スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/10)スターティア 「ActiBook Manager2」の最新版が山口県のポータルサイトに導入される
記事一覧 (07/09)スターティア 子会社のスターティアラボはWindows8対応の電子ブック閲覧アプリ「ActiBook」のバージョンアップを実施
記事一覧 (07/08)アールテック・ウエノ 東北大学大学院医学系研究科の永井展裕助教は、第29回日本DDS学会で、東北大学とのドラッグデリバリーシステムについての共同研究結果について口演
記事一覧 (07/08)クリーク・アンド・リバー社 野村克也氏の初の電子限定書籍「凡人を達人に変える77の心得」を7月17日に刊行
記事一覧 (07/07)イワキ 5日引け後に今期13年11月期第2四半期連結業績予想の修正を発表
記事一覧 (07/05)アスカネット:動画を高画質静止画像へ切り出せるアプリ発売!
記事一覧 (07/05)ヨコレイ:都城物流センター隣接地に第二センター新設(今秋着工)
記事一覧 (07/05)スターティア ブランドダイアログと共同開催で無料セミナーを開催
記事一覧 (07/04)パイプドビッツ 「政治山」で、全国の有権者を対象とした第23回参議院議員選挙に関する意識調査を実施し、調査レポートを発表
記事一覧 (07/04)ピーエイ 新潟「JOBPOST お仕事フェスタ」を開催
記事一覧 (07/03)スターティア 7月3日より3日間、東京ビッグサイトで開催される[国際]電子出版EXPOに出展
記事一覧 (07/03)クリーク・アンド・リバー社 7月5日に、日本初となる本格的な公式「MCN」の運用を開始
記事一覧 (07/03)ワイヤレスゲート 「ワイヤレスゲートWi−Fi」のオプションサービスを開始
記事一覧 (07/03)パイプドビッツ 「〜Monaca&SPIRAL(R)〜 サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を開催
記事一覧 (07/02)チムニー 自社株買い積極的で還元姿勢に注目余地
記事一覧 (07/02)伊藤園:現地法人と合弁でインドネシア市場へ進出
記事一覧 (07/02)日本エンタープライズの子会社交通情報サービスは、「全国道路情報@ATIS forスゴ得」を提供開始
記事一覧 (07/02)スターティア 電子ブック制作サービス「ActiBook」中国語版対応が完了
記事一覧 (07/02)ワークマン 6月の全体の売上高は前年同月比9.2%増と今期一番の成長率
記事一覧 (07/01)クリナップ:温暖化防止への最新取組み「2013環境報告書」HPで公開
2013年07月10日

スターティア 「ActiBook Manager2」の最新版が山口県のポータルサイトに導入される

■容易かつ直感的に更新・配信することができる点が評価される

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボが提供するクラウド型電子ブック配信管理ツール「ActiBook Manager2(アクティブック マネージャー ツー)』の最新版「Ver.3.0」が、山口ケーブルビジョンが提供する山口県のポータルサイト『やまぐちebooks(やまぐちイーブックス)以下「Ybook」』に導入された。

 「ActiBook Manager2」とは、電子ブック提供サイトを簡単に開設することができるクラウド型電子ブック配信管理ツールのことで、Webサーバの準備やアプリケーション等のインストールの手間が発生せず、短期間かつ低価格で電子本棚を開設することができる。「ActiBook Manager2」の最新版「Ver.3.0」の大きな特徴として、ポータルサイトの運営を容易にするため、管理画面や閲覧画面を大幅リニューアルしたことが挙げられる。具体的には、「アイコンや各項目の説明を多用し視覚的にわかりやすく、直感的に利用できる」点や、「これまで定型だった会員登録フォームが、入力必須項目の設定や項目の削除など、項目を柔軟に設定できる」ことなどが挙げられる。これらの特徴により、だれでも容易かつ柔軟にポータルサイトを運営することが可能。

 今回「Ybook」への採用に至った経緯として、容易かつ直感的に更新・配信することができる「ActiBook Manager2」の使用感と、地域情報を市民の方々に提供したいという山口ケーブルビジョンのニーズが合致したことにより採用に至った。

 スターティアラボでは、今後もこのような地域ポータルサイトの運営に興味がある企業を募集している。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:40 | IR企業情報
2013年07月09日

スターティア 子会社のスターティアラボはWindows8対応の電子ブック閲覧アプリ「ActiBook」のバージョンアップを実施

■電子ブック内の検索機能やログ取得といった機能を、競合サービスに先駆けて追加

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、Windows8対応の電子ブック閲覧アプリ「ActiBook」のバージョンアップを行い、Windows8アプリにおける電子ブック内の文字検索機能や、閲覧ログの取得が、7月4日より新たに利用可能となった。

 「ActiBook」とは、スターティアラボが提供する電子ブック制作サービスのことで、これまで1,800社以上に導入実績があり、「ActiBook」アプリに関しては、65万件以上のダウンロード実績がある。

 本年4月よりWindows8の提供を開始したが、タブレットPCを始めとしたWindows8端末の更なるユーザー増加を見込み、電子ブック内の検索機能やログ取得といった機能を、競合サービスに先駆けて追加した。これにより電子ブックの読者は任意のキーワードで電子ブック内の文章を検索することが可能となり、見たい箇所に辿り着くことが容易になった。また電子ブックを配信する管理者側においては、電子ブックのアクセスログの取得が可能になったことで、「どの電子ブックが何回閲覧されたか?何分閲覧されたか?」などの情報を蓄積し、将来分析することができるため、より顧客ニーズにあった電子ブックの提供が可能となる。

 尚、既に電子ブック作成ソフト「ActiBook」を導入している利用者にとっては、「ActiBook」の開発コンセプトであるワンオーサリングマルチデバイス(一度の編集作業で複数のデバイスに対応した電子ブックを作成できる)という考えに基づき、これまでと同様の電子ブック作成方法でWindows8 に対応した電子ブックを制作することが可能である。

 今後もWindows8アプリに対しては、Google Analyticsと連動した電子ブックアクセス解析機能「ActiBook Analytics」との連動を始めとした機能の追加など、先行しているiOSやAndroidアプリの開発実績を基に更なる機能の拡充を行っていく予定。

 なお、本アプリはWindowsストアより無料でダウンロードすることが可能。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:51 | IR企業情報
2013年07月08日

アールテック・ウエノ 東北大学大学院医学系研究科の永井展裕助教は、第29回日本DDS学会で、東北大学とのドラッグデリバリーシステムについての共同研究結果について口演

■ウノプロストンの経強膜持続投与の効果を、硝子体注射などよりも効果的に網膜変性を抑制する可能性を示唆

 東北大学大学院医学系研究科の永井展裕助教は、アールテック・ウエノ<4573>(JQS)が、網膜色素変性治療薬として開発中のウノプロストン(開発コード: UF−021)について、7月4日から京都で開催された第29回日本DDS学会で、東北大学とのドラッグデリバリーシステムについての共同研究結果について口演した。

 東北大学大学院医学系研究科の永井展裕助教はウノプロストン徐放デバイスの作成と網膜変性モデルラットを用いた網膜保護効果に関する研究成果について口演し、「ラット網膜変性モデル(S334terラット)に対するウノプロストンの経強膜持続投与の効果を、電気生理学的検査である網膜電図で評価した結果、硝子体注射などよりも効果的に網膜変性を抑制する可能性が示唆された。」と結論。

 現在第3相臨床試験が進行している網膜色素変性治療に対するウノプロストン点眼液は、一定頻度での点眼(両眼に1回2滴、朝夕2回点眼)が必要であるが、このドラッグデリバリーシステム製剤の開発が行われれば、数回の点眼が難しい高齢や視力が弱い患者でも、ウノプロストン治療薬が使えるようになる。

>>アールテック・ウエノのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:18 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 野村克也氏の初の電子限定書籍「凡人を達人に変える77の心得」を7月17日に刊行

■本作品の制作業務をクリーク・アンド・リバー社が行ない、出版はバレーフィールドが担当

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)と、株式会社バレーフィールドは、野村克也氏の初の電子限定書籍「凡人を達人に変える77の心得」を7月17日に刊行することを決定した。本作品の制作業務をクリーク・アンド・リバー社が行ない、出版はバレーフィールドが担当する。

 本書は、20代の若者、働き盛りの30〜40代、部下を持つ中高年という各世代の読者に役立つよう野村克也氏の経験に裏付けられた心得が解説されている。

 「仕事の基礎力」をつけるための正しい努力、「飛躍的な成長」を実現する考え方、リーダーが備えるべき10の必須条件、チームの力を最大限に引き出す指導法など、仕事で使える成功の秘訣をこの1冊で学べる。

 クリーク・アンド・リバー社では電子書籍の企画・制作から大手プラットフォームへの配信取次事業のほか、作品プロデュースや、書籍の版権を取り扱うエージェンシー事業ならびに出版関連事業を積極的に展開している。開始当初から順調に事業を拡大しており、今後も電子書籍を含む出版分野において新しい取り組みを加速させている。

『凡人を達人に変える77の心得』
Amazon Kindle、楽天 Kobo、i book store、紀伊国屋Kinoppyなどにて、
7月17日(水)より発売(334円税別) <7月7日予約受付開始!>

クリーク・アンド・リバー社 野村克也氏の初の電子限定書籍「凡人を達人に変える77の心得」を7月17日に刊行

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | IR企業情報
2013年07月07日

イワキ 5日引け後に今期13年11月期第2四半期連結業績予想の修正を発表

■売上高は前回予想を下回るものの、利益面で大幅な上方修正

 イワキ<8095>(東1)は5日引け後に今期13年11月期第2四半期連結業績予想の修正を発表した。

 売上高は、前回予想を4億26百万円下回る256億73百万円(前回予想比1.6%減)、営業利益は1億49百万円上回る4億79百万円(同45.3%増)、経常利益は1億88百万円上回る5億58百万円(同50.9%増)、純利益は1億13百万円上回る3億43百万円(同49.1%増)と売上高は前回予想を下回るものの、利益面で大幅な上方修正となった。

 売上減の要因としては、化成品事業における表面処理薬品のプリント配線板・電子部品関連薬品の売上低迷が挙げられる。

 利益面で大幅な上方修正が見込まれるのは、コスト削減、販管費削減による。

 通期連結業績予想は、業績への影響について不透明な部分が多いことから、当初の業績予想を据え置いている。

 しかし、進捗率を見ると、売上高48.2%、営業利益53.2%、経常利益56.9%、純利益57.1%となっていることから、利益面での上方修正が期待できる。

>>イワキのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | IR企業情報
2013年07月05日

アスカネット:動画を高画質静止画像へ切り出せるアプリ発売!

■必要なシーン選ぶだけ『一瞬の奇跡』ベストショットに

 アスカネット<2438>(東マ)は、動画を写真にするアプリケーション『AfterShutter(アフターシャッター)』を開発し7月5日(金)からApp Store、Google play、ならびにAftershutter(アフターシャッター)WEBサイトを通じて販売を開始した。

 この『アフターシャッター』は、1秒当り29コマから30コマを切り出せる機能を備えており、動画から簡単に高画質の静止画像を切り出せるので、数秒の画像から数百のシーンを切り取ることができる。

 決定的瞬間を写真に収めるのはプロも難しい技術といわれるが、動画で撮影されたデータから、必要なシーンを選ぶだけで一瞬の奇跡も見逃さずベストショットを収めることができるので、遊んでいる子ども、動き回るペット、スポーツ、ダンス、さらに花火など、写真の楽しみ一段と広がそうだ。

アスカネット:動画を高画質静止画像へ切り出せるアプリ発売!

>>アスカネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:56 | IR企業情報

ヨコレイ:都城物流センター隣接地に第二センター新設(今秋着工)

■地元の要望強く、最新鋭設備のサービスで産業振興に一役

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は、宮崎県都城市高木町に「都城第二物流センター(仮称)」を新設することを決めた。同センターは今秋9月に着工し、来年10月に竣工の予定。

 宮崎県南部は、イモ類を中心とした農産品、鶏・豚など畜産品の一大産地であり、また食料品メーカー、農業生産法人が多く、国内の食品供給拠点といわれている。さらに、宮崎県・都城市は、農産品、畜産品を中心とした産業振興に積極的に取組んでこともあり、同地区での低温物流施設の強化を求める動きが年高まっている。

 同社はこうしたニーズに応える最新鋭設備で、地域へのサービス提供を拡充し地域振興に一役果たすことを目指す。

 第二物流センターの設備の特徴は、自然対流の長所を生かしながら微細な温度調節ができるRD冷却法を採用、さらに、選別作業などができる多目的スペースを各階に配置するなど、地域の商品特性にマッチした施設。

【施設の概要】
  構造・規模:1)鉄筋コンクリート造4階建、建築面積約4,100平方メートル(1,200坪)、敷地面積約8,700平方メートル(約2,600坪)、2)収容能力約20,000トン(F級=冷凍約19,000トン、C級=冷蔵約1,000トン)、3)冷結庫24トン/日×2室

>>ヨコレイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:13 | IR企業情報

スターティア ブランドダイアログと共同開催で無料セミナーを開催

■iPad がもたらすスマート営業とは

 スターティア<3393>(東マ)は、7月26日(木)に、クラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の開発元である業務支援型SaaS・クラウドコンピューティングカンパニーのブランドダイアログと共同開催で無料セミナーを開催する。

 「スマートデバイス×クラウドアプリ活用が営業ワークスタイルを大幅にチェンジ!〜iPad がもたらすスマート営業とは?〜」をテーマに、企業で導入が進んでいるスマートデバイスを活用して営業のワークスタイルを変える方法について伝える。

■セミナー概要
【タイトル】 スマートデバイス×クラウドアプリ活用が営業ワークスタイルを大幅にチェンジ!
〜iPad がもたらすスマート営業とは?〜
【主催】 スターティア株式会社/ブランドダイアログ株式会社
【開催日時】7月26日(金)16:00〜18:00(15:45 受付開始)
【開催会場】 ブランドダイアログ株式会社 大会議室
〒107−0052
東京都港区赤坂2−17−22 赤坂ツインタワー本館6 階
アクセス:http://www.branddialog.co.jp/company/access/
【定員】 20名限定
【対象者】 IT 部門、営業部門の管理者、担当者
【内容】 「見込数字がリアルタイムに見れるようになった!」
「営業の活動件数がUPした!」
「営業成功事例の共有で成約数が上がった!」
「質の高い提案で、商談時間が大幅に削減できた!」
「売上目標が達成できた!」
スマートデバイスの有効活用でここまで変わる!
営業ワークスタイルの変革を一緒に実現しませんか?
【プログラム】
16:00〜16:40 第一講座
『営業マンの1 日を変えるスマート営業の効果
〜クラウド型営業支援/顧客管理 Knowledge Suite とiPad で営業スタイルが一新〜』
(講師:ブランドダイアログ株式会社 常務取締役 柳沢 貴志氏)

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:14 | IR企業情報
2013年07月04日

パイプドビッツ 「政治山」で、全国の有権者を対象とした第23回参議院議員選挙に関する意識調査を実施し、調査レポートを発表

 パイプドビッツ<3831>(東マ)が運営する政治・選挙プラットフォーム「政治山」で、全国の有権者を対象とした第23回参議院議員選挙に関する意識調査を実施し、1,125名から回答を得て、本日(7月4日)調査レポートを発表した。

【調査サマリー】
・支持政党、投票予定政党ともに、自民が最多をキープし、安倍政権支持の   安定を裏付ける。

・支持政党と投票予定政党を比較すると、民主と社民以外はポイントを上げるか横ばい。最もポイントを伸ばしたのは自民と共産で1.9ポイント増、反自公の受け皿は共産か。

・投票先決定に重要視する政策は、景気対策が52.9%で突出、続いて消費増税、原発問題。一方、憲法改正やTPP参加問題は、比較的大きな争点に  はなっていない。

・候補者を選ぶポイントは、実行力・行動力、政策・提言が不動の地位。

・政党を選ぶポイントは、政策実現力、政策の柱。外交力も伸長。

・ネット選挙を理解しているのは8割、2割はネット投票と誤解もしくは知らない。

・投票先決定情報源は、ネット42.4%、テレビ29.6%、新聞(紙)18.5%、ネットの中では選挙情報メディアとニュースメディアに信頼。一方、SNSは発信者にかかわらず有権者の利用意識は1%台と低調。

・20代の投票先決定情報源はネットが過半数を占め、ネット以外をあげた割合は40代が最多。

・投票先決定情報源を新聞と回答した割合は年代とともに増加。

・有権者は、炎上現象だけで判断せず、その理由や炎上後の対応を材料視。

・安倍政権は61%が総合評価し、全年代で過半数が評価する派。まったく評価しないのは8.4%で、失敗と見ている層は少ない。

・個別政策では、景気対策に評価が集まり、外交政策も半数が評価。

・評価しない派が多い政策は、最多が雇用対策、続いて原発再稼動容認、教育制度見直し。

・支持政党別にみると自民・公民支持者では実に91.6%が安倍政権を評価。

・安倍政権への評価は、選挙区、比例区ともに投票行動に影響する傾向。

▼第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」
http://seijiyama.jp/research/investigation/saninsen2013-001.html

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | IR企業情報

ピーエイ 新潟「JOBPOST お仕事フェスタ」を開催

■7月12日(金)から7月17日(水)の6日間、就職・転職に関する企業・仕事(求人)情報を求職者に向けて展示するイベント

 無料求人情報誌JOBPOSTのピーエイ<4766>(東マ)は、7月12日(金)から7月17日(水)の6日間、就職・転職に関する企業・仕事(求人)情報を求職者に向けて展示するイベント、新潟「JOBPOST お仕事フェスタ」を開催する。

 新潟「JOBPOST お仕事フェスタ」は、求職者が気軽に求人情報を閲覧・応募の出来るイベントとなっており、出展企業の採用活動のサポートを行っている。

 新潟「JOBPOST お仕事フェスタ」の会場は、アピタ新潟西店 1 階 特設会場(住所:新潟県新潟市西区小新474 番地)。入場無料、履歴書不要であることから、気軽に立ち寄れる雰囲気がある。更に、気に入った職が見つかった場合は、その場で応募することができる。出展企業社数は、100社以上もあるため、色々な業種の中から選択することができる。

 また、来場できない場合でもスマートフォン、パソコン、電子書籍で求人情報を調べることもできる。

>>ピーエイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:49 | IR企業情報
2013年07月03日

スターティア 7月3日より3日間、東京ビッグサイトで開催される[国際]電子出版EXPOに出展

■電子ブックとAR サービスによる書籍の新たな収益モデルを紹介

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、7月3日より3日間、東京ビッグサイトで開催される[国際]電子出版EXPOに出展する。

 今度の展示会は、世界45カ国から6万名が来場する大規模展示会。スターティアラボは[国際]電子出版EXPO で、1,800 社以上に導入実績のあるiOS/Android 対応の電子ブック作成ソフト『ActiBook(アクティブック)』とAR 制作サービス『ActiBook AR COCOAR(アクティブック エーアール ココアル)以下「COCOAR」』を展示し、電子ブックとAR サービスによる書籍の新たな収益モデルを紹介する。

 「ActiBook」の大きな特徴として、電子ブック提供サイトを簡単に開設出来る「ActiBookManager2(アクティ ブックマネージャー ツー)」機能を活用し、雑誌の定期購読者などに対して過去の電子書籍や雑誌の配信を行うことや、ユーザーごとに電子ブックの閲覧権限を持たせ購読者別に異なる書籍や雑誌の閲覧をできる様にすることで会員から月額費用を得るなど、紙媒体以外からも収益を得るモデルの提供が可能となる。

 更に、AR 制作サービス「COCOAR」は、任意の画像をARコンテンツの読み取り用のマーカーに設定することで、動画や音楽、電子ブック等、様々なコンテンツをスマートフォンに表示出来ることから、あるバイク雑誌では「COCOAR」アプリを起動しアプリ経由で掲載製品の写真をスキャンすることでメーカーホームページのリンクが開き、ARコンテンツからリンク先へ遷移した場合にメーカーから広告費を得るといったことも行っている。

 電子書籍だけで利益を得るには多額の設備投資が必要であったり、書籍とは異なる販売ノウハウが必要であったり、収益化が困難な場合も多くあったが、スターティアラボでは紙媒体の書籍に更なる付加価値を付け広告収入などにつなげるなど新たな収益モデルを提案している。

■第17回[国際]電子出版EXPO開催概要
会 期 :2013年7月3日(水)〜 5日(金) 10時〜18時
場 所 :東京ビッグサイト
主 催 :東京国際ブックフェア実行委員会
リード エグジビション ジャパン株式会社
入場料 :1,200円(税込) (事前登録無料)
同社ブース小間番号:西3・4 26−2
URL:http://www.ebooks-expo.jp/

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 7月5日に、日本初となる本格的な公式「MCN」の運用を開始

■日本のクリエイターを支援する、初の本格的な「MCN」として活動することをグーグルから許可される

 プロフェッショナル事業を展開するクリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、グーグル株式会社が運営するYouTube上で展開する、マルチチャンネルネットワーク(以下、「MCN」) の公式パートナーとして、7月5日に、日本初となる本格的な公式「MCN」の運用を開始する。

 「MCN」とは、YouTube上の複数のチャンネルと提携し、プロモーション、制作支援、視聴者の獲得や収益の分配など、契約するクリエイターに対して様々な支援策を提供するネットワークのこと。欧米では、「MCN」は既に普及しており、「MCN」に参加することで大きな収益を得るクリエイターが生まれている。同社は、日本のクリエイターを支援する、初の本格的な「MCN」として活動することをグーグルから許可された。

 同社で展開する「MCN」の公式チャンネル名は「オンラインクリエイターズ」( http://onlinecreators.jp/ )。クリエイティブに特化しているため、契約するクリエイターは、企画・演出からフリー音源、多言語化などの制作サポートやライツ管理、企業等とのコラボレーションによるクロスプロモーションといった、より制作に専念できる環境や、収益化のためのサポートを受けることが可能となる。

 加えて、動画の分野に留まらず、電子を含めた書籍出版の支援など、クリエイターの世界展開を視野に入れたサービスも提供する予定。

 同社は、クリエイターに特化した専門エージェンシーとして創業時より培ってきた “クリエイターをサポートするシステム”を最大限に活用し、国や領域を問わずに幅広いフィールドで活動できるように、動画配信における収益化の多角的な支援をこれまで以上に積極的に行うとしている。

 また、個人のクリエイターに限らず、動画コンテンツを保持する法人も利用できるため、アニメや映画、音楽PV、ドラマ、舞台映像などの過去作品のリマネタイズの一貫として、新たな作品の告知の場として、幅広く活用できる。

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | IR企業情報

ワイヤレスゲート 「ワイヤレスゲートWi−Fi」のオプションサービスを開始

■操作方法や活用方法などを電話でサポートするサービスで、月額使用料金480円で提供

ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート<9419>(東マ)は、 「ワイヤレスゲートWi−Fi」のオプションサービスとして、7月より安心してスマートフォン等が使える「電話リモートサービス」の提供を開始した。

  「電話リモートサービス」は、スマートフォンなどモバイル端末初心者でも、安心して使えるように、操作方法や活用方法などを電話でサポートするサービスで、月額使用料金480円で提供される。スマートフォンの初期設定やWi-Fi設定、アプリケーション設定、セキュリティー設定など、土・日・祝日も含め365日何回でも問い合わせることができる。

 サービスの申込みは、大手家電量販店のヨドバシカメラ店頭で、「ワイヤレスゲート Wi−Fi」の申込みの際に同時に申込みを受け付けている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:54 | IR企業情報

パイプドビッツ 「〜Monaca&SPIRAL(R)〜 サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を開催

■Web技術だけでアプリを開発するためのセミナー

 パイプドビッツ<3831>(東マ)とアシアルは、7月18日にWeb制作会社を対象として「〜Monaca&SPIRAL(R)〜 サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を、東京都港区赤坂のパイプドビッツ本社で開催する。

 このセミナーは、モバイルアプリ開発に挑戦したい人や、より簡単、迅速にモバイルアプリを開発したい人におすすめの「Web技術だけでアプリを開発するためのセミナー」である。

 セッションでは、HTML5を採用したハイブリッドアプリのフロントエンド開発で注目を集めている「Monaca」と、一般的なIaaSを利用した場合と比較してバックエンドの開発工数を80%削減できる「スパイラル(R)」をとりあげはじめての人にもわかりやすい具体的なアプリの開発方法を紹介する。

 また、セミナー後すぐに効率的なアプリ開発ができるよう、セミナーで紹介するアプリのソースコードや「スパイラル(R)」の設定情報を提供する。

[名称]
Web制作会社向け 〜Monaca&SPIRAL(R)〜
「サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」

[日時]
2013年7月18日(木)13:30〜16:00 (会場 13:00)
※プログラム時間は多少前後する可能性がございます

[会場]
株式会社パイプドビッツ 東京本社
東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル2階
(東京メトロ:南北線・銀座線「溜池山王駅」11番出口直結)

[対象]
Web制作/開発会社

[プログラム] ※敬称略

【1.セッション】
「Monacaで作るHTML5ハイブリッドアプリ開発」
講師:アシアル株式会社 エンジニア 生形可奈子

【2.セッション】
「バックエンドの開発工数を80%削減できるSPIRAL(R)」
講師:株式会社パイプドビッツ プロダクトマーケティング部 部長 小西辰也

【3.セッション】
「Monaca&SPIRAL(R)で作るアプリ開発講座」
講師:アシアル株式会社 エンジニア 生形可奈子
講師:株式会社パイプドビッツ SDP認定制度運営部 部長 小泉久美子

[参加方法]
セミナーご案内ページの申込みフォームに必要事項をご入力のうえ送信して
ください。
http://www.pi-pe.co.jp/seminar-event/2013/monaca-spiral201307.html

[定員]
50名(先着順)

[参加費]
無料

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:51 | IR企業情報
2013年07月02日

チムニー 自社株買い積極的で還元姿勢に注目余地

■チムニーは自己株式の取得結果を発表

 チムニー<3178>(東2)は2日、自己株式の取得結果(途中経過)を発表。さる5月8日に決議した取得上限73万5000株(取得期間は5月9日〜8月31日)までの自己株取得(自社株買い)について、開始から6月30日までの取得合計株数が54万5500株に達したとした。
 
 取得合計株数は上限株数の74.2%になる。営業日ベースでの81日のうち37日で74.2%を取得したことになり、買い付けピッチの速さが注目されている。自社株買いは株式価値の向上による株主還元策のひとつであり、積極姿勢が強い株価材料になる。

>>チムニーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:06 | IR企業情報

伊藤園:現地法人と合弁でインドネシア市場へ進出

■清涼飲料水製造・販売の2社、今秋設立を予定

 飲料大手の伊藤園<2593>(東1)の100%子会社であるITO EN Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、「ITO EN APH社」)は、PT ULTRAJAYA MILK INDUSTRY & TRADING COMPANY Tbk.(インドネシア、インドネシア証券取引所上場、「UJ社」)との間で、清涼飲料事業を行う製造合弁会社(PT ULTRAJAYA ITO EN)と販売合弁会社(PT ITO EN ULTRAJAYA)を9月(予定)に設立し、本格的にインドネシアに進出、同国内の清涼飲料水市場での事業基盤を確立し伊藤園ブランドの認知拡大に取組む。

 インドネシアでの合弁会社設立に伴い伊藤園のアジアにおけるグループ会社は7社となる。

【設立する2社の概要】
 製造合弁会社、販売合弁会社の両社とも、本社:ジャカルタ市内、資本金:30,000百万インドネシアルピアと同額だが、出資比率は製造合弁会社がITO EN APH社45%・UJ社55%、販売合弁会社がUJ社45%・ITO EN APH社55%。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:45 | IR企業情報

日本エンタープライズの子会社交通情報サービスは、「全国道路情報@ATIS forスゴ得」を提供開始

■富士山のライブ映像を見ることができる『現在の富士山』を、7月1日より開始

 日本エンタープライズ<4829>(東2)の子会社、交通情報サービスは、エヌ・ティ・ティ・ドコモのスマートフォン向けサービス「スゴ得コンテンツ(TM)」向けに、「全国道路情報@ATIS forスゴ得」を6月12日より提供を開始した。また、同コンテンツ内において、既に「auスマートパス」や「Yahoo!プレミアム」で好評の、富士山のライブ映像を見ることができる『現在の富士山』を、7月1日より開始する。

 「全国道路情報@ATIS forスゴ得」は、独自の高速道路及び一般道路の交通情報や、駐車場・フェリー・天気等の便利な情報を提供している。さらに、“交通ライブ映像”提供で培ったノウハウを活かした新たな取り組みとして、先月、世界文化遺産に登録された富士山のライブ映像を見ることができる、『現在の富士山』を新機能として追加した。

 日本一の高さを誇る富士山は、その神秘的な美しさ、壮大さ、そして四季折々に見せる様々な表情により、昔から日本人に愛されてきた。そんな日本の代名詞ともいえる富士山を、同機能を利用することで、何処からでもリアルタイムで見ることができる。さらに、日の出から日の入りまで5分毎の静止画を繋ぎ合わせ、一日の富士山の様子を楽しむことができる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | IR企業情報

スターティア 電子ブック制作サービス「ActiBook」中国語版対応が完了

■7月1日より台湾市場で販売開始

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、電子ブック制作サービス『ActiBook(アクティブック)』の中国語対応を行い、5月に業務・資本提携を行った台湾の「ホーマデジタル」が、7月1日より台湾市場で販売を開始した。

 提供を行うのはSaaS 型電子ブック作成ツール「ActiBook SaaS(アクティブック サース)」と「ActiBook Cloud Suite(アクティブック クラウドスイート)(以下「ActiBook CS」)」であり、販売開始に伴い、iOS/Android 向け「ActiBook」アプリと、「ActiBook SaaS」「ActiBook CS」の管理画面などが中国語(簡体字・繁体字)に対応した。また、「ActiBook」アプリユーザーはスマートフォン端末の言語設定を中国語に選択することで、日本語で記述されていたアプリ内の言語がすべて中国語に切り替えることが可能となる。

 スターティアラボでは、これまで国内企業向けに「ActiBook」の提供を行ってきたが、海外の電子ブック市場への参入とシェアの獲得を目指し、各製品の多言語化の開発を進めてきた。その第一弾として、中国語の対応が完了したので、業務・資本提携先の『ホーマデジタル』の販売チャネルやノウハウを活かし台湾市場で拡販していく。

 スターティアラボでは今後も「ActiBook」の多言語対応を進めるなど、電子ブックの様々な可能性を開拓し、電子ブック業界におけるデファクトスタンダードとなるためサービスの提供を行っていく。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:02 | IR企業情報

ワークマン 6月の全体の売上高は前年同月比9.2%増と今期一番の成長率

■平年よりも気温の高い日が続いたことから、防暑小物類が好調に推移

 作業着、作業用品のワークマン<7564>(JQS)は1日、6月の売上速報値を発表した。

 全体の売上高は前年同月比9.2%増と今期一番の成長率となった。また、既存店も前年同月比6.9%と今期一番の伸び率を確保している。売上好調の背景には、平年よりも気温の高い日が続いたことから、サマーワーキング、長袖ポロシャツ、半袖シャツなどの夏物衣類やタオル、帽子、ヘルメットインナーなどの防暑小物類が好調に推移したことが挙げられる。

 さらに出店も順調で、6月には、越谷蒲生店(埼玉県)、志木中宗岡店(埼玉県)、鶴岡店(山形)と3店を新規出店。その結果、総店舗数は715店となっている。

 6月は売上が好調なことに加え、3店舗の新規出店と順調に推移している。

 尚、第1四半期の決算発表は、7月31日(水)を予定している。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:49 | IR企業情報
2013年07月01日

クリナップ:温暖化防止への最新取組み「2013環境報告書」HPで公開

■環境配慮型商品開発〜『ステンキャビ』「クリンレディ」・『保温性能を高めた』「アクリアバス」など紹介

 クリナップ<7955>(東1)は、同社が取組んでいる環境問題についてまとめた報告書「2013年環境報告書」を発行、同社ホームページに公開し、そのダイジェスト版「econap/エコナップ」を制作して全国102ヵ所のショールームをはじめとした全事業所にて配布する。

 同報告書では、同社事業全体のCO2削減や環境配慮型パソコンサーバーの導入などによる地球温暖化防止への最新取組みについて紹介している。

 特に環境配慮型商品の開発では、1)『ステンレス エコキャビネット』を採用した「クリンレディ」が省資源・ゼロエミッションに優れている上に、揮発性有機化合物(VOC)の拡散量を減らし、2)システムバスルーム「アクリアバス」は保温性を高めたことで省エネ性能を装備したことなどを図解している。

 また、「クリンレディ」が第4回ものづくり日本大賞で内閣総理大臣賞、ならびに、ステンレス協会賞で、『ステンレスの新規用途開発・普及・社会環境との調和等に貢献した製品として優秀賞を受賞したこと、さらに、節水、省資源をテーマとした「エコプロダクツ2012」への出店内容について報告している。同社はこれからも、家族の笑顔を創ります』をスローガンに、地球環境への配慮と共生を図りながら、時代の変化に即したライフスタイルと住生活空間の創造に取組む。(写真:環境報告書 ダイジェスト版econup)

環境報告書 ダイジェスト版econup
>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:38 | IR企業情報