[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/23)日本エンタープライズ NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供開始
記事一覧 (10/23)P&Pホールディングス モニター&サンプルサイト「もにったー」で「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始
記事一覧 (10/22)フライトホールディングスなど3社:Windows版モバイルクレジット決済ソリューション構築
記事一覧 (10/22)アールテック・ウエノ 中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウムで、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表される
記事一覧 (10/22)ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場
記事一覧 (10/22)クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催
記事一覧 (10/21)アールテック・ウエノ 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験症例登録完了
記事一覧 (10/20)エフティコミュニケーションズ 子会社アントレプレナーはアレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表
記事一覧 (10/18)スターティア マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展
記事一覧 (10/18)トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売
記事一覧 (10/18)物語コーポレーション:上期前半動向は売上高・来店客数ともに連月増加
記事一覧 (10/17)寿スピリッツ:全セグメントが前年上回り上期売上高(概算)10.4%増
記事一覧 (10/16)フランスベッドホールディングス 子会社のフランスベッドは東京ビッグサイトで行われる「ホスペックス・ジャパン2013」に出展
記事一覧 (10/16)パイプドビッツ PC向け「美歴マガジン」を10月15日に提供開始
記事一覧 (10/15)ティー・ワイ・オー 株式の売出しに関し、売出価格等を決定
記事一覧 (10/15)インフォコム グループ会社のアムタスとイストピカ、韓国で本格ファンタジーRPG「The Lost Legend of Avalon」配信開始
記事一覧 (10/15)パイプドビッツ 第11回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」で50位中39位を受賞
記事一覧 (10/15)ミロク情報サービス 「経理業務を徹底的に効率化するセミナー&フェア」を10月17日(木)から全国主要10都市で開催
記事一覧 (10/15)スターティア 第11 回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近3年間の売上高成長率66%を記録し、40位を受賞
記事一覧 (10/15)アドアーズ カラオケアドアーズ秋葉原店の9階フロアを全面リニューアルし、10月12日午前10時よりオープン
2013年10月23日

日本エンタープライズ NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供開始

■今後は毎月2種類ずつ新しいゲームを追加

 日本エンタープライズ<4829>(東2)は、NTTドコモのスマートフォン向け定額サービス「スゴ得コンテンツ」向けに、誰もが気軽に楽しめるゲームポータルサイト「ちょこっとゲーム forスゴ得」を10月22日(火)より提供を開始する。

 「ちょこっとゲーム forスゴ得」は、電車の中や休憩時間など、暇な時に、誰でも簡単に遊べる定番・ミニゲームを配信するゲームポータルサイト。まずは、リバーシやソリティアなど、人気ゲーム6種類を取り揃え、今後は毎月2種類ずつ新しいゲームを追加していく。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | IR企業情報

P&Pホールディングス モニター&サンプルサイト「もにったー」で「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始

 P&Pホールディングス<6068>(JQS)が運営しているおトクに楽しいモニター&サンプルサイト「もにったー」は、マンガNO.1の電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブ ジャパン(以下eBookJapan)との共同で、「おトクに試して漫画を読もう!eBook図書券で電子書籍を試そう」キャンペーンを開始する。

 「もにったー」は、様々な商品やサービスをおトクにお試しできるモニターサイトであり2011年のサイト開設以降、すでに170社を超える企業の商品をPRしている。

 eBookJapanは国内最大級の総合電子書店で、16万冊を超える電子書籍を取り扱っている。特にマンガに関しては取り扱い冊数9万冊を超える圧倒的な品揃えである。

 また、WEB上で蔵書管理ができる「トランクルーム」機能、スマートフォン・タブレットなどにブックリーダーアプリのインストールが不要で、ブラウザで読書ができる「ブラウザ楽読み」機能など、高いユーザビリティをユーザーに提供している。

 今回のキャンペーンは、「もにったー」内のサービスである、消費者がお届けに関する配送費の負担だけで希望の商品が試せる「トクもに」の10月度申込者を対象に、eBookJapanの電子書籍を購入できる「eBook図書券(525円分)」を商品に同梱して届ける内容となっている。

■キャンペーンについて
2013年10月23日(金)配送分より同梱を開始。
配布予定出荷数量に達し次第、予告なくキャンペーンを終了することがある。

>>P&PホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | IR企業情報
2013年10月22日

フライトホールディングスなど3社:Windows版モバイルクレジット決済ソリューション構築

■安全で顧客満足度高いサービス、年内に提供開始

 フライトホールディングス<3753>(東マ)の100%子会社株式会社フライトシステムコンサルティング(フライトシステム)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)、株式会社エスキュービズム(エスキュービズム)の3社は、法人向けWindows8タブレット「HP Elite Pad900」を活用したモバイルクレジット決済ソリューションを共同で構築すると発表した。サービスの提供開始は、本年中を予定している。

 インターネットショッピングマーケットの急拡大に伴い、多くの小売業店舗でタブレット端末など汎用的なモバイル機器を導入する動きが加速している。これは、従来型の専用端末に比べ、タブレット端末が複数のアプリケーションを搭載できるため、1台の端末で接客・決済・商品管理など多様な業務に活用できるメリットがあり、事業者にとっては運営の効率化に直結する点でチャームポイントとなっている。

 特に、Windows OS以外の端末を業務で利用するには、システム開発、既存システムとの連携、セキュリティ確保のために、新たな投資を必要とするケースが多いのが現状だ。

 こうした事情を踏まえ、このたび3社が共同して構築するシステムは、エスキュービズムが開発する売上管理、商品・多店舗在庫管理や顧客管理といった

 タブレット向けPOS システム「EC−Orange POS(EC オレンジポス)」と、フライトシステムが開発するクレジット決済ソリューション「ペイメント・マイスター」を日本HP の「HP ElitePad 900」と装着型の「HP ElitePad 900 リテールジャケット」に連携したもので、接客から精算、クレジットカード決済までの一貫したモバイル決済が、「HP ElitePad 900」だけで可能になり、店頭以外、外出先、イベント会場など場所を問わず顧客サービスを完璧に提供できるとともに、Windows 8 を搭載した「HP ElitePad 900」の活用で、Windows 上で構築した既存の基幹システムやアプリと連携できるので導入コストを抑え効率化が図れる。

 クレジット決済センターは、三菱UFJ ニコスへの接続を予定しており、日本クレジットカード協会の「スマートフォン決済の安全基準に関する基本的な考え方」に準拠した高いセキュリティ環境を確保し、インターネット経由でクレジットカードの高速処理を実現、安全性、顧客満足度の高いサービスの提供を目指す。

>>フライトホールディングスのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:19 | IR企業情報

アールテック・ウエノ 中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウムで、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表される

■2年間の経過観察において、視機能は治験前よりは依然として改善

 アールテック・ウエノ<4573>(JQS)が網膜色素変性治療薬として開発中のウノプロストン(開発コード: UF−021)について、平成25年(2013)年10月13日から中国重慶で開催された国際臨床視覚電気生理学シンポジウム(以下ISCEV 2013)において、千葉大学による網膜色素変性に対する第2相臨床試験完了から2年後の視機能変化について発表された。

 千葉大学大学院医学研究院眼科学の中村洋介助教は、「網膜色素変性に対するUF−021点眼液24週間投与の第2相臨床試験が終了した後、大学自主研究として治験に参加した22名の患者において、2年間にわたる視機能変化の経過観察を実施した。24週間のUF−021投与により改善した視機能は、投与終了後減弱したことにより、視機能改善はUF−021の効果と考えられた。また、2年間の経過観察において、視機能は治験前よりは依然として改善していたことから、UF−021による視機能維持効果が長期に持続している可能性が示唆された。」と発表された。

 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード: UF−021)点眼液は、2010年2月に第2相臨床試験を完了し、中心部網膜感度が改善する患者の数を増やせると期待できるような結果が得られた。現在、国内において第3相臨床試験を実施しており、この度症例登録が完了した。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | IR企業情報

ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場

■ファミリーレストランのメニュー材料として石垣産ユーグレナが使用されるのは初めて

 ユーグレナ<2931>(東マ)は、セブン&アイ・フードシステムズの安心・安全・やさしさをお届けするレストラン「デニーズ」が10月29日(火)より提供するメニュー『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』に、同社が生産、販売する石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)が食材として採用されることを発表した。なお、ファミリーレストランのメニュー材料として石垣産ユーグレナが使用されるのは初めてとなる。

 今回の石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』は、栄養アドバイザー石坂優子氏監修の美と健康に良いものを取り入れたハンバーグ御膳。ハンバーグは豚ひき肉をベースに、生活改善に役立つ「まごわやさしい」食材と59種類の栄養素を含む「石垣産ユーグレナ」を加えた栄養バランスの良い仕上がりとなっており、ゆずの香りがする和風だしの銀あんかけ。またハンバーグの下には塩麹で蒸したホウレン草、レタス、パプリカなどの10種の野菜を敷き、素材そのものがもつ食感や風味を生かしながら野菜を楽しめるように工夫している。なお本メニューは「デニーズ」にて提供される美・健康メニュー全6品のうちの1つとして登場する。

ユーグレナ 石垣産ユーグレナが入った『黒の美健バーグ膳〜銀あん仕立て』が「デニーズ」のレストランメニューとして10月29日より登場

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催

■日本の書籍を一堂に会して紹介する機会を望む韓国出版社からの強い要望に応えて実施

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)と子会社のソウル現地法人CREEK & RIVER KOREA Co.,Ltd . (本社:韓国ソウル、代表取締役社長:朴在弘、以下CRK)は、10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催する。

 このブックフェアは、日本の人気新刊書籍を中心に70タイトルほどを展示し、韓国出版社の著作権担当者、編集者を招待して、日本書籍の翻訳出版について商談を行なう内容となっている。日本の書籍を一堂に会して紹介する機会を望む韓国出版社からの強い要望に応えて、実施することになった。日本から文芸作品、ビジネス書、児童書、実用書等の分野の書籍を展示し、同社およびCRKの担当エージェントが、それぞれの書籍の内容や、日本での売上や人気度、韓国で販売する場合の希望単価・部数等を説明し、日本の出版社に代わって契約交渉を行う。

 日本から書籍を出展する出版社は、PHP研究所、新潮社、中経出版、総合法令出版社、ポプラ社、岩崎書店等17社。韓国の出版社約30社が集まり、自社の志向性と合う書籍について、同社とCRKのエージェントが直接相談を行う。

 同社およびCRKは、本年6月に韓国ソウルで行なわれた「第19回ソウル国際ブックフェア2013」に出展し、数多くの韓国出版社の担当者に日本の書籍を展示説明して50件以上の商談をおこなった。そのことをきっかけとして今年5月、韓国で60万部以上を売り上げた大ベストセラー『チェ・コーチのワンジョン・ダイエットときめき「弾力ボディメイク」4週間ひきしめプログラム』(チェ・ソンジョ著/メイツ出版)の日本での発刊プロデュースや、6月には「心を高める、経営を伸ばす(韓国語版)」(稲盛和夫著/韓国経済出版社)を韓国に版権エージェントして発刊する等の実績を上げている。

 同社は2001年8月、ソウル現地法人CREEK & RIVER KOREA Co.,Ltd.を設立し、クリエイター・エージェンシー事業を展開している。現在では上海現地法人のCREEK & RIVER SHANGHAI Co.,Ltd.、さらに北京営業所と連携して、日本・中国・韓国・台湾間で出版物の版権を扱う出版エージェンシー事業を積極的に展開している。事業開始からこれまで、日本の出版物の中国、韓国、台湾での成約冊数も実用書、ビジネス書、小説等1,000冊を超えている。

クリーク・アンド・リバー社 10月21日から24日まで、ソウルのCRK本社で「韓国ミニブックフェア」を共同で開催

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | IR企業情報
2013年10月21日

アールテック・ウエノ 網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験症例登録完了

■試験の結果も重大な副作用の報告はなく、中止例も少なく、極めて順調に進行

 アールテック・ウエノ<4573>(JQS)は、同社が開発を進めている網膜色素変性に対するウノプロストン(開発コード UF−021)点眼液の第3相臨床試験の症例登録が完了した。

 現在有効な治療法が確立していない難病である網膜色素変性に対するウノプロストン点眼液の第3相臨床試験を、平成25年3月より全国の38の医療機関の協力を得て実施している。第3相臨床試験は登録目標を180症例として実施しているが、予定よりも早いペースで症例登録が完了した。

 症例登録が早期に完了し、すでに実施している試験の結果も重大な副作用の報告はなく、中止例も少なく、極めて順調に進行している。そのため、平成26年度内には無作為化二重遮蔽比較試験を完了し、承認申請を行う予定。

 同社の代表取締役社長眞島行彦氏は、予定よりも早いペースで症例登録が完了したことについて、「この度、第3相臨床試験の症例登録が完了したことを大変嬉しく思います。本試験は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)による大規模な支援をはじめ、本難病の克服に挑戦されている多くの眼科医や患者様の多大なるご支援により実施しております。今後も皆様方のご協力を得ながら、臨床試験を進めて、一日も早く本治療薬を待ち望まれている多くの患者様のお手元へお届けできるよう、努力してまいります。」と語っている。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | IR企業情報
2013年10月20日

エフティコミュニケーションズ 子会社アントレプレナーはアレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表

■アレクソンは、有線放送機器及びTA機器等の製造販売、IP電話サービス対応機器やブロードバンドサービスに対応するシステムソリューションを提供

 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS)の子会社であるアントレプレナーは、アレクソンの株式を取得し、子会社化することを発表した。同社にとっては孫会社となる。

 同社の連結子会社であるアントレプレナーは、同社グループのベンチャー企業の支援・育成・投資事業を担う企業として、様々なサービスを提供している。

 一方、アレクソンは、有線放送機器及びTA機器等の製造販売並びに中小規模企業やSOHOの顧客に対し、IP電話サービス対応機器やコンピュータウイルス・スパムメールから企業ネットワークを守る統合セキュリティ機器等、ブロードバンドサービスに対応するシステムソリューションを提供している。

 今回、アントレプレナーは、アレクソンとの強固な関係を築き両社の事業拡大を推進することを目的として、アレクソンの株式を全体の90.1%である21万6,802株取得し、子会社化することを決定した。アントレプレナー及び同社グループが持つ情報通信機器等の販売チャネルとアレクソンが持つIT技術・デジタル領域での製品の企画・製造力を組み合わせることで両社の業容拡大を目指す。

 アラクソンの2013年3月期の業績は、売上高16億3百万円、営業利益1億10百万円、経常利益1億3百万円、純利益57百万円であった。過去3期の業績はいずれも黒字であり、安定している。

 株式譲渡契約締結日は10月下旬、取引実行日は11月上旬を予定している。取得価額については、相手先との契約の関係で非公表としている。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 02:59 | IR企業情報
2013年10月18日

スターティア マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展

■社内IT保守サービス『ネットレスQ』、AR制作サービス『COCOAR』を紹介

 スターティア<3393>(東マ)と子会社のスターティアラボは、マイドームおおさかで10月23日より2日間開催される大阪勧業展2013に出展する。

 スターティアブースでは、社内IT保守サービス『ネットレスQ(ネットレスキュー)』を展示し、スターティアラボブースでは、AR制作サービス『COCOAR(ココアル)』を紹介する。

 大阪勧業展2013は、大阪府内の優秀な中小企業等が一堂に集まり、参加者のビジネスチャンスの拡大、企業間における幅広い交流の促進を図り、大阪府内の地域経済の活性化に資する展示会である。

 出展する『ネットレスQ』は、中小企業向け社内IT保守サービスのことで、同社指定のファイアウォール機器を導入している顧客を対象に、月額3000円でサービスを提供する。例えば、パソコンやプリンタといったITネットワーク周辺機器にトラブルが発生した際に、同社エンジニアが訪問し、復旧作業を行う。このサービスの特徴として、同社より導入したITネットワーク周辺機器以外のトラブルも保守するという点が挙げられ、専任のシステム担当者がいなくても、早期に社内のIT ネットワークのトラブルを解消できる。

 『COCOAR』とはAR制作サービスのことで、特徴として、わずか3ステップでARコンテンツを作成、差し替えが可能なほか、任意の画像をARコンテンツの読み取り用のマーカーに設定し、動画や音楽、電子ブック等、様々なコンテンツを閲覧することができる点が挙げられる。具体的には、紙媒体で利用している営業資料の画像等をマーカーとして設定し、コンテンツを閲覧することが可能となる。これにより、営業提案時に競合との資料の差別化を促し、販売促進を強化することが可能である。

 尚、スターティアブースでは、この他に、中小企業向けクラウドサービス『デジタリンククラウド(URL:http://cloud.digitalink.ne.jp/)』の展示、スターティアラボブースにおいては電子ブック制作サービス『ActiBook(アクティブック)(URL:http://ebook.digitalink.ne.jp/)』や、Web サイト制作・運用サービス『CMS Blue Monkey(シーエムエスブルーモンキー)(URL:http://cms.digitalink.ne.jp/)』も同時に展示する。

■大阪勧業展 2013の概要
会期:2013 年10 月23 日(水) 10:00〜17:00
2013 年10 月24 日(木) 9:30〜16:00
場所:マイドームおおさか 展示ホール 1 階〜3階(大阪市中央区本町2−5)
(スターティアブース:ブースNo:L ブース番号:26)
(スターティアラボブース:ブースNo:L ブース番号:17)
主催:大阪商工会議所、堺商工会議所、大阪府商工会連合会
入場料:無料(事前申し込み不要)
詳細URL:http://www.osaka.cci.or.jp/kangyo2013/index.html

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | IR企業情報

トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売

■生地のソフトな風合いとブラインドのスラットのような調光機能を併せ持つ調光ロールスクリーン

 トーソー<5956>(東2)は、調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売する。

 「ラクーシュ」は、生地のソフトな風合いとブラインドのスラット(はね)のような調光機能を併せ持つ調光ロールスクリーン。室内側・室外側の薄地(ボイル)と厚地を特殊な織り方で1枚に仕上げたファブリックを使用しており、スクリーン側面から見ると、まるで内外の薄地を橋渡ししたように見える厚地の角度を変えることで調光するしくみとなっている。

 生地はポリエステル100%で、6色をラインナップ。全色防炎品かつホルムアルデヒドの放散量が少なく安全とされるF☆☆☆☆認定品(インテリアファブリックス性能評価協議会の基準に基づいたホルムアルデヒド対策認定品。)なので安心して使用できる。

 従来のロールスクリーンにはない柔らかさ、しなやかさが、ワンランク上の洗練された空間を生み出す。

トーソー 調光ロールスクリーンの新製品「ラクーシュ」を11月5日(火)より全国で販売

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | IR企業情報

物語コーポレーション:上期前半動向は売上高・来店客数ともに連月増加

■全店舗が前年比13.2%(売上高)、6.6%(来客数)増と好調続く

 業績好調が続く物語コーポレーション<3097>(東1)の9月月次状況(速報)は、全店舗(FC店・新店舗含む)売上高が前年同月に比べ111.4%、来客数同105.0%となり、上半期前半(7月〜9月)累計では、前年同期比で売上高13.2%、来客数6.6%、それぞれ増加し好調であった。

 既存店(215店舗)累計実績で見ると、売上高(3.0%)、来客数(0.5%)それぞれ増加したものの、部門により斑な動きとなりやや伸び悩みが見られた。特に、例年に比べ9月中も暑い日が続いたことが伸び悩み要因となり、お好み焼き売上高(96.3%)、来客数(90.2%)となった。一方、専門店部門は来店客数が毎月2ケタ伸び、9月は売上高(114.5%)、来客数(116.2%)と好調に推移したことが注目される。

 9月度末の店舗数は、焼肉部門が2店舗(直営・FC各1店)増加し110店舗(直営店70・FC店40店)、ラーメン部門直営店舗1減・FC店舗1増で106店(同32・74)、お好み焼き44店(同17・27)、専門店直営5店舗で265店舗(直営店124店・FC店141店)となった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:48 | IR企業情報
2013年10月17日

寿スピリッツ:全セグメントが前年上回り上期売上高(概算)10.4%増

■多ブランド展開「シュクレイ」48.0%大幅増など主力が好調推移

 寿スピリッツ<2222>(東2)の14年3月期上期(4月〜9月)は、新商品の投入、主力商品の拡販、新規出店の立上げなど積極的な事業施策を推進し、売上高(概算)は前年同期比10.4%増と好調であった。

 特に、施策面では、6月下旬に福岡・大名にフレンチトースト専門店「アイボリッシュ」、7月初旬に東京・表参道にアントルメグラッセと生グラス専門店「グラッシェル」を新規出店し注目された。

 当期のセグメント別動向を見ると、全事業セグメントが軒並み前年同期を上回る売り上げが見込まれ、特に、「ケイシイシイ」、「寿製菓」、「シュクレイ」の3事業での伸びが注目される。

 『ルタオ』ブランドを擁する「ケイシイシイ」は、グループ向け売上の伸長と道内店舗及び通信販売が好調で前年同期比11.0%増、「寿製菓」は『出雲大社の遷宮行事』で観光客が増加した山陰地区が好調で同8.1%増、さらに、首都圏で多ブランド展開している「シュクレイ」は、前期の新規出店効果や既存店舗の好調などで同48.0%の大幅増となった。

 当第2四半期累計業績は、計画を上回る進捗状況とみられるが、当第2四半期及び通期の業績予想は、5月13日公表の業績予想を据え置いた。なお、当第2四半期決算発表は11月5日(火)の予定。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:30 | IR企業情報
2013年10月16日

フランスベッドホールディングス 子会社のフランスベッドは東京ビッグサイトで行われる「ホスペックス・ジャパン2013」に出展

■10月23日(水)から25日(金)までの3日間開催

 フランスベッドホールディングス<7840>(東1)の子会社フランスベッドでは、来る10月23日(水)から25日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで行われる「ホスペックス・ジャパン2013」に出展する。

 展示会における出展テーマを昨年から継続して「安全・安心な医療環境と看護業務の軽減へのご提案」とし、8点の医療関連設備・機器などの出展を予定している。ブース内では、2013年6月の発売以来好評である「超低床フロアベッドFLB―03」、院内感染抑制を目的として、「抗菌銅Cuプラス」を採用した製品シリーズ、停電時緊急ハンドル付き「病院ベッドJS―NM33』、就寝時の患者の状況を検知し、ナースコールを通じて通知する「見守りケアシステム内蔵ベッドFB―033」のほか、集中治療室向けベッド新商品の参考展示を行う。

 マットレスでは、電動ベッドの背上げ動作時に上部へ伸びるようにスライドし、腹部圧迫を軽減するマットレス「スライドマットレスSLD―18」を展示。

 この他、自動ブレーキ付き車いす「セーフティオレンジ」、真横への移動ができる車いす「サイドウェイ」も同時展示する。

 この展示会は、300社以上の企業が出展し、病院・福祉施設関係者など約5万人以上の来場が予想される、医療・福祉施設のための設備・機器総合展。38回目を迎える今回は、最新の医療関連設備・機器などの製品の展示紹介のほか、昨今の医療経営などの課題に対応した「院内感染対策」や「災害医療対策」「介護・福祉リハビリコーナー」など各種企画展示が予定されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | IR企業情報

パイプドビッツ PC向け「美歴マガジン」を10月15日に提供開始

■美容師一人一人の付加価値向上がますます重要

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、2013年5月28日に創刊した、美容師を成長させるスマートフォン向けWebマガジン「美歴マガジン」に続き、PC向け「美歴マガジン」を10月15日に提供開始した。

 美容室業界では、人口減少や低価格美容室の増加などに伴い、美容師一人一人の付加価値向上がますます重要になるといわれており、新たな資格制度創設や業界の垣根を越えた勉強会やセミナー等が全国で頻繁に実施されている。

 しかし、地理的理由や定員により参加できない美容師も多数存在するほか、複数の美容業界ニュースサイトを確認する手間や、サロン専売品の取引先から限定的なメーカー情報を入手している現状も存在する。

 そこでパイプドビッツは、美容師のためのスマートフォン向けWebマガジン「美歴マガジン」を5月28日に創刊し、効率的な情報収集のみならず、美容師一人一人が付加価値を向上しながら、美容師同士で相互に高めあうことができる環境の提供を開始した。今回は、主に若手美容師を中心とした読者からの要望に応え、PC向けWebマガジンの提供を開始した。

 「美歴マガジン」は、技術やコミュニケーション力向上に役立つ著名美容師の特別連載、美容業界のニュースや美容プロフェッショナルメーカーの新着情報、税務や労務アドバイス、異業種成功者インタビューなど、美容師個人の付加価値向上を目的とした知のコンテンツを発信するWebマガジン。購読は基本無料で、一部の有料コンテンツに関しても、安価な月額料金で読み放題またはコンテンツごとの購入が可能。

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | IR企業情報
2013年10月15日

ティー・ワイ・オー 株式の売出しに関し、売出価格等を決定

 ティー・ワイ・オー<4358>(JQS)は、10月4日開催の同社取締役会において決議した同社株式の売出しに関し、売出価格等を決定した。

【株式の売出し】
(1)売出価格1株につき159円
(2)売り出し価格の総額 4,695,429,000円
(3)引受価額 1株につき150.70円
(4)引受価額の総額 4,450,321,700円
(5)申込期間 10/16(水)〜10/17(木)
(6)受渡期日 10/25(金)

・売出価格等の決定に関するお知らせ
http://group.tyo.jp/files/news/20131015_kakakukettei.pdf

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | IR企業情報

インフォコム グループ会社のアムタスとイストピカ、韓国で本格ファンタジーRPG「The Lost Legend of Avalon」配信開始

■事前登録は1万5000人を超える

 インフォコム<4348>(JQS)のグループ会社で、ネットビジネス事業を担うアムタス(東京都渋谷区)とその子会社で、ソーシャルゲームを提供しているイストピカ(東京都渋谷区)は、2013年7月より提供しているiOS向け本格ファンタジーRPGゲーム「アークナイツZERO」の韓国版「The Lost Legend of Avalon」(以下:「L.O.A」)を資本提携するユビヌリ(韓国ソウル市)を通じて韓国で配信を開始した。

 「L.O.A」は、イストピカが企画開発し日本国内で配信する『アークナイツZERO』を韓国向けにローカライズして提供するもの。ナビキャラクターのボイスに、韓国の人気オンラインゲームや多くの映画・アニメ作品に出演した実績のある声優キムセヘを起用するなど、韓国独自の企画を盛り込んでいる。

9月10日より開始した「L.O.A」事前登録キャンペーンでは、サービス開始前に既に1万5千人を超える登録者を獲得。アムタスは、イストピカより『アークナイツZERO』の韓国での配信許諾権を得て、現地パートナー企業であるユビヌリに再許諾してサービスを提供する。ユビヌリは、韓国語版への翻訳等のローカライズ、現地のマーケティングプロモーション、ゲーム運営、カスタマーサポートを担当し、今後は韓国版限定のカードの提供や独自イベントの実施も予定している。

 配信するマーケットは、「Googe Play」、「Apple iTunes Store」の他、SKプラネット「T−Store」、Naver「N−Store」、KT「Olleh Store」、LG「U+」などの主要な韓国内のアプリ配信マーケットへの提供も順次行っていく。

 韓国のスマートフォン普及率は日本を大きく上回っており、スマートフォンゲームアプリ市場も急激に成長している。一方で、ゲームアプリの競争は激化しており、マーケティングの重要性が高まっている。

 アムタスでは、現地パートナーであるユビヌリがこれまでに培った韓国市場のマーケティングノウハウとローカルキャリアとのネットワークを活かし、日本のゲーム開発企業の韓国市場向けゲーム配信を支援していく。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | IR企業情報

パイプドビッツ 第11回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」で50位中39位を受賞

■直近3年間の売上高成長率68%

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、有限責任監査法人トーマツ(本部:東都港区 CEO兼包括代表:天野太道、以下「トーマツ」)が発表した、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下「TMT」)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第11回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近3年間の売上高成長率68%で50位中39位を受賞。

 今後も同社は、創業以来13年連続成長を続ける主力クラウドサービス「スパイラル(R)」を中心に顧客基盤を拡充して、クラウドソリューションのリーディング企業として、様々な情報資産を安全かつ効率的に運用する環境を提供していくとしている。

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:25 | IR企業情報

ミロク情報サービス 「経理業務を徹底的に効率化するセミナー&フェア」を10月17日(木)から全国主要10都市で開催

■豊富な経験に基づいた業務改善におけるノウハウや社内ルールの改善など、具体的な実現方法を解説

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、企業の経理部門を対象に「経理業務を徹底的に効率化するセミナー&フェア」を10月17日(木)から全国主要10都市で開催する。

 第1部では、「経理への情報集約力を飛躍的にアップさせ、効率化を実現するための具体的方法とは」と題し、ミロク情報サービス税経システム研究所の客員講師であり、長年数多くの企業の業務改善を支援してきたトラフィックエイジアの外波氏より、豊富な経験に基づいた業務改善におけるノウハウや社内ルールの改善など、具体的な実現方法を解説する。

 第2部では、ミロク情報サービスよりシステムを活用し、経理業務の効率化に成功した具体的な導入事例を紹介する。

【開催日時・場所】
10月17日(木)東京 新宿センタービル48階 MJSセミナービル(申し込み終了)
10月24日(木)大阪 TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター カンファレンスルーム8B(申し込み終了)
11月8日(金) 札幌 札幌グランドホテル3F 紅葉の間
11月18日(月)福岡 ハイアットリージェンシー福岡 リージェンシーU
11月20日(水)名古屋 キャッスルプラザ4F 皐月の間
11月21日(木)さいたま 大宮MTビル10階 MJSセミナールーム
12月4日(水) 高松 サンポートホール高松 第62会議室
12月11日(水)広島 メルパルク広島 椿の間
12月12日(木)静岡 グランディエールプケ東海 ワルツの間
12月13日(金)北九州 バークサイドビル9階 大会議室

第1部 14時から15時
第2部 15時10分から16時
フェアの部12時から17時
【申込み】
事前登録制(Webより申込み・先着順)
URL:http://www.mjs.co.jp/seminar/makingefficient/tabid/780/index.php

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | IR企業情報

スターティア 第11 回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近3年間の売上高成長率66%を記録し、40位を受賞

■2012年第10回Fast50に引き続き2回目の受賞

 スターティア<3393>(東マ)は、有限責任監査法人トーマツが発表した、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下TMT)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第11 回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近3年間の売上高成長率66%を記録し、40位を受賞した。

 スターティアは、2012年第10回Fast50に引き続き、2回目の受賞となる。今後も、顧客ニーズに合ったサービスの開発を行い、売上高の持続的拡大に取り組むとしている。

 このランキングは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(以下DTTL)が世界約20カ国および北米・欧州・アジア太平洋地域の3地域ごとに実施しているプログラムの日本版で、TMT業界での成長性や成功のベンチマークとなっている。上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、直近3決算期の収益(売上高)成長率の上位50社がランキングされる。

【関連URL】
『収益(売上高)成長率の上位50社』
http://www.tohmatsu.com/jp/fast50/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:42 | IR企業情報

アドアーズ カラオケアドアーズ秋葉原店の9階フロアを全面リニューアルし、10月12日午前10時よりオープン

■「プリンセス」、「ゴシック」、「ライブ」の3つのキーワードをピックアップ

 アドアーズ<4712>(JQS)は、8月に1周年を迎えたカラオケアドアーズ秋葉原店(東京都千代田区神田)の9階フロアを全面リニューアルし、10月12日午前10時よりオープンした。

 コミック・アニメ・コスプレなど、日本のサブカルチャー文化発信地である秋葉原の街において、遊ぶ楽しさ、歌う楽しさをより多くの利用者に届けるために、立地に合わせたフロアのリニューアルを実施した。今回のリニューアルでは、数あるサブカル文化より、「プリンセス」、「ゴシック」、「ライブ」の3つのキーワードをピックアップ。それぞれをモチーフにした、特別なコンセプトルームをオープン。
・お姫様気分が味わえる淡いピンクを基調としたフリフリで可愛いデザインの『プリンセスルーム』
・黒と紫を基調としたシックな中にも豪華なデザインの『ゴシックルーム』
・本格的な照明と音響を配備した『ライブステージルーム』
3つのコンセプトに基づいた独特の空間演出で、普通のカラオケでは味わえない、楽しいカラオケタイムを提供する。

 今回のリニューアルで登場したライブステージルームは、ミニライブやイベントを開催するのに最適な造りとなっている。ステージや照明は本物のライブ会場そのものの雰囲気で、音響にも配慮しており、臨場感のあふれるライブ演出が可能。また、9階フロア限定でコスプレ衣装の無料貸出しを行っている。更衣室を同フロアに用意しているので、コスプレカラオケを楽しみたい人は普段着で来店いただき、着替えてからステージルームでカラオケを楽しむことも出来る。

 コンセプトルームでしか味わえないメニューも登場。可愛らしいお菓子を載せた英国貴族のお茶会のようなスイーツなどが、楽しいカラオケタイムをより一層特別な時間へと誘う。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | IR企業情報