[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/24)テラ 2015年2月初旬より「医師が考えたがん治療のための“免疫保険”」の販売を開始
記事一覧 (12/24)日本アジアグループ:再生可能エネルギー「第二の柱」に小水力発電を強化!
記事一覧 (12/23)オンコリスバイオファーマー アメリカ食品医薬品局によるOBP−801の治験薬に関する安全性レビューが完了
記事一覧 (12/22)スターティア 持分法適用関連会社のMACオフィスとランサーズが建築設計デザインの分野において業務提携
記事一覧 (12/22)インフォコム テレビCM2作が「BRAND OF THE YEAR 2014 消費者を動かしたCM展開」を受賞
記事一覧 (12/19)東京個別指導学院は二番底形成で本格出直りへ、進研ゼミの相乗効果、クラスベネッセのサービス開始は好材料
記事一覧 (12/19)キーコーヒー:直営ショップ新春企画〜先行予約でオリジナルカレンダー
記事一覧 (12/19)アドアーズ セブン銀行のATMを3店舗に設置
記事一覧 (12/19)クリーク・アンド・リバー社 日本の作家の世界進出を行なうプロジェクト『Japan Authors‘ Gallery KAORI』をスタート
記事一覧 (12/19)東京個別指導学院:「イード塾アワード」・総合部門【最優秀賞】3年連続で受賞
記事一覧 (12/19)パイプドビッツ 「美歴BIREKI」の店舗管理サービスを提供開始
記事一覧 (12/18)パイプドビッツ 「スパイラル プレース(R)」をバージョンアップし、17日に新バージョン1.5.0を提供開始
記事一覧 (12/18)ケンコーマヨネーズ 期間限定で、伊勢丹新宿店に『Salad Cafe』を出店
記事一覧 (12/18)ラクーン スーパーデリバリーにワールドが出展
記事一覧 (12/18)日本エンタープライズ 子会社の交通情報サービスは割引クーポンサービスの提供を開始
記事一覧 (12/18)ミロク情報サービス 12月16日(火)より新コンテンツ「bizpow(ビズポ)」を無料提供開始
記事一覧 (12/18)スターティア 2015年2月21日より新しいコーポレートロゴおよびコーポレートスローガンに変更
記事一覧 (12/17)兼松は兼松日産農林へのTOBの結果及び連結子会社化を発表
記事一覧 (12/17)日本エンタープライズ 『レジャー&駐車場情報』を「スゴ得コンテンツ」で、12月16日より提供開始
記事一覧 (12/17)パイプドビッツ 連結子会社であるペーパレススタジオジャパンの増資を全額引き受けることを決議
2014年12月24日

テラ 2015年2月初旬より「医師が考えたがん治療のための“免疫保険”」の販売を開始

■がん免疫細胞療法の治療費を保障する新しいがん保険、

 テラ<2191>(JQS)の子会社であるテラ少額短期保険は、2015年2月初旬より「医師が考えたがん治療のための“免疫保険”」(以下「免疫保険」)の販売を開始する。

 テラ少額短期保険が販売する免疫保険は、テラが提供する樹状細胞ワクチン「バクセル(R)」をはじめとした、がん免疫細胞療法の治療費を保障する新しいがん保険。がん免疫細胞療法は一部、先進医療として認められているものの、多くは自由診療として行われており、全額自己負担となることから、治療費の負担が大きくなる。免疫保険によって治療費の負担が軽減されることで、がん患者が安心して新しい治療を受けやすくなることを目指す。また、がん免疫細胞療法の普及促進と、早期から標準治療と併用して患者ががん免疫細胞療法を受けやすくなる環境づくりの推進にもつながると想定され、がん免疫細胞療法市場全体の成長にも寄与する。

 免疫保険は、がん診断保険金と免疫細胞療法保険金を合わせて、総額160万円でがん免疫細胞療法の治療費を保証する。保険料は30代男性であれば、ひと月当たり500円を切る水準。がん免疫細胞療法を受けたにもかかわらず、がん診断から1年以内に亡くなった場合、治療を見守ってくれた家族に死亡保険金が支払われる。20歳から74歳まで申し込むことが出来る。保健期間は1年間で、84歳まで更新できるといった特徴がある。

 再生医療関連2法が施行され、再生医療・細胞医療に注目が集まっているが、テラ及びテラ少額短期保険は免疫保険によって、最先端の医療を身近なものとし、治療の選択肢を広げることで、がん患者に貢献する。

>>テラのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | IR企業情報

日本アジアグループ:再生可能エネルギー「第二の柱」に小水力発電を強化!

■マイクロ水力発電システムの先駆け「シーベル社」へ資本参加

 グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東マ)は、再生可能エネルギー事業の「第二の柱」として、小水力発電事業を強化するため、水流を利用し超低落差型マイクロ水力発電システムの実用化を世界に先駆けて成功させ、アジア・アフリカ各国へグローバルに事業を展開しているシーベルインターナショナル株式会社(シーベル社:東京都千代田区、代表:海野 裕二)への資本参加を決めた。

 世界全体の中小水力の潜在発電力は150GW〜200GWであるが、開発されたものは5%に過ぎないといわれ、日本国内でも農水省が水利権手続きの簡素化や、2016年度までに全国約1000地域で小水力発電計画に着手する目標を設定している。

 同グループは、こうした市場環境の追い風を背景に事業展開が可能であり、シーベル社が保有する『流水式(超低落差型)小水力発電装置スモールハイドロストリーム(「スモールハイドロストリーム」)』などの製品群や再生可能エネルギー事業の豊富な実績が、グループの成長に期待できると判断し資本参加を決めた。

 同社グループはFIT(固定価格買取制度)のスタート前(2009年)から、再生可能エネルギー事業に注力し、現在では日本国内に23箇所の太陽光発電所を保有している。

日本アジア

■国内外で「技術力と金融力の融合」で異なるニーズに応え、安心・安全なまちづくりに貢献

 同グループは、「小水力発電事業は、当社グループの再生可能エネルギー事業の『第二の柱』として、日本国内だけでなくアジアをはじめとする海外に向け、技術力と金融力の融合による安心で安全なまちづくり、エネルギーの自立など地域ごとに異なるニーズにお応えしてまいります。その第一弾として、再生可能エネルギー事業に関するコンサルティング、OEM など新たな分野への進出、新たなパートナー企業との提携などの生産体制の強化、販売網の拡大を進め、当グループのミッションである「Save the Earth, Make Communities Green」を目指し事業の拡大を推進してまいります。」と話している。

【スモールハイドロストリーム】

 本システムは、シーベル社の研究開発で発明された流水式の小水力発電システムで、落差を利用する従来のシステムと異なり、落差が無い水路、3m 以下の低落差水路で最適化されたシステム。
 「特徴」として、・従来の水力発電では難しい超低落差の水路(農業用水路、上下水道、工場排水等)にも設置可能。・既存水路の改変不要、土木、設置工事が容易、安価など、工事期間も3日間程度と短い。・分散型の電源インフラとしても機能。災害等の非常時には緊急電源としても転用可能。・徹底した標準化とユニット化で低コスト化を実現。地元企業でも保守メンテナンスが可能なシンプルな設備。

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | IR企業情報
2014年12月23日

オンコリスバイオファーマー アメリカ食品医薬品局によるOBP−801の治験薬に関する安全性レビューが完了

■申請した治験プロトコールに基づいて臨床試験を開始

 オンコリスバイオファーマー<4588>(東マ)が開発を進める新規エピジェネティックがん治療薬OBP−801のPhaseI臨床試験のIND(治験薬)申請を本年11月21日提出していたが、この度、アメリカ食品医薬品局(FDA)によるOBP−801の治験薬に関する安全性レビューが完了した。同時に申請した治験プロトコールに基づいて臨床試験を開始することに了解を得た。

 OBP−801は、平成21年10月にアステラス製薬からライセンス導入し、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成金を活用し、臨床試験開始に必要な前臨床試験データを揃えて、米国でのPhase I臨床試験のIND申請を行っていた。
 今回のFDAによるレビュー完了の結果を受け、OBP−801の初めての臨床試験(First in Human試験)の開始準備を進める。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | IR企業情報
2014年12月22日

スターティア 持分法適用関連会社のMACオフィスとランサーズが建築設計デザインの分野において業務提携

■ランサーズに寄せられるオフィスデザイン依頼に対し、MACオフィスがオフィスデザインに必要な全てのディレクションを担う

 スターティア<3393>(東1)の持分法適用関連会社であるMACオフィスとクラウドソーシング大手のランサーズは、建築設計デザインの分野において業務提携を行った。

 同社の持分法適用関連会社であるMACオフィスは、企業の戦略的なオフィス探しから、移転、開設、改装などに伴うオフィスの企画、設計、デザイン、それらに附随する各種工事に関するオフィスコンサルティング事業を行っている。
 一方、ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」の運営会社である。上場企業を始めこれまで101,000社以上に利用され、登録数は国内最多の約41万人に達している。

 今回の業務提携により、ランサーズに寄せられるオフィスデザイン依頼に対し、MACオフィスがクライアント企業へのヒアリング、現場調査、要件定義、デザイナーアサインなど、オフィスデザインに必要な全てのディレクションを担うことができるため、クライアント企業はオフィス移転や開設、改装などの経験がなくとも、MACオフィスに相談をしながらプロジェクトを円滑に進められることで、より安心してクラウドソーシングを利用することができる。
 また両社は、クラウドソーシング事業を通じて地方創生や育児や介護中の男女などへの多様な働き方の提案についても積極的に取り組む方針。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | IR企業情報

インフォコム テレビCM2作が「BRAND OF THE YEAR 2014 消費者を動かしたCM展開」を受賞

■「めちゃコミック」は、放送開始1カ月目で新作CM のCM 好感度トップ10入り

 インフォコム<4348>(JQS)のグループ会社で、ネットビジネスを展開するアムタスは、電子書籍配信サービス「めちゃコミック」でのテレビCM2作が、CM総合研究所が表彰する「BRAND OF THE YEAR 2014 消費者を動かしたCM展開」を受賞した。

 「BRAND OF THE YEAR 2014」は、月例CM好感度調査にもとづき発表されるもので、CMオンエアした商品・サービス全7,707銘柄のうち161銘柄が受賞。「めちゃコミック」は、放送開始1カ月目で新作CM のCM 好感度トップ10入りをするなどの快挙も遂げており、年間を通して好評であった。

 「めちゃコミック」は年間売上高100億を超える(2013年度実績)国内トップクラスの電子書籍配信サービス。7月には月間売上が過去最高の10億を突破し、月間サイト来訪ユニークユーザー数は500万人を超えるなど着実に成長している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:50 | IR企業情報
2014年12月19日

東京個別指導学院は二番底形成で本格出直りへ、進研ゼミの相乗効果、クラスベネッセのサービス開始は好材料

■ベネッセ教育総合研究所を招きオープニングイベント開催、取り組み本格化

 ベネッセ傘下の東京個別指導学院<4745>(東1・売買単位100株)が、12月15日に開始した「クラスベネッセ」は、塾のノウハウをもとに進研ゼミの教材を用いて自学自習力を指導し、子どもたちの主体性を伸ばす新サービス。同社は業界シェア拡大を、協業先のベネッセコーポレーションは進研ゼミの継続率向上と新規会員獲得をそれぞれ目指す。

 同社は第一号店「クラスベネッセ仙川」の教室開校にあたり、ベネッセ教育総合研究所を招いた本格的な保護者向けの講演を含むオープニングイベントを12月20日から4日間にわたり開催する(講演は21日まで)。同社が新規開校にあたりこうしたイベントを実施するのは初。新業態の成功に注力している。

 講演ではベネッセ教育総合研究所の持つ豊富な研究データにもとづき、グローバル化をはじめとする未来の社会における環境の変化を予測。今の子どもたちに必要な主体性を育む教育の姿を描き出し、具体的なアドバイスを保護者に提供するとともに、その中でクラスベネッセがサポートできることを明確にする。目的を伝えることで新サービスの価値への深い理解を促し集客につなげる。学習相談会なども同時開催の予定。

 東京個別指導学院の業績のあしもとは好調だ。同社の今後の継続的な成長は、今の体力を生かし、子どもたちの未来を考え、必要なサービスを開発していくこうした新業態への取り組みの上に期待できる。

 株価は年初来高値が490円(7月7日)、同安値が240円(1月6日)で19日(金)は373円と、高値と安値の「中間値」(365円)を上回り堅調に推移している。しかも、チャートは350円台で二番底を形成し本格出直りの期待できる形となっている。

クラスベネッセでは、1人のコーチが4人の生徒を個別フォローする
クラスベネッセでは、1人のコーチが4人の生徒を個別フォローする



提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:10 | IR企業情報

キーコーヒー:直営ショップ新春企画〜先行予約でオリジナルカレンダー

■「コーヒーお楽しみ箱2015」、「コーヒー豆福袋」1/1発売開始!

 キーコーヒー<2594>(東1)は、全国のキーコーヒー直営ショップで、2015年度の新春企画商品「コーヒーお楽しみ箱2015」、「コーヒー豆福袋」の2アイテムを、数量限定で発売する。どちらも、人気アイテムを詰め合わせた、新春限定のお買い得商品となっている。また、先行予約特典サービスも用意した。

キーコーヒー:直営ショップ新春企画〜先行予約でオリジナルカレンダー

■「コーヒーお楽しみ箱2015」

 人気のアロマフラッシュや真空パック(VP)を詰め合わせたレギュラーコーヒーセット ・販売価格3000(税込)/箱

 【詰め合わせ内容】・アロマフラッシュ 90g・粉×4缶(トアルコ トラジャ/有機栽培珈琲 やわらかな味わい/エチオピア モカ/氷温熟成珈琲)

・真空パック(VP)200g・粉×3個(トラジャブレンド/スペシャルブレンド/キリマンジェロブレンド)※5,000円相当

■「コーヒー豆福袋」

 「トアルコ トラジャ」、「氷温熟成珈琲」などのコーヒー豆を、キーコーヒーオリジナルのトートバッグに詰め合わせたプレミアムな福袋。

・販売価格5,400円(税込)、10,800円(税込)、32,400円(税込)の3種類で展開する。

<先行予約特典>

 2014年12月15日(月)〜31日(水)の期間中、「コーヒーお楽しみ箱2015」または「コーヒー豆福袋」を合計5,400円(税込)以上予約した顧客に、先着順でオリジナルの『2015年度版 トアルコ トラジャカレンダー』(壁掛けタイプ、A3サイズ)を1部プレゼントする。

 なお、先行予約特典は、カレンダーがなくなり次第終了する。

キーコーヒー:直営ショップ新春企画〜先行予約でオリジナルカレンダー

>>キーコーヒーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:45 | IR企業情報

アドアーズ セブン銀行のATMを3店舗に設置

■カード決済サービスに続き、お客の利便性を高めるため

 アドアーズ<4712>(JQS)は19日、セブン銀行のATMを3店舗に設置することを発表した。

 クレーンゲームやアーケード、プリクラなどの、硬貨を直接マシンに投入するゲームジャンルでの利便性向上に向けて、旗艦店舗を含むアドアーズ渋谷店・アドアーズ錦糸町店・アドアーズ上野アメ横店の3店舗にセブン銀行のATM設置を開始する。

 既に、8月からは、運営店舗における、主力ジャンルであるメダルゲームジャンルでは、一度に数万円単位でメダルを購入するヘビーユーザーに向けて、キャッシュレスかつスピーディなメダルの提供ができるよう、メダルゲーム設置店舗全店における、カード決済サービスを開始している。

 今回のATM設置も、お客の利便性を高めるためのもので、同社は引き続きサービスを向上し、快適な遊空間の提供に努めるとしている。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 日本の作家の世界進出を行なうプロジェクト『Japan Authors‘ Gallery KAORI』をスタート

■第一弾の目玉として、宮部みゆきの『模倣犯』の世界配信を本日開始

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は19日、日本の作家の世界進出を行なうプロジェクト『Japan Authors‘ Gallery KAORI』をスタートした。“日本文化の薫りを世界へ”というコンセプトのもと、このプロジェクトを『KAORI』とネーミングし、同社の作家エージェンシーでネットワークする作家の作品を、世界に向けて翻訳、電子書籍制作、配信する。

 第一弾の目玉として、毎日出版文化賞特別賞受賞、ならびに芸術選奨文部科学大臣賞文学部門受賞、累計400万部を超える大ベストセラー小説、宮部みゆきの『模倣犯』の世界配信を本日開始。英語版タイトルは『Puppet Master vol.1』、生身の人間を人形のように弄ぶ“模倣犯”の冷酷さ、残忍さ、狡猾さを描写している。表紙絵はニューヨークで芸術家として活躍中の村尾亘が描き下ろしている。Amazon Kindle、Apple iBooksをメインに、今後配信プラットホームを増やしていく予定である。

クリーク・アンド・リバー社 日本の作家の世界進出を行なうプロジェクト『Japan Authors‘ Gallery KAORI』をスタート

 また、本プロジェクトでは、実写版ハリウッド映画が製作に向けて動いていると報じられているSF漫画の金字塔『コブラ』(寺沢武一著)を筆頭に、様々なジャンルのマンガ10タイトルを順次配信することを決定している。同社では、今回配信する作品を海外戦略の試金石として販売動向を見守りながら、今後の作品ラインアップやマーケティング戦略の参考とする。

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | IR企業情報

東京個別指導学院:「イード塾アワード」・総合部門【最優秀賞】3年連続で受賞

■2014高校生・大学受験生/個別指導〜「講師が良い塾」など第一位が3部門も

 東京個別指導学院<4745>(東1)は、株式会社イードの教育情報サイト「リセマム」が実施した学習塾に関する顧客満足度調査の「イード塾アワード2014高校生・大学受験生/個別指導」で3年連続の「最優秀賞」を受賞し、総合部門に加え、塾として大切な観点として重視している3つの項目、「講師が良い塾」「授業がわかりやすい塾」「成績が上がる塾」として高い評価を受け第1位を受賞した。

 同社では、「今後もお客様のご期待に添えるよう、生徒1人ひとりの目標達成に向けて、サービス品質の向上を目指してまいります。」とコメントしている。

イード塾アワード2014高校生・大学受験生/個別指導
http://www.iid.co.jp/award/2014/cramschool.html#anc05

東京個別指導学院:「イード塾アワード」・総合部門【最優秀賞】3年連続で受賞


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:11 | IR企業情報

パイプドビッツ 「美歴BIREKI」の店舗管理サービスを提供開始

■美歴を利用している美容師の管理、育成を支援

 パイプドビッツ<3831>(東1)は、2014年12月18日に、美容室の顧客満足度向上と再来店率向上を促す電子カルテ共有アプリ「美歴BIREKI」の店舗管理サービスを提供開始。また、iOS向けアプリの提供を開始し、機能改善アップデートも実施。

 店舗管理サービスは、美歴を利用している美容師の管理、育成を支援する。店舗内での情報共有だけではなく、FacebookやTwitter、LINEなどのWebサービスでは困難だった、美容師と顧客とやりとり(メッセージやヘアカルテなどのカード送付)を店舗側で常時把握、一元管理でき、適切な指導をサポートできる。

 また、美容師と客のコミュニケーションを把握、管理することも出来る。リアルタイムでやり取りを確認できるため、タイムリーなアドバイスを実現できるほか、履歴がアーカイブされるため、再来店に繋がった顧客フォローの具体例共有による教育や、失客対策などを通じた再来店率向上をサポートする。

 更に、美容師ごとの客数や、カルテ作成数、インビテーションカード等のアイテムの所持状況をひと目で確認、管理できる。

 スマートフォンアプリ「美歴BIREKI」をiOS向けにも提供開始し、併せてアップデートを実施し機能改善や不具合修正に対応。引き続き、「美歴BIREKI」を最大30サロン限定で試験運用し、2015年春の正式版提供開始まで、より便利に使えるように、改善する。

App Store「美歴BIREKI」
https://itunes.apple.com/jp/app/mei-libireki-mei-rong-shitoo/id922858131?mt=8
Google play「美歴BIREKI」
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pi_pe.bireki4android
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | IR企業情報
2014年12月18日

パイプドビッツ 「スパイラル プレース(R)」をバージョンアップし、17日に新バージョン1.5.0を提供開始

■新バージョン1.5.0では、新機能「ダッシュボード」を搭載

 パイプドビッツ<3831>(東1)は、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」をバージョンアップし、17日に新バージョン1.5.0を提供開始した。

 新バージョン1.5.0では、新機能「ダッシュボード」を搭載し、グループウェアのトップページを使いやすくカスタマイズできる。個人で配置を並び替えたり、ウィジェット(パーツ)を追加できたりするほか、業務アプリケーションへのリンクなどをまとめてハブ化することや、管理者が従業員に固定ウィジェットを設定するができ、適切な業務スタートページを実現する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:47 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズ 期間限定で、伊勢丹新宿店に『Salad Cafe』を出店

■ロングヒット商品の「金平蓮根の和サラダ仕立て」をはじめ、和サラダを中心にしたサラダ料理を発売

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は18日、2015年1月2日(金)より期間限定で、伊勢丹新宿店に『Salad Cafe』を出店すると発表した。

 『Salad Cafe』は、「サラダ料理で新しい世界を食卓に」をコンセプトに、関西・関東の百貨店やショッピングモールを中心にサラダ専門店として全16店舗で展開している(2014年12月現在)。

 今回、伊勢丹新宿店で期間限定で出店することになった。出店する『Salad Cafe』では、和サラダを中心にしたサラダ料理を発売。ロングヒット商品の「金平蓮根の和サラダ仕立て」をはじめ、伊勢丹新宿店限定で、湯葉と緑野菜をほんのり柚子香る冷製あんで和えた「北海道産帆立と緑野菜の和風あん仕立て」や、新春の華やかさを桜えびで表現し和風ドレッシングとマヨネーズで味付けをした「桜えびと鰹節の和風オニスラポテト」など、限定商品もラインナップ予定。その他、『Salad Cafe』で人気のサラダ料理や東芝植物工場にて生産しているカップ野菜も販売予定。

 出店期間は、1月2日から2月23日まで。通常の営業時間は10時30分から20時までであるが、1月2日は10時からオープンする。

ケンコーマヨネーズ 期間限定で、伊勢丹新宿店に『Salad Cafe』を出店

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | IR企業情報

ラクーン スーパーデリバリーにワールドが出展

■ワールドの商品をネット卸サイトで扱うのは「スーパーデリバリー」が初めて

 ラクーン<3031>(東マ)は、同社が運営するファッション・雑貨の小売店向け卸サイト「スーパーデリバリー」に、ワールドが出展することになった。

 ワールドの出展により、「スーパーデリバリー」としてはこれまで取り扱いのなかったワールドの商材を扱うことで、サイトを利用する小売店に対し付加価値の高いものを提供できることになった。
 また、ワールドの商品をネット卸サイトで扱うのは「スーパーデリバリー」のみとなるため他卸サイトとの差別化や新たな顧客層の集客につながるものと期待している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | IR企業情報

日本エンタープライズ 子会社の交通情報サービスは割引クーポンサービスの提供を開始

■『ATIS交通情報』デラックスコースの付加価値サービスとして提供

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社の交通情報サービスは、スマートフォン向け情報サービス『ATIS交通情報』【デラックスコース】の会員へ向け、全国20万以上の店舗で利用可能な割引クーポンサービスの提供を開始した。

 『ATIS交通情報』は、渋滞情報、規制情報、SAPA(サービスパーキングエリア)情報、高速開通情報、交通ライブ映像に加え、天気情報、乗換案内、鉄道運行情報、フェリー情報などのお役立ち情報を提供するフィーチャーフォン、スマートフォン向けの情報サービス。

 割引クーポンサービスは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのスマートフォンで利用可能な『ATIS交通情報』デラックスコースの付加価値サービスとして提供するもので、コース会員は、ホテル、ツアー旅行、航空券、レンタカー、レジャー施設、ガソリン、映画、チケット、グルメ、スポーツ施設、育児サービス、介護サービス、英会話やクッキングスクールなどを割引価格
で利用・購入できるようになる。
 初回登録後、店舗・商品一覧から利用したいクーポンを選択し、クーポンを店頭で提示するだけで割引が適用される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:13 | IR企業情報

ミロク情報サービス 12月16日(火)より新コンテンツ「bizpow(ビズポ)」を無料提供開始

■オープン時には約70のコンテンツを公開し、毎月約14本のコンテンツ

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)が運営するビジネスサイト「bizocean(ビズオーシャン):( http://www.bizocean.jp ))は、12月16日(火)より若手ビジネスパーソンを対象とした新コンテンツ「bizpow(ビズポ):(http://bizpow.bizocean.jp)」を無料で提供開始した。オープン時には約70のコンテンツを公開し、その後は、毎月約14本のコンテンツを更新していく。

 「bizpow」は、20代前半から30代前半までの若手ビジネスパーソンを対象としており、オリジナルに企画・制作した「おもしろパワポ」と「ビジネスコラム」を提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | IR企業情報

スターティア 2015年2月21日より新しいコーポレートロゴおよびコーポレートスローガンに変更

 スターティア<3393>(東1)は、設立20年目を迎える2015年2月21日より新しいコーポレートロゴおよびコーポレートスローガンに変更する。

 尚、合わせて子会社であるスターティアラボに関しても2015年2月21日より新しいコーポレートロゴに変更する。

 新たなコーポレートロゴについて、コーポレートカラーの落ち着いたブルーは、日本を代表するITグローバル企業を目指す上で相応しい信頼感や王道感を意図し、やや斜体のかかった小文字のロゴタイプ「startia」は、事業への革新性やスピード感を表現。またロゴ上部の曲線はスターティアという社名から「星の軌跡」を表現している。

 また新たなコーポレートスローガンは、一見難解で分かりづらいIT技術やサービスを、最先端の三文字に込めつつそれらを人間らしく、分かりやすく提供・支援するという意味を込めている。

スターティア 2015年2月21日より新しいコーポレートロゴおよびコーポレートスローガンに変更

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | IR企業情報
2014年12月17日

兼松は兼松日産農林へのTOBの結果及び連結子会社化を発表

■引続き株式上場は維持する方針

 兼松<8020>(東1)は17日、14年11月4日から12月16日まで行っていた兼松日産農林へのTOBの完了と併せて、14年12月24日付けで兼松日産農林を連結子会社化する予定であると発表した。

 TOB価格は1株200円。TOBの結果、買付代金は15億6720万円、議決権所有割合は32.1%から51.0%になり、兼松日産農林は兼松の連結子会社となった。これにより、経営意思決定及び戦略実行のスピード化を図り、今後需要の増加と事業の多角化が見込まれる監視カメラ市場で、両社のノウハウを活かし市場の伸長に対応する。

 また、かねて発表(14年10月31日)した通り、引続き兼松日産農林の株式上場は維持する方針である。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:33 | IR企業情報

日本エンタープライズ 『レジャー&駐車場情報』を「スゴ得コンテンツ」で、12月16日より提供開始

■様々なジャンルのコンテンツを、定額使い放題で利用可能

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社の交通情報サービスは、 スマートフォン向け情報サービス『レジャー&駐車場情報』を、NTTドコモのスマートフォン向け定額サービス「スゴ得コンテンツ」で、12月16日より提供開始した。

 『レジャー&駐車場情報』は、動物園・水族館・遊園地など全国のアミューズメントやレジャー施設、観光スポットの位置・詳細情報、季節イベント情報の閲覧ならびに、駐車場検索、料金、収容台数、満車・空車情報を確認できるスマートフォン向けサービス。これまでKDDIの「auスマートパス」、ヤフーの「Yahoo!プレミアム」、NTTドコモの「dメニュー」で提供してきたが、今回、NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」でも、配信開始する。

 「スゴ得コンテンツ」は、NTTドコモのスマートフォンならびにタブレット向けサービスで、ユーザーはニュースや天気、ゲーム、地図、ナビゲーションなど様々なジャンルのコンテンツを、定額(380円・税抜)使い放題で利用できる。スマートフォンを初めて使う人や有料コンテンツを利用したことのない人でも楽しめる定番コンテンツを揃えている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | IR企業情報

パイプドビッツ 連結子会社であるペーパレススタジオジャパンの増資を全額引き受けることを決議

■既存及び新規の取り組みのための積極投資と財務基盤強化が目的

 パイプドビッツ<3831>(東1)は、16日開催の取締役会で、連結子会社であるペーパレススタジオジャパン(以下「PLSJ」)の増資を全額引き受けることを決議した。

 PLSJは、BIM 建築情報プラットフォーム「ArchiSymphony(アーキシンフォニー)」の普及拡大に向けて各種プロジェクトを展開している。今回の増資により、主力事業「ArchiSymphony」の提供に関する既存及び新規の取り組みのための積極投資を行うとともに、財務基盤を強化する。

 増資の金額は、1億円。払込期日は、12月24日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | IR企業情報