[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/07)東芝:新聞社の膨大な素材情報とWebサイト連携を実現
記事一覧 (07/07)セブン−イレブン店舗でNTT東日本のWi−Fi環境(無線LAN環境)を構築
記事一覧 (07/07)プライムワークスはアンドロイド端末向け電子書籍ストアソリューションプロバイダー向けに提供
記事一覧 (07/07)アドアーズ 対象店舗・本社で、昨年比最大20%以上の節電を目指す
記事一覧 (07/06)ジェイアイエヌ 6月の売上高は前年同月比40.3%増
記事一覧 (07/06)ティムコ 今11年11月期第2四半期業績を発表
記事一覧 (07/05)クレスコ 5日より大容量で低価格なオンラインストレージサービスの提供を開始
記事一覧 (07/05)トシン・グループ:自己株式の取得実績(6月中)を発表
記事一覧 (07/05)ぱど 7月4日に共通ポイントサービス「ぱどポイントサービス」のサイトをリニューアル
記事一覧 (07/05)ラクーン マルマンプロダクツが「スーパーデリバリー」での販売をスタート
記事一覧 (07/05)日本エンタープライズ 「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始
記事一覧 (07/03)ラクーン 原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を「スーパーデリバリー」で販売
記事一覧 (07/01)フォーカスシステムズ ガイダンスソフトウェア社と正規販売代理店契約を締結
記事一覧 (07/01)インテージ 6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了
記事一覧 (07/01)アライドテレシスホールディングス 30日の引け後に自己株式の消却を発表
記事一覧 (07/01)ラクーン ステーショナリーメーカーのアーティミスが「スーパーデリバリー」での販売をスタート
記事一覧 (06/29)ティムコ JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内にFoxfireストアを出店
記事一覧 (06/29)セントラルスポーツ 大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープン
記事一覧 (06/29)ラクーン アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーが「スーパーデリバリー」に登場
記事一覧 (06/29)スターティア 子会社のスターティアラボが第3回販促EXPOに出展
2011年07月07日

東芝:新聞社の膨大な素材情報とWebサイト連携を実現

■iPadなどマルチデバイスにも対応

 東芝<6502>(東1)グループの東芝ソリューションは、新聞社向けメディアマネージメントソリューション分野でサイトコア株式会社と提携すると発表した。東芝ソリューションのコンテンツマネージメントシステムである「DynamicCMS」とサイトコアのWebコンテンツマネージメントシステム「Sitecore CMS」を連携させ、次世代型Webメディアプラットフォームを実現する。

 新聞業界では新たな収益源を確保するために、紙媒体以外の多メディア展開が重要な課題となっている。特に新聞社のWebサイトは紙面との効果的な連動、付加価値づけが他社との差別化となり、マルチデバイスへの対応と合わせ、読者の獲得・収益の確保につながる。

 今回の提携では、新聞社の持つ膨大な素材(記事・写真など)を「DynamicCMS」で、新聞社のWebサイトを「Sitecore CMS」で管理することで、両者間で効果的・効率的なデータ連携を実現し、魅力的なWebサイトを構築する。そこからデジタルサイネージやiPad・iPhone・androidなどのマルチデバイスへの変換にも対応でき、より幅広い読者層に対応する。

 また、各種メディアからの反応を可視化・行動分析する機能により、Webサイトの品質・CSの向上を図るとともに、分析結果を紙面力の強化にフィードバックすることも可能となる。今後3年間で10社以上への導入を目指していく。

toshiba.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:18 | IR企業情報

セブン−イレブン店舗でNTT東日本のWi−Fi環境(無線LAN環境)を構築

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)とNTT東日本は、店舗や光ブロードバンドサービス等、両社の持つリソースを活用した包括的な協業を行い、「生活インフラ」の構築で協同展開していくと発表した。

 セブン−イレブンを中心とした国内最多の約1万4000店舗を保有するセブン&アイグループ店舗内に、NTT東日本の光ブロードバンドサービス「フレッツ光」(850万以上の契約数)を利用した、Wi−Fi環境(無線LAN環境)を構築する。

 平成23年10月頃から東京エリアにおける展開を開始し、平成24年2月末までに、東京23区内の全セブン−イレブン約1200店舗・東京23区内の全イトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズなど約100店舗で展開を予定している。平成25年2月までには、全国1万4000店舗(東日本エリア8700店舗)への展開を目指していく。

セブン−イレブン店舗でNTT東日本のWi−Fi環境(無線LAN環境)を構築

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:24 | IR企業情報

プライムワークスはアンドロイド端末向け電子書籍ストアソリューションプロバイダー向けに提供

■アンドロイド・スマートフォン向け電子書籍販売をトータルサポート

 モバイル、インターネットソリューションを手掛けるプライムワークス<3627>(東マ)セルシス<3829>(東2)は、Android(TM)端末向けに、簡単なブラウザ上の操作で決裁処理までを可能とする、Android(TM)端末での配信に最適な書店構築のための電子書籍ストアソリューション『Smart×Comic』の提供を開始する。同サービスは2011年7月7日から開催される「国際電子出版EXPO」のセルシス・ボイジャーブースに出展する。

 プライムワークスとセルシスは、Android(TM)端末向け総合電子書籍ビューア「BS Reader(ビーエスリーダー)」の提供と、電子書籍配信サーバーシステム『ComicDC』を提供しており、この『ComicDC』を利用することで、日々進化する携帯電話への対応に伴う配信サーバーの設置や増強、運営を自社で行う必要なく、電子書籍を販売することが可能になった。この『ComicDC』の構築・運営ノウハウを活かし、NTTドコモ<9437>(東1)のiモード向けに配信されているBSフォーマットのコンテンツファイルを、そのままAndroid(TM)向けにも配信可能な「BS Reader」を利用することで、簡単に配信環境を実現するソリューションを構築した。

プライムワークスはアンドロイド端末向け電子書籍ストアソリューションプロバイダー向けに提供

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | IR企業情報

アドアーズ 対象店舗・本社で、昨年比最大20%以上の節電を目指す

■5月の消費電力は前年同月比約18%減を達成

アドアーズ 首都圏を中心にアミューズメント施設を運営するアドアーズ<4712>(JQS)は、政府が要請している「夏季の電力需給対策に」に則り、対象となる店舗、並び本社で、今夏電力消費ピーク時で昨年比最大20%以上の削減を目指し、各種節電対策に取組んでいる。
 店舗におけるゲーム機の演出照明や外部看板等における販促照明の削減に加え、一部店舗内照明のLED化、店長をはじめとする従業員の制服見直しによる空調の逐次調整などを実施することで、消費電力を抑制している。また、本社機能については、従来2フロアに分かれていた本社機能を1フロアに集約することで対応している。5月の消費電力は前年同月比約18%減を達成している。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:15 | IR企業情報
2011年07月06日

ジェイアイエヌ 6月の売上高は前年同月比40.3%増

■9月〜6月までの累計の売上高は当初予想を上回るペース

ジェイアイエヌ 眼鏡ショップのジェイアイエヌ<3046>(JQS)は、6月の売上速報値を発表した。6月の売上高は前年同月比40.3%増、その内訳はジンズ(眼鏡専門ショップ)44.4%増、クルードゥクルール(レディス雑貨)4.7%減となっている。
 今11年8月期の売上高予想は前期比32.9%増を見込んでいる。9月〜6月までの累計の売上高は前年同期比37.4%増であることから、当初予想を上回るペースで推移している。
 5日の株価は前日比2円安の443円。チャート的には440円ラインを挟んだ小動きで推移している。震災以前は500円台であった。業績は当初予想を上回るペースで推移していることから株価の見直しが期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:50 | IR企業情報

ティムコ 今11年11月期第2四半期業績を発表

■アウトドア事業は、トレッキング(登山)用品のニーズが高く好調

ティムコのホームページ フィッシング・アウトドア用品のティムコ<7501>(JQS)は、今11年11月期第2四半期業績を発表した。売上高1,410百万円(前年同期比0.8%減)、営業利益39百万円(同23.1%増)、経常利益45百万円(同7.1%増)、純利益4百万円(同76.6%減)となった。
 最終利益が大幅減益となった理由は、資産除去債務に伴う影響額13百万円、繰延税金資産の一部取り崩しによる法人税等調整額19百万円が影響したことによる。
 フィッシング事業は、一部の釣竿などが堅調に推移したものの、震災の影響や原発の風評被害により東日本地区で一時的な海釣りを中心に自粛ムードがあり、売上に影響した。その結果売上高は651百万円となった。
 アウトドア事業は、トレッキング(登山)用品のニーズが高く好調であった。女性の春夏物衣料やバッグ、小物類などのアクセサリーが全般的に牽引し、売上高は752百万円となった。
 自己資本比率は、前期末より0.8ポイント上昇し86.9%と健全。
 今通期業績予想は、売上高2,776百万円(前期比2.0%増)、営業利益58百万円(同2.21倍)、経常利益64百万円(同45.8%増)、純利益11百万円(同21.7%減)を見込む。
 4日の株価は613円。PBR0.25倍、配当利回り3.6%と割負け感が強い。

>>ティムコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:22 | IR企業情報
2011年07月05日

クレスコ 5日より大容量で低価格なオンラインストレージサービスの提供を開始

■「インテリジェント フォルダ」はユーザの悩みを一気に解決できる画期的なサービス

クレスコのホームページ クレスコ<4674>(東1)は、5日より大容量で低価格なオンラインストレージサービスの提供を開始したと発表した。
 現在、オンラインストレージサービスは多数あるが、セキュリティ機能、データのバックアップ体制、月額使用料等について満足できるサービスは少ない。
 その様な状況の中で、同社が提供を開始したオンラインストレージサービス「インテリジェント フォルダ」はユーザの悩みを一気に解決できる画期的なサービスとなっている。インターネットに繋がっていれば、どこからでも画像や図面など、メールに貼付できない大容量ファイルの保管、交換、共有が可能となる。
 「インテリジェント フォルダ」の月額使用料は有料オンラインストレージサービスでは破格の27,000円から。容量も30GB(ギガバイト)から3TB(テラバイト)と大容量に対応。ユーザ数(利用者アカウント数)は無制限で利用可能なので、法人での利用や顧客間とのデータの共有に最適である。
 社内、社外を問わずデータ共有はフォルダ毎の権限設定が可能なため、セキュリティ設定も自由自在。得意先や仕入先とのファイル交換にも利用できるので、簡易EDI(Electronic Data Interchange:商取引に関する情報を標準的な書式に統一して、企業間で電子的に交換する仕組み)としても活用できる。

インテリジェント フォルダ

■日本語だけでなく、英語、中国語にも対応

 提携のデータセンターは国内2拠点で、全てのサーバを二重化。データバックアップサービスもあり、安心のダブルバックアップ体制となっている。
 現在、Windows、MacOS、iPad(iOS)に対応した様式になっているが、AndroidOSへの対応も準備中。マルチデバイス対応でビジネスが益々便利になる。
 同社では、発売を記念し、「1ヶ月無料お試しキャンペーン」を実施中で、7月1日から8月31日までに申し込むと、1ヶ月間の使用料が無料である。また、オンラインストレージサービスの利用目的などの相談に応じて、最適なプランを提案している。
 また、このサービスは、日本語だけでなく、英語、中国語にも対応している。画面メニューやヘルプなどが各言語に切り替わるので、海外との情報共有や共同プロジェクトなどでも活用できる。

>>クレスコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:19 | IR企業情報

トシン・グループ:自己株式の取得実績(6月中)を発表

トシン・グループホームページ トシン・グループ<2761>(JQS)は、6月1日から同30日までの1ヶ月間に、自己株式17,400株(取得総額36,650,000円)を取得したと発表した。

 同社は10年8月18日開催の取締役会で、11年7月31日までの間に、、株式の総数400,000株、取得価額の総額10億円を、それぞれ上限として自己株式を取得すると決めている。6月中に取得した株式数を含め、同決議に基づいて同社が取得した自己株式の累計は、取得株式の総数353,000株、取得価額の総額は780,620,100円(6月30日現在)となった。

>>トシン・グループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:45 | IR企業情報

ぱど 7月4日に共通ポイントサービス「ぱどポイントサービス」のサイトをリニューアル

■「ぱどポイントサービス」が利用者に付与されるサービスを開始

ぱどポイントサービス フリー情報誌のぱど<4833>(JQG)は、7月4日に共通ポイントサービス「ぱどポイントサービス」のサイトをリニューアルした。
 同社は、「ぱどポイントサービス」サイトにおいて、提携先サイトで買い物、資料請求、会員登録など、アクションする毎に、全国約1,800の加盟店で使える「ぱどポイントサービス」が利用者に付与されるサービスを開始。PC・ケータイ・スマートフォンから利用できる。
 新たにポイントカードを作ることなく、「おサイフケータイ」や交通系ICカードを加盟店の専用端末にタッチするだけで簡単に貯められ、加盟店ならどこでも、1ポイント=1円として使うことができるポイントサービス。共通ポイントサービスなので、食事で貯めたポイントを、美容室で使うなど、普段の生活でどんどん貯めて使える。7月4日より、ネットショッピングで貯めたポイントを、加盟店でも使えるようになった。

■サイトリニューアル記念キャンペーンを7月4日から8月31日まで実施

 また、サイトリニューアル記念キャンペーンを7月4日から8月31日まで実施する。
 キャンペーンの内容は、サイトにてプロフィール登録すると、先着30,000名に50メダル(100メダル=1ポイント)プレゼント。アンケートに回答すると、抽選で5万円相当の賞品を2名に、ぱどポ1,000ポイントを20名にプレゼントする。
 更に、夏の新規入会キャンペーンも実施している。こちらは、期間が7月1日から8月31日まで、実施期間中にぱどポイント会員に新規登録すると、抽選で、ライスブレッドクッカー SANYO「GOPAN」を1名に、デジタル一眼カメラ オリンパス・ペン Lite E−PL2レンズキットを2名に、ぱどポ 500ポイントを100名にプレゼントする。
 応募方法は、ケータイでぱどポ会員に新規登録をおこない、登録後、「入会ポイント200pt」メール内に記載された、プレゼント応募用URLにアクセスすると応募できる。

>>ぱどのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:54 | IR企業情報

ラクーン マルマンプロダクツが「スーパーデリバリー」での販売をスタート

■ウォッチ・クロック・時計バンドなどの時計関連商品が中心

ラクーンのHP 7月4日より時計・時計バンドの輸入卸売のマルマンプロダクツがラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートした。
 マルマンプロダクツは、ウォッチ・クロック・時計バンドなどの時計関連商品を中心に、インテリア雑貨・浄水ポット・音波振動歯ブラシ・香水など多岐にわたる商品を取扱っており、日本で初めて電波時計を販売してことで知られている。
 最近では、インテリア雑貨にも力を入れており、グラフィックデザイナーとのコラボレーションなど鮮やかで独創的なデザインの商品で注目を浴びている。また、幅広い年齢層に対応し、様々な商品を取扱っている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | IR企業情報

日本エンタープライズ 「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始

■頑張る女性を応援するための健康サポートサイト

日本エンタープライズのHP モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ<4829>(東2)は、7月1日より女性向け健康サポートサイト「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始したと発表。
 女性向け健康サポートサイト「女性のキレイ・リズム」はi−mode、EZweb、Yahoo!公式サイトとして人気がある。その為、更に多くの女性に利用してもらうために、7月1日よりAndroid版の提供を開始した。
 「女性のキレイ・リズム」には、体調管理ツール、女性の悩みQ&A、大人の恋愛ラボ、性感染症と4つのコンテンツからなっていて、頑張る女性を応援するための健康サポートサイトといえる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | IR企業情報
2011年07月03日

ラクーン 原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を「スーパーデリバリー」で販売

■人気モデル着用商品も販売する予定

ラクーンのHP 7月1日よりACDCは、ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートすると発表した。
 ACDCは、竹下通りに集うローティーンの女の子の求める独特のガーリー、ロリータ、フェアリー、パンク等の感性を融合した原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を展開している。
 また、雑誌「egg」にも取り上げられ、スーパーデリバリーでは人気モデル着用商品も販売する予定である。その他、話題性の多いアイテムの販売を行う。
 ACDCは、10代から20代前半のレディースをメインターゲットとし、オリジナルブランドのトータルコーディネイトを提案する。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | IR企業情報
2011年07月01日

フォーカスシステムズ ガイダンスソフトウェア社と正規販売代理店契約を締結

■本日よりEnCaseForensicの最新版であるV7の販売を開始

フォーカスシステムズのホームページ フォーカスシステムズ<4662>(JQS)は、本日(7月1日)にフォレンジックソフトウェア最大手である米国のガイダンスソフトウェア社と日本国内における正規販売代理店契約を締結し、本日よりEnCaseForensicの最新版であるV7の販売を開始すると発表した。
 ガイダンスソフトウェア社はフォレンジック業界では世界標準の一つとされるEnCaseForensicの開発元で、世界各国の警察、法執行機関や大手企業などで幅広く利用されている。また2010年にはフォレンジック用ハードウェアである書込み防止用機器・デュプリケータ大手のタブロー社を買収し、顧客に対してソフトウェアとハードウェアを組合わせた統合的ソリューションを提供できるベンダーである。
 同社は、日本国内のフォレンジック業界において培ってきた強力な顧客基盤を持っているうえに、コンピュータの調査解析とEnCaseForensicソフトウェアの熟練の専門家として、ガイダンスソフトウェア社から認定された世界で通用するフォレンジック調査士の資格であるEnCEを取得している企業であることから、フォレンジックについては業界の最先端のサービスを提供できる企業といえる。
 今回、ガイダンスソフトウェア社と日本国内における正規販売代理店契約を締結したことで、政府官公庁・法執行機関や大手企業をターゲットして積極的なフォレンジック製品の販売が拡大するものと予想される。

>>フォーカスシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | IR企業情報

インテージ 6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了

■本日(7月1日)より統合後のインテージ・タイとして事業を開始

インテージ 市場調査のリーディングカンパニーであるインテージ<4326>(東1)は、6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了したと発表。
 リサーチダイナミクス社の事業の全部を同社の子会社であるインテージ・タイが譲受け、本日(7月1日)より統合後のインテージ・タイとして事業を開始する。
 同社とリサーチダイナミクス社は、相互の市場調査・コンサルティング事業のノウハウを活用し、タイおよび東南アジア圏において新しい地歩を確立するため、08年7月に両社出資によってインテージ・タイを設立し、事業発展に取り組んできた。
 今回、東南アジア地域への展開を担うタイの拠点を更に強化し、次代の成長を担う国際戦略をより一層推進するためには、両社が一体となって事業拡大に取り組むことが望ましいことから、インテージ・タイがリサーチダイナミクス社から全ての事業を譲り受けることになった。
 インテージ・タイより売上規模の大きいリサーチダイナミクス社の事業を全て譲受けたことで、今後、タイおよび東南アジア圏でのインテージ・タイの認知度が向上すると共に、売上拡大が予想される。
 今回の事業譲受による業績に与える影響は、今12年3月期第3四半期からとなる。現在精査中であり、今後の発表予定の業績見通しの中で発表する。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 30日の引け後に自己株式の消却を発表

■発行済み株式総数の26.92%を消却

アライドテレシスホームページ ネットワーク機器メーカーのアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、30日の引け後に自己株式の消却を発表した。
 消却する株式数は、発行済み株式総数の26.92%に当る4,261万2,231株。消却予定日は7月15日。
 発行済み株式総数の26.92%を消却することから、1株当たり利益や株主資本利益率が大幅に改善されるため、株価の上昇が期待できる。
 また、一方では、発行済株式の減少により株式配当負担を軽減することになる。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | IR企業情報

ラクーン ステーショナリーメーカーのアーティミスが「スーパーデリバリー」での販売をスタート

■販売予定のオリジナルキャラクターは2つ

ラクーンのHP 6月29日、ステーショナリー(オシャレな文房具)メーカーのアーティミスが、ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートした。
 アーティミスは、ダイアリーをはじめステーショナリー全般とキッチン雑貨、服飾小物(キャラクターバッグ)の製造・企画・卸を行っている。
 スーパーデリバリーで販売予定のアーティミスのオリジナルキャラクターは「パピエクリーチャーランド」と「エルフズサーカス」の2つ。
 「パピエクリーチャーランド」は、紙でできた生き物の国(魔法の国)から生まれた、ちぎり絵のかわいいキャラクター。「エルフズサーカス」は、サーカス学校に通う象のエルフ君とその仲間達のキャラクター。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:45 | IR企業情報
2011年06月29日

ティムコ JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内にFoxfireストアを出店

■数多くの魅力的なアウトドアブランドが集結したショッピングセンター

ティムコのホームページ フィッシィング・アウトドア用品のティムコ<7501>(JQS)は、今年3月末にFoxfireギャレ大阪を一時閉店していたが、JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内に、新しく「Foxfire ALBi大阪」として6月11日にオープンした。
 数多くの魅力的なアウトドアブランドが集結したショッピングセンター「ALIBi」は、関西エリアのアウトドア情報発信基地といえる。その一角に、Foxfireストアを出店し、トレッキングやネイチャーフォトに関する、オシャレで機能的なクロージング&ギアを豊富に取り揃えている。
 今通期業績予想は、売上高2,720百万円(前期比0.7%減)、営業利益26百万円(同21.3%減)、経常利益44百万円(同4.4%減)、純利益14百万円(同12.5%減)と、この経済不況の中で伸び悩んでいるが、季節にあった製品をタイミングよく、売り出すことで、利益の確保に努めている。

>>ティムコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報

セントラルスポーツ 大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープン

■今回の出店は九州地区では5年振りで、ウェルネスクラブ業態として初めて

セントラルスポーツ セントラルスポーツ<4801>(東1)は、大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープンする。
 大阪ガスの子会社であるオージースポーツが08年に開業した「コ・ス・パ野間大池店」今年6月末に営業を終了するの受け、後継テナントとして同社が注力する業態「ウェルネスクラブ」として新たに開業する。
 同社は、これまで九州地区で4店舗を出店していたが、現在はソラリアスポーツ(福岡市)の運営を受託するのみとなっている。今回の出店は5年振りであり、ウェルネスクラブ業態としては初めてとなる。
 大人が快適に健康づくりができる場所として、最新のフィットネスプログラムを提供すると共に、9月よりベビースイミング、キッズスイミング、キッズ体育等のスクールも新に開設する予定。
 7月5日までに館内の改修工事を終えて、6日より営業を開始する予定。
 「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」の所在地は、福岡市南区柳河内1−2−7、鉄骨作りで地上3階建て。施設面積は約1,035坪。営業時間は平日9時30分から23時まで、土曜日は10時から21時まで、日曜日・祝日は10時から20時までとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:45 | IR企業情報

ラクーン アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーが「スーパーデリバリー」に登場

■アフリカ各地の民芸品、美術品などインパクトのある新商品を取扱う

ラクーンのHP 6月28日より、アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーがラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売を開始した。
 アフリカンスクエアーの取扱商品は、アフリカ各地の民芸品、美術品、アクセサリー、雑貨、民俗音楽、繊維製品、オリジナル衣料品、家具など、インパクトのある新しい商品。
 中でも、バッグは、デザインの種類やカラーを豊富に取り揃え、シンプルなものからスパンコール付の華やかなものまで数多くラインアップしており、人気が高い。また、「Bui Bui」ブランドの名前で独自企画によるオリジナル服の製造輸入も行っている。
 アフリカンスクエアーでは、単なる営利目的の輸入販売のみではなく、アフリカ各地の優れた商品の開発、生産地の紹介、NGOへの協力などの活動も行っている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:10 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボが第3回販促EXPOに出展

■集客力を強化するパッケージサービスを展示

スターティアHP スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、7月6日より3日間、東京ビッグサイトで開催される第3回販促EXPOに出展する。
 第3回販促EXPOは、ノベルティグッズ・記念品・POP・店舗什器・デジタルサイネージ・携帯販促サービスなどが一堂に出展する日本最大の商談専門展。スターティアラボは、同展示会においてSaaS版電子ブック作成ソフト「ActiBookSaaS」とホームページ作成サービス「デジタリンクCMS」とを組み合わせた集客力を強化するパッケージサービスを展示する。
 パッケージサービスの活用により、カタログを電子化してECサイトと連携することで、カタログの送付コストを減らし、かつデジタルカタログから商品購入ページへとアクセスを誘導し販売を促すといった販売促進につながるサイトを構築するなど、これまで電子ブック作成ソフトとホームページ制作を手掛けてきた強みを生かしている。
 尚、今回は、現在開発中である顧客管理ができるデータベース機能を搭載した高機能のCMS「Digit@linkCMS2」のデモを初公開する予定。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | IR企業情報