[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/02)スターティア 3月中を目途に『ActiBook Analytics』のβ版提供を開始
記事一覧 (03/01)翻訳センター:アイ・エス・エスの株式取得(子会社化)を決める
記事一覧 (03/01)ワークマン 2月の月次速報値を発表
記事一覧 (03/01)インスペック リードフレームの外観検査装置、ベリファイ装置の受注を発表
記事一覧 (03/01)エスプール 「債務超過」の猶予期間入り銘柄及び監視区分の指定解除
記事一覧 (03/01)ラクーン 「スーパーデリバリー」にハイリッチが登場
記事一覧 (03/01)スターティア 「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012in東京」に出展
記事一覧 (02/29)GMOクラウド 「ビズパレット電子ブックサービス」に「多言語対応インターフェイス」と「Twitter投稿機能」を実装
記事一覧 (02/29)ラクーン 「スーパーデリバリー」でアカツキコーポレーションが販売をスタート
記事一覧 (02/28)うかい 2月19日から26日、フランス・ペリゴールフェア〜黒トリュフの旬を迎えて〜を開催
記事一覧 (02/27)ラクーン 「スーパーデリバリー」で、2月27日よりサライが販売をスタート
記事一覧 (02/26)日本エンタープライズ 3月1日より『auスマートパス』で「デコデコメール」と「女性のリズム手帳」を提供開始
記事一覧 (02/26)GMOクラウド 「ベストプロダクトライン戦略賞」を受賞
記事一覧 (02/26)細田工務店 25日より町田市、調布市の分譲住宅の受付開始
記事一覧 (02/25)ラクーン 「スーパーデリバリー」でイノベートが販売をスタート
記事一覧 (02/24)国際航業HD:北海道4市町村とメガソーラー開発で合意
記事一覧 (02/24)ラクーン卸サイト「スーパーデリバリー」で新しく2社が販売を開始
記事一覧 (02/23)国際航業G:位置情報サービス支援プラットフォーム構築
記事一覧 (02/23)国際航業G:油分解菌活用し、油汚染土壌浄化を提案
記事一覧 (02/23)ミロク情報サービス 第2回プレスセミナーを開催
2012年03月02日

スターティア 3月中を目途に『ActiBook Analytics』のβ版提供を開始

■電子ブックを閲覧している利用者の動向やニーズが直感的に分かる

 スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、3月中を目途に電子ブック作成ソフト「ActiBook」のアクセス解析機能『ActiBook Analytics(アクティブック アナリティクス)』のβ版提供を開始する。
 『ActiBook Analytics』は、電子ブックのアクセスログ解析に特化した機能で、Google Analyticsと連動しており、ヒートマップログ解析が行える点に大きな特徴がある。これは電子ブックを閲覧したユーザーのページの閲覧回数や拡大表示を行った回数を収集し、クリックされた箇所が多いほどサーモグラフィの様に赤く表示されるというもので、電子ブックを閲覧している利用者の動向やニーズが直感的に分かるようになる。その為、よく閲覧されているページの情報改善や印刷会社が自社で作成した印刷物のヒートマップ結果を閲覧し、その結果をもとに顧客へ印刷物の改善提案を行うなど、更なる販売促進につなげることが可能となる。
 サービス提供の背景として、『ActiBook』はこれまでもGoogle Analyticsには対応を行っていたが、電子ブックのアクセス解析においてGoogle Analyticsを使ったアクセス解析に慣れていない担当者では、データの解析が行いにくい部分があったことから、誰でも分かりやすく電子ブックの閲覧状況を把握できるよう本機能の提供を開始した。またビッグデータの活用が叫ばれる中、ビッグデータビジネスへの対応を進めていきたい考えがあり、アクセス解析を強化した背景がある。
 尚、『ActiBook Analytics』は、現時点ではPC版のヒートマップ機能の提供のみであるが、今後は、電子ブック内で検索したキーワードのランキングを表示できるようにする機能やスマートデバイスへのヒートマップログ解析対応なども行っていく予定。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:18 | IR企業情報
2012年03月01日

翻訳センター:アイ・エス・エスの株式取得(子会社化)を決める

■通訳事業、語学系人材派遣など新規事業領域に本格的進出へ

 翻訳センター<2483>(JQS)は、3月1日開催の取締役会で、株式会社アイ・エス・エス(東京都千代田区、代表取締役関口真由美氏)の株式を取得し、子会社化するための基本合意書を締結することを決議した。なお、取得価額、条件、日程等の詳細はこれから具体的な協議を行い決める。

 また、正式契約が成立した後、アイ・エス・エスの子会社(株式会社アイ・エス・エス・インスティテュート、ならびに株式会社アイ・エス・エス・コンサルティング)が孫会社となる予定。

 同社では、子会社化の意義について、「ISSグループを傘下に持つことにより、通訳事業への本格的進出、語学系人材派遣/人材紹介事業の拡充ができ、人材育成機関である語学教育事業を本格的に展開でき、さらに、通訳事業や語学系人材派遣/人材紹介事業という新規事業領域に本格的に進出することで、より一層の事業拡大を図ることができる。」と述べている。(同社経営企画部)

>>翻訳センターのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:53 | IR企業情報

ワークマン 2月の月次速報値を発表

■売上高25.0%増、客数21.8%増、共に今期一番の伸び率

 ワークマン<7564>(JQS)は1日、2月の月次速報値を発表した。
 前年同月比で、売上高25.0%増、客数21.8%増、客単価2.6%増であった。店舗数は、2月に西東京住吉店、門司店の2店舗出店したことで、2月末の総店舗数は679店舗となっている。
 日本海側、東北、北海道で大雪が降るなど、厳しい寒さが続く日が多く、ジャンパー、ハイネックシャツ、肌着などの防寒商品が良く売れたほか、雪や雨の影響で合羽、ヤッケ、長靴の販売が伸びた。そのため、売上高、客数共に今期一番の伸び率となった。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | IR企業情報

インスペック リードフレームの外観検査装置、ベリファイ装置の受注を発表

■受注が計画通りに推移し、2月の受注獲得件数は3件

 半導体検査装置のインスペック<6656>(東マ)は29日、リードフレームの外観検査装置、ベリファイ装置の受注を発表した。
 同社ではリードフレーム検査装置の初号機を平成9年に発売して以来、多くのリードフレームメーカーに外観検査装置を供給している。
 リードフレームはコストの優位性に加え、優れた耐環境性を持つなどの特性が評価され、半導体用途として特に車載用やモバイル機器、産業用機器など多方面で用途が広がっている。その様な状況下で、今回は、新規顧客からの受注を獲得した。しかし、今期の計画には盛り込み済みであることから業績見通しに対する影響はないとしている。
 同社の技術力は高く、国内のみならず海外からの受注も獲得している。昨日は2月の最終日であったが、受注が計画通りに推移し、2月の受注獲得件数は3件となっている。そのうち2件が海外からの受注であり、新規顧客の開拓が進んでいる。
 株価は低迷しているが、受注が好調なことから、株価の見直しも期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:23 | IR企業情報

エスプール 「債務超過」の猶予期間入り銘柄及び監視区分の指定解除

■債務超過を解消した内容を含む有価証券報告書を関東財務局長へ提出

 エスプール<2471>(JQS)は29日、「債務超過」の猶予期間入り銘柄及び監視区分の指定から解除されたことを発表した。
 同社は、平成22年11月期決算において債務超過の状態であったため、「債務超過」の猶予期間入り銘柄及び監視区分に指定されていたが、29日に、同社が平成23年11月期決算において債務超過を解消した内容を含む有価証券報告書を関東財務局長へ提出したところ、大阪証券取引所より、「債務超過」の猶予期間入り銘柄及び監視区分の指定を解除する旨の発表があった。
 今期は、人材サービス市場が回復しているだけでなく、派遣業者の淘汰が進んでいることが、同社にとっては追い風といえる。また、アウトソーシング実績が積み上がり、黒字化していることから、成長軌道への早期回復を目指す。

■今期はネット通販支援サービスにグループの総合力を結集

 注力する分野は、ネット通販支援サービス。同社グループの持つ、総合力を活かしたワンストップのサービスをネット通販業者に提供する。
 例えば、商品購入者の顧客満足度を高めるために、カスタマーセンターでのメール・電話対応、受注対応、クレーム対応については、エスプールヒューマンソリューションズが担当し、商品の入庫・検品・保管・発送についてはエスプールが行う。
 一方で、売れる仕組みづくりに関しては、営業・業務支援はエスプールが担当し、スマートフォンサイト構築支援、プロモーションについてはエスプール・マーケティングが行うという具合に、グループの総合力を結集する。
 12年11月期連結業績予想は、売上高52億円(前期比6.0%減)、営業利益90百万円(同177.7%増)、経常利益80百万円(同351.8%増)、純利益62百万円(同69.8%減)を見込んでいる。最終利益の減益は、前期の特別利益の影響。

>>エスプールのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:53 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」にハイリッチが登場

■開運グッズやアイデア化粧品、ユニークDVDなど多彩な商品を取り扱うメーカー

 ラクーン<3031>(東マ)は29日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」にハイリッチ(本社:東京都千代田区)が登場することを発表した。尚、出展名は「OMOSHIRO GOODS」となる。
 ハイリッチは、開運グッズ(宝飾品)やアイデア化粧品、ユニークDVDなど多彩な商品を取り扱うメーカー。実用性やアイデアが満載のアイテムは、全国の小売店から好評を得ている。
 ハイリッチオリジナルの宝飾品は、他では手に入らない夢とアイデアあふれる商品づくりにこだわり、4つのカテゴリー、幸せ志向、健康志向、便利志向、冠婚葬祭志向に分けて展開している。
 また自社化粧品ブランド、「トミーリッチ」も好評で、消費者に夢を与えるアイデアいっぱいの多彩な商品群が特徴。ほとんどの商品が天然由来の動植物成分で出来ており、無香料・合成着色料無添加、石油系パラフィン油不使用など自然や肌の安全性には医療されている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:23 | IR企業情報

スターティア 「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012in東京」に出展

■電子ブック作成ソフト『ActiBook』を活用した売上アップの方法を紹介

 スターティア<3393>(東マ)は29日、子会社のスターティアラボが、3月1日より2日間、池袋サンシャインシティ展示ホールD(文化会館2F)で開催される「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012in東京」に出展することを発表した。
 「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012in東京」は、「ネット通販」「モバイル通販」に特化した国内初の専門展示会。
 スターティアラボは今回の「ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012in東京」で、販売促進ツールとして多くの通販サイトで利用されている電子ブック作成ソフト『ActiBook』を活用した売上アップの方法を紹介する。
 展示ブースでは、「デジタルカタログを活用した通販サイトの新常識」をテーマに、通販サイトとデジタルカタログを併用することで効果的に消費者の購買行動を取得できる方法や各通販サイトの導入事例を紹介する。
 入場料は、展示会招待券を持参または、WEB事前登録することで無料となる。同社ブース小間番号A−21。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:09 | IR企業情報
2012年02月29日

GMOクラウド 「ビズパレット電子ブックサービス」に「多言語対応インターフェイス」と「Twitter投稿機能」を実装

■機能拡張が評価され、世界で大きな反響を呼んだ書籍のアプリ化に採用

 GMOクラウド<3788>(東マ)は27日、SaaS型電子ブック作成・配信プラットフォーム「ビズパレット電子ブックサービス」に「多言語対応インターフェイス」と「Twitter投稿機能」を実装したことを発表。
 今回の機能拡張(多言語対応・SNS連携)が評価されたことで、世界で大きな反響を呼んだ書籍「PRAY FOR JAPAN−3.11世界中が祈りはじめた日 −」のアプリ化に採用され、「ビズパレット電子ブックサービス」からリリース。( http://bp-ebook.jp/ )日本語・英語・中国語・韓国語に対応しており、今後更に対応言語を拡大していく予定。
 なお、本書籍の電子ブックの作成および「多言語対応インターフェース」の開発には、prayforjapan.jpのボランティア翻訳チームにGMOスピード翻訳株式会社も参加し無償の翻訳協力を行っている。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:53 | IR企業情報

ラクーン 「スーパーデリバリー」でアカツキコーポレーションが販売をスタート

■北欧の雑貨を中心に、台所用品・インテリア雑貨等豊富なアイテムを取り揃える

 ラクーン<3031>(東マ)は28日、同社の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」でアカツキコーポレーション(本社:東京都文京区)が販売をスタートしたことを発表した。尚、出展名は、「Park Lane(パークレイン)」。
 アカツキコーポレーションは、北欧の雑貨を中心に、台所用品・インテリア雑貨等豊富なアイテムを取り揃えている。
 今回のスーパーデリバリーでの販売する商品には4つのブランドを取り揃えている。国別のブランドは、Stelton(デンマーク)、eva solo(デンマーク)、Philippi(ドイツ)、FARGO&FORM(スウェーデン)となっている。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203560/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:44 | IR企業情報
2012年02月28日

うかい 2月19日から26日、フランス・ペリゴールフェア〜黒トリュフの旬を迎えて〜を開催

■老舗レストランのシェフ パスカル氏を招き、コラボレーションメニューを作る

 高級和食、洋食レストランを多店舗展開するうかい<7621>(JQS)は、2月19日から26日の期間に、フランス・ペリゴールフェア〜黒トリュフの旬を迎えて〜を開催し、盛況のうちに幕を閉じた。
 トリュフの名産であるフランスからペリゴールの老舗レストラン「エスプラナード」のシェフ パスカル氏を招いて、八王子うかい亭、GRILLうかい、銀座うかい亭、あざみ野うかい亭の各店舗で各店の個性をテーマにしたコラボレーションメニューを作り、各店舗の来店客に、トリュフの味を満喫してもらった。
 うかいの常務取締役である紺野俊也氏が若かりし時、ペリゴールの老舗レストラン「エスプラナード」で修行したことが縁で、今回のフランス・ペリゴールフェアが実現した。
 うかいの旗艦店「うかい鳥山」は創業以来47年を迎えるが、人気は衰えるどころか、土曜、日曜には1日当たり1,200名を超える来店客が訪れるほど盛況である。その理由の一つには、伝統のうかい料理にその時々のはやりを取り入れる積極的な姿勢がある。今回のフランスの老舗レストランとのコラボレーションも、うかい料理に老舗レストラン「エスプラナード」の伝統的な料理を取り入れるという、積極的な姿勢といえる。同社は、店舗理念として、100年続く店づくりを目標としているため、絶えず新しい魅力を引き出だすことで、店舗の活性化を推進している。
 今期の業績は、11月4日に第2四半期業績の大幅上方修正を発表し、前期の大震災による業績低迷からV字回復しているように、順調そのもの。

>>うかいのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:06 | IR企業情報
2012年02月27日

ラクーン 「スーパーデリバリー」で、2月27日よりサライが販売をスタート

■レディースをターゲットにナチュラルレザーのバッグや財布を製造

 ラクーン<3031>(東マ)の卸サイト「スーパーデリバリー」で、2月27日よりサライ(本社:東大阪市)が販売をスタートした。
 サライは20代から40代のレディースをターゲットに、ナチュラルレザーをメインに使用したバッグや財布などを企画から製造まで一貫して行っている。
 数々のヒット商品を生み出し、中でも染料で染めた太目の牛革を、一本一本職人の手によって編み上げられたバケットシリーズは人気が高い。クオリティは高く、値段はリーゾナブルであり、長く使えば使うほど馴染んでくることから、好評である。
 スーパーデリバリーでは、ナチュラルレザーならではのテイストと、現代的なスパイスを取り入れたzucchero filato(ズッケロ・フィラート)、時代に左右されない普遍的なデザインを取り入れたCipolla(チポラ)、主な素材にシンセティックレザーを使用したia portadi zucchero(ラポルタ ディズケロ)の3ブランドをメインに販売する。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203539/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | IR企業情報
2012年02月26日

日本エンタープライズ 3月1日より『auスマートパス』で「デコデコメール」と「女性のリズム手帳」を提供開始

■500本以上の人気アプリが取り放題

 モバイルソリューションの日本エンタープライズ<4829>(東2)は22日、KDDIおよび沖縄セルラー電話が3月1日よりサービスを開始する『auスマートパス』内の「アプリ取り放題」で、デコレーションメール配信アプリ「デコデコメール」と女性向けライフサポートアプリ「女性のリズム手帳」を提供することを発表した。
 『auスマートパス』は、500本以上の人気アプリが取り放題となり、おトクなクーポンやポイントサービス、10ギガバイトの写真や動画のストレージ、さらに、充実したセキュリティとサポートサービスを全て含めて月額390円(税込)で利用できるAndroidTM搭載auスマートフォン向けのサービス。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:09 | IR企業情報

GMOクラウド 「ベストプロダクトライン戦略賞」を受賞

■顧客ニーズと商品需要を把握し、商品展開を行なっていることが評価される

 GMOクラウド<3788>(東マ)は24日、「ベストプロダクトライン戦略賞」を受賞したことを発表した。
 世界で展開する国際マーケット・コンサルティング会社のFrost & Sullivan社(本社:米カリフォルニア州)より、北米地域で展開する企業の中から顧客ニーズと商品需要を最も把握し、商品展開を行なっている企業に贈られる「2011年北米・フロスト&サリバン賞」SSLサーバ証明書分野の「ベストプロダクトライン戦略賞」を受賞した。
 GMOクラウドの子会社であるGMOグローバルサイン社の幅広い層の顧客へ対応できるプロダクトラインナップの幅広さと、顧客ニーズを常に考え随時改良・更新を行うなど顧客価値に対する影響、そして市場成長率が電子認証局業界の他社と比較し、高く評価されたことが受賞の理由。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:49 | IR企業情報

細田工務店 25日より町田市、調布市の分譲住宅の受付開始

■新宿区、杉並区、横浜市、世田谷区でモデルハウスをオープン

 戸建て住宅の細田工務店<1906>(JQS)は、2月25日より、町田市の「グローイングスクエア南つくし野プラタナスの庭」、調布市の「グローイングスクエア調布多摩川」の先着順受付を開始した。
 また、同日より新宿区の「グローイングスクエア新宿西落合」、杉並区の「グローイングスクエア久我山5丁目II」、横浜市の「グローイングスクエア桂台中央」、26日より世田谷区の「グローイングスクエア岡本一丁目」のモデルハウスをオープンしている。
 次々とモデルハウスをオープンし、積極的な販売を行うと共に、杉並・阿佐ヶ谷では、地域に根ざした住まいや暮らしの相談が出来るリボン館を設けている。

 ▼新築分譲住宅
     http://www.hosoda.co.jp/mm/?mm=10109

 ▼注文住宅
     http://www.hosoda.co.jp/mm/?mm=10110

 ▼リフォーム
     http://www.hosoda.co.jp/mm/?mm=10111

 ▼各種お問い合わせ
     http://www.hosoda.co.jp/mm/?mm=10112

>>細田工務店のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:21 | IR企業情報
2012年02月25日

ラクーン 「スーパーデリバリー」でイノベートが販売をスタート

■各種インテリアの企画・輸入・販売を行う

 ラクーン<3031>(東マ)は24日、自社で運営する卸サイト「スーパーデリバリー」でイノベート(本社:東京都中央区)が販売をスタートすることを発表した。 
 イノベートは、「価値あるモノ」の創出をコンセプトに、各種インテリアの企画・輸入・販売を行っている。昨年より、KARPENTERの日本総代理店契約を交わし、国内の飲食店や小売店に向けて、販売を開始した。
 KARPENTERは、フランス人のHugues(ウゴー)がインテリア会社でのバイヤー時代に、インドネシアチーク材に出会い、イタリア人のRoberto(ロベルト)と立ち上げたブランド。Huguesの洗練されたデザインと、耐久性・美的性の高いチーク材を用いた家具は、各国で高い評価を得ている。また、1年間の製品保証を実施しており、購入後のフォローアップにも定評がある。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203579/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:19 | IR企業情報
2012年02月24日

国際航業HD:北海道4市町村とメガソーラー開発で合意

■全量買取制度前提に5カ所に太陽光発電所建設目指す

 グリーン・コミュニティの実現を目指す国際航業ホールディングス<9234>(東1)は、環境・エネルギー分野への取り組みを強化し、再生可能エネルギーのパイオニアとして、風力発電向けコンサルやメガソーラー発電所の開発・運営など、国内外において豊富な実績とノウハウを持っている。

 このたび、北海道釧路市、幕別町、本別町および中札内村の各自治体とメガソーラー発電所の実現について合意した。

 今後、北海道およびこの4市町村と連携ならびに協力を得て、再生可能エネルギー全量買取制度を前提としたメガソーラー発電所の実現を目指す。

 今回、国際航業グループが計画している発電所は、釧路市で2カ所、幕別町、本別町および中札内村で各1カ所の計5カ所で、各発電所の出力は1MWから2MW規模のメガソーラーと呼ばれる大規模太陽光発電所になる予定である。

 各発電所は、現在4市町村等が所有管理する公有地を予定しており、雪解け後の着工と、今夏以降の竣工および稼働開始を目指している。

 また、同社グループは、既に全国250カ所以上、約6000ha以上の土地情報を得ており、その中から具体化した香川県坂出市(発表第1号)に次ぐ第2弾となる。今後、同社グループは、全量買取制度がスタートする7月の稼働を目指し、情報の中から実現可能な案件の詰めを急ぎ、早期具体化を進める予定。

■合意した5カ所で7MW発電を予定

 同社グループは、北海道や各自治他、地域住民らと、新設する太陽光発電所施設を活用した、安全・安心で低炭素な地域づくり、まちづくりへの取り組みを進めていく予定。

 各発電所の発電規模は以下の通り(発電所名は仮称)釧路市2カ所(釧路星が浦発電所=2MW、釧路音別発電所=1MW),幕別発電所(1MW)、本別発電所(1MW)、中札内発電所(2MW)

国際航業HD:北海道4市町村とメガソーラー開発で合意

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32 | IR企業情報

ラクーン卸サイト「スーパーデリバリー」で新しく2社が販売を開始

■服飾雑貨のリボーンカンパニーと和食器のながしまプランニングオフィスの2社

 ラクーン<3031>(東マ)は23日、自社で運営する卸サイト「スーパーデリバリー」で新しく2社が販売を開始することを発表した。
 新しく販売を開始するのは、服飾雑貨のリボーンカンパニー(本社:東大阪市)と和食器のながしまプランニングオフィス(本社;岐阜県瑞浪市)の2社。
 リボーンカンパニーは、ティーンズからヤングミセスをターゲットにバッグをメインとした服飾雑貨を取り扱っている。スーパーデリバリーでは、自社オリジナルブランド「REBORNE」を中心に展開する。
 「REBORNE」は、タウンユースで使えるベーシックなデザインから、ポップでキュートなデザインまで幅広いテイストの商品を展開している。
 2カ月に1度展示会を開催し、品質の良い商品を感度良く企画・生産できることが強み。また、海外生産によるメーカーならではの価格で提供している。リーズナブルな価格で完成度の高い商品であることから人気も高い。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203588/

 ながしまプランニングオフィスのスーパーデリバリーでの出展名は、「手作り工房 夕立窯」。手作り工房 夕立窯は、岐阜県の瑞浪市の山間に工房を構え、うさぎ、ふくろうをモチーフに、春夏秋冬の和食器の製造から販売を行っている窯元。
 ユニークで愛らしい、絵柄と手作りならではの温かさを感じる作品は、緑豊かな工房で職人が一つ一つ丁寧に作り上げたもの。主に、内祝いや引き出物のギフトとして人気がある。
 また、リーズナブルな価格のものから、一品物まで幅広い商品を提供できることも強みである。器や木箱に名前入れ出来るのも窯元の特徴といえる。
 スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203589/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:26 | IR企業情報
2012年02月23日

国際航業G:位置情報サービス支援プラットフォーム構築

■東急電鉄など商業施設で実施の「G空間プロジェクト」(経産省)に提供

 グリーン・コミュニティの実現を目指す国際航業ホールディングス<9234>(東1)傘下の国際航業は、平成23年度経済産業省G空間プロジェクト「ロケーション・クルーズ・プロジェクト」として、二子玉川駅周辺の商業施設で実施する位置情報サービスを支援するプラットフォームを構築した。

 このプラットフォームは、東急電鉄<9005>(東1)が構築したiPhoneアプリ「ニコトコ」、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科が構築したAndroidアプリ「aitetter」に提供するとともに、同社でも、二子玉川地区のお得で楽しいショッピング情報を発信するAndroid向けアプリケーション「ぶらサポ」を提供する。
 なお、今回のプラットフォーム、アプリの提供期間は、3月31日(土)まで。

 同社は「屋内外の測位技術で得られる3次元座標値から、対象エリアの地域情報や店舗情報、施設のフロアマップなどの空間情報コンテンツをクラウド型で配信する基盤システムであり、様々なコンテンツ配信のための各種APIを、コンテンツ提供者や施設管理者、テナントオーナーなどに提供することが可能です。また、避難経路が記載された緊急時用フロアマップや避難所など、地域の安全・安心コンテンツも組み込んでいますから、防災・減災情報の提供サービスを利用することが可能です。プラットフォームの多機能性を、今回の提供期間中に多くの消費者に体験して欲しい」としている。

■商業施設向け位置情報SPフォームの概要

【提供エリア】
・二子玉川駅周辺の半径約1.5km圏内の一部のエリア

【アプリケーションとダウンロード先】
・「ニコトコ」http://itunes.apple.com/us/app/nikotoko/id498485850?ls=1&mt=8=無料)
・提供元:東急電鉄
・特徴:AR(拡張現実)や利用者の行動ログ解析などを利用して、クーポンなどのお得な情報を取得できるiPhoneアプリ(・「aitetter」https://market.android.com/details?id=jp.kadinche.fgrise=無料)
・提供元:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
・特徴:商業施設の混雑度を発信・共有することができるAndroidアプリ
・「ぶらサポ」https://market.android.com/details?id=apps.burasapo=無料

■「ぶらサポ」の概要

【主な機能】
・商業施設内の現在地情報の提供及び目的地へのナビゲーション
・Twitter等のソーシャルメディアを利用した現在地に近い店舗からのショッピング情報の配信
・気に入った商品・待ち合わせ場所などをフロアマップ上でメモする「場所キープ機能」

【アプリケーションの提供エリア】
・二子玉川ライズショッピングセンター(タウンフロント、リバーフロント)

【アプリケーション利用料】
・無料(Androidマーケットより、”ぶらサポ”で検索し、ダウンロードしてください)

【動作環境】
・Android OS2.2以上及び画面サイズが800×480以上のスマートフォン

国際航業G:位置情報サービス支援プラットフォーム構築

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:52 | IR企業情報

国際航業G:油分解菌活用し、油汚染土壌浄化を提案

■震災後の沿岸域、油汚染土壌に適用可能なバイオレメディエーション

 グリーン・コミュニティの実現を目指す国際航業ホールディングス<9234>(東1)傘下の国際環境ソリューションズ株式会社は、このたび、東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科の今田千秋教授との共同研究により、東京湾の海水中から単離(注)した高い油分解特性をもつ4種類の微生物を用いて、油に汚染された土壌・地下水の浄化サービスを本格的に開始する。

 近年、建設工事や土地売買時に油汚染土壌が問題となるケースが多く、その浄化のために掘削除去など様々な工法が用いられているが、微生物による浄化は、他の工法に比べ安価で、安全性が高いことから活用事例が増えている。

 微生物による浄化には、油分解菌自体を添加して油類の分解を促進する「バイオオーグメンテーション法」と、栄養塩等を添加して土壌中に元々生息している油分解菌を活性化させて油類の分解を促進する「バイオスティミュレーション法」がある。

 今回、共同研究で開発した4つの微生物によるバイオオーグメンテーションは、東京湾で発見した4種類の油分解菌からなる微生物製剤を栄養塩とともに添加することで、バイオスティミュレーションよりも高い油種の分解効率を実現するのが特長であり、浄化作業の計画が立て易いという。

 同社グループでは、今回研究開発した安全で安価な微生物製剤を、油類およびベンゼンに汚染された土壌をその場で浄化するための効果的なツールの一つとして、今後実施する土壌浄化対策工事で使用する。

 本サービスで提供する分解菌は、もともと海洋に生息していた微生物であることから、一般的な土壌環境だけでなく、塩分濃度の高い土壌でも有効である特長を生かし、海岸域などの塩分濃度が高い土壌の浄化、震災復興事業での活用など適用範囲の拡大に取り組む。

(注)単離とは、様々な混合物の中から、目的の物質だけを純粋な物質として分離し取り出すこと。

■微生物を用いた環境浄化、安価・安全に特長

【特長】

・浄化期間の短縮
・サイトの微生物環境に依存しない
・幅広い油種に適用可能
・バイオオーグメンテーション(油分解特性の高い微生物を添加)
・バイオスティミュレーション(微生物の栄養源を添加)
・サイトの微生物環境に依存・安全性が高い

国際航業G:油分解菌活用し、油汚染土壌浄化を提案

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:37 | IR企業情報

ミロク情報サービス 第2回プレスセミナーを開催

■『ベンチャー企業が日本のイノベーションエンジンになれるか?』

 ミロク情報サービス<9928>(東2)は16日、MJS税経システム研究所の松田修一氏(早稲田大学ビジネススクール教授)を講師に招いて、第2回プレスセミナーを開催した。タイトルは、『ベンチャー企業が日本のイノベーションエンジンになれるか?』と日本の現在のベンチャー企業にターゲットを当てた。

■是非、MJS税経システム研究所をご活用ください

 セミナーの冒頭に、MJS税経システム研究所所長の是枝伸彦氏が、研究所の活動内容と同セミナーの開催主旨について説明した。「この研究所を立ち上げて十数年経ちます。当社は、中堅・中小企業の経営システムや税務システムを開発・販売するとともに、経営情報サービスを提供しています。同研究所には、会計・税務・商事法・経営に関する4つの研究会があり、昨今めまぐるしく改正される税制や会社法、会計制度などについて研究し、その専門的な情報をタイムリーに提供しています。今後は日本の中小企業に対する諸政策についても、様々な形で提言をしていきたいと思っています。
 新しい税制や会計制度、新しい法律が施行される、そういう折に何か見解を求めたいということがございましたら、研究所に直接ご連絡ください。当社の機能を活かして積極的に対応いたしますので、是非ともMJS税経システム研究所をご活用ください」と研究所の活動を紹介するとともに、その活用を訴えた。

■日本の企業家、ベンチャー企業に期待したい

 続いて、MJS税経システム研究所、経営システム研究会の座長・顧問を務める松田修一先生(早稲田大学ビジネススクール教授)が、「ベンチャー企業が日本のイノベーションエンジンになれるか?」をテーマに講演した。
 「高度経済成長期を経て、日本は成熟国家になりました。1960年代の経済成長率は10%、1980年代は4%、そして近年は1〜2%です。新興国が1960年代の日本のような経済成長を続ける今、日本は人口減、超高齢化社会、国内市場の縮小と高い実効税率、それに伴う企業の海外移転、IPO数の急減など、様々な課題を抱えています。これらの課題を乗り越え、活力と存在感ある日本を取り戻すためには、ベンチャー企業の創出が不可欠です。そのためのインフラづくりを国や地域、教育機関、投資家、金融機関などが、日本の将来を見据えてしっかりと取り組んでいかなければなりません。
 また、日本には、海洋立地という「地の利」、日本人という「人の利」、歴史文化という「時の利」、技術開発力という「技の利」、この4つの利があります。これらの日本の経営資源を再認識して事業に活かす、世界で活躍するベンチャー企業に期待しています。」

 ミロク情報サービスは、マスコミ記者における取材活動の一助を担うために、このようなプレスセミナーを定期的に開催するとしている。

>>ミロク情報サービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:05 | IR企業情報