[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/25)日本エンタープライズ 電子コミック「九鼎記」をチャイナテレコム、チャイナユニコム向けに配信開始
記事一覧 (10/25)インフォコム 完全Web−ERP「GRANDIT」人事考課機能を強化
記事一覧 (10/25)スターティア 10月29日に難波御堂筋ホールで開催されるクラウド経営Expo 2013 in大阪に出展
記事一覧 (10/24)マルサンアイ:0.5円増配し6.5円配を実施
記事一覧 (10/24)夢の街創造委員会 「出前館」は10月20日の日別オーダー数44,826件を記録し、創業以来過去最高を更新
記事一覧 (10/23)アスカネット:スマホで作る『ポラロイド風ミニアルバム』
記事一覧 (10/23)スターティア 子会社スターティアラボは、幕張メッセにて10月23日より3日間開催されるWeb&モバイル マーケティング EXPO秋に出展
記事一覧 (10/23)陽光都市開発 マチコエのASPサービスを利用した入居者コミュニティサービス及び入居者募集サイトを本格導入
記事一覧 (10/23)フライトホールディングスのクレジットC決済システム穴吹コミュニティが採用
記事一覧 (10/23)日本エンタープライズ NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供開始
記事一覧 (10/23)P&Pホールディングス モニター&サンプルサイト「もにったー」で「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始
記事一覧 (10/22)フライトホールディングスなど3社:Windows版モバイルクレジット決済ソリューション構築
記事一覧 (10/22)アールテック・ウエノ 中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウムで、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表される
記事一覧 (10/22)ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場
記事一覧 (10/22)クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催
記事一覧 (10/21)アールテック・ウエノ 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験症例登録完了
記事一覧 (10/20)エフティコミュニケーションズ 子会社アントレプレナーはアレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表
記事一覧 (10/18)スターティア マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展
記事一覧 (10/18)トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売
記事一覧 (10/18)物語コーポレーション:上期前半動向は売上高・来店客数ともに連月増加
2013年10月25日

日本エンタープライズ 電子コミック「九鼎記」をチャイナテレコム、チャイナユニコム向けに配信開始

■チャイナモバイル向けに先行配信を行い、現時点で約100万ダウンロードの実績

 日本エンタープライズ<4829>(東2)の中国子会社である北京業主行網絡科技有限公司(以下、業主行)は、“電子コミック化”した中国の人気小説「九鼎記」を、中国最大手の移動体通信事業者であるチャイナモバイルに続き、チャイナテレコム、チャイナユニコム向けに配信を開始した。

 中国の契約携帯電話は、12億台を超え、世界第一位の加入者数を誇る携帯電話大国であり、現在も驚異的な増加を続けている。また、携帯電話を活用したモバイルコンテンツ市場は、今後、スマートフォンやタブレットの普及とともに、飛躍的な広がりが期待されている。

 このような状況で、同社グループは、本格的なスマートフォンの普及を見据え、「電子コミック」を中国戦略の大きな柱として掲げ、人気小説「九鼎記」を“電子コミック化”した後、中国最大手の移動体通信事業者であるチャイナモバイル向けに先行配信を行い、現時点で約100万ダウンロードの実績がある。

 今回、この人気小説「九鼎記」の電子コミックを、チャイナテレコム、チャイナユニコム向けへ配信を拡大することで、全ての中国移動体通信事業者をカバーすることとなり、利用者が一層拡大することが予想される。

日本エンタープライズ 電子コミック「九鼎記」をチャイナテレコム、チャイナユニコム向けに配信開始

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:44 | IR企業情報

インフォコム 完全Web−ERP「GRANDIT」人事考課機能を強化

■人事考課支援システム「P−TH」と連携

 インフォコム<4348>(JQS)のグループ会社であるGRANDITとITホールディングスグループのAJS(東京都新宿区)は、人事考課支援システムとERPシステムを連携し、サービス提供することに関して業務連携した。

 今回の業務提携により、次世代完全Web−ERP「GRANDIT」とAJS の人事考課支援システム「P−TH/ピース」との連携が可能となり、いままでは別々の管理をしてきた"考課結果"と"考課プロセス"を集中管理することで業務効率を向上させ、基幹システムと人材情報を密に連携した戦略的な現場マネジメントを可能とする。P−TH は、WebとExcelを用いたシステムで、現在使用している人事考課フォーマット(Excel)を利用した入力インターフェースを設計でき、被考課者と考課者の入力情報をデータベースにて一元管理できることが特徴で、「GRANDIT」の人事モジュールと連携することで、人事考課業務効率を向上させ、コスト削減にも寄与する。

 今回発表した、「P−TH」との連携の詳細については、10月(東京)、11月(大阪)に開催する「GRANDIT コンソーシアム・ソリューションセミナー2013 Autumn」のワークショップで紹介する。

■GRANDIT コンソーシアム・ソリューションセミナー2013 Autumn 申し込み
東京会場:http://www.grandit.jp/solsem2013_autumn/tokyo/
大阪会場:http://www.grandit.jp/solsem2013_autumn/osaka/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | IR企業情報

スターティア 10月29日に難波御堂筋ホールで開催されるクラウド経営Expo 2013 in大阪に出展

■法人向けクラウドファイルサーバ『セキュアSAMBA(サンバ)』を紹介

 スターティア<3393>(東マ)は、10月29日に難波御堂筋ホールで開催されるクラウド経営Expo 2013 in大阪に出展し、法人向けクラウドファイルサーバ『セキュアSAMBA(サンバ)』を紹介する。また、同ブースにおいて、佐藤秀峰氏特別書き下ろしのマンガ『セキュアSAMBAをよろしく』の無料配布を行う。

 展示会では、セールスフォース・ドットコムやグーグルといった、現代のクラウド業界をリードする5社のスペシャリストが、クラウドビジネスについて講演する。また、講座と同時開催の展示会「クラウドサービス展」にでは、多くの企業が各社のクラウドサービスを紹介する。

 『セキュアSAMBA』は、法人向けクラウドファイルサーバサービス。大きな特徴として、インターネット環境があれば、どこからでも簡単・安全にドラッグ&ドロップでファイル共有が可能な他、サーバー内のファイルを直接編集することが挙げられる。 展示ブースにおいては、『セキュアSAMBA』をデモを交えて紹介する。また、同ブースにおいて『セキュアSAMBA』を紹介するマンガ『セキュアSAMBAをよろしく』を無料配布する。『セキュアSAMBAをよろしく』とは『ブラックジャックによろしく』の作者である佐藤秀峰氏が特別に書き下ろした漫画。漫画「ブラックジャックによろしく」の主人公である研修医 斉藤先生が、指導医より院内の情報システムの管理を依頼される場面から始まる全5ページのオリジナル漫画で、クラウドファイルサーバ『セキュア SAMBA』をストーリー仕立てに紹介する内容になっている。

■クラウド経営Expo 2013 in大阪 詳細
会 期:2013年10月29日(火)10時〜17時(受付開始 9:30〜)
場 所:難波御堂筋ホール(大阪市中央区難波4−2−1難波御堂筋ビルディング)
主 催:株式会社アイ・エス・アイ ソフトウェアー
入場料:無料(講座に関しては、事前申し込みが必要。各講座100名限定) 講座の事前登録は下記ホームページより申し込みください。
詳細 URL: http://isi-grp.force.com/Expo2013?mi=389
講座申込みURL: https://isi-grp.secure.force.com/EnterExpo2013?mi=389

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | IR企業情報
2013年10月24日

マルサンアイ:0.5円増配し6.5円配を実施

■豆乳好調で増収確保、最終利益増額など通期予想を修正

 大豆を主原材料とする「みそ・豆乳」、無菌充填技術を活かした飲料など、食品製造販売のマルサンアイ<2551>(名2)は、13年9月期通期連結業績予想を修正した。

 当期は、みそ事業の売上が予想を下回ったが好調な豆乳売上が予想を上回り増収を確保、利益面では原価高、販売単価の下落で営業利益が予想を下回った。

 修正後の予想は、売上高21,975百万円(前回予想比1.8%増)、営業利益423百万円(同17.5%減)、経常利益549百万円(同12.6%増)、当期純利益329百万円(同17.3%増)

 期末配当については1株当たり0.5円増額し6.5円配当(年間)を実施する。

 なお、単体ベースの修正後予想は前年実績に比べ4.2%増収となり、利益面ではデリバティブ評価益(83百万円)、為替差益(31百万円)を計上した経常利益が大幅に増加した。

 売上高21,400百万円(前回予想比4.2%増)、営業利益381百万円(同10.4%増)、経常利益515百万円(同27.4%増)、当期純利益308百万円(同58.1%増)。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:06 | IR企業情報

夢の街創造委員会 「出前館」は10月20日の日別オーダー数44,826件を記録し、創業以来過去最高を更新

■これを記念して、「ゾロ目で、もれなくTポイント1,000pt贈呈」キャンペーンを実施

 夢の街創造委員会<2484>(JQS)が運営する出前・デリバリー総合サイト『出前館』において、2013年10月20日の日別オーダー数44,826件を記録し、創業以来過去最高を更新した。

 同社では、これを記念して、今期、出前館オーダー数の日別オーダー数の最高記録を更新した際には、告知を行い、記念キャンペーンを実施する。

 日別オーダー数の最高記録を更新した日から10日目の出前館オーダーを対象に、ユーザーに感謝を込めて、「ゾロ目で、もれなくTポイント1,000pt贈呈」キャンペーンを実施する。

 例えば、今回は10月20日に記録を更新したので、10月30日に記念キャンペーンを行う。10月30日に出前館でオーダーされた注文番号の下3ケタが「ゾロ目」の場合には、もれなく1,000ポイントを贈呈する。(ポイントの贈呈は、11月下旬を予定している。)

『出前館』(http://demae-can.com/)は、会員数約548万人、11,000店舗以上の加盟店を有し、年間オーダー数は776万件超(2013年8月末時点)を誇る、自宅やオフィスで食事をする際に便利な日本最大級の出前・デリバリーの総合サイト。サイトに訪れるユーザーは、ピザ・弁当・中華・寿司・洋食・酒・ネットスーパーなど多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや"現時点でのお届けまでの待ち時間"等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、月間約18億円の出前が 出前館を通じて行われている。注文してから、最短30分で商品が届くというスピード感のあるインターネットショッピングサイト。

 本年5月には日本最大級のジオサービス「YAhoo!ロコ」におけるサービス連携を開始しており、さらに8月からはWiiUのネットワークサービスにおけるサービス提供を開始するなど、様々なチャネルとの連携を拡大している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | IR企業情報
2013年10月23日

アスカネット:スマホで作る『ポラロイド風ミニアルバム』

■専用アプリ『patapata(パタパタ)』〜10/30サービス開始

 国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」事業を展開するアスカネット<2438>(東マ)は、このたび400円(税・送料込み)のミニアルバムを作成・注文できる無料スマホアプリ『patapata(パタパタ)を開発、10月30日(水)からサービス提供を開始する。

 新サービス『パタパタ』は、スマートフォンから写真を10枚選択して注文するとアコーディオン状のフォトカードが届くサービスで、スマホで撮影した思い出を気軽にプリントアウトして残すことができる、簡単で手頃な新しいアルバムのカタチだ。

■配る・見せる・飾る・・・「パタパタ」は折れる新しいアルバム!

 日常生活を簡単におさめるスマホ写真は内容によって、旅の記録や子どもの成長記録をはじめ、結婚式での新郎新婦紹介ツールやレシピノート、また、カフェなどのメニューやインテリアとして・・・使い方はいろいろ無限だが、ポラロイド写真を意識し、メッセージを書き込み、友達や家族にプレゼントすることもできるよう余白を残したデザインに仕上げている。

 アルバムの価格は1,500円までの価格帯が94.8%を占める現状だが、スマホからミニアルバムを作るなら「499円までが50.7%」(同社調べ)という顧客ニーズに応え400円(税込み・送料無料)に設定した。

【新アプリ『パタパタ』の概要】
 コンテンツ名:「patapata」、Apple対応機器:iPhone(5S/5C順次対応予定)、iPod touch、iPad、iOS5.1以上(iOS7順次対応予定)、Android対応機器:Android4.0以上のスマートフォンに対応、価格:無料(ミニアルバムは有料)、URL: http://patapata-photo.jp/

アスカネット:スマホで作る『ポラロイド風ミニアルバム』

>>アスカネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:11 | IR企業情報

スターティア 子会社スターティアラボは、幕張メッセにて10月23日より3日間開催されるWeb&モバイル マーケティング EXPO秋に出展

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、幕張メッセにて10月23日より3日間開催されるWeb&モバイル マーケティング EXPO秋に出展する。

 同社ブースにおいては、電子ブック制作サービス『ActiBook(アクティブック)』とアクセス解析機能『AciBook Analytics(アクティブック アナリティクス)』、AR制作サービス『COCOAR(ココアル)』を実演を交えて紹介する。

 Web&モバイル マーケティング EXPO秋は、50社以上もの企業が出展する展示会で、Web・モバイル マーケティングに関するソリューションが一堂に出展する専門展。また、同時開催される6つの展示会を含めると、約250社もの企業が出展する。

 今回出展する『ActiBook』の特徴として、電子ブックのアクセス解析結果がヒートマップの様に表示される『ActiBook Analytics』機能が標準実装している点が挙げられる。本機能は、作成した電子ブックのアクセス解析結果がヒートマップのように色付けされるため、ユーザーがどの部分を拡大しているかが一目でわかり、直感的にアクセス解析結果を把握することが可能である。これにより、電子ブック化した提案資料等の改善等を行うことが可能となり、販売促進を促すことも可能となる。

 『COCOAR』とはAR制作サービスのことで、大きな特徴として3ステップでARコンテンツを作成、差し替えしが可能なほか、任意の画像をARコンテンツの読み取り用のマーカーに設定し、動画や音楽、電子ブック等を閲覧することができる点が挙げられる。具体的には、営業資料の画像等をマーカーとして設定し、『COCOAR』を活用しコンテンツを閲覧することが可能。これにより、顧客への提案時に競合との資料の差別化を促し、販売促進を強化することが可能。

■Web&モバイル マーケティング EXPO秋の概要 会期:2013年10月23日(水) 〜10月25日(金) 10:00〜18:00
場所:幕張メッセ(国際展示場 国際会議場)(千葉県千葉市美浜区中瀬 2−T)
ブース番号:9−36
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
入場料:無料(事前申し込み不要) 詳細URL:http://www.web-mo.jp/

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:53 | IR企業情報

陽光都市開発 マチコエのASPサービスを利用した入居者コミュニティサービス及び入居者募集サイトを本格導入

■テスト運用の結果、利用者から高い評価を得る

 株式会社マチコエは、陽光都市開発<8946>(JSQ)が賃貸管理する横浜みなとみらいエリアの単身者向けマンション「グリフィンシリーズ」で、入居者コミュニティサービス及び入居者募集サイトのテスト運用を共同で行ってきた。

 テスト運用の結果、利用者から高い評価を得ることができたため、平成26年1月より、陽光都市開発が管理する他のエリアの「グリフィンシリーズ」についても段階的にサービス導入を進め、入居者の生活満足度向上と入居者募集の強化を図る。

 マチコエのASPサービス「物件サロン」は、地域情報(入居者が投稿する口コミ、近隣の商業施設が発信するお得な情報等)の他、フリーマーケット、賃料ポイントといった各種付加サービスを提供することができる入居者コミュニティサービス。「物件サロン」を活用することで、賃貸管理会社は自らシステムを開発・運用することなく、低コストかつ短期間で入居者コミュニティサービスを始めることができ、入居者の生活満足度向上が期待できる。陽光都市開発がテスト運用した物件では、月間で9割を超える入居者の高いアクティブ利用率が確認された。また、「物件サロン」を介して、入居者、賃貸管理会社、地域(街)の交流促進が期待でき、大規模災害等が発生した場合の非常時における情報インフラとしての活用も検討する。

 マチコエのASPサービス「物件ガイド」は、物件に関する豊富な写真や映像、充実した地域の情報、入居者(物件サロン会員)からの物件や地域に関する口コミ情報を掲載することで、その物件に住むことを検討している見込み客に、物件の魅力を伝えることを目的とした賃貸付け促進を図る入居者募集サイト。このサイトを利用することで、賃貸管理会社は物件の魅力を、より効率よく見込み客に伝えることが期待できる。また、見込み客は、事前に物件や地域の情報を入手することで、自分の希望に合致した物件を選びやすくなる。陽光都市開発がテスト運用した物件では、遠方の見込み客が「物件ガイド」を見ることで、現地を内見せずに申込む等、営業現場での販促効果を確認することができた。

 今後、陽光都市開発とマチコエは、同じ横浜を商圏とする他の賃貸管理会社に対しても、マチコエのASPサービスの共同利用を提案し、入居者コミュニティサービスの拡大を目指す。

>>陽光都市開発のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:41 | IR企業情報

フライトホールディングスのクレジットC決済システム穴吹コミュニティが採用

■専有部分の小工事、物品販売の工事代金回収時など決済に活用

 フライトホールディングス<3753>(東マ)の100%子会社フライトシステムコンサルティングは、同社のiPhoneを利用したクレジットカード決済システム「ペイメント・マイスター」が、大京グループでマンション管理業を手掛ける穴吹コミュニティ(本社 香川県高松市、代表取締役社長 豊田耕三、以下穴吹コミュニティ)で採用されたと発表した。

 ペイメント・マイスターは、三菱UFJニコス株式会社と同社が共同開発したiPhone・iPadを活用したクレジットカード・銀聯カード決済ソリューション。小売業、ホテルチェーン、高級ブティック、社外イベントなど、多種多様な企業で導入の実績があり、導入を開始した法人が次第に拡大している。

 穴吹コミュニティは、このたびカスタマーサービス担当者(以下CS担当者)が入居者専有部分で実施した諸小工事や物品販売の工事代金回収時にペイメント・マイスターを利用し決済を開始した。

 具体的には、穴吹コミュニティの社員が社用携帯として導入しているiPhoneに決済専用アプリペイメント・マイスターをインストールし、プリンター一体型のカードリーダー(モバイルプリンター)とBluetooth接続して使用している。

 ペイメント・マイスターの特徴は、どこにでも持ち運べる手軽さとセキュリティの高さにあり、顧客のパスワード管理や暗号化処理は日本クレジットカード協会のセキュリティガイドラインに準拠した決済システム。プリンター側で読み取ったカード情報は暗号化されてiPhoneに転送され、顧客はiPhone画面で金額の確認と決済を行う。決済内容はその場でプリントアウトされ、カード情報やパスワードは端末に一切残らないように安全に処理される。

 なお、今後穴吹コミュニティでは、全国のCS担当者への取扱説明を終了後、随時導入を進める予定。

フライトホールディングスなど3社:Windows版モバイルクレジット決済ソリューション構築

>>フライトホールディングスのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:17 | IR企業情報

日本エンタープライズ NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供開始

■今後は毎月2種類ずつ新しいゲームを追加

 日本エンタープライズ<4829>(東2)は、NTTドコモのスマートフォン向け定額サービス「スゴ得コンテンツ」向けに、誰もが気軽に楽しめるゲームポータルサイト「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供を開始する。

 「ちょこっとゲーム forスゴ得」は、電車の中や休憩時間など、暇な時に、誰でも簡単に遊べる定番・ミニゲームを配信するゲームポータルサイト。まずは、リバーシやソリティアなど、人気ゲーム6種類を取り揃え、今後は毎月2種類ずつ新しいゲームを追加していく。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | IR企業情報

P&Pホールディングス モニター&サンプルサイト「もにったー」で「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始

 P&Pホールディングス<6068>(JQS)が運営しているおトクに楽しいモニター&サンプルサイト「もにったー」は、マンガNO.1の電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブ ジャパン(以下eBookJapan)との共同で、「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始する。

 「もにったー」は、様々な商品やサービスをおトクにお試しできるモニターサイトであり2011年のサイト開設以降、すでに170社を超える企業の商品をPRしている。

 eBookJapanは国内最大級の総合電子書店で、16万冊を超える電子書籍を取り扱っている。特にマンガに関しては取り扱い冊数9万冊を超える圧倒的な品揃えである。

 また、WEB上で蔵書管理ができる「トランクルーム」機能、スマートフォン・タブレットなどにブックリーダーアプリのインストールが不要で、ブラウザで読書ができる「ブラウザ楽読み」機能など、高いユーザビリティをユーザーに提供している。

 今回のキャンペーンは、「もにったー」内のサービスである、消費者がお届けに関する配送費の負担だけで希望の商品が試せる「トクもに」の10月度申込者を対象に、eBookJapanの電子書籍を購入できる「eBook図書券(525円分)」を商品に同梱して届ける内容となっている。

■キャンペーンについて
2013年10月23日(金)配送分より同梱を開始。
配布予定出荷数量に達し次第、予告なくキャンペーンを終了することがある。

>>P&PホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | IR企業情報
2013年10月22日

フライトホールディングスなど3社:Windows版モバイルクレジット決済ソリューション構築

■安全で顧客満足度高いサービス、年内に提供開始

 フライトホールディングス<3753>(東マ)の100%子会社株式会社フライトシステムコンサルティング(フライトシステム)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)、株式会社エスキュービズム(エスキュービズム)の3社は、法人向けWindows8タブレット「HP Elite Pad900」を活用したモバイルクレジット決済ソリューションを共同で構築すると発表した。サービスの提供開始は、本年中を予定している。

 インターネットショッピングマーケットの急拡大に伴い、多くの小売業店舗でタブレット端末など汎用的なモバイル機器を導入する動きが加速している。これは、従来型の専用端末に比べ、タブレット端末が複数のアプリケーションを搭載できるため、1台の端末で接客・決済・商品管理など多様な業務に活用できるメリットがあり、事業者にとっては運営の効率化に直結する点でチャームポイントとなっている。

 特に、Windows OS以外の端末を業務で利用するには、システム開発、既存システムとの連携、セキュリティ確保のために、新たな投資を必要とするケースが多いのが現状だ。

 こうした事情を踏まえ、このたび3社が共同して構築するシステムは、エスキュービズムが開発する売上管理、商品・多店舗在庫管理や顧客管理といった

 タブレット向けPOS システム「EC−Orange POS(EC オレンジポス)」と、フライトシステムが開発するクレジット決済ソリューション「ペイメント・マイスター」を日本HP の「HP ElitePad 900」と装着型の「HP ElitePad 900 リテールジャケット」に連携したもので、接客から精算、クレジットカード決済までの一貫したモバイル決済が、「HP ElitePad 900」だけで可能になり、店頭以外、外出先、イベント会場など場所を問わず顧客サービスを完璧に提供できるとともに、Windows 8 を搭載した「HP ElitePad 900」の活用で、Windows 上で構築した既存の基幹システムやアプリと連携できるので導入コストを抑え効率化が図れる。

 クレジット決済センターは、三菱UFJ ニコスへの接続を予定しており、日本クレジットカード協会の「スマートフォン決済の安全基準に関する基本的な考え方」に準拠した高いセキュリティ環境を確保し、インターネット経由でクレジットカードの高速処理を実現、安全性、顧客満足度の高いサービスの提供を目指す。

>>フライトホールディングスのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:19 | IR企業情報

アールテック・ウエノ 中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウムで、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表される

■2年間の経過観察において、視機能は治験前よりは依然として改善

 アールテック・ウエノ<4573>(JQS)が網膜色素変性治療薬として開発中のウノプロストン(開発コード: UF−021)について、平成25年(2013)年10月13日から中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウム(以下ISCEV 2013)において、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表された。

 千葉大学大学院医学研究院眼科学の中村洋介助教は、「網膜色素変性に対するUF−021点眼液24週間投与の第2相臨床試験が終了した後、大学自主研究として治験に参加した22名の患者において、2年間にわたる視機能変化の経過観察を実施した。24週間のUF−021投与により改善した視機能は、投与終了後減弱したことにより、視機能改善はUF−021の効果と考えられた。また、2年間の経過観察において、視機能は治験前よりは依然として改善していたことから、UF−021による視機能維持効果が長期に持続している可能性が示唆された。」と発表された。

 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード: UF−021)点眼液は、2010年2月に第2相臨床試験を完了し、中心部網膜感度が改善する患者の数を増やせると期待できるような結果が得られた。現在、国内において第3相臨床試験を実施しており、この度症例登録が完了した。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | IR企業情報

ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場

■ファミリーレストランのメニュー材料として石垣産ユーグレナが使用されるのは初めて

 ユーグレナ<2931>(東マ)は、セブン&アイ・フードシステムズの安心・安全・やさしさをお届けするレストラン「デニーズ」が10月29日(火)より提供するメニュー『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』に、同社が生産、販売する石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)が食材として採用されることを発表した。なお、ファミリーレストランのメニュー材料として石垣産ユーグレナが使用されるのは初めてとなる。

 今回の石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』は、栄養アドバイザー石坂優子氏監修の美と健康に良いものを取り入れたハンバーグ御膳。ハンバーグは豚ひき肉をベースに、生活改善に役立つ「まごわやさしい」食材と59種類の栄養素を含む「石垣産ユーグレナ」を加えた栄養バランスの良い仕上がりとなっており、ゆずの香りがする和風だしの銀あんかけ。またハンバーグの下には塩麹で蒸したホウレン草、レタス、パプリカなどの10種の野菜を敷き、素材そのものがもつ食感や風味を生かしながら野菜を楽しめるように工夫している。なお本メニューは「デニーズ」にて提供される美・健康メニュー全6品のうちの1つとして登場する。

ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催

■日本の書籍を一堂に会して紹介する機会を望む韓国出版社からの強い要望に応えて実施

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)と子会社のソウル現地法人CREEK & RIVER KOREA Co.,Ltd . (本社:韓国ソウル、代表取締役社長:朴在弘、以下CRK)は、10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催する。

 このブックフェアは、日本の人気新刊書籍を中心に70タイトルほどを展示し、韓国出版社の著作権担当者、編集者を招待して、日本書籍の翻訳出版について商談を行なう内容となっている。日本の書籍を一堂に会して紹介する機会を望む韓国出版社からの強い要望に応えて、実施することになった。日本から文芸作品、ビジネス書、児童書、実用書等の分野の書籍を展示し、同社およびCRKの担当エージェントが、それぞれの書籍の内容や、日本での売上や人気度、韓国で販売する場合の希望単価・部数等を説明し、日本の出版社に代わって契約交渉を行う。

 日本から書籍を出展する出版社は、PHP研究所、新潮社、中経出版、総合法令出版社、ポプラ社、岩崎書店等17社。韓国の出版社約30社が集まり、自社の志向性と合う書籍について、同社とCRKのエージェントが直接相談を行う。

 同社およびCRKは、本年6月に韓国ソウルで行なわれた「第19回ソウル国際ブックフェア2013」に出展し、数多くの韓国出版社の担当者に日本の書籍を展示説明して50件以上の商談をおこなった。そのことをきっかけとして今年5月、韓国で60万部以上を売り上げた大ベストセラー『チェ・コーチのワンジョン・ダイエットときめき「弾力ボディメイク」4週間ひきしめプログラム』(チェ・ソンジョ著/メイツ出版)の日本での発刊プロデュースや、6月には「心を高める、経営を伸ばす(韓国語版)」(稲盛和夫著/韓国経済出版社)を韓国に版権エージェントして発刊する等の実績を上げている。

 同社は2001年8月、ソウル現地法人CREEK & RIVER KOREA Co.,Ltd.を設立し、クリエイター・エージェンシー事業を展開している。現在では上海現地法人のCREEK & RIVER SHANGHAI Co.,Ltd.、さらに北京営業所と連携して、日本・中国・韓国・台湾間で出版物の版権を扱う出版エージェンシー事業を積極的に展開している。事業開始からこれまで、日本の出版物の中国、韓国、台湾での成約冊数も実用書、ビジネス書、小説等1,000冊を超えている。

クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | IR企業情報
2013年10月21日

アールテック・ウエノ 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験症例登録完了

■試験の結果も重大な副作用の報告はなく、中止例も少なく、極めて順調に進行

 アールテック・ウエノ<4573>(JQS)は、同社が開発を進めている網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験の症例登録が完了した。

 現在有効な治療法が確立していない難病である網膜色素変性に対するウノプロストン点眼液の第3相臨床試験を、平成25年3月より全国の38の医療機関の協力を得て実施している。第3相臨床試験は登録目標を180症例として実施しているが、予定よりも早いペースで症例登録が完了した。

 症例登録が早期に完了し、すでに実施している試験の結果も重大な副作用の報告はなく、中止例も少なく、極めて順調に進行している。そのため、平成26年度内には無作為化二重遮蔽比較試験を完了し、承認申請を行う予定。

 同社の代表取締役社長眞島行彦氏は、予定よりも早いペースで症例登録が完了したことについて、「この度、第3相臨床試験の症例登録が完了したことを大変嬉しく思います。本試験は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)による大規模な支援をはじめ、本難病の克服に挑戦されている多くの眼科医や患者様の多大なるご支援により実施しております。今後も皆様方のご協力を得ながら、臨床試験を進めて、一日も早く本治療薬を待ち望まれている多くの患者様のお手元へお届けできるよう、努力してまいります。」と語っている。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | IR企業情報
2013年10月20日

エフティコミュニケーションズ 子会社アントレプレナーはアレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表

■アレクソンは、有線放送機器及びTA機器等の製造販売、IP電話サービス対応機器やブロードバンドサービスに対応するシステムソリューションを提供

 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS)の子会社であるアントレプレナーは、アレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表した。同社にとっては孫会社となる。

 同社の連結子会社であるアントレプレナーは、同社グループのベンチャー企業の支援・育成・投資事業を担う企業として、様々なサービスを提供している。

 一方、アレクソンは、有線放送機器及びTA機器等の製造販売並びに中小規模企業やSOHOの顧客に対し、IP電話サービス対応機器やコンピュータウイルス・スパムメールから企業ネットワークを守る統合セキュリティ機器等、ブロードバンドサービスに対応するシステムソリューションを提供している。

 今回、アントレプレナーは、アレクソンとの強固な関係を築き両社の事業拡大を推進することを目的として、アレクソンの株式を全体の90.1%である21万6,802株取得し、子会社化することを決定した。アントレプレナー及び同社グループが持つ情報通信機器等の販売チャネルとアレクソンが持つIT技術・デジタル領域での製品の企画・製造力を組み合わせることで両社の業容拡大を目指す。

 アラクソンの2013年3月期の業績は、売上高16億3百万円、営業利益1億10百万円、経常利益1億3百万円、純利益57百万円であった。過去3期の業績はいずれも黒字であり、安定している。

 株式譲渡契約締結日は10月下旬、取引実行日は11月上旬を予定している。取得価額については、相手先との契約の関係で非公表としている。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 02:59 | IR企業情報
2013年10月18日

スターティア マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展

■社内IT保守サービス『ネットレスQ』、AR制作サービス『COCOAR』を紹介

 スターティア<3393>(東マ)と子会社のスターティアラボは、マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展する。

 スターティアブースでは、社内IT保守サービス『ネットレスQ(ネットレスキュー)』を展示し、スターティアラボブースでは、AR制作サービス『COCOAR(ココアル)』を紹介する。

 大阪勧業展2013は、大阪府内の優秀な中小企業等が一堂に集まり、参加者のビジネスチャンスの拡大、企業間における幅広い交流の促進を図り、大阪府内の地域経済の活性化に資する展示会である。

 出展する『ネットレスQ』は、中小企業向け社内IT保守サービスのことで、同社指定のファイアウォール機器を導入している顧客を対象に、月額3000円でサービスを提供する。例えば、パソコンやプリンタといったITネットワーク周辺機器にトラブルが発生した際に、同社エンジニアが訪問し、復旧作業を行う。このサービスの特徴として、同社より導入したITネットワーク周辺機器以外のトラブルも保守するという点が挙げられ、専任のシステム担当者がいなくても、早期に社内のIT ネットワークのトラブルを解消できる。

 『COCOAR』とはAR制作サービスのことで、特徴として、わずか3ステップでARコンテンツを作成、差し替えが可能なほか、任意の画像をARコンテンツの読み取り用のマーカーに設定し、動画や音楽、電子ブック等、様々なコンテンツを閲覧することができる点が挙げられる。具体的には、紙媒体で利用している営業資料の画像等をマーカーとして設定し、コンテンツを閲覧することが可能となる。これにより、営業提案時に競合との資料の差別化を促し、販売促進を強化することが可能である。

 尚、スターティアブースでは、この他に、中小企業向けクラウドサービス『デジタリンククラウド(URL:http://cloud.digitalink.ne.jp/)』の展示、スターティアラボブースにおいては電子ブック制作サービス『ActiBook(アクティブック)(URL:http://ebook.digitalink.ne.jp/)』や、Web サイト制作・運用サービス『CMS Blue Monkey(シーエムエスブルーモンキー)(URL:http://cms.digitalink.ne.jp/)』も同時に展示する。

■大阪勧業展 2013の概要
会期:2013 年10 月23 日(水) 10:00〜17:00
2013 年10 月24 日(木) 9:30〜16:00
場所:マイドームおおさか 展示ホール 1 階〜3階(大阪市中央区本町2−5)
(スターティアブース:ブースNo:L ブース番号:26)
(スターティアラボブース:ブースNo:L ブース番号:17)
主催:大阪商工会議所、堺商工会議所、大阪府商工会連合会
入場料:無料(事前申し込み不要)
詳細URL:http://www.osaka.cci.or.jp/kangyo2013/index.html

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | IR企業情報

トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売

■生地のソフトな風合いとブラインドのスラットのような調光機能を併せ持つ調光ロールスクリーン

 トーソー<5956>(東2)は、調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売する。

 「ラクーシュ」は、生地のソフトな風合いとブラインドのスラット(はね)のような調光機能を併せ持つ調光ロールスクリーン。室内側・室外側の薄地(ボイル)と厚地を特殊な織り方で1枚に仕上げたファブリックを使用しており、スクリーン側面から見ると、まるで内外の薄地を橋渡ししたように見える厚地の角度を変えることで調光するしくみとなっている。

 生地はポリエステル100%で、6色をラインナップ。全色防炎品かつホルムアルデヒドの放散量が少なく安全とされるF☆☆☆☆認定品(インテリアファブリックス性能評価協議会の基準に基づいたホルムアルデヒド対策認定品。)なので安心して使用できる。

 従来のロールスクリーンにはない柔らかさ、しなやかさが、ワンランク上の洗練された空間を生み出す。

トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | IR企業情報

物語コーポレーション:上期前半動向は売上高・来店客数ともに連月増加

■全店舗が前年比13.2%(売上高)、6.6%(来客数)増と好調続く

 業績好調が続く物語コーポレーション<3097>(東1)の9月月次状況(速報)は、全店舗(FC店・新店舗含む)売上高が前年同月に比べ111.4%、来客数同105.0%となり、上半期前半(7月〜9月)累計では、前年同期比で売上高13.2%、来客数6.6%、それぞれ増加し好調であった。

 既存店(215店舗)累計実績で見ると、売上高(3.0%)、来客数(0.5%)それぞれ増加したものの、部門により斑な動きとなりやや伸び悩みが見られた。特に、例年に比べ9月中も暑い日が続いたことが伸び悩み要因となり、お好み焼き売上高(96.3%)、来客数(90.2%)となった。一方、専門店部門は来店客数が毎月2ケタ伸び、9月は売上高(114.5%)、来客数(116.2%)と好調に推移したことが注目される。

 9月度末の店舗数は、焼肉部門が2店舗(直営・FC各1店)増加し110店舗(直営店70・FC店40店)、ラーメン部門直営店舗1減・FC店舗1増で106店(同32・74)、お好み焼き44店(同17・27)、専門店直営5店舗で265店舗(直営店124店・FC店141店)となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:48 | IR企業情報