[新規上場(IPO)銘柄]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/22)本日上場のフォーライフは買い気配のまま公開価格の25%高(9時50分現在)
記事一覧 (12/22)本日上場のエイトレッドは買い気配のまま公開価格の13%高(9時30分現在)
記事一覧 (12/22)【新規上場(IPO)銘柄】船場は商業施設等の企画・設計に実績あり、下押す場面に買い妙味
記事一覧 (12/21)本日上場のセグエグループも買い気配のまま公開価格の45%高(10時35分現在)
記事一覧 (12/21)本日上場のイノベーションも買い気配のまま公開価格の35%高(10時15分現在)
記事一覧 (12/21)本日上場のグレイステクノロジーは買い気配のまま公開価格の30%高(10時現在)
記事一覧 (12/20)本日上場のリネットジャパングループは買い気配のまま公開価格の30%高
記事一覧 (12/19)本日上場の日本モーゲージサービスは買い気配のまま公開価格の35%高(10時現在)
記事一覧 (12/19)本日上場の船場は公開価格を8%下回る1193円で初値つき持ち直す
記事一覧 (12/16)本日上場のシンシアは公開価格の7%安で初値のあと上回って売買こなす
記事一覧 (12/14)本日上場のキャリアインデックスは公開価格の1.5%高(6150円)で初値つく
記事一覧 (12/08)本日上場のグッドコムアセットは買い気配のまま公開価格の25%高(9時50分現在)
記事一覧 (12/07)本日上場のイントラストは買い気配のまま公開価格の28%高(9時50分現在)
記事一覧 (11/29)本日上場の3銘柄はエルテスとJMCが買い気配のまま公開価格の25%高(10時現在)
記事一覧 (11/22)本日上場のWASHハウスは買い気配のまま公開価格の37%高(10時現在)
記事一覧 (11/18)本日上場のフィル・カンパニーは買い気配まま公開価格の20%高(9時40分現在)
記事一覧 (11/01)本日上場のバロックジャパンリミテッドは1900円で売買が成立し初値
記事一覧 (10/27)本日上場のアイモバイルは公開価格の7%安で初値つける
記事一覧 (10/25)本日上場のJR九州(九州旅客鉄道)は公開価格の19%高で初値つける
記事一覧 (10/25)本日上場のJR九州(九州旅客鉄道)は公開価格の5%高で買い気配(9時10分現在)
2016年12月22日

本日上場のフォーライフは買い気配のまま公開価格の25%高(9時50分現在)

■22日は2銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる

 22日新規上場となった2銘柄のうち、フォーライフ<3477>(東マ・売買単位100株)は注文住宅や分譲住宅を神奈川・横浜、東京・南西部などで展開し、公開価格は2280円。買い気配で始まり、9時50分にかけては公開価格を25%上回る2850円の買い気配で推移し、まだ初値はついていない。

 今期・2017年3月期の業績見通し(個別、会社発表)は、売上高が前期比36.5%増の70.03億円、営業利益は同36.0%増の5.09億円、純利益は同33.8%増の3.27億円、1株利益は357円26銭。

 公開価格でのPERは6.4倍になり、たとえばオープンハウス(3288)のPER7倍台、タマホーム(1419)のPER35倍前後などが参考にされている。

 もう1銘柄のエイトレッド<3969>(東マ・売買単位100株)も買い気配となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 新規上場(IPO)銘柄

本日上場のエイトレッドは買い気配のまま公開価格の13%高(9時30分現在)

■22日は2銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる

 22日新規上場となった2銘柄のうち、エイトレッド<3969>(東マ・売買単位100株)は独自技術によるクラウドワークフロー「X−point」などで成長し、発行株式の76.27%をソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)が所有。公開価格は1800円。買い気配出始まり、9時30分を過ぎては公開価格を13%上回る2070円の買い気配。まだ初値はついていない。

 今期・2017年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が前期比12.4%増の9.50億円、営業利益は同13.7%増の3.09億円、純利益は同11.5%増の1.95億円、1株利益は94円90銭。

 公開価格はPER18.9倍になり、たとえばオービックビジネスコンサルタント(4733)のPER29倍前後などが参考にされている。

 もう1銘柄、フォーライフ<3477>(東マ・売買単位100株)も買い気配となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 新規上場(IPO)銘柄

【新規上場(IPO)銘柄】船場は商業施設等の企画・設計に実績あり、下押す場面に買い妙味

 船場<6540>(東2)は、12月19日に東京証券取引所第二部市場に上場した。同社グループは、商環境づくりの川上から川下までの全プロセス(調査、分析からマーケティングプラン、基本計画、設計、監理、施工、開業支援、管理・運営)を一貫してトータルにサポートする商環境創造事業を運営している。

senba1.jpg
ホームページ

 同社グループの主要顧客である小売業界においては、e コマースの発展により、単に商品を買う場所からイベントなどの体験や、出会いの交歓を体験できる場所、「商品+体験」の空間へと、現実の店舗は変化していくと認識している。成長拡大が見込まれるアジア市場への出店加速化や、インバウンド対応への変化もみられると認識している。これら「商環境の変化」こそが、ビジネスチャンスであり、業務領域を拡大するチャンスと捉えている。

 今2016年12月期第3四半期業績実績は、売上高が201億9200万円、営業利益が12億6500万円、経常利益が12億7500万円、純利益が7億3400万円に着地。西日本エリアを中心とした大型店、SCのオープン需要を取り込み、比較的堅調な受注を獲得した。

 今16年12月期業績予想は、売上高が275億7400万円(前期比10.3%減)、営業利益が15億2500万円(同25.3%減)、経常利益が15億2300万円(同26.1%減)、純利益が8億2400万円(同47.6%減)を見込む。上場で調達した資金は設備投資や人件費、借入金の返済に充てる。年間配当は期末一括20円を予定している。

■中長期的な視点で買い妙味も

 株価は、12月19日に公開価格1290円を7.5%下回る1193円で初値をつけた後、20日に高値1280円と買われた後、モミ合っている。 同社を取り巻く事業環境は、インバウンド需要の拡大や東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた諸施設の建設や都市再開発・インフラ整備等の増加が見込まれているが、イオンモールをはじめ、イトーヨーカ堂の運営する「アリオ」、三井不動産商業マネジメントが運営する「ららぽーと」、住友商事などが運営する商業施設等の企画・設計に携わってきた実績があり、今後も新装・改装需要等の受注が期待される。16年12月期は減益を見込むが、PER13倍台と割安感はあり、17年12月期は回復が見込まれている。配当権利付き最終日の27日を前に下押す場面があれば、中長期的な視点で買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:43 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月21日

本日上場のセグエグループも買い気配のまま公開価格の45%高(10時35分現在)

■21日は3銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる

 21日新規上場となった3銘柄のうち、セグエグループ<3968>(JQS・売買単位100株)は、ITシステムにおけるITインフラおよびネットワークセキュリティ製品にかかわる設計、販売、構築、運用、保守サービスを一貫して提供する「ITソリューション事業」を展開し、公開価格は1700円。朝から買い気配をセリ上げ、10時30分過ぎには公開価格を45%上回る2465円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2016年12月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比11.4%増の68.78億円、営業利益は同48.7%増の1.91億円、純利益は同55.0%増の1.53億円、1株利益は130円56銭。

 公開価格でのPERは13.0倍になり、たとえばアズジェント(4288)のPER40倍台前半、ネットワークバリューコンポネンツ(3394)のPER13倍前後などが参考にされている。

 グレイステクノロジー<6541>(東マ・売買単位100株)イノベーション<3970>(東マ・売買単位100株)も買い気配をセリ上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 新規上場(IPO)銘柄

本日上場のイノベーションも買い気配のまま公開価格の35%高(10時15分現在)

■21日は3銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる

 21日新規上場となった3銘柄のうち、イノベーション<3970>(東マ・売買単位100株)はIT製品ややアウトソーシングサービスの比較サイト「ITトレンド」「BIZトレンド」の運営などを行い、公開価格は2770円。10時20分にかけても買い気配のまま公開価格を35%上回る3750円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2017年3月期の業績見通し(単体)は、売上高が前期比10.7%減の11.64億円、営業利益は前期の300万円から大幅に増加して1.4億円、純利益も前期の1300万円から大幅に増加して1.21億円、1株利益は163円30銭。

 公開価格でのPERは17.0倍になり、たとえばカカクコム(2371)のPER26倍前後などが参考にされている。

 グレイステクノロジー<6541>(東マ・売買単位100株)セグエグループ<3968>(JQS・売買単位100株)も買い気配をセリ上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 新規上場(IPO)銘柄

本日上場のグレイステクノロジーは買い気配のまま公開価格の30%高(10時現在)

■21日は3銘柄が新規上場となり、そろって買い気配をセリ上げる

 21日は3銘柄が新規上場となり、うち、グレイステクノロジー<6541>(東マ・売買単位100株)は産業機械などのマニュアル作成や作成・翻訳システムの開発などを行い、公開価格は3100円。買い気配で始まり、10時過ぎには公開価格を30%上回る4030円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2017年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が前期比37.7%増の10.0億円、営業利益は同2.2倍の3.0億円、純利益は同64.0%増の1.9億円、1株利益は207円98銭。

 公開価格でのPERは14.9倍になり、たとえばクレステック(7812)のPER11倍前後、CDS(2169)のPER11倍台などが参考にされている。

 イノベーション<3970>(東マ・売買単位100株)セグエグループ<3968>(JQS・売買単位100株)も買い気配をセリ上げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月20日

本日上場のリネットジャパングループは買い気配のまま公開価格の30%高

■ネットで書籍やブランド品などのリユース(買い取り販売)事業を展開

 20日新規上場となったリネットジャパングループ<3556>(東マ・売買単位100株)はインターネットサイト「NET OFF」や「ReNet」により書籍やブランド品などのリユース(買い取り販売)事業を展開する。公開価格は1830円。買い気配をセリ上げるスタートとなり、10時を過ぎては公開価格を30%上回る2382円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2017年9月期の連結業績予想は、売上高が前期比13.6%増の42.36億円、営業利益が同80.5%増の2.72億円、純利益は同60.0%増の2.38億円、1株利益は141円37銭。

 公開価格でのPERは12.9倍になり、たとえばハードオフコーポレーション(2674)のPER13倍台などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月19日

本日上場の日本モーゲージサービスは買い気配のまま公開価格の35%高(10時現在)

■住宅会社向けにコンサルティングなども展開

19日、JASDAQ市場に新規上場となった日本モーゲージサービス<7192>(JQS・売買単位100株)は、住宅会社向けの瑕疵(かし)担保保険を取り扱う5社のうち1社(住宅瑕疵担保責任保険法人第五号)で、住宅会社向けのコンサルティングやITシステム関連サービス事業を展開。住宅ローンも取り扱う。公開価格は2010円。買い気配出始まり、10時過ぎには公開価格を35%上回る2716円の買い気配となっている。

 会社発表の今期・2017年3月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比10.5%増の58.06億円、営業利益は同4.3%増の5.74億円、純利益は同9.1%増の4.10億円、1株利益は194円30銭。

 この予想1株利益に基づく公開価格はPER10.3倍になり、たとえば全国保証(7164)のPER14倍前後などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 新規上場(IPO)銘柄

本日上場の船場は公開価格を8%下回る1193円で初値つき持ち直す

■ショッピングセンターなど大規模商業施設の企画・設計などを行

19日、東証2部に新規上場となった船場(せんば)<6540>(東2・売買単位100株)はショッピングセンターなど、大規模商業施設の企画・設計などを行い、公開価格は1290円。
9時12分に公開価格を8%下回る1193円で初値がつき、その後は1202円まで上げて売買をこなしている。

 会社発表の今期・2016年12月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比10.3%減の275.74億円、営業利益は同25.3%減の15.25億円、純利益は同47.6%減の8.24億円、1株利益は94円ちょうど。

 公開価格はPER13.7倍になり、たとえば乃村工藝社(9716)のPER22倍前後などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月16日

本日上場のシンシアは公開価格の7%安で初値のあと上回って売買こなす

■ネットと実店舗の両面展開でコンタクトレンズなど販売

 東証マザーズに14日新規上場となったシンシア<7782>(東マ・売買単位100株)はネットと実店舗の両面展開でコンタクトレンズなどの販売を行い、公開価格は2100円。9時10分に公開価格を7.1%下回る1950円で売買が成立し初値がつき、その後は2115円まで上げて売買をこなしている。

sinnsia1.jpg
ホームページ

 会社発表の今期・2016年12月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比15.6%増の49.04億円、営業利益が同2.8倍の5.76億円、純利益は同9.6%減の1.91億円、1株利益は100円94銭。

 公開価格はPER20.8倍になり、たとえばメニコン(7780)のPER32倍前後などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月14日

本日上場のキャリアインデックスは公開価格の1.5%高(6150円)で初値つく

 東証マザーズ市場に14日新規上場となったキャリアインデックス<6538>(東マ・売買単位100株)は転職サイト「キャリアインデックス」の運営などを行い、朝の取引開始と同時に公開価格6060円を1.5%上回る6150円で売買が成立し初値がついた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月08日

本日上場のグッドコムアセットは買い気配のまま公開価格の25%高(9時50分現在)

■東京都心部を中心に投資用マンション開発などを展開

 8日、新規上場となったグッドコムアセット<3475>(JQS・売買単位100株)は投資用マンション開発などを行い、公開価格は1950円。買い気配で始まり、9時50分にかけては公開価格を25%上回る2440円の買い気配となっている。

 会社発表の2016年10月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比5.5%減の73.93億円、営業利益は同2.9%減の9.21億円、純利益は同1.7%減の5.53億円、1株利益は528円33銭。

 公開価格でのPERは3.7倍になり、たとえばFJネクスト(8935)のPER6倍台、ラ・アトレ(8885)のPER4倍台などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年12月07日

本日上場のイントラストは買い気配のまま公開価格の28%高(9時50分現在)

■家賃保証や介護費用保証、医療費用保証の各事業などを展開

 7日、新規上場となったイントラスト<7191>(東マ・売買単位100株)は家賃保証や介護費用保証、医療費用保証の各事業などを展開し、公開価格は630円。買い気配で始まり、9時50分にかけても公開価格を28%上回る805円の買い気配となっている。

 会社発表の今期・2019年3月期の業績見通し(単体)は、売上高が前期比2.4%増の27.14億円、営業利益は同11.3%増の6.03億円、純利益は同27.2%減の3.81億円、1株利益は43円50銭。

 公開価格でのPERは14.5倍になり、たとえば、あんしん保証(7183)のPER18倍前後、日本管理センター(3276)のPER18倍前後などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年11月29日

本日上場の3銘柄はエルテスとJMCが買い気配のまま公開価格の25%高(10時現在)

■スタジオアタオは26%高の3810円で初値つきそろって好調にスタート

 29日は3銘柄が新規上場となり、10時にかけてはエルテスとJMCの2銘柄が買い気配をセリ上げて好調なスタートとなっている。

 エルテス<3967>(東マ・売買単位100株)はネット炎上検知などのソリューションを提供し、公開価格は1790円。取引開始から買い気配のまま、10時にかけては公開価格を25%上回る2240円の買い気配となっている。

 スタジオアタオ<3550>(東マ・売買単位100株)はバッグなどのレディス用品を主力ブランド「アタオ」や「イアンヌ」などで展開し、公開価格は3030円。9時49分に公開価格を26%上回る3810円で売買が成立し初値がついた。

 JMC<5704>(東マ・売買単位100株)は3Dプリンタによる試作品の製造や砂型鋳造などで成長し、公開価格は960円。取引開始から買い気配のまま、10時にかけては公開価格を25%上回る1200円の買い気配となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年11月22日

本日上場のWASHハウスは買い気配のまま公開価格の37%高(10時現在)

■PERは37倍になり売上高49%増などの高成長への評価が上乗せ

本日上場のWASHハウス<6537>(東マ・売買単位100株)はコインランドリー「WASHハウス」のチェーン展開などを行い、公開価格は2300円。買い気配をセリ上げる始まりとなり、10時を過ぎては公開価格を32%上回る3040円で買い気配となっており、まだ初値がついていない。

 会社発表の今期・2016年12月期の業績見通しは、売上高が前期比49.4%増の30.63億円、営業利益は同27.5%増の2.79億円、純利益は同26.7%増の1.66億円、1株利益は61円52銭。

 公開価格はPER37倍になり、白洋舍(9731)のPER10倍台などとの比較では高いが、業績の伸び率の大きさなどが注目されてプレミアム的な評価が上乗せされているとの見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年11月18日

本日上場のフィル・カンパニーは買い気配まま公開価格の20%高(9時40分現在)

■コインパーキングの上層空間をビルに活用して急成長

 18日新規上場となったフィル・カンパニー<3267>(東マ・売買単位100株)は、コインパーキングの空中部分を活用して1階を駐車場とし2階以上を貸店舗などのビルにする「フィル・パーク」の建設で成長し、公開価格は1310円。買い気配で始まり、9時40分にかけては、公開価格1310円を20%上回る1574円で買い気配となっている。

 今期・2016年11月期の連結業績予想(会社側)は、売上高が前期比10.5%増の16.5億円、営業利益は同33.0%増の2.0億円、純利益は同21.3%増の1.7億円、1株利益は79円19銭。

 公開価格はPER16.5倍になり、たとえば日本駐車場開発(2353)のPER25倍前後が参考になるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年11月01日

本日上場のバロックジャパンリミテッドは1900円で売買が成立し初値

■公開価格の5%下だがレディスファッション銘柄の中でPER割安

 11月1日に新規上場となったバロックジャパンリミテッド<3548>(東1・売買単位100株)は、レディスファッションや服飾雑貨の製造販売などを行い、公開価格は2000円。9時9分に公開価格を5%下回る1900円で売買が成立し初値をつけ、その後は1903円まで上げて売買活発となっている。

 会社発表の今期・2017年1月期の業績予想は、連結売上高が前期比5.9%増の728.43億円、営業利益が同2.5%増の61.46億円、純利益は同4.8%増の44.24億円、1株利益は136円75銭。

 公開価格でのPERは14.6倍になり、たとえばハニーズ(2792)のPER20倍前後、TSIホールディングス(3608)のPER25倍前後などが参考にされている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年10月27日

本日上場のアイモバイルは公開価格の7%安で初値つける

■PERで比較すると割安水準

 27日新規上場となったアイモバイル<6535>(東マ・売買単位100株)はクリック課金型広告配信の元祖ともいえるインターネット広告企業で、公開価格は1320円。9時10分に公開価格を7%下回る1230円で売買が成立し初値がついた。

 会社発表の今期・2017年7月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比1.0%増の148.99億円、営業利益が同2.1%増の21.91億円、純利益は同1.5%減の14.05億円、1株利益は68.55円。

 ただ、公開価格でのPERは19.2倍になり、たとえばサイバーエージェント(4751)のPER25倍前後などが参考になるようだ。PERで比較すると割安と見ることができる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 新規上場(IPO)銘柄
2016年10月25日

本日上場のJR九州(九州旅客鉄道)は公開価格の19%高で初値つける

■10時にかけては3120円まで上昇

 25日、上場となったJR九州(九州旅客鉄道)<9142>(東1・売買単位100株)は9時36分に公開価格を19%上回る3100円で売買が成立し初値をつけた。その後、10時にかけては3120円まで上げて売買をこなしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 新規上場(IPO)銘柄

本日上場のJR九州(九州旅客鉄道)は公開価格の5%高で買い気配(9時10分現在)

■PERはJR各社との比較で割安感

 25日、上場となったJR九州(九州旅客鉄道)<9142>(東1・売買単位100株)は売り出しを1億6000万株実施し、公開価格(売り出し価格)は2600円。買い気配で始まり、9時10分現在は公開価格を5%上回る2730円に買い注文3310万株、売り注文1220万株が集まっている。

 会社側が発表した今期・2017年3月期の連結純利益の見通しは382億円(前期は4331億円の赤字)、1株利益は238円75銭。

 公開価格でのPERは10.9倍になり、JR東日本<9020>(東1)のPER13倍台、JR東海<9022>(東1)のPER9倍台、JR西日本<9021>(東1)のPER12倍前後との比較では割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 新規上場(IPO)銘柄