[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/06)テラ 学校法人北里研究所と共同研究契約を締結
記事一覧 (10/05)ヨコレイ:都城物流センター、第二センター7日に起工式
記事一覧 (10/04)ミロク情報サービス 5年間無料プログラム保証付きの青色申告ソフトなど「ミロクのかんたん!シリーズ8」を新発売
記事一覧 (10/03)パシフィックネット 10月12日(土)にPC−NETアキバ本店をオープン
記事一覧 (10/03)ミロク情報サービス 「MJS DAY」を10月26日(土)に味の素スタジアムで開催
記事一覧 (10/03)キーウェアソリューションズ ハイブリットシンクライアント仮想USBコントロールシステム「HTVUCS」の販売を2日より開始
記事一覧 (10/03)スターティア SFAと子会社スターティアラボが提供するホームページ作成サービス「CMS Blue Monkey」との連携機能を、2013年10月より新たに追加
記事一覧 (10/02)ケンコーマヨネーズ 10月6日(日)より毎週日曜日あさ8:25から、ABCラジオで同社冠番組『サラダトーク〜お仕事カフェ〜』をスタート
記事一覧 (10/02)日本アジアグループ:和歌山県橋本市において太陽光発電所開発へ
記事一覧 (10/02)カーリットホールディングス設立を発表
記事一覧 (10/02)ワークマン 9月の月次速報値を発表、客単価5か月ぶりにプラスに転ずる
記事一覧 (10/01)パシフィックネット ITセキュリティに関する日本最大級の展示会「第3回情報セキュリティEXPO【秋】」に出展
記事一覧 (10/01)ユーグレナ 本日10月1日に自社ホームページの外国語版をリニューアル
記事一覧 (10/01)ピーエイ 10月19日(土)富山県民共済センター(サンフォルテ 2Fホール)で「とやま就職・転職フェア」を開催
記事一覧 (10/01)テクマトリックス 医療分野の事業が順調に拡大しているため、札幌営業所を新設
記事一覧 (09/30)ピーエイ 10月26日に「いしかわ就職・転職フェア」を開催
記事一覧 (09/30)キムラユニティ:北米子会社で、新倉庫建設・増資(全額出資)決める
記事一覧 (09/30)ミロク情報サービス 「第38回全国統一研修会・広島大会」開催
記事一覧 (09/30)パイプドビッツ テレビ北海道が「スパイラル(R)」を9月27日に導入
記事一覧 (09/29)トーソー 人気のベーシックシリーズ「コルト」に新オプションを追加、10月1日より全国販売スタート
2013年10月06日

テラ 学校法人北里研究所と共同研究契約を締結

■肝細胞がんに対するがん抗原を用いた樹状細胞ワクチン療法の第T相臨床試験を開始

 樹状細胞ワクチン療法のテラ<2191>(JQS)は、 学校法人北里研究所(所在地:東京都港区)と共同研究契約を締結した。

 この共同研究契約に基づき、テラは北里大学北里研究所病院(以下「北里研究所病院」)と共同で、肝細胞がんに対するがん抗原を用いた樹状細胞ワクチン療法の第T相臨床試験を開始する。

 共同臨床試験に用いるがん抗原は、韓国のJWクレアゼン社(所在地:大韓民国京畿道城南市)が独自に開発した、薬物伝達ペプチドであるCTP(Cytoplasmic Transduction Peptide)が付加された肝細胞がんに対するがん抗原。CTPは、タンパク質やペプチドに結合させることで、 細胞膜への透過率を高めることできる技術。共同臨床試験では、CTPを結合させた肝細胞がんに対するがん抗原を用いた樹状細胞ワクチン療法の安全性を確認する。

 共同臨床試験は、北里研究所病院外科医長の鈴木慶一氏が試験責任医師としてこれを統括・実施する。テラは、樹状細胞ワクチン療法の技術・ノウハウ及び各種基礎データを保有しており、これらを本共同臨床試験に提供する。

 テラと北里研究所病院は、今回の共同臨床試験において、樹状細胞ワクチン療法の科学的根拠に基づいたデータの構築を進め、安全性の評価を行う。

>>テラのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:16 | IR企業情報
2013年10月05日

ヨコレイ:都城物流センター、第二センター7日に起工式

■最新鋭設備のサービスで地元要望応え、産業振興に一役

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は、宮崎県都城市高木町に新設を決めていた「都城第二物流センター(仮称)」は、10月7日(月)起工式を行い、着工する。完成は来年10月の予定。

 宮崎県南部は、イモ類を中心とした農産品、鶏・豚など畜産品の一大産地であり、また食料品メーカー、農業生産法人が多く、国内有数の食品供給拠点である。さらに、宮崎県・都城市は、農産品、畜産品を中心とした産業振興に積極的に取組んでこともあり、同地区での低温物流施設の強化を求める動きが年々高まっている。

 同社はこうした地元の要望に応え最新鋭設備を備えた倉庫施設を新設し、地域へのサービス提供を拡充、地域振興に一役果たすことを目指す。

 第二物流センターの設備の特徴は、自然対流の長所を生かしながら微細な温度調節ができるRD冷却法を採用、さらに、選別作業などができる多目的スペースを各階に配置するなど、地域の商品特性にマッチした施設。

【施設の概要】
 構造・規模:1)鉄筋コンクリート造4階建、建築面積約4,100平方メートル(1,200坪)、敷地面積約8,700平方メートル(約2,600坪)、2)収容能力約18,000トン(F級=冷凍約14,500トン、C&F級=冷蔵&冷凍約1,000トン、C級=冷蔵約2,500トン)、3)凍結庫24トン/日×2室

>>ヨコレイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:57 | IR企業情報
2013年10月04日

ミロク情報サービス 5年間無料プログラム保証付きの青色申告ソフトなど「ミロクのかんたん!シリーズ8」を新発売

■来年4月からの消費税率引き上げにも対応

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、個人事業主、小規模企業向けの業務用ソフトウェアの最新版「ミロクのかんたん!法人会計8、会計8、青色申告8(5年保証付き通常版)、青色申告8(5年保証付き乗換版)、給与8」を12月6日(金)より発売する。

 「ミロクのかんたん!シリーズ8」は、販売仕入、・法人会計・会計・青色申告・給与の5種の業務ソフトウェアをラインナップしている。

 この製品シリーズは、個人事業主や小規模企業における各種業務をより速く正確に遂行することを可能とし、初心者にも分かりやすく、直感的な操作性に優れていることが特長。また、平成26年4月に施行される消費税率8%への引き上げにも対応し、新たな税制にもスムーズに移行することが可能。

 政府より平成26年4月から消費税率を8%に引き上げることが正式に発表された。「ミロクのかんたん!販売仕入8、法人会計8、会計8、青色申告8」は消費税率8%、更に平成27年10月から施行が予定される消費税率10%に対応し税率が移行する際にも業務をスムーズに進めることができる。

 青色申告ソフトは、毎年の税制改正に伴い、年に一度バージョンアップが行われる。「ミロクのかんたん!青色申告8」は、ミロクのかんたん!青色申告7で好評だった、ユーザー登録後5年間は追加費用の負担無く、毎年の税制改正に対応した最新プログラムを利用できる「5年間無料アップデートサービス」を継承している。毎年の税制改正、段階的な消費税率の引き上げにも5年間追加費用なく利用することが可能。

 「ミロクのかんたん!シリーズ8」は、これまでのシリーズに比べ、より直感的に操作しやすいようにメニュー画面のデザインを刷新した。簡単な初期設定やアシスト機能により安心して操作できる。また、ミロクの安心!サポートでは、最新プログラムの提供、電話サポートサービスをはじめオンラインサポートメニューなど多彩なサポートメニューを用意している。

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:17 | IR企業情報
2013年10月03日

パシフィックネット 10月12日(土)にPC−NETアキバ本店をオープン

■多くの来店客が楽しめる数々の商材を取り揃えたPCNETの新たな旗艦店

 パシフィックネット<3021>(東マ)は、10月12日(土)にPC−NETアキバ本店をオープンすることを決定した。

 PCネットアキバ本店は中央通りの中ほどに位置する好立地で、多くの来店客が楽しめる数々の商材を取り揃えたPCNETの新たな旗艦店として10月12日にスタートする。

 PC−NETアキバ本店では、パソコン、携帯電話、スマートフォン、デジタル家電の高価買取を行う一方で、中古パソコン、中古携帯電話、アウトレットPC、PC周辺機器、雑貨、サプライ品、おもしろグッズ、マイクロソフト認定の中古パソコン(MARパソコン)、今話題の中古携帯電話や中古スマートフォン等数多くの商品を揃えている。

 また、買い物を楽しめるようなジョーク雑貨やパソコン・携帯サプライ品も格安で販売する。セール内容に関しては、随時、同社ECサイト「PCネットU−STATION」の店舗ページ(http://used.prins.co.jp/shop/akibahonten/)で公開する。

■PCNETアキバ本店の概要
店名:PCNETアキバ本店
住所:〒 101−0021 東京都千代田区外神田3−14−8 新末広ビル
TEL/FAX:03−3526−5606/03−3526−5608
オープン:2013年10月12日(土)午前10時オープン
営業時間:午前11時30分〜午後8時 *12日のみ午前10時開店
URL:http://used.prins.co.jp/shop/akibahonten/

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | IR企業情報

ミロク情報サービス 「MJS DAY」を10月26日(土)に味の素スタジアムで開催

■MJSのシステムを利用している会計事務所及び企業での利用者1,000名を招待、当日の一般来場者、先着1,000名へオリジナルタオルマフラーをプレゼント

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、メインパートナーシップ契約を締結している「日テレ・ベレーザ」と協力し、今シーズン第2回目となる「MJS DAY」を10月26日(土)に味の素スタジアムで開催する。

 同イベントでは、MJSのシステムを利用している会計事務所及び企業での利用者1,000名を招待すると同時に、当日の一般来場者、先着1,000名へオリジナルタオルマフラーをプレゼントする。

 MJSは、CSR活動の一環として、2008シーズンより「東京ヴェルディ」とパートナーシップ契約を結んでいる。2011シーズンからは、さらに女子チーム「日テレ・ベレーザ」と「東京ヴェルディユース」を含めて、4年間のメインパートナーシップ契約を締結した。

 「MJS DAY」は日頃からMJSシステムを利用している顧客への感謝を込めて、会計事務所、企業(首都圏所在)を「日テレ・ベレーザ」のホームゲームに招待し、名門クラブチームをサポーターや地域の人々と共に応援することで、より多くの顧客にスポーツ振興や青少年の育成に関心を持ってもらうことを目的としている。

■日程:2013年10月26日(土)
 「日テレ・ベレーザ vs INAC神戸レオネッサ」10時開場 11時30分キックオフ
■場所:味の素スタジアム(東京都調布市西町376−3)

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:28 | IR企業情報

キーウェアソリューションズ ハイブリットシンクライアント仮想USBコントロールシステム「HTVUCS」の販売を2日より開始

■従来のPC端末とほぼ変わらない拡張性や機能面での利便性を維持しつつ、セキュリティとガバナンスの両立を実現

 キーウェアソリューションズ<3799>(東2)は、システム管理者の一元管理によるアクセス制御で、HP製シンクライアントでのUSBデバイス利用を管理するハイブリットシンクライアント仮想USBコントロールシステム「HTVUCS(エイチティーバックス)」(以下 本製品)の販売を2日より開始した。

 現行の情報システム、特に公的関係のシステムでは、2年後に本格導入されるマイナンバー制度に対応するために、主たる運用先である自治体・官公庁だけでなく、マイナンバーを含む特定個人情報を取り扱う民間企業及び団体においても、既存システムのセキュリティならびにガバナンスの強化が求められることが想定される。本来、シンクライアントに代表される仮想デスクトップ環境は、マイナンバー制度導入後も対策が求められる「標的型攻撃に強い基盤」を提供できるとされているが、一方で、従来のPC端末で利用可能であった機能、特にUSBデバイスの利用制限により、利用者の運用が阻害され、利用者の作業性・生産性を落とす懸念がある。本製品は、シンクライアント / 仮想デスクトップ環境において、従来のPC端末とほぼ変わらない拡張性や機能面での利便性を維持しつつ、セキュリティとガバナンスの両立を実現する。

 なお、本製品は、世界No.1の販売実績があり信頼性の高いHP製のエンベデットタイプのシンクライアント端末において、最適なパフォーマンスが得られるように、開発・調整している。

 今後3年間で10万本のHTVUCSライセンス販売を見込んでいる。

>>キーウェアソリューションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | IR企業情報

スターティア SFAと子会社スターティアラボが提供するホームページ作成サービス「CMS Blue Monkey」との連携機能を、2013年10月より新たに追加

■従来別々の機能として利用されていた営業支援サービス(SFA)とホームページ作成サービス(CMS)をワンストップで連携

 スターティア<3393>(東マ)は、同社で提供しているSFA(営業支援サービス)「Digit@Link Knowledge Suite(デジタリンク ナレッジスイート)」と、子会社スターティアラボが提供するホームページ作成サービス「CMS Blue Monkey(シーエムエス ブルーモンキー)」との連携機能を、2013年10月より新たに追加した。

 連携により、従来別々の機能として利用されていた営業支援サービス(SFA)とホームページ作成サービス(CMS)をワンストップで連携させ、 WEBサイトのフォームに入力された見込客データを自動的にSFAに取り込み、その後のクロージング活動までワンストップで管理することが可能になった。

 WEBサイトを活用した集客や、SFAを活用した営業案件管理を行う企業は少なくないが、中小企業の中にはWEBからの問合せを表計算ソフトで管理しているというケースも多く、迅速な手が打てず、営業フォローが疎かになってしまうなど、課題が多いのが現状。そうした企業から「WEBサイトを活用した集客とSFAを活用した営業案件管理を円滑に行いたい」という要望が多く寄せられたことから、今回の連携機能の追加となった。連携により、WEB集客から営業案件管理までを一括で行うことができるようになっただけなく、WEBフォームに入力したデータをリアルタイムで集計・分析・可視化することも可能となった。同社では、今後も顧客ニーズに合わせ、他サービスとの連携も視野に入れ、ワンストップソリューションの提供を行っていく。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:24 | IR企業情報
2013年10月02日

ケンコーマヨネーズ 10月6日(日)より毎週日曜日あさ8:25から、ABCラジオで同社冠番組『サラダトーク〜お仕事カフェ〜』をスタート

■あらゆる業界のプロフェッショナルに生き方や仕事の流儀を伺い、リスナーに仕事や生き方のヒントを伝えていく

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、10月6日(日)より毎週日曜日あさ8:25から、ABCラジオで同社冠番組『サラダトーク〜お仕事カフェ〜』をスタートする。

 番組では、あらゆる業界のプロフェッショナルに生き方や仕事の流儀を伺い、リスナーに仕事や生き方のヒントを伝えていく。また、「健康の差し入れ」として「特製サラダ料理」を提案するコーナーもあり、レシピは番組ホームページに掲載予定。

 同社発祥の地である神戸やサラダカフェ店舗の多い関西地域の方々へ、同社グループをもっと身近に感じてほしいとの思いのもと、近畿広域圏をカバーしているABCラジオで放送する。

 特長を活かした「サラダ料理」は、ゲストに合ったものを隔週で提案しながら、リスナーにもぜひ食べてほしいメニューを紹介する。1 回目のサラダ料理は「サラダスタイルde 餃子」で、餃子で使用する食材を分けてサラダ風にして食べる新しいアレンジレシピ。

<番組詳細>
■放送局 :ABC ラジオ(朝日放送)(1008kHz)
■番組名 :『サラダトーク〜お仕事カフェ〜』
■放送時間 :毎週日曜日 あさ8:25〜8:40
・【内容】ゲストトーク&サラダ料理試食
・番組ホームページにも連動
■放送開始日:平成25 年(2013 年)10 月6 日(日)〜
■パーソナリティ− :北川 智美氏(所属:セイ プロダクション)
■第1・2回ゲスト:プロ野球解説者 濱中 治氏

ケンコーマヨネーズ 10月6日(日)より毎週日曜日あさ8:25から、ABCラジオで同社冠番組『サラダトーク〜お仕事カフェ〜』をスタート

>>ケンコーマヨネーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | IR企業情報

日本アジアグループ:和歌山県橋本市において太陽光発電所開発へ

■官民一体となった"防災まちづくり"に貢献

 グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下の国際航業並びに、国際ランド&ディベロップメントは、和歌山県が公募を行った「ダイオキシン類汚染無害化処理対策地における太陽光発電所設置事業者」に選定され、今回同県が所有する未利用地を活用して「(仮称)和歌山・橋本太陽光発電所」開発に取組む。

 本事業は、事業計画(適切性、安全性、賃料)、事業遂行(経営の安定性、実績、円滑な施工)、波及効果(施工時の地元企業連携)、地域活性化策などを選定基準とした公募で、同グループは事業の性格を踏まえ、同県の防災政策に貢献できる施策を念頭に置き、(1)環境学習の支援(見学施設・設備の設置、見学会実施)、(2)非常用電源の提供、(3)防災対策及びまちづくりを内容とする提案を行った。本事業は「官民一体」で推進する性格が強く、同グループが進める安心で安全、そして持続可能な「グリーン・コミュニティ」の形成を視野に入れた象徴的な事業となる。

 「(仮称)和歌山・橋本太陽光発電所」は、出力714kW、一般家庭の約200世帯、CO2削減量428t(杉30,000本分)に相当する規模の太陽光発電所。着工12月、竣工14年3月(予定)。

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | IR企業情報

カーリットホールディングス設立を発表

■新に上下水道施設設計の分野で事業展開を図るために、一級建築士事務所を子会社化

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は1日、株式移転により日本カーリットの完全親会社として設立され、普通株式を東京証券取引所市場第一部に上場したと発表した。また、総合設計の株式取得(子会社化)も発表した。

 設立したカーリットホールディングスは、資本金12億4百万円、決算期3月31日、単元株式数100株。本社所在地は東京都中央区京橋一丁目17番10号。代表取締役会長兼社長は出口和男氏。

 また、同社は、新たに上下水道施設設計の分野で事業展開を図るために、この度、一級建築士事務所の総合設計(本社東京都港区、代表取締役社長前場洋一氏)の発行済み株式を全株取得し、子会社化した。総合設計は建築物、工作物の設計、監理及び上下水、排水処理施設の設計、監理などの業務を手掛けている。これにより同社は、新たな収益基盤を確立し、同グループの総合力向上、およびサービス体制の一層の拡充を図り、更に企業価値を高めていくとしている。尚、株式取得は10月7日を予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:28 | IR企業情報

ワークマン 9月の月次速報値を発表、客単価5か月ぶりにプラスに転ずる

■上旬は全国的に雨が多かったことで、合羽、長靴などの雨具類や作業手袋が好調に推移

 作業着、作業用品のワークマン<7564>(JQS)は1日に、9月の月次速報値を発表した。

 9月の全店売上高は、前年同月比4.9%増、客数3.6%増、客単価1.3%増と順調に推移した。特に、客単価については5月、6月、7月、8月と4カ月連続で前年同月を下回っていたが、今回プラスに転じたことで、売上の拡大にもつながった。

 上旬は全国的に雨が多かったことで、合羽、長靴などの雨具類や作業手袋が好調に推移したほか、朝晩涼しくなってきたことで、通年の作業服が動き始めた。

 新規出店は、平塚旭店(神奈川県)、笠岡店(岡山県)、八女店(福岡)の3店舗。9月末の総店舗数は721店舗となる。竜王の流通センターが稼働したことで、流通体制も余裕ができたことから、今後の店舗展開が加速するものと思われる。

 第2四半期決算発表は、10月31日(木)を予定している。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:06 | IR企業情報
2013年10月01日

パシフィックネット ITセキュリティに関する日本最大級の展示会「第3回情報セキュリティEXPO【秋】」に出展

■セキュリティサービス提供企業としての認知度向上を目指す

 パシフィックネット<3021>(東マ)は、10月23日(水)〜10月25日(金)まで幕張メッセで開催される、ITセキュリティに関する日本最大級の展示会「第3回情報セキュリティEXPO【秋】」に出展する。

 セキュリティサービス提供企業としての認知度向上を目指し、各サービスをブースで紹介する。紹介される内容は、ソフトウェアを利用したハードディスク・スマートフォンの上書きデータ消去サービス、ハードディスクや携帯電話・メディアの物理破壊サービス、磁気記録媒体(磁気テープ等)の磁気消去サービス、使用済みOA機器の全国引取回収サービス、低コストwindows7搭載中古PC導入サービス、同社運営の中古パソコン中古携帯ショップ PCNET・Rmobileの紹介、格安・安心の法人向け新品PCレンタルといった同社が日頃行っている様々なサービス。

 来場記念としてノベルティ引換券を持参した先着1,000名に「モバイルバッテリー」を、さらにiPadを利用した簡単なアンケートに答えると、「同社商品の詰め合わせ」をプレゼントする。

詳細についてはこちらを
https://aki.apposys.jp/exhibitors/RegistHome.phtml?c_id=ZTAwMjUzdE5Y

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:49 | IR企業情報

ユーグレナ 本日10月1日に自社ホームページの外国語版をリニューアル

■増加傾向にある海外からの問い合わせに対応

 ユーグレナ<2931>(東マ)は、本日10月1日(火)に自社ホームページ(http://euglena.jp)外国語版のリニューアルを発表した。

 リニューアルの主な内容は、中国語版ホームページの新設と、英語版ホームページの内容の充実およびデザインの変更。

 今回のリニューアルは、今後積極化する海外展開を見越し、また増加傾向にある海外からの問い合わせに対応したもの。

<外国語版の各ホームページURL>
英語版ホームページ:http://euglena.jp/en/
中国語版ホームページ:http://euglena.jp/cn/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:23 | IR企業情報

ピーエイ 10月19日(土)富山県民共済センター(サンフォルテ 2Fホール)で「とやま就職・転職フェア」を開催

 求人情報JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、10月19日(土)富山県民共済センター(サンフォルテ 2Fホール)で「とやま就職・転職フェア」を開催する。

 「とやま就職・転職フェア」では、会場に企業ブースを設置し、富山市及びその近隣地域の企業が参加し、会社の雰囲気などネットや求人情報誌では伝わりにくい情報について、その場で求職者(来場者)がリアルに体感できるイベントとなっている。特に積極的に採用活動を行っている地元の優良・厳選企業と求職者との出会いの場を設けることで、より多角的な観点から採用活動支援を行い、富山県内各地域の雇用促進に貢献できるよう取り組んでいる。

 開催時間は、13時30分から17時まで。この間に来場できない人は、スマートフォン、PCからでも情報を知ることができる。

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:02 | IR企業情報

テクマトリックス 医療分野の事業が順調に拡大しているため、札幌営業所を新設

■医療分野のクラウドサービス「NOBORI」を前下期から本格的にサービスを開始

 テクマトリックス<3762>(東1)は30日、北海道地区において医療分野の事業が順調に拡大しているため、札幌営業所を新設すると発表した。

 同社は、医療分野のクラウドサービス「NOBORI」を前下期から本格的にサービスを開始しているが、前期末で既に、約50施設から受注していて、国内では圧倒的トップの座を占めている。今期は100施設の契約を目標として営業に注力している。対象となる医療機関は大規模ではなく、独自でIT投資を行うことができない比較的規模の小さな医療機関をターゲットとしている。この営業が順調に進んでいることから、今回札幌に営業所を新設することになったと思われる。

 同社では、医療機関の情報を預かることから、セキュリティの面では東西2拠点のデータセンターに同じ情報を分散し、更に1拠点で二重化することで、4重管理となることから安全で堅牢なデータ管理が行われている。現在、オンプレミス・ユーザーをクラウドサービスに加速度的に置き換えているが、売切り型ではなく、複数年契約の従量制の月額課金のストック型の販売であることから、当面は売上の減少が発生し、損失が拡大する。しかし、2016年度までには、収益のストック化による収益率の大幅な改善が実現し、黒字化する計画。

>>テクマトリックスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | IR企業情報
2013年09月30日

ピーエイ 10月26日に「いしかわ就職・転職フェア」を開催

■フェアの会場は、石川県地場産業振興センター

 求人情報JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、10月26日(土)に就職・転職に関するイベント、「いしかわ就職・転職フェア」を開催する。

 「いしかわ就職・転職フェア」は、会場企業ブースを設置し金沢市並びにその近隣地域の企業が参加するため、担当者から直に会社の雰囲気などネットや求人情報誌では分からない情報をその場で聞くことができる。そのため、求職者、採用企業双方に好評である。

 同社では、求職者と企業の出会いの場を設けることで、採用活動支援の強化、各地域の雇用促進に貢献している。

 今回のフェアの会場は、石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目1番地)。開催時間は14時から17時まで。なお、当日来場できない場合は、PC、スマフォでも情報を知ることができる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | IR企業情報

キムラユニティ:北米子会社で、新倉庫建設・増資(全額出資)決める

■自動車部品大手メーカー(カナダ)の作業請負スタート、事業拡大による効率化・物流量の増大など今後へ備え

 業績好調が続くキムラユニティー<9368>(東1)は、米国子会社KIMURA,INCでの新倉庫建設、増資による資金調達を決めた。

 同子会社は現在、北米で、鉄製パレットの製造・販売を中心の事業展開を行っているが、事業規模の拡大と収益基盤の強化、安定を視野に、得意分野であるロジスティクス事業の拡販に積極的取組みを進め、7月にはカナダの大手自動車部品メーカーMAGNAグループの「DRIVE社」(Drive Automotive Industries of America,Inc.)と倉庫内物流作業の請け負い契約を結び作業を開始している。

 こうした状況を踏まえ、今後の物流作業の効率化並びに物流量の増大への備え、さらには、新たな作業領域の拡販、新規顧客の獲得へ向けた対応として、土地を取得し新倉庫を建設する運びとなったもので、当面の用途としては、自動車ボディー・シャーシー用プレス部品の入出庫、並びに保管用倉庫として活用する。なお、着工は今秋10月、完成14年5月、稼動7月の予定。

 新倉庫建設に伴う設備投資の内容は、土地・建物(北米・サウスカロライナ州グリーンビル内:土地32万平方メートル・建物2万平方メートル、投資額:約10,000千ドル(邦貨約10億円)。キムラユニティが全額出資する。

>>キムラユニティーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:11 | IR企業情報

ミロク情報サービス 「第38回全国統一研修会・広島大会」開催

■基調講演には外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一氏を講師として迎える

 ミロク情報サービス(以下:MJS)<9928>(東1)の全国ユーザー会計事務所が組織する「ミロク会計人会連合会」は、11月7日(木)、広島市のリーガロイヤルホテル広島において「第38回全国統一研修会・広島大会」を開催する。

 「全国統一研修会」は、日本全国の税理士・公認会計士、事務所職員やその顧問先企業を対象に、著名人による基調講演や各種分科会を通して学びと交流の場を提供するイベントとして毎年開催している。今年の「全国統一研修会」は、デフレ脱却へと力強く動き出した日本経済を後押しするような戦略や展望、会計事務所の現場がこれから必要とされる知識や情報などを提供する講演と研修を企画している。

 基調講演には、外交ジャーナリストで作家でもある手嶋龍一氏を講師に迎え、“アジア半球の時代を生き抜く〜地方からの情報発信〜”を演題に講演。

 また、第1分科会では“これだけでも便利!気軽に使えるタブレット”と題し、事務所業務改善の取り組みを実践している情報ネットワーク委員会より、タブレット端末の活用法について紹介する。

 第2分科会では、親子三代に渡って備前焼の伝統と技を継承する藤原和氏が、企業でいう事業承継の難しさや苦労とともに地方の力と情熱を講演。

 さらに第3分科会では、長年広島カープで活躍した達川光男氏が「ネット裏の会計学〜苦しみを笑いに変えた野球人生〜」をテーマに講演。

 MJSは同イベントへ協賛し、全国の税理士・公認会計士事務所とその顧問先企業の業務改善やコミュニケーションの促進を支援し、日本経済の発展に貢献しようと努めている。

■開催概要
【名称】
第38回全国統一研修会 広島大会 〜伝えよう。地方の力と情熱を!〜
【日程】
2013年11月7日(木)
【場所】
リーガロイヤルホテル広島
広島県広島市中区基町6−78  TEL:082−502−1121

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | IR企業情報

パイプドビッツ テレビ北海道が「スパイラル(R)」を9月27日に導入

■5局共同番組連動型視聴者プレゼントの応募フォーム作成を内製化

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、テレビ東京系列で北海道内テレビジョン放送局であるテレビ北海道が、放送番組内のプレゼント応募や試写会イベント受付システムとして情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を9月27日に導入したことを発表した。

 テレビ北海道は、「スパイラル(R)」のWebフォーム機能活用の第一弾として、5局共同番組連動型視聴者プレゼントの応募フォーム作成を内製化しWeb公開までの期間短縮に成功した。また、画像データ等を並べて表示できるガジェット機能を活用し、放送局サイトトップページにおいて番組やイベントの画像を自動ローテーション表示するコンテンツを設置して視認性を向上し、視聴者への訴求力向上を見込んでいる。

 「スパイラル(R)」を導入する企業が増えていることもあり、同社の株価は、市場全体が下げているにもかかわらず、48円高の1950円と反発している。

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | IR企業情報
2013年09月29日

トーソー 人気のベーシックシリーズ「コルト」に新オプションを追加、10月1日より全国販売スタート

■従来の「コルト」に比べて色味を抑えながらもモダンなテイストに仕上げる

 トーソー<5956>(東2)は、2007年の発売以来好評を博しているベーシックシリーズ「コルト」に、モダンテイストの無地スクリーン「コルトマニッシュ」およびロールスクリーンとバーチカルブラインドに対応する新オプションを追加し、10月1日(火)より全国販売を開始する。

 従来のスクリーン「コルト」はパステル調の淡い色やカジュアル調の明るい色を数多く揃えていたが、「コルトマニッシュ」はスモーキーなカラー(グレーやベージュを混ぜたような少しくすんだ色調)となっており、従来の「コルト」に比べて色味を抑えながらもモダンなテイストに仕上げた。空間を落ち着いた色合いでコーディネートしたい場合に周りの建材や家具とも馴染みやすいスクリーンである。素材はポリエステル100%で、カラーは12色(ホワイト・ピスタチオ・モスグリーン・ライトグレー・ベージュ・シャルトルーズ・オフホワイト・オールドブルー・バンブーグリーン・スタンプレッド・サックスブルー・スレートグレー)をラインアップ。ロールスクリーン・プリーツスクリーン・バーチカルブラインド(縦型ブラインド)に対応し、全色とも標準タイプ(洗濯不可)とウォッシャブルタイプ(洗濯可能)の2種類から選択できる。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | IR企業情報