2013年11月14日

【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】『ボディマス・インデックス』(BMI)で肥満チエックを、18.5〜25が適正

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 今まで3回にわたり、サクセスフル・エイジング実現のために主に運動実践をお話してきました。効果的な運動を行うためにも、過度な肥満は大敵です。肥満の基準はボディマス・インデックス(BMI)で表されます。体重(kg)を身長(メートル)で2回割って得られる値で判定されます。このBMIが、18.5〜25が適正体重とされ、22前後が最も健康的で長生きとされています。

 日本人では28以上を病的肥満とされています。英国癌研究会は過度の肥満の人とそうでない人とを比較すると、膵臓癌や大腸癌などでは約2〜3倍発がん率が高くなり、特に女性ではより癌になり易いと報告しています。

 癌予防の観点から、英国癌研究会は積極的に「毎日できる簡単な習慣による減量10か条、(1)食事時刻を一定、(2)脂肪摂取量を減らす、(3)歩いて体重を減らす、(4)間食はヘルシー、(5)食品表示を読み食品効能に注意、(6)1食分の食事量に気を付ける、(7)座りっ放しはやめ立つことを心がける、(8)飲みものに注意(特にアルコールは高カロリー)、(9)食べるときは食べることに集中、(10)1日に少なくとも5皿の野菜・果物(全部で1日400g)を摂取」を推奨しています。肥満傾向の人は、ぜひこの10か条にトライアルしてみて下さい。

 「減量・減量」と唱えてきましたが、今までのお話は主に70歳未満の方が中心です。70歳以上の方ではあまり体重を減らすのも考えものです。私の外来で、80歳以上の方でBMIが20以下の方は低栄養から栄養不良状態に陥り、ひどい便秘になったり軽い風邪から肺炎になる方が散見されます。動脈硬化の3大原因の血圧・コレステロール・血糖値が基準近くにコントロールされている人では、多少の肥満はあまり気にしないで下さい。次号でこの点を少し詳しくお話をさせていただきます。(自衛隊中央病院消化器内科部長・箱崎幸也)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | ドクター箱崎の健康増進実践法
2013年10月15日

【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】続サクセスフル・エイジングの実践 腹八分目

<続サクセスフル・エイジングの実践 腹八分目>

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 『カロリー制限 (腹八分目) と定期的な運動や活動的な日常身体活動で、健康寿命を延長させる』ために、9月号では標準的な運動処方箋を紹介させていただきました。適時・適切に体を動かすことは何歳になっても、自身への達成感や満足感が得られ健康に対する自信に繋がります。この健康自信が、心臓や脳、肺機能、さらには全身の筋力や認知能力を高めることが医学的に実証されています。

 私の大先輩で90歳の医師で今なお現役で診療をなさっていますが、今でもお酒やタバコを続けています。決して健康的な生活でなく、皆さまに推奨できる生活習慣ではありません。しかし、社交ダンスやカラオケなど、呼吸運動も含め体をしっかり動かしています。日々の外来で元気な後期高齢者の患者さんにお話を聞くと、殆どが何らかの形でほぼ毎日ウオーキングやゴルフの素振りなどで体を動かしています。

 体を動かしていない方では、『少量から開始し、ゆっくり進めること』が重要です。とにかく体を動かすこと、例えばアイロンがけは座らずに立ったまましたり、車でなく歩いて買い物に行くことを心掛けたりと、運動や活動を日常生活に組み入れるようにしてみて下さい。前の週よりも少し活発な運動や活動を行えば、健康状態は良い方向に向かいます。私が患者さんにお願いしている運動や活動は、激しく長時間の運動でなく、運動や活動後に『気持ちの良い疲れが生じるレベル』です。ちょっとした運動の継続が、機能障害のない(寝たきりでない)期間の延長に繋がります。運動や活動に最適な季節ですから、今日からまずゆっくりと運動・活動量を増やすように自分自身を奮い立たせて、百寿者を目指して頑張ってください。(自衛隊中央病院消化器内科部長・箱崎幸也)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | ドクター箱崎の健康増進実践法
2013年09月17日

【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】サクセスフル・エイジングの実践

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 サクセスフル・エイジングは、「大きな疾患や障害がなく、高い身体・認知機能を維持し、社会貢献を行える」ことと前回紹介させて頂きました。この実現には、心身の健康が基にあり、社会的活動に積極的に関与することです。社会的活動は米国の家庭医学会などでは、同窓会や町内会活動だけでなく、読書、旅行、家事、釣りなどへの積極的な参加、さらに創造力を要する音楽、美術、ダンス、手芸などの表現手段が推奨されています。

 私の外来で20年前には80歳以上の方は自立が困難で、殆どの患者さんがご家族の付き添いが必要でした。しかし現在は、80歳以上になっても商売を続けている人、生け花の稽古やダンス・山登りを継続している人は、お一人で通院なさっています。お一人での通院の最高齢は95歳の女性で、物事にくよくよせず、自信に満ちて楽観的な態度が印象的です。自分自身いつもこの方を見習いたいと思っていますが、案外難しいと実感しながら診察させていただいています。

 誰しもが創造力を必要とする社会的活動や趣味に努めて、自立した百寿者を目指したいものです。このためには、医学的には運動、視力、認知機能の3要素が重要です。特に運動能力の向上・維持が必須です。65歳以上の標準的な運動処方を紹介させていただきますので、各自のライフスタイルに組み込んでいただければ幸いです。

有酸素運動:ラジオ体操、散歩、ジョギング、自転車、水泳
運動時の強度:最大強度の50%前後で脈拍120/分(運動中会話のできる程度)
持続時間:10〜30(最大でも60)分、頻度:週に3〜5日
(自衛隊中央病院消化器内科部長・箱崎幸也)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:31 | ドクター箱崎の健康増進実践法
2013年08月27日

【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】アンチエイジングからサクセスフル・エイジングへ

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 外来で患者さんとお話しをしていて、以前は「癌予防」についての説明が多かったのですが、最近では「認知症(ボケ)予防」の話題が多くなっています。実際に患者さんに「肥満はボケの素です」とお話すると、多くの方が数カ月後の外来受診時には体重が1kg前後減少しています。今回から読者の方々が、「80歳・90歳になってもシャキシャキ元気で自立して生けるか」をテーマに少しお話をさせて頂きます。

 現在は、人生80年、いや90年に突入してきている時代で、「アンチエイジング(抗加齢医学)」から「サクセスフル・エイジング」に関心が移ってきています。多くのメディアでの記事・宣伝では、「アンチエイジングの基本は美肌」との話題が中心ですが、本来の意味は「老化の進行を人為的に制御」することです。その目的は、『健康寿命を延ばして高いQOL(生活の質)、高い生産性(社会貢献)を満たすサクセスフル・エイジングの実現』とされています。

 つまり、ただ単なる肉体や精神の健康だけでなく、経済・社会的にも健全であることを求めています。この最終的な目的が、「サクセスフル・エイジング」で「大きな疾患や障害がなく、高い身体・認知機能を維持し経済・社会的にも健全であり、家族・友人・近隣との良好な相互関係を維持し社会貢献が行える」と定義されています。

 「サクセスフル・エイジング」を実現するために、医学的には『 カロリー制限 (腹八分目) と定期的な運動や活動的な日常身体活動で、メタボリックシンドロームを予防して健康寿命を延長させる』ことです。次回以降に、読者の皆様方が90歳になってもシャキシャキ元気で戴くために、ボケ防止を含めた具体的な実践方法について解説したいと思います。(自衛隊中央病院消化器内科部長・箱崎幸也)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:22 | ドクター箱崎の健康増進実践法