[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/12)スターティア 『ファンコレ出力版』のインフラとして『デジタリンク クラウド』を提供
記事一覧 (12/12)ユーグレナ 微細藻類のミドリムシを用いたペットフードでペット用食分野に新たに参入
記事一覧 (12/11)クリナップ:『キズも汚れもダブルガード』システムキッチン「S.S.」で画期的な新製品を受注開始(12/16)
記事一覧 (12/10)チムニーは11月の月次速報値を発表
記事一覧 (12/10)クリナップ:「ぴかぴか大掃除計画」一部リニュアール(12月5日)
記事一覧 (12/10)テラ 本日(10日)の取締役会において、全額出資の子会社「テラファーマ株式会社」を設立することを決議
記事一覧 (12/09)ピーエイ 12月20日(金)に就職・転職に関するイベント、「いしかわ就職・転職フェア」を開催
記事一覧 (12/08)チムニーは株主優待の内容を発表
記事一覧 (12/08)チムニーはやまやによるTOB(公開買付け)の結果及び親会社等の異動を発表
記事一覧 (12/08)スターティア 子会社のスターティアラボはエコプロダクツ2013に出展
記事一覧 (12/08)ピーエイ 12月に新潟県の新潟市、長岡市の2か所で「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催
記事一覧 (12/07)エイチーム LINE関連銘柄として急浮上 NHNエンターテインメントと資本業務提携
記事一覧 (12/06)夢の街創造委員会 11月の運営指標は全ての項目で前年を上回る
記事一覧 (12/06)日本エンタープライズの子会社、交通情報サービスは「レジャー&駐車場情報」のアプリ版に加え、12月5日(木)よりWEB版も提供を開始
記事一覧 (12/06)ピーエイ 12月に長野県塩尻市、長野市で就職・転職に関する企業求人情報「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催
記事一覧 (12/06)ワイヤレスゲート 5日、1対2の株式分割を発表
記事一覧 (12/06)テラ ヘリオスと業務提携に関する基本合意書を締結
記事一覧 (12/05)【近況リポート】翻訳センター:ISSのシナジー加速、通期で過去最高記録の更新へ
記事一覧 (12/05)日本エンタープライズ:CD「Ska Flavor the Best Mix!!!」を、12月4日(水)にリリース
記事一覧 (12/05)トーソー:日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」にカーボンフットプリント認定製品を出品
2013年12月12日

スターティア 『ファンコレ出力版』のインフラとして『デジタリンク クラウド』を提供

■全国のローソン店舗内に設置されたマルチコピー機から様々なコンテンツのプリントアウトが可能

 スターティア<3393>(東マ)は、ダブルカルチャーパートナーズ(本社:東京都品川区)が12月10日より提供開始した『ファンコレ出力版』のインフラとして『デジタリンク クラウド』を提供した。

 『ファンコレ出力版』とは、全国のローソン店舗内に設置されたマルチコピー機から様々なコンテンツをプリントアウトできるサービス。サービスのコンテンツ管理を行うアプリケーションの稼働環境において同社の『デジタリンク クラウド』の提供を行っている。

 『ファンコレ』とは、Liveフォト等の通信販売サービスのこと。サービスを拡充するために、ローソン店舗内マルチコピー機での出力に対応したことで、従来のように写真が自宅に配達されるまで待つことなくコンビニエンスストアですぐに写真等を入手することが可能。今後、このサービスを利用したファンクラブ会員限定のコンテンツ出力や、チケット、グッズ、CD発売の連動キャンペーンも予定している。

 なお、『ファンコレ出力版』は、日本全国のローソン店舗にて利用することが可能(ただし一部の店舗を除く)。

Webサイト:http://fancolle-print.com/

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:30 | IR企業情報

ユーグレナ 微細藻類のミドリムシを用いたペットフードでペット用食分野に新たに参入

■12月20日よりイオングループのペットショップであるイオンペット株式会社「pecos 幕張新都心店」で発売

 ユーグレナ<2931>(東マ)は、同社で生産する微細藻類のミドリムシ(学名:ユーグレナ)を用いたペットフードでペット用食分野に新たに参入し、12月20日(金)、自社ブランド商品『ユーグレナ・ファームのドッグフード』(ドライフードタイプ、スープタイプの2タイプ)を、同日にオープンするイオングループのペットショップであるイオンペット株式会社「pecos 幕張新都心店」で発売する。

 近年、ペットの高齢化などを背景に、犬の健康維持のために必要な成分がバランス良く含まれている高付加価値のペットフードの売上が伸びている。ミドリムシには犬の必須アミノ酸が全て含まれているほか、ミネラル9種やビタミン類14種など全部で59種類の豊富な栄養素を持っており、今回のミドリムシ入りドックフードは新たな高付加価値ペットフードとして展開していくことを目指す。

 『ユーグレナ・ファームのドッグフード』の特徴としては、犬の必須アミノ酸全てを含むミドリムシを配合し、高品質、安心、安全をコンセプトに主原料を国産素材でつくったペットフードであることから、ペットフード公正取引協議会が「ペットが生きていく為に必要な栄養素を満たしている」と認めた点が挙げられる。

 販売箇所は、イオンペット株式会社「pecos 幕張新都心店」の他、随時他店舗で販売する予定。また、1月下旬より同社ECサイト「ユーグレナ・ファーム」(http://euglena-farm.jp)でも販売開始する予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | IR企業情報
2013年12月11日

クリナップ:『キズも汚れもダブルガード』システムキッチン「S.S.」で画期的な新製品を受注開始(12/16)

■第2回「親孝行って、いいね!」キャンペーン実施要領発表!

 『システムキッチンのトップメーカー』クリナップ<7955>(東1)は12月9日、全国から多数の応募を得て成功裏に終了した「親孝行って、いいね!」キャンペーンの第2回キャンペーンの実施要項、並びにスケジュールを発表し、また、最高級ステンレスシステムキッチン「S.S.」をさらに進化させ、キズも汚れもダブルガードの「美コートワークトップ」を標準装備した7年ぶりの画期的な新製品をお披露目した。

 なお、新製品は12月16日から全国の同社事業所(全国102カ所)で受注を開始する。(発表:写真)

受賞写真

■応募エントリー開始〜最優秀エピソード賞〜『最高級システムキッチン「S.S.」(最高500万円)』

 「親孝行って、いいね!」キャンペーンは、同社の企業理念である「キッチンから笑顔をつくろう」をもとに、『日本の親孝行』応援し、「食のシーンからもっと家族が楽しく健やかに過せるようにしたい。」という想いから、インターネットでキャンペーンを実施し、「キッチンをリフォームしてあげたい!!」をテーマに親孝行エピソードを募集する企画である。
 昨年行われた第1回は、『キッチンのリフォームをテーマにした親孝行』には様々なエピソードが寄せられ、応募総数は3,283名に及んだ。

 この中から1次・、2次審査を通過したファイナリスト5組の親子が、それぞれの親孝行エピソードと各々の地元の同社ショ−ルームでプランニングした「夢のキッチンプラン」を紹介し、最優秀エピソード賞が選ばれた。(受賞写真)

ファイナリストと綾戸さん、クリ夫による記念撮影
ファイナリストと綾戸さん、クリ夫による記念撮影


【第2回のキャンペーンスケジュール(予定)】

・12月9日(月)エントリー開始、・1月1日(水)エピソード応募開始、・2月28日(金)Web応援投票開始、・3月27日(木)ファイナリスト(4名)決定、・5月9日(金)授賞式。

※【賞商品】●最優秀エピソード賞(1名):クリナップ最高級システムキッチン「S.S.」(最高500万円)、●ファイナリスト賞(4名)Dreamia Club キッチン用品(10万円相当)、●1次審査通過者(60名)JTB旅行券(2万円分)。

■『美しさ・使いやすさ・長持ち』技術で実現!〜「美コート」・「特殊エンボス加工」

 システムキッチン「S.S..」50万台販売の実績をもつ同社は、『「キッチンの原点へ、そして、頂点へ」』を掲げ、よりよい製品を提供したいとの想いから、購入顧客からの「要望や隠れている不満」を吸い上げ、製品つくりに活かしている。「S.S..」新製品開発の動機もそこにあったという。その一例だという。

 この日お披露目された最高級システムキッチン「S.S..」に標準装備された「美コートワークトップ」は、「美コート」と「特殊エンボス加工」という同社の開発チームが磨き上げた二つの技術で構成されている。

 「美コート」は、ワークトップ表面が、水に馴染みやすい親水性のセラミック系特殊コーティングされており、『汚れの下に水が入り込んで浮かす』ので、落としにくい油汚れも水拭きだけで落とせるのが特長である。コーティングにより耐傷性もアップし、ステンレスたわしで擦っても細かいキズが突きにくいなど、これまでのステンレスワークトップの常識を一変させた。

 さらに「特殊エンボス加工」では、食器や調理器具等とワークトップが接する面を少なくしたので、擦れキズがつきにくく、目立ちにくいので、美しさが長く保たれる良さがある。キッチンのトップメーカーの技術だからこそ生み出された、ステンレスキッチンの逸品となった。

「美コート」ワークトップの秘密
クリナップ

特殊エンボスの仕組み
クリナップ


>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:51 | IR企業情報
2013年12月10日

チムニーは11月の月次速報値を発表

■全店の売上高は前年同月比6.7%増、客数3.8%増、客単価2.8%増

 チムニー<3178>(東2)は、10日の引け後に11月の月次業績を発表した。

 新店舗を加えた直営店全店の売上高は、前年同月比6.7%増、客数3.8%増、客単価2.8%増。1月〜11月の累計は全店106.1%で、期初の1月から連続増収とし、順調に推移している。

 11月の出店状況は「はなの舞」を1店舗出店(直営店舗)1店舗退店(直営店舗)、「軍鶏農場」を1店舗出店(直営店舗)、「その他」1店舗出店(FC店舗)、「さかなや道場」を3店舗退店(直営店1店舗、FC店2店舗)、直営店舗からFC店舗への転換が3店舗あったことにより、直営店405店舗、FC店293店舗、合計店舗数は698店舗となった。

 尚、11月15日に「龍馬軍鶏農場 京都駅前店」を開店。近江しゃもを農場より直接仕入をしている。近江しゃもとは、140日前後の日数をかけ、1坪あたり30羽〜40羽の十分な運動スペースでゆったりと飼育されたしゃもである。脂肪分が少なく肉質は弾力があり特有の風味がある。同店舗では、司牡丹酒造の船中八策純米酒など高知県産の日本酒をはじめ飲み物も豊富に取り揃えている。

>>チムニーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56 | IR企業情報

クリナップ:「ぴかぴか大掃除計画」一部リニュアール(12月5日)

■キッチン・バスルームの掃除〜身近なものでキレイ!・・・そのコツ満載

 『システムキッチンのトップメーカー』クリナップ<7955>(東1)は、年末の大掃除に役立つスペシャルWebコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」を12月5日(木)カら一部リニュアールした。

 また、リニュアールを記念して「ぴかぴか読本―キッチン編―」プレゼントキャンペーンと、毎年恒例企画として実施している、全国のショールーム連動企画「お掃除教室」を開催している。また、この「お掃除教室」で使用するテキスト本「ぴかぴか読本−キッチン編−」を、同社ホームページからの応募者、先着200名様にプレゼントする。、

 「ぴかぴか大掃除計画」は、キッチンとバスルームの掃除を、特別な道具や洗剤を使わず、身近なものでキレイに掃除ができるコツを満載し、写真を使って解説していることから『わかりやすい』と消費者から好評を得ている。

 キッチン編は、油汚れで大変な換気扇・コンロ周り、食器洗い乾燥機などのお掃除方法を紹介。バスルーム編は、白い水アカがついた水栓まわりやミラー、頑固なカビ落としに悩む床・天井・壁などのお掃除方法を紹介している。

 また、キッチン編のリニューアルでは、食材を扱うため衛生管理が大切な場所「ワークトップ」と、雑菌が繁殖しやすい「排水口」の手入れ方法を追加している。

 なお、同社は12日から東京ビックサイトで開催される、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」(会期:13年12月12日(木)〜12月14日(土)、「エコプロダクツ2013」に出展し「お掃除学校」を開校、メインステージでは、手間のかかるシンクやレンジフードなど、掃除のコツを、「キッチンお掃除教室」として毎日5回、授業形式で楽しくご紹介する。

(写真=新しく追加されたワークトップ編)
新しく追加されたワークトップ編

>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:13 | IR企業情報

テラ 本日(10日)の取締役会において、全額出資の子会社「テラファーマ株式会社」を設立することを決議

■日本初の免疫細胞医薬品として樹状細胞ワクチン『バクセル(R)(Vaccell)』の承認を目指す

 テラ<2191>(JQS)は、本日(10日)の取締役会において、テラ全額出資の子会社「テラファーマ株式会社」を設立することを決議した。今後、子会社であるテラファーマを通じて、日本初の免疫細胞医薬品(がん治療用の再生医療等製品)として樹状細胞ワクチン『バクセル(R)(Vaccell)』の承認を目指す。

 再生医療・細胞治療は、アベノミクス成長戦略において重点分野に位置付けられ、特にiPS細胞を用いた臨床研究については、世界で初めて実施される等注目されている。今年の11月20日には、第183回通常国会より継続審議されていた「薬事法等の一部を改正する法律案」及び「再生医療等の安全性の確保等に関する法律案」が成立し、再生医療・細胞治療を取り巻く環境が大きく変化している。

 その様な状況の中で、同社は、がんワクチンの一つである樹状細胞ワクチン療法等の技術・ノウハウを、大学病院をはじめとした全国32ヶ所の医療機関に提供している。既に契約医療機関における累計症例数は約7,300症例(2013年9月末現在)に達し、これらの臨床実績をもとにエビデンスの強化を図っている。特に膵がん、肺がん、胆道がんについては、樹状細胞ワクチン療法の臨床成績が欧米の著名な学会誌に掲載されている。4月には、九州大学と共同で開発した大量増幅培養技術(特許出願中)を用いた細胞医薬品製造のためのフィージビリティスタディを開始しており、現在、日本初の免疫細胞医薬品として、同社の樹状細胞ワクチン『バクセル(R)(Vaccell)』が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」における承認を得るための取り組みを推進している。

 再生医療・細胞治療を取り巻く環境が大きく変化する中で、着実に積み重ねてきた臨床実績及び研究成果並びに、高品質で安定的な細胞を培養する技術・ノウハウを強みとし、日本初の免疫細胞医薬品としての承認を目指し、開発及び事業化の検討を加速させるため、本日、テラファーマを設立することを決定した。

【テラファーマの概要】
所在地:東京都港区赤坂一丁目12番32号
代表者:代表取締役社長 矢ア雄一郎
主な事業内容:医薬品、医療機器、再生医療等製品等の研究、開発・試験、製造、売買及び輸出入に係る調査及び企画等
資本金:1億円
設立年月日:2014年1月中(予定)
決算期:12月31日
大株主及び持株比率:テラ株式会社100%

>>テラのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:58 | IR企業情報
2013年12月09日

ピーエイ 12月20日(金)に就職・転職に関するイベント、「いしかわ就職・転職フェア」を開催

■1社以上面談すると全員にクオカードがプレゼント

 求人情報JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、12月20日(金)に就職・転職に関するイベント、「いしかわ就職・転職フェア」を開
催する。

 「いしかわ就職・転職フェア」は、金沢市とその近隣地域の企業が会場にブースを設置して参加するため、会社の雰囲気などネットや求人情報誌では分からない情報を担当者からその場で聞くことができる。そのため、就職・転職で悩んでいる人にとっては、悩み解決の場となるかもしれない。入場料無料、服装自由、履歴書不要であることから、気軽に参加できる。

 会場となるのは、石川県立音楽堂交流ホール(石川県金沢市昭和町20−1)で、開催時間は、午前11時から午後16時までの5時間。なお、その間に1社以上面談すると全員にクオカードがプレゼントされる。

【問合せ先】潟sーエイ 金沢
石川県金沢市上堤町1−12 金沢南町ビルディング7階
電話:076−260−5340

■ 求人情報サイト
『JOBPOST(ジョブポスト)』
新潟県版→ http://niigata.jobpost.jp/
長野県版→ http://nagano.jobpost.jp/
福島県版→ http://fukushima.jobpost.jp/
仙台版 → http://sendai.jobpost.jp/
岩手県版→ http://iwate.jobpost.jp/
石川県版→ http://kanazawa.jobpost.jp/
山形県版→ http://yamagata.jobpost.jp/
青森県版→ http://aomori.jobpost.jp/
秋田県版→ http://akita.jobpost.jp/
富山県版→ http://toyama.jobpost.jp/
福井県版→ http://fukui.jobpost.jp/
東京都版→ http://tokyo.jobpost.jp/
群馬県版→ http://gunma.jobpost.jp/
栃木県版→ http://tochigi.jobpost.jp/
山梨県版→ http://yamanashi.jobpost.jp/
三重県版→ http://simple.jobpost.jp/

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | IR企業情報
2013年12月08日

チムニーは株主優待の内容を発表

■代替品目を一部追加

 チムニー<3178>(東2)は6日、12月31日現在の株主名簿記載株主に対する株主優待品の内容のうち代替品目を一部追加して発表した。1単元(100株)以上の保有株主が対象。

 株主優待の内容は、100株以上499株まで所有の株主については「お食事ご優待券1セット(500円券×10枚=合計5000円分、1人1回の食事につき1枚利用可能)で、当社オリジナル商品セット1品と代替可能」として、500株以上を所有の株主については「お食事ご優待券3セット(500円券×10枚×3セット=合計1万5000円分、利用制限なし)で、お食事ご優待券の全部または一部を当社オリジナル商品セットと代替可能」としている。

 お食事ご優待券と代替できるオリジナル商品セットは、お食事ご優待券1セット(10枚)で「チムニー特選干物セット、両国はなの舞ちゃんこセット、チムニー野菜セット、こだわり焼酎セット、そして新たに追加した雪の松島 山田錦の酒 純米大吟醸(720ml×1本)と白米食べ比べセット(北海道産ゆめぴりか2kg×1袋、山形県産つや2kg×1袋、宮城県産ひとめぼれ2kg×1袋のセット)」のうち1品、お食事ご優待券2セット(20枚)で「大分県産生マグロ(1kg)、特選九州黒毛和牛サーロインステーキ」のうち1品としている。贈呈時期は、12月31日の株主には3月下旬頃に発送予定。

>>チムニーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:08 | IR企業情報

チムニーはやまやによるTOB(公開買付け)の結果及び親会社等の異動を発表

■東証1部上場を視野に

 チムニー<3178>(東2)は6日、やまやが13年11月8日から12月5日まで行なっていたTOBの完了と併せて、13年12月12日をもってチムニーの親会社、主要株主である筆頭株主及び主要株主に異動が発生する見込みを発表した。

 TOBの結果、Carlyle Japan International Partners II,L.Pの議決権所有割合は23.39%(1位)から4.39%(4位)に、Carlyle Japan Partners II,L.Pの議決権所有割合は22.59%(2位)から4.24%(5位)に、一方やまやの議決権所有割合は、新たに1.56%(7位)から50.22%(1位)になり、チムニーはやまやの連結子会社となった。

 また、チムニーはかねて発表(13年11月7日)した通り、引き続き同社株式の上場は維持する方針であり、現在の東証2部から同市場1部への市場変更の申請も視野に検討段階にあるとしている。

>>チムニーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:06 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボはエコプロダクツ2013に出展

■12月12日(木)〜14日(土)に東京ビッグサイトにて開催

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、12月12日(木)〜14日(土)に東京ビッグサイトにて開催されるエコプロダクツ2013に出展する。

 展示会は、1999年から開催されており、今回で15回目となる展示会で750社もの企業・団体が出展し、来場者数は185,000人を見込んでいる。「『今』つくる 地球の『未来』」をテーマに、新たな環境ビジネスや技術ノウハウ、ライフスタイルのヒント等が一堂に紹介される。

 スターティアラボブースでは、2,100社以上に導入実績のあるiOS7/Android対応の電子ブック制作ツール『ActiBook』を紹介する。

 これまで電子書籍は出版社において活用されるイメージが強かったが、最近では製造業を始めとした様々な業種の企業においてペーパーレス化ツールとして活用されることが増えてきている。これまで紙媒体で保有していた数百ページもの紙媒体のマニュアルやカタログを電子ブック化することで、資料のペーパーレス化を促進することが可能。また、電子ブック解析機能『ActiBook Analytics』を活用することにより、資料のどこのページがよく見られるかを直感的に把握することが可能で、資料の改善を行うことも可能となる。

 ブースでは、実際の活用事例を交えながら電子ブック作成ソフトの提案を行う。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | IR企業情報

ピーエイ 12月に新潟県の新潟市、長岡市の2か所で「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催

■100社以上の近隣企業が参加、気に入った仕事が見つかったらその場で応募が可能

 求人情報JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、12月に新潟県の新潟市、長岡市の2か所で「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催する。

 新潟市では、12月20日(金)から12月24日(火)の5日間、イオンモール新潟南 3階 特設会場(住所:新潟県新潟市江南区下早通柳田 1−1−1)において、午前9時から午後22時まで開催する。

 長岡市では、12月21日(土)から12月26日(木)の6日間、同じく午前9時から午後22時まで。会場となるのはイオン長岡店1階 特設会場(住所:新潟県長岡市古正寺1 丁目-249-1)。

 いずれの会場も、入場無料・履歴書不要・服装自由で気楽に参加でき、100社以上の近隣企業が参加することから、職種も豊富といえる。しかも、気に入った仕事が見つかったらその場で応募が可能である。

■ 求人情報サイト
『JOBPOST(ジョブポスト)』
新潟県版→ http://niigata.jobpost.jp/
長野県版→ http://nagano.jobpost.jp/
福島県版→ http://fukushima.jobpost.jp/
仙台版 → http://sendai.jobpost.jp/
岩手県版→ http://iwate.jobpost.jp/
石川県版→ http://kanazawa.jobpost.jp/
山形県版→ http://yamagata.jobpost.jp/
青森県版→ http://aomori.jobpost.jp/
秋田県版→ http://akita.jobpost.jp/
富山県版→ http://toyama.jobpost.jp/
福井県版→ http://fukui.jobpost.jp/
東京都版→ http://tokyo.jobpost.jp/
群馬県版→ http://gunma.jobpost.jp/
栃木県版→ http://tochigi.jobpost.jp/
山梨県版→ http://yamanashi.jobpost.jp/
三重県版→ http://simple.jobpost.jp/

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | IR企業情報
2013年12月07日

エイチーム LINE関連銘柄として急浮上 NHNエンターテインメントと資本業務提携

■両社の強みを活かし、メッセンジャープラットフォーム向けのタイトルを世界市場に共同で展開

 エイチーム<3662>(東1)は、6日、NHNエンターテインメント(本社:韓国)と資本業務提携契約を締結し、合弁会社を設立することに合意した。

 同社はスマートフォンアプリの企画・開発・運営を行うエンターテインメント事業を今後の成長の柱の1つと位置付けており、App Store、Google Play、GREE プラットフォーム向けを中心に、国内外で多数のゲームタイトルをリリースしている。一方のNHNエンターテインメントは、韓国NHN Corporation(現Naver Corporation)のゲーム事業部門(ハンゲーム)が2013年8月1日に分割され発足した、韓国取引所(KRX)に上場している企業。PCオンラインゲームを中心に多数のゲームタイトルをリリースしており、現在、世界中で利用者を伸ば
しているLINE、Kakao Talk等のメッセンジャープラットフォーム向けタイトルの開発に力を入れている。今後、両社の強みを活かし、メッセンジャープラットフォーム向けのタイトルを、日本市場、韓国市場を含む全世界市場に共同で展開することを目的に資本業務提携及び合弁会社設立に合意した。

 資本提携の内容は、NHNエンターテインメントが、同社普通株式290,000 株(発行済株式総数の3.02%)を12月9日に、既存株主から取得する予定。なお、今後、NHNエンターテインメントは同社普通株式を持株比率5%程度まで追加取得する可能性があるとしている。

 合弁会社の設立予定日は、14年1月。事業内容は、メッセンジャープラットフォーム向けを中心とするスマートフォン向けゲームタイトルの企画・開発。資本金1億50百万円、持株比率は同社50%、NHNエンターテインメント50%となっている。

 同社は、スマートフォンアプリの企画・開発・運営、グリーとの協業によるソーシャルゲームの運営、従来型携帯電話向け公式サイトの運営を行うエンターテインメント事業と引越し比較サイト「引越し侍」、車査定・車買取サイト「ナビクル」を運営するライフサポート事業の2事業を展開している。両事業とも順調に推移していて、前期は大幅増収増益を達成した。

 同社が属するモバイルコンテンツ市場では、12年のフィーチャーフォン市場が4,793億円(前年同期比27%減)と縮小する一方で、スマートフォン市場は3717億円(同361%増)と急拡大している。また、世界共通規格となるスマートフォンの普及が進む中、モバイルコンテンツ市場の競争は日本国内から全世界へ広がり、14年には世界のモバイルアプリケーションストアの売上高は580億ドルに達すると見込まれている(10年比1,000%増)(Gartner,Inc.11年1月発表)。

 そのような環境の中で、今回の資本業務提携、合弁会社の設立は時代の流れに沿ったもので、同社グループの業績拡大が一層強まったものと思われる。

 今期14年7月期連結業績予想は、売上高150億円(同36.4%増)、営業利益24億円(同39.7%増)、経常利益24億円(同39.6%増)、純利益14億10百万円(同35.3%増)と大幅増収増益を見込んでいる。

 株価チャートは、5月14日の年初来最高値4,515円を付けた後、下降トレンドに入り、およそ6か月後の11月12日に2,303円で底値を確認し、6日は2,715円で引けた。しかし、まだ底値圏といえることから、今後は今回のNHNエンターテインメントとの資本業務提携、合弁会社の設立を機に最高値更新が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | IR企業情報
2013年12月06日

夢の街創造委員会 11月の運営指標は全ての項目で前年を上回る

■アプリ独自の機能設置を行ったことで、スマートフォンからの会員登録数、オーダー数が増加

 夢の街創造委員会<2484>(JQS)は5日、の11月の運営指標を発表した。

 11月のトピックスとしては、10月25日(金)にAndroidスマートフォン端末向け「出前館」アプリを全面リニューアルし、GPSを活用した店舗表示機能やオーダー後の予定お届け時間表示などの機能追加に加え、アプリ独自の機能設置を行ったことで利便性が向上し、スマートフォンからの会員登録数およびオーダー数の増加に結びついている。

 また、11月29日(金)〜12月2日(月)の4日間、「大出前祭」と銘打った半額キャンペーンを実施した。キャンペーン対象店舗は11ブランド852店舗と過去最大規模であり、人気の出前商品を半額で購入できることで好評であった。

 その結果、11月のオーダー数は、699,800件(前年同月比16.0%増)、加盟店数11,510店舗(同2.6%増)、会員数566万人(同14.1%増)と全ての項目で前年を上回った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | IR企業情報

日本エンタープライズの子会社、交通情報サービスは「レジャー&駐車場情報」のアプリ版に加え、12月5日(木)よりWEB版も提供を開始

■動物園・水族館・遊園地や季節ごとの観光情報、イベント情報等の情報を入手できるコンテンツ

 日本エンタープライズ<4829>(東2)の子会社、交通情報サービスは、KDDI、沖縄セルラー電話のau スマートフォン向けサービス「au スマートパス」にて提供中の、「レジャー&駐車場情報」のアプリ版に加え、12月5日(木)よりWEB版も提供を開始した。

 同コンテンツは、動物園・水族館・遊園地や季節ごとの観光情報、イベント情報等レジャーに関する情報を入手できるほか、週末・休日のドライブや車での営業先まわりなど、確実に駐車スペースを確保したいときに、簡単に駐車場の「料金」・「収容台数」を一画面で確認でき、利用時間に応じた駐車場料金の算出や複数の駐車場料金の比較が可能なサービスとなっている。

 同社ならではのサービスで、正月を控え、年末から利用が大幅に拡大するものと思われる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | IR企業情報

ピーエイ 12月に長野県塩尻市、長野市で就職・転職に関する企業求人情報「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催

■正社員、アルバイト・パート、派遣の3コーナーに分かれ、気に入ったコーナーから選択可能

 求人情報JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、12月に長野県塩尻市、長野市で就職・転職に関する企業求人情報「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催する。

 12月14日(土)から12月20日(金)の期間で、広丘ショッピングタウンGAZA2階(塩尻市広丘野村1688−1)で松本「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催する。開催時間は9時から23時まで。入場無料、履歴書不要であることから気軽に参加できる。コーナーは正社員、アルバイト・パート、派遣の3コーナーに分かれているので、気に入ったコーナーから選択できる。

 主催は、株式会社ピーエイ 松本、電話番号0263−29−0399。

 また、12月21日(土)から12月27日(金)の期間中、ショッピングプラザアゲイン特設会場(長野市北石堂町1429−1)で長野「JOBPOSTお仕事フェスタ」を開催。開催時間は10時30分から19時30分。

 主催は、株式会社ピーエイ 長野、電話番号0262−63−6723。

求人サイトからも情報をチェックできる。

新潟県版→ http://niigata.jobpost.jp/
長野県版→ http://nagano.jobpost.jp/
福島県版→ http://fukushima.jobpost.jp/
仙台版 → http://sendai.jobpost.jp/
岩手県版→ http://iwate.jobpost.jp/
石川県版→ http://kanazawa.jobpost.jp/
山形県版→ http://yamagata.jobpost.jp/
青森県版→ http://aomori.jobpost.jp/
秋田県版→ http://akita.jobpost.jp/
富山県版→ http://toyama.jobpost.jp/
福井県版→ http://fukui.jobpost.jp/
東京都版→ http://tokyo.jobpost.jp/
群馬県版→ http://gunma.jobpost.jp/
栃木県版→ http://tochigi.jobpost.jp/
山梨県版→ http://yamanashi.jobpost.jp/
三重県版→ http://simple.jobpost.jp/

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | IR企業情報

ワイヤレスゲート 5日、1対2の株式分割を発表

■投資単位あたりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めると共に、投資家層の拡大を図る

 ワイヤレスゲート<9419>(東マ)は5日、株式分割を発表した。

 12月31日を基準日として1対2の株式分割を行う。尚、31日は休業日であるため、実質は12月30日を基準日とする。

 配当に関しては、14年1月1日が効力発生日であるため、13年12月期の期末配当に関しては、分割前の株式数を基準に配当を実施するので、配当予想についての変更はない。

 分割の目的は、投資単位あたりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めると共に、投資家層の拡大を図ることを挙げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:21 | IR企業情報

テラ ヘリオスと業務提携に関する基本合意書を締結

■iPS細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発を目指す
 
世界初のiPS細胞を用いた再生医療の実用化を目指すヘリオスと、日本初の免疫細胞医薬品(がん治療用の再生医療等製品)の承認を目指すテラ<2191>(JQS)は、5日、業務提携に関する基本合意書を締結した。この契約に基づき、ヘリオスとテラは、iPS細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発に向けた検討を開始する。

 ヘリオスは、独立行政法人理化学研究所認定のベンチャー企業であり、十分な治療法が無い加齢黄斑変性等の失明疾患に対して、iPS細胞由来の網膜色素上皮細胞移植による新たな治療法の研究・開発を推進している。ヒトは知覚情報の8割を視覚から得ており失明すると日常生活を送ることが困難となるため、ヘリオスは、研究開発により罹患者の失明の恐怖を少しでも減らすことを目指している。

 テラは、高品質で安定的な細胞培養技術を有しており、樹状細胞ワクチン療法等のがん免疫細胞療法の技術・ノウハウを、大学病院をはじめとした全国32ヶ所の医療機関に提供している。また、2013年4月に、九州大学と共同で細胞医薬品(再生医療等製品)製造のためのフィージビリティスタディを開始しており、日本初の免疫細胞医薬品として、樹状細胞ワクチン『バクセル(R)(Vaccell)』が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」における承認を得るための取り組みを推進している。

 両社は、ヘリオスが有するiPS細胞を臨床応用するための技術・ノウハウと、テラが有するがん免疫細胞療法に関する技術・ノウハウを融合することで、最先端医療への貢献を目指す。

 なお、バクセル(R)(Vaccell)は、テラの登録商標。英語の「vaccine(ワクチン) + cell(細胞)」を語源とする造語で、「細胞によるがんワクチン」を意味する。

>>テラのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:00 | IR企業情報
2013年12月05日

【近況リポート】翻訳センター:ISSのシナジー加速、通期で過去最高記録の更新へ

近況リポート

■38.2%増収、通期業績修正への期待も

 翻訳センター<2483>(JQS)14年3月期上期(4〜9月)の連結業績は、昨年9月に子会社化したISSグループが業績に著しく貢献するシナジーを見せ、前年同期に比べ38.2%の大幅増収となり、営業増益の支柱となった。

■上期は、翻訳技術の質的向上と事業展開でのスピード化に注目

 主力の翻訳事業は、医薬分野がプリファードベンダー契約企業からの受注が継続的に拡大し、金融分野では取引先企業内の管理関連部署への働きかけの成果や保険会社からのスポット案件獲得など順調に推移し増収となったが、特許、工業分野の受注は大型案件の一部先送りなどで僅かに減少し、同事業全体の増収は1ケタの伸びに止まった。

 一方、ISSグループは派遣、通訳、語学教育の各事業の伸びに加え、「第5回アフリカ開発会議」(6月・横浜開催)の全体運営を受託した国際会議企画・運営事業を含むその他部門が増収で寄与した。

 利益面では、ISSグループの増収効果で粗利が大幅に伸びたが、翻訳部門での増員で人件費が増え、また、本社移転費用などの一時的費用を含めた販管費増で営業利益は微増に止まった。

 売上高4,184百万円(前年同期比38.2%増)、営業利益146百万円(同4.3%増)、経常利益143百万円(同2.4%増)、純利益70百万円(同1.2%増)。

翻訳センター

■ISSGフル稼働、事業領域拡大などシナジーが"強味"高度化高める!

 今後の戦略としては、リーマンショックを翻訳プラットフォーム「HC ToraTool」の開発・運用によって乗り越えたことを踏まえ、同ツールの導入率のアップで翻訳技術の質的向上とスピード化を図るとともに、ISSグループの成長を通じて新たな成長エンジンとしてシナジーを最大化し事業領域の拡大に取組む方針だ。

 特に、同社のコアコンピタンスである『翻訳』事業と『通訳』を中心とするISSグループのコア事業は、ともに「言語」と言う共通基盤の上で、互いに独自の専門性を追求しながら、共同営業によるクロスセールスを通じて、マーケットの共有、深堀の有効性がある。それらを上期実績で立証したことで、同社の将来展望にとって大きな可能性が生まれた。

 翻訳センター本体の『翻訳』事業の強味をISSグループの取引先企業の管理関連部署への営業で活かし、また、ISSグループの『通訳・派遣・国際会議運営』提案が、翻訳センターの技術関連部署等へのクロスセールスを行うなど、互いが持っている強味を一段と高度化し、差別化を進めてきたことは、同社全体にとっての新たな成長エンジンを装着したと判断されるだけに注目される。

 ローカライゼーション/マニュアル翻訳事業では、アイタスからの事業の一部譲受にあわせて人材を受け入れたことで、高い技術と専門性だけでなく、取引先からの信頼感を高めたことは強味であり、体制強化と事業拡大に貢献することが期待される。

■目指す姿へ向けた「2大テーマ」〜"収益機会の拡大""収益力の向上"

 同社は、各部門がそれぞれ専門性を磨き、全体としての総合力を強化する方向を目指しているが、当面の戦略として、1)収益機会の拡大、2)収益力の向上を図る。

 具体的取組みとしては、1)収益機会の拡大では、@新たな翻訳分野の拡大(ローカライゼーション等)、A専門性の強化(既存分野)、B受注大型化(プリファードベンダー契約の推進等)、CISSグループとの営業シナジー発揮の4点を、2)収益力の向上については、@翻訳支援ツールの利用促進、A業務の効率化の2点を具体的テーマとして取り組む。

■社内部門の連携プレー浸透と受注回復〜業績増額へ期待大

 通期連結業績見込みについて同社は、当初見込みを据え置き、売り上げでは、翻訳事業での医薬13.0%・工業13.2%・金融33.5%、さらに特許分野も9.9%と前期比2ケタ増収を見込み、またフルに寄与するISSグループの新規事業分野は派遣等57.3%、その他事業39.8%の増収、全体では21.0%増収となり、利益面でも営業・経常利益とも470百万円(前期比11.1%増)、 当期純利益240百万円(同9.0%増)増益と見込み、売上高、利益とも過去最高記録の更新を目指している。

 通期業績の期初予想を据え置いた理由について同社は、ISSグループの子会社化の増収効果が上期で一巡したこと挙げているが、翻訳センターとISSグループの連係プレーなどの動きは一段と浸透し、主力事業での受注回復も加速すると見られるだけに、下期業績の積上げで通期業績の増額期待は大きい。そして、同社が掲げる第二次中期経営計画終了時の業績目標「売上高100億円、営業利益7億円」の達成に向かって邁進するであろう。

 本日の株価:4,845円(前日比410円高)、配当1株当たり4,500円(前期実績)、本年の高値7,800円(9/17)、安値円2,001円(2/13)

翻訳センター

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:27 | IR企業情報

日本エンタープライズ:CD「Ska Flavor the Best Mix!!!」を、12月4日(水)にリリース

■雑貨店を中心に爆発的な大ヒットとなったJ−POPカバーから特に人気の高かった楽曲33曲をセレクト

 日本エンタープライズ<4829>(東2)の子会社のアットザラウンジは、自社レーベル@LOUNGERECORDSより、CD「Ska Flavor the Best Mix!!!」を、12月4日(水)にリリースした。

 雑貨店を中心に爆発的な大ヒットとなったJ−POPカバー「Ska Flavor♯1〜♯3」、「Ska Flavor loves ジブリ Songs」シリーズから特に人気の高かった楽曲33曲をセレクトし、ノンストップでミックスしたベスト盤。シリーズの集大成版となる本作で"Ska Flavor"サウンドの魅力をたっぷり味わえる作品となっている。

【収録曲】

01. いつも何度でも
02. これが私の生きる道
03. 浪漫飛行
04. 全力少年
05. 君をのせて
06. Make−up Shadow
07. 人生のメリーゴーランド
08. 初恋
09. キセキ
10. そばかす
11. 冷たい花
12. さよならの夏
13. Arrietty's Song
14. やさしさに包まれたなら
15. もののけ姫
16. みんな空の下
17. もう恋なんてしない
18. 風の谷のナウシカ
19. 歩いて帰ろう
20. 海の見える街
21. テルーの唄
22. 風の伝説
23. キャンバス
24. さんぽ
25. 崖の上のポニョ
26. 私がオバさんになっても
27. 気分爽快
28. となりのトトロ
29. 風になる
30. ナウシカ・レクイエム
31. ルージュの伝言
32. カントリー・ロード
33. 鳥の人

【タイトル】 Ska Flavor the Best Mix!!!
【アーティスト】 美吉田 月(みよしだ るな)
【価格】1,800円(税別) 【品番】 NALR‐025
【発売日】 2013年12月4日(水) ※ヴィレッジヴァンガード先行発売/2013年12月11日(水)タワーレコード、その他全国のCDショップ、通販サイト等

日本エンタープライズ:CD「Ska Flavor the Best Mix!!!」を、12月4日(水)にリリース

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:41 | IR企業情報

トーソー:日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」にカーボンフットプリント認定製品を出品

■12月12日(木)〜14日(土)に東京ビッグサイトで開催

 窓辺のインテリア製品を製造販売するトーソー<5956>(東2)は、12月12日(木)〜14日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」の「環境ラベル活用ゾーン[東1ホール・JEMAIブース:産業環境管理協会/eco検定(東京商工会議所)]」内にカーボンフットプリント認定製品を出品する。

 カーボンフットプリントとは、製品の原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルに至るライフサイクル過程で排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して数値化(見える化)したもの。この「CO2排出量の見える化」により、事業者はCO2排出量の多い過程を把握して効率的な削減に取り組むことが可能となり、消費者は環境負荷の少ない商品を選択する目安として活用することができる。

 同社は2011年12月に「カーボンフットプリントのシステム認証(システム認証番号:SCN13003)」取得企業となり、自社内で算出可能な品目の認証が可能となった。現在、店頭用カーテンレールセット「E202」、「リフティ」、「リフティライト」、「アジャスタ404N」「AJ606」「AJ606木目」、アルミブラインド「ニューセラミー25」など32製品がカーボンフットプリント認定製品となっている。

 同社はカーボンフットプリント認定製品を順次拡大し、同制度の普及促進を通じた環境負荷の低減を目指すとしている。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:24 | IR企業情報