[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/01)アイリッジの子会社フィノバレーは熊本県人吉市の公募型プロポーザルで連携事業者に選定
記事一覧 (02/27)ツインバードが米モデルナ製新型コロナワクチン用超低温保冷庫の追加受注などで業績予想を増額修正
記事一覧 (02/27)アイリッジがデジタルガレージとの資本業務提携を解消、一定の成果を果たせたとの認識に至り合意
記事一覧 (02/24)クレスコが第7回新株予約権の全残存分を24日付で取得・消却完了
記事一覧 (02/19)マルマエの1月の受注残高は前年同月比30%増加、半導体分野を中心に好調
記事一覧 (02/19)【自社株買い】ケンコーマヨネーズ、2月22日から普通株式20万株を上限に開始
記事一覧 (02/19)【株式分割】JFEシステムズが3月31日を基準日として1株を2株に分割
記事一覧 (02/19)アスカネットが株主優待の内容を拡充しより多くの商品群から選べるように変更
記事一覧 (02/12)ジーニーがデジタル×リアルのBtoCマーケティングソリューションでヒロモリと業務提携
記事一覧 (02/11)フェローテックHDが今3月期の業績予想を大幅に増額修正し期末配当は2円増の14円に
記事一覧 (02/09)ケイアイスター不動産が3月期末配当を従来予想の2倍強の1株95円に
記事一覧 (02/09)マーケットエンタープライズが東証1部に、2月16日の売買から
記事一覧 (02/09)西川ゴムは利益予想の増額や株主優待の変更が材料視され後場の発表後に急動意
記事一覧 (02/08)夢真HDの新株予約権(第14回・15回)、割当人数は各々239名、139名に
記事一覧 (02/05)綿半ホールディングスは「地酒・ワインフェスティバル」を開催
記事一覧 (02/05)クレスコが100万株の普通株式を2月24日付で消却へ
記事一覧 (02/05)立花エレテックが未定だった今3月期の連結業績予想を発表し売上高は前期比6.2%減の1600億円に
記事一覧 (02/05)ASIANSTARが譲渡手続き中の不動産売却を中止
記事一覧 (02/04)ジーニーはChamoを 特定非営利活動法人チャイルドライン支援センターに無償提供
記事一覧 (02/03)ジーニーが「営業管理に関する調査レポート」を公開
2021年03月01日

アイリッジの子会社フィノバレーは熊本県人吉市の公募型プロポーザルで連携事業者に選定

■デジタル地域通貨を活用した未来型まちづくりを提案

 アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社でフィンテック事業を展開するフィノバレーは、熊本県人吉市が政府のスーパーシティの区域指定公募に応募するにあたり行われた事業提案公募型プロポーザル「人吉市スーパーシティ構想に係る連携事業者及び事業提案公募型プロポーザル」で、連携事業者に選定された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:45 | IR企業情報
2021年02月27日

ツインバードが米モデルナ製新型コロナワクチン用超低温保冷庫の追加受注などで業績予想を増額修正

■厚労省向け、米社向けなどで累計受注総額26億円、今期計上は12億円に

ツインバード工業<6897>(東2)は2月26日の15時、今2月期の連結業績予想の増額修正を発表し、営業利益は従来予想を最大95%上回る6.23億円(従来予想は3.2億円から4.3億円)に見直した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | IR企業情報

アイリッジがデジタルガレージとの資本業務提携を解消、一定の成果を果たせたとの認識に至り合意

■株式売出し、主要株主の異動、第三者割当による新株発行などを発表

 アイリッジ<3917>(東マ)は2月26日の16時、デジタルガレージ<4819>(東1)との資本業務提携の解消、株式の売り出し、主要株主の異動、第三者割当による新株式の発行、などを発表した。

 発表によると、資本業務提携は2018年5月から実施してきたが、このたび、一定の成果を果たせたとの認識に至り、提携を解消することについて合意した(提携解消日は2021年2月26日)。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | IR企業情報
2021年02月24日

クレスコが第7回新株予約権の全残存分を24日付で取得・消却完了

■予約権数4470個(1個当たり200株)

 クレスコ<4674>(東1)は2月24日の16時、2020年1月に発行した第7回新株予約権について、同日付で残存する全部の取得・消却を行ったと発表した。

 取得及び消却した新株予約権の数は4470個(1個当たり200株)、取得価額の合計は8,144,340円(本新株予約権1個当たり1822円)。

 また、同社は、2月5日付で自己株式の消却について発表し、普通株式100万株(消却前の発行済株式総数(自己株式を含む)の4.17%)を2月24日付で消却するとした。4.17%の株式価値の向上効果が発生する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | IR企業情報
2021年02月19日

マルマエの1月の受注残高は前年同月比30%増加、半導体分野を中心に好調

■FPD分野は新規の引き合いが増えるなど改善傾向

 マルマエ<6264>(東1)は2月19日の15時に1月の月次受注動向「2021年1月度・月次受注残高」を発表し、半導体分野、FPD分野、その他分野の合計で10.10億円(前年同月比30.0%増、前月比14.4%増)となった。

 半導体分野は受注と検収共に順調で、前年同月比39.7%増の6.96億円。また、FPD分野は2.25億円(前年同月比17.5%減、前月比9.5%増)。

 今後の見通しとしては、>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | IR企業情報

【自社株買い】ケンコーマヨネーズ、2月22日から普通株式20万株を上限に開始

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は2021年2月22日から22年2月21日まで、自己株式の取得(自社株買い)を行う。2月19日の15時過ぎに発表した。

 自社株買いで取得する株式の総数は普通株式20万株(上限、自己株式を除く発行済株式総数の1.21%)、取得総額は4.0億円(上限)。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | IR企業情報

【株式分割】JFEシステムズが3月31日を基準日として1株を2株に分割

 JFEシステムズ<4832>(東2)は2021年3月31日(水曜日)を基準日として普通株式1株を2株に分割する。2月19日の15時に発表した。

 2021年3月31日現在の最終の株主名簿に記載または記録された株主が所有する普通株式を1株につき2株の割合をもって分割する。分割の基準日は21年3月31日(水曜日)、分割の効力発生日は21年4月1日(木曜日)。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | IR企業情報

アスカネットが株主優待の内容を拡充しより多くの商品群から選べるように変更

■「MyBook」だけでなくフォトグッズやオートアルバムも

 アスカネット<2438>(東1)では、今期末(2021年4月30日)現在の株主を対象とする株主優待から優待内容を拡充し、利用可能商品の選択肢拡大などを実施する。2月19日の15時に発表した。

 これまで、保有株式数に応じて、専用クライアントソフトウェアから発注する本格的個人向け写真集「MyBook」の割引利用券を贈呈してきたが、株主からは利用可能商品の選択肢を増やしてほしいとの要望が出ていた。このたび、システム改修を行ったことを機に、スマホなどから発注可能なカジュアルなフォトグッズも含め、より多くの商品群から選べるよう変更することとした。

 従来の「MyBook」(フォトブック)だけでなく、フォトグッズ(旧 MyBook LIFE)やオートアルバムも含めて利用可能となる。

 合わせて、2000株以上を保有する株主を対象に、現在の2000円割引利用券3枚を、1000円割引利用券6枚に変更する。よりキメ細かく利用できるようにする。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | IR企業情報
2021年02月12日

ジーニーがデジタル×リアルのBtoCマーケティングソリューションでヒロモリと業務提携

■顧客とのコミュニケーションをリアルとデジタル両面から促進・支援

 ジーニー<6562>(東マ)は販売促進の企画やツールの提供を手掛けるヒロモリ(東京都港区)とマーケティングコミュニケーションに関するサービス、ソリューションの提供事業で業務提携をした。これによりツールを利用したマーケティングプロセスの自動化・顧客管理・ターゲティングと、リアルな販促手法やコミュニケーションをワンストップで提供することが可能となる。

11.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | IR企業情報
2021年02月11日

フェローテックHDが今3月期の業績予想を大幅に増額修正し期末配当は2円増の14円に

■世界的な半導体需要増に加え子会社異動の「持分変動利益」も

 フェローテックホールディングス(フェローテックHD)<6890>(JQS)は2月10日、今期・2021年3月期の連結業績予想および期末配当予想の増額修正を発表し、営業利益は従来予想を38.5%上回る90億円の見込み(前期比では49.7%増加)とした。

■中国の「半導体国産化政策」の加速も寄与

 「5G」などで世界的に旺盛な半導体需要や、中国政府の半導体国産化政策の加速に加え、グループ企業の持分法適用関連会社への異動にともなう特別利益などにより、売上高は従来予想を4.7%上回る890億円の見込み(同9.1%増)とし、当期純利益は同4.7倍の70億円の見込み(同3.9倍)とした。

 3月期末配当は1株あたり14円(前期実績、従来予想比2円増配)とし、年間配当金は同26円(前期比2円増配)の予定とした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | IR企業情報
2021年02月09日

ケイアイスター不動産が3月期末配当を従来予想の2倍強の1株95円に

■前年同期実績の2.7倍、業績予想も大幅に増額修正

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は2月9日の取引終了後、第3四半期決算と3月通期の連結業績予想・期末配当予想の増額修正を発表した。

 コロナ禍によるライフスタイルの変化から、住宅購入の需要が高まっているとし、3月通期の連結売上高は従来予想を13.8%上回る1480億円の見込みに見直し、営業利益は同66.2%上回る118億円に、純利益は同66.7%上回る70億円に見直した。

 こうした推移を受け、3月期末配当は1株当たり95円の予定とし、従来予想の同44円の2倍以上とした。前年同期実績は同34円だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:37 | IR企業情報

マーケットエンタープライズが東証1部に、2月16日の売買から

■2006年7月の設立で、2015年6月に東証マザーズ上場

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は2月9日の16時、同社株式が2021年2月16日をもって東京証券取引所市場第一部(東証1部)へ市場変更されると発表した。同日、東京証券取引所の承認を受けた。

 同社は2006年7月の設立で、2015年6月に東証マザーズに上場した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:06 | IR企業情報

西川ゴムは利益予想の増額や株主優待の変更が材料視され後場の発表後に急動意

■優待は自社品をやめてクオカードに一本化へ

 西川ゴム工業<5161>(東2)は2月9日の後場、14時過ぎから急動意となり、直前の1540円(11円高)前後から一気に7%高の1641円(112円高)まで上げて昨年12月以来の1600円台復帰となった。

 14時に第3四半期決算と株主優待の変更、3月通期業績予想のうち営業・経常利益の増額修正を発表し、好感されている。

 3月通期の連結営業利益は従来予想の26億円を50%上回る39億円の見込みとした。また、株主優待の変更は、100株以上1000株未満の場合、これまで「500円相当の当社開発関連商品およびクオカード500円分(計1000円相当)」だったものを「クオカード1000円分」とした。より株数の多い場合も、自社開発品の贈呈を取りやめてクオカードに一本化するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:35 | IR企業情報
2021年02月08日

夢真HDの新株予約権(第14回・15回)、割当人数は各々239名、139名に

■同社及び子会社の役員・従業員向けに発行

 夢真ホールディングス(夢真HD)<2362>(JQS)は2月8日の夕方、同社及び同社子会社の役員及び従業員(非正規雇用社員を除く)に対して発行する第14回、第15回新株予約権(共に割当日2月8日)の割当人数などの確定を発表した。

【第14回新株予約権】
新株予約権の割当人数239名、新株予約権の割当総数10,659個、新株予約権の発行に係る払込総額38,713,488円(新株予約権1個につき3,632円)、新株予約権の目的となる株式の種類及び数:普通株式1,065,900株(新株予約権1個につき100株) 
 
【第15回新株予約権】
新株予約権の割当人数139名、新株予約権の割当総数10,423個、新株予約権の発行に係る払込総額39,649,092円(新株予約権1個につき3,804円)、新株予約権の目的となる株式の種類及び数:普通株式1,042,300株(新株予約権1個につき100株)。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:04 | IR企業情報
2021年02月05日

綿半ホールディングスは「地酒・ワインフェスティバル」を開催

■地域の蔵元・ワイナリー29社が参加し、計119銘柄を販売

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループでは、お酒を通じて顧客に地域の魅力を再発見してもらうために、酒造メーカーの協力により、日本酒やワイン等の地酒を販売するとしている。地域の蔵元・ワイナリー29社が参加し、計119銘柄を販売する。普段店頭に並ばない商品も取り揃える。

11.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:41 | IR企業情報

クレスコが100万株の普通株式を2月24日付で消却へ

■発行済株式総数の4.17%、株式価値の向上効果が発生

 クレスコ<4674>(東1)は2月5日の16時、自己株式の消却について発表し、普通株式100万株(消却前の発行済株式総数(自己株式を含む)の4.17%)を2021年2月24日付で消却するとした。4.17%の株式価値の向上効果が発生する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | IR企業情報

立花エレテックが未定だった今3月期の連結業績予想を発表し売上高は前期比6.2%減の1600億円に

 立花エレテック<8159>(東1)は2月5日の16時、第3四半期決算と未定だった今期・2021年3月通期の連結業績予想を発表し、売上高は前期比6.2%減の1600億円、経常利益は同33.8%減の41.5億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同26.0%減の32.5億円の見込みとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

ASIANSTARが譲渡手続き中の不動産売却を中止

■相手先より緊急事態宣言発令等の影響を鑑み見送りたいと

 ASIAN STAR(エイシアンスター)<8946>(JQS)は2月4日の15時、2021年2月末日までの引渡し予定で譲渡の手続きを進めていた販売用不動産および仕掛販売用不動産の売却中止を発表した。

 相手先より、昨今の新型コロナウイルス感染再拡大による緊急事態宣言発令等の影響を鑑み、当該開発地の取得を含む開発事業全般について現段階での推進を見送りたいとの意向を受け、4日、相手先と契約解除合意書を締結した。

 ただ、5日の株価は10時30分を過ぎて95円(前日比変わらず)で推移し底堅い展開となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:04 | IR企業情報
2021年02月04日

ジーニーはChamoを 特定非営利活動法人チャイルドライン支援センターに無償提供

■「Chamo(チャモ)」の無償提供を2023年12月末まで延長

 ジーニー<6562>(東マ)は、特定非営利活動法人チャイルドライン支援センター(東京都新宿区)に対し、2016年より行っているチャット型Web接客プラットフォーム「Chamo」の無償提供を2021年1月から2023年12月末まで、延長することを決定した。

11.jpg

 同社では近年増加している子どもたちからの相談にチャットを利用することで、相談スタッフがスムーズに対応できるよう、チャイルドライン支援センターの活動を引き続きサポートする。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:15 | IR企業情報
2021年02月03日

ジーニーが「営業管理に関する調査レポート」を公開

■経営者・営業担当者300名超のDX推進状況、営業課題を調査

 ジーニー<6562>(東マ)は、最新の営業活動の動向をまとめた『営業管理に関する調査レポート』を公開した。

 『営業管理に関する調査レポート』は、営業管理ツールの普及、それによる日本企業の生産性向上を目的に、日本企業の営業活動や営業管理に関する最新状況についてのWeb上でのアンケート結果をまとめた調査レポートであり、無料で公開するとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | IR企業情報