[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/07)夢の街創造委員会 2月の経営指標(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表
記事一覧 (03/06)パイプドビッツ 政治家向け「第5回政治山セミナー」を3月28日に赤坂で開催
記事一覧 (03/06)ラクーン <共同セミナー>〜ネット卸の今とこれから〜
記事一覧 (03/06)クリナップ:「ミラノサローネ2014」に『キッチン』を初出展
記事一覧 (03/06)ケンコーマヨネーズ 期間限定で、『Salad Cafe ルミネ荻窪店』を出店
記事一覧 (03/06)フランスベッドホールディングス コナミスポーツクラブ「日常生活動作向上シリーズ」を導入
記事一覧 (03/05)セーラー万年筆:プロムナード万年筆、好評で品切れの店続出!増産急ぐ
記事一覧 (03/04)クレスコ 法人向け電子マニュアル/電子カタログサービスでゴマブックスと戦略的提携
記事一覧 (03/04)インフォコム 岩沼「みんなの家」を中心に復興支援活動を継続
記事一覧 (03/04)ミロク情報サービス MJS税経システム研究所セミナーを開催
記事一覧 (03/04)キリン堂 4月7日より順次、全店で利用可能な新ポイントカードを導入
記事一覧 (03/04)インフォコム RPG『マギ Dungeon & Magic』が、わずか7日で20万ダウンロードを突破
記事一覧 (03/04)ワークマン 2月の売上高、客数、客単価は3部門共に今期1番の伸び率
記事一覧 (03/03)オンコリスバイオファーマー 鹿児島大学と共同研究契約を締結
記事一覧 (03/03)アールテック・ウエノ 慶應義塾大学との共同研究を発表
記事一覧 (03/03)パイプドビッツ 「I LOVE 下北沢」がハシゴ酒イベントを3月20日に開催
記事一覧 (03/03)クリーク・アンド・リバー社 新旧ファン向け『キン肉マン』のソーシャルゲーム 
記事一覧 (03/03)中広の後藤一俊社長:近況とビジネスモデルを語る
記事一覧 (03/02)ピックルスコーポレーション みまつ食品と共同開発
記事一覧 (02/27)パイプドビッツ ネットde会計事業部長 大橋恵子氏が講演
2014年03月07日

夢の街創造委員会 2月の経営指標(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表

■2月の大雪で、営業中止の日もあったがオーダー数は伸びる

 夢の街創造委員会<2484>(JQS)は6日、2月の経営指標(オーダー数、加盟店数、会員数)を発表した。

 2月のオーダー数は、659,629件(前年同月比9.3%増)、加盟店数11,644店舗(同5.2%増)、会員数589万人(同14.3%増)と3部門ともに増となった。

 2月8日の大雪、また、14日〜16日の大雪と、2週連続の大雪で、首都圏の大多数の加盟店が営業中止となったが、2月のオーダー数は9.3%増となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:52 | IR企業情報
2014年03月06日

パイプドビッツ 政治家向け「第5回政治山セミナー」を3月28日に赤坂で開催

 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営するパイプドビッツ<3831>(東マ)は、3月28日に赤坂のパイプドビッツ本社にて、政治家向け『第5回政治山セミナー 地方選挙におけるネットの利活用とリスク対策』を開催する。

 2014年2月の東京都知事選挙で、家入かずま氏の選挙キャンペーンマネージャーを務めた松田氏を講師に迎えて、「ネット選挙」が解禁された参院選から都知事選の事例や検証を交えた実践的な内容を紹介する。

▼ニュースURL
http://www.pi-pe.co.jp/news/press/2014/20140306_01.html

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:42 | IR企業情報

ラクーン <共同セミナー>〜ネット卸の今とこれから〜

■ネット卸成功のためにおさえるべきポイント公開セミナーを開催

 ラクーン<3031>(東マ)が提供するBtoBクラウド型決済サービス「Paid(ペイド)」は、3月19日にイー・クラシス、オールウェイズによる共同セミナーを開催する。

 セミナー当日は、卸サイトの開設を検討している方を対象に、集客や売上拡大、ユーザーに喜ばれる決済手段といった卸サイト成功のための戦略や秘訣を公開する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:17 | IR企業情報

クリナップ:「ミラノサローネ2014」に『キッチン』を初出展

■コンセプト「日本のDAIDOCORO」:『デザイン力』『技術力』で『未来形キッチン』紹介

 65周年を迎えるシステムキッチンのクリナップ<7955>(東1)は、イタリア・ミラノで行われる世界最大級の国際家具見本市「ミラノサローネ2014」(2014年4月8日〜13日)に、同社が初めて出展する。

 出展するのはキッチン2セットだが、出店に併せて「ステンレス加工・加飾技術」の紹介も行う。

ジュリオ・イアケッティ 展示するキッチンのコンセプトは「日本のDAIDOCORO」を採用し、イタリアの著名インダストリアルデザイナーであるジュリオ・イアケッティ(Giulio Iacchetti)氏と、同社開発担当者によるチームが、それぞれに『日本の台所』や『システムキッチン』の未来形をデザインする。日本のキッチンメーカーとして、独自の『デザイン力』と『技術力』で、一段と進化させた『未来形キッチン』を紹介する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:06 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズ 期間限定で、『Salad Cafe ルミネ荻窪店』を出店

■新しいサラダ料理や野菜の食べ方を提案

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、3月11日(火)から4月6日(日)の期間限定で、LUMINE荻窪店に『Salad Cafe ルミネ荻窪店』を出店する。

Salad Cafe ルミネ荻窪店

  Salad Cafeは、「サラダ料理で新しい世界を食卓に」をコンセプトに、関西・関東の百貨店やショッピングモールを中心にサラダ専門店として全16店舗で展開しています。今回初のルミネ出店となり、ファッションやトレンドに興味のある幅広い年代の女性に向けて、新しいサラダ料理や野菜の食べ方を提案する。

 定番で人気のサラダから春を感じる旬の食材を使用したサラダ、和のメインディッシュにも合う和のサラダなど、トレンドを先取りできるようなサラダカフェの特選サラダ料理を提案していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | IR企業情報

フランスベッドホールディングス コナミスポーツクラブ「日常生活動作向上シリーズ」を導入

■直営店6施設で4月より実施し、その後FC店へ順次促進

 フランスベッドホールディングス<7840>(東1)の子会社フランスベッドは、介護の軽い要介護者向けの介護予防通所介護施設(デイサービスセンター)「悠悠いきいき倶楽部」にて、コナミスポーツ&ライフが開発した新運動プログラム「日常生活動作向上シリーズ」を、4月より順次導入する。直営店6施設で4月より実施し、その後FC店へ順次促進する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:48 | IR企業情報
2014年03月05日

セーラー万年筆:プロムナード万年筆、好評で品切れの店続出!増産急ぐ

■多様なニーズに対応した品揃え〜入門者用普及型から高級蒔絵(100万円超)まで

 セーラー万年筆<7992>(東1)は、昨年末に発売した万年筆の新製品『PROMENADE(プロムナード・本体価格:1万円)』が好評で品切れの店が続出、同社は2月中旬から増産に追われている。

 アベノミクス効果の一つとして百貨店などでは高額商品を求める顧客増が伝えられるなか、高級万年筆もその一つだ。同社でも胴軸に装飾を凝らした万年筆が10万円から、蒔絵を施した100万円超価格の超高級万年筆まで数多くの商品を品揃えし出荷している。

 慶事に欠かせぬ贈答品として、男女を問わず幅広い年齢層から支持され、年間を通じて需要がある。特に、卒業・入学シーズン入りで『商品が持つ強み』が裾野を広げている。同社ではこうした状況を踏まえ新商品を相次いで発売する予定だ。

 また、同社は時代に先駆けた「新しい未来への挑戦」を根幹におき、感動の名作を迫力の朗読で楽しめる「読書ペン」、オーディオブックをペンでタッチすると多国語を話す『音声ペン』、静電気で貼り付く「セーラーどこでもシート」、個人用放射線線量計「マイ・ドーズ・ミニ PDM−122」など新発想商品も取り扱っている。特に、大手旅行代理店と共同開発を進めた「音声ペン」の応用編が新発売される見込みであり注目したい。

 以下、今期売れ行き好調の新商品について特徴などを探ってみる。

■若者向け〜『行き先は、オトナの自分』の「プロムナード」

 売れ行き好調な「プロムナード」では、「万年筆は、散歩に似ている。思いを巡らせ足を運ぶように、想いを乗せてペン先を運ぶ。…中略… 万年筆から流れるインクの濃淡に 胸が高鳴っている『大人の自分』を気づかせてくれる」など、卒業・入学シーズンに相応しい若者の心を揺さぶる詩を採用し呼びかけている。

 ボディカラーは「ブラック」、「シャイニングレッド」、「シャイニングブルー」の三種(写真)を取り揃えている。本体価格1万円

プロムナード

 特徴は、1)書き易い柔らかなタッチの「14金ペン先」、2)胸元で個性を発揮する「イカリマーク」、3)ボディカラー「レッド」と「ブルー」は若者向けにシャイニングカラーを採用した。

シャイニングカラー

■万年筆をはじめたい!入門者に「マイファースト万年筆」〜ペン先・インクが組み合わせできるオール印パック

 初めて万年筆に触れる喜びは不思議。いつまでも心に刻まれて残るものだが、「マイファースト万年筆(MY FIRST)」(パッケージ付・本体価格2,000円)は、新たに万年筆を使ってみたいと思っている人向けの商品だ。

 万年筆の蓋・胴は発売とともに大ヒットし、同社創業100周年(2011年)に復刻した「クリアーキャンディ万年筆」を採用した。ボディカラーは万年筆の色ブラックに、赤・青・黒のキーカラーを施した3種類を用意した。

マイファースト万年筆

■『ハローキティ40周年記念』モデル〜広いファンから人気呼ぶ!

 ハローキティ40周年を記念した第二弾は万年筆(オリジナルパッケージ付、本体価格:5万円)。

 かわいらしいハローキティのイメージに合わせ細部にこだわりを見せる。同社の「ミルコロール万年筆」をベースに、赤と白のバイカラー仕様とし、キャップ部にハローキティのロゴ、シリアルナンバーを刻印、さらにキャップ上部の蓋栓と21金ペン先にトレードマークのリボンをあしらっている。40年間広い層から愛されるキャラクターに取って置きの一品だ。

ハローキティ40周年記念

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:00 | IR企業情報
2014年03月04日

クレスコ 法人向け電子マニュアル/電子カタログサービスでゴマブックスと戦略的提携

■『Creage for Digital Publishing』 のサービス提供を開始

 クレスコ<4674>(東1)は、ゴマブックス株式会社(本社:東京都港区)と業務提携し、共同でゴマブックス専用電子出版システム『goma e−book store』を開発した。「Creage for Digital Publishing」は本システムを元に企業内で日々使用している業務マニュアルや各種カタログを簡便な操作でデジタル化し、管理、活用できる法人向けサービス。2014年3月からサービス提供を開始する。

 クレスコグループは、長年にわたり、顧客の業務の核となる、多くの基幹系システムの構築を支援してきた。これまでの実績とノウハウをベースに、2012年末には、クラウド上での基幹システム構築サービスであるクレアージュ「Creage」を発表し、機能拡充を続けてきた。

 今回発表する「Creage for Digital Publishing」は、クレアージュ「Creage」をシステム基盤とし、企業が使用している営業カタログや各種業務マニュアル、研修資料等をデジタル化し、生成された電子ファイル(電子マニュアル/電子カタログ)専用のダウンロードサイト、管理サイト、閲覧用ビューワーを提供する。管理サイトではファイルの閲覧ログ、ユーザ管理、ダウンロード履歴、ビューワーのデバイス管理、バージョン管理等、企業が必要とする機能要件を提供。また、一般向けに電子書籍を販売したい顧客にはクレジット決済機能を備えた電子書籍ECサイトとして提供可能である。

>>クレスコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | IR企業情報

インフォコム 岩沼「みんなの家」を中心に復興支援活動を継続

■「FCシャルケ04」の東北復興支援活動をサポート

 インフォコム<4348>(JQS)は、宮城県岩沼市に建設した岩沼「みんなの家」を中心に、震災被災地の復興支援活動に継続して取り組んでいる。

 この度、サッカー日本代表の内田篤人選手が所属するドイツの名門サッカークラブ「FCシャルケ04」のコーチ陣が来日し、東北の復興支援活動として岩沼市で「ジュニアサッカーキャンプ」を開催する。

 同社は、5人制壁有りサッカーの普及と環境整備に努めている一般社団法人ハーレンフースバルジャパン(東京都文京区 代表理事 中嶋 譲)の協力を得て、同キャンプの開催・運営を支援する。

詳細は以下の
□「FCシャルケ04 岩沼みんなの家ジュニアサッカーキャンプ」
[開催日] 3月23日(日) 10:00〜15:00
3月24日(月) 13:00〜15:00
[会 場] 岩沼市陸上競技場 (所在地:宮城県岩沼市里の杜一丁目1番42号)
□「FCシャルケ04岩沼みんなの家ジュニアサッカーキャンプ」指導者講習会
[開催日]3月23日(日) 16:00〜18:00
[会 場]岩沼「みんなの家」(所在地 : 宮城県岩沼市押分字南谷地24−1)

<運営事務局>
・全体統括 : インフォコム株式会社 みんなの家推進チーム TEL:03−6866−3499
・サッカー指導 : 一般社団法人ハーレンフースバルジャパン TEL:03−5834−8966
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | IR企業情報

ミロク情報サービス MJS税経システム研究所セミナーを開催

■ビジネスマナー全般の知識を、講義とロールプレイングで身につける内容

 ミロク情報サービス(以下・MJS)<9928>(東1)は、MJS税経システム研究所セミナー『キャリアに関係なく学べる!ビジネスマナー研修』を開催する。

 このセミナーでは、社会人に不可欠なビジネスマナー全般の知識を、講義とロールプレイングで身につけることができる。社会人としての自覚を認識すると共に、仕事への取り組み方、基本的な行動などを実践的に学ぶことができるので、新入社員教育や若手社員のスキルアップに役立つ。また、中堅社員や管理職には新人育成の手法を学ぶ場にもなるので、キャリアに関係なく参加できる。入社半年後のフォローアップや新人研修を受けたことのない社員でも最適な内容といえる。

■開催日時 4月24日(木)10時から16時
■会場 新宿センタービル48階 MJSセミナーホール
〒163−0648新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル48F
■講師 
MJS税経システム研究所 客員講師・株式会社シュハリ代表取締役 山崎朋子氏
■定員 50名
■受講料 一人 50,000円(税別)
※ソフトウェア運用支援サービス加入の場合、1社につき2名まで無料
■研修の申込み・問い合わせ先 03−5326−0311(ミロク情報サービス 首都圏支社)

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | IR企業情報

キリン堂 4月7日より順次、全店で利用可能な新ポイントカードを導入

■これまで0.6%であったポイント還元率を1%に引き上げる

 関西地区を中心に薬局・薬店・ドラッグストアを展開するキリン堂<2660>(東1)は、これまでキリン堂・Jドラッグ店舗のみで利用可能であった「グッディポイントカード(現行ポイントカード)」の取り扱いを終了し、4 月7 日(月)より順次、サーバ店舗を含む全店(一部の調剤店舗除く)で利用可能な「キリン堂グループポイントカード(新ポイントカード)」を導入する。

 これにより、キリン堂グループの300店舗超にて共通のカードが利用可能となる。新ポイントカードは、これまで0.6%であったポイント還元率を1%に引き上げるほか、今月の買上金額に応じて翌月ポイント付与率がアップ、さらに会員登録を行った客に会員限定セールやポイントセールの情報を知らせるなど、会員がポイントサービスを有効利用できポイントを貯めやすくなるような、より一層お得なカードとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | IR企業情報

インフォコム RPG『マギ Dungeon & Magic』が、わずか7日で20万ダウンロードを突破

■20万ダウンロード突破記念キャンペーンを3月5日まで実施

 インフォコム<4348>(JQS)のグループ会社で、ソーシャルゲームを提供しているイストピカ(大阪府大阪市)と、オンラインゲーム配信事業を行うネクソン(東京都中央区)は、2月20日より開始したiOS及びAndroid(TM)端末向けファンタジーRPG『マギ Dungeon & Magic』が、わずか7日で20万ダウンロードを突破したと発表した。

 20万ダウンロード突破記念キャンペーンとしてゲームをより楽しめるアイテムがもらえるキャンペーンを3月5日まで実施する。

 キャンペーンの内容は、3月5日(水)24時までに登録した全てのアカウントに「スタミナ回復薬(小)」×5+「HP半回復薬」×5をプレゼントする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:27 | IR企業情報

ワークマン 2月の売上高、客数、客単価は3部門共に今期1番の伸び率

■記録的な大雪の影響で、合羽・長靴等の雨具類や防寒商品が急伸

 ワークマン<7964>(JQS)は4日、2月の前年同月比売上高、客数、単価を発表した。

 2月の前年同月比売上高は今期最高の16.3%増、客数も今期1番の13.9%増、客単価も2.1%増と今期1番の伸び率となった。

 2月は、東日本を中心に記録的な大雪の影響で、合羽・長靴などの雨具類や防寒商品が急伸したほか、セーフティシューズや作業手袋などの作業関連用品も好調に推移した。この結果、今年1番の伸び率となった。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:18 | IR企業情報
2014年03月03日

オンコリスバイオファーマー 鹿児島大学と共同研究契約を締結

■新規ウイルス感染症治療薬に関する包括的な共同研究

 オンコリスバイオファーマー<4588>(東マ)は、鹿児島大学と共同研究契約を本日(3日)締結した。この契約は、同社と馬場昌範教授の研究グループの、新規ウイルス感染症治療薬に関する包括的な共同研究契約である。

 同社は、重傷感染症領域に注力しており、これまでに馬場教授の研究グループとC型肝炎ウイルス感染症治療薬候補化合物(AI−001)及びヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症治療薬候補化合物(AI−002)の開発を進めてきた。今回これらに加えて、新たにB型肝炎ウイルス(HBV)感染症治療薬に関する新規化合物を創出する。馬場教授の研究グループがリード化合物を創出し、同社が合成展開によるリード化合物最適化ののち開発に着手する予定。

 HBV感染症に対しては、現在、核酸アナログ製剤及びインターフェロンによる治療が主流となっている。これらの治療により一過的にウイルスの生産を抑えることができるが、長期間にわたる服用が必要であることや、腎毒性やうつ症状等の重篤な副作用の問題もあり、現状ではいずれの治療方法でも充分な治療ができない。また、HBV感染者はアジア地域に多く、日本では約140万人の感染者がいると推定されている。HBV感染症は慢性肝炎・肝硬変を経て肝臓癌へ進行するため、有効かつ安全な治療薬の開発が求められている。同社は、HBV感染症の新規治療薬を開発することで、十分な治療法が確立されていない肝臓癌の発生抑制にも貢献できると考えている。

 馬場教授は、平成25年に国際抗ウイルス学会(ISAR: International Society for Antiviral Research)で、毎年1名に授与される同学会賞の「エリオン賞」を東洋人で初めて受賞するなど、ウイルス感染症に対する治療法の研究は世界的にも高く評価されている。今回の共同研究により、ウイルス感染症領域における馬場教授の高度な研究力と同社の抗ウイルス薬開発実績を総合し、新規なウイルス感染症治療薬の開発を推進する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | IR企業情報

アールテック・ウエノ 慶應義塾大学との共同研究を発表

■移植片対宿主病マウスモデルを用いてGVHDに対する予防法、治療法を共同研究

 創薬ベンチャーのアールテック・ウエノ<4573>(JQS)は、慶應義塾大学医学部 眼科学教室 坪田一男教授の研究グループの小川葉子特任准教授が開発された移植片対宿主病(以下、GVHD))マウスモデルを用いてGVHDに対する予防法および治療法の探索に関する共同研究を実施する。

 眼科専門医である同社の代表取締役社長である眞島行彦氏は次のように述べている。「私の出身である慶應義塾大学医学部眼科学教室と造血幹細胞移植後に合併するGVHDの治療に関して共同研究を行うことになりました。小川葉子特任准教授は独自にGVHDマウスモデルを開発しました。急性および慢性GVHD患者様にとりまして、治療成績が少しでも向上する新たな治療法を今回このマウスを用いて開発したいと思います。特に、慢性GVHDでは高率にドライアイが発症します。重症ドライアイ症例には、睫毛、眉毛および毛髪の白髪化がドライアイと共に生じる場合があり、少しでも患者様のQOL向上に向けて、アンメット・メディカルニーズに取り組んで行きたいと思います。」

 GVHDとはドナー(臓器提供者)の臓器が、免疫応答によってレシピエント(患者)の臓器を攻撃することによって起こる症状の総称。特に、白血病や再生不良性貧血の治療法としての造血幹細胞移植(骨髄移植、さい帯血移植)後や輸血後に合併することが知られている。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | IR企業情報

パイプドビッツ 「I LOVE 下北沢」がハシゴ酒イベントを3月20日に開催

■No.1アイリッシュ・ウイスキーの「JAMESON」が協賛

 パイプドビッツ<3831>(東マ)が運営する、地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」が、下北沢のバーのハシゴ酒イベント、GREEN BAR−HOP 〜セント・パトリックス・デーだから飲み歩いちゃう?〜[下北沢BAR−HOP NIGHT Special ver.]を3月20日に開催する。

 今回は、アイルランド最大の祝祭といわれる「セント・パトリックス・デー」にちなんで、No.1アイリッシュ・ウイスキーとして世界中で親しまれている「JAMESON(ジェムソン)」協賛のもと、JAMESON一杯無料チケットが付く他、2店舗以上ハシゴしてカードを集めると、JAMESON特製グッズがもれなくもらえる抽選会にも参加できる。

 先行予約、もしくは、「I LOVE 下北沢」会員か、スマートフォンアプリ「下北沢Love Collection」ユーザーは、無料で参加できる。

詳しくはこちらまでhttp://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01690

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 新旧ファン向け『キン肉マン』のソーシャルゲーム 

■2月27日よりGREEで配信開始

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、2月27日(木)、グリーが運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)の「GREE」にて、「キン肉マン−メモリアル」の配信を開始した。

 本作は、漫画家ユニット ゆでたまご氏のデビュー作で、連載開始から35年以上経過した現在も高い人気を誇るコミックス作品「キン肉マン」を題材にしたソーシャルゲーム。漫画・アニメの「キン肉マン」は、昔からの熱狂的なファン、そして2011年に新シリーズが始まったことで、新しいファン層も増えている。本作は、そのような新旧キン肉マンファンの心をくすぐるポイントがふんだんに用意されている。

 2月19日からゲームの事前登録を開始しており、既に数万人がエントリーを済ませている状況で、ネット上でも話題となり、ソーシャルゲームファンだけでなく、年配から若者まで幅広い層から支持されていることが伺える。

 同社は、キャラクターもののカードバトルゲームの制作と運営において、モバゲーやmobcastで展開する「刃牙」シリーズや「RAVEアルティメットバトル」など、累計約100万人の会員がいる。今回のゲームはそれ以上の人気になると予測している。今回のゲームはスマートフォン、フィーチャーフォンで楽しめる。

クリーク・アンド・リバー社 新旧ファン向け『キン肉マン』のソーシャルゲーム 

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | IR企業情報

中広の後藤一俊社長:近況とビジネスモデルを語る

■地域密着誌で成功、今年3月で360万部突破予定

中広の後藤一俊社長:近況とビジネスモデルを語る 中広<2139>(名2)のランチミーティングが28日行われた。席上で同社代表取締役社長後藤一俊氏は、以下のように語った。

 「岐阜の中日新聞の広告を扱う代理店として37年前にスタートしました。広告業界の中でも地方の代理店はなかなか厳しい環境にありました。しかし、何とか上場という形をもって、業界の底上げを地方で行ってみたいという思いがありまして、7年前に上場させていただきました。上場したので、IRを充実するためにホームページで、6年半の間ずっと毎朝ブログを書いています。毎日7紙読んでいまして、その中から面白い記事を取り上げて、私なりの色を付け、私の考えとか、会社の方針を発信しています。当社の最近の話題として本日は、石巻日日新聞の近江社長との取組を紹介します。石巻日日新聞は大震災の直後に壁新聞を作って、まさにジャーナリズムの一つの姿を現したということで、国際的な編集賞まで受賞しました。この石巻日日新聞の近江社長が1昨年、壁新聞と震災についての講演で岐阜にいらっしゃいましたので、お話を伺いに行きました。ところが1万2000部の発行が、6000部を切ったという話がございましたので、ひょっとすると大変なことになっているのではないかという思いになりました。それで昨年の4月に、石巻に訪ねて行きまして、近江社長と一晩話をさせていただきました。我々の目指している紙の媒体ではございますけれども、地域密着誌を作り、地域の全戸に配布する広告が主体の生活情報誌作って、石巻、女川、東松島の3エリアで発行してみてはいかがでしょうかとご提案しました。その後、半年ほど近江社長とやり取りした結果、近江社長もやってみると決断されたので、わが社からビジネスのできるものを派遣したり、また情報交換をしながら、先方からも広告をとるノウハウを勉強に来られたりして、月刊誌を『んだっちゃ』というタイトルで発行されます。お陰さまで、数字も当初計画をクリアするというお話です。何故、このビジネスが石巻でスタートすることができたかといいますと、今石巻では半分の家屋が被害を受けています。女川町はほとんど全滅です。東松島でも4割、5割の家屋が被害を受けています。そういう中でも3年経つと復興の槌音があちらこちらに聞こえてまいります。しかし、仮設住宅に住んでおられる方々が、この石巻日日新聞を見て何か新しいものが出来たということは分るけれど、具体的に、店舗、病院等を俯瞰的に知ることは出来ませんでした。そこで、月に1回、その地域の全戸に『んだっちゃ』を配布することで、商店、サービス業、居酒屋等が点在しているものがマップで見るように把握できるようになりました。この月刊誌は、地域密着の広告、情報を通じてその地域を元気にしていきます。私は当初スタート時には苦労するのではないかと心配していました。ところが予想外の好スタートを切っています。当社が手掛ける月刊誌は、地方都市をターゲットとしています。現在岐阜県には11の地方都市に情報誌がございます。三重県は、桑名から始まって、一番南の尾鷲まで8つと小さな都市に作っています。ビジネスモデルとしては、その地域に拠点を置いて、その土地の人達を、パートを含めて5名程採用し、我々のノウハウを提供して、ジャンル分けした様々な生活情報を1冊にまとめて全戸配布いたします。配布はシルバー人材センターに委託します。人口15万から20万人で、5万世帯前後の地域をターゲットとしています。この様なエリアは、日本では約200カ所あります。1エリアでの1カ月の売上は500万円を目標にしています。このモデルで、営業利益は2割程度出ます。20年前からこのモデルでやってきました。今年の3月で360万部を突破する予定であります。月刊といっても360万部は、大変な発行部数です。ネーミングは、地域によってそれぞれ違っています。『んだっちゃ』という言葉は地域外の人達にはピンときませんが、地元の人達にとってはピンとくる言葉です。滋賀県の彦根で出している地方紙は『金亀(こんき)クラブ』というネーミングです。金亀は彦根城を指す言葉だそうです。」と近況と事業内容を語った。

 事業展開の方法としては、同社が直接事業を展開する場合とボランタリーチェーンに委託する場合の2種類がある。例えば、愛知県を例にすると、名古屋市、犬山市は直接同社で事業展開するが、一宮市は別会社でボランタリーチェーンとして事業展開している。この様に別会社に委託することで、事業展開が加速する。そうすることで、愛知県300万世帯を対象とするスポンサーを早く獲得することにつながり、早く収益化することが出来る。ボランタリーチェーンは基本的には自由に事業展開できるが、3つのことを厳守することを条件としている。まず、1番目には、広告の掲載基準を守ることが義務付けられている。例えば地域に悪影響を与えるような広告は一切掲載しない、誇大広告は掲載しない。2つ目は、決めたエリアは100%配布すること、1戸でも届かなかったら、必ず届けること。3つ目は、行政の広報にとって代ることを条件としている。

 今年4月に新卒38名を採用し、総社員数は400名になる予定。社員の男女構成比は、男性37%、女性63%と圧倒的に女性の比率が高い。給料に関しては、広告業界でNO.1の初任給にすることを目標に掲げていて、最近の3年間は連続で1万円ずつアップしている。売上高に関しては、11年3月期39億41百万円、12年45億39百万円、13年51億4百万円と順調に伸びている。今期14年は、57億円を見込んでいる。中期経営計画として、2年後の2016年には、売上高100億円、営業利益10億円、発行部数1000万部を目標として掲げている。

 紙媒体の発行が縮小している中で、同社は逆に着実に発行部数を伸ばし、しかもその地域の活性化につながっている。今後は日本全国各地での同社のビジネスモデルが展開するものと思われる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:10 | IR企業情報
2014年03月02日

ピックルスコーポレーション みまつ食品と共同開発

■「ご飯がススム キムチ」味を再現した野菜餃子、野菜焼売

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)とみまつ食品(本社:群馬県前橋市)は、「ご飯がススムキムチの味 餃子」、「ご飯がススムキムチの味 焼売」を共同開発し、みまつ食品が3月1日から製造・発売を行う。

 同社の売れ筋商品である「ご飯がススム キムチ」味を再現した、野菜餃子と野菜焼売である。ピリ辛でうま味のきいた味わいの餃子と焼売は、ご飯のおかずとしてもビールのおつまみとしてもおいしい。販売地域は、首都圏。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:42 | IR企業情報
2014年02月27日

パイプドビッツ ネットde会計事業部長 大橋恵子氏が講演

■3月6日(木)に東京都港区の泉ガーデンタワーで開催

 伊藤会計事務所(事務所:東京都世田谷区)と株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区)が2014年3月6日(木)に東京都港区の泉ガーデンタワーで開催する、個人事業主や副業者対象の『「フリーランスのための税金と確定申告セミナー」〜しっかり稼いで賢く暮らす〜』に、パイプドビッツ<3831>(東マ)のネットde会計事業部長 大橋恵子氏が、「確定申告のお悩み解決します 青色申告決算書作成から申告まで」と題して講演する。

 確定申告申込締切が間近に迫る中、「実は、まだ終わっていなくて本当にまずい。」「もっと効率的な進め方があるような気がする。」とお考えの方におすすめのセミナー。個人事業主やフリーランス、副業者に向けて、会計業務や税金の申告の手続きの進め方、抑えておくべきポイントについて解説し、税金や確定申告に役立つ資料を無料で提供する。また、すでに確定申告が完了している方でも今後効率的に進める方法を学んでいただけるほか、セミナー修了後の無料相談で疑問解消に役立てることができる。

[名称]
「フリーランスのための税金と確定申告セミナー」〜しっかり稼いで賢く暮らす〜

[日時]
2014年3月6日(木)19:00〜20:45(受付開始18:30、プログラム終了後個別相談可)

[会場]
泉ガーデンタワー 13階スモールオフィス 東京都港区六本木一丁目6番1号(東京メトロ:南北線「六本木一丁目駅」改札口直結、日比谷線「神谷町駅」徒歩6分)

[対象]
個人事業主(フリーランス)や副業者、また、フリーランス等に興味がある方。

[参加方法]
申し込みはセミナー告知ページから
http://crowdworks.doorkeeper.jp/events/9132

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | IR企業情報