[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/01)P&Pホールディングス 4月2日よりP&Pデザインを発足させ、流通業向けの新サービスを開始
記事一覧 (04/01)ワークマン 3月の速報値は、売上高は前年同月比1.2%増、客数1.4%増、客単価0.2%減
記事一覧 (04/01)日本プロセス 13年5月期第3四半期連結決算は、増収大幅増益を確保
記事一覧 (04/01)マーベラスAQL 米国子会社のオンラインゲーム事業譲受のニュースを発表
記事一覧 (04/01)ピックルスコーポレーション 『川越達也のキムチ研究所』を4月7日から中国放送(RCC)で放送
記事一覧 (03/29)ティー・ワイ・オー 4月より従業員給与の1%ベースアップを発表
記事一覧 (03/28)寿スピリッツ:4月から東証2部上場へ、立会外分売50万株大証で実施
記事一覧 (03/27)パイプドビッツ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」は、27日全面リニューアルを実施
記事一覧 (03/27)ユーグレナ 八重山殖産の株式を取得し、子会社化
記事一覧 (03/26)じり高のキムラユニティー、好業績背景に4桁へじり高続く
記事一覧 (03/26)クリーク・アンド・リバー社 「ハローキティ」等のサンリオキャラクターの児童書シリーズを中国において翻訳ライセンス出版
記事一覧 (03/26)ピーエイ 業務拡大のため「いわき市」に新規営業所を開設
記事一覧 (03/26)アールテック・ウエノ 「接着分子VAP−1の糖尿病網膜症における病的意義」に関して2つの論文を発表
記事一覧 (03/26)クレスコ 役員退職慰労金の廃止、役員の若返り人事、クリエイティブジャパンの完全子会社化を発表
記事一覧 (03/25)ピックルスコーポレーション 春の浅漬け新商品3点の販売を開始
記事一覧 (03/24)GMO CLOUD ThailandCo., Ltd.(タイ)の設立を発表
記事一覧 (03/23)GMOクラウドの子会社GMOグローバルサイン社(US)は「SSL部門」で金賞を受賞
記事一覧 (03/23)ピーエイ 3月27日に「AER5階 情報産業プラザ」で就職・転職フェアを開催
記事一覧 (03/22)パイプドビッツ 3月29日に、衆議院第二議員会館で「第一回ネット時代における議員・選挙活動セミナー」を共催
記事一覧 (03/22)日本エンタープライズ 今期13年5月期通期連結業績の上方修正を発表
2013年04月01日

P&Pホールディングス 4月2日よりP&Pデザインを発足させ、流通業向けの新サービスを開始

■初年度売上げ目標として10億円を掲げる

 P&Pホールディングス<6068>(JQS)は1日、主としてメーカー向けに展開している販売促進のトータル支援であるSPOサービス事業について、4月2日よりP&Pデザインを発足させ、流通業向けの新サービスを開始すると発表した。

 新会社のP&Pデザインでは、建築・内装施工、サイン企画・施工、販売促進など、施設の立ち上げから運営までを幅広くバックアップする。店舗立ち上げ時の内装デザインから施工、サインの企画・施工、商業施設でのシーズンプロモーションやディスプレイ、POPや什器等の販促ツールの作成まで手がける。

 同社では、創業来26年間販売促進の現場に携わってきた経験を活かし、販売支援・営業支援のトータル的なサービスを中心に取り組んできたが、今回、新サービスを開始することで、従来のメーカー向けのSPOサービスに加えて、流通企業向けの店舗立ち上げ・改装、什器の作成など、より幅広いサービスをワンストップで提供する。

 現行のSPOサービスで培った店舗運営ノウハウ・顧客基盤を軸に、既に取引のある大手家電メーカー、GMSやドラッグストア等へサービス提供の拡充を進めると共に、積極的に外食業界等の新規クライアントの開拓を行う計画。

 初年度の売上げ目標として10億円を掲げている。

>>P&PホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | IR企業情報

ワークマン 3月の速報値は、売上高は前年同月比1.2%増、客数1.4%増、客単価0.2%減

■3月は新規出店5店舗で、総店舗数710店となる

 作業用品、作業着のワークマン<7564>(JQS)は1日、3月の月次速報値を発表した。

 売上高は前年同月比1.2%増、客数は1.4%増、客単価は0.2%減となった。その結果、通期累計では、売上高4.8%増、客数3.7%増、客単価1.1%増であった。

 3月度の状況は、作業着、長袖ポロシャツ、靴下、肌着などが好調に推移した一方で、降水量が前年よりも少なかったことから合羽や長靴の雨具類の売上が伸び悩んだ。

 新規出店は、伊予西条店(愛媛県)、高知若松店(高知県)、練馬高松店(東京都)、富山呉羽店(富山県)、広島宮島街道店(広島)の5店舗を開店した。その結果、3月末の総店舗数は710店となっている。

 13年3月期決算発表は、4月30日を予定している。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | IR企業情報

日本プロセス 13年5月期第3四半期連結決算は、増収大幅増益を確保

■第2四半期に引続き特定情報システム、組込システム、産業・公共システムなどの各セグメントが堅調に推移

 日本プロセス<9651>(JQS)の今期13年5月期第3四半期連結業績は、売上高36億57百万円(前年同期比19.6%増)、営業利益1億90百万円(同414.3%増)、経常利益2億18百万円(同222.3%増)、純利益1億14百万円(同456.9%増)と増収大幅増益となった。

 同社は、12年6月より3ヵ年の中期経営計画をスタート。基本方針は、1)同社が得意としている社会インフラ分野の中から、新たな注力分野を発掘する。2)顧客が海外で高い競争力を発揮できるようサポートする。3)ソフトウェアの要件定義、開発から運用・保守までをトータルにサービスすることにより、顧客に最大のメリットを提供するというトータルソフトウェアエンジニアリング・サービスの推進を継続するとし、企業価値の向上を目指している。

 セグメント別の業績を見ると、制御システムでは、火力発電所向け監視・制御システムの開発は、全体的に開発量は減少傾向にあるが、自動車制御システム開発は好調に推移。売上高8億3百万円(前年同期比7.4%増)、セグメント利益1億86百万円(同0.9%減)と増収微減益なった。

 交通システムでは、新幹線の運行システムは、北海道新幹線延伸に関わるシステム開発作業の開始により、横這い推移。その他のシステムの不都合対応で受注活動が不足。売上高3億98百万円(同14.5%減)、セグメント利益49百万円(同31.4%減)と減収減益となった。

 特定情報システムでは、前年より継続中の危機管理分野の大型システム開発は体制が縮小しているが、環境構築作業が始まるなど堅調に推移。売上高5億24百万円(同105.0%増)、セグメント利益1億38百万円(同257.7%増)増収増益となった。

 組込システムでは、新たに開始したカーナビシステムの開発も順調に立ち上がり、売上高5億99百万円(同30.5%増)、セグメント利益1億14百万円(同542.6%増)と増収増益となった。

 産業・公共システムでは、ICカード関連システム開発は堅調に推移。またスポーツ関連システムの開発も新たに開始。売上高6億25百万円(同53.1%増)、セグメント利益1億53百万円(同45.9%増)と増収増益となった。

 ITサービスでは、検証業務はオフショア化によりアイドルが発生、利益の減少があったものの、構築支援業務は震災復興需要などが継続し堅調に推移。売上高7億5百万円(同2.0%減)、セグメント利益1億19百万円(同34.4%減)と減収減益となった。

 今期通期連結業績見通しは、前回数値(12年7月9日公表)を据え置いており、売上高は、5、100百万円(前期比9.7%増)、営業利益310百万円(同24.5%増)、経常利益350百万円(同17.6%増)、純利益202百万円(同33.2%増)と増収大幅増益を見込む。

 株主配当に関しては、配当性向の50%以上を目標に、年間30円の高水準を安定継続するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:22 | IR企業情報

マーベラスAQL 米国子会社のオンラインゲーム事業譲受のニュースを発表

■同社グループの海外におけるオンライン事業の成長がさらに加速することが予想される

 マーベラスAQL<7844>(東1)は、本日(1日)午前11時、同社の米国子会社のオンラインゲーム事業譲受のニュースを発表した。

 今後、米国子会社のオンラインゲーム事業は強化されると共に、同社グループの海外におけるオンライン事業の成長がさらに加速することが予想される。

 同社の株価は、前日比4200円安の5万4200円で引けている。後場の株価が注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | IR企業情報

ピックルスコーポレーション 『川越達也のキムチ研究所』を4月7日から中国放送(RCC)で放送

■川越シェフが、『川越達也オススメキムチ』を使用したレシピを毎回1品披露

 浅漬けで日本トップのピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は、一社提供ミニ番組『川越達也のキムチ研究所』を4月7日から中国放送(RCC)で放送すると発表した。

 川越シェフが、『川越達也オススメキムチ』を使用したレシピを毎回1品披露すると共に、キムチの効能や料理との相性など、TATSUYA’S POINT!として紹介する内容となっている。

 第一回目の放送は4月7日(日)の午前11時26分から29分までで、以後隔週日曜日放送する。全部で6回の放送を予定している。

 西日本での「ご飯がススムキムチ」のブランド名を高める効果が期待され、同社の西日本展開を更に優位にするものと思われる。

ピックルスコーポレーション 『川越達也のキムチ研究所』を4月7日から中国放送(RCC)で放送

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:58 | IR企業情報
2013年03月29日

ティー・ワイ・オー 4月より従業員給与の1%ベースアップを発表

■安倍政権の掲げる経済再生策の一つである『デフレからの脱却』及び賃金アップの要請に賛同

 TV−CM制作のティー・ワイ・オー<4358>(JQS)は28日、4月より従業員給与の1%ベースアップを発表した。

 「安倍政権の掲げる経済再生策の一つである『デフレからの脱却』及び賃金アップの要請に賛同するものであり、広告制作業界の大手としての役割を果たすべき」とベースアップの理由を紹介している。

 もう一つの理由として、広告制作業界の成長要因として必要な資源は人材であるため、中期経営計画の最重点の投資領域を人材としていることから、ベースアップにより、従業員のモチベーションの向上と勤続年数の長期化を図ることを挙げている。

 同社の業績は、事業再建計画を着実に行った結果、今期も上方修正を発表するほど業績は順調に推移し、既に成長路線に戻ったといえる。広告業界の大手として、今後の事業拡大が予想される。

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:23 | IR企業情報
2013年03月28日

寿スピリッツ:4月から東証2部上場へ、立会外分売50万株大証で実施

 寿スピリッツ<2222>(JQS)は、東京証券取引所市場第二部への上場承認を受けたとを発表した。同取引所への上場予定日は4月3日(水曜日)となっており、同日以降は同取引所と大阪証券取引所(JASDAQ市場)の2市場での売買が可能となる。

 また、同社は株式分布状況の改善と流動性向上を目的とした同社株式の立会外分売を大阪証券取引所で実施する予定であることを発表。分売予定期間は4月11日から同16日の間で、分売予定株式数50万株、買付申込み株式数量の制限は顧客1人につき5,000株(売買単位100株)となっている。分売値段は、分売実施期間前日の終値もしくは最終気配地を基準として決定する。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:03 | IR企業情報
2013年03月27日

パイプドビッツ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」は、27日全面リニューアルを実施

■政治参加の促進や、政治家や政党自ら情報発信できるプラットフォームとしての機能も強化

 パイプドビッツ<3831>(東マ)が運営する政治・選挙プラットフォーム「政治山」は、27日全面リニューアルを行った。

 今回のリニューアルは、「政治山」を訪れる幅広い層に向けてユーザビリティ向上を目指したほか、「政治山」がサービス開始当初から理念として掲げる政治参加の促進や、政治家や政党自ら情報発信できるプラットフォームとしての役割を果たしていくための機能強化も目的としている。

 リニューアルの主なポイントは、全国の政治・選挙関連イベントを集約した「イベントカレンダー」と「政治山地域版」の2つ。

 「イベントカレンダー」は、街頭演説や講演会、勉強会など、全国の政治・選挙関連イベントスケジュールが一目でわかるカレンダー。掲載情報は、政治山運営部もしくは、政治家や立候補予定者、政党・政治団体、NPO、市民団体、学術機関、地方自治体等のイベント主催者が直に登録している。政治関連団体は、政治山会員マイページ内の登録フォームから容易にイベントを登録でき、「イベントカレンダー」を通して「政治山」閲覧者に向けて広く告知することが可能。「政治山」閲覧者は、これまで主催者ごとに確認していた政治・選挙関連イベントを手間なく調べることができ、開催地域を絞り込んだ検索も可能である。

 「政治山地域版」は、国政情報の全国版のほか、日本全国を、北海道、東北、関東、東京、北陸・甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄の10地域に分け、それぞれの地域に絞った地方自治体の選挙情報や政治家情報、トピックスなどを見ることが出来る。

■全国の政治・選挙関連イベントを集約した「イベントカレンダー」
URL: http://seijiyama.jp/calendar/

■「政治山地域版」
URL: http://seijiyama.jp/localarea/

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | IR企業情報

ユーグレナ 八重山殖産の株式を取得し、子会社化

■増加するユーグレナの需要に対応できる体制を構築

 ユーグレナ<2931>(東マ)は27日開催の取締役会で、八重山殖産の株式を取得し、子会社化することを決定した。

 八重山殖産はクロレラを中心とした微細藻類の大量培養設備を有している企業であり、同社が2005年12月に世界で初めて成功した微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の大量培養技術を活用し、ユーグレナの生産を受託している。

 今回、八重山殖産を子会社化することで、増加するユーグレナの需要に対応できる体制を構築すると共に、両社の技術や設備を最大限活用し、研究開発スピードをアップする計画。

 具体的には、同社の研究成果、培養技術をより積極的に生産現場に投入することで、ユーグレナの生産コストの低減、増産の効率化を実現する。また、設備投資などの資金ニーズに対し、柔軟な対応が可能となる。更に、八重山殖産の持つ設備、ノウハウや遊休資産を、バイオジェット燃料を中心とした研究課題に活用することで、研究開発を加速することが出来る。他地域での新たな生産拠点を建設する際に、八重山殖産のノウハウを活用できる等の利点が挙げられる。

 なお、今期13年9月期通期業績に与える影響については、現在精査中であり、業績予想が明確になり次第公表するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:08 | IR企業情報
2013年03月26日

じり高のキムラユニティー、好業績背景に4桁へじり高続く

■自社工場・店舗の遊休部分を活用し愛知県下に3太陽光発電所設置

 キムラユニティー<9368>(東1)は、4桁相場に近づいている。じり高で水準訂正しており過熱感がなく注目される動きだ。

 同社はこのたび、自社所有工場・店舗の遊休部分を有効活用して太陽光発電設備を設置し、太陽光発電による送電を開始する。発電した電力は再生エネルギーとしてすべて売電する。

 設置場所は、いづれも愛知県下の上丘物流倉庫太陽光発電所(豊田市=売電開始予定日13年3月))、犬山工場太陽光発電所(犬山市=同7月)、稲沢工場太陽光発電所(稲沢市=同7月)の3ヵ所で、規模は出力容量合計976.8kW、年間総発電量1,014,497kWhを予定している。また、再生エネルギーとして、予想CO2削減量は345tを予定している。

 同社では、発電設備の設置により、保有資産の有効活用に加え、自然環境にやさしい「再生可能エネルギー」の普及促進に努めるなど、環境負荷低減などを通して社会貢献度向上を目指す。

じり高のキムラユニティー、好業績背景に4桁へじり高続く

>>キムラユニティーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:53 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 「ハローキティ」等のサンリオキャラクターの児童書シリーズを中国において翻訳ライセンス出版

■第1弾として、4月中旬に中国国内で14タイトルを出版、初版は14万部を想定

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、株式会社サンリオが日本国内で出版する「ハローキティ」等のサンリオキャラクターの児童書シリーズを中国において翻訳ライセンス出版すると発表した。

 中国におけるサンリオキャラクターのライセンスは、サンリオの子会社サンリオ上海と中国全土(香港とマカオを除く)におけるマスターライセンス契約を結んでいるKT Licensing Ltd.(以下「KT社」)及び、KT Licensing (Shanghai) Ltd.(「KT上海社」)とが包括契約を締結しており、今回の出版はクリーク・アンド・リバー社とKT社およびKT上海社との契約により実現した。従来サンリオキャラクターの児童書の中国における出版は少タイトルのみ行われていたが、今回の契約締結により本格的な出版がスタートすることになる。

 また本シリーズの出版は、クリーク・アンド・リバー社が出版契約を締結している中国の大手出版社、測絵出版社(本社:北京市)が行なうことになっている。近年、中国では教育市場の変化により、知育系コンテンツがより幅広い層に受け入れられており、今や109カ国で展開され世界的な認知度・人気の高さを見せている「ハローキティ」をはじめとするサンリオキャラクター作品の出版は、急速に高まる中国市場のニーズに応える優良コンテンツとして、高い需要が見込まれる。

 第1弾として、4月中旬に中国国内で14タイトルを出版する。初版は14万部を想定している。今後は、続々と作品を増やし、年内には全部で34タイトルを出版予定。

クリーク・アンド・リバー社 「ハローキティ」等のサンリオキャラクターの児童書シリーズを中国において翻訳ライセンス出版

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:25 | IR企業情報

ピーエイ 業務拡大のため「いわき市」に新規営業所を開設

■地域ニーズに合わせた商品開発と迅速に対応できる体制を整える

 無料求人情報誌のピーエイ<4766>(東マ)は26日、福島県(いわき市)における業務拡大のため、新規営業所を開設した。

 新規営業所では、これまで培ってきた求人情報サービスのノウハウと実績を生かすとともに、地域ニーズに合わせた商品開発と迅速に対応できる体制で、求人情報サービスの提供を推進していく。また、東北被災地域の更なる雇用促進、産業復興、地域に密着した求人情報サービスの提供にも注力する。

営業所の概要
(1)名称 いわき営業所
(2)所在地 福島県いわき市平南白土1−11−3 OAテナント2F−C
(3)電話 (0246)35−5030
(4)F A X (0246)23−5770
(5)開設日 平成25年3月
(6)事業内容 求人情報サービス

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | IR企業情報

アールテック・ウエノ 「接着分子VAP−1の糖尿病網膜症における病的意義」に関して2つの論文を発表

■糖尿病網膜症の病態におけるVAP−1蛋白の関与を明らかにする

 創薬ベンチャーのアールテック・ウエノ<4573>(JQS)は、「接着分子VAP−1の糖尿病網膜症における病的意義」に関して、慶應義塾大学と北海道大学の3施設で共同研究を実施しているが、最近2つの論文を発表した。

 本研究では、網膜症を有する2型糖尿病患者において、血清中の可溶型VAP−1レベルは他の網膜疾患の患者より有意に高いことが明らかとなった。さらに、糖尿病網膜症の病態形成における責任分子VEGFと血清中VAP−1の相関は、糖尿病網膜症患者のみで認められた。この論文のデータは、糖尿病合併症における血清VAP−1の役割を提起した。

 可溶型VAP−1は酸化ストレスを増加させる酵素活性を有するが、「酸化ストレス亢進」は糖尿病網膜症の病態悪化のメカニズムの一つとしてよく知られている。この研究では、増殖糖尿病網膜症においてその可溶型VAP−1が眼内で増加すること、そしてその産生メカニズムの一部を明らかにした。この論文のデータは、糖尿病網膜症における眼内VAP−1の役割を提起した。

 糖尿病3大合併症の1つである糖尿病網膜症は、現在、日本の成人失明原因の第2位となっている。2つの論文は、いずれも糖尿病網膜症の病態におけるVAP−1蛋白の関与を明らかにした。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | IR企業情報

クレスコ 役員退職慰労金の廃止、役員の若返り人事、クリエイティブジャパンの完全子会社化を発表

■経営改革を強力に推進することで、経営基盤の一層の強化を目指す

 クレスコ<4674>(東1)は25日、役員退職慰労金の廃止、役員の若返り人事、クリエイティブジャパンの完全子会社化を発表した。

 役員退職慰労金については、経営改革の一環として役員報酬制度の見直しを行った結果、年功的要素および報酬の後払い的要素が強いことから、廃止することを決定した。

 制度廃止日 は、第25回定時株主総会が終了する6月19日を予定している。

 また、同日開催の取締役会で、経営体制の一層の強化と活性化を図るため、新たに取締役3名を選任すると共に、3名の役員の退任も発表した。

 更に、クリエイティブジャパンの発行済株式を100%取得し、完全子会社化することも発表した。

 クリエイティブジャパンはネットワークソリューション、ソフトウェアソリューション、サーバソリューションを主力事業とし、特にシステム基盤や制御系システムに強みをもち、差別化を図っていることから、クレスコグループの根幹をなす開発力と顧客層の拡大に寄与すると判断したことから、完全子会社化を決定した。

 今後は、グループ各社の持つ販売チャネル、テクノロジーを活かし、顧客のコアビジネスをサポートする付加価値の高いソリューションサービスを実現するとともに、グループ各社の連携を密にし、その総合力を発揮してビジネスの拡大を目指す計画。

 クリエイティブジャパンの12年3月期業績は、売上高12億76百万円(前年同期比8.2%増)、営業利益33百万円(同560.0%増)、経常利益55百万円(同587.5%増)、純利益18百万円(同260.0%増)と増収大幅増益であった。

 以上のように経営改革を強力に推進することで、経営基盤の一層の強化を目指している。

 26年3月期のクレスコの通期連結業績予想については、現在精査中であり、詳細が分かり次第公表するとしている。

>>クレスコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | IR企業情報
2013年03月25日

ピックルスコーポレーション 春の浅漬け新商品3点の販売を開始

■「春きゃべつ」、「春小かぶ」、「たけのことわかめのあっさり煮風」の3品

 漬物で業界トップのピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は、春の浅漬け新商品3点の販売を開始した。

 浅漬けの新商品は、「春きゃべつ」、「春小かぶ」、「たけのことわかめのあっさり煮風」の3品。販売エリアは、関東地区。

 やわらかく甘みの増した春キャベツを白しょうゆで少し下味をつけ、生姜の風味をアクセントに加えたのが「春キャベツ」の浅漬けの特徴。

 「春小かぶ」は、かぶと野沢菜、人参を混ぜ色彩豊かな浅漬けに仕上げ、シンプルで白しょうゆを効かせた味付けとなっている。

 「たけのことわかめのあっさり煮風」は、筍の穂先とわかめを煮た、『若竹煮』をイメージした商品。

ピックルスコーポレーション 春の浅漬け新商品3点の販売を開始

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | IR企業情報
2013年03月24日

GMO CLOUD ThailandCo., Ltd.(タイ)の設立を発表

■市場拡大が見込まれるタイ市場でのサービス展開を目指す

 GMOクラウド<3788>(東マ)は22日、非連結子会社GMOCLOUDPte.Ltd.(本店:シンガポール)の出資によるGMO CLOUD ThailandCo., Ltd.(タイ)の設立を発表した。

 主要事業であるホスティングサービス事業について、市場拡大が見込まれるタイ市場でのサービス展開を目指し、タイでの営業拠点として合弁会社「GMO CLOUD Thailand Co., Ltd.(仮称)」を設立することを決定した。

 平成25年度については、非連結子会社となる予定。

会社の概要

(1)商号GMO CLOUD Thailand Co., Ltd.(仮称)
(2)本店所在地タイ王国
(3)代表者田中康明(現当社常務取締役)予定
(4)資本金4百万バーツ(約13百万円)
(5)設立年月日平成25年5月予定
(6)主な事業内容クラウドホスティングサービスの提供
(7)決算期12月予定
(8)出資比率当社非連結子会社GMO CLOUD Pte.Ltd.(シンガポール)49.9%
DIGICRAFTS CO.,LTD.20.0%

>>GMOクラウドのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | IR企業情報
2013年03月23日

GMOクラウドの子会社GMOグローバルサイン社(US)は「SSL部門」で金賞を受賞

■ワークフローの自動化を実現した「ワンクリックSSL」や各社との協業による技術革新・強化などが評価される

 ホスティング・セキュリティサービスのGMOクラウド<3788>(東マ)の子会社GMOグローバルサイン社(US)は、インターネットセキュリティに対する革新的、先進的ビジョンが業界のリーダーとして評価され、「情報セキュリティグローバルエクセレントアワード2013」の「SSL(インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル)部門」で金賞を受賞した。

 ワークフローの自動化を実現した「ワンクリックSSL」や各社との協業による技術革新・強化などが評価されたことによる。

 「情報セキュリティグローバルエクセレントアワード」は、業界向けセキュリティリサーチ情報専門誌であるInfo Security Products Guide(情報セキュリティガイド)が毎年開催する「Silicon Valley United States (SV US) Awards」の1つで、ITセキュリティを対象にしたアワード。各アワードは、世界中のあらゆる企業セグメントまたは規模の組織を対象に、セキュリティに貢献した人々、製品とサービス、パフォーマンス、PRとマーケティングを表彰する。審査員は世界中から集まった幅広い業界の約50名で構成され、平均スコア順に金賞、銀賞、銅賞が決定される。今回で第9回目の開催となる本アワードは、2013年2月27日にアメリカのサンフランシスコで結果が発表され、授賞式が行われた。

 SSL証明書の申請時のCSR(サーバ証明書を発行するための署名要求)生成や鍵管理からサーバ証明書のインストールまでの一連のプロセスを全自動化することが可能なGMOグローバルサイン社独自のサービス(ワンクリックSSL)を提供したことが評価されている。

 各社との協業については、CloudFlare社との協業によりOCSP(電子証明書の失効問い合わせのためのプロトコル)のパフォーマンスを向上し、ウェブサイトが安全かつスピーディに表示されるようになった。また、Stop The Hacker社およびNetCraft社との協業により、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書がインストールされたサーバでマルウェアの検知がされた際、管理者にアラートが送信されるようになったことで、セキュリティリスクを軽減することができた。

 更に、企業内全ての証明書の集中管理を可能とする管理システムへのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)統合も可能となった。

 今回の受賞で、同社の「ワンクリックSSL」の普及はさらに加速するものと予想される。

>>GMOクラウドのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:20 | IR企業情報

ピーエイ 3月27日に「AER5階 情報産業プラザ」で就職・転職フェアを開催

■企業と求職者との『ベストマッチング』を提供

 無料求人情報誌のピーエイ<4766>(東マ)は、3月27日(水)13時〜16時に「AER(アエル)5階 情報産業プラザ」(仙台市青葉区中央1−3−1)で就職・転職フェアを開催する。

 この就職・転職フェアでは、仙台市及びにその近隣地域の企業が参加し、採用担当者と地域の求職者が直接対話し、宮城県仙台市及びその近隣地域の企業と求職者との『ベストマッチング』を提供するイベント。

 問い合わせ先は、潟sーエイ 仙台(担当・武田)
Mail:t-takeda@pa-co-ltd.co.jp
電話番号:022−722−1660

 同社では、採用活動のサポートを通じて、復興支援、雇用促進に貢献できるよう取り組んでいる。

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:36 | IR企業情報
2013年03月22日

パイプドビッツ 3月29日に、衆議院第二議員会館で「第一回ネット時代における議員・選挙活動セミナー」を共催

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、同社が運営する、政治・選挙プラットフォーム「政治山」が、3月29日に、衆議院第二議員会館で「第一回ネット時代における議員・選挙活動セミナー」を共催する。

■1.セミナー開催概要

第一回ネット時代における議員・選挙活動セミナー

2013年3月29日(金)13:30〜16:15(受付開始 13:15)
 13:30 − 15:00 【第1部】講演
 15:10 − 16:15 【第2部】パネルディスカッション

衆議院第二議員会館 第一会議室

[プログラム] 
【第1部】講演
1.「新しいDBシステムによる名簿管理」
  前田建設工業株式会社 CDS事業部長 石黒健
2.「クラウドの革新性とセキュリティ」
  株式会社メディアクラウドサービス 代表取締役 吉本万寿夫
3.「ネット選挙におけるコンテンツの重要性」
  エイチアンドダブリュー株式会社 代表取締役社長 橋爪敦哉
4.「ネットリサーチとその活用事例」
  株式会社パイプドピッツ オープンデータ推進事業部長 市ノ澤充
5.総括
  イッセイ株式会社 代表取締役 竹内一斉

【第2部】パネルディスカッション
 「ネット選挙でやるべきこと」
<司会>
 ・イッセイ株式会社代表取締役 竹内一斉
<パネリスト>
 ・前田建設工業株式会社 CDS事業部長 石黒健
 ・株式会社メディアクラウドサービス 代表取締役 吉本万寿夫
 ・エイチアンドダブリュー株式会社 代表取締役社長 橋爪敦哉
 ・株式会社パイプドピッツ オープンデータ推進事業部長 市ノ澤充

[参加方法]
貴団体名、お名前、メールアドレス、電話番号とともに、
メールまたは電話にてお申し込みください。
TEL:03−5575−6601 E−mail : seijiyama@pi-pe.co.jp

[対象] 政治家、政治家秘書

[定員] 30名

[申込締切] 2013年3月28日

[参加費] 無料

[主催] 株式会社リメディア
<セミナー事務局>株式会社リメディア 事業開発部

[共催] イッセイ株式会社、エイチアンドダブリュー株式会社、株式会社パイプドピッツ、前田建設工業株式会社、株式会社メディアクラウドサービス

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:00 | IR企業情報

日本エンタープライズ 今期13年5月期通期連結業績の上方修正を発表

■携帯販売会社との協業による広告売上が伸びる

 モバイルソリューションの日本エンタープライズ<4829>(東2)は21日、今期13年5月期通期連結業績の上方修正を発表した。

 売上高は前回予想を50百万円上回る41億70百万円(前期比49.4%増)、営業利益は前回予想通りの3億90百万円(同28.3%増)、経常利益も前回予想通りの4億円(同25.8%増)、純利益は前回予想を1億25百万円上回る3億50百万円(同105.9%増)と上方修正により大幅増収増益を見込む。

 売上高に関しては、ソリューション事業での携帯販売会社との協業による広告売上が伸びていることから前回予想を上回る見込みとなった。

 利益に関しては、投資有価証券売却益を特別利益として計上することから上方修正となった。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | IR企業情報