スマートフォン解析
[投資に役立つ説明会資料]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/20)【投資に役立つ決算資料】ティーケーピーの決算説明資料
記事一覧 (07/19)【投資に役立つ決算資料】協立情報通信の決算説明資料
記事一覧 (07/14)【投資に役立つ決算資料】ファーストコーポレーションの5月期決算説明会資料&中期経営計画
記事一覧 (07/13)【投資に役立つ決算資料】ディップの18年2月期第1四半期決算説明会資料
記事一覧 (07/11)【投資に役立つ決算資料】クリーク・アンド・リバー社の18年2月期第1四半期決算説明会資料
記事一覧 (06/15)【投資に役立つ決算資料】オハラの17年10月期第2四半期決算説明資料
記事一覧 (06/15)【投資に役立つ決算資料】Hameeの17年4月期決算説明資料
記事一覧 (06/14)【投資に役立つ決算資料】富士ソフトサービスビューロの17年3月期決算説明資料
記事一覧 (06/14)【投資に役立つ決算資料】エイジアの2017年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/31)【投資に役立つ説明会資料】竹本容器の平成29年12月期第1四半期決算説明資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】TACの17年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】アルコニックスの17年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】アドアーズの17年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】クリナップの平成29年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】生化学工業の17年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】日本エム・ディ・エムの17年3月期決算説明会資料
記事一覧 (05/19)【投資に役立つ説明会資料】アーバネットコーポレーションの17年6月期第3四半期決算説明会資料
記事一覧 (05/18)【投資に役立つ説明会資料】ピーバンドットコムの平成29年3月期決算説明資料
記事一覧 (05/18)【投資に役立つ説明会資料】テモナの2017年9月期第2四半期決算説明資料
記事一覧 (05/18)【投資に役立つ説明会資料】寿スピリッツの2017年3月期決算説明会資料
2017年07月20日

【投資に役立つ決算資料】ティーケーピーの決算説明資料

ティーケーピー<3479>(東マ)
tkp1.jpg

 ティーケーピー<3479>(東マ)の第1四半期は、積極的な出店策が奏功し、大幅増収となり、利益面でも過去最高であった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | 投資に役立つ説明会資料
2017年07月19日

【投資に役立つ決算資料】協立情報通信の決算説明資料

協立情報通信<3670>(JQS)
kyou11.jpg

 協立情報通信<3670>(JQS)は、法人向けソリューション事業(情報通信システムソリューション、会計情報ソリューション、情報活用教育ソリューション、情報活用レンタルソリューション)と、モバイル事業(法人向けモバイルソリューション、ドコモショップ6店舗運営)を展開している。前年同期は単独財務諸表だったため増減の比較はないが、2月期第1四半期の売上高は16億88百万円、営業利益は1億37百万円、経常利益は1億38百万円、四半期純利益は96百万円だった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:05 | 投資に役立つ説明会資料
2017年07月14日

【投資に役立つ決算資料】ファーストコーポレーションの5月期決算説明会資料&中期経営計画

ファーストコーポレーション<1430>(東1)

5月期決算説明会資料
fa11.jpg

 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は、東京圏(1都3県)の分譲マンション建設に特化したゼネコンである。造中方式による大手マンション・デベロッパーからの特命受注と高利益率、そして品質へのこだわりによる安心・安全なマンション供給を特徴としている。売上高が前期比28.7%増の209億48百万円、営業利益が同29.6%増の20億75百万円、経常利益が同33.0%増の20億13百万円、純利益が同37.4%増の14億13百万円と大幅増収増益だった。

中期経営計画(2018/5期〜2020/5期)
fa12.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:52 | 投資に役立つ説明会資料
2017年07月13日

【投資に役立つ決算資料】ディップの18年2月期第1四半期決算説明会資料

ディップ<2379>(東1)
dip1.jpg

 ディップ<2379>(東1)は、12日に兜町の平和ビルで、決算説明会を行った。業績は好調であるが、もっと注目されることは、新規事業への進出である。石灰石の成分で作った新素材「LIMEX(ライメックス)」製品の販売を開始するために事業部を設立した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | 投資に役立つ説明会資料
2017年07月11日

【投資に役立つ決算資料】クリーク・アンド・リバー社の18年2月期第1四半期決算説明会資料

クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)
luri111.jpg

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)が発表した第1四半期連結業績は、2ケタ増収大幅増益で好調なスタートを切った。売上が17.5%伸びたことも重要であるが、営業利益率が9.9%(前年同期6.9%)と大幅に改善している点も注目される。更に、VR Japanの今後の動向も関心の集まるところ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 投資に役立つ説明会資料
2017年06月15日

【投資に役立つ決算資料】オハラの17年10月期第2四半期決算説明資料

オハラ<5218>(東1)
ohara11.jpg

 オハラ<5218>(東1)は14日、今期17年10月期第2四半期業績予想の上方修正を発表した。デジタルカメラ向け光学レンズ材の需要は、前年同期並みに推移したものの、プロジェクター等の光学機器向け用途が増加したことと、光通信機器用ガラス素材や極低膨張ガラスセラミックスの需要が増加したこと等から、前回発表予想を上回ることになった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:37 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ決算資料】Hameeの17年4月期決算説明資料

Hamee<3134>(東1)
hamee1.jpg

 Hamee<3134>(東1)は、前回業績予想の売上高を5億52百万円、営業利益を2億72百万円、経常利益を2億67百万円、純利益を1億59百万円とそれぞれ上方修正した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 投資に役立つ説明会資料
2017年06月14日

【投資に役立つ決算資料】富士ソフトサービスビューロの17年3月期決算説明資料

富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQS)
fujisa11.jpg

 富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQS)は、官公庁や金融業界向けのデータエントリー(電算入力)の専門会社として1984年にサービスを開始した後、顧客の業務効率化、合理化のニーズに的確に応えるよう、積極的に事業領域の拡大を図り、現在ではコールセンター・BPO・ITをフルパッケージで提供する「トータル・アウトソーシング企業」として、サービスの付加価値向上に取り組んでいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:34 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ決算資料】エイジアの2017年3月期決算説明会資料

エイジア<2352>(東2)
eizia13.jpg

 エイジア<2352>(東2)はメール配信システムの大手である。eコマース関連分野を強化し、人工知能(AI)を活用した新サービス開発も積極化している。17年3月期2桁増収増益予想、そして連続増配予想である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 投資に役立つ説明会資料
2017年05月31日

【投資に役立つ説明会資料】竹本容器の平成29年12月期第1四半期決算説明資料

竹本容器<4248>(東2)
take111.jpg

 竹本容器<4248>(東2)は、プラスチック製等の包装容器の製造及び販売している。カタチ(容)あるウツワ(器)を通じて顧客の商品である内容物の価値を安全に包み、さらにその価値と個性を強め、「世界の器文化に貢献」することを使命としている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:19 | 投資に役立つ説明会資料
2017年05月19日

【投資に役立つ説明会資料】TACの17年3月期決算説明会資料

TAC<4319>(東1)
tac111.jpg

 TAC<4319>(東1)の17年3月期は、個人受講者、法人受講者共に増加し、増収増益と好調であったことから、年間配当は2円増配の4円となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:31 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】アルコニックスの17年3月期決算説明会資料

アルコニックス<3036>(東1)
aruko1.jpg

 アルコニックス<3036>(東1)の17年3月期は、業界全体としてはスマートフォンやタブレット向け需要の頭打ち、中国経済鈍化の影響などがあったが、同社は高機能電子部品向け部材が大幅に伸びたほか、二次電池関連部材も拡大した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:29 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】アドアーズの17年3月期決算説明会資料

アドアーズ<4712>(JQS)
ada11.jpg

 アドアーズ<4712>(JQS)の17年3月期の主な活動としては、外貨両替所の「ADORES EXCHANGEAkihabara」や、VRエンターテインメント施設の「VR PARK TOKYO」を新たに開設したほか、設立から50期目を迎えるにあたり、50周年プロジェクトを立ち上げた。業績については、総合エンターテイメント事業の減収を不動産事業、商業施設建築事でカバーするには至らず、微減となったものの、利益面では大幅増益となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:28 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】クリナップの平成29年3月期決算説明会資料

クリナップ<7955>(東1)
kuri1.jpg

 クリナップ<7955>(東1)は、システムキッチンの大手である。厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:05 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】生化学工業の17年3月期決算説明会資料

生化学工業<4548>(東1)
seikagaku11.jpg

 生化学工業<4548>(東1)の17年3月期は、アルツや米国向けGel−Oneの数量が増加したが、薬価改定や円高の影響で減収となり、アルツ新容器投入に伴う一過性要因も影響して減益だった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】日本エム・ディ・エムの17年3月期決算説明会資料

日本エム・ディ・エム<7600>(東1)
mdm1.jpg

 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は、人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を主力とする医療機器商社である。メーカー機能強化による高収益体質への転換を目指し、米国子会社オーソデベロップメント(ODEV)社製品の拡販を推進している。自社製品比率が上昇して収益力が向上している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:06 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】アーバネットコーポレーションの17年6月期第3四半期決算説明会資料

アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)
aaba11.jpg

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)の今期第3四半期は、依然として、投資用ワンルームマンションの需要は高いことから、販売は順調に推移している。そのため、業績は好調で、配当についても年20円と4円の増配予想となっている。配当利回りは、4.62%と高利回りといえる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:05 | 投資に役立つ説明会資料
2017年05月18日

【投資に役立つ説明会資料】ピーバンドットコムの平成29年3月期決算説明資料

ピーバンドットコム<3559>(東マ)
pban1.jpg

 ピーバンドットコム<3559>(東マ)は、プリント基板のマーケットプレイスP板.com(ピーバンドットコム)を中心とした、GUGENプラットフォームの運営を行っている。大企業から中小企業、学校法人まで累計1万8000社超が利用、設計・製造・実装の見積、注文をインターネットだけで完結出来るのが強みとなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:24 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】テモナの2017年9月期第2四半期決算説明資料

テモナ<3985>(東マ)
temona11.jpg

 テモナ<3985>(東マ)は、リピート通販に特化したEC支援企業である。リピート通販市場でのストック型のビジネスモデルの普及や、リピート通販のEC支援分野での更なる地位確立を目指し、同社の「たまごリピート」と「ヒキアゲール」という2つのサービスにより、WEB上での「定期販売」と「接客」をサポートしている。17年9月期第2四半期は、経常利益の通期予想1億96百万円に対する進捗率は60.2%で推移している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:13 | 投資に役立つ説明会資料

【投資に役立つ説明会資料】寿スピリッツの2017年3月期決算説明会資料

寿スピリッツ<2222>(東1)
kotobuki11.jpg

 寿スピリッツ<2222>(東1)は、地域限定ブランド菓子の製造・販売を主力とする持株会社である。全国各地のお菓子のオリジナルブランドとショップブランドを創造する「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げ、製造卸から製造小売に事業モデルを転換して高収益化を推進している。

2017年3月期決算説明会 補足資料
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:45 | 投資に役立つ説明会資料