[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/29)パシフィックネット 平成24年1月より「東日本大震災被災地中小企業復興支援・再生PC寄贈プロジェクト」に協力
記事一覧 (09/27)日本エンタープライズ エヌ・ティ・ティ・ドコモの「sp モードメール」に連携したアプリ『かんたん!うたがめーる♪』のサービスを開始
記事一覧 (09/27)スターティア スターティアラボは、10月2日(水)〜5日(土)に東京ビッグサイトにて開催されるJGAS2013(国際総合印刷機材展)に出展
記事一覧 (09/26)日本アジアグループ:「響灘ソーラーウェイ」(北九州市:若松区)で太陽光発電所が竣工
記事一覧 (09/26)新日本建物:マンション買取再販事業2件を完売
記事一覧 (09/26)新日本建物:田園都市線「高津」駅近く、戸建事業用地取得
記事一覧 (09/26)トライステージ 今期14年2月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (09/25)スターティアの子会社スターティアラボは第16回 関西 設計製造ソリューション展(DMS関西)に出展
記事一覧 (09/25)日本エンタープライズ Android向けストア型アプリ 「タダ音♪」を提供開始
記事一覧 (09/25)ラクーン 仕入れサイト「スーパーデリバリー」とPOS レジアプリ「ユビレジ」が連携開始
記事一覧 (09/25)JFEシステムズ 10月1日より電子帳票システム「FiBridgeII(ファイブリッジツー)」のタブレット版クライアントを発売開始
記事一覧 (09/25)パイプドビッツ 「サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を追加開催
記事一覧 (09/25)国際航業:台風18号豪雨災害(由良川)被災地の航空写真を緊急撮影
記事一覧 (09/24)朝日ラバー 単元株式数を500株から100株に変更すると発表
記事一覧 (09/24)マーベラスAQL 『ハイスクールD×D』を「Mobage」にて、本日(24日)よりサービス開始
記事一覧 (09/24)フランスベッドホールディングス 電動リクライニングベッドに最適な羽毛ふとん「RX−フィーノH90」を、2013年9月30日(月)より販売開始
記事一覧 (09/24)ケンコーマヨネーズ 東京海洋大学に「サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座」を開設
記事一覧 (09/21)ユーグレナ 株主優待制度の導入を決議
記事一覧 (09/21)日本エンタープライズ NTTドコモが、年9月20日(金)から発売開始するiPhone向けに、月額課金サイトを提供
記事一覧 (09/21)インフォコム 「韓国コンテンツ振興院」に採択された韓国のスマートフォン向けゲームを、日本国内向けに配信
2013年09月29日

パシフィックネット 平成24年1月より「東日本大震災被災地中小企業復興支援・再生PC寄贈プロジェクト」に協力

■956台のPCを11商工会議所に寄贈

 パシフィックネット<3021>(東マ)は、平成24年1月より「東日本大震災被災地中小企業復興支援・再生PC寄贈プロジェクト」に協力している。

 日本商工会議所、東北六県商工会議所連合会、大学ICT協議会、日本マイクロソフトが主催するプロジェクトにパシフィックネットは協力会社として参加し、大学ICT協議会が大学などで保有している使用済みパソコンの寄付を集め、日本マイクロソフトが提供したOSを再インストールし、日本商工会議所、東北六県商工会議所連合会が指定する東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県の中小企業に無償で寄贈、被災地の一日も早い復興を支援している。

 パシフィックネットは、各大学よりの回収、データ消去、OSインストール、寄贈先商工会議所・企業へのデリバリを担当した。その結果、2012年1月以降、956台のPCを11商工会議所に寄贈した。

>>パシフィックネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | IR企業情報
2013年09月27日

日本エンタープライズ エヌ・ティ・ティ・ドコモの「sp モードメール」に連携したアプリ『かんたん!うたがめーる♪』のサービスを開始

 日本エンタープライズ<4829>(東2)は、エヌ・ティ・ティ・ドコモがスマートフォン向けに提供している「sp モードメール」に連携したアプリ『かんたん!うたがめーる♪』のサービスを開始した。

 このサービスは、同社のデコメール総合サイト「デコデコメール」とコンテンツ連携を行っており、人気キャラ「うたがめ」のかわいいテンプレート素材でテキストメールを簡単に装飾することができるサービスとなっている。

 『デコデコメール』では、同サイトのオリジナルキャラクター素材を中心に、えもじ、チビデコ、顔文字など、豊富なジャンルの素材をラインアップ。 現在、コンテンツ点数は約40,000点以上を取り揃えており、毎日更新で新素材も続々追加。有料会員登録すると、デコメール素材はもちろん、待受FlashやFlashゲームなど、全ての素材が取り放題となっている。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | IR企業情報

スターティア スターティアラボは、10月2日(水)〜5日(土)に東京ビッグサイトにて開催されるJGAS2013(国際総合印刷機材展)に出展

■iOS7対応の電子ブック制作ソフト『ActiBook』と、ARコンテンツ制作サービス『COCOAR』を紹介

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、10月2日(水)〜5日(土)に東京ビッグサイトにて開催されるJGAS(ジェイガス)2013(国際総合印刷機材展)に出展する。ブースでは、iOS7対応の電子ブック制作ソフト『ActiBook(アクティブック)』と、ARコンテンツ制作サービス『COCOAR(ココアル)』を紹介する。

 展示会は、最新の印刷・紙工・デジタルグラフィックス関連の機材・技術・サービスを一堂に会した国際総合印刷機材展。最新技術や様々なソリューションを提案するとともに印刷産業の未来を展望できる場で、人材の国際交流を図り、印刷産業および関連産業の活性化と興隆に貢献する展示会。

 今回展示する商品について説明すると、『ActiBook』は、大きな特徴として、アクセス解析結果がヒートマップの様に表示される『ActiBook Analytics(アクティブック アナリティクス)』が標準実装されている点が挙げられる。この機能を活用することにより、印刷会社が顧客に対して出版物やカタログを電子ブックで提供するだけでなく、よく閲覧されている個所やクリックされている個所の分析を行い、顧客に対しデザインやレイアウトの改善提案を行うなど、顧客満足度の向上につなげることが可能となる。

 『COCOAR』とは、印刷物に添付された任意の画像をARコンテンツの読み取り用のマーカーに設定することで、スマートフォン上に動画や音楽、電子ブック等、様々なコンテンツを表示することができるサービス。印刷会社が顧客に提案する際に本サービスを活用することで、印刷済みのパンフレットや提案資料にARコンテンツを設定し、製品紹介動画や電子ブックをスマートフ
ォン上に表示させるなど、印刷物に付加価値を付けることで競合との差別化を促す。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | IR企業情報
2013年09月26日

日本アジアグループ:「響灘ソーラーウェイ」(北九州市:若松区)で太陽光発電所が竣工

■安川電機がEPC事業者として参画、電力(2MW)は九州電力に売電

 グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発を進めている日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下のJAG国際エナジー株式会社は、このたび福岡県北九州市若松区響灘で太陽光発電所「響灘ソーラーウェイ(2MW)」を完成、本日竣工式を行った。

 この響灘ソーラーウェイプロジェクトは、地元企業である安川電機<6506>(東1)をEPC(注参照)事業者とする地域密着型太陽光発電所プロジェクトであり、発電規模2MWは、一般家庭約600世帯分(同社試算)に相当する。なお、発電した電力はすべて九州電力に売電する。

 同社は、これまでの実績により培った技術とノウハウを活用し、メガソーラー発電所の開発に積極的に取組んでいるが、特に、地域特性にあわせた太陽光発電所の開発とともに、地域住民と発電施設を活用した地域づくり、まちづくりへの取り組みを進め注目されている。

【注:EPCとは】「Engineering(設計), Procurement(調達) and Construction(建設)」の略であり、設計、資機材調達、製作、建設工事を含む一連の流れの事を指す。

日本アジアグループ:「響灘ソーラーウェイ」(北九州市:若松区)で太陽光発電所が竣工

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

新日本建物:マンション買取再販事業2件を完売

■ルネサス「九段下」全邸角住戸35戸・「横浜阪東橋」太陽光パネル設置29戸

 新日本建物<8893>(JQS)が手がけていた分譲マンションプロジェクト「ルネサンス九段下ザ・レジデンス」(写真左)総戸数35戸、「ルネサンス横浜阪東橋〜医大通り〜」(同右) 総戸数29戸、合計64戸を完売した。

 今回完売したマンションは、買取再販事業として完成し分譲したもので、いずれも4〜5分程度のところに利用可能な交通手段が整ったアクセス良好な立地であり、その立地と周辺環境にマッチしたプラニングを行った物件であり、特長ある住戸として高い評価を受け完売に至った。

◎「ルネサンス九段下ザ・レジデンス」

 徒歩4分の「九段下」・「飯田橋」駅をはじめ徒歩利用可能4駅8路線という好立地に加え、全邸角住戸として開口部を豊富に設け通風・採光性が高い上に、内廊下によるプライバシーに配慮したつくりとなっている。特に、「カメラ付きオートロック」「エレベーターセキュリティ」「全邸防犯センサー付」「防犯カメラ」を設置し4重ガードシステムを採用し、様々な不審者進入防止策を設置した。
※物件概要:構造/鉄筋コンクリート造地上13階、住居間取り/1LDK、住居面積/32.15平方メートル〜40.68平方メートル

新日本建物:マンション買取再販事業2件を完売

◎「ルネサンス横浜阪東橋〜医大通り〜」

 市営地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅(徒歩4分)・「黄金町」駅の2駅2路線が利用可能であり、徒歩5分圏内に駅・公園・学校・医療施設・商業施設が揃った永住にも適した住環境である。また、共用施設の電力消費軽減を視野に太陽光パネルを屋上に設置したことは、入居者にとって1つの魅力となったようだ。
※物件概要:構造/鉄筋コンクリート造地上11階、住居間取り/2LDK〜3LDK、住居面積/56.05平方メートル〜70.35平方メートル

新日本建物:マンション買取再販事業2件を完売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:54 | IR企業情報

新日本建物:田園都市線「高津」駅近く、戸建事業用地取得

■得意な「一次取得者向け住宅」の開発を進める。

 事業再生を進める新日本建物<8893>(JQS)は、このたび神奈川県川崎市高津区で戸建販売事業用地438.68平方メートルを取得し、「北見方プロジェクト(仮称)」として開発する。

 このプロジェクトは、東急田園都市線「高津」駅を最寄り駅とするほか、JR南武線「武蔵新城」駅の利用が可能なロケーションにあり、近くには等々力緑地をはじめとするスポーツ、文化施設があるなど、住環境が整っている。

 こうした優れた立地条件を活かし、同社が得意とする一次取得者向け住宅の開発を進める。

※物件概要:土地面積/438.68平方メートル、総区画数/5区画(予定)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:15 | IR企業情報

トライステージ 今期14年2月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表

■通期については、当初予想を据え置くとしているが、利益面での上方修正が予想される

 トライステージ<2178>(東マ)は25日、今期14年2月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表した。

 売上高は前回予想を16億8百万円上回る192億30百万円(予想比9.1%増)、営業利益は1億85百万円上回る5億88百万円(同46.1%増)、経常利益は2億16百万円上回る5億89百万円(同57.9%増)、純利益は1億51百万円上回る3億45百万円(同77.8%増)と利益面では前回予想を大幅に上回る見通し。

 通期連結業績予想については、下期において顧客企業の動向やメディア環境などが不特定なため、当初予想を据え置くとしている。

 しかし、第2四半期の進捗率は、売上高51.9%、営業利益70.5%、経常利益73.3%、純利益82.5%となっていることから、利益面での上方修正が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:00 | IR企業情報
2013年09月25日

スターティアの子会社スターティアラボは第16回 関西 設計製造ソリューション展(DMS関西)に出展

■iOS7対応の電子ブック制作ツール『ActiBook』を紹介

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、10月2日(水)〜4日(金)にインテックス大阪で開催される第16回 関西 設計製造ソリューション展(DMS関西)に出展する。

 展示会は、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展。製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーが多数来場し、出展企業と活発な商談を行う展示会である。

 スターティアラボブースでは、iOS7対応の電子ブック制作ツール『ActiBook』を紹介する。これまで電子書籍は出版社で活用されるイメージが強かったが、最近では製造業等でも活用されている。具体的には、数百ページものマニュアルやカタログを電子ブック化し、ホームページに掲載したり、工場等でタブレットを設置して電子ブック化したマニュアルを閲覧したりする方法で活用されている。また、電子ブック内の文字を検索することも可能なので、容易に目的の箇所を閲覧することが可能である。更に、『ActiBook』に標準実装している電子ブック配信管理機能やアクセスログ解析機能を利用して、カタログのどこがよく閲覧されているか、どの程度読まれたかといったことを直感的に把握することも可能。ブースでは、どのように活用しているかを、活用事例を交えながら提案する。

■第16回 関西 設計製造ソリューション展(DMS 関西)の概要
会期:2013年10月2日(水)・3日(木)・4日(金)
時間:10:00〜18:00(4 日(金)のみ17:00 終了)
場所:インテックス大阪
(同社ブース:小間番号 4−10)
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
入場料 :5,000 円(税込) (事前登録無料)
詳細URL:http://www.dms-kansai.jp/

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | IR企業情報

日本エンタープライズ Android向けストア型アプリ 「タダ音♪」を提供開始

■「日常で聞く生活音」「アラーム」「メール着信音」などの効果音や着信音が、無料!

 日本エンタープライズ<4829>(東2)は、無料で「着信音」や「効果音」をダウンロードできるストア型アプリケーション『タダ音♪』を、平成25年9月24日よりGoogle Play ストアで、提供を開始した。

 『タダ音♪』は、「日常で聞く生活音」「アラーム」「メール着信音」などの効果音や着信音を配信するアプリケーション。『タダ音♪』内マイページからリワード広告を利用してポイントを獲得することで、コンテンツを無料でダウンロードすることが可能となる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | IR企業情報

ラクーン 仕入れサイト「スーパーデリバリー」とPOS レジアプリ「ユビレジ」が連携開始

■iPadで仕入れから売上管理・分析まで、すべて無料で完結、期間限定のモニター店舗も募集中

 ラクーン<3031>(東マ)は本日(25日)、同社が運営するファッション・雑貨の小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」と、ユビレジ(本社:東京都渋谷区)が提供するPOSレジサービス「ユビレジ」が連携したことを発表した。

 スーパーデリバリーの会員小売店がユビレジを使用する際には、スーパーデリバリーから仕入れた商品の情報を自動的にユビレジに取り込むことができる。ユビレジは、iPad端末を活用することで、従来型のPOSレジと同等の機能をクラウドサービスとして利用できる世界初の次世代型POSレジシステム。初期投資および保守費用負担の大きい従来のPOSレジと違い、低コスト(無料プランあり)、リアルタイム、省スペースが特徴で、2010年8月のサービス提供開始以来、中小規模の店舗を中心に利用が拡大している。

 両社共に中小規模の小売店の店舗運営をサポートしたいという意向が合致し、今回連携することになった。

 ユビレジでは、アパレル・雑貨小売店への提供拡大を検討していたところ、ターゲット層である中小店舗層とスーパーデリバリーの会員小売店が重なることから、連携へと至った。また、スーパーデリバリーのシステムと連動することで商品情報を自動的に取り込むことができ、通常よりも利便性の高いサービスの提供によるサービス導入数の増加も見込んでいる。

 一方、スーパーデリバリーではパソコン以外のデバイスを利用する小売店数が前年比164%と伸びている。小規模な小売店では、営業時間外や接客の隙間時間にスマートフォンやタブレットを利用した仕入れが進んでおり、外出先でもタイムリーな仕入れ情報を求めるニーズが高まっている。これまでにもアプリやスマートフォン対応など進めてきたが、今後も、このような小売店やニーズの増加が見込めることから、ユビレジをはじめとするタブレットを利用したサービスとの連携を積極的に進めていく考えである。

 尚、今回の連携に伴い、スーパーデリバリーの会員小売店を対象に、ユビレジ連携のモニター店舗を募集している。応募期間は9月25日(水)から10月24日(木)で、先着100店舗には月額5,000円のプレミアプランを1年間無料提供。スーパーデリバリーのキャンペーンページ上から募集している。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:35 | IR企業情報

JFEシステムズ 10月1日より電子帳票システム「FiBridgeII(ファイブリッジツー)」のタブレット版クライアントを発売開始

■ロケーションを問わない帳票業務環境を提供

 JFEシステムズ<4832>(東2)が開発・提供する電子帳票システム「FiBridgeII(ファイブリッジツー)」の新機能として、タブレット操作を想定した新しいユーザーインターフェース、「FiBridgeIIクライアントソフト/Tablet版」を10月1日にリリースする。

 スマートデバイスの普及に伴うワークスタイルの変革が予測されるなか、ロケーションを問わない帳票業務環境を提供する。

 電子帳票システム「FiBridgeIIの基本性能である「大量帳票の長期保存」、「高速閲覧」、「大規模運用」、「セキュリティ」に、タッチ操作を想定した新しいユーザーインターフェースが加わることにより、電子帳票システムの業務適用範囲が広がる。事務部門でのサブディスプレイ使用や社内会議、訪問先での各種帳票の確認、生産現場での在庫確認等、電子帳票システムを導入しながらも紙に依存していた帳票業務の電子化を推進し、さらなる業務効率改善とコストダウンを実現する。
•提供開始日: 2013年10月1日
•提供予定価格(税込): 2,200,000〜
•初年度目標: 導入 50社

本製品に関するユーザーの理解を図るため、下記展示会に出展する。
•展示会: スマートフォン&タブレット2013
•開催日: 2013年10月9日(水)〜 10月11日(金)
•入場料: 2,000円 ※事前登録により無料
•会場: 東京ビッグサイト

>>JFEシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | IR企業情報

パイプドビッツ 「サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を追加開催

■「Web技術だけでアプリを開発するためのセミナー」

 パイプドビッツ<3831>(東マ)とアシアル(本社:東京都文京区)は、Web制作会社を対象として「〜Monaca&SPIRAL(R)〜 サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」を、2013年10月25日に大阪市北区のデジタルハリウッド大阪校で追加開催する。

 7月及び8月に東京赤坂で開催し大盛況のうちに終了した同セミナーを、9月の福岡に引き続き、大阪で開催する。

 本セミナーは、モバイルアプリ開発に挑戦したい人や、より簡単、迅速にモバイルアプリを開発したい人向けの「Web技術だけでアプリを開発するためのセミナー」である。

 セッションでは、HTML5を採用したハイブリッドアプリのフロントエンド開発で注目を集めている「Monaca」と、一般的なIaaSを利用した場合と比較してバックエンドの開発工数を80%削減できる「スパイラル(R)」をとりあげ初心者にもわかりやすい具体的なアプリの開発方法を紹介する。 また、セミナー後すぐに効率的なアプリ開発ができるよう、セミナーで紹介するアプリのソースコードや「スパイラル(R)」の設定情報を提供する。

[名称]
Web制作会社向け 〜Monaca&SPIRAL(R)〜
「サーバ構築不要!HTML5で始めるAndroid&iOSアプリ開発セミナー」

[日時]
2013年10月25日(金)13:30〜16:00 (会場 13:00)
※プログラム時間は多少前後する可能性がある

[会場]
デジタルハリウッド 大阪校
大阪市北区鶴野町4−11 朝日プラザ梅田ビル2F
※JR「大阪駅」徒歩6分、阪急電鉄「梅田駅」徒歩4分、
阪神電鉄/地下鉄「梅田駅」徒歩6分、地下鉄「東梅田駅」「中崎町駅」徒歩6分

[対象]
Web制作/開発会社

[参加方法]
セミナー案内ページの申込みフォームに必要事項を入力のうえ送信
http://www.pi-pe.co.jp/seminar-event/2013/monaca-spiral201310.html

[定員]
50名(先着順)

[参加費]
無料

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | IR企業情報

国際航業:台風18号豪雨災害(由良川)被災地の航空写真を緊急撮影

■山口・島根豪雨、埼玉・千葉竜巻に次いで公開!

 9月15日から16日にかけて台風18号の接近に伴い、48時間雨量が「50年に1度」の規模を超えたため、気象庁は運用を開始したばかりの特別警報を初めて発表した。この豪雨により由良川がはん濫し、京都府福知山市をはじめ多くの住宅や道路が冠水する事態が発生した。

 グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下の国際航業株式会社は、パスコと共同で、災害発生後の9月17日に、被災地の航空写真を撮影し公開した。

 同社では、現地の早期復旧並びに二次災害の抑制に少しでも役立てて欲しいとの想いから、山口・島根県の豪雨災害、埼玉・千葉県の竜巻被害に続き緊急撮影を実施した。

 今回の被害状況は、インターネットの下記アドレスで閲覧できる。

http://www.kk-grp.jp/csr/disaster/201309_yuragawa/index.html

 なお、この件に関する問合せ先は、日本アジアグループ株式会社コーポレート・コミュニケーション部Tel.03―3288―5704 Fax.03―3262―6390 mailto:press@japanasiagroup.jp まで。

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | IR企業情報
2013年09月24日

朝日ラバー 単元株式数を500株から100株に変更すると発表

■変更予定日は12月2日(月)

 朝日ラバー<5162>(JQS)は24日、単元株式数を500株から100株に変更すると発表した。

 変更予定日は12月2日(月)。この結果、株式1単元あたりの投資金額が減少することから、株式の流動性が高まり、出来高が増えることが期待される。

>>朝日ラバーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | IR企業情報

マーベラスAQL 『ハイスクールD×D』を「Mobage」にて、本日(24日)よりサービス開始

■大人気アニメーション「ハイスクールD×D NEW」のソーシャルゲーム

 マーベラスAQL<7844>(東1)は、カードバトルゲーム『ハイスクールD×D』を「Mobage(モバゲー)」にて、本日(24日)よりサービスを開始した。

 このゲームは、今年7月より第2期アニメが放映中の大人気アニメーション「ハイスクールD×D NEW」のソーシャルゲームである。アニメに登場する馴染みのキャラクター達による自分だけのドリームチームを作り、カードを進化させ闘うカードバトルゲーム。

■公式サイトURL:http://www.maql.co.jp/product/hsdd/

>>マーベラスAQLのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | IR企業情報

フランスベッドホールディングス 電動リクライニングベッドに最適な羽毛ふとん「RX−フィーノH90」を、2013年9月30日(月)より販売開始

■フランスベッドの静岡工場で洗浄から加工まで一貫生産を行い、高い品質基準を保証する「JOORYU」ブランドでの展開となる

 フランスベッドホールディングス<7840>(東1)の子会社フランスベッドでは、電動リクライニングベッドに最適な羽毛ふとん「RX−フィーノH90」を、2013年9月30日(月)より販売を開始する。

 同商品は、フランスベッドの静岡工場で洗浄から加工まで一貫生産を行い、高い品質基準を保証する「JOORYU」ブランドでの展開となる。

 「RX−フィーノH90」は、通常の羽毛ふとんと比べキルティング幅を狭くして、背上げ時でも身体にフィットするように考慮し、ハンガリー産ホワイトダウン90%を用いた最高級ダウンの羽毛ふとん。両サイドのメッシュ地がサイドレール使用時などのもたつきを緩和させるとともに、独自のキルトと極細ポリエステル繊維の割繊糸を使用した超軽量生地が、ドレープ性に優れた滑らかな肌触りを実現し、ずれ落ちを防ぐ。

 近年、身体の負担を軽減する電動リクライニングベッドは、テレビ視聴や読書の際に便利なことから、介護ベッドとしてではなく「第二のリビング」として、中高年層を中心に一般家庭への普及が広がり始めている。この市場動向を背景に、フランスベッドでは背上げ時でも身体にフィットして快適に使用できる羽毛ふとん「RX−フィーノH90」を開発。

 価格は130,000円(税込)で、販売先は全国の家具小売店。初年度の販売目標として、5,000万円を掲げている。

フランスベッドホールディングス 電動リクライニングベッドに最適な羽毛ふとん「RX−フィーノH90」を、2013年9月30日(月)より販売開始

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:14 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズ 東京海洋大学に「サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座」を開設

■栄養面や安全性に富む食品供給ができるよう、生物的、科学的、物理的な側面から研究を行う

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、2013 年10月より5年間、東京海洋大学に「サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座」を開設する。

 講座は、鮮度保持が難しい野菜やシーフードなどの食材、調味料などあらゆる食材の相互作用を解明し、保存加工調理食品として風味や品質を保ち、栄養面や安全性に富む食品供給ができるよう、生物的、科学的、物理的な側面から研究を行う。

 同社は「食を通じて世の中に貢献する。」という企業理念のもと、日本で初めてのロングライフサラダを開発し、多くの製品を作り続けている。また「サラダ料理」の確立や世界の特徴あるソース「世界のソース」の開発など事業領域の拡大にも取り組んでいる。一方東京海洋大学は日本唯一の海洋系大学であり、食品科学の面では栄養や健康に役立つ機能を引き出し、安全な食品を製造するための理論や技術的研究をおこなっている。特に扱いが困難なシーフードを取り込んだサラダの研究においては、その嗜好面や保健面を学習する教育機関が国内には少ないことから、講座の開設が分野発展に大きく貢献できると考え講座を開設することになった。なお寄附講座開設にあたり、ニチモウ、ベジテックが協賛している。

 研究内容は、サラダに用いられる野菜や魚介類、海藻類などのシーフードは鮮度保持が難しく、食材や調味料との組み合わせによっても品質が大きく変化するため、多岐にわたるサラダの食材と調味料の栄養機能、嗜好性、安全性の向上を目指して、主として化学的視点からアプローチする。

 具体的には、サラダまたはサラダを構成する食材や調味料に関して、栄養成分と呈味成分の化学組成、嗜好に及ぼす要因、健全性などを評価し、サラダの調理加工特性、品質の保持ならびに制御、調味料との相互作用などのサラダに関する諸問題を解決するために先端技術について教育研究をおこなう。

【寄附講座の概要】
(1) 講 座 名:サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座
(2) 設置場所:東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科
(3) 設置期間:2013年10月〜2018年9月(5年間)
(4) 担当教員:白井 隆明 特任教授、助教 1名(予定)

ケンコーマヨネーズ 東京海洋大学に「サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座」を開設

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | IR企業情報
2013年09月21日

ユーグレナ 株主優待制度の導入を決議

■1単元以上の株主に1000円相当の同社製品を進呈

 ユーグレナ<2931>(東マ)は、9月20日開催の取締役会において、株主優待制度を導入することを決議した。

 株主の日頃の支援に応えると共に、同社商品・サービスをより多くの人達に知ってもらえる機会を提供することを目的としている。

 株主優待の内容は、毎年9月末現在の株主名簿に記載または記録された同社株式1単元(100株)以上所有の株主に1000円相当の同社製品をプレゼントする。

 贈呈時期は、翌年の1月中に発送する。尚、次回以降の株主優待については内容や時期が未定なため、詳細が決まり次第発表するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | IR企業情報

日本エンタープライズ NTTドコモが、年9月20日(金)から発売開始するiPhone向けに、月額課金サイトを提供

■提供するサイトは、デコデコメール等7サイト

 日本エンタープライズ<4829>(東2)と子会社の交通情報サービスは、NTTドコモが、年9月20日(金)から発売開始するiPhone向けに、月額課金サイトを提供する。

 同社グループは、NTTドコモのスマートフォン等を対象として提供しているポータルサイト「dメニュー」に、Android端末向けの月額課金サイトを提供しているが、今回、iPhone発売開始に合わせて、NTTドコモのiPhone端末向けの月額課金サイトを提供する。

 提供するサイトは、デコデコメール、デコメ★つくり放題、えもじ★つくり放題、うた&メロ取り放題☆、女性のキレイ・リズム、ATIS交通情報、駐車場&レジャー情報の7サイト。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:32 | IR企業情報

インフォコム 「韓国コンテンツ振興院」に採択された韓国のスマートフォン向けゲームを、日本国内向けに配信

■日本国内ではインフォコムが独占的に配信を行う

 インフォコム<4348>(JQS)は、韓国の文化産業の振興発展を支援する政府系機関「韓国コンテンツ振興院」(韓国ソウル市 韓国コンテンツ振興院長 ホン・サンピョ 以下、KOCCA)に採択された韓国のスマートフォン向けゲームを、日本国内向けに配信する。

 KOCCAは、韓国のベンチャーゲーム開発会社によるモバイルゲームの世界配信をサポートし、グローバルな競争力を実現することを目的として、2011年より「KOCCAグローバルパブリッシングプロジェクト」を推進している。

 インフォコムの資本提携先であるUbinuri , Inc.は、本プロジェクトを支援するパブリッシャー(韓国における配信元)として認定され、250以上の候補の中から韓国ベンチャーゲーム開発会社が開発する4タイトルを選定し、グローバル配信権許諾を受けており、日本国内ではインフォコムが独占的に配信を行う。

 インフォコムは、2013年3月期を初年度とする中期経営計画において、ネットビジネス事業を重点事業分野の一つと位置付け、海外を含めた業容の拡大に取り組んでいる。2012年10月には、韓国の有力なスマートフォンアプリのアグリゲーターであるUbiNuriに出資し、海外の人気アプリを国内市場向けに提供するなど、海外の流通基盤やマーケティングにおけるノウハウや強みを活かした協業を推進している。

 今回は、昨年より手掛ける海外ゲームアプリの国内向け配信事業の一環であるとともに、KOCCAおよびUbinuriとの連携により、昨今のカカオジャパンの提供するカカオゲームの急成長を始めとする成長著しい韓国の有力ゲーム開発企業の開拓と関係強化を図ることを目的としている。


■配信予定タイトル
Lord of Darkness 2 他3タイトル
■配信予定時期
2013年11月以降、順次リリース予定
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | IR企業情報