スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/14)ラクーン アスプルンドが「スーパーデリバリー」で販売をスタート
記事一覧 (03/14)ヤーマン 14日、12年4月30日現在の株主に対する株主優待品の内容を決定
記事一覧 (03/13)GMOクラウド GMOグローバルサイン社の「SSLサーバ証明書」スマートフォンの全機種に対応
記事一覧 (03/13)ラクーン 「スーパーデリバリー」でニシキが販売を開始
記事一覧 (03/13)ソフトクリエイト 12日、株主優待制度の追加を発表
記事一覧 (03/13)トーソー 単元株式数の変更を発表
記事一覧 (03/13)ピーアンドピー 2月の月次速報値を発表
記事一覧 (03/13)あらた 3月19日より東証1部に指定
記事一覧 (03/12)ラクーン 「スーパーデリバリー」にノアが登場
記事一覧 (03/12)魚力 前年同月比の2月の売上高速報値を発表
記事一覧 (03/09)フライトシステム:注目の新サービス!デジタルポスト「DM郵便」を発表
記事一覧 (03/08)ラクーン 「スーパーデリバリー」に新しく2つの出展企業が登場
記事一覧 (03/08)インスペック 台湾の基板メーカーから大型案件を受注
記事一覧 (03/07)ラクーン 「スーパーデリバリー」にレディスアパレルメーカー「オニオンツリークラフト」が登場
記事一覧 (03/07)アルク 12年1月期通期連結業績予想と配当予想の上方修正を発表
記事一覧 (03/07)ラクーン 「スーパーデリバリー」に新たに2社が登場
記事一覧 (03/06)クリナップ:「アクリアバス」ニーズに応え「清掃性・デザイン性」を強化
記事一覧 (03/06)ラクーン 「スーパーデリバリー」にオウルテックが登場
記事一覧 (03/04)ラクーン 「スーパーデリバリー」に「オロシ〜by Santasan」が登場
記事一覧 (03/04)【近況リポート】翻訳センターは通期業績予想の上方修正に期待が膨らむ
2012年03月14日

ラクーン アスプルンドが「スーパーデリバリー」で販売をスタート

■有名インテリアショップ「TIME LESS COMFORT」を運営

 ラクーン<3031>(東マ)は14日、アスプルンド(本社:東京都港区)が同社の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」で販売をスタートすると発表した。
 アスプルンドは、有名インテリアショップ「TIME LESS COMFORT」などの運営や、海外ブランドの輸入、自社オリジナル商品の開発を行い、全国の百貨店やインテリアショップに商品を提供している。
 今回出展する「スーパーデリバリー」では、自社オリジナル商品の開発を手掛けているインポート事業部の商品を提供していく。
 インポート事業部では2つのシリーズにわたり、日常生活のあらゆるシーンを彩るインテリア雑貨を開発している。アジアモダンなスタイルから、シンプルで無機質なメタルシステム家具、ビンテージスタイルを再現した商品など、リビング・ダイニングの新しいスタイルを提案している。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203617/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | IR企業情報

ヤーマン 14日、12年4月30日現在の株主に対する株主優待品の内容を決定

 美容機器の製造・販売を行なうヤーマン<6630>(東1)は14日、12年4月30日現在の株主に対する株主優待品の内容を決定した。
 株主優待品の内容は、100株以上500株未満の株主に対して12,000円相当のオンリーミネラルセット(フェイスブラシ、フェイスパウダーSPF40ルーセント、ポケットファンデーションブラシ、ファンデミニ9/16、バッグ イン バッグ)、500株以上1,000株未満の株主に対しては20,000円相当のオンリーミネラルセット(フェイスブラシ、フェイスパウダーSP40ルーセント、ポケットファンデーションブラシ、ファンデミニ9/16、アイシャドウ ダイヤモンド、ブラッシュブラシ、ブラッシュ ベージュオレンジ、バッグ イン バッグ)、1,000株以上の株主に対しては30,000円相当のオンリーミネラルセット(フェイスブラシ、フェイスパウダーSP40ルーセント、ポケットファンデーションブラシ、ファンデミニ9/16、アイシャドウ ダイヤモンド、ブラッシュブラシ、ブラッシュ ベージュオレンジ、ダブルエンドアイシャドウブラシ、リップミネラル ガーネット、リップブラシ、アイシャドウ ルビー、バッグ イン バッグ)となっている。

>>ヤーマンのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | IR企業情報
2012年03月13日

GMOクラウド GMOグローバルサイン社の「SSLサーバ証明書」スマートフォンの全機種に対応

■フィーチャーフォンのアクセスカバー率96%以上に拡大

 GMOクラウド<3788>(東マ)の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン社は12日、SSLサーバ証明書を導入したサイトへのスマートフォンからSSL接続状況を調査した結果、検証端末すべてにおいて正常な接続ができることを確認した。
 また、フィーチャーフォン(携帯電話)において、GMOグローバルサイン社のルート証明書を搭載した端末のアクセスカバー率を調査した結果、1年前の90%から96%に増加した。ルート証明書とは、PCのウェブブラウザやフィーチャーフォン、スマートフォンに組み込まれ、接続した先のSSLサーバ証明書が正当なものかを確認する電子証明書である。
 今回のスマートフォンのSSL接続状況調査およびフィーチャーフォンのアクセスカバー率の調査により、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を導入しているウェブサイトは、国内のほとんどのフィーチャーフォンおよびスマートフォンからのアクセスに対してSSL暗号化通信が適用されていることになる。

■スマートフォンの急激な普及に伴いSSL暗号化通信によるセキュアな通信が必須

 スマートフォンの急激な普及に伴い、スマートフォンからウェブサイトへのアクセスが急増する中、スマートフォンやフィーチャーフォンを利用したネットショピングやネットバンキングなど、オンラインサービスのさらなる利用拡大が見込まれている。住所や電話番号、クレジットカード番号などの個人情報を入力してデータを送信する場面では、SSL暗号化通信によるセキュアな通信が必須となる。
 GMOグローバルサイン社は2006年から国内の携帯キャリアに対して、ルート証明書搭載の普及活動を行なっている。これが、今回のSSLサーバ証明書スマートフォン全機種対応、アクセスカバー率がフィーチャーフォンで96%という結果に繋がったものと考えている。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」でニシキが販売を開始

■大正10年の創業以来ベビー用オムツカバー等を展開

 ラクーン<3031>(東マ)は13日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」でニシキ(本社:福岡市)が販売を開始することを発表した。
 ニシキは、大正10年の創業以来ベビー用オムツカバーをはじめ、ベビー・キッズウエアや介護用排泄用具(おむつ)を展開しているメーカー。
 メイン商品のベビー用オムツカバーは、特殊な素材を使い、安全安心な商品を作るために日本国内の工場で生産している。
 一方、新生児ドレス、乳児アウター、肌着、スタイエプロン、トイレットトレーニングパンツ、ショーツ、ブリーフなどは、中国の4つの専用工場で生産。長年日本で培った素材管理・品質管理・生産管理のノウハウを活用し、直接管理している。
 赤ちゃんのデリケートな肌に付着する商品は「ホルマリン検査」を実施している。また、出荷後のホルマリン移染を防ぐためパッケージ化するなど、安全確認を徹底して行い、確かな品質の製品をリーズナブルな価格で提供している。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203597/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | IR企業情報

ソフトクリエイト 12日、株主優待制度の追加を発表

 ソフトクリエイト<3371>(東1)は12日、株主優待制度の追加を発表した。
 これまでは100株以上500株未満の株主にクオカード2000円分をプレゼントしていたが、100株以上300株未満、300株以上500株未満と2つに分け、300株未満の株主に2,000円、500株未満の株主に3000円のクオカードをプレゼントする。
 また、500株以上1000株未満の株主にクオカード4000円分を提供していたが、500株以上700株未満、700株以上1000株未満に分け、700株未満の株主に4000円、1000株未満の株主に5000円のクオカードをプレゼントするように変更した。
 1000株以上の株主に対しては、以前と同じく6000円のクオカードをプレゼントする。
 株主優待制度の追加は、同社への株式投資の魅力を高め、中長期的に保有する株主の増加を図ることを目的としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | IR企業情報

トーソー 単元株式数の変更を発表

■4月2日(月)より、単元株を1,000株から100株に

 カーテンレール、ブラインドのトーソー<5956>(東2)は12日、単元株式数の変更を発表した。
 株式の投資単位を引き下げることにより、投資しやすい環境を整え、株式の流動性を高めるために、4月2日(月)より、単元株を1,000株から100株に変更する。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | IR企業情報

ピーアンドピー 2月の月次速報値を発表

■2月の売上高は、前年同月比0.7%増

 販売支援のピーアンドピー<2426>(JQS)は12日、2月の月次速報値を発表した。
 2月の売上高は、前年同月比0.7%増となった。4月〜2月までの売上高累計は、前年同期比6.7%増となっている。
 2月の概況は、3月以降に開始される全国案件の円滑な運営に向けた準備を進めるとともに、さらなる全国案件の獲得に向けた営業活動に注力した。
 また、放送通信分野においては、各キャリアの春商戦に向けた新サービスや新商品のプロモーションにかかる販売支援案件を受注した。
 12日の株価は2万210円で引けている。配当利回り4.7%と高利回りであることから、配当狙いの買いが膨らむことが予想される。

>>ピーアンドピーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | IR企業情報

あらた 3月19日より東証1部に指定

■2月24日に中国上海市工商行政管理局から営業許可証を取得

 日用品卸の大手あらた<2733>(東2)は12日、東京証券取引所の承認により、3月19日より東証1部に指定されることになった。
 また、同日、11年9月29日付で開示した海外事業展開に関して、2月21日に中国上海市工商行政管理局から批准証書が下り、2月24日に営業許可証を取得したことも発表した。そのため、子会社設立の手続は4月末に完了する予定であり、今後「あらたグループ」は中国を中心とした成長著しいアジア市場において、事業の拡大を図る。
 今後の活動計画としては、上海に凱饒泰(上海)貿易有限公司を設立し日用品を中心とした事業を展開する。その後、香港にペット用品を中心とした法人の設立を計画している
 12日の株価はザラ場で239円と年初来最高値をつけているように上昇しているが、PBR0.39倍と割安であることから、東証1部指定を機として更に上値を試す展開が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:44 | IR企業情報
2012年03月12日

ラクーン 「スーパーデリバリー」にノアが登場

■出展名は「YELLOW96」

 ラクーン<3031>(東マ)は9日、同社の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」にノア(本社:東京都渋谷区)が登場することを発表した。尚、出展名は「YELLOW96」となる。
 YELLOW96は、年齢やルールにこだわらないリラックスした少女のあどけなさを表現した、ニュースタイルノンエイジファッションをテーマとしている。全国に直営店を4店舗展開し、ブランドイメージを大事にデザインされた店舗は、都会の隠れ家のような雰囲気を漂わせている。
 アイテムはトップス、ボトムス、ワンピースとトータルで揃えており、少し甘めのデザインで独自の世界観を演出している。特に人気のワンピースは、インパクトのあるプリント柄が顧客の心を掴み、長年のファンも多い。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203601/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | IR企業情報

魚力 前年同月比の2月の売上高速報値を発表

■今期は、5月を除いて、月次の売上高は前年同月を上回

 鮮魚小売の魚力<7596>(東2)は9日、前年同月比の2月の売上高速報値を発表した。
 2月の売上高は、前年同月比3.0%増となり、今期は、現在までのところ5月を除いて、その他の月次の売上高は前年同月を上回っている。しかも、コスト削減を実行し、第3四半期まで、大幅増益を実現していることから、今期予想の売上高250億円(前期比1.5%増)、営業利益6億円(同53.7%増)、経常利益6億円(同71.4%増)、純利益3億30百万円(同152.4%増)の達成が期待できる。
 株価は、10時15分現在7円高の940円となっている。2月19日にヨンキュウ<9955>(JQS)と資本・業務提携を発表していることから、仕入れ力が更に強化され、売上拡大が予想される。

>>魚力のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:24 | IR企業情報
2012年03月09日

フライトシステム:注目の新サービス!デジタルポスト「DM郵便」を発表

■DM・Bレターを簡便「作成・郵送」、次世代「ハイブリッド郵便」

 フライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)の子会社でデジタルとアナログを融合させた次世代「ハイブリッド郵便」事業を展開するデジタルポスト(本社:東京都港区赤坂、代表取締役緒方健介氏)は、昨年12月に第1弾サービスとしてスマートフォンやパソコンから絵はがきが郵送できる「LiveCard」(ライブカード)を開始したが、このたび、「LiveCard」のバージョンアップとともに法人向けの新たなサービス「DM郵便」(LiveCard DM=URL: http://biz.livecard.jp/ )を発表した。

フライトシステム:注目の新サービス!デジタルポスト「DM郵便」を発表

※(写真向かって右から)佐藤健太郎取締役、緒方健介代表取締役、宇田好文取締役会長、片山圭一朗代表取締役、木戸康行取締役

 この「DM郵便」は、ブティックなど小売業、レストランなど飲食業、美容院などサービス業、医療など専門サービス業をはじめとする小規模事業者や地域密着型店舗が顧客向けにダイレクトメールやビジネスレターをタイムリーに発送できるよう、DM制作から郵送手配までのワンストップサービスを提供するが、多様な業種の事業者の利便性を考え、DMの目的別に豊富なテンプレートを用意し、事業者と顧客とのコミュニケーション向上を促す。

 一方、「LiveCard」のバージョンアップについては、操作画面の作りを分かりやすくし、操作性を大幅に向上させた。また、同一メッセージの送付先指定可能枠を10件から50件へ5倍に増やした。(サービス料金は従来通り1通120円)。

 同社では、「個人向け(LiveCard)、法人向け(DM郵便)とラインアップも揃い、利用者の幅広い郵便ニーズに応えられるようになりました。電子メールが普及する現在でも、性別年齢層を問わず、殆どの人が『手紙をもらうと嬉しい』と感じていることから、伝統的なコミュニケーションツールとして手紙のもつ『温かさや人間味』といった良さを再認識していただき、次世代郵便システムとして、拡大していきたいと考えています。」といっている。

【DM郵便:特長と利用環境】

(特長)
・ダイレクトメールやビジネスレターを自社のパソコンからスピーディーに制作可能
・デザイナーによる作品から厳選した、150種類の洗練されたテンプレートを用意
・最少注文枚数の制約がなく、高品質なダイレクトメールを1枚から作成可能
・宛名ラベル貼りやポスト投函などの面倒な手間が不要
・発送履歴や効果測定データを分析し、送りたい先にだけ無駄なく効率的に発送可能

(利用環境)
 利用可能なパソコンの基本ソフトおよびブラウザ:サービスページにアクセスすることで特別なソフトを必要とせずに、そのまま利用できる。

・Windows対応PC−−OS:Windows7、WindowsVista、WindowsXP(各日本語版)
・ブラウザ:IE8以降、FireFox6以降、Safari5以降
・Mac対応PC―OS:MacOSX10.5以降/ブラウザ:Safari5以降

LiveCard DM

>>フライトシステムコンサルティングのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:52 | IR企業情報
2012年03月08日

ラクーン 「スーパーデリバリー」に新しく2つの出展企業が登場

■雑貨輸入・販売のワイズとバッグやポーチの製造・販売の郡東京店が販売を開始

 ラクーン<3031>(東マ)は8日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に新しく2つの出展企業が登場する。
 雑貨輸入・販売のワイズ(本社:群馬県伊勢崎市)とバッグやポーチの製造・販売の郡東京店(本社:東京都台東区)が、8日より「スーパーデリバリー」で販売を開始する。
 ワイズは、バリ島の雑貨の輸入・販売を行なっている。現地を訪問し、商品を全て手にとり、使いやすさと見た目の美しさ、ハンドメイドならではの温かみを重視し、買付を行い、求めやすい低価格で販売する。
 特にインドネシア産の素材を使用したカゴバッグに、ビーズやニットレースをゴージャスにデコレーションしたバリの人気ブランド「Vivacqua(ヴィヴァクア)」と、バリ在住のフランス人デザイナーが手掛ける、ユニークなグラフィックバッグ「makassi(マカシ)」を中心に買付を行っている。
 また、バリ島で次々に発表される新ブランド商品の発掘、買い付けにも注力している。スーパーデリバリーでは、各ブランドの新作・定番雑貨を幅広く提供していく。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203477/

 郡東京店は、ニューヨークで活躍している、イラストレーター「Reiko Aoki(レイコ アオキ)」のデザインを用いて、バッグやポー値を自社で企画・製造・販売している。国内では郡東京店のみ取扱っている商品で、百貨店をはじめ、問合せの多い人気商品である。
 Reiko Aokiのデザインは、独自のスタイルを持ち、生き生きとエネルギッシュにニューヨークライフを楽しんでいる女性たちをモチーフとしており、商品に楽しさが溢れている。また、人気ドラマ「SEX and the CITY」の著者の最新作「One Fifth Avenue」のカバーデザインなども手掛けており、名実共にトップデザイナーとして活躍している。
 郡東京店が国内で提供している商品は、全て日本で生産しているため、品質・機能性共に大変優れており、特に、コスメポーチやトラベルグッズなどは、出張や旅行に大変便利だと好評を得ている。
 今回、スーパーデリバリーに出展するにあたり、2012年春夏の新作デザインを数多く提供していく予定。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203547/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | IR企業情報

インスペック 台湾の基板メーカーから大型案件を受注

■総額13億円強のAVIを段階的に受注・納入することで合意

 半導体検査装置のインスペック<6656>(東マ)は7日、台湾の基板メーカーから大型案件を受注した。
 同社は、台湾の大手基板メーカーと総額13億円強のAVI(最終外観検査装置)を2013年12月までに段階的に受注・納入することで合意した。2月14日に発表したAVI海外初号機の受注に引き続き、2号機以降の受注となる。また、基板メーカーのAVI以外の多くの外観検査のニーズに対しても、長期的なパートナーシップを築き、包括的に検査装置を供給することについても合意していることから、今後の受注も期待できる。
 尚、今回の受注については、来期以降の売上に計上されるため、今期の業績に対する影響はないとしている。
 今期の売上予想7億円に対し、今回の受注額だけで13億円となるため、来期の業績拡大は確実。7日の株価は2万8,050円と安値圏で推移しているため、急反発が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:26 | IR企業情報
2012年03月07日

ラクーン 「スーパーデリバリー」にレディスアパレルメーカー「オニオンツリークラフト」が登場

■20代から30代の女性をメインターゲットに、レディスアパレルを展開

 ラクーン<3031>(東マ)は7日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」にレディスアパレルメーカー「オニオンツリークラフト」(本社:千葉県松戸市)が登場することを発表した。
 オニオンツリークラフトは、20代から30代の女性をメインターゲットに、レディスアパレルを展開しているメーカー。取り扱いのアイテムは、ワンピース、ブラウスなどのトップスをメインに展開し、価格帯は2,900円から3,900円が中心ラインとなっている。
 また、デザインについては特にプリントにこだわり、1点1点ハンドプリントで生産している。ハンディークラフト、フォークアートのエッセンスを取り入れることにより、個性的な商品を目指している。
 同社が展開しているブランドは、Little India、 ui(ウイ)の2つ。Little Indiaはカラフルなプリントをメインとした、ナチュラル・エスニックテイスト。刺繍や柄が特徴的なアイテムを展開している。uiは、素材を大切にした、ナチュラルテイスト。長く着続けてもらいたい、という思いが込められ、シンプルで合わせやすいアイテムを展開している。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203566/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | IR企業情報

アルク 12年1月期通期連結業績予想と配当予想の上方修正を発表

■日本企業のグローバル化促進により、業績はV字回復

 アルク<2496>(JQS)は本日7日、12年1月期通期連結業績予想と配当予想の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を3億円上回る78億円(11年1月期比3.9%増)、営業利益は1億90百万円上回る3億90百万円(11年1月期△2億48百万円)、経常利益1億78百万円上回る3億60百万円(同△2億69百万円)、純利益は1億円上回る2億円(同△3億50百万円)と大幅上方修正でV字回復を見込む。
 日本企業のグローバル化が急速に進み、英語基礎力、コミュニケーション力を身につける人材育成ニーズが高まる中、研修事業の売上が大幅に増加するとともに、主力の教育事業では、TOEICの試験対策通信講座、その他の英語講座受注も伸長した。またこれら顧客に対し、ウェブ上でテスト採点ができる「テストコ」や学習管理およびモチベーション維持を目的として「CAMPUS」「通信講座クラス」を開設するなど、顧客の利便性を高めるサービス提供を行った結果、通信講座の修了率、継続率ともに高まったことによる。
 また、配当については、業績が順調であることから、当初予想の260円から360円へと上方修正。
 株価は、一時ストップ高の2万2870円を付けた後で、現在(14時4分)は2万2400円台で推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:06 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」に新たに2社が登場

■ミセス向けのアパレルメーカーであるミューと事務用品文具メーカーのリヒトラブ

 ラクーン<3031>(東マ)は、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に新たに2社が登場することを発表した。
 ミセス向けのアパレルメーカーであるミュー(本社:大阪岸和田市)と事務用品文具メーカーのリヒトラブ(本社:大阪市)の2社である。
 ミューは、40歳から幅広い年代をターゲットに、トータルで展開しているミセスアパレルメーカー。
 シーズン毎のトレンドを取り入れながら、全国の顧客から集めたニーズを製品作りに反映している。企画から生産までのリードタイムが2週間と短く、売れ筋アイテムをタイムリーに提案できることが強みである。また、定番商品は在庫を切らさず、常に提供できるようにしている。
 特に、カットソーを得意としており、サイズやカッティングなどを工夫したチュニックは多くのミセス層に支持を得ている。手頃な価格帯ながらデザイン、クオリティにこだわった品揃えで、様々な小売店のニーズに応えることが出来る。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203573/

 もう一社のリヒトラブは企業・事務所向けの事務用品文具メーカー。ファイル、バインダー、パンチなどの他、医療用のカルテフォルダーやバインダー、各種ケースを取扱っている。日々変化するニーズに対応するため、創業者の理念である“こういうものを作ったらお客さんが、お使いになる方が、どんなに喜ばれるだろう”という視点で商品を企画している。
 最近では、整理整頓グッズを強化しており、バッグの中身入替えに便利なバッグインバッグ「OTOMO オトモシリーズ」や、デスク周りをきれいに片付けられる「机上台/机下台シリーズ」などを新しく展開している。スーパーデリバリーでは、新シリーズの他、人気ブランドの「THE DESIGN MIND COMPANY」を中心に提案していく。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203590/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | IR企業情報
2012年03月06日

クリナップ:「アクリアバス」ニーズに応え「清掃性・デザイン性」を強化

■5年ぶりのモデルチェンジ、3月1日より受注開始

 クリナップ<7955>(東1)は、システムバスルーム「アクリアバス」(AQULIA−BATH)を5年ぶりにモデルチェンジし、3月1日から受注を開始した。

 新「アクリアバス」は、業界トップクラスと評価されていた「保温性」「安全性」に加え、日頃からニーズの高かった「清掃性」「デザイン性」を向上させた。

 特に、デザイン性では、同社独自の人工大理石素材『アクリストンクオーツ』を、オプションにて浴槽や洗面器置きカウンターに選択できる仕様とした。

■新「アクリアバス」

〜標準装備した『4つのポイント』〜

(1)「清掃性」:カビの根が入り込みにくい新しい目地材を用いた「クリンパッキン」を採用、カビを簡単に落とせて綺麗な浴室が保てる。

 排水口には、ステンレスにeコート(親水性セラミック系特殊コーティング)を施し、汚れがしみこまず、排水口にたまった髪の毛やごみも、取っ手をつまんでサッと処理できる「クリンヘアキャッチャー」、

 そして、ドアの換気口部分を取り外して丸洗いができる「お手入れ簡単ドア」

(2)デザイン性:新しい提案として、アクリストンクオーツを浴槽、洗面器置きカウンターに採用し、水晶のような透明感のある8色のカラーバージョンを用意した。また、「スリムロングミラー」・「フラット水栓」を装備、スッキリした空間を演出した。(標準装備)

(3)「保温性」:『床夏シャワー』は、噴出するシャワーの湯が床をわずか1分間で20℃まで暖め、また、浴室全体を保温材で包み込んだ『まるごと保温』で、入浴後30分経っても浴室内のあたたかさを保つち、温度差によるヒートショックの心配を低減した。(標準装備)

(4)「安全性」:『足ピタフロア』で、床表面の繊細な凸凹が密着、似れていても滑りにくく、『フルサポートバー』がよく室内での移動・立ち上がりなどすべての動作を切れ間なくサポートする。(標準装備)

■美しさ・強さ備えた大理石使用浴室は、毎日の入浴をより豊かに

 同社では、「ご要望の強かったカビを簡単に落とせて綺麗な浴室が保てるよう清掃性を高めるため新素材やコーティングを採用しました。さらに、新しい提案として、当社独自のアクリストーンクオーツの浴槽、カウンターをご用意しました。ご希望により一段と高いデザイン性をお選びできますので、美しさと強さを兼ね備えた大理石をご使用された浴室は、毎日の入浴をより豊かにすることができるでしょう。」(同社コミュニケーション部広報・ブランド推進課)と話している。

 標準セット価格は、従来据え置きの1616型(1坪)998,000円(税込み:1,047,900円)。

クリナップ:「アクリアバス」ニーズに応え「清掃性・デザイン性」を強化

>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:38 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」にオウルテックが登場

■PCパーツ・携帯電話製品・タブレット機器製品を自社で企画・製造・販売

 ラクーン<3031>(東マ)は5日、同社の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」にオウルテック(本社:海老名市)が登場することを発表した。
 オウルテックは、PCパーツ・携帯電話製品・タブレット機器製品を自社で企画・製造・販売している。メーカーとしては、最先端技術、デザイン、トレンドを、しっかりと把握・研究して、安心して使える高品質な製品を、いち早く提供することを心掛けている。また、企画段階から価格に対してシビアに検討し、よりリーズナブルに商品を提供している。
 企業向けのPC周辺機器なども充実しており、他社では取り扱いの無い製品も多数取り揃えているため、大手家電量販店、専門店、その他小売店より好評を得ている。
 スーパーデリバリーでは、携帯電話製品やPC関連商品(キーボードなど)をメインに、商品を展開していく。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203543/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:44 | IR企業情報
2012年03月04日

ラクーン 「スーパーデリバリー」に「オロシ〜by Santasan」が登場

■美容器具、健康器具、防災グッズなどを展開するオリジナル雑貨メーカー

 ラクーン<3031>(東マ)は2日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に「オロシ〜by Santasan」が登場することを発表した。
 「オロシ〜by Santasan」は、美容器具、健康器具、防災グッズ、アパレル、イルミネーション電球などを展開するオリジナル雑貨メーカー。
 創業から約50年、徹底した市場調査と社内精査を行い、今市場で売れている商品や売れそうな商品をいち早く展開している。また、海外で大量生産することによって、リーズナブルな価格帯で提供できることが強み。
 更に、ユーザーの多様な要望に応えるべく、デザインの変更や機能の改良を積極的に行うことにより、常にユーザー満足度を目的とした商品展開に努めている。
 現在の売れ筋商品は、機能性やデザインを重視した「美容」「健康」器具。特に、プラチナゲルマニウムを使用した自社オリジナルモデルの美容ローラ「プローナ」シリーズは、使用目的により球体や、八角形等様々な形を取り揃えており、幅広い年代の女性に高い支持を得ている。
 スーパーデリバリーを通して、高品質でリーズナブルな雑貨を提案していく。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203482/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | IR企業情報

【近況リポート】翻訳センターは通期業績予想の上方修正に期待が膨らむ

近況リポート

■通訳事業・語学系人材派遣など新規事業領域へも本格参入も

 翻訳センター<2483>(JQS)の12年3月期第3四半期(4月〜12月)の連結業績は、主要事業分野の中でも売り上げのウエイトが高い。医薬、工業の2分野が2ケタの伸びを示し、連結ベース売上高3,916百万円は、前年同期に比ベて15.4%増と2ケタの伸びとなった。

 利益は大幅増収効果に加え、原価率低減、販管費コントロールが功を奏し、営業利益が5割近い伸びとなるなど、回復力の強さを見せた。

 第4四半期においても順調な業績推移と見られるが、先般、東京・大阪・名古屋で開催された個人投資家向けセミナーに登壇した同社の東郁男社長は、「足元の状況は、上り調子を維持している」と述べ、好調ぶりを示唆している。

■多角的に収益源を創出、成長力の強さ一段と発揮!

 今期実績を上げている「ローカリゼーション/マニュアル翻訳」分野の急拡大など、新規施策での飛躍や米国子会社の着実な成長など、新しい収益源を積極的に開発していることが注目されるが、こうした成果の積み上げで、来期以降の業績拡大速度は一段と加速し、成長力の強さを一段と発揮させそうだ。

■アイ・エス・エス子会社化、グループの総合力強化へ一歩前進

 3月1日には、「株式会社アイ・エス・エスの株式を取得し子会社化する」と発表しており、実現の暁には、「通訳事業への本格的進出、語学系人材派遣/人材紹介事業など新規事業領域への本格参入、人材育成機関である語学教育事業の本格展開を図る」(経営企画部)方針であり、多角的収益源の創出に積極的に取り組むことで、同社グループの総合力強化実現へ向けた歩みは一歩前進する。

■「足元は、上り調子を維持」通期業績の上方修正に期待膨らむ

 同社は昨年9月30日に第2四半期(4月〜9月)連結業績とともに通期業績予想を上方修正し、売上高5,300百万円(前期比11.4%増)、営業利益350百万円(同25.1%増)、最終利益180百万円(同28.8%増)などとしているが、その際の修正幅は、第2四半期実績での計画超過分程度の上乗せに止めたように考えられ、また、前期の第3四半期実績の進行速度に比べると、今期の同時点の進行速度は10ポイント以上上回っている。通期業績予想の上方修正に期待が膨らむ。

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:32 | IR企業情報