[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/02)インテージ 医療情報総合研究所の全株式を取得したことを発表
記事一覧 (08/31)パイプドビッツ 「スパイラル プレース≫」の契約数が約7ヶ月で5,000件を達成
記事一覧 (08/31)マーベラスAQL 「スーパークリエイターズ」シリーズ第1弾、第2弾の配信を開始
記事一覧 (08/30)パイプドビッツ 「スパイラル プレース(R)」を千葉県防犯設備協会が導入
記事一覧 (08/30)三栄建築設計 取締役会で子会社を設立することを決議
記事一覧 (08/30)ミロク情報サービス 『ミロクのかんたん!シリーズ7』を12月より発売
記事一覧 (08/30)ピックルスコーポレーション 子会社札幌フレストが「なまらうまいキムチ」をリニューアル
記事一覧 (08/29)クリーク・アンド・リバー社 全国の法科大学院や会計専門大学院を対象とした、キャリア支援カリキュラムの提供を開始
記事一覧 (08/29)テクマトリックス 連結子会社であるNCLCとNTTデータが「仮想ネットワークソリューション」の推進で提携
記事一覧 (08/28)スターティア 新たな営業拠点として横浜支店を開設
記事一覧 (08/28)クリーク・アンド・リバー社 竹清 仁氏のインタビューを掲載
記事一覧 (08/28)パイプドビッツ サロンモデルの頂点を決める「Salon Model Award Japan 2012」
記事一覧 (08/28)GMOクラウド シンガポールに子会社、ロシアに孫会社を設立することを発表
記事一覧 (08/27)クリーク・アンド・リバー社 藤森雅也氏のインタビューを掲載
記事一覧 (08/27)OBARA GROUP 27日の引け後に、今期配当予想の上方修正を発表
記事一覧 (08/27)スターティア ジェイモードエンタープライズとの業務提携を発表
記事一覧 (08/27)アイセイ薬局 9月9日より薬学部在籍の学生を対象とした薬剤師国家試験対策講座をスタート
記事一覧 (08/26)「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」の監督 長谷川三郎氏のインタビューを掲載
記事一覧 (08/26)パシフィックネット 当初10月の計画を早め7月20日にカンボジア現地法人設立
記事一覧 (08/24)クリーク・アンド・リバー社 「Mobage」で、ソーシャルゲーム『少女兵器 –GIRL ARMS-』の提供を開始
2012年09月02日

インテージ 医療情報総合研究所の全株式を取得したことを発表

■ファクトベースの処方情報サービスの拡張が実現

 市場調査で業界トップのインテージ<4326>(東1)は31日、医療情報総合研究所(以下、JMIRI)の全株式を取得したことを発表した。
 同社はヘルスケア事業において、長年に渡り一般用医薬品、医療用医薬品に関する情報収集・分析業務を行っている。今回、医療用医薬品領域におけるファクトベースの処方情報サービスを行っているJMIRI 社を子会社化したことで、同事業におけるビジネス領域の拡張が実現する。また、同社グループの保有するソリューションとの相乗作用によってサービス向上も予想される。
 JMIRIの12年3月期の業績は、売上高2億48百万円、営業利益88百万円、経常利益88百万円、純利益88百万円。
 尚、今回の株式取得により、JMIRIは9月3日より同社の子会社として事業を開始する。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:29 | IR企業情報
2012年08月31日

パイプドビッツ 「スパイラル プレース≫」の契約数が約7ヶ月で5,000件を達成

■いつでも、どこからでも社内外との情報共有、情報発信が可能

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は本日(31日)、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース≫」の契約数が、2012年1月11日のサービス開始から約7ヶ月で5,000件を達成したと発表。
 「スパイラル プレース(R)」は、シゴト(仕事、私事)に欠かせないグループウェアとCMS(Webサイト作成・更新)の両機能を持ち、さらにSNSとも連携できる、日本で唯一のクラウドサービス。社内で業務が完結しがちな大企業向けのグループウェアと異なり、Web制作プロジェクトのように、社外のビジネスパートナーやクライアントとの連携が不可欠な事業を展開する小規模事業者や団体が、業務を推進するのに最適なグループウェアとして開発された。PC、スマートフォンなどのマルチデバイスにも対応し、いつでも、どこからでも社内外との情報共有、情報発信が可能。社外向けにはメールで連絡し、社内向けにはグループウェアでコミュニケーションするといった使い分けも、「スパイラル プレース(R)」なら一元化することが可能。

■2013年2月期中を目処に有償版の提供を開始

 2012年1月のサービス提供開始以降、3月に文字数の制限拡張、5月にスマホ対応、7月にスマホサイト自動生成機能やFacebook認証機能の追加など、利用者の要望に応えてバージョンアップを行っている点も利用者の拡大に繋がっている。
 「スパイラル プレース(R)」は、無償版での導入促進を図りながら、2013年2月期中を目処に有償版の提供を開始する予定。パイプドビッツは、創業以来12年連続成長を続ける情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」の実績と顧客基盤を活かしながら、「スパイラル プレース(R)」のユーザー獲得を推進し、情報資産プラットフォームの更なる拡充を図ることで、2014年2月末までの契約数目標10,000件の達成を目指している。
 尚、5000件達成を記念して特設ページを開設している。
http://www.pi-pe.co.jp/spiral-place/special/ac5000.html

>>パイプドビッツのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | IR企業情報

マーベラスAQL 「スーパークリエイターズ」シリーズ第1弾、第2弾の配信を開始

■スマートフォン版「Mobage」で配信

 マーベラスAQL<7844>(東2)は30日、「スーパークリエイターズ」シリーズ第1弾「ノーモア★ヒーローズ ワールドランカー」、第2弾「コンボキマール」のAndroid版を、DeNAが運営するスマートフォン版「Mobage」で配信を開始した。
 「スーパークリエイターズ」シリーズは、日本のゲーム産業の礎を築き数々のスーパーコンテンツを輩出してきた著名なクリエイターが、ゲーム業界の更なる活性化に向けてそれぞれがコンテンツを創出する企画。同社がパブリッシングを行い、スマートフォン版「Mobage」で配信する。
 第1弾「ノーモア★ヒーローズ ワールドランカー」は、ゲームクリエイターの須田剛一氏が手掛ける「ノーモア★ヒーローズ」シリーズ初のスマートフォン向けソーシャルゲーム。これまでにコンシューマゲームソフトとして4タイトルが発売され、国内のみならず海外でも高い人気と評価を得ている。今回の作品は、ソーシャル要素が加わることにより更に楽しく、奥深くなっている。
 シリーズ第2弾として配信を開始した「コンボキマール」は、人気ゲームクリエイターである船水紀孝氏が初めて手掛けるソーシャルアプリゲーム。格闘技が得意な船水氏特有の、アクション要素の高いアプリで、様々な技を手に入れ、その技をつなげてコンボを決める、痛快・コンボアクションゲーム。
 2作品ともiPhoneやiPod touchなどのiOS端末向けアプリとして近日公開予定。

>>マーベラスAQLのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:39 | IR企業情報
2012年08月30日

パイプドビッツ 「スパイラル プレース(R)」を千葉県防犯設備協会が導入

■スケジュールやお知らせをWebで共有することで手間と時間の削減を実現

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は30日、同社のクラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」を、千葉県防犯設備協会が導入したことを発表した。
 千葉県防犯設備協会は、会員が参加する定期会議や技術セミナー、防犯ボランティアとの交流会などのスケジュールやお知らせを、これまではメールやFAX、紙を用いて管理していたが、今回「スパイラル プレース(R)」を導入したことで、スケジュールやお知らせをWebで共有することで、手間と時間の削減を実現している。
 導入後、現場の評判が良いことから、今後導入事例が増えてくることが予想される。

>>パイプドビッツのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:33 | IR企業情報

三栄建築設計 取締役会で子会社を設立することを決議

■首都圏郊外エリアで、2000万円台の住宅を提供することが目的

 首都圏の木造3階建てでシェアトップの三栄建築設計<3228>(東1)は30日、同日開催された取締役会で、子会社を設立することを決議したと発表。
 同社は、東京都23区を中心とした利便性の高い都心部で、分譲・注文住宅を供給し、都心の3階建てでは独壇場といえるほどの圧倒的な競争力を持っている。
 今回子会社を設立するのは、都心部ではなく、首都圏郊外エリアにおいて、2000万円台を中心とした良質で使いやすい住宅を提供することが目的。
 これまで、同社が培ってきた技術を活かし、2×4工法を採用することで、低コストで高い品質と高い居住性を兼備えた住宅提供を目指す。
 商号は、「株式会社 三建アーキテクト」。代表者には、三栄建築設計の代表取締役社長である小池信三氏が兼務する。
 今後、本店所在地、資本金、設立日、取締役等、詳細が決定次第開示する予定。

>>三栄建築設計のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | IR企業情報

ミロク情報サービス 『ミロクのかんたん!シリーズ7』を12月より発売

■業界初の「5年間無料プログラム保証」を付けた青色申告ソフトとして発売

 財務・会計システムのミロク情報サービス<9928>(東2)は30日、個人事業主、小規模企業向けの業務用ソフトウェア『ミロクのかんたん!シリーズ7』を12月より発売すると発表した。
 『ミロクのかんたん!シリーズ7』は、法人会計・会計・青色申告・給与・販売仕入の5種の業務ソフトウェアをラインナップしており、全てのソフトウェアをリニューアル。
 個人事業主、小規模企業にとっては、非常に厳しい経営環境の下、毎年のバージョンアップ費用が大きなコスト負担になるため、同社が今回発売する『ミロクのかんたん!青色申告7』は、ユーザー登録後5年間は追加の費用負担なく、毎年の税制改正にスピーディに対応した最新プログラムを利用できる、業界初の「5年間無料プログラム保証」を付けた青色申告ソフトとして発売する。
 更に、2012年9月1日〜2013年1月31日に、『ミロクのかんたん!シリーズ6』を購入の上、ユーザー登録行なうと、『ミロクのかんたん!シリーズ7』が無料となる「無償バージョンアップキャンペーン」を実施する。
 消費税率が、2014年より8%、2015年10%となることから、今回発売される青色申告ソフトは人気化するものと予想される。

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:36 | IR企業情報

ピックルスコーポレーション 子会社札幌フレストが「なまらうまいキムチ」をリニューアル

■地元の福山醸造の「トモエ 北海道ほたてだし」を使用

 漬物業界トップのピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は29日、同社の子会社札幌フレストが「なまらうまいキムチ」をリニューアルしたと発表。
 今回は、以前から好評である「がごめ昆布」の粘り、旨味に加え、地元の福山醸造(本社:札幌市)の「トモエ 北海道ほたてだし」を使用していることから、更にコク味、旨味が加わり、深みのあるキムチが出来上がった。全国に生産拠点を持つ同社ならでは、地方色豊かな食材を使った商品といえる。
 以前の「なまらうまいキムチ」も評判が良く、地元の北海道だけでなくて関東、東北でも販売していることから、今回のリニューアル商品も関東、東北で発売する。発売予定日は、9月初旬。

ピックルスコーポレーション 子会社札幌フレストが「なまらうまいキムチ」をリニューアル

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:55 | IR企業情報
2012年08月29日

クリーク・アンド・リバー社 全国の法科大学院や会計専門大学院を対象とした、キャリア支援カリキュラムの提供を開始

■優秀な法務・会計のプロフェッショナルの卵に、職業を紹介し、活躍の場を提供

 クリエイター・エージェンシー事業のクリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は29日、全国の法科大学院や会計専門大学院を対象とした、キャリア支援カリキュラムの提供を開始した。
 司法試験に合格しながらも法律事務所や企業等に就職していない司法修習生や、公認会計士試験に合格しながらも監査法人に就職していない学生等、優秀な法務・会計のプロフェッショナルの卵に、現在社会で求められている職業を紹介し、活躍の場を提供する。
 2006年の新司法試験開始に伴い司法試験の合格者は増加し、法律事務所や企業での採用数は増加しているものの、進路が未定の司法修習生が増加していると言われている。また、会計の分野では、リーマンショックに端を発する監査法人の採用数減少等に伴い、公認会計士試験に合格していながらも未就職の人もいる。それぞれの分野で活躍できる資格を持ちながら、未だに進路の決まっていない人達が多数存在することは社会的な損失であるといえる。
 そこで同社は、同社の法曹分野の子会社C&Rリーガルエージェンシー社と、会計分野の子会社ジャスネットコミュニケーションズと共同で、キャリア支援の実践的なカリキュラム構築、仕事紹介等のサービスを開始した。
 カリキュラムの中身は法律事務所や監査法人、一般事業会社への就職活動の流れを講義することに始まり、グループディスカッションや業界セミナー、模擬面接や応募方法のテクニックまで教える実践的な内容となっている。また、会計士のネットワークを活用し、専門家を招いての講座も行う予定。この流れを合計12回前後の講座に分けて、実施していく。試験合格者に対して行うだけでなく、勉強しながら資格取得を目指す方や既卒者も対象としてこのカリキュラムを実施することも可能となっている。

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 橿渕 稔樹 toshiki.kashibuchi@hq.cri.co.jp
TEL:03-4550-0008

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:03 | IR企業情報

テクマトリックス 連結子会社であるNCLCとNTTデータが「仮想ネットワークソリューション」の推進で提携

■早くも、第一弾として、次世代の仮想ネットワークソリューションの提供を開始

 テクマトリックス<3762>(東2)は28日、連結子会社であるNCLC(エヌ・シー・エル・コミュニケーション)がNTTデータと、将来期待されているOpenFlowを利用した仮想ネットワークソリューションの推進について提携したことを発表した。
 OpenFlowは、クラウドコンピューティングの普及に伴い、複雑かつ頻繁なネットワーク機器の設定変更に柔軟に対応することが出来る次世代のネットワーク技術。NCLCはネットワーク環境に対するノウハウに加え、OpenFlow技術に対する知識を持っているうえに、今年4月にはOpenFlowに完全に対応する米国Pica8(ピカエイト)と代理店契約を締結している。
 そこで、早くもNTTデータとの提携の第一弾として、NCLCは、NTTデータが提供する統合システム管理ツール「Hinemos(ヒネモス)」のソリューションパートナー契約を締結し、NCLCが販売するPica8社のOpenFlow完全対応L2/L3スイッチ「Pronto」シリーズとHinemosの仮想ネットワーク管理機能とを組合わせた次世代の仮想ネットワークソリューションの提供を開始する。このソリューションは、クラウド事業者に求められる柔軟性とスケーラビリティを持ち、マルチテナントで利用可能な仮想ネットワーク環境を高い投資効果で実現する。
 更に、NCLCは、NTTデータとの協業により仮想ネットワークソリューションの普及促進に取組むと共に、既存のネットワークの様々な課題を解決するために、今後、様々なSDNアプリケーション分野に取り組み、OpenFlow/SDNソリューションのパイオニアを目指すとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:51 | IR企業情報
2012年08月28日

スターティア 新たな営業拠点として横浜支店を開設

■政令都市である横浜市を中心とした神奈川県での販売力の強化を目的として

 スターティア<3393>(東マ)は28日、新たな営業拠点として横浜支店を開設すると発表した。
 営業拠点の拡充と共に、政令都市である横浜市を中心とした神奈川県での販売力の強化を目的として、新たに横浜支店を開設することを決定した。営業開始は10月1日を予定している。
 本来、5月度の前期決算説明会では、当期は新規出店の予定はなく、来季出店をするためのマーケティングだけという予定であった。ところが、ストック売上も順調で全セグメントにおいて第1四半期より前期実績を売上高・収益において大幅に超過しているため、更に出店攻勢を掛けるなど、拡大路線に拍車を掛けている。
 また当期は、将来に向けた海外攻勢の準備としてグローバルな人材育成を計画として掲げている。
 前段のように人材育成に止まらず、海外出店の前倒しの可能性について経営企画管掌の後久正明常務に確認したところ、「発表されていることが全てであり、それ以上でもそれ以下でもない。海外について機関決定されている事実もない。そのような現状があれば機関決定し速やかに開示する。」としている。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:23 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 竹清 仁氏のインタビューを掲載

■8月25日より公開中の映画「放課後ミッドナイターズ」の監督を務める

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は28日、クリエイティブ業界の総合情報サイト「CREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ)」のインタビューコーナーで、8月25日より公開中の映画「放課後ミッドナイターズ」の監督を務めた、竹清 仁氏のインタビューを掲載した。
 映像制作を始めたきっかけから、今回の初映画監督作品でのこだわり、クリエイターに向けてのアドバイスまで熱い思いで語られている。

竹清 仁氏インタビュー
http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/takekiyo.html

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | IR企業情報

パイプドビッツ サロンモデルの頂点を決める「Salon Model Award Japan 2012」

■2次予選のテーマの第二弾は「すっぴん」

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は27日、エイベックス・グループ・ホールディングスの協力のもと開催中の日本一のサロンモデルを決めるイベント「Salon Model Award Japan 2012(以下、「SMAJ」)」の2次予選のテーマ第二弾「すっぴん」を発表し、SMAJ公式サイトに公開した。
 サロンモデルは、美しい髪の毛を維持することが必須。「美髪」をテーマに美しい髪の毛を推奨している中で、「素肌」の美しさと「素髪」の美しさには多くの共通項があり、天然のビューティをサロンモデルたちに競い合っていただきたいという考えから、テーマ第二弾に「すっぴん」を選定。
 SMAJは現在、9月28日まで開催される2次予選の中盤にさしかかっている。SMAJ公式サイトでは、すでに1,000件を超える作品が公開され、連日新しい作品のエントリーが続いている。作品は、自由スタイルの「通常作品」と、テーマに沿ったスタイルでエントリーされる「テーマ別作品」がある。テーマ別作品の第二弾のテーマは「すっぴん」で、9月11日(火)9:00から9月18日(火)8:59までの期間にWeb投票を受け付けている。作品ごとに1人1回投票が可能で、投票できる作品数は無制限となっている。

>>パイプドビッツのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | IR企業情報

GMOクラウド シンガポールに子会社、ロシアに孫会社を設立することを発表

■APAC市場の開拓を目的として、シンガポールに現地法人設立

 ホスティング・セキュリティーサービスを展開するGMOクラウド<3788>(東マ)は27日、シンガポールに子会社、ロシアに孫会社を設立することを発表した。
 同社の主力事業であるホスティングサービス事業において、今後、APAC市場の開拓、販売を目的として、シンガポールに現地法人を設立することを決定した。子会社の商号は、GMO CLOUD Pte Ltd.。設立日は9月を予定している。

■ロシア・コーカサスエリアでの市場開拓を目的としてモスクワに孫会社を設立

 一方のロシアの孫会社に関しては、今後、電子認証サービスの市場拡大が見込まれるロシア・コーカサスエリアでの市場開拓、販売強化を目的としてロシア周辺地域の営業拠点として設立することを決定した。商号は、GMO GlobalSign Russia LLC(仮称)としている。所在地は、モスクワ。設立日は、12月を予定している。
 世界の主要拠点に、次々と営業拠点を設け、サービスエリアの拡大とサービスの充実を推進していることから、グローバル規模での売上げ拡大が予想される。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | IR企業情報
2012年08月27日

クリーク・アンド・リバー社 藤森雅也氏のインタビューを掲載

■8月18日より公開中「劇場版 FAIRY TAIL -鳳凰の巫女」の監督

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、同社が運営するクリエイティブ業界の総合情報サイト「CREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ)」のインタビューコーナーで、8月18日より公開中の映画「劇場版 FAIRY TAIL -鳳凰の巫女」の監督を務めた、藤森雅也氏のインタビューを掲載してしる。アニメや映画への熱い思いや、監督としての複雑な心の内を語られておりますので、ぜひ一度ご覧下さい。

藤森雅也氏インタビューはこちら
http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/fujimori.html

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:44 | IR企業情報

OBARA GROUP 27日の引け後に、今期配当予想の上方修正を発表

■今期9月末の配当を当初予想の10円から20円に

 平面研磨装置・溶接機器関連のOBARA GROUP<6877>(東1)は27日の引け後に、今期配当予想の上方修正を発表した。
 今期9月末の配当を当初予想の10円から20円に上方修正した。この結果、第2四半期の10円と合わせると年間30円の配当となる。
 5月7日に発表した第2四半期連結業績は、売上高152億90百万円(前年同期比6.6%減)、営業利益18億98百万円(同8.7%減)、経常利益21億32百万円(同0.9%減)、純利益11億55百万円(同29.3%減)と減収減益であったものの、通期業績予想に対する進捗率は、売上高50.1%、営業利益54.2%、経常利益56.1%、純利益44.4%とほぼ計画通りに進んだことから、期末配当の上方修正を決定したものと思われる。
 27日の株価は10円安の948円。予想PER7.0倍、PBR0.82倍、配当利回り3.16%と割安。9月は配当月であり、しかも配当の上方修正も発表されたことから、買いが膨らむものと予想される。

>>OBARA GROUPのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:33 | IR企業情報

スターティア ジェイモードエンタープライズとの業務提携を発表

■『ファッションマネージャーワールドワイド』と『Actibook』を連携させたソリューションの共同提供

 スターティア<3393>(東マ)は27日、ジェイモードエンタープライズと相互間における顧客紹介や両社の広範囲な業務の提携を目的に業務提携を発表した。
 具体的には、バーチャルプライベートクラウドの『デジタリンククラウド』を軸として、ジェイモードエンタープライズが提供する1,800以上の店舗に導入実績のあるPOS・管理システム『ファッションマネージャーワールドワイド』と『Actibook』を連携させたソリューションの共同提供を行い、両社システムの市場拡大を進めていく。
 そのための施策として、スターティアとジェイモードエンタープライズは、両社の間で協力体制を敷き、(1)スターティアの提供するデジタリンククラウド環境での新しい製品やサービスの開発・提供をおこなう、(2)スターティアとジェイモードエンタープライズは、それぞれの顧客向けに本協業ソリューションを提案するため、連携して営業活動を行う、(3)本協業ソリューションを紹介するための共同セミナーを開催する、(4)スターティアの提供する『Actibook』とジェイモードエンタープライズの提供する『ファッションマネージャーワールドワイド』システムの連携を行う、の4つを実行する。
 『ファッションマネージャーワールドワイド』は、アパレル業界向けクラウド型(SaaS)システムで、アパレルに求められる企画から発注仕入、在庫、店舗配分、売上、MD分析などの本部業務のほか、POS、ハンディターミナルなど店舗業務のクラウド対応により、月額料金で利用できるシステム。販売管理・在庫管理・店舗管理・物流管理をリアルタイムに一元管理でき、業務の効率化を支援する。このシステムは、アパレル企業に特化したシステムの開発と改良を15年間に渡り続け、現在では百貨店から直営店、卸売業まで1,800もの店舗に導入され、多言語・スマートフォンにも対応している。アメリカやイタリア・フランス等のファッションブランドや、百貨店・量販店等、様々な規模および業態で利用されている。
 この『ファッションマネージャーワールドワイド』のサービスに加え、電子ブック作成ソフト『Actibook』を連携させたソリューションを共同で提供することで新たな市場拡大を見込んでいる。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | IR企業情報

アイセイ薬局 9月9日より薬学部在籍の学生を対象とした薬剤師国家試験対策講座をスタート

■11年から、医療・ヘルスケア領域における「愛誠学園」を開校

 経済状況が悪化する中、大学生の就職率も低迷しているが、薬学部生は空前の売り手市場となっている。
 というのは、06年より、大学の薬学部は6年制になったことから、薬剤師国家試験合格者は4年制最後の入学生のほとんどが卒業した09年は1万1301人であったが、以後10年3787人、11年1455人と激減しているためである。そのため、現在、薬剤師不足が加速している。
 その様な状況の中で、アイセイ薬局<3170>(JQS)は、9月9日より新たに、薬学部在籍の学生を対象とした薬剤師国家試験対策講座をスタートする。
 同社は2011年12月から、医療・ヘルスケア領域における次世代の人材育成プログラム「愛誠学園」を開校している。
 今期は東京、仙台、名古屋の3会場で各5回、合計15コマの特別講座を開催。カリキュラム編成に関しては、薬剤師国家試験予備校として有名な薬学ゼミナールとタイアップし、演習テストと振り返り講義のリピートによって確実に基礎点アップを図る実戦形式のカリキュラムを作成した。この国家試験対策講座を通して、向学心旺盛な薬学生を囲い込み、将来の人材獲得へつなげる計画。

■企業内スクール「愛誠学園」において、3つのカリキュラムを編成

 同社が独自で行った薬学生アンケートによると、「将来の心配事は?」という質問に対し、「薬剤師の国家試験」という回答が圧倒的な一位。自分独自の受験勉強だけで国家試験に合格できるかどうか不安な学生が多いようである。
 そこで、同社では「一緒に成長しよう。」というテーマで人材育成に重点を置く経営方針を決定。企業内スクール「愛誠学園」において、3つのカリキュラムを編成した。次世代医療人としてのビジョンを形成する『グローイングアップセミナー』、調剤薬局の現場で必要とされるスキルを身につける『薬剤師・医療事務スキルアップ・プログラム』、そして今回行われる『薬剤師国家試験対策講座』である。
 この様な講座を開設することによって、薬学生の国家試験への不安を解消し、一人でも多くの合格者を出すことで、薬剤師不足の問題解決のために努力している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:41 | IR企業情報
2012年08月26日

「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」の監督 長谷川三郎氏のインタビューを掲載

■クリーク・アンド・リバー社の総合情報サイトのインタビューコーナーで

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)が運営する、クリエイティブ業界の総合情報サイトCREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ)」のインタビューコーナーで、8月4日より公開中の映画「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」の監督を務めた、長谷川三郎氏のインタビューを掲載している。
 これまでの生い立ちから、ドキュメンタリー映画への思い、プロのクリエイターにこそ見てもらいたい今回の作品の魅力が語られている。
長谷川三郎氏インタビュー
http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/hasegawa.html

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:53 | IR企業情報

パシフィックネット 当初10月の計画を早め7月20日にカンボジア現地法人設立

■現地において、中古自動二輪車の買取販売を行なう

 中古パソコン・携帯電話の買取販売を行うパシフィックネット<3021>(東マ)は24日、カンボジアの現地法人の設立時期を当初予定の10月から、計画を早めて7月20日に設立したと発表。
 計画を早めた理由としては、開業準備を確実かつ迅速に行うためとしている。現地法人の社名 は、PacificNet(Canbodia)Co.,Ltd.(住所 プノンペン市)。現地において、中古自動二輪車の買取販売を行なう。代表者である老川賢氏の他に、従業員10名ほど採用する。
 尚、現地法人を設立したことから、平成25年5月期第1四半期より連結財務諸表作成会社となり、連結決算へ移行する。
 今期連結業績への影響については現在精査中であり、判明次第速やかに公表するとしている。
 今期13年5月期業績予想は、売上高34億53百万円(前期比5.9%増)、営業利益1億41百万円(同17.5%増)、経常利益1億56百万円(同21.2%増)、純利益65百万円(同126.2%増)と増収大幅増益を見込んでいる。

■1年後には単月黒字を見込む

 この業績予想に、パシフィックネット カンボジアの業績が加わることになる。そのため、売上の拡大は予想される。一方、利益面での貢献がいつになるのかが注目されるところであるが、7月23日に開催された前期の決算説明会で代表取締役社長上田満弘氏は、「今の計画では1年後には、単月黒字は出来るのではないかと見ています。今回ビジネスを開始するにあたり、かなり綿密な調査を行っています。社員を1ヶ月間以上何回も派遣し、データを集めて分析を行いました。また、現地にいる日系企業からもかなりヒヤリングをさせていただきました。その結果、此処なら単月黒字になるのは早いだろうと判断しました」と早期の黒字化に自信を示している。
 カンボジアでのバイク市場輸入台数(新品・中古)の過去3年の推移は、09年11万5000台、10年17万3000台、11年18万9000台と急成長している。圧倒的に人気があるのはホンダドリームU(125cc)。新品価格は約16万円、中古価格約12万円と新品も中古品も余り価格は変わらない。首都プノンペンの人口は400万人であり、交通手段としてバイクは不可欠な事から、中古自動二輪車ビジネスの事業拡大が予想される。

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:31 | IR企業情報
2012年08月24日

クリーク・アンド・リバー社 「Mobage」で、ソーシャルゲーム『少女兵器 –GIRL ARMS-』の提供を開始

■これまでのソーシャルゲームも好評であることから会員数は順調に伸びる

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、23日よりディー・エヌ・エー<2432>(東1)が提供する携帯総合ポータルサイト「Mobage(モバゲー)」で、ソーシャルゲーム『少女兵器 –GIRL ARMS-』の提供を開始した。
 同社はこれまでに、「ソウルエクシード」「グラップラー刃牙」「爆丸バトル」等をソーシャルゲームとしてリリースしており、好評であることから順調に会員数を伸ばしている。いずれも、レベニューシェアモデルを取り入れた制作・収益方式を構築しており、今後も同様の案件を拡充していくことで、クリエイターに適正な収益を還元し、同社の理念でもある「クリエイターの生涯価値の向上」を目指すとしている。
 クリエイターにとっては、喜ばしい話であることから、レベニューシェアモデルを取り入れた制作・収益方式が今後主流になると思われる。

>>クリーク・アンド・リバー社のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | IR企業情報