2016年02月09日

【業績でみる株価】一蔵は上場後強い相場展開、第3四半期で通期予想利益を上回る

 一蔵<6186>(東2・100株)は、昨年12月25日に上場、株価は上場後高値1259円と同安値854円の「中間値」(1056円)を上回り1100円前後で強い展開である。新規上場銘柄の多くが値を崩す中で特筆される動きといえる。

 振袖、和装小物などきもの一式を自社店舗、チェーン専門店、一般呉服店、ネット通販、百貨店などで販売・レンタルを全国展開する。各店舗に専属カメラマンを配置し写真・アルバムのデザイン提供を行っている。

 以前は資産として高価な着物を所有し特別な機会にのみ着用することが多かったが、近年では、ファッションとして、「着て楽しむ」消費者が増加、「所有」から、「使用」に大きく変化している。外国人観光客の急増で日本の伝統的な着物文化に憧れが持たれ、「おもてなし」の代表にもなっている。川越市では、着物の日(ゆかた)が定番となっており、古風な町並みとマッチして優雅さをかもし出している。外国人の着物姿も多く目にふれる。

 上場後初決算の2016年3月期・第3四半期(4〜12月)の売上は1058600万円(前年同期との比較なし)だった。営業利益は10億5100万円だった。セグメント売上は、(1)和装事業が65億5200万円(構成比率61.9%)、(2)ウエイディング事業39億3400万円(同37.2%)。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | 業績でみる株価
2016年01月14日

【業績で見る株価】JPホールディングスはアベノミクス追い風に売上、利益とも5年前比較で2倍増の高成長

■株価上伸のタイミング

 子育て支援最大手JPホールディングス<2749>(東1・100株)の業績が好調に拡大している。2016年3月期の売上は5年前比較で実に2.2倍の高い伸びで営業利益においても2.01倍と高成長だ。2010年1月に、「子供・子育てビジョン」が閣議決定され、認可保育所の定員拡大、3歳未満児の保育所利用率アップ、学児クラブ拡充などが示されたことを背景にマーケットが拡大、業界最大手である同社にフォローの風となっている。

 5年前、2011年3月期の売上は91億6600万円、営業利益8億3900万円に対し、今3月期は売上204億1100万円(前期比14.2%増)、営業利益17億4000万円(同21.5%増)の見通し。5年前に比べると冒頭紹介の通り、売上・利益とも2倍の高い伸びである。背景となる同社の子育て支援施設数が、2011年3月期には保育園、学童クラブ、児童館の合計で129カ所だったが、今期は第2四半期末時点で224カ所(内、保育園159園、学童クラブ55施設、児童館10施設)とこちらも5年間で約8割の大幅増加となっている。

jps1.jpg

 業界の課題は保育士は不足。同社では施設規模に対しフル稼働には達していないという。85%ていどという。「保育士を300人確保できれば設備の稼働率は100%になる。保育士1人当り年間売上1000万円として年30億円が今より上積みできるので今後も保育士獲得に積極的に取り組んでいく」(荻田和弘社長=写真)という。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:23 | 業績でみる株価