[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/27)インフォコム 電子書籍配信サービスは計画を上回るスピードで100億円達成
記事一覧 (03/26)日本エンタープライズ 総ダウンロード数 2,300万を突破した『歩歩生蓮』の漫画版をコミック化
記事一覧 (03/26)パイプドビッツ 日立ソリューションズによる「スパイラル(R)」の新しい導入事例を公開
記事一覧 (03/26)ケンコーマヨネーズ 「第1回食品産業もったいない大賞」において『食料産業局長賞』を受賞
記事一覧 (03/25)スターティア 子会社の電子ブック閲覧アプリ作成サービスが「絵本ナビ 試し読み」に採用
記事一覧 (03/25)ブロードリーフ 日本ロードサービスと基本合意を締結
記事一覧 (03/25)パイプドビッツ 「スパイラル ビジネスコネクターズフォーラム(SBCF)2014春」を開催
記事一覧 (03/25)ミロク情報サービス 顧客1000名を招いて「MJS DAY」を国立競技場で開催
記事一覧 (03/24)セーラー万年筆:16億円調達、自己資本比率は30%超の見込み
記事一覧 (03/22)パイプドビッツ 下北沢の肉料理vs魚料理の勝敗を決する人気投票キャンペーン開催
記事一覧 (03/22)フランスベッドHD 東洋紡と共同開発した新素材「ブレスエアーエクストラ」採用
記事一覧 (03/20)ロングライフHD ロングライフ国際事業投資がGC社へ出資
記事一覧 (03/20)パイプドビッツ 3月23日の大阪市長選挙に関する意識調査を実施し181名から回答を得る
記事一覧 (03/20)ラクーン 4 月10日に大出版社、PALとの共同セミナーを開催
記事一覧 (03/19)アドアーズ 『サムライフラメンコ』とのコラボイベントを開催
記事一覧 (03/18)ラクーン クラウド受発注ツール「COREC」のサービスを開始
記事一覧 (03/18)クリーク・アンド・リバー社 日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始
記事一覧 (03/17)エストラスト 下関第一生命ビルディングを取得することを決議
記事一覧 (03/14)日本エンタープライズ オンプレミス型の見積徴収システム「Profair−SP」を追加販売
記事一覧 (03/14)空港施設 シンガポールに現地法人を設立
2014年03月27日

インフォコム 電子書籍配信サービスは計画を上回るスピードで100億円達成

■「めちゃコミック」は2013年8月より各携帯キャリア公式サービス1位を独占

 インフォコム<4348>(JQS)のネットビジネス事業の電子書籍配信サービスで2014年3月期の売上高が、当初の見通しを上回るスピードで100億円に達した。

 インフォコムのグループ会社で、ネットビジネス事業を担うアムタスは、電子書籍配信サービス「めちゃコミック」「ekubostore(エクボストア)」の運営を主軸とした電子書籍事業を推進している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:32 | IR企業情報
2014年03月26日

日本エンタープライズ 総ダウンロード数 2,300万を突破した『歩歩生蓮』の漫画版をコミック化

■中国の漫画雑誌「漫品」向けへの連載を開始

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の中国子会社である北京業主行網絡科技有限公司(以下、業主行)は、上海玄霆娯楽信息科技有限公司が運営する中国閲読サイト『起点中文網』にて総ダウンロード数 2,300万を突破した大人気小説『歩歩生蓮』の漫画版をコミック化し、中国の漫画雑誌「漫品」向けへの連載を開始した。

日本エンタープライズ

 現在、中国の契約携帯電話は、12億台を超え、驚異的な増加を続けている。また、携帯電話を活用したモバイルコンテンツ市場は、今後、スマートフォンやタブレットの普及とともに、飛躍的な広がりが期待されている。このような状況のもと、同社グループは、本格的なスマートフォンの普及を見据え、「電子コミック」を中国戦略の大きな柱として掲げ、人気小説「九鼎記」を“電子コミック化”した後、中国最大手の移動体通信事業者であるチャイナモバイルをはじめ、移動体通信事業者各社及び中国IT企業大手の騰訊公司(テンセント)社等の配信プラットフォーム向けに配信を行っており、既に1,000万ダウンロード超の実績を有している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | IR企業情報

パイプドビッツ 日立ソリューションズによる「スパイラル(R)」の新しい導入事例を公開

■クイズキャンペーンシステムやメール配信基盤に採用される

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、日立グループの情報・通信システム事業の中核を担うIT企業でありシステムインテグレーション事業等を手がける日立ソリューションズが提供するファンビジネス向けトータルCRMソリューションにおいて、クイズキャンペーンシステムやメール配信基盤に情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を採用したインタビュー記事を、3月24日に公開した。

 日立ソリューションズは、第1号案件として東京ヤクルトスワローズが導入したSaaS型クラウドサービス「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を2013年9月に提供開始した。その中で、球場での観戦者向けクイズキャンペーンやメール配信のシステムとして「スパイラル(R)」が活用されている。

 スパイラル(R)APIを使って「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」と「スパイラル(R)」をシステム連携することで、会員データを同期した上でファンにメールマガジンなどを送り、ファン育成を推進している。

 また、球団担当者が、「スパイラル(R)」のマイエリア機能で構築された質問登録用Webフォームにログインしてクイズを質問データベースに登録すると、球場では、質問データベース内の情報を参照するようPHPで制作した出題画面が大型ビジョンに映し出され、それを見た観戦者がクイズを楽しむクイズキャンペーンイベントも実施されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:42 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズ 「第1回食品産業もったいない大賞」において『食料産業局長賞』を受賞

■ポテトピールにおける液状飼料化の取り組みが 評価される

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、農林水産省補助事業の平成25年度 食品産業環境対策推進事業における「第1回食品産業もったいない大賞」において『食料産業局長賞』を受賞した。国内初の試みである同社西日本工場(京都府舞鶴市)のポテトピールにおける液状飼料化の取り組みが 評価されたことによる。

『食料産業局長賞』を受賞

 同社はこれまでも、製品を製造する過程に発生するポテトピールや卵殻などは飼料や肥料として再利用して、食品廃棄物の削減を推進し、その他廃棄物についても積極的にリサイクルを実施している。2007年度は 廃棄物リサイクル率90%以上を達成し、2008年度には自社工場(全6工場)にてゼロエミッションを達成した。現在も全工場の達成状況や取り組みの報告会を実施し、ゼロエミッションを継続して達成できるよう 活動をおこなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | IR企業情報
2014年03月25日

スターティア 子会社の電子ブック閲覧アプリ作成サービスが「絵本ナビ 試し読み」に採用

■開発等にかかる作業工数を大幅に削減

 スターティア<3393>(東1)の子会社スターティアラボは、株式会社絵本ナビ(本社:東京都渋谷区)が本日(25日)より提供開始するスマートデバイス向け絵本専門電子ブック閲覧アプリ『絵本ナビ ためしよみ』に対し、「ALP MyAppli Pack」を提供した。

  「絵本ナビ ためしよみ」アプリは スマートデバイスから5,200作品以上の絵本を試し読みできるサービス。年間637万人が利用する参加型絵本情報ECサイト「絵本ナビ」は、これまでPC端末だけで試し読みをすることができたが、スマートデバイスが普及してきたことを受け、様々な端末から気軽に閲覧することができるよう「絵本ナビ ためしよみ」アプリの提供を開始した。スターティアラボでは「絵本ナビ ためしよみ」に対し、自社オリジナルの電子ブック閲覧アプリを作成することができる「ALP MyAppli Pack」を提供した。

  「ALP MyAppli Pack」は スターティアラボが提供する電子ブック作成サービス『ActiBook』の技術を活用し、電子ブック閲覧アプリを作成するサービス。サービスの特徴として、電子ブックのソースコードを利用者に開示することにより、自由に開発し電子ブック閲覧アプリを提供することが可能な点が挙げられる。スターティアラボでは「ALP MyAppli Pack」の提供の他、本サービスを株式会社絵本ナビの要望に沿った仕様にするカスタマイズも行っている。これらサービスを提供することにより、開発等にかかる作業工数を大幅に削減した上で自社オリジナルの電子ブック閲覧アプリを提供することが可能となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | IR企業情報

ブロードリーフ 日本ロードサービスと基本合意を締結

■「街のカーウンセラー」のサービス提供が、全国のイオンGMS店舗の「ガレージステーション」で利用可能となる

 ブロードリーフ<3673>(東1)は25日、マーケティング戦略として2013年秋より「街のカーウンセラー」のサービスブランドの立上げ・浸透に取り組んでいるが、その流れの中で、今回、日本ロードサービス(以下、「JRS」)と基本合意を締結することになった。

 同社は、自動車アフターマーケット産業の発展のためカーオーナーの満足度向上を目指し、顧客である自動車整備・鈑金業者(以下、「顧客」)のサービス向上を支援するサービスブランド「街のカーウンセラー」を昨秋より取り組みを開始しており、新規顧客獲得やネットワーク収益の拡大を目指している。

 一方、JRS は、小売大手のイオンリテール(以下、「イオンリテール」)と基本合意を締結し、イオン大型総合スーパー(以下「GMS 店舗」)に車で来店する利用客へのサービスとして、GMS店舗及び広大な駐車場施設を活用したカーライフサポートサービス「ガレージステーション」プロジェクトを展開、車検・整備・鈑金・塗装及び中古車買取・販売等のサービス提供を想定している。このプロジェクトは、地域社会に貢献する企業・団体と地域行政の協働・連携によって、地域の生活・福祉サービスの向上を目指した新しい社会インフラ基盤「地域LifeNet プラットフォーム」構想の一環として推進する方針。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:53 | IR企業情報

パイプドビッツ 「スパイラル ビジネスコネクターズフォーラム(SBCF)2014春」を開催

■会員管理や顧客管理をする上での課題や狙いを、事例を通してディスカッション

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、4月18日(金)16時より、東京都港区のKP赤坂駅カンファレンスセンターにて、「スパイラル ビジネスコネクターズフォーラム(SBCF)2014春」を開催する。

 SBCFは、「スパイラル(R)」の新機能紹介や情報資産活用の共有、ビジネスコネクター同士の交流など、ビジネスの発展に繋がる機会を、「スパイラル(R)」の利用者や、パートナー制度であるSDP(スパイラル・デベロッパーズ・プログラム)会員に提供するイベント。

 7回目のSBCFとなる「SBCF2014春」では、『マルチクラウドで実現する次世代CRMへの挑戦』〜エーザイ、セレクトスクエア、常陽新聞が語る課題と狙い〜をテーマに、「スパイラル(R)」とのシステム連携をはじめ、マルチクラウドによって顧客と関係性を構築している3社をパネリストとして迎える。会員管理や顧客管理をする上での課題や狙いを、事例を通してディスカッションし、同様の課題を抱える方々のビジネスの気付きに繋がるようなコンテンツを用意する。また、毎回好評の懇親会では、SDPパートナー表彰式も行う。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | IR企業情報

ミロク情報サービス 顧客1000名を招いて「MJS DAY」を国立競技場で開催

■一般来場者先着3690名にオリジナルタオルマフラーをプレゼント

 ミロク情報サービス(以下:MJS)<9928>(東1)は、メインパートナーシップ契約を締結している「東京ヴェルディ」と協力し、4月13日(日)に「MJS DAY」を国立競技場で開催する。

 同イベントでは、MJSのシステムを利用している会計事務所、企業の1000名を招待すると同時に、当日の一般来場者先着3690名へオリジナルタオルマフラーをプレゼントする。

 MJSは、CSR活動の一環として、2008年シーズンより「東京ヴェルディ」とパートナー契約を結び、2011シリーズからは、更に女子チーム「日テレ・ベレーザ」と「東京ベルディユース」を含めて、4年間のメインパートナー契約を締結している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:46 | IR企業情報
2014年03月24日

セーラー万年筆:16億円調達、自己資本比率は30%超の見込み

■積極的経営展開へ向け『中期計画(〜16年12月期)』策定

 セーラー万年筆<7992>(東1)が実施したライツ・オファリングによる資金調達額は総額約1,648百万円となった。

 去る3月14日に権利行使が終了した。今回の新株予約権発行総数に対する行使割合は74.6%であった。その結果、権利行使に伴う交付株式数は53,162,024株となり、3月14日現在の発行済株式総数は124,569,611株、資本金の額は3,347,375,142円となった。

 今回の資金調達により同社の財務内容は大幅に改善され、自己資本比率は30%を上回る見込みであり、これを機に積極的な経営展開を図る。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:59 | IR企業情報
2014年03月22日

パイプドビッツ 下北沢の肉料理vs魚料理の勝敗を決する人気投票キャンペーン開催

■3月29日(土)から4月13日(日)までの16日間

 パイプドビッツ<3831>(東マ)の運営する、地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」が、3月29日(土)から4月13日(日)までの16日間、JCBと小田急電鉄主催の「JCB@小田急下北沢 肉対魚〜春の陣〜」で肉料理と魚料理のどちらに軍配が上がるかを決する人気投票キャンペーンを開催する。

 「JCB@小田急下北沢 肉対魚〜春の陣〜」は、下北沢の「肉」系15店舗と「魚」系15店舗の計30飲食店が参加するグルメイベント。参加店舗では、JCBカード払いで10%割引になるほかデザートサービスや大盛り無料など、歓送迎会シーズンに利用できる。また、下北沢エリアでJCBカードかOPクレジットカード(OPクレジット ハウス除く全券種)を利用すると3,000円(税込)を一口として、小田急 箱根ハイランドホテルペア宿泊券等が当たるガラガラ抽選会に参加できる。

 地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」は、「JCB@小田急下北沢 肉対魚〜春の陣〜」開催中に、参加店舗で肉料理または魚料理を食べた参加者からの投票により、「肉」軍と「魚」軍の勝敗を決定する人気投票企画を実施する。勝利した軍に投票した中から抽選で10名に、勝利軍15店舗で使える3,000円の商品券をプレゼントする。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:40 | IR企業情報

フランスベッドHD 東洋紡と共同開発した新素材「ブレスエアーエクストラ」採用

■「ボディコンディショニングマットレス」シリーズ2種を発売

 フランスベッドHD<7840>(東1)の子会社であるフランスベッドでは、「ボディコンディショニングマットレス」シリーズより、東洋紡と共同開発した新素材「ブレスエアーエクストラ」を採用した「RH―BAE―DLX」と「RH―BAE」を、2014年3月下旬より発売する。両商品は、アクティブシニア向けのブランド「リハテック」として展開し、初年度の販売目標は4億円を見込む。

 両商品は、クッション部の「ブレスエアーエクストラ」とスプリング部の「高密度連続スプリング」を組み合わせることにより、優れた通気性、耐久性、体圧分散性を実現し、理想的な寝姿勢で、ムレにくく心地より眠りを提供するマットレス。また、適度な弾力性により、自然な寝返りを促す。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 02:50 | IR企業情報
2014年03月20日

ロングライフHD ロングライフ国際事業投資がGC社へ出資

■韓国でのロングライフブランドの浸透を図る

 ロングライフHD<4355>(JQS)は、ロングライフ国際事業投資株式会社が、GC (グリーンケア)社への出資を行うことを決議したと発表。

 同社グループでは、長年にわたって培ってきた介護事業のサービスノウハウを活用し、国内のみならず海外に向けたグローバルな展開を経営上の課題として取り組んでおり、現在中国、インドネシアに現地企業との合弁会社を設立し事業を行っている。

 今回出資を行うGC社は韓国の京畿道城南市に所在し、在宅介護サービスを中心に同国内において、50拠点のネットワークを構築し、圧倒的な地位を確立している。また、同国の国民健康保険公団により実施された2013年度長期療養機関評価大会で、最優秀・優秀施設に選定されるなど、クオリティの高いサービスを提供する企業であると認識されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:33 | IR企業情報

パイプドビッツ 3月23日の大阪市長選挙に関する意識調査を実施し181名から回答を得る

■意識調査結果のグラフや図表、考察、自由記述回答など、詳細なレポートを公開

 パイプドビッツ<3831>(東マ)3月10日から14日にかけて、株式会社うるる(本社 東京都中央区、代表取締役 星知也)が提供する、主婦特化型マーケティング調査サイト「暮らしの根っこ」の大阪府在住・既婚者の会員に、3月23日の大阪市長選挙に関する意識調査を実施し181名から回答を得た。3月19日に「政治山」で調査レポートを発表した。

 意識調査結果のグラフや図表、考察、自由記述回答など、詳細なレポートを公開しているので、「政治山」の調査報告ページも併せて紹介している。

調査結果抜粋
URL:http://seijiyama.jp/investigation/inv_16_1.html

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:23 | IR企業情報

ラクーン 4 月10日に大出版社、PALとの共同セミナーを開催

■ネット卸をする上で抑えておきたいポイントを中心とした内容

 ラクーン<3031>(東マ)が提供するBtoB クラウド型決済サービス「Paid(ペイド)」は、4 月10日に株式会社大出版社、株式会社PALとの共同セミナーを開催する。

 BtoBのEコマースで市場規模は年々拡大の一途をたどり注目度も高まっている。今回はこれからネット卸を始めたい人達に向け、B2B専用Eコマースシステム、B2Bの物流サービス、B2B決済サービス3つの側面から、ネット卸をする上で抑えておきたいポイントを中心とした内容になっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 03:20 | IR企業情報
2014年03月19日

アドアーズ 『サムライフラメンコ』とのコラボイベントを開催

■3月20日(木)から4月20日(日)まで、カラオケアドアーズ秋葉原店で

 アドアーズ<4712>(JQS)は、カラオケアドアーズ秋葉原店(東京都千代田区)で、『サムライフラメンコ』とのコラボイベントを3月20日(木)から4月20日(日)まで開催する。

 今回コラボレーションする『サムライフラメンコ』は、株式会社マングローブ制作のオリジナルアニメ−ションを核としたマルチメディア展開作品。「ノイタミナ」(フジテレビ・FNS系列全国16局ネット)で放映される同作品は現在、本放送20話を数え、注目度が高まっている。

 ストーリーのあらすじは、雑誌モデルの「羽佐間正義」が、ヒーローへの憧れから、自前で正義味方『サムライフラメンコ』となり、様々なトラブルと立ち向かう、この正義と、正義に振り回される警察官「後藤英徳」のダブル主人公を軸に展開する。

 キャラクターに魅了されたファンをはじめ、「正義の味方の活動」を熱く語りたい「大人になりたくない、“大人たち”」へ、『サムライフラメンコ』の世界観に囲まれたフロアを秋葉原店4階に設定。

【関連HP】○「サムライフラメンコ」プロジェクト公式サイトhttp://www.samumenco.com/

>>アドアーズのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:14 | IR企業情報
2014年03月18日

ラクーン クラウド受発注ツール「COREC」のサービスを開始

■オープン記念キャンペーンとして、ビジネスプランを今年の8月末まで無料提供

 ラクーン<3031>(東マ)は、クラウド受発注ツール「COREC(コレック)」のサービスを本日(17日)より開始した。

 CORECは業種を問わずすべてのBtoBにおける受発注を、Web上で一元管理できるクラウド受発注ツール。取引先ごとに異なる受発注でも、CORECを通すことで一つにまとまり、受発注処理にかかるコスト削減と効率化を実現する。

 基本機能は初期費用・月額費用ともに無料で利用可能。より効率的に受発注を行うための機能を、ビジネスプランとして有料で提供する。なお、オープン記念キャンペーンとしてサプライヤー・バイヤー共に、ビジネスプランを今年の8月末まで無料で提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:48 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始

■第1弾は小説家 宮部みゆき氏、小説「模倣犯」を英訳し、英語圏で電子書籍として配信

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、3月より、日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始した。第1弾は小説家 宮部みゆき氏。小説「模倣犯」を初めて英訳し、今秋アメリカやイギリスをはじめとした英語圏で電子書籍として配信される。

 日本の書籍は、世界レベルにありながら言語や地理的な障壁、商習慣の違いから、世界のベストセラーは数作品ほどである。同社は2010年に上海現地法人を設立。東野圭吾氏の「真夏の方程式」(文藝春秋刊/上海訳文出版社刊)をはじめ、中国、韓国、台湾などで1,000冊を超える出版に携わっている。その実績と、各国でのマーケティングから日本の優良な作品は世界のベストセラーになると確信し、アメリカやヨーロッパなど出版大国の企業との業務提携と、リサーチを進めてきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:45 | IR企業情報
2014年03月17日

エストラスト 下関第一生命ビルディングを取得することを決議

■ポートフォリオの充実を図り、事業収益の向上、経営基盤強化につながると判断

 エストラスト<3280>(東マ)は、3月17日開催の取締役会で、下関第一生命ビルディングを取得することを決議した。

 この物件は、JR下関駅から関門海峡沿いのウォーターフロント開発事業地(あるかぽーと)を結ぶ国道9号線の中間に所在し、周辺は、金融機関等のオフィスビルが多く建ち並ぶ、県内最大のオフィス街であることから、希少性が高く、高い競争力を長期的に維持することが可能。

 同社はかねてより、優良賃貸物件を十分な収益性が見込めることを前提に、財務面にも配慮しながら個別案件ベースで厳選して取得を検討してきたが、この物件を取得することで、ポートフォリオの充実を図り、事業収益を向上させ、経営基盤の強化につながると判断し取得することにした。

エストラスト:下関第一生命ビルディングを取得することを決議

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:20 | IR企業情報
2014年03月14日

日本エンタープライズ オンプレミス型の見積徴収システム「Profair−SP」を追加販売

■情報セキュリティ面の観点から自社運用方式の要望が強いことに対応

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、現在、リバースオークション&見積徴収システム「Profair」をASPサービスとして展開しているが、今月より、オンプレミス(自社運用)型の見積徴収システム「Profair−SP(ソフトフェアパッケージ)」を、新たなサービスとして追加販売する。

 経営環境が大きく変化する現代では、多くの企業や教育機関等(以下、バイヤー)は、少しでも物品の調達コストを抑え、業務の効率化を図り、その価値を高めていくことが課題となっている。

 このような状況のもと、効率的な物品調達の方法として、インターネット上で一定時間内に複数のサプライヤーが繰り返し最安値を競う購買調達システムである「リバースオークション」が注目されており、導入するバイヤーが増えている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | IR企業情報

空港施設 シンガポールに現地法人を設立

■海外における航空関連施設の建設、取得及び賃貸事業を行うことが目的

 空港施設<8864>(東1)は、シンガポールに現地法人を設立した。

 主事業である不動産賃貸事業の拡大を目的に、空港機能施設の建設・運営に関する知識・技術等を活用し、海外で航空関連施設の建設、取得及び賃貸事業を行うことが目的。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:36 | IR企業情報