[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/26)UBIC 26日に台湾に子会社を設立すると発表
記事一覧 (09/26)トーソー 人気化している「コルト」に新機種を追加し、10月3日より全国で販売を開始
記事一覧 (09/26)ラクーン 「スーパーデリバリー」に、9月26日より北欧雑貨ショップのクローネが登場
記事一覧 (09/26)メディアスHD:本物の医療を学ぶ「メディメッセージ2011」に参加
記事一覧 (09/26)インフォマート 「東証マザーズCore指数」の構成銘柄選定を受けコメントを発表
記事一覧 (09/25)清水建設は純木造建築の明治神宮外拝殿を伝統技術の粋を結集して耐震補強
記事一覧 (09/25)楽天は英国進出に向けて「Play Holdings Limited社」を買収
記事一覧 (09/25)J:COMと東急電鉄が横浜ケーブルビジョン株式を共同取得
記事一覧 (09/25)シナジーマーケティング:ランチ検索サイト「ランチ難民レスキュー隊!!」東京版開始
記事一覧 (09/25)グリーはスマートフォン向けゲーム開発ツールにAdobe AIRテクノロジーを採用
記事一覧 (09/25)電通、電通リサーチ、マクロミル3社がインターネット調査の新会社設立へ
記事一覧 (09/25)村田製作所は高透明度有機圧電フィルムを用いたセンサデバイスを開発
記事一覧 (09/25)三栄建築設計 名古屋支店を10月5日に開設し、近畿地方での営業開始を発表
記事一覧 (09/25)ラクーン 「スーパーデリバリー」にデラモーダが登場
記事一覧 (09/24)東武鉄道は北千住駅駅ナカ11店舗をリニューアルオープン!
記事一覧 (09/24)世界初!ANAグループ全客室乗務員がiPadを携行
記事一覧 (09/24)エルピーダメモリは世界初の25nmプロセス4GビットDDR3 SDRAMの開発を完了
記事一覧 (09/23)クリーク・アンド・リバー社 北京視易購伝媒科技有限公司とテレビ通販事業で業務提携
記事一覧 (09/22)寿スピリッツ:河越社長『シルシルミシルプレミアム』(BSテレビ朝日)に出演!
記事一覧 (09/22)スターティア 電子ブック閲覧用アプリ「ActiBook Androidアプリ」をバージョンアップ
2011年09月26日

UBIC 26日に台湾に子会社を設立すると発表

■業績の急拡大と共に、営業拠点の拡充が進む

 リーガルテクノロジーのUBIC<2158>(東マ)は、26日に台湾に子会社を設立すると発表した。
 米国で台湾に拠点を置く日系企業、ローカル企業の電子証拠開示について、専門技術を持つディスカバリ企業の必要性が急速に高まってきている。そのため、同社では、これらのニーズに対応するために台湾に子会社を設立することを決定した。
 子会社の商号は、日商優比克有限公司、代表者は池上成朝氏、資本金は5000万円。営業開始日は11月1日を予定している。
 同社は、業績の急拡大と共に、営業拠点の拡充を進めている。最近では、8月1日にワシントンD.C.に子会社を設立している。今回、台湾に子会社を設立することで、5つ目の支店となる。

>>UBICのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:29 | IR企業情報

トーソー 人気化している「コルト」に新機種を追加し、10月3日より全国で販売を開始

■新たにローマンシェード「コルトシェード」を追加

トーソーHP トーソー<5956>(東2)は、現在人気化しているスクリーンのベーシックシリーズ「コルト」に新機種を追加し、10月3日より全国で販売を開始する。
 新しく追加するのは、生地本来の柔らかな風合いが楽しめるローマンシェード「コルトシェード」、和紙調プリーツスクリーン「コルト扇」、プリーツスクリーンの新機種「ツインワンチェーンスタイル」、「チェーンタイプ」。
 従来はロールスクリーン、プリーツスクリーン、バーチカルブラインド(縦型ブラインド)、インテリアブラインド(横型ブラインド)の4製品に対応していたが、新たにローマンシェードを追加。
 プリーツスクリーンでは、和紙調スクリーンシリーズ「コルト扇」、1本のチェーンで操作が出来る新機種2種を追加し、便利で、使いやすさが向上。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:23 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」に、9月26日より北欧雑貨ショップのクローネが登場

■“ぬくもり”や“かわいらしさ”を感じさせるアイテムを展開

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に、9月26日より北欧雑貨ショップのクローネが登場。
 クローネは職人による希少なハンドメイドアイテムをはじめとする北欧雑貨の、輸入・卸・販売を行なっている。スーパーデリバリーでは、北欧雑貨の中でも手作りの顔が浮かぶ、“ぬくもり”や“かわいらしさ”を感じさせるアイテムを展開していく。
 人気商品は、フィンランドの伝統工芸の白樺やモミの木の皮で編んだカゴ。材料の採取や乾燥、また加工に手間をかけている。一枚一枚ナイフで皮をはいで、なめしてから編みこんでいるため、しっとりとした手触りに仕上がっている。大量生産ではとても出せない、職人の伝統工芸品を提供していく。
 他にもデンマークの手作りオーナメント、ニッセの老舗制作メーカーである「アンネ・ベアテ・デザイン社」のニッセドールや、スウェーデンの老舗木工メーカー「Larssons Tra社」による素朴なインテリアアイテムなど、魅力溢れる北欧雑貨が揃っている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:18 | IR企業情報

メディアスHD:本物の医療を学ぶ「メディメッセージ2011」に参加

■「メディメッセージ2011」(10/1・2、浜松で)

 メディアスホールディングス<3154>(JQS)傘下の協和医療器械株式会社は、10月1日(土)、2日(日)の2日間(両日とも10:00〜16:30)、アクトシティ浜松展示ホールで開催されるイベント「メディメッセージ2011」に、主催のメディメッセージ2011実行委員会(浜松市、社団法人浜松医師会、株式会社オズ)のメンバーならびに事務局として参加する。

 この「メディメッセージ」は、毎年静岡県下で開催される恒例の催事で、「一般市民と医療関係者が対話しながら、本物の医療を学ぶことができる」と評判のイベントとして定着しいる。(一般公開・入場無料)

 今回は、イベント会場に多くの医療機器を展示し、本物さながらの「オペ室」も再現される。また、会場を訪れる子どもたちには、、同社グループ会社の社員が、展示された医療機器の操作方法を教えるなど、地域の医療関係者が地域の市民とふれあう貴重な機会となる。

■現役ドクターの実演、手術のトレーニングなど興味あるイベントが目白押し

 主なイベント内容としては、『現役ドクターの実演を見よう!』コーナーでは、「腹腔鏡胆のう摘出手術(実演)」、同手術支援ロボット「ダヴィンチ」が見られ、その他「心臓カテーテル手術」「内視鏡手術=ESD・EMR」の実演がある。

 『見て、触れて、学ぼう』コーナーでは、動いている様子も映す超音波検査装置や人の命を救う救急車の最新機器が展示される。

 『未来のドクターは、キミかもしれない』コーナーでは、「手術のトレーニング」や「内視鏡を使ってみよう」など実際に体験できる。そしてドクター・ナースの姿で記念撮影が楽しめる、など多くの興味あるイベントが目白押し。

 このイベントは、脳卒中、心筋梗塞などの疾病情報を提供するだけではなく、来場者自身が、検査や治療のための医療技術に実際に触れたり、あるいは、ドクターや看護師から直接話を聞くことで、「医療の今」を知り、日常生活の中で、医療や健康に対する関心がより高まることを目指している。

 メディアスHDは事業を通じて、医療の品質向上、医療環境の向上に貢献することを経営理念としているが、このメディメッセージへの参加は、理念達成へ向けた同社グループのCSR事業の一環として、毎年積極的に参画し推進役を果たしている。

メディアスHD:本物の医療を学ぶ「メディメッセージ2011」に参加

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:49 | IR企業情報

インフォマート 「東証マザーズCore指数」の構成銘柄選定を受けコメントを発表

■時価総額、売買代金、利益及び配当状況等を考慮し、東京証券取引所が選定

インフォマートのホームページ インフォマート<2492>(東マ)は、「東証マザーズCore指数」の構成銘柄に選定されたことを受け、以下のようにコメントを発表した。
 「東証マザーズCore指数の銘柄に選定されましたことにより、様々な機会において、個人投資家及び機関投資家の方々にご注目いただける中、当社が運営する企業間電子商取引プラットフォーム『FOODS Info Mart』事業の発展に取組んでいく所存でございます」と事業拡大に向けて邁進することを表明。
 指数構成銘柄は、東証マザーズ市場に上場する内国普通株式のうち、時価総額、売買代金、利益及び配当状況等を考慮し、東京証券取引所が選定し、東証マザーズCore指数は、10月11日より算出・公表する予定。

>>インフォマートのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | IR企業情報
2011年09月25日

清水建設は純木造建築の明治神宮外拝殿を伝統技術の粋を結集して耐震補強

■外観を変えず、震度7クラスの大地震に耐えうる構造性能を付加

 清水建設<1803>(東1)と木内修建築設計事務所(木内事務所)は、純木造建築である明治神宮外拝殿の耐震性能の向上を目的に、各時代の伝統木造技術の粋を結集して、鉄骨補強等に頼ることなく外観を一切変えずに耐震補強する改修工事に挑んでいる。すでに屋根裏を補強する1期工事を終了しており、6月中旬に着手した2期工事では、耐震補強のハイライトとなる長押(なげし)の補強を行っている。

 昨年鎮座90年を迎えた明治神宮では、境内の建築物の整備計画を進めている。木内事務所は21年4月に、明治神宮から外拝殿の耐震性能調査の依頼を受けて現地調査を実施。外拝殿を永きに亘って後世に残していくためには、今後、遭遇する可能性が高い震度7程度の最大級の地震に耐えうる構造性能の付加が必要という結論に達した。

 外拝殿は、昭和33年(1958年)に再建され、築後50年以上が経過したものの、純木造建築の立派なたたずまいを見せている。そこで、外観を一切変えないことを耐震改修の大前提とし、伝統的な木造技術による補強だけで、現代の補強金物を使わない耐震改修提案を行った。提案の概要は、化粧材として使われている木材を構造材に改めること、視界に入らない場所に板壁による耐震壁を設けること、小屋組の水平構面(屋根裏の水平部材)を斜材で緊結することなどにより、外拝殿全体を一体の構造にして地震力を負担させる、というもの。具体的な耐震補強部位は、外拝殿上部より小屋組、小壁、長押、腰壁。

清水建設は純木造建築の明治神宮外拝殿を伝統技術の粋を結集して耐震補強

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:41 | IR企業情報

楽天は英国進出に向けて「Play Holdings Limited社」を買収

■フランス、ドイツと並び欧州最大のマーケットの英国に進出

 インターネットショッピングモールである「楽天市場」等を運営する総合インターネットサービス企業の楽天<4755>(JQS)は、英国でEC(電子商取引)サイトを運営する企業グループを統括するPlay Holdings Limited(本社:英国領ジャージー島)を子会社化することを取締役会で決定した。

 楽天は、BtoC EC(消費者向け電子商取引)企業では売上高世界第2位。「楽天市場」は商品数8000万点を超える品揃えと、出店店舗へ提供するECプラットフォーム技術とコンサルティング等の運営ノウハウにおいて日本国内における圧倒的な強みを保有している。

 ECをはじめとする各種事業のグローバル展開を一層促進しており、米国、欧州、アジアのさまざまな国と地域でEC事業を行っている。欧州では、昨年、フランスの有力EC事業者であるPRICEMINISTER S.A.S.社の買収で完全子会社化し、事業は順調に推移している。また、先般、ドイツの有力EC事業者であるTradoria GmbH社の子会社化を行っている。

 同社はフランス、ドイツと並び欧州最大のマーケットのひとつである英国においても、進出の可能性を検討してきた。Play社は子会社を通じ英国においてECサイトplay.comを運営する企業グループを統括する持株会社で、1400万人の顧客基盤と商品登録数700万点超を有する英国で第4位の大手EC事業者。サイト運営者自体が売主となるファーストパーティ(First party)型と楽天の強みであるマーケットプレイス型の両方のビジネスモデルを有し、良質な商品を低価格で顧客に提供する点および幅広い品揃えに強みがある。

 今回の子会社化により、英国市場への参入を果たし、PRICEMINISTER社とTradoria社とならんで同社欧州戦略の基軸となる役割を果たす。楽天は、Play社のさらなる成長と事業拡大を目指すため、同社と、そのグループ各社がこれまで世界各地で培ってきたEC事業ノウハウの活用を通じ、欧州におけるEC事業を一層強化、発展させていくとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:18 | IR企業情報

J:COMと東急電鉄が横浜ケーブルビジョン株式を共同取得

 ジュピターテレコム「J:COM」<4817>(JQS)東京急行電鉄「東急電鉄」<9005>(東1)は、相鉄ホールディングス「相鉄」<9003>(東1)との間で、相鉄が保有する横浜ケーブルビジョン株式会社(YCV)の全発行済株式のうち、J:COMが51%を、東急電鉄が49%を取得することに合意し、22日、株式譲渡契約を締結した。

 今回のJ:COM及び東急電鉄によるYCVの共同取得は、ケーブルテレビ業界の最大手として確固たる顧客基盤を有するJ:COMと、鉄道事業ならびに「街づくり」を事業の根幹に置き、日々の生活に密着した多様な事業を展開する東急電鉄が、共に協力することにより、ケーブルテレビサービスをベースとする新たな生活支援サービスを開発・展開することを企図している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:52 | IR企業情報

シナジーマーケティング:ランチ検索サイト「ランチ難民レスキュー隊!!」東京版開始

■GPS機能搭載で簡単・スピーディにランチ検索が可能

 クラウド型顧客情報の管理・運用(CRM)システムを手がけるシナジーマーケティング<3859>(JQS)は21日、7月に提供を開始したランチ特化検索サイト「ランチ難民レスキュー隊!!」の関西版に続き、東京版の提供を開始する。

 「ランチ難民レスキュー隊!!」は、企業が密集するオフィス街を中心に、ランチを提供している飲食店が検索できる、ランチ特化の検索サイト。「ランチ難民レスキュー隊!!」の利用には会員登録が必要なく、会社や現在地などの住所を入力するだけで、その住所に近い順にランチを提供している飲食店を検索することが可能。また、料理のジャンルや「がっつり」「あっさり」などのその日の気分、そしておかわり自由やデザート付などのこだわり条件でも検索ができる。

 今回提供を開始した「ランチ難民レスキュー隊!!」東京版は、代表的なオフィス街の新橋や神保町、神楽坂など、山手線を中心とした東京の主要なビジネス街を網羅している。また、この東京版の提供開始に合わせて、GPS機能を搭載したため、外出先でもボタンひとつで現在地が入力でき、より簡単・スピーディに検索できる。

シナジーマーケティング:ランチ検索サイト「ランチ難民レスキュー隊!!」東京版開始

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:24 | IR企業情報

グリーはスマートフォン向けゲーム開発ツールにAdobe AIRテクノロジーを採用

■アドビ システムズ社と協力し日本では初の取り組み

 グリー<3632>(東1)は、米国アドビ システムズ社が「Adobe AIR」の次期版として2011年9月21日に提供を開始した「Adobe AIR 3.0」の採用をいち早く決定し、今秋より、「Adobe AIR 3.0 Plugin for GREE SDK」を、開発パートナー向けに正式に提供開始する。

 これにより、GREEパートナーは、「Adobe AIR 3.0」で開発するアプリに対し、「GREE SDK(ソフトウェアを開発ツールセット)」が提供する機能を簡単に組み込むことが可能になり、Web技術者やFlash技術者などが今までの知識を用いてワンソースでAndroid、iOSネイティブアプリを制作することが容易になる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:03 | IR企業情報

電通、電通リサーチ、マクロミル3社がインターネット調査の新会社設立へ

 電通<4324>(東1)、株式会社電通リサーチ、マクロミル<3730>(東1)の3社は21日、電通グループのインターネット調査事業拡大のための業務提携を行うと共に、電通リサーチとマクロミルの共同出資によるインターネット調査の販売を主たる事業とする会社の設立に向けた協議開始に基本合意した。今後3社は、2012年4月1日の新会社設立に向けて、本格的な検討を進めていく。

 今回の3社の提携により、電通リサーチの調査設計から集計分析・報告書の作成までを行なう「フルサービス型ノウハウ」と、マクロミルの「100万人規模のネット調査パネルやシステム構築力、営業力」を融合し、電通グループ内で分散化していたインターネット調査を集約して効率的な実施を行っていく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45 | IR企業情報

村田製作所は高透明度有機圧電フィルムを用いたセンサデバイスを開発

 村田製作所<6981>(大1)は、高透明度有機圧電フィルムを用いたセンサデバイスを開発したと発表。このフィルムは(1)圧電出力定数が大きい、(2)透明度が高い(光線透過率98%以上:内部ヘイズ測定による)、(3)焦電性を持たないという特徴を持ち、ねじりを検出することも可能なことから、様々なヒューマンマシンインターフェースへの応用が期待される。

 今回はこの圧電フィルムを用いて、曲げやねじりでテレビをコントロールするリーフグリップリモコンと、押圧力を検知できる押圧検知付きタッチパネル「タッチプレッシャーパッド」を応用デバイスとして開発した。

 スマートフォンやタブレットPC、ポータブルゲーム機の普及に伴い、新しいヒューマンマシンインターフェースの要望が高まっています。従来の圧電フィルムは、焦電性を持つため温度と曲げ・ねじりを分離して検知できないという課題があった。同社では、関西大学様と三井化学様との共同研究で、焦電性を持たず透明度の高い圧電体を開発した。

 曲げ検知用圧電フィルムとねじり検知用圧電フィルムを使用することにより、プレートの曲げねじりで操作する新感覚のコントローラ。また、光を受けると電子を放出する色素を使い、光を電気に変換する光電池を搭載し、バッテリーレスを実現した。(写真=圧電フィルムを用いたリーフグリップリモコン:サンプル)

村田製作所は高透明度有機圧電フィルムを用いたセンサデバイスを開発

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:58 | IR企業情報

三栄建築設計 名古屋支店を10月5日に開設し、近畿地方での営業開始を発表

■今期予想PERは4.52倍と低評価、株価の見直しが期待できる

三栄建築設計のHP 戸建て住宅の三栄建築設計<3228>(東2)は、21日に名古屋支店を10月5日に開設し、近畿地方で営業を開始することを発表した。
 同社は、東京都23区内で、15坪程の狭小敷地に木造3階建て住宅を4,000万円台で建築できる業界唯一の企業。そのため、同業者からの請負も行っている。業績は上場以来最高益更新を継続中の優良企業。
 営業地域が、これまでの東京、千葉、埼玉、神奈川に加え、近畿地方が加わることから売上の拡大が見込まれる。
 22日の株価は、前日比9円安の1291円で、今期予想PERは4.52倍と低評価。今回の名古屋支店の開設により、一層の業績拡大が予想されることから、株価の見直しが期待できる。

>>三栄建築設計のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」にデラモーダが登場

■一番のヒット商品は裏起毛のあったかインナー

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」でデラモーダが販売を開始する。
 デラモーダは、福岡、東京を中心に展開しているミセスアパレルメーカー。一番のヒット商品は裏起毛のあったかインナーで、売り上げ枚数は6万枚以上を記録している。カラーバリエーションも18色と豊富に取り揃えており、色違いでそろえるファンも多く、秋口から春先まで使えるアイテムとして人気を呼んでいる。
 デラモーダが提案するハイプライスのラインでは、高品質を第一条件に、上質なシルクのカットソーを展開している。商品数は決して豊富とはいえないが、品質とデザインの面で評価されていることからファンは多く、デラモーダといえばシルクアイテムといわれるほど。
 今回、スーパーデリバリーに登場することで、全国展開への道が開けることになる。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:15 | IR企業情報
2011年09月24日

東武鉄道は北千住駅駅ナカ11店舗をリニューアルオープン!

■2階改札内コンコースの駅ナカ全16店舗がグランドオープン!

 東武鉄道<9001>(東1)では、伊勢崎線北千住駅2階改札内コンコースの駅ナカ11店舗のリニューアルを、2011年9月29日(木)からスタートする。これにより昨年秋にオープンした5店舗とあわせ、2階改札内コンコースの駅ナカ全16店舗がグランドオープンする。今回の駅ナカ店舗は、『ひとつでも、10分でも、お手軽なぜいたく』をコンセプトに、新しいトレンドや魅力を提供する店舗を揃えた。また、「わかりやすく利用しやすい駅」を目指して、駅構内の案内サインの整備やデザインの統一化、節電に配慮した一部LED照明設備、広告の再配置、木のあたたかみのある内装への変更などを行った。

東武鉄道は北千住駅駅ナカ11店舗をリニューアルオープン!

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:33 | IR企業情報

世界初!ANAグループ全客室乗務員がiPadを携行

■客室乗務員マニュアルを電子化

 全日本空輸(ANA)<9202>(東1)は、2011−2012年度ANAグループ中期経営戦略で掲げている『グローバル化への挑戦』・『更なる経営効率向上の実現』の具現化として、ANAグループ客室乗務員のマニュアルを電子化し、世界で初めてANAグループ全客室乗務員(約6000名)へiPadを1人1台配布することを決定したと発表。

 乗務マニュアルの電子化にあわせて、視聴覚効果の高い動画や音声の活用を図ることで、客室乗務員の早期習熟・養成が可能となり、生産性向上が実現できると共に機内サービスの品質向上にも寄与する。また、ペーパーレス化により印刷費用を削減、年間数百ページにおよぶ乗務マニュアルの配布・差し替え作業も効率化が可能となる。

世界初!ANAグループ全客室乗務員がiPadを携行

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | IR企業情報

エルピーダメモリは世界初の25nmプロセス4GビットDDR3 SDRAMの開発を完了

■世界最小のチップサイズを実現

 半導体DRAM企業のエルピーダメモリ<6665>(東1)は、25nm(ナノメートル)プロセスを採用した4G(ギガ)ビットDDR3 SDRAMの開発を完了したと発表。容量は4GビットのDRAMで、世界最小のチップサイズを実現。サンプル出荷・量産開始ともに12月からを予定している。

 この4GビットDDR3 SDRAMは、半導体メモリのDRAMとして最先端である回路線幅25nmプロセスの超微細加工技術を用いており、エルピーダメモリが世界に先駆け開発した25nmプロセス2GビットDDR3 SDRAM(2011年5月発表)の倍容量となる4Gビット製品になる。また、同社30nmプロセス4GビットDDR3 SDRAMに比べ、ウェハ1枚あたりのチップ取得数量は約45%増加するため、低コストでの生産に貢献する。

 新製品の特長は当社30nmプロセス製品に比べ、動作電流は25〜30%、待機電流は30〜50%低減した上で、業界最高水準のデータ転送速度を実現した点。DRAMは、パソコンや携帯電話などの情報処理に不可欠なワーキングメモリ。近年は、音楽、写真、映像など大容量のデータを瞬時にやりとりするニーズが爆発的に増えており、DRAMには、データの高速処理性能アップと消費電力削減の両立が求められている。同製品はパソコンのほか、情報処理を大規模に行うデータセンターなどで使われる各種サーバに搭載される見込み。さらに、タブレット端末、UltraBookTM(超薄型ノートPC)にも、順次、採用される見通し。

エルピーダメモリは世界初の25nmプロセス4GビットDDR3 SDRAMの開発を完了

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:39 | IR企業情報
2011年09月23日

クリーク・アンド・リバー社 北京視易購伝媒科技有限公司とテレビ通販事業で業務提携

■日本企業、日本商品に関する独占窓口契約を締結

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、9月21日に北京視易購伝媒科技有限公司と、テレビによる通販事業において日本企業、日本商品に関する独占窓口契約を締結したと発表。
 北京視易購伝媒科技有限公司は、中国全土をカバーするデジタルテレビによる通販として初の試みとなる「電視商城」の運営を目的に2011年6月に設立された。9月よりテストマーケティングを開始し、10月より上海地域の約150万世帯に向け、本格的な通販事業を展開し、対照エリアを順次拡大し、今年度中に500万世帯、12年度には1,000万世帯への展開が予定されている。更に、デジタル放送への移行が完了する2015年度には5,000万世帯が見込まれている。
 「電視商城」内には、日本商品専門コーナーが設けられ、同社が同コーナーにおいて日本企業、日本商品に関する独占窓口契約を締結している。
 中国のテレビ通販市場は2009年度に約3,000億円であったが、2020年には6兆円を突破すると予測されている。現在、消費意欲の高い20代から40代を中心に伸びている。

■中国への進出を検討する日本企業に対して、中国マーケットへの足掛かりとなるように積極的に推進

 今回の提携により、日本の優れた商品がテレビ媒体を通じて中国市場へ流通することが可能となり、ターゲットに応じた多彩な映像表現により商品を説明することで、これまでに無い新しい通販スタイルが実現されることになる。クリエイティブ表現には、同社の持つ国内外の約50,000人のクリエイター・ネットワークを活かして展開していく。
 事業開始に当たっては、同社の中国法人CREEK&RIVER SHANGHAIと協業し、既に中国進出している日本系企業に対し、新たな販路として提案していくと同時に、中国への進出を検討する日本企業に対して、中国マーケットへの足掛かりとなるように積極的に推進していく。
 日本製品は中国で人気が高く、春節を利用して日本に買い物に来る中国人も多いことから、今回発表されたように、テレビ通販で日本の商品が手に入ることになれば、日本経済にとっても追風になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:10 | IR企業情報
2011年09月22日

寿スピリッツ:河越社長『シルシルミシルプレミアム』(BSテレビ朝日)に出演!

■「冷凍しても味が落ちない」技術など、通販銘菓の秘密を明かす!

寿スピリッツのHP 寿スピリッツ<2222>(JQS)の代表取締役社長河越晴皓氏が、地上波で好評の「シルシルミシル」がBSテレビ朝日に初登場する番組『シルシルミシルプレミアム』に出演し、同社グループの紹介、ルタオ「ドゥーブル・フロマージュ」の開発秘話など寿スピリッツの軌跡を披露する。

 同番組は、各界の成功者をスタジオに招き、その成功術を司会の「いとうせいこう・バカリズム」の二人が聞くプレミアム番組。

 今回は、同社グループ傘下、小樽の「ケイシイシイ」の大人気スイーツについて河越社長にインタビューし、ルタオが通販に成功したポイント、試行錯誤の末、開発された「冷凍しても味が落ちない」技術に注目、特別に工場に潜入し、ルタオ「ドゥーブル・フロマージュ」の秘密・その冷凍技術に迫る内容となっている。放送時間は、9月25日(日)午後9時から同9時54分まで。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:00 | IR企業情報

スターティア 電子ブック閲覧用アプリ「ActiBook Androidアプリ」をバージョンアップ

■「アクセスログ解析」、「動画埋め込み機能」、「ペン書込み機能」、「バックグラウンドダウンロード機能」を追加

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、22日電子ブック閲覧用アプリ「ActiBook Androidアプリ」をバージョンアップしたことを発表した。
 今回のバージョンアップは、8月にiOS向けに実施した「ActiBookアプリ」のバージョンアップと同様の内容になっており、GoogleAnalysticsとの連動による「アクセスログ解析」の取得やページ上で動画が再生される電子ブックの提供が可能となる「動画埋め込み機能」や電子ブック上にペンで自由に記入ができる「ペン書込み機能」の追加、電子ブックデータのダウンロード中も電子ブックの操作が出来る「バックグラウンドダウンロード機能」に対応している。

■「アクセスログ解析」は、Android搭載スマートフォンでも可能

 特に「アクセスログ解析」については、これまで対応を行っていたPCやiOSだけでなくAndroid搭載スマートフォンでも可能となったことで、各デバイスからアクセスログが取得できるようになり、多角的なマーケティング分析が可能となる。そのため、自社のターゲットにあった電子ブックの提供が行えるようになる。
 今後は、よりアクセスログの取得項目数を増やすことや、重要度が高いログ情報を見やすく閲覧できるようなツールを提供し、よりマーケティングに活用できる機能の拡張も検討している。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | IR企業情報