする優待から、優待ポイントを食品や電化製品、ギフト、旅行・体験などに交換できる方式に改める。5単元(500株)以上保有の株主が対象になる。これまでは同社の定額制音楽配信サービス(アプリ)「SMART USEN」や「U−NEXT」の利用料として使える方式だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 材料でみる株価
2019年12月18日

いすゞ自動車が後場一段高、ボルボ(スウェーデン)と提携の方針と伝えられる

■「トラックの電動化や自動運転など次世代技術で協力」

 いすゞ自動車<7202>(東1)は12月18日、11時頃と14時頃に大きく上げて後場一段高となり、7%高の1465円(101円高)まで上げて今年5月以来の1400円台に進んだ。「ボルボと包括提携…トラック次世代技術で協力」(読売新聞オンライン2019年12月18日14時)と伝えられ、注目されている。

 「ボルボ(スウェーデン)といえば日本では高級乗用車のイメージが強いが欧州では大型トラックを含めた商用車の大手」(国内トラック業界関係者)。報道によると、「トラックの電動化や自動運転など次世代技術で協力」し、「いすゞは小型トラックに強みがあり、中大型が得意なボルボとは補完関係が見込めると判断した模様だ」という。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:43 | 材料でみる株価

カーチスHDが後場ストップ高、中国に自動車・関連部品の合弁会社を設立

■新華錦汽貿と来年1月に設立し輸出や中古車事業など展開

 カーチスホールディングス(カーチスHD)<7602>(東2)は12月18日の13時に合弁会社設立に関するお知らせを発表。株価は直後から急伸し、13時30分過ぎからは何度もストップ高の321円(80円高)で売買されている。

 中国・新華錦集団有限公司(新華錦集団)グループの山東新華錦国際株式有限公司の100%子会社である青島新華錦汽車貿易有限公司(新華錦汽貿)との合弁会社を2020年1月に設立する。資本金は1億円、出資比率はカーチスHDが33.34%、新華錦汽貿66.66%。「開示事項の経過発表」だが、改めて注目を集めている。

 中国に自動車及び関連部品の輸出事業を行う拠点を構築し、中央アジア、EU方面への物流・輸出などについて具体的に進めていくとともに、日本での自動車流通や査定技術のノウハウにより中国の中古車市場での事業も目指す。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 材料でみる株価

アイロムGが後場急動意、九州大学と子会社が「DVC1−0101」で連携

■「虚血肢治療製剤」早期の治療機会を提供すべく開発

 アイロムグループ<2372>(東1)は12月18日の昼12時30分に九州大学との「DVC1−0101(虚血肢治療製剤)」ライセンス等に関するお知らせを発表。株価は後場、値動きを活発化させ、の取引開始直後に4%高の1544円(59円高)まで上げて出来高も増加している。

 100%子会社である株式会社IDファーマが、国立大学法人・九州大学と、遺伝子治療製品「DVC1−0101」の臨床試験データの利用許諾契約を締結することとなった。本契約に基づき入手する臨床試験データを使用し、国内外の製薬企業への導出等のライセンス契約交渉を推進する。

 IDファーマは、現在、遺伝子治療製品「DVC1−0101」について日本、中国およびオーストラリアにて臨床開発を進めている。本契約の締結により、再生医療等製品製造販売承認申請に必要なデータを入手することが可能になる。また、ライセンス契約の締結を希望する国内外の製薬企業に対し、現在公開可能な最新データを提供できることとなる。これにより、「DVC1−0101」の上市に向けて開発を促進し、慢性閉塞性動脈硬化症による高度間欠性跛行肢を有する患者に早期の治療機会を提供できるよう推進する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | 材料でみる株価

NTTドコモが続伸高値、タッチレス決済システムなど材料豊富

■4月から安定的なジリ高相場を続け買い安心感

 NTTドコモ<9437>(東1)は12月18日、続伸基調となり、取引開始後に3082.0円(22.0円高)まで上げて年初来の高値を更新した。「5G」関連株として4月以降は安定的なジリ高相場を継続中。直近は、NTTドコモ・ベンチャーズが米国の無人店舗自動決済システム開発企業に出資したことなどに注目する様子もある。

 また、ソニー<6758>(東1)は12月5日付で、NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズが「おサイフケータイ」のタッチレス対応に関する実証実験を開始したと発表。次世代の決済システムの開発に取り組む姿勢に注目する動きもある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 材料でみる株価
2019年12月17日

プレミアグループは債権回収会社のM&Aが注目されて後場一段と強含む

■業容拡大とともにクレジットなどの残高が増加、来年4月子会社化

 プレミアグループ<7199>(東1)は12月17日の後場、一段と強含み、取引開始後に2313円(47円高)まで上げて出直りを強めている。各利益とも連続最高を更新する見込みである上、16日付で、中央債権回収株式会社(東京都中央区)の株式取得(M&A)による子会社化を発表し、注目が再燃している。

 株式譲渡実行日は20年4月を予定し、議決権所有割合は100.0%になる予定。中央債権回収株式会社は、とりわけオートクレジット債権やオートリース債権の回収、担保車両の引揚げなどに実績があり、全国で業務を展開する。プレミアグループは業容の拡大とともにクレジットなどの残高が増加しており、取り扱いや管理に実績のある同社をグループ・インすることとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 材料でみる株価
2019年12月16日

キョウデンが戻り高値に進む、「5G」に加え「ワイヤレス給電」も材料視

■このところはチャート妙味も加わってきたとの見方が

 キョウデン<6881>(東2)は12月16日の後場、一段高となり、取引開始後に8%高の383円(29円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。プリント配線基板や電子部品モジュール開発などで先行し、「5G」関連銘柄として、このところはチャート妙味も加わってきたとの見方が出ている。

 8月以降、回復相場に転換し、このところは週足で主な移動平均を順次、上抜いてきた。日足では、12月以降、安く終わった日がまだ二日しかなく、値幅妙味も強まってきたとの見方だ。

 直近は、「ワイヤレス給電」向け厚銅コイル基板(パワー制御一体化)などを国際展示会「第34回インターネプコンジャパン」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)に出展と発表し、こちらを材料視する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 材料でみる株価

ローソンが後場一段高、KDDIとスマホ決済で提携と伝えられる

■「KDDIがローソンに2%程度を出資」し「ポンタ」の機能拡大

 ローソン<2651>(東1)は12月16日の後場一段と強含み、取引開始後に6350円(300円高)まで上げて戻り高値に進んでいる。スマートフォン決済の分野でKDDI<9433>(東1)と提携すると日本経済新聞・電子版が正午前に伝え、材料視されている。KDDIは3226.0円(8.0円高)前後となっている。

 「KDDIが120億円超を投じてローソンに2%程度を出資し、ローソンの親会社である三菱商事とも連携して共通ポイント「ポンタ」運営会社の株式約20%も買い取る。KDDIのスマホ決済・電子マネーで「ポンタ」を使えるようにする」などと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | 材料でみる株価

ビジョナリーHDがストップ高、エムスリーとの資本業務提携を好感

■議決権総数の33.30%を割り当て約42億円を資金調達

 ビジョナリーホールディングス(ビジョナリーHD)<9263>(JQS)は12月16日、買い気配のままストップ高の417円(80円高)に達し、11時を過ぎてもまだ売買が成立してない。

 「メガネスーパー」などを展開し、12月13日の取引終了後、エムスリー<2413>(東1)との業務提携およびエムスリーに対する第三者割当増資による新株発行などを発表。販路拡大などへの期待が強まっている。

 エムスリーを割当予定先として普通株式1244万4600株(総議決権数に対する割合33.30%)を割り当て、手取概算額約42億2861万円を調圧する。払込日は2020年2月18日の予定。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 材料でみる株価

石川製作所が4日続伸、「北朝鮮また『重大な実験』」と伝えられ注目強まる

■防衛関連銘柄の代表格で同じく豊和工業も4日続伸基調

 石川製作所<6208>(東1)は12月16日、4日続伸基調で始まり、取引開始後に1900円(97円高)をつけて2019年3月18日以来の900円台に乗った。防衛産業関連銘柄の代表格で、「北朝鮮また『重大な実験』ICBMエンジン燃焼か」時事ドットコム2019年12月15日00時00分)と伝えられ、一段と注目されている。

 12月初は1300円台半ばで推移し、この半月で4割強の値上がりとなった。同様に防衛関連の豊和工業<6203>(東1)も875円(25円高)まで上げて4日続伸となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 材料でみる株価
2019年12月13日

淀川製鋼所が出直り強める、大阪での生産を一部福井に移管し生産と物流体制を一新

■予定投資額約76億円でタイムリーな生産・物流体制を構築

 淀川製鋼所<5451>(東1)は12月13日の後場、一段と強含み、13時過ぎに5%高の2133円(93円高)まで上げて出直りを強めた。13時過ぎに「エクステリア商品に係る大型設備投資のお知らせ」を発表。注目されている。

 発表によると、近年、エクステリア商品に対するニーズはますます多様化しており、製造メーカーとしては、ニーズにお応えする細やかな機種展開と、それをタイムリーに届ける生産・物流体制の構築が必須となっている。

 これを一層進めるために、現在大阪工場で生産しているエクステリア商品の一部につき、当社福井事業所の遊休地にその生産機能を移転し、生産と物流体制の一新を図ることとした。予定投資額は約76億円。2020年6月に着工し、稼働しはじめるのは21年10月の予定とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 材料でみる株価