[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/06)コックスはウォッシャブルマスクが注目されてストップ高に貼りつく
記事一覧 (04/06)オムロンが再び出直る、電子体温計や自動血圧計も品薄とされ注目再燃
記事一覧 (04/06)イワキが2月下旬からの下げをほぼ回復、人工呼吸器関連事業や殺菌消毒剤など材料視
記事一覧 (04/06)鳥貴族が大幅反発、「緊急事態宣言」によるコロナウイルス禍の早期収束を期待
記事一覧 (04/06)デンカが大幅続伸、新型コロナウイルス薬として期待の「アビガン」3倍備蓄など材料視
記事一覧 (04/03)ランサーズは副業・フリーランス情報サイトの登録者大幅増など注目され活況高
記事一覧 (04/03)UUUMが一時ストップ高、各界でのYouTube活用急増など材料視される
記事一覧 (04/03)ケイアイスター不動産が反発、東京ビッグハウス(東京都新宿区)の株式取得が注目される
記事一覧 (04/03)データホライゾンが15%高、自治体向けヘルスケア事業でDeNAグループと提携
記事一覧 (04/03)キーウェアソリューションズは「院内感染対策ソリューション」など注目され連日出直る
記事一覧 (04/03)富士フイルムHDはドイツ政府「アビガン」大量購入報道が好感され出直り強める
記事一覧 (04/02)ソフトバンクGが米ウィーワーク買収を取りやめ差額損失の計上も無しに
記事一覧 (04/02)イワキが急伸、人工呼吸器関連用品や殺菌消毒剤など注目され後場13%高
記事一覧 (04/02)MRTは医療人材不足の解消や遠隔診療事業など材料視され連日ストップ高
記事一覧 (04/02)イムラ封筒は「全国全世帯にマスク2枚」が材料視されて急伸
記事一覧 (04/02)Welbyも連日ストップ高、遠隔診療の拡大政策に乗る銘柄として人気集中
記事一覧 (04/02)レオクランが連日ストップ高、遠隔診療や感染症ベッド不足など材料視
記事一覧 (04/02)大幸薬品が逆行高、閉鎖空間での「クレベリン」など注目し直す様子
記事一覧 (04/01)シイエム・シイは名証2部上場の記念配当と自社株買いが好感され後場一段高
記事一覧 (04/01)レオクランがストップ高、新型コロナ「ベッド不足」とされ注目集中
2020年04月06日

コックスはウォッシャブルマスクが注目されてストップ高に貼りつく

■コットン100%で繊維の先が丸みをおびて柔らかいと発表

 コックス<9876>(JQS)は4月6日、急伸し、取引開始後にストップ高の128円(30円高)で売買されたまま買い気配に貼りつき、後場は13時を過ぎてもまだ売買が成立していない。

 4月3日付で、「洗って使える、肌にやさしい『やわマスク』を予約販売開始」と発表。材料視されている。発表によると「100%コットン」「繊維の先端が丸みをおびている為、柔らかい仕上がり」で、サイズは高さ14.0p・幅18.0p、けっこう大きめの様子。予約販売を4月2日から同社公式オンラインストア・楽天市場店で開始。価格は1枚1000円プラス税、3枚セットは2720円プラス税。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 材料でみる株価

オムロンが再び出直る、電子体温計や自動血圧計も品薄とされ注目再燃

■マスク、除菌剤に続いてドラッグストアなどで売り切れる例も

 オムロン<6645>(東1)は4月6日の後場寄り後、5570円(180円高)となり、再び出直りを強めている。制御機器や電子部品のほか、AED(自動体外式除細動器)、電子体温計、自動血圧計などでも知られ、このところドラッグストアなどで電子体温計の売り切れが目につくとして注目する様子がある。

 このところ、ドラッグストアなどでは、マスク、除菌剤に続いてゴム手袋や家庭用の電子体温計も品切れ気味になってきたとの声が出ている。新型コロナウイルス肺炎の症状として発熱が挙げられることが要因のようだ。高齢者施設や新学期を迎えた小学校などで、全員の体温測定などを毎朝励行する例が出ているとの報道もある。連結業績への寄与は小さいが、新型コロナウイルス関連のニュースは、いま株式市場の最大の人気テーマだけに注目する動きが少なくないようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 材料でみる株価

イワキが2月下旬からの下げをほぼ回復、人工呼吸器関連事業や殺菌消毒剤など材料視

■人工呼吸器関連株は先行して動意づいた銘柄が重いため注目強まる

 イワキ<8095>(東1)は4月6日、一段高となり、11時を過ぎては13%高の510円(60円高)前後で推移。2月25日以来の500円台回復となり、2月下旬からの全体相場に押されるような急落をほぼ回復した。

 引き続き、外皮用殺菌消毒剤、人工呼吸器のシミュレーターやテスト用肺を手掛けることなどが注目されている。とりわけ人工呼吸器という株価材料では、先行して動意づいた銘柄の値動きが重いため材料株妙味を強める形になっているようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 材料でみる株価

鳥貴族が大幅反発、「緊急事態宣言」によるコロナウイルス禍の早期収束を期待

■「中小企業に最大200万円給付」報道ありフランチャイズ店に可能かどうか注目される

 鳥貴族<3193>(東1)は4月6日、大幅反発となり、10時にかけては15%高に迫る1382円(178円高)前後で推移し、大きく出直っている。

 新型コロナウイルスの流行を受け、直営全店(394店舗)で4月4日から4月12日まで臨時休業すると4月2日に発表し、株価は下落していたが、政府が7日にも「緊急事態宣言」を発表するとの観測報道が複数から伝えられ、新型コロナ流行が早く収束に転じる期待が出ているようだ。

 また、直営以外の店舗についても、政府が7日にも打ち出す見込みの経済対策では、「中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金を給付する方向で検討」(朝日新聞デジタル2020年4月4日23時12分)と伝えられており、給付対象になる可能性が注目されている。同社の総店舗数は647店舗(2020年1月末時点)(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:18 | 材料でみる株価

デンカが大幅続伸、新型コロナウイルス薬として期待の「アビガン」3倍備蓄など材料視

■原料生産と発表し政府の経済対策とともに材料株妙味が増幅

 デンカ<4061>(東1)は4月6日、大幅高で始まり、9時20分に13%高の2923円(342円高)をつけて2日連続の急伸となっている。

 4月2日付で、新型コロナウイルス感染症への特効薬として期待される「アビガン」の原料となる「マロン酸ジエチル」の供給を決定し5月から生産開始と発表。続いて5日、政府が7日にも発表するとされる経済対策で、「『アビガン』の増産を支援し、2020年度中に現在の最大3倍にあたる200万人分(インフルでは600万人分)の備蓄を確保する」(日本経済新聞2020年4月5日付朝刊)と伝えられ、材料株妙味が増幅した。

  「アビガン」は、富士フイルムホールディングス(富士フイルムHD)<4901>(東1)グループの富山化学工業と富山大学が共同開発し、インフルエンザ薬として創製した新薬で、2014年に日本国内で製造販売承認を取得した。富士フイルムHDも7%高に迫る6145円(381円高)前後となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 材料でみる株価
2020年04月03日

ランサーズは副業・フリーランス情報サイトの登録者大幅増など注目され活況高

 ランサーズ<4484>(東マ)は4月3日の後場、15%高に迫る662円(85円高)で始まり、出直り基調を継続。出来高も増加している。

 副業・フリーランスのマッチングサイト「Lancers」を運営し、同日付で、同マッチングサイトの3月のフリーランス登録者数が58%増加(2019年12月対比)し、企業による発注問い合わせ数は同じく76%増加したことなどを発表し(テレワーク拡大による企業・フリーランスの働き方の変化に関する調査)、注目されている。

 従業員の副業を認める会社が増えている中で、弁護士ドットコム<6027>(東マ)の創業者で参議院議員の元榮太一郎(もとえ・たいちろう)会長は一歩踏み込み、2019年に「『複業』で成功する」(新潮社)を刊行している。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 材料でみる株価

UUUMが一時ストップ高、各界でのYouTube活用急増など材料視される

■鎌田社長の重大発表予告ツイッターを機に2日連続大幅高

 UUUM<3990>(東マ)は4月3日、2日続けて大幅高となり、一時ストップ高の2639円(500円高)をつけて出直りを強めている。

 同社・鎌田和樹社長がツイッター(Twitter)で「4月末から5月頭くらいに」「世の中の状況を吹っ飛ばすレベルの」大発表をにおわせたとされ、一段と期待が強まったようだ。

 また、ユーチューバーやユーチューブクリエイターの支援などを行うため、このところYouTube(ユーチューブ)にスポーツ選手などが室内でできる運動の紹介映像をアップしたり、タレント・アーティストが無観客イベントを映像でアップする事例が急増していることが追い風になるとの見方も出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 材料でみる株価

ケイアイスター不動産が反発、東京ビッグハウス(東京都新宿区)の株式取得が注目される

■4月2日付で議決権所有割合の50.0%を取得し連結子会社に

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は4月3日、取引開始後に1045円(19円高)をつけ、前日までの4日続落から5日ぶりに反発基調となっている。

 4月1日の午後、首都圏を中心に戸建住宅の分譲事業やリノベーションマンション販売などを行う東京ビッグハウス株式会社(東京都新宿区)の株式取得(連結子会社化)について発表。全体相場の反発とともに注目し直される様子がある。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 材料でみる株価

データホライゾンが15%高、自治体向けヘルスケア事業でDeNAグループと提携

■国民健康保険向けヘルスアップ事業や重症化予防教育の支援など予定

 データホライゾン<3628>(東マ)は4月3日、大幅反発となり、9時50分に15%高の2000円(260円高)まで上げて出来高も増加している。

 4月2日、全国の自治体向けヘルスケア事業でDeNA(ディー・エヌ・エー)<2432>(東1)グループのDeSCヘルスケア株式会社との提携を発表し、注目されている。

 具体的な取り組みとして、自治体の国民健康保険向けヘルスアップ事業におけるヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」の活用、糖尿病性腎症などの疾病の重症化予防の教育事業、各種分析事業をはじめとする様々な事業を予定するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 材料でみる株価

キーウェアソリューションズは「院内感染対策ソリューション」など注目され連日出直る

■有名大学病院の新型コロナウイルス感染など受け注目強まる

 キーウェアソリューションズ<3799>(東1)は4月3日、9時30分にかけて8%高に迫る580円(41円高)をつけ、2日続けて大幅な出直り相場になっている。

 「医療ICT」事業で「院内感染対策ソリューションMedlas−SHIPL」「医療安全管理HoSLM」などの医療機関向けITソリューションを提供しており、ここ、新型コロナウイルス感染者に関する報道で東京都内の永寿病院や慶応大学病院などでの院内感染が伝えられ、材料視されている。

 また、健康管理サポートサービス「健康からだコンパスLifeRoute」も注目されており、政府が適用条件を緩和したオンライン診療につながるソリューションになるとの見方がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 材料でみる株価

富士フイルムHDはドイツ政府「アビガン」大量購入報道が好感され出直り強める

■原料を国内生産と伝えられたデンカは買い気配のままストップ高

 富士フイルムホールディングス(富士フイルムHD)<4901>(東1)は4月3日、反発して始まり、取引開始後に5640円(215円高)をつけて出直りを強めている。新型コロナウイルスに効果を発揮する可能性が言われている「アビガン」について、ドイツ政府の大量購入報道が伝えられ、再び材料視されている。また、原料を国内生産と伝えられたデンカ<4061>(東1)は買い気配のままストップ高となっている。

 時事通信が4月2日午後5時54分「独政府、『』アビガン』大量購入へ、新型コロナへの効果期待」と伝えた。2日付のフランクフルター・アルゲマイネ紙が報じ、購入規模は、数百万セットに上る可能性があるとした。

 「アビガン」は、同社グループの富山化学工業と富山大学が共同開発し、インフルエンザ薬として創製した新薬で、2014年に日本国内で製造販売承認を取得した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 材料でみる株価
2020年04月02日

ソフトバンクGが米ウィーワーク買収を取りやめ差額損失の計上も無しに

■取得価額と公正価値の差を営業外損失として計上する見込みだったが

 ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)<9984>(東1)は4月2日の13時35分、米ウィーワーク(WeWork)への株式公開買付の取りやめについて発表。株価はその直後に一段と強含んで3840円(165円高)まで上げ、14時を過ぎても堅調に値を保っている。

 発表によると、本公開買付けを完了した場合、2020年3月期の連結業績に株式の取得価額と公正価値の差額を営業外損失として計上する見込みだったが、本公開買付けの取りやめにともない、この損失は計上されないことになった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:21 | 材料でみる株価

イワキが急伸、人工呼吸器関連用品や殺菌消毒剤など注目され後場13%高

■鳥居薬品の工場譲受にともない新型コロナ特効薬への思惑も

 イワキ<8095>(東1)は4月2日の後場、13%高に迫る463円(52円高)で始まり、一段高となっている。医薬品原料・医薬品の大手で、外皮用殺菌消毒剤を製造するほか、人工呼吸器のシミュレーターやテスト用肺を手掛けること、などが注目されている。

 新型コロナウイルス関連株の中では「まだ大きく上げていない」(市場関係者)との声もあり、出遅れ感が強いようだ。

 3月中旬には、連結子会社・岩城製薬が鳥居薬品<4551>(東1)の佐倉工場(千葉県)を譲受すると発表した。市場関係者の間では、同工場では膵炎治療薬「フサン」も製造するとされ、3月下旬に首相が新型コロナウイルス特効薬の候補として言及した数品目の有力候補薬の中に、富士フイルムHD<4901>(東1)の「アビガン」などとともに列挙されたことと関連づけて期待を強める動きがあるようだ。(HC.)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 材料でみる株価

MRTは医療人材不足の解消や遠隔診療事業など材料視され連日ストップ高

■「オンライン診療ポケットドクター」オプティムと医療機関に提供

 MRT<6034>(東マ)は4月2日、一時ストップ高の1639円(300円高)まで急伸し、11時を過ぎても20%高の1607円(268円高)前後で推移。連日大幅高で2018年11月以来の1600円台に進んでいる。

 医療人材の紹介サイト「MRT」運営などを行い、新型コロナウイルスの流行拡大にともない医療人材の不足の可能性が言われ、注目が強まっている。

 また、2月には、オプティム<3694>(東1)とともに「オンライン診療ポケットドクター」を医療機関に無償提供すると発表しており、政府の遠隔診療拡大方針に関連する銘柄としても注目されている。オプティムも高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 材料でみる株価

イムラ封筒は「全国全世帯にマスク2枚」が材料視されて急伸

■郵送になる見込みで封筒の需要急増が連想される

 イムラ封筒<3955>(東2)は4月2日、急伸し、10時過ぎに13%高の629円(73円高)まで上げて1月下旬以来、約2か月ぶりに620円台を回復した。

 首相が「全国すべての世帯を対象に日本郵政のシステムを活用し、1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布する方針」(NHKニュースWEB2020年4月1日20時23分)と伝えられ、封筒の需要急増が連想されている。

 本日のストップ高は100円高の656円。年初からの値動きをみると、全体相場が急落し始めた2月下旬からの下げを完全に奪回した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 材料でみる株価

Welbyも連日ストップ高、遠隔診療の拡大政策に乗る銘柄として人気集中

■医療機関からのアドバイス可能なスマホアプリ「Welbyマイカルテ」注目される

 Welby(ウェルビー)<4438>(東マ)は4月2日、買い気配のままストップ高の1649円(300円高)に達し、2日連続ストップ高。10時現在、まだ売買が成立していない。

血圧や血糖値などの病状を管理記録し医療機関からのアドバイスも可能なスマートフォンアプリのクラウドサービス「Welbyマイカルテ」などを開発提供し、新型コロナウイルス流行を受けて政府が遠隔診療・オンライン診療の拡大を図る方針を示したことを受け注目集中となっている。「5G」通信網の整備が進めば、スマホなどによる検査検診などの機能が飛躍的に拡大するとみられている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 材料でみる株価

レオクランが連日ストップ高、遠隔診療や感染症ベッド不足など材料視

■病院開業支援など行い治療施設の増設など意識

 レオクラン<7681>(東2)は4月2日、買い気配のままストップ高の1981円(400円高)に達し、9時40分現在、まだ売買が成立していない。2日連続ストップ高となっている。

 病院の開業や移転などにかかわる医療機器の導入支援サービスなどを行い、政府が遠隔診療・オンライン診療の導入拡大方針を示したことを受け、事業拡大の期待が強まっている。

 また、東京都などで新型コロナウイルスの患者を収容する感染症専用の病床(ベッド)不足が濃厚になってきたとされ、治療施設の増設などを意識して注目する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 材料でみる株価

大幸薬品が逆行高、閉鎖空間での「クレベリン」など注目し直す様子

■順天堂大と共同講座、空間中の浮遊細菌やウイルスに対する働きなど研究

 大幸薬品<4574>(東1)は4月2日、反発基調で始まり、取引開始後に6%高の1628円(100円高)まで上げ、株価指数の下げに逆行高となっている。閉鎖空間での「クレベリン」の働きなどを改めて注目し直す動きがあるようだ。

 順天堂大学に集団感染症予防の研究を行うための共同研究講座「集団感染予防学講座」を開設したと3月31日に発表した。発表の中に、同社が開発した低濃度二酸化塩素発生ゲルが、空間中の浮遊細菌やウイルスを2、3時間で99%以上除去すること、さらに付着のウイルスに対しても5時間で99%以上除去できることが確認されている、などあり、「クレベリン」への注目が再燃した様子がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 材料でみる株価
2020年04月01日

シイエム・シイは名証2部上場の記念配当と自社株買いが好感され後場一段高

■4月1日から名証2部と東証JASDAQの2市場で取引

 シイエム・シイ<2185>(JQS)は4月1日の後場、一段高で始まり、取引開始後に15%高の1643円(211円高)まで上げている。11時に記念配当と自己株式取得(自社株買い)を発表し、前引けにかけて急伸。後場寄り後は一段高となっている。

 4月1日から名古屋証券取引所市場第二部(名証2部)にも上場することとなり、これを記念して2020年9月期の期末配当に1株当たり2円の記念配当を実施するとした。これにより、20年9月期の1株あたり期末配当50円(普通配当48円、記念配当2円)の見込みとなった。

 自社株買いは、普通株式20万株(自己株式を除く発行済株式総数の2.82%)、または取得総額3億円を上限として、2020年4月1日から同年6月30日まで信託方式による市場買付にて実施する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:03 | 材料でみる株価

レオクランがストップ高、新型コロナ「ベッド不足」とされ注目集中

■東京都では感染症指定医療機関の140床を超えたと伝えられる

 レオクラン<7681>(東2)は4月1日の前場、10時にかけてストップ高の1581円(300円高)まで上げ、そのまま買い気配に貼りついた。

 病院の開業や移転などにかかわる医療機器の導入支援サービスなどを行い、東京都内で「新型コロナウイルスの患者が急増し、3月30日現在、394人が入院。「感染症指定医療機関」(12カ所)で受け入れ可能な140人を超えてしまい(中略)何とかしのいでいる」(毎日新聞のWEBサイト2020年4月1日05時00より)などと伝えられ、連想買いが殺到する形になった。

 東京都が3月23日に発表した「新型コロナウイルス感染症に対する対応方針について」では4000床の病床を確保することになっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:21 | 材料でみる株価