[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/24)陽光都市開発 1月11日に魔方(中国)連鎖服務式公寓集団を訪問
記事一覧 (01/23)ティー・ワイ・オー 東証2部から史上最短期間で東証1部へ
記事一覧 (01/23)ラクーン 3月中旬より新規事業となる、クラウド受発注ツール「COREC」の提供を開始
記事一覧 (01/22)ミロク情報サービス 「消費税率引き上げ直前対策セミナー」11都市で開催
記事一覧 (01/21)スターティア 彩の国ビジネスアリーナ2014に出展
記事一覧 (01/21)日本アジアグループ:富士市東部浄化C建屋にルーフトップ型発電所2箇所目を開発へ
記事一覧 (01/19)ティー・ワイ・オー 株主優待のクオカードのデザインを発表
記事一覧 (01/19)パイプドビッツ 新メニュー「Web履歴書・採用管理サービスを17日より提供開始
記事一覧 (01/19)陽光都市開発 「香港柏雅」の株式を取得し、子会社化
記事一覧 (01/17)寿スピリッツ:第3四半期売上高(概算)前年同期比10.9%増
記事一覧 (01/17)日本アジアグループ:大分県で宇佐ソーラーウェイ(1MW)完成
記事一覧 (01/16)パイプドビッツ 「スパイラル(R)」から人事向け新メニューの提供を開始
記事一覧 (01/15)日本エンタープライズの子会社「うたがめ」「オワタパンダ」をチャイナモバイル『漫賞表情』向けに有料で提供開始
記事一覧 (01/15)生化学工業 Gel−One(R)特許侵害訴訟勝訴確定
記事一覧 (01/12)ミロク情報サービス 「経理業務を徹底的に効率化するセミナー」
記事一覧 (01/10)クリーク・アンド・リバー社 作家エージェント本格化、椎名誠氏など50名以上がパートナーに
記事一覧 (01/10)スターティア 『ActiBook Cloud Suite』をバージョンアップ
記事一覧 (01/09)夢の街創造委員会 12月の月次速報値(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表
記事一覧 (01/08)パイプドビッツ マネジメントシステムの認証を更新及び継続
記事一覧 (01/08)トーソー 『インテリアトレンドビジョン2014』を1月下旬より全国の書店で発売
2014年01月24日

陽光都市開発 1月11日に魔方(中国)連鎖服務式公寓集団を訪問

■中国国内における賃貸用ワンルームマンションの居住環境及び市場ニーズを調査

 陽光都市開発<8946>(JQS)は、1月11日に中国国内における賃貸用ワンルームマンションの居住環境及び市場ニーズを調査するため、中国賃貸用マンション開発の先駆者であり、中国主要都市においてワンルーム開発・管理事業で急成長している魔方(中国)連鎖服務式公寓集団を訪問した。

 魔方(中国)連鎖服務式公寓集団は2009年の創業以来、アメリカの投資ファンドである華平投資集団(Warburg Pincus)から約1億米ドルの支援を背景に賃貸用マンション事業を展開している。現在では管理戸数7,000戸まで事業規模を拡充させており、今期はさらに20,000戸まで伸ばしていく計画があるなど、中国賃貸用マンション業界においてNo.1の経営規模を誇っている。 昨年10月には、陽光都市開発の取締役である呉文偉氏が董事長を務める上海徳威企業発展有限公司からの紹介により、投資ファンドの責任者とともに陽光都市開発のワンルームマンション「グリフィンシリーズ」を視察している。日本でのワンルームマンションの実態や陽光都市開発が横浜・川崎エリアに集中して開発してきたマンションの品質や特徴、管理方法などについて協議を行った経緯から今回の訪問視察となった。

 魔方(中国)連鎖服務式公寓集団のビジネスモデルは、長期借上システムを採用してある程度まとまった戸数を一括で借り上げ、新築同様の内装にリノベーションを行い入居希望者に貸し出すモデル。特徴としては、従来の中国国内で一般的なタイプに加え、昨年の「グリフィンシリーズ」の視察経験を活かし、バス・トイレ別、設備も品質の高い製品を使用するなど日本式のワンルームマンションの提供を積極的に強化している。また、居住者の安全性を考えたセキュリティシステムの導入、独自のソーシャル・ネットワーク環境を整備することにより居住者の生活利便性を高め付加価値を向上させるなど、大都市圏に生活環境を求める若年層のニーズをいち早くとらえた賃貸用マンションを提供している。さらには、管理戸数の増加に伴い、入居者が必要とする情報や生活必需品を提供できる機会が大幅に増えることから、管理事業から派生した新たなビジネス機会の創出・事業領域の拡大を目指す計画。

 陽光都市開発が管理をしている「グリフィンシリーズ」においても、昨年から入居者によるコミュニティ環境の整備、より良いサービスの提供を積極的に進めている。今回の訪問を参考に、入居者へのサービス強化、事業領域の拡充を進める。さらには、中国大都市圏において陽光都市開発独自の特徴を持ったワンルームマンションの供給可能性を模索し、新たな事業機会の獲得・海外事業の強化について検討を進めるとしている。

>>陽光都市開発のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | IR企業情報
2014年01月23日

ティー・ワイ・オー 東証2部から史上最短期間で東証1部へ

■経済の回復とともにTV―CMのニーズも高まり、事業環境は良好

 TV―CM制作大手のティー・ワイ・オー<4358>(東2)は23日引け後、1月30日より東証1部銘柄に指定されることを発表した。

 東証2部から東証1部上場にかかった日数は、98日という史上最短期間での1部上場となる。この背景には、同社の再建計画が成功し、業績が順調に回復したことがある。

 同社は、一時エンタテインメント事業に進出したことで、業績が低迷し、赤字経営となっていたが、その後の再建計画が着実に行われたことにより、11年7月期より3期連続の黒字を達成し。今期14年7月期も増収増益を見込んでいる。

 同社が属するTV―CM業界は、同社を含む大手制作会社3社による寡占化傾向を強めていることから、経済の回復とともに、TV―CMのニーズも高まっているため同社の業績は今後も順調に拡大する環境にある。更に、20年東京夏季五輪が決定したことも追い風といえる。

 このような状況の中で、1部銘柄に指定されたことから、TOPIX型インデックスファンドに組み込まれる思惑もあり、同社の株価の反発はさらに強まるのと期待される。

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | IR企業情報

ラクーン 3月中旬より新規事業となる、クラウド受発注ツール「COREC」の提供を開始

■業種を問わずすべてのBtoBにおける受発注をWeb上で一元管理

 ラクーン<3031>(東マ)は、1月23日の取締役会で、2014年3月中旬より新規事業となる、クラウド受発注ツール「COREC(コレック)」http://corec.jp の提供を開始することを決議した。

 CORECは業種を問わずすべてのBtoBにおける受発注を、Web上で一元管理できるクラウド受発注ツール。取引先ごとに異なる受発注手段でも、CORECを通すことで一つにまとまり、受発注処理にかかるコスト削減と効率化に貢献する。

 CORECは簡単な登録だけですぐ利用できるサービス。商品やサービスを販売するサプライヤー側は、自社専用の受発注フォームをCOREC上で作成しメールや展示会・カタログなどで取引先に案内する。案内を受けたバイヤーは会員登録なしでもサプライヤーが作成したフォームから発注ができる。

 バイヤーが会員登録後に、発注したいサプライヤーがCORECを利用していない場合は、バイヤー側がCOREC上に発注フォームを作成し、それをメールまたはFAXで発注先に送ることも可能となる。

 作成されたフォームでの受発注内容はサプライヤー・バイヤー双方共に、すべてCOREC上で一元管理できる。

 CORECは基本機能を無料とし、クラウド型とすることで幅広いユーザーへの提供を展開していく。

 日本のBtoBにおける受発注はいまだに電話やFAXが多く利用されている。2013年12月に同社が実施したアンケートでもFAX・電話・対面といったアナログな手段を使う企業は75%を超えており、メールやWebを含め複数の手段を相手に合わせ使用している企業も70%以上であった。

 これらの受発注時には手作業によるミスや漏れが発生し、処理作業に多くの時間を取られているという課題がある。また、システム化には導入コストやシステム担当者の必要性、取引先の同意など複数のハードルが存在し、導入が広がっていないのが現状である。

 そこで、これらの課題を解決し中小企業から大企業まで規模を問わず受発注をよりスムーズに行えるサービスとしてCORECを開発した。クラウドサービスのため、サプライヤー・バイヤーともに導入も容易となる。

 CORECは3月中旬にサービス開始予定。基本機能を無料で使えるサービスとなっているが、より効率的に受発注を行える機能を有料プランとしていく予定。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:02 | IR企業情報
2014年01月22日

ミロク情報サービス 「消費税率引き上げ直前対策セミナー」11都市で開催

 ミロク情報サービス(以下、MJS)<9928>(東1)は、2月6日(木)より企業の経理部門の方々を対象に「消費税率引き上げ直前対策セミナー 〜直前の今!押さえておくべきポイントとは?」を全国主要11都市で開催する。

 2014年4月1日より、消費税率が5%から8%へ引き上げられることが決定したことに伴い、企業および個人における様々な影響が予測される。MJSでは、昨年、消費税率が決定する前にも「消費税対策セミナー」を全国12都市で開催しており、800名以上が参加している。そこで参加者から経理業務への影響について多くの質問が寄せられた。

 今回のセミナーでは、MJS 税経システム研究所 客員研究員、税理士 森下 治氏より、前回セミナーで寄せられた関心の高い内容を基に、消費税の転嫁や販売価格の表示、施工日である4月1日をまたぐ取引に関する経理処理などの注意すべき点を丁寧に解説する。

【名称】「消費税率引き上げ直前セミナー 〜直前の今!押さえておくべきポイントとは?〜」

【日程】 2014年2月6日(木)〜2014年3月25日(火)

【内容】 T 消費税転嫁対策特別措置法の概要
1) 消費税の転嫁拒否等の行為の是正に関する特別措置
2) 消費税の転嫁を阻害する表示の是正に関する特別措置
3) 価格の表示に関する特別措置
4) 消費税の転嫁及び表示の方法の決定に関する特別措置

U 経理処理
1) 基本編・・・施行日前後の取引に係る税率の適用関係等
2) 施行日ベース摘要の経過措置について
3) 重要計算・取引項目 ・端数処理計算について等

【講師】 MJS税経システム研究所客員研究員 税理士 森下治氏

【開催日】
2月6日 新宿 新宿センタービル48F MJSセミナールーム
2月12日 千葉 京葉銀行文化プラザ 7F 楓T
2月14日 札幌 ホテルモントレエーデルホフ札幌12F
2月17日 名古屋 名古屋ダイヤビル2号館4階 242会議室
2月18日 大阪 TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター ホール6A
2月19日 福岡 ホテルレオパレス博多 3階 イベントホール
2月24日 長野 JA長野県ビル12F 会議室
2月26日 さいたま OSLビル2階 講堂(大宮法科大学院大学内)
3月11日 岡山 岡山コンベンションセンター
3月12日 広島 広島鉄砲町ビルディング9階 MJSセミナー
3月25日 沖縄 沖縄県立博物館 講座室
開催時間はいずれも13時30分から16時30分まで
【受講料】 無料
【セミナー詳細・お申込み】 URL:http://www.mjs.co.jp/eda

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:51 | IR企業情報
2014年01月21日

スターティア 彩の国ビジネスアリーナ2014に出展

■1月29日(水)・30日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催

 スターティア<3393>(東マ)は、1月29日(水)・30日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催される彩の国ビジネスアリーナ2014に出展し、日本郵便や大阪府を始めとした600以上の企業・団体に導入実績のある法人向けクラウドファイルサーバ『セキュアSAMBA(サンバ)』を紹介する。また、同社ブースにおいては、佐藤秀峰氏が特別書き下ろした漫画『セキュアSAMBAをよろしく』を配布する。

 本展示会は、「彩の国埼玉が誇る技術が集結」をスローガンに、中小企業の受注確保・販路開拓、技術力向上等を目的とし、広域的な企業間ネットワーク形成による新たなビジネスチャンス創出の場を提供する展示商談会。同展示会では、多彩な講師陣による、中小企業の経営に役立つ講演会を無料開催。なお、次世代産業ゾーンやエネルギー・環境ゾーン等6つの企業出店ゾーンがあり、スターティアは、ITソリューションゾーンに出展。

 展示ブースでは、法人向けクラウドファイルサーバ『セキュアSAMBA』を展示。このサービスの大きな特徴として、インターネット環境があれば、どこからでも簡単・安全にドラッグ&ドロップでファイル共有が可能な他、サーバー内のファイルを直接編集が可能なことが挙げられる。

 また、同ブースにおいて、漫画家の佐藤秀峰氏による特別書き下ろし漫画『セキュアSAMBAをよろしく』を配布。『セキュアSAMBAをよろしく』とは、『ブラックジャックによろしく』の主人公である研修医齋藤先生が指導医より院内の情報システムの管理を依頼する場面から始まるオリジナル漫画で、『セキュアSAMBA』をストーリー仕立てに紹介する内容。
詳細URL:http://securesamba.digitalink.ne.jp/

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:12 | IR企業情報

日本アジアグループ:富士市東部浄化C建屋にルーフトップ型発電所2箇所目を開発へ

■先発の西部浄化Cと合わせ約3MW規模太陽光発電所に(15/6完成)

 グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する日本アジアグループ<3751>傘下の国際ランド&ディベロップメントは、このたび、静岡県富士市から「富士市東部浄化センター太陽光発電所(仮)」(以下「当発電所」)の開発・運営を行う事業者としての特定を受け、17日、富士市と同社および共同事業者であるソーラーパワーネットワーク(株)日本支社との間で基本協定書を締結した。

 同共同事業体は、既に昨年11月に、同市の西部浄化センターで同様の太陽光発電施設の事業者としての特定を受けており、日本におけるルーフトップ型太陽光発電所の普及に注力している。

 今回の事業では、同市東部浄化センター建屋の屋上にルーフトップ型太陽光発電設備を設置し売電事業を行うもので、出力1.3MW(一般家庭の約350世帯相当)規模の発電所となる予定だが、先発の西部センターと今回の東部センターの両発電施設を合わせた合計出力は約3MW(一般家庭の約800世帯相当)規模となる。なお、当発電所の稼働開始は15年6月を予定している。

日本アジアグループ:富士市東部浄化C建屋にルーフトップ型発電所2箇所目を開発へ

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:05 | IR企業情報
2014年01月19日

ティー・ワイ・オー 株主優待のクオカードのデザインを発表

■株主優待は平成22年7月期以来、4期ぶりの再開

 ティー・ワイ・オー<4358>(東2)は16日、株主優待のクオカードのデザインを発表した。

 株主優待は平成22年7月期以来、4期ぶりの再開となる。対象者は平成26年1月31日時点の同社株主名簿に5単元(500株)以上を保有している株主。

 優待の内容は、500株以上保有の株主には、通常株主優待としてクオカード1000円相当と、記念株主優待としてクオカード1000円相当の計2000円相当のクオカードが進呈される。

 2500株以上の保有の株主には、通常株主優待としてクオカード3000円相当、記念株主優待としてクオカード3000円相当の計6000円相当が進呈される。

 更に、5000株以上の株主には、通常株主優待、記念株主優待合わせて10000円相当のクオカードがプレゼントされる。

ティー・ワイ・オー 株主優待のクオカードのデザインを発表

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:01 | IR企業情報

パイプドビッツ 新メニュー「Web履歴書・採用管理サービスを17日より提供開始

■履歴書や面接評価などをクラウド上で一元管理して応募者・企業双方の工数を削減し、スピード採用を支援

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は17日、主力クラウド(PaaS)サービス「スパイラル(R)」から、人事向け新メニューの提供を開始した。

 新メニュー「Web履歴書・採用管理サービス」は、履歴書や面接評価などをクラウド上で一元管理して応募者・企業双方の工数を削減し、スピード採用を支援する。

 「Web履歴書・採用管理サービス」は、採用活動において、応募者の履歴書提出をWebフォームを通じて採用情報データベース化し、書類選考や面接の評価結果をリアルタイムに登録して一元管理することで採用活動の工数を大幅に削減できる人事向けサービス。

 厳格なセキュリティが求められるメガバンクを含む100以上の金融機関が採用している情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を用いて構築されているため、業務効率化に加えて、履歴書情報等を安全に管理でき、セキュアな採用管理が可能。

Web履歴書・採用管理サービス
http://www.pi-pe.co.jp/spiral-suite/apps/recruit/

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | IR企業情報

陽光都市開発 「香港柏雅」の株式を取得し、子会社化

■今後、中国における不動産関連事業への進出を図る

 投資用ワンルームマンションの開発・販売を行う陽光都市開発<8946>(JQS)は17日、取締役会において、「香港柏雅」の株式を取得し、子会社化することについて決議した。香港柏雅の子会社化に伴い、香港柏雅の子会社及び孫会社である「酒店管理」、「投資管理」の2社が同社の連結子会社となる。

 同社は、国内(関東エリアを中心)もしくは海外(中国上海周辺)で、不動産関連事業を行っている企業もしくは事業の買収を行うことを、検討課題として取り組んできた。その流れの中で、今回、香港柏雅の株式を取得することを決定した。今後、中国における不動産関連事業への進出を図るとともに、同社グループの収益拡大、財務面での安定、企業価値の向上を追求していく。

 香港柏雅は、2棟のサービスアパートメント(中国無錫市・2棟合計700室)の運営管理のコンサルティングを主な事業としている酒店管理の100%親会社であり、また、酒店管理は、1棟のサービスアパートメント(中国上海市・126 室)を運営管理している投資管理の100%親会社である。今後も、上海市、無錫市などで新たなサービスアパートメントの管理を取得する計画を進めている。

 「香港柏雅」の取得価格は、3億53百万円。資金については、平成26年1月9日付「第1回新株予約権の行使及び主要株主の異動並びにその他の関係会社の異動に関するお知らせ」で公表している通り、徳威国際発展有限公司及び株式会社ストライダーズが陽光都市開発第1回新株予約権を行使したことで、資金調達している。

>>陽光都市開発のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:59 | IR企業情報
2014年01月17日

寿スピリッツ:第3四半期売上高(概算)前年同期比10.9%増

■首都圏の強化、遷宮・奉祝イベントが追い風に〜増収基調が続く

 寿スピリッツ<2222>(東2)の14年3月期第3四半期売上高(概算)は、首都圏での事業展開の強化、遷宮奉祝イベントで観光客が増加している山陰地区、東海地区での好調さが牽引し、上期に見せた好調さを引き継ぎ増収基調で推移した結果、前年同期に比べ10.9%の大幅増収となった。

 なお、第3四半期累計売上高(概算)は、前年同期比10.5%増の17,129百万円。

■寿製菓とシュクレイ〜四半期ごとに売り上げが伸長

 第3四半期のセグメント別動向は、「ケイシイシイ」は、道内店舗の好調に加え、グループ向け売り上げが伸びて前年同期比4.1%増、地元出雲大社の遷宮効果で山陰地区が好調の「寿製菓」は同15.8%の大幅増、「販売子会社」は、東海地区で主力商品「小倉トーストラングドシャ」の拡販と伊勢神宮の遷宮効果を得て12.0%増加した。さらに、首都圏で多ブランド展開を推進する「シュクレイ」は、直営店舗の接客サービス向上、販促強化により42.3%増加し成長路線への軌道を描き、「但馬寿」がグループ向け売り上げを伸ばし同14.9%増加した。「九十九島グループ」は大手テーマパーク向け売り上げが低調で同3.3%の減少で終わった。

 昨年5月に本格的に事業開始した『美と健康』をテーマとする新規事業「ジャパルシー」は四半期ごとに売り上げを伸ばし52百万円(今期累計139百万円)を確保した。

寿スピリッツ

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:06 | IR企業情報

日本アジアグループ:大分県で宇佐ソーラーウェイ(1MW)完成

■杵築ソーラーウェイに続き『証券化スキーム』で資金調達の第2号

 グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発を進めている日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下のJAG国際エナジーは、このたび、大分県宇佐市に「宇佐ソーラーウェイ」を完成させ、竣工式を行った。同プロジェクトの施工監理は日本アジアグループ傘下の国際ランド&ディベロップメントが担当した。

 今回完成した「宇佐ソーラーウェイ」は、日本アジアグループが予てより標榜している「金融と技術の融合」を具体化した『証券化スキーム』により資金調達を行ったメガソーラー発電所で、同県杵築市の「杵築ソーラーウェイ」(13年11月完成)に続いて2箇所目となる(※)。

 同発電所は、民間の遊休地約15,000平方メートルを活用して建設され、出力規模は約1MW(一般家庭の300世帯分に相当)で、発電した電力はすべて九州電力に売電する。

 ※ 同社グループは11月29日に稼動した大分県「杵築ソーラーウェイ」、今回の「宇佐ソーラーウェイ」および今後竣工予定の栃木県「サイカチ山ソーラーウェイ」の3ヶ所を対象として、プロジェクトファイナンス部分を証券化することにより総額約15億円の資金調達を行っている。

日本アジアグループ

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:29 | IR企業情報
2014年01月16日

パイプドビッツ 「スパイラル(R)」から人事向け新メニューの提供を開始

■紙で人事考課を実施する場合と比べて6割もの時間短縮が可能

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、主力クラウド(PaaS)サービス「スパイラル(R)」から、人事向け新メニューの提供を開始した

 新しいメニューは、人事考課をWeb化して目標設定や評価・集計を効率化する「Web人事考課サービス」。

 従業員による目標設定や自己評価、上長による目標設定承認や1次評価、2次評価、人事担当者による集計や結果通知など、人事考課に関する一連のプロセスをWeb化することで、紙で人事考課を実施する場合と比べて6割もの時間短縮ができる。

〜 ペーパレス化による業務効率化を低価格で実現 〜
http://www.pi-pe.co.jp/news/press/2014/20140115_01.html

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | IR企業情報
2014年01月15日

日本エンタープライズの子会社「うたがめ」「オワタパンダ」をチャイナモバイル『漫賞表情』向けに有料で提供開始

■中国でも様々なシチュエーションで利用できるように、30種類のスタンプを用意

 日本エンタープライズ<4829>(東2)の100%中国子会社である北京業主行網絡科技有限公司は、チャイナモバイルの『漫賞表情』(スタンプ購入アプリ)向けに、WeChat(メッセンジャー)や微博(ミニブログ)等で利用できるスタンプ「うたがめ」及び「オワタパンダ」を、有料で提供開始した。

 中国の契約携帯電話は、12億台を超え、世界第一位の加入者数を誇る携帯電話大国であり、現在も驚異的な増加を続けている。また、携帯電話を活用したモバイルコンテンツ市場は、今後、スマートフォンやタブレットの普及とともに、飛躍的な広がりが期待されている。

 このような状況の中で、携帯電話の契約者数が7億6,000万人を超え、世界最大の移動体通信事業者であるチャイナモバイルの『漫賞表情』(スタンプ購入アプリ)向けに、WeChat(メッセンジャー)や微博(ミニブログ)等で利用できるスタンプ「うたがめ」及び「オワタパンダ」を、有料で提供開始した。

 両キャラクターは、同社が日本で配信しているデコメール総合サイト「デコデコメール」内の人気キャラクターである。今回、中国でも様々なシチュエーションで利用できるように、30種類のスタンプを用意した。

 同社では、今後も日本で人気のキャラクターを中国でも積極的に展開していく計画。

日本エンタープライズの子会社「うたがめ」「オワタパンダ」をチャイナモバイル『漫賞表情』向けに有料で提供開始

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | IR企業情報

生化学工業 Gel−One(R)特許侵害訴訟勝訴確定

■原告であるジェンザイム社が連邦巡回区控訴裁判所への控訴を取り下げる

 生化学工業<4548>(東1)は14日、単回投与関節機能改善剤Gel−One(R)(ジェル・ワン)に関する特許侵害訴訟について、原告であるジェンザイム社が連邦巡回区控訴裁判所への控訴を取り下げた。これにより、2014 年1 月13 日(現地時間)に同社およびジンマー社の勝訴が確定した。

 連邦地裁は、裁判での審理および陪審による評決を受け、2012年8月にジェンザイム社の特許を無効とするとともに、被告とされた同社およびジンマー社の特許侵害を否定する判決を下した。ジェンザイム社は2013年10月に連邦巡回区控訴裁判所に控訴していたが、今回、控訴を取り下げたことから、連邦地裁による特許無効と特許非侵害の判決が確定した。

 この結果を反映したのか、15日の同社の株価は、昨年7月31日以来のザラ場1400円を付けた後、前日比35円高の1399円で引けた。今後、1400円を抜けば、昨年来の最高値1436円を意識した動きが予想される。

>>生化学工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:51 | IR企業情報
2014年01月12日

ミロク情報サービス 「経理業務を徹底的に効率化するセミナー」

■東京・大阪・名古屋で開催

 ミロク情報サービス(以下 MJS)<9928>(東1)は、企業の経理部門の担当者を対象に「経理業務を徹底的に効率化するセミナー〜連結会計・グループ経営管理編〜」を1月17日(金)から全国主要3都市で開催する。

 第1部では、「経理が変われば会社が変わる!グループ全体の業績を見渡すために必要な6つのコト」と題し、MJS税経システム研究所の客員講師を務め、長年数多くの企業の業務改善を支援してきた株式会社トラフィックエイジアの外波達也氏より、グループ企業全体での経理業務の標準化や親子会社間での役割分担、情報・業務の集約化等を実現するための具体的な手法を解説する。

 第2部では、「経理業務を徹底的に効率化した事例紹介」として、連結会計やグループ経営管理に役立つ事例を紹介する。また、経理業務の効率化を支援する最新ERPシステムをはじめ、MJSの様々なソリューションを展示する。

【日程】2014年1月17日(金)から1月29日(水)
1月17日(金) 開催地 東京 
会場 新宿センタービル48F MJSセミナールーム

1月24日(金) 開催地 大阪
会場 ホンマチ山本ビル1F MJSセミナールーム

1月29日(水) 開催地 名古屋
会場 桜通大津第一生命ビル10F MJSセミナールーム

【申し込み】事前登録制(Webより申込み・先着順)
URL:http://www.mjs.co.jp/kks

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:00 | IR企業情報
2014年01月10日

クリーク・アンド・リバー社 作家エージェント本格化、椎名誠氏など50名以上がパートナーに

■椎名誠氏作品 初の電子書籍でシリーズ化

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は1月9日(木)、作家の椎名誠氏について同社作家エージェント事業での展開が決定し、椎名氏の著名な5作品を1月25日に電子書籍で配信する。この作品は同社が電子書籍企画、制作、配信までを一貫して行なっている。この刊行を記念して2月16日(日)に、同社ホールにて椎名氏のトークイベントを開催する。

クリーク・アンド・リバー社 作家エージェント本格化、椎名誠氏など50名以上がパートナーに

 2012年7月に開始した電子書籍事業は順調に拡大し、その一環である作家エージェント事業は、椎名氏の他、「陰陽師」シリーズで有名な夢枕獏氏、教育界のカリスマである和田秀樹氏、「キャンディ・キャンディ」で幅広いファン層を持つ いがらしゆみこ氏など総勢50名以上の規模となった。同社が関わる電子書籍刊行数は20,000タイトル以上となり、事業は本格的な収益化に向けて進捗している。

 本年最初の作家エージェント特別企画として、椎名氏の「椎名誠 旅する文学館」シリーズを電子書籍限定で刊行する。このシリーズは、椎名氏の今までの著作を、電子書籍で完全版として刊行していくもの。今回の作品では、表紙イラストを椎名氏本人が描き、巻末にはその作品を振り返った新しい原稿が追加される等、ファン必読のコンテンツとなっている。この企画の背景には、今までの椎名ファンだけでなく、今回初めて作品を手に取る若い世代にも読み継がれていってほしいという椎名氏の思いがある。今後、椎名氏の作品を継続して刊行していく予定。

 最初の5作品は1月25日刊行予定で、1988年に吉川英治文学新人賞を受賞した『犬の系譜』をはじめとし、1998年に本木雅弘氏主演で映画化された『中国の鳥人』、冒険ファンから愛され続けている『あやしい探検隊 北へ』、巧みな人間観察を通しての痛快エッセイ『気分はだぼだぼソース』、椎名小説の第1号となった『ジョン万作の逃亡』の5作品。どの作品も独特な椎名ワールドが展開されております。アマゾンKindle、楽天kobo、紀伊國屋書店Kinoppyの各書店で販売される予定。

【椎名誠氏 コメント】
 「長い期間にわたって沢山の本を書いてきましたが、絶版になっていくものも多く、 今回電子書籍化に踏み切ったのはそれらの本を新しい読者に見てもらいたいと思った からです。」

「椎名誠 旅する文学館」シリーズの電子書籍刊行を記念して、2月16日(日)に椎名誠氏のトークイベントを行なう。参加希望の方は、申込書に「参加希望」をチェックし、お名前、電話番号、メールアドレス等をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。 一般参加用FAX:03−4550−0016 ⇒ 申込用紙 http://www.cri.co.jp/news/press_release/2014/20140109000720.html

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:27 | IR企業情報

スターティア 『ActiBook Cloud Suite』をバージョンアップ

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、SaaS型電子ブック作成ソフト『ActiBook Cloud Suite(アクティブック クラウドスイート)』のバージョンアップを行い、スマートデバイスからの閲覧性を向上した。

 本バージョンアップでは、スマートデバイスから電子ブックを閲覧する際に利用する「スマートデバイス用アプリ」と、アプリがなくてもインターネット環境があれば閲覧することができる「HTML5ビューワー」のバージョンアップを以下の通り実施している。

■追加機能概要
◎スマートデバイス用アプリ
・埋め込み動画機能
誌面の中に動画が埋め込まれたような電子ブックが閲覧可能に。

◎HTML5ビューワー
・リッチめくり機能
紙の本のような質感で電子ブックを閲覧することができる。
・拡大機能の向上
今までよりもキレイに大きく拡大することが出来るようになり、 文字の小さなコンテンツも閲覧しやすくなる。
・ヒートマップログ取得機能
閲覧・拡大した場所が、サーモグラフィーのように直感的にわかるようになる。
・ページダイレクトリンク機能
指定したページから電子ブックを起動することができる。

 『ActiBook Cloud Suite』で作成した電子ブックの閲覧において、スマートデバイスからの閲覧性向上を望む声があったため、これまではスマートデバイスの回線速度やスマートデバイス端末の性能を考慮し、機能を絞って提供してきた。

 しかし昨今では、スマートデバイス端末や回線速度が多様化・回線速度が向上し、データ容量の大きい動画等のコンテンツであっても閲覧する環境が整ってきたため、バージョンアップを行った。

 今回の埋め込み動画機能の実現により「誌面の内容と連動したプロモーション動画を入れ込む」「誌面に書いてあるマニュアルの内容を動画で詳しく説明する」などという高い表現力を電子ブックで実現することが出来るようになる。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | IR企業情報
2014年01月09日

夢の街創造委員会 12月の月次速報値(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表

■スマートフォンからの会員登録数およびオーダー数が増加

 夢の街創造委員会<2484>(JQS)は8日、12月の月次速報値(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表した。

 オーダー数は817,605件(前年同月比10.7%増)、加盟店数11,545店舗(同2.8%増)、会員数575万人(同14.1%増)と全部門で増加した。

 12月の話題としては、Androidスマートフォン端末向け「出前館」アプリについて、Tポイントおよびクレジットカード利用対応機能を11月26日(火)に追加し、出前館のホームページ(ブラウザ)と同等の機能を提供することが可能となったことが挙げられる。また、12月12日(木)には、iPhone向け「出前館」アプリを全面リニューアルし、Android アプリ同様、GPSを活用した店舗表示、オーダー後の予定お届け時間表示、Tポイントおよびクレジットカード利用対応の各種機能が使用可能となっている。

 上記を含め、6月から行ってきたスマートフォンに関する一連のリニューアルの結果、スマートフォンからの会員登録数およびオーダー数が増加しており、スマートフォンからの注文比率についても、12月末時点での全オーダー数に占める割合が約31%と比率が高まってきている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | IR企業情報
2014年01月08日

パイプドビッツ マネジメントシステムの認証を更新及び継続

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、1月6日にマネジメントシステムの認証を更新及び継続した。

 情報漏洩事故が多発するなど情報セキュリティへの不安が後を絶たない中、同社は、主力クラウド(PaaS)サービス「スパイラル(R)」やクラウド型会計ソフト「ネットde会計(R)」などで、顧客情報、製品情報、従業員情報、会計情報等を預かっている。

 同社では、常時、安定稼働するサービスはもとより、サービスのセキュリティ強化を継続的に推進し、顧客が安心して利用できる質の高いサービス提供に努めている。

 今回更新及び継続したマネジメントシステムは下記の通り。

■1.情報セキュリティマネジメントシステム 【更新】
規格    : ISO/IEC 27001:2005/JIS Q 27001:2006
認定スキーム: ANAB/JIPDEC
認証登録番号: IS 90515
認証登録範囲: 情報資産プラットフォーム事業における企画、
開発、保守、サポート及び販売業務
審査機関  : BSIグループジャパン株式会社

 パイプドビッツは、2005年3月に情報セキュリティマネジメントシステムに関する英国規格である「BS 7799−2:2002」および国内規格である「ISMS認証基準Ver.2.0」認証を取得し、 2007年1月に国際規格である「ISO/IEC 27001:2005」及び国内規格である「JIS Q 27001:2006」認証へ移行した。


■2.ITサービスマネジメントシステム 【継続】
規格    : ISO/IEC 20000−1:2011/JIS Q 20000−1:2012
認定スキーム: itSMF/JIPDEC
認証登録番号: ITMS 513019
認証登録範囲: 情報資産プラットフォーム事業における保守・
サポート業務の提供をサポートするITサービス
マネジメントシステム
審査機関  : BSIグループジャパン株式会社


■3.品質マネジメントシステム 【継続】
規格    : ISO 9001:2008
認定スキーム: ANAB
認証登録番号: FS 501308
認証登録範囲: 情報資産プラットフォーム事業における企画、
開発、保守、サポート及び販売業務
審査機関  : BSIグループジャパン株式会社

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:53 | IR企業情報

トーソー 『インテリアトレンドビジョン2014』を1月下旬より全国の書店で発売

■今年で11冊目を数えるロングセラーのインテリアトレンドブック

 窓辺のインテリア製品を製造販売するトーソー<5956>(東2)の子会社トーソー出版は、世界のインテリア見本市と、最新のインテリアトレンドを紹介する書籍『インテリアトレンドビジョン2014』を1月下旬より全国の書店で発売する。

 2004年から毎年発行している本書は、今年で11冊目を数えるロングセラーのインテリアトレンドブック。ミラノ・サローネ等世界の主要見本市をまわり、インテリアの動向を定点観測してきた著者がトレンドや最新情報をレポート。全体の傾向から、人気メーカーやデザイナーの新作、素材・製法のトレンドを鋭く読み取って解説している。今回初めて「TOKYO」開催展示会も加わり、日本メーカーの紹介等ますます充実した内容となっている。また巻末では、2014年のトレンドスタイルを4つに分けてビジュアルな構成で紹介。カラー・素材・キーワードがわかりやすくまとまっている。そのほか、最先端の感性に触れられる注目デザイナーへのインタビュー等、マーケティングや新しい着想に役立つ情報が満載。業界関係者必携の一冊。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | IR企業情報