[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/15)日本エンタープライズ 「Ponta de LAWSON」スマートフォン向けにサービスを開始
記事一覧 (12/15)ラクーン 15日よりスーパーデリバリー」でティケイエフが販売を開始
記事一覧 (12/15)ピーアンドピー 11月の売上高は、前年同月比4.9%増
記事一覧 (12/14)グリー 世界最大級のオンライン決済サービス「PayPal」を提供するPayPal Pte.ltd.と戦略的提携に合意
記事一覧 (12/14)インテージ PPCJの株式を取得し、子会社化することを決議
記事一覧 (12/14)クリナップ:「ラクラク大掃除計画」を公開
記事一覧 (12/14)アドアーズ 「第5回メダルファンタジアカップ」を12月18日に開催
記事一覧 (12/14)ラクーン 12月13日より「スーパーデリバリー」に2FIG INTERNATIONALが登場
記事一覧 (12/13)寿スピリッツ:新しく子会社設立し、和菓子など2社を解散
記事一覧 (12/13)ぱど 子会社CooPaは地域活性化イベント「街コン」を支援
記事一覧 (12/13)トレジャー・ファクトリー 11月売上は全店ベースで前年同月比12.8%増
記事一覧 (12/09)ラクーン 12月8日より、シンコールリビングが「スーパーデリバリー」での販売をスタート
記事一覧 (12/09)GMOクラウド 「GMOクラウド Public」のサービスを増強
記事一覧 (12/06)クリナップ:「エコプロダクツ2011」に「クリンレディ」技術を展示
記事一覧 (12/02)国際航業ホールディングスはベトナムでGIS水道システム導入へ調査受託
記事一覧 (12/02)ワークマン 11月の売上高、客数、客単価の前年同月比の速報値を発表
記事一覧 (12/02)ラクーンは「Paidカート連携サービス」の提供を開始
記事一覧 (11/30)ラクーン IMMトレードは「スーパーデリバリー」での販売を開始
記事一覧 (11/29)国際航業HDは上水道事業を強化し内外での事業を積極化
記事一覧 (11/29)GMOクラウド 11月28日(月)より「SSLサーバ証明書」でもクーポンの取り扱いを開始
2011年12月15日

日本エンタープライズ 「Ponta de LAWSON」スマートフォン向けにサービスを開始

■ポンタが雪遊びをしている様子を描いたライブ壁紙を配信

 モバイルソリューションの日本エンタープライズ<4829>(東2)は15日、ローソンのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)向けポータルサイト「Ponta de LAWSON」において、スマートフォン(高機能携帯電話)向けにサービスを開始したと発表した。
 スマートフォン版Ponta de LAWSONでは、フィーチャーフォン版で人気のあったコンテンツ以外に時間や電池の残量が一目で分かるポンタのウィジェット(簡易的なアプリケーション)、ポンタが雪遊びをしている様子を描いたライブ壁紙を配信する。この他に、デコ素材、アバター、ガチャ、コミュニティ、位置情報ゲームなどのコンテンツがある。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:48 | IR企業情報

ラクーン 15日よりスーパーデリバリー」でティケイエフが販売を開始

■幅広い年齢層に商品を提案するレッグウェアメーカー

 ラクーン<3031>(東マ)は15日、同社が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」でティケイエフ(本社:埼玉県朝霞市)が販売を開始すると発表した。
 ティケイエフは、幅広い年齢層に商品を提案するレッグウェアメーカー。全国に展開している直営店を通じて収集した情報に基づき、企画から製造までを一貫して行っているため、トレンドを盛り込んだ季節商品はもちろん、一年を通じて豊富な商品を取り揃えている。また、ティケイエフの商品は、リーズナブルな価格を意識したものづくりをしており、価格帯は靴下300円から、ストッキング600円から、ルームウェアで1500円からとなっている。
 商品展開が幅広く、取扱ブランドも豊富なため、専門店からセレクトショップまで各店舗にあった商品を提案することが可能である。
 スーパーデリバリーの販売ページ http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203517/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | IR企業情報

ピーアンドピー 11月の売上高は、前年同月比4.9%増

■4月〜11月までの売上高累計の増減率は、8.5%増と計画を上回るペースで推移

 ピーアンドピー<2426>(JQS)は12日、11月の月次売上速報値を発表した。
 11月の売上高は、年末商戦に向けた各クライアントの人材ニーズに合わせ、営業活動を強化すると同時に、活発化するキャンペーン案件の獲得を推進してきた結果、対前年同月比4.9%増となった。4月〜11月までの売上高累計の増減率は、8.5%増となっている。今通期売上高の成長率は6.2%増を予想していることから、計画を上回るペースで推移している。
 12月1日に同社運営の求人サイト「4510181.com」と「おいしい仕事」を統合し、更に、豊富な職種となっていることから、応募者の増加が予想される。

>>ピーアンドピーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:16 | IR企業情報
2011年12月14日

グリー 世界最大級のオンライン決済サービス「PayPal」を提供するPayPal Pte.ltd.と戦略的提携に合意

■「GREE」の決済方法として「PayPal」の利用が可能となる

 グリー<3632>(東1)は14日、世界最大級のオンライン決済サービス「PayPal」を提供するPayPal Pte.ltd.(本社:カリフォルニア州サンノゼ)と戦略的提携に合意したと発表。
 世界で1.5億人規模のユーザー数を誇るソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」の決済方法として、今後「PayPal」の利用が可能となる予定。これによりユーザーは、AndroidやiOSを搭載するスマートフォン向けに提供されている7,500本以上のゲームやアイテムを購入する際に利用することが出来る仮想通貨「コイン」を「PayPal」を利用して購入することが可能となる。

■12月14日から、日本のスマートフォン向け「GREE」で「PayPal」の利用が開始

 今回の戦略的業務提携において最初の取組として、12月14日から、日本のスマートフォン向け「GREE」で「PayPal」の利用が開始される。今後は、北米及び世界各国向けに展開されるグリーの「GREE Platform」にも、順次「PayPal」が導入される予定。
 急成長するAndroidやiOS搭載端末を利用するモバイルユーザーは世界中の様々なデジタルコンテンツの利用が可能となっている。世界中にユーザー基盤があり、国際的に認知されているブランドであるペイパルと提携することは、世界で最も優れたモバイルのソーシャルゲーム体験を提供するというグリーの戦略に大きく貢献するものと予想される。また、「PayPal」のより簡単でより安全な決済ソリューションは、ユーザーに決済手段の多様化を図ると共に利便性の向上にも繋がる。
 現在同社では10億ユーザーが使うプラットフォームの確立を目指してグローバル化を進めているが、今回のペイパルとの提携により更なるグローバル化の加速が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | IR企業情報

インテージ PPCJの株式を取得し、子会社化することを決議

■医薬品開発支援事業の人財の強化、国際戦略のスピードアップを図るため

 インテージ<4326>(東1)は14日、PPCJの株式を取得し、子会社化することを決議したと発表。
 同社は、経営上の重要課題である医薬品開発支援事業について、人財の強化、国際戦略のスピードアップを目的として、子会社のアスクレップと親和性のあるPPCJを子会社化することで、同事業領域の再構築、シナジーの発揮により、事業の拡大を目指している。
 PPCJの11年3月期の業積は、売上高4億2百万円、営業利益24百万円、経常利益25百万円、純利益9百万円。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:42 | IR企業情報

クリナップ:「ラクラク大掃除計画」を公開

■キッチンとバスルームのお掃除のコツを教えます

 クリナップ<7955>(東1)は、毎年大掃除シーズンを前に、同社ホームページに、キッチン手入れのコツを掲載したサイトを公開しているが、今年はバスルームについてのコツも加えたスペシャルWebサイト「ラクラク大掃除計画2011版」をオープンした。

 大掃除の悩みを解決するのに役立つ情報として注目される内容は、キッチンでは、特に手間のかかる、レジンフード、ステンレスシンク、加熱機器、食器洗い乾燥機について4つのポイントを掲載、また、バスルームでは、特に面倒な、フロア・壁、カウンターまわり、水栓・シャワーで3つのポイントを採りあげ役立つヒントを掲載している。

 また、同じホームページでは、プロのコツが満載された、お掃除パンフレット「ぴかぴか読本 キッチン編」を、先着200名にプレゼントする。

 なお、全国の同社ショ−ルームでは、現在「キッチンお掃除教室」を開催している。詳しくはショールームページ(http://cleanup.ip/showroom)ご確認。

クリナップ:「ラクラク大掃除計画」を公開

>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | IR企業情報

アドアーズ 「第5回メダルファンタジアカップ」を12月18日に開催

■メダルゲームを盛り上げているファンに向けて提供する、ファン感謝イベント

アドアーズ 首都圏を中心にアミューズメント施設運営を展開するアドアーズ<4712>(JQS)は13日、シングルメダル&ビデオポーカーゲーム専門イベント「第5回メダルファンタジアカップ」を12月18日に開催することを発表した。
 このイベントは、普段から同社のメダルゲームを盛り上げているファンに向けて提供する、ファン感謝イベント。普段のプレイではなかなか体感できないビッグゲーム(MAX Bet)を存分に楽しめるチャンスであり、メダルゲーム本来の醍醐味を味わってもらうために開催する。
 年々参加者が増え、前回の第4回では総勢130名が参加した。既に予戦時で10万枚の大当たりを出しているメンバーが一同に集まることから、本戦ではよりハイレベルな戦いが予想される。各店舗より選ばれたプレイヤーは、12月18日の12時、“完全貸切状態”のメダルゲーム1号店であるアドアーズミラノ店の3階に集まり、ジャックポットbPの座をかけて競うことになる。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | IR企業情報

ラクーン 12月13日より「スーパーデリバリー」に2FIG INTERNATIONALが登場

■海外から厳選したブランドと自社オリジナルブランドを展開

 12月13日より、ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」に2FIG INTERNATIONAL(本社:滋賀県長浜市)が登場する。
 2FIG INTERNATIONALは、海外から厳選したブランドと自社オリジナルブランドを展開している。毎年出展しているインテリアライフスタイルショーでも注目を浴びている企業。
 多くのブランドの中でも最も注目されているのは、DRAKE(ドレイク)、Merci Gustave(メルシーギュスターヴ)、Welton London(ウェルトンロンドン)、そしてインテリア雑貨を展開する自社オリジナルブランドの2FIG(トゥーエフアイジー)。
 今期の一押しブランドは、Merci Gustaveで、エッフェル塔のオブジェは、ベーシックなカラーリングから虹色、イギリス国旗柄、星柄など、今までのエッフェル塔の概念を覆すデザインで、本国パリではもちろん、日本でも着実に人気を集めている。
スーパーデリバリーでの販売ページ
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203510/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:45 | IR企業情報
2011年12月13日

寿スピリッツ:新しく子会社設立し、和菓子など2社を解散

■東京市場での成長めざし事業の再構築に取り組む

寿スピリッツのHP 寿スピリッツ<2222>(JQS)は本日取引終了後、新子会社設立と子会社2社の解散を決めたことを明らかにした。

 発表によると、同社の100%子会社として、新たに企画開発型の菓子販売を事業とする株式会社シュクレイ(本社:東京都港区赤坂)を設立、何れも100%子会社である株式会社「つきじちとせ(本社:東京都中央区築地・代表者:原一夫)」、並びに「株式会社加賀寿庵(本社:石川県加賀市・代表者:中島英明氏)」の2社を解散する。

■熾烈な競争下、「東京ミルクチーズ工場」好調に相次ぎ出店

 近年の東京での菓子市場は、国内最大の消費マーケットであるだけに、消費者ニーズの多様化が進み、洋菓子系を主体に様々なブランド・商品による熾烈な競争が続き、既存の事業モデルの和菓子製造各社は厳しい環境下に置かれている。

 こうした状況を踏まえ、同社が東京進出のために1998年に設立し、設立当初は、創作和菓子で人気を博し業績を伸ばした『つきじちとせ』も、昨今は業績が悪化し債務超過状態であったことから解散し、東京市場での事業を抜本的に再構築するために新会社を新設するもので、今後新会社は、洋菓子を含め様々なブランド展開、自家消費チャンネルへの事業領域にも新たに取り組む予定だという。

 解散会社『つきじちとせ』の事業は、新会社が譲り受け、12年2月1日から事業を開始する予定だが、新会社の立上げ時に旧会社から引継ぐ洋菓子系のブランド「東京ミルクチーズ工場」は本年6月に羽田空港で立上げ、8月に新宿ルミネ、12月に東京駅と相次いで出店し順調なスタートを切っている。

 和菓子系ブランド「築地ちとせ」は、ブランドを一新し10月28日にオープンした有楽町ルミネに出店しているが、好調な出足が見られている。新会社では、今後も新規出店を視野に入れブランド開発を強化していく。

 なお、新会社社長には、『つきじちとせ』の原一夫氏が就任する。

 『加賀寿庵』の解散については、04年に北陸地区での菓子販売事業拡大のために設立したが、今日に至るも事業基盤が確立できなかったことから、将来的にも事業継続が難しいと判断し解散を決めたもの。

 【新会社概要】 所在地:東京都港区赤坂二丁目21番8号、代表者:原一夫、設立日11年12月15日(予定)、営業開始日:12年2月1日(予定)、資本金90百万円、事業内容:菓子の販売。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | IR企業情報

ぱど 子会社CooPaは地域活性化イベント「街コン」を支援

■「街コン」で全国の街を元気に!

 ぱど<4833>(JQG)グループは、「情報で人と人 人と街をつなぎ 人も街も元気にする」というビジョンを掲げ、地域に密着した集客支援事業を行っている。同社子会社のCooPaでは、新たな町おこしの一つとして全国で盛んに開催されている地域活性化イベント「街コン」の開催・運営支援を12月12日より開始した。
 CooPaは、街コン推進事務局が運営する「街コン ジャパン」 ( http://machicon.jp )と連携して「街コン推進プロジェクト」を立ち上げた。街コンを開催したいと思っている全国市町村にノウハウの提供と、全国の街コンの参加申し込みの受付代行を行う。
 フリーペーパーをはじめとする地域活性化事業で培った、ぱどグループのインフラと営業企画力を活かし、フラッシュマーケティングの枠を超えたO2O(オンライン・ツー・オフライン)モデルで、「人・街・元気」を実現する。
 CooPaが全国各地で協力し運営している「街コン」は、地域、参加者、店舗において好評を得ている。特に広島においては、地域に密着した企業や地元組合と共に「地域活性化イベント ひろコン!」をすでに2回開催しており、2011年11月の開催時には、2,500人以上が参加した。開催の模様が多数のメディアで報道され、『私の住む街でも「街コン」を開催したい』との問合せが多く寄せられたことから、「街コン」支援によって「人・街・元気」を実現したいということで、「街コン推進プロジェクト」を立ち上げることになった。
 クーポン共同購入サイト「CooPa」 http://coopa.co.jp にて、「街コン」の参加申込の受付代行を行っている。

>>ぱどのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | IR企業情報

トレジャー・ファクトリー 11月売上は全店ベースで前年同月比12.8%増

■業績は成長路線に戻っていることから、株価700円台回復が予想される

 リサイクルショップを多店舗展開しているトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)は12日、11月の売上概況を発表した。
 11月の売上は全店ベースで、対前年同月比12.8%増であった。既存店の売上高は、同1.3%減。新規出店は1店舗となり、退店数はゼロであったことから総店舗数は、10月末に比較し、1店舗増の57店舗となっている。
 株価は、大震災直後の3月15日に付けた最安値415円から緩やかに上昇し、600円台を回復している。震災の影響は一時的で、業績は成長路線に戻っていることから、株価700円台回復が予想される。

>>トレジャー・ファクトリーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:51 | IR企業情報
2011年12月09日

ラクーン 12月8日より、シンコールリビングが「スーパーデリバリー」での販売をスタート

■カーテンやラグマットを中心とするインテリア商品の企画・製造・販売

 シンコールリビング(本社:東京都練馬区)は12月8日より、ラクーン<3031>(東マ)が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートした。
 シンコールリビングは、「住まいに安らぎとゆとりを」をコンセプトに、カーテンやラグマットを中心とするインテリア商品の企画・製造・販売を行なっている。低価格でありながら高品質な商品を展開し、ホームインテリアの新しいスタイルを提案している。
 品質や機能に関して独自の改良を加え、冬の節電に効果を発揮、冷暖房効率を高める「エコカーテンシリーズ」や、安全・安心のミラー機能・防炎機能が付いた「高機能レース」など、他社にはない独自商品が強みである。
 スーパーデリバリーを通してより多くの小売店へ向けて、リーズナブルに商品を提供していく。スーパーデリバリーでの販売ページは、
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203475/

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:08 | IR企業情報

GMOクラウド 「GMOクラウド Public」のサービスを増強

■従来と比較して約4倍という高いパフォーマンス

 GMOクラウド<3788>(東マ)は、パブリッククラウドサービス「GMOクラウド Public」のサービスを増強し、12月15日(木)より提供を開始する。
 新しい「GMOクラウド Public」は、従来と比較して約4倍という高いパフォーマンスと2種類のマルチ・スーパーバイザー対応が特徴のパブリッククラウドサービス。同社では、来年1月にも増強を予定しており、パフォーマンス、スペック共に国内最高水準のサービスを用意する予定。
 「GMOクラウド Public」は、本年6月のサービス開始以来、国内外企業の企業活動を支えるインフラとして、またマルチメディアコンテンツを多用したウェブサイトやポータルサイト、ゲームアプリの運用プラットフォームとして500社以上の企業が採用している。無駄なくリソースを割り当てて仮想サーバー(VM)を立ち上げる効率の良さをはじめ、複数台構成から大規模システムまで容易に組むことができる柔軟性や豊富な機能、利便性が高い評価を得ている。

■国内最安値水準の料金体系

 今回、顧客の多様なニーズに合わせ、高負荷な環境下でより安定した稼動の継続性を追求するため、サービスの見直しを行い、ハイパーバイザー「KVM」、「Xen」の2種類に対応したパブリッククラウドサービスを開発。従来の「GMOクラウド Public」で評価されている点は維持した上で、さらなるパフォーマンス、スペックの増強を行っている。
 「GMOクラウドPublic」は、7つの特徴を備えたリソース提供型パブリッククラウド。仮想サーバー作成数に制限はなく、システム規模に応じたリソースの増減がいつでも自由に行える。また、国内最安値水準の料金体系で利用できるので、顧客の初期投資や無駄な運用コストを抑え、最適化されたシステム運用が低価格で実現できる。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:05 | IR企業情報
2011年12月06日

クリナップ:「エコプロダクツ2011」に「クリンレディ」技術を展示

■国内最大級の環境展にワンランク上の技術を展示

 クリナップ<7955>(東1)は12月15日から3日間、東京ビッグサイトで開催される、国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に、本年6月にデビューした「クリンレディ」技術を展示する。

 クリンレディは、従来上位グレード製品だけに使用されていた、ステンレスキャビネットを、中級グレードにも採用し、"ワンランク上のキッチン"を身近なものにしたと、各方面から注目されている。

 展示会では、ステンレスキャビネットと木製キャビネットの重さの違いが実感できる、重さ体験コーナーや「洗エールレンジフード」、美・サイレントシンクなど同社が独自開発した技術を一堂に展示し紹介する。

■呼び物:世界初の新ステンレス素材・節水できるレンジフードなど

 紹介される技術の中には、レアメタルを46%削減した、世界初の新ステンレス素材「NSSC FW(フォワードワン)」、木製に比べ約50%軽く、「簡易分解構造」のキッチンキャビネット、毎月27リットル節約できる洗えるレンジフードのほか、同社キャラクター「クリ夫」(写真)の着ぐるみが初登場する。

 なお、来場者にはクリ夫のオリジナルシールをプレゼントする。

クリナップ:「エコプロダクツ2011」に「クリンレディ」技術を展示

>>クリナップのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:26 | IR企業情報
2011年12月02日

国際航業ホールディングスはベトナムでGIS水道システム導入へ調査受託

■上水道ビジネス、海外での本格展開に着手

国際航業ホールディングスのHP 国際航業ホールディングス<9234>(東1)の傘下である国際航業は、このたび、ベトナム中部地域トゥア・ティエン・フエ省で上水道GIS導入検討調査業務を実施することを明らかにした。ベトナムで海外企業が国営水道公社の業務を直接受注して行う初めてのケースであり、国際航業グループとしても上水道ビジネスの本格的な海外展開となる。

 国際航業グループは、昨年9月にハノイ駐在員事務所を開設して、現地でのマーケティング活動をしているが、経済発展が著しい同国の現状に合わせた、水道施設の効率的な維持管理システム「せせらぎ」導入の提案が陽の目を見ることとなり注目されている。

 同トゥア・ティエン・フエ省で給水事業を行う水道公社「HueWACO」は、郊外への都市化拡大に伴い、急激に伸張する水道網を如何に効率よく管理するかが大きな課題になっている。同社が地理情報システム(GIS)を活用して開発し、1996年にサービス提供を開始した「せせらぎ」は、国内では横浜市をはじめ239施設で採用され、大規模な水道設備の効率的な維持管理を可能にしてきた豊富な実績がある。また、グループ内には上水道事業の指定管理者としての実績も持っている。

 今回の調査業務の受託は、HueWACOが取り組んでいる「水道設備の効率的管理」という課題解決のために「せせらぎ」の導入を前提とした調査業務となる。

 近年、新興国では、水需要の拡大とともに水道関連市場の規模が急成長している。安定した水供給のために、官民連携スキーム(PPP)によって水道事業経営を外部に委託する動きも活発化しおり、行政における水道業務の計画およびGISを活用した台帳管理、業務支援などを手がけている同社は、今回の業務受託を契機に、創業以来培った空間情報技術や、社会インフラ整備構築の実績と、本業務で取得したノウハウを元に、ベトナムをはじめ近隣諸国など海外における水ビジネスを積極的に展開する方針だ。

国際航業ホールディングスはベトナムでGIS水道システム導入へ調査受託

※ベトナムのトゥア・ティエン・フエ省は、ベトナム中部に位置し、面積約5000キロ平方メートル、人口120万人。州都は阮王朝時代に王宮があったフエ市、人口約36万人。同市は、2015年の中央直轄指定都市入りを目指す。フエ市内の給水率90%以上達成。ベトナムで最も水質がよい。同市郊外の農村地域で都市化が進行し上水道の安定供給体制の確立が急がれている。

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:44 | IR企業情報

ワークマン 11月の売上高、客数、客単価の前年同月比の速報値を発表

■11月の売上高は16.8%増

 ワークマン<7564>(JQS)は1日、11月の売上高、客数、客単価の前年同月比の速報値を発表した。
 11月の売上高は16.8%増、客数11.4%増、客単価4.8%増と、上半期の平均値を全てで上回った。
 11月は中旬以降の冷え込みが増すにつれて、軽防寒ジャンパー、ブルゾン、タイツなどの売上が急伸した。また、引き続き震災の復興が港湾工事において本格化すること等もあり、安全スニーカー、作業手袋、合羽などの販売が好調に推移した。

>>ワークマンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:29 | IR企業情報

ラクーンは「Paidカート連携サービス」の提供を開始

■12月1日スタート

 ラクーン<3031>(東マ)は、インターネット完結型BtoB後払い決済サービス「Paid」の普及を促進するために、アパレル・雑貨の各卸・仕入サイトを中心に「Paidカート連携サービス」の提供を開始した。
 これにより、仕入サイトでの「Paid」決済の導入を可能にし、バイヤーとなるPaidメンバーの増加、及び使用シーンの拡大により、利便性を高めることになる。
 「Paidカート連携サービス」は、Paid加盟の各サプライヤー企業が運営するBtoB卸・仕入サイト上で利用できるサービスで、Paidメンバーであるバイヤーとのサイト内での取引で、「Paid」による後払い決済の利用を可能とする。導入後、サイトの決済選択画面に他の決済方法、例えば銀行振込、代金引換、クレジットカード等と共に「Paid」が表示されるが、バイヤーが「Paid」での支払いを選択し、利用可能であれば、「Paid」による後払い決済を行うことが出来る。
 このサービスを導入することにより、サプライヤーはサイト内で、バイヤーからのニーズが高い後払い取引に対応することが可能となり、顧客満足の向上とサイトの売上拡大へと繋がる。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:12 | IR企業情報
2011年11月30日

ラクーン IMMトレードは「スーパーデリバリー」での販売を開始

■20〜30代のヤングレディースをターゲットとするアパレルメーカー

 ラクーン<3031>(東マ)は29日、IMMトレード(兵庫県加古川市)が同社の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」で販売することを発表した。
 IMMトレードは、20〜30代のヤングレディースをターゲットにし、2ブランドを展開しているアパレルメーカー。企画から生産までのリードタイムを約2週間と、今売れている商品をタイムリーに提案している。更に品質にこだわりながらもリーズナブルな価格帯で提供している。
 展開している2ブランド「six−base」は、20代をターゲットにしたカジュアルテイストな提案、「alejandro(アレハンドロ)」はキャリアからミセスをターゲットにし、普段着から仕事着までのエレガンステイストな提案をしている。
 最新トレンドを取り入れつつオリジナル性を大事にした商品は、ヤング層に高い支持を得ている。スーパーデリバリーでの販売を開始したことで、更にタイムリーに商品を展開していく方針。スーパーデリバリーでの販売ページは
 http://www.superdelivery.com/p/do/dpsl/203503

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | IR企業情報
2011年11月29日

国際航業HDは上水道事業を強化し内外での事業を積極化

■横浜Wと協力、水道施設のアセットM・運営業務を開始

国際航業ホールディングスのHP 「グリーン・コミュニティ」の実現を目指す国際航業ホールディングス<9234>(東1)傘下の国際航業は、このたび、横浜ウォーター株式会社(以下、横浜ウォーター)とアドバイザリー契約を締結し、水道事業における両社の「強み」を組み合わせ、水道施設のアセットマネジメント・運営業務へと事業領域を強化・拡大する。

 同社は従来から、主として自治体の水道業務の計画および地理情報システム(GIS:Geographic Information System)を活用した台帳管理、業務支援などを手がけており、96年にサービス提供を開始した維持管理システム「せせらぎ」は、GISにより水道施設の効率的な維持管理が可能で、横浜市をはじめ国内239施設で活用されている。また、同社グループ内には上水道事業の指定管理者としての実績もある。

■新興国・発展途上国など、上水道事業の外部委託が活発化

 国内の上水道普及率は97%を超え、安全で安定した水道水の供給のために、第三者委託制度、指定管理者制度、PFI法の改正など、各種制度の整備が図られており、今後、より一層の安定経営を目指すため、官民連携(PPP:Public Private Partnership)による運営基盤の強化など、転機を迎えている。
さらに、海外、特に新興国や発展途上国などでも、安定した水供給が急務となっており、PPP方式による上水道事業経営の外部委託への動きが活発化してきた。

 国際航業は、横浜ウォーターとの協力を通じ、上水道事業全般に亘る数多くの事例とノウハウと同社の実績と組み合わせ、国内外の上水道事業ニーズに応えるトータルサポート体制の構築を図り、PPPスキームやPFIを活用した上水道事業ソリューションや、国内自治体での上水道事業のアセットマネジメント、また、海外での水道関連事業の拡大に向けて積極的に取り組む。

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:10 | IR企業情報

GMOクラウド 11月28日(月)より「SSLサーバ証明書」でもクーポンの取り扱いを開始

■再販を行う際のパートナー側の負担が大きく軽減

 GMOクラウド<3788>(東マ)の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインは、再販パートナープログラムのクーポンによる再販制度の適用範囲を拡大し、11月28日(月)より「SSLサーバ証明書」でもクーポンの取り扱いを開始した。
 GMOグローバルサイン社は、本年5月より再販パートナープログラムにおいて、クーポンを販売するだけで電子証明書の再販が可能となる制度を「マネージドPKI Lite」を対象に導入した。本制度は導入のしやすさから大好評であったことから、制度の導入直後から多くの再販パートナーより、SSLサーバ証明書についても同様の制度を設けてほしい、との要望が数多く寄せられた。
 GMOグローバルサイン社では、パートナーの要望に応えするため、対象サービスを「SSLサーバ証明書」にまで拡大することにした。これにより、パートナー側で顧客の申込フォーム設置から、顧客情報の管理・サポート、GMOグローバルサイン社とのシステム連携の仕組みの構築を行う必要がなくなり、再販を行う際のパートナー側の負担が大きく軽減することになる。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:43 | IR企業情報