[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/17)ラ・アトレがMGホームグループと提携、中部圏・関西圏へも本格展開
記事一覧 (10/16)ソフトクリエイトHDは第2四半期業績予想を上方修正
記事一覧 (10/16)ソラストは10月16日から新たに貸借銘柄に
記事一覧 (10/14)ケンコーマヨネーズは10月10日にグループ総合フェア「KENKO ACTION 2019 UP」を開催
記事一覧 (10/14)イワキの第3四半期は、医薬・FC事業が好調で、増収増益
記事一覧 (10/10)綿半HDは積極的なイベント展開が奏功し9月既存店は売上・客数・客単価ともプラスに
記事一覧 (10/10)ソレイジア・ファーマは同社開発品SP−04の対象拡大のための開発に関する方針及び契約締結について発表
記事一覧 (10/09)トシン・グループ「ToSTNeT−3」での自社株買いは20万株
記事一覧 (10/07)KeyHolderが子会社の販売用不動産売却により7.3億円を計上へ
記事一覧 (10/07)パイプドHDのグループ企業、ゴンドラはアルビド・ジャパン、ディグラム・ラボの2社と業務提携契約を締結
記事一覧 (10/04)夢真HDの夢テクノロジーが外国人の人材受け入れ制度「登録支援機関」に認定される
記事一覧 (10/03)日本エンタープライズは2019年9月25日付で和解に応じる
記事一覧 (10/03)ゼリア新薬の自社株買いは9月末までで上限株数の67%を取得
記事一覧 (10/03)Jトラストグループの日本保証などがソーシャルレンディング企業と提携
記事一覧 (10/03)ミロク情報サービスは日経XTECH EXPO 2019『エンタープライズICT 2019』へ出展
記事一覧 (10/02)CRI・ミドルウェアがゲームサウンド制作などを行うツーファイブ社の株式を取得へ
記事一覧 (10/01)平山HDが自社株買い、10月2日から20年2月まで実施
記事一覧 (10/01)ピックルスコーポレーションは「柿の実 ご飯がススムキムチ風味」を共同開発
記事一覧 (10/01)ミロク情報サービスは秋葉原UDXアキバ・スクエアで開催される「会計事務所博覧会2019」に出展
記事一覧 (09/30)トビラシステムズの8月の「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数342万9446人と前月比6.1%増と順調に拡大
2019年10月17日

ラ・アトレがMGホームグループと提携、中部圏・関西圏へも本格展開

■MGホーム、その連結子会社アーキッシュギャラリーと業務提携

 マンション開発や商業施設開発・管理など全方位の不動産事業を行うラ・アトレ<8885>(JQG)は10月16日、VTホールディングス<7593>(東・名1)の連結子会社エムジーホーム(MGホーム)<8891>(東・名2)と同社の連結子会社である株式会社アーキッシュギャラリー(以下「AG社」)との間で、同日付で業務提携を行ったと発表した。

 これにより、首都圏・関西圏・中部圏で実績のある3社の経営資源を有効に活用する幅広い共同展開が可能になる。

■商業施設開発や分譲マンションなどの不動産開発で3社のシナジー創出

 首都圏・関西圏・中部圏での商業施設開発や分譲マンション事業など不動産開発事業で3社が相互に協力し、それぞれの技術、ノウハウ、商品企画・販売力などの経営資源を有効に活用することで、シナジーの創出及び事業機会の拡大を図り、持続的な企業価値向上を目指していくとした。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | IR企業情報
2019年10月16日

ソフトクリエイトHDは第2四半期業績予想を上方修正

■想定以上に売上が増加

 ソフトクリエイトHD<3371>(東1)は16日引け後、20年3月期第2四半期業績予想の上方修正を発表した。

 売上高は、ECソリューション事業のネット通販システムの需要拡大により想定以上に売上が増加したことに加え、システムインテグレーション事業と物品販売事業は、Windows10へのリプレイス需要が想定以上に拡大したこと等により、前回予想値を大幅に上回る見込みとなった。利益面も、売上が増加したことにより、営業利益、経常利益、当期純利益は前回予想値を大幅に上回る見込みとなった。

 その結果、売上高は前回予想を13億02百万円上回る115億20百万円(前回予想比12.7%増)、営業利益は1億83百万円上回る11億78百万円(同18.4%増)、経常利益は2億51百万円上回る12億91百万円(同24.1%増)、純利益は1億32百万円上回る7億39百万円(同21.9%増)となる見込み。

 前年同期比は、売上高29.9%増、営業利益は20.8%増、経常利益15.5%増、純利益1.2%減となる。

 通期連結業績予想については、現在精査中であるため、前回公表値を据え置いている。

 そこで、通期に対する進捗率を調べると、売上高55.9%(前期45.8%)、営業利益58.6%(同51.7%)、経常利益61.5%(同55.6%)、純利益61.6%(同64.2%)となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:03 | IR企業情報

ソラストは10月16日から新たに貸借銘柄に

 ソラスト<6197>(東1)は15日、10月16日(水)から貸借銘柄になることを発表した。

 同社株式は、東京証券取引所市場第一部の制度信用銘柄に選定されているが、今回新たに貸借銘柄に選定された。貸借銘柄に選定されたことで、同社株式の流動性、需給関係の向上とともに、売買の活性化と公正な価格形成が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:49 | IR企業情報
2019年10月14日

ケンコーマヨネーズは10月10日にグループ総合フェア「KENKO ACTION 2019 UP」を開催

■今回紹介する商品は117品で、その中から70メニューを提案

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、10月10日に東京の高田馬場でケンコーマヨネーズグループ総合フェア「KENKO ACTION 2019 UP」が開催した。開催に先立ち、メディア向けの説明会が同日9時30分より実施された。

 総合フェアが最初に開催されたのは、2006年が最初で今回が14回目となる。参加者は年々増加していて、昨年は東京・大阪合わせて約4700名が参加した。今回は、「KENKO ACTION 2019 UP」と題して、顧客が持っている課題を解決し、様々な価値をアップさせる提案を商品、メニュー、情報などあらゆる角度から展開している。今回紹介する商品は、117品で、その中から70メニューを提案している。

s1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:02 | IR企業情報

イワキの第3四半期は、医薬・FC事業が好調で、増収増益

■通期では利益面での上振れも

 イワキ<8095>(東1)の第3四半期は、医薬・FC事業が好調で、増収増益となった。

 19年11月期第3四半期連結業績の売上高は463億96百万円(前年同期比5.1%増)、営業利益17億円(同20.4%増)、経常利益18億16百万円(同20.4%増)、純利益11億46百万円(同12.0%増)となった。

 セグメント別業績を見ると、医薬・FC事業の売上高は182億8百万円(同12.4%増)、営業利益は17億29百万円(同 46.9%増)となった。

 HBC事業は、売上高は182億29百万円(同0.6%減)、営業利益△20百万円(前年同期1億28百万円)と減収減益であった。

 化学品事業は、売上高は53億38百万円(同8.6%増)、営業利益は12百万円(同 87.2%減)と増収ながら大幅減益。

 食品事業は、売上高は31億75百万円(同0.9%減)、営業利益△20百万円(前年同期△15百万円)であった。

 進捗率を見ると、売上高73.6%(前期73.5%)、営業利益85.0%(同76.4%)、経常利益90.8%(同75.4%)、純利益73.9%(同72.4%)となっていることから利益面での上振れも見込める。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | IR企業情報
2019年10月10日

綿半HDは積極的なイベント展開が奏功し9月既存店は売上・客数・客単価ともプラスに

■SNS配信による集客や売場の演出を強化

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は10日、9月月次(スーパーセンター事業19年9月度の速報値)を発表し、全店売上高は前年同月比136.3%、既存店が112.4%だった。全店はネット通販のアベルネットがグループ入りしたことにより、売上・客数・客単価とも連続で前年を上回った。アベルネットは、通販サイト「PCボンバー」のブランドでインターネット通販事業を展開している。近年では家電・パソコンの他に様々な商品の販売を手掛ける。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:00 | IR企業情報

ソレイジア・ファーマは同社開発品SP−04の対象拡大のための開発に関する方針及び契約締結について発表

■Pled社と末梢神経障害(CIPN)への対象拡大のための開発を推進する方針について合意

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は9日、同社の開発品SP−04の対象拡大のための開発に関する方針及び契約締結について発表した。

 がん化学療法に伴う末梢神経障害(CIPN)は、 白金製剤、タキサン製剤、ビンカアルカロイド製剤及びプロテアソーム阻害剤等により誘発される主要な副作用として知られている。しかし、現在、CIPNを効能・効果として承認された医薬品は存在していない。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:31 | IR企業情報
2019年10月09日

トシン・グループ「ToSTNeT−3」での自社株買いは20万株

■10月9日朝、東証の自己株式立会外買付取引で実施

 トシン・グループ<2761>(JQS)は10月9日11時、朝実施した「ToSTNeT−3」(東京証券取引所の自己株式立会外買付取引)による自己株式の取得(自社株買い)の結果を発表し、1株当たり6170円で200,000株取得し、取得価額は1,234,000,000円だったとした。自己株式を除く発行済株式総数に対する割合は2.5%前後になる。前場は一時6470円(300円高)まであった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:58 | IR企業情報
2019年10月07日

KeyHolderが子会社の販売用不動産売却により7.3億円を計上へ

■予定通りのため業績への影響は軽微としたが事業の順調さ示す

 Jトラスト<8508>(東2)の連結子会社であるKeyHolder(キーホルダー)<4712>(JQS)は10月7日の取引終了後、同日開催の取締役会において、KeyHolderの連結子会社が保有している販売用不動産の売却について決議し、これに伴い営業利益が計上される見込みになったことを発表した。

 これにともない、2019年12月期において7.33億円(概算値)を営業利益として計上する予定。なお、本件による2019年12月期の通期連結業績予想への影響については、当初から見込まれていたものであり、影響は軽微とした。KeyHolderの7日の株価終値は84円(2円高)だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | IR企業情報

パイプドHDのグループ企業、ゴンドラはアルビド・ジャパン、ディグラム・ラボの2社と業務提携契約を締結

■採用面接に特化した診断ツール「面接くん」の販売を10月15日より開始

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、ゴンドラは、面接に特化した面接時診断ソフトを提供するアルビド・ジャパン社、心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を提供するディグラム・ラボ社の2社と業務提携契約を締結した。

 今回の締結に伴い、ゴンドラは採用面接に特化した性格診断をディグラム診断によって分析することができる診断ツール「面接くん」の販売を10月15日より開始する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:43 | IR企業情報
2019年10月04日

夢真HDの夢テクノロジーが外国人の人材受け入れ制度「登録支援機関」に認定される

■外国人の人材受け入れに関する事業の間口が大きく拡大

 夢真ホールディングス(夢真HD)<2362>(JQS)は10月4日の午後、子会社である「株式会社夢テクノロジー」が外国人人材受け入れ制度における「登録支援機関」として法務省より認定されたと発表した。

■登録支援機関として支援業務サービスの提供を開始へ

 これにより、一例として、これまでは自社での就労者に限定されていた就労サポート支援を、今後は特定技能ビザを持つ外国人を受け入れたい企業に対しても、支援業務サービスを提供することができるようになるなど、外国人の人材受け入れに関する事業の間口が大きく広がる。

 今後は、自社以外の企業に対しても、支援業務サービスの提供を開始する予定で、夢真グループとして、外国人受け入れに関する全方位的なサービスの一環として運営を行う。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | IR企業情報
2019年10月03日

日本エンタープライズは2019年9月25日付で和解に応じる

■ドラディション日本から和解金70百万円支払われることで和解

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は3日、東京高等裁判所からの和解勧告を受け、協議の結果、2019年9月25日付で和解に応じることとなった。

 同社は、2015年3月16日付でトラディション日本との間で締結した「ソフトウェア開発委託基本契約書」に基づき、ソフトウェア開発業務を提供していたが、2015年9月以降の業務に関して、トラディション日本は同社に対し報酬の大幅な減額を通告し、その後の交渉を一方的に打ち切り、報酬の一部支払いを拒否したため、同社は2016年9月1日付で報酬支払を請求する訴訟を提起していた。

 和解の内容は、トラディション日本から、同社に対して支払われる和解金は70百万円であり、訴訟費用は各自の負担となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:34 | IR企業情報

ゼリア新薬の自社株買いは9月末までで上限株数の67%を取得

■途中経過を発表、上限は100万株・23億円

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は10月3日の取引終了後、自己株式の取得状況(自社株買いの途中経過)を発表し、2019年6月17日から同年11月1日までの日程で実施している自己株式の取得(自社株買い)について、9月の1ヵ月間に1万7600株を取得と発表した。

 6月に決議した際の取得上限は、株数ベースで100万株(自己株式を除く発行済株式総数の2.12%)、または取得総額23億円。この9月までで取得した累計株数は66万8700株となり、金額では13億8124万8900円となった。取得上限株数の66.8%を取得したことになる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

Jトラストグループの日本保証などがソーシャルレンディング企業と提携

■独自の審査ノウハウを既存の個人投資家などに提供

 Jトラスト<8508>(東2)は10月2日、連結子会社の(株)日本保証およびその子会社であるパルティール債権回収(株)が、同日付でソーシャルレンディングサービスサイトの運営で最大手であるmaneoマーケット(株)およびその子会社maneo(株)、(株)リクレとの間で業務提携契約を結んだと発表した。

 3日の株価は、全体相場の大幅安(日経平均は11時にかけて501円安)を受けて404円(6円安)で始まり、14時を過ぎては400円前後で推移している。

 日本保証は、保証事業の拡大を図るべく、2019年5月からクラウドファンディングの債務保証を開始しており、その独自の審査ノウハウをmaneo社などの既存個人投資家に提供すべく、保証提携契約を締結した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:45 | IR企業情報

ミロク情報サービスは日経XTECH EXPO 2019『エンタープライズICT 2019』へ出展

■10月9日から11日の3日間東京ビッグサイトで開催

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、10月9日(水)〜11日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される日経XTECH EXPO 2019『エンタープライズICT 2019』へ出展する。

 『日経XTECH EXPO 2019』は、ビジネスと技術の「クロス領域」で起こるイノベーションの最前線を伝えるとともに、出展企業とビジネスリーダーの商談・交流を促進する日経BP社主催のイベント。MJSは、今回「中小企業のための、働き方改革につながるサイバーセキュリティ」をコンセプトに、『エンタープライズICT 2019』のブースへ出展する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:47 | IR企業情報
2019年10月02日

CRI・ミドルウェアがゲームサウンド制作などを行うツーファイブ社の株式を取得へ

■セリフ付きゲームの需要が高まりサウンドソリューション事業を開始

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)はこのほど、ゲーム専門のサウンド制作などを行う有限会社ツーファイブ(東京都豊島区、以下「ツーファイブ社」)の全株式を取得し完全子会社化することを決議した発表した。

■サウンドソリューションを上流から下流までワンストップで提供

 ツーファイブ社は、主にスマートフォンアプリのゲームや家庭用ゲーム機ソフトの音声制作を行っている。近年はセリフ付きゲームの需要が高まっており、声優のキャスティングから、演出・収録・加工・編集・データ化までを総合的に手掛けるサウンド制作へと事業が拡大している。

 こうしたツーファイブ社のグループ入りによって、これまでCRIが行ってきたミドルウェアビジネスとツーファイブ社の音響制作事業が融合され、CRIグループはサウンドソリューションを上流から下流までワンストップで提供できることになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:25 | IR企業情報
2019年10月01日

平山HDが自社株買い、10月2日から20年2月まで実施

■業績は売上高、各利益とも続けて最高を更新する見込み

 平山ホールディングス(平山HD)<7781>(JQS)は10月1日の夕方、自己株式の取得(自社株買い)を発表し、6万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.73%)または取得総額7800万円を上限に、2019年10月2日から20年2月13日の期間で実施するとした。

 インソーシング(内製化)・技術者派遣などを行い、前期・2019年6月期の連結業績は、売上高、各利益とも続けて最高を更新し、売上高は前期比53.3%増の208.41億円、経常利益は同14.5%増の2.45億円、純利益は同4.8%増の3.64億円だった。

 今期の見通しは、売上高を240億円(19年6月期比15.2%の増加)、経常利益を3.0億円(同22.0%の増加)、純利益は9.6億円(同4.0億円の増加)、1株利益は115円26銭としている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | IR企業情報

ピックルスコーポレーションは「柿の実 ご飯がススムキムチ風味」を共同開発

■「ご飯がススムキムチ」の味を手軽に楽しめるスナックで再現

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)と阿部幸製菓(本社:新潟県小千谷市)は、「柿の実 ご飯がススムキムチ風味」を共同開発し、阿部幸製菓から10 月7日より発売する。

 「甘っ!辛っ!うまっ!!」な「ご飯がススムキムチ」の味を手軽に楽しめるスナックで再現した。女性や子どもがおやつとして食べやすいよう、甘口のキムチの味わいとなっている。また、食べ切りサイズの便利な個包装6袋入りとなっている。

 希望小売価格は、220円前後。

gohan1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:44 | IR企業情報

ミロク情報サービスは秋葉原UDXアキバ・スクエアで開催される「会計事務所博覧会2019」に出展

■10月17日(木)〜18日(金)の2日間

ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、10月17日(木)〜18日(金)の2日間、秋葉原UDXアキバ・スクエアで開催される「会計事務所博覧会2019」に出展する。

 今年で6回目を迎える同博覧会は、最新のクラウドサービスやフィンテック、AI・RPAなど、業界を取り巻く環境の変化や、顧客拡大のための最新情報がワンストップで入手できるイベント。主要な会計・財務ソフトベンダーが出展し、新しい技術で変わる税理士の役割や働き方、業務改善や効率化、コスト削減など、先進経営に必要な知見獲得や出会いの場となっている。

 MJSは、会計事務所向けERPシステム『ACELINK NX−Pro(エースリンクエヌエックスプロ)』をはじめ、中小企業・小規模企業・個人事業主向けクラウド型自計化サービス『かんたんクラウドシリーズ』や、高度な内部統制を実現するセキュリティ対策ツール『SOXBOX NX−Plus(ソックスボックスエヌエックスプラス)』など、会計事務所の業務効率化や働き方改革を支援するITソリューションとノウハウを紹介する。

◎「会計事務所博覧会2019」(https://www.kaikeihaku.com/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:31 | IR企業情報
2019年09月30日

トビラシステムズの8月の「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数342万9446人と前月比6.1%増と順調に拡大

 トビラシステムズ<4441>(東マ)は、8月の「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数は342万9446人(前月比6.1%増)と順調に拡大している。

 同社は迷惑情報フィルタ事業を展開し、特殊詐欺電話等の迷惑電話をテクノロジーで解決するビジネスとして成長している。19年10月期大幅増収増益予想で、第3四半期累計は順調だった。通期ベースでも収益拡大を期待したい。なお効力発生日10月11日で1株を3株に分割する。

 19年8月も増加していることで、17年11月以来、毎月「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数は増加していることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:02 | IR企業情報