2016年02月05日

スターティアラボは「COCOAR」のエンジン部分を自社アプリへ組み込み可能なプランの提供を開始

■自社アプリへCOCOARの技術を元にしたAR機能を搭載することが可能となる

 スターティア<3393>(東1)の子会社、スターティアラボは、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」のエンジン部分を自社アプリへ組み込み可能なプランの提供を2月4日より開始した。このプランを活用することで、自社アプリへCOCOARの技術を元にしたAR機能を搭載することが可能となる。

 例えばソーシャルゲームアプリの開発企業と連携し、特定の場所や商品にARを設定し、AR経由でしか得られないアイテムなどの特典を提供するなど、ARを活用したキャンペーンの実施などが容易になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | プレスリリース
2016年02月04日

アドアーズは音声通訳代行サービス「マルチリンガルコンタクトセンターサービス」の運用を2月3日より開始

■主要7カ国語(英語、中国語、韓国語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語)に対応

 アドアーズ<4712>(JQS)は、音声通訳代行サービス「マルチリンガルコンタクトセンターサービス」の運用を2月3日より開始した。また、中国人観光客向けの決済システム「WeChat Payment」及びWeChatユーザー向けキャンペーンツール「WeChat シェイク」の運用も開始する。

 マルチリンガルコンタクトセンターサービスは、主要7カ国語(英語、中国語、韓国語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語)の通訳を、24時間365日の如何なるタイミングにおいても電話を介して代行して行うことのできるサービス。今回は、旗艦店舗を含む訪日外国人に人気の観光スポットである、秋葉原地区5店舗、池袋地区4店舗、上野地区2店舗、渋谷店、浅草店の合計13店舗(ゲーム施設、カラオケ施設、カフェ施設などの各業態別に設置)へ設置を開始した。

 決済システム「WeChat Payment」と「WeChat シェイク」は、訪日中国人の来店頻度が高い、アドアーズ秋葉原2号店に導入。

 2015年の訪日外国人観光客数は、前年比47.1%増の1973万7400人で、過去最高だった。前年の14年の1341万3467人を大幅に上回り、3年連続で過去最高を更新した。そのため、今年も増加が予想されることから、当社としても、春節を迎える2月上旬に、対応策を出し、外国人観光客の接客のサービス向上に努めている。

株式市場では、この取り組みを好感し、一時ストップ高となった。

ad111.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:42 | プレスリリース
2016年02月03日

スターティアラボは「ARアプリに関する意識調査」を実施

■ARアプリを使った経験がある20歳〜49歳の男女447人が対象

 スターティア<3393>(東1)の子会社、スターティアラボは、ARアプリを使った経験がある20歳〜49歳の男女447人を対象に、「ARアプリに関する意識調査」を実施した。調査期間は、1月22日〜1月23日にかけて実施し、その結果を公表している。

 詳しい調査結果はこちらを
https://www.startia.co.jp/_wsp/wp-content/uploads/2016/02/160202.pdf

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:26 | プレスリリース